Apinkのソン・ナウンがネットユーザーに怒りを露わにした。

28日、ソン・ナウンは自身のSNSに「家族にまでそんな悪口を言って、それで満足ですか? 私が嫌いだったら私の悪口だけを言ってください。ありえないコメントは終わりにしてください」と書き込んだ。

これはソン・ナウンのSNSに、家族に関する悪質なコメントが続いたためである。特にソン・ナウンの母や妹への性的な侮辱、外見への卑下があったことに憤った。

それでも歯止めがかからない悪質なコメントに、所属事務所が動き出した。同日午後、Plan Aエンターテインメントは「アーティストへの根拠のない憶測や性的侮辱、名誉毀損など、悪質なデマが度を過ぎている。アーティストを保護するため、善処なく強力に対応していく」とコメントした。

また「無分別で悪質なデマに関する告訴を準備している。告訴に必要な資料をすべて備えた状態であり、再発防止のために強力な法的措置をとる」とし「単純な警告のための告知ではなく、強硬対応する」と声を上げた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

キム・ヒチョル、五重の接触事故"負傷ない…録画進行"



スーパージュニアの金ヒチョルが接触事故に遭った。

ある芸能界の関係者は27日、日刊スポーツに"キム・ヒチョルが今日JTBC'知っているお兄さん'撮影場に向かう途中、五重の接触事故に遭った。 大きな事故はなかった"と明らかにした。

続き、"本当に軽微な事故なく、マネージャーは残って現場を収拾し、キム・ヒチョルは録画時間に遅れないために、スタイリストと先に移動した"、"小さな事故なく、かまわず活発に録画を進めている"と付け加えた。

キム・ヒチョルは京畿道一山(キョンギド・イルサン)のあるスタジオでJTBC'知っているお兄さん'撮影のために動いたが、中間に軽い接触事故が起きた。幸い大きな怪我はないことが確認された。 同日、'知っているお兄さん'は俳優賢慶とラッパーディンディンがゲストとして参加して録画を進めている。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

チン・ジヒ・ユンソ契約違反…法的対応"[公式立場の専門]



イマジンアジア"イソンビン・チン・ジヒ・ユンソ契約違反…法的対応"

イマジンアジアが俳優イソンビン、チン・ジヒ、ユンソなど俳優たちの専属契約の解約による訴訟問題について公式立場を明らかにした。

イマジンアジアは24日に報道資料を通じて"本日報道された演技者イソンビン、チン・ジヒ、ユンソについた専属契約の解約による損害賠償及び放送、芸能活動禁止処分訴訟を裁判所に提起した事実を確認した"と話した。

続き、"当時、有望な新鋭だった彼らは会社と契約期間が何年も残っている状況で、特別な理由なしに専属契約を解約し、新しい会社に専属契約を移したのに、会社は、彼らの解約時期がイマジンアジアの株式譲り受け契約に伴う経営権移転時期とあいまっており、解約事由の正当性に問題があると見ている"と説明した。

イマジンアジアは"これにより、全国最大株主である変種は、胃演技者たちを相手に訴訟を提起した状況だ。 是々非々は裁判所で下されることになる"と付け加えた。

先立ち、あるメディアはイソンビン、チン・ジヒ、ユンソが前の所属事務所イマジン、アジアから専属契約の解約と関連して提訴されたと伝えた。

-イソンビン、チン・ジヒ、ユンソ専属契約の解約による訴訟関連イマジンアジア公式立場の専門。

芸能マネージメント社のイマジンアジアは本日、メディアに報道された演技者イソンビン、チン・ジヒ、ユンソについた専属契約の解約による損害賠償及び放送、芸能活動禁止処分訴訟を裁判所に提起した事実を確認した。

当時、有望な新鋭だった彼らは会社と契約期間が何年も残っている状況で、特別な理由なしに専属契約を解約し、新しい会社に専属契約を移したのに、会社は、彼らの解約時期がイマジンアジアの株式譲り受け契約に伴う経営権移転時期とあいまっており、解約事由の正当性に問題があると見ている。

これによって、イマジンアジアは前の最大の株主である変種は、胃演技者たちを相手に訴訟を提起した状況であり、是々非々は、裁判所で下されることになる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル



歌手IU(アイユー) に告訴された“インターネット放送の放送司会者”A氏が、自身の発言に対して釈明した。

A氏は11日、自身のYouTubeチャンネルに「IU事件解明」という内容の映像を掲載した。

映像でA氏は論争になった発言に対して「僕は元々セクハラ発言をたくさんする。あるネットユーザーが子犬とIU、どちらの方が好きなのかという質問を受け、セクハラ発言をした」と話した。

また「放送を見なかった人は、誤解するしかない状況だ。僕の放送を見た人は、冗談だと思っただろう。別に意味のない発言だった」と伝えた。

そしてA氏は「率直に言って、釈明することもない。IUが好きだ。侮辱したり、性的な意図を持って話したのではない。申し訳ない。すべては僕のミスだ」と謝罪した。

一方IUの所属事務所FAVEエンターテインメントによると、セクハラ発言をしたA氏を告訴し、関係者は「善処はない」と強硬な立場を伝えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

“アイユ腹が立った”…セクハラ ネチズン法的対応超強気

9854677.jpg
アイユ腹が立った。

最近オンライン上でアイユを相手にセクハラ発言を吐きだしたネチズンAが袋叩きにされている。 該当ネチズンはオンライン放送を進める途中子供ユーに向かって度が過ぎたコメントを吐き出したため。

“(アイユ側に)告訴にあうことができる”という指摘が従って、かえってAは“アイユ私を告訴すれば光栄だ。 アイユと法廷で一度会える”という返事で論議の程度を育てた。 Aは決意してアイユを狙って物議をかもしたと見られる。 今回の事件でオンライン上でAに向かった関心は熱くなった状況だ。

これに対しアイユ所属会社ペイブエンターテインメント側はアイユ名誉を傷つける程度が深刻だと判断、社内法務チームが告訴状受付を進めている。 再発防止次元で今回の件を看過できないという立場. 法的措置を通じて必ずAを処罰を受けるようにするという意志と解釈される。

アイユ強硬な態度は今回が初めてではない。 オンライン上でアイユに悪性コメントおよび虚偽事実流布したネチズンを告訴した。 持続的に被害事例を収集したアイユ側は告訴状を受け付けたし、去る1月被疑者処分事例を公開した。 11人の被疑者は罰金刑処分を受けた。 同時に持続的に後続対応を続けさせることを強調した。

当時所属会社は“善処ない強力な法的対応を通じて追加的な被害が発生しないように積極的な努力をつくすことだと申し上げる”と公式立場を発表したことがある。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR