女優チェ・ユル、俳優チョ・ジェヒョンをセクハラで実名告発「いつバレるか待っていた」



女優チェ・ユルが俳優チョ・ジェヒョンのセクハラを実名で暴露した。

チェ・ユルは23日、自身のInstagramに「あなた、いつバレるか待っていた。思ったよりも早く来るべきものが来たね。まだ始まったばかり。まだたくさんのゴミが残っている。私は失うものが多くて、多くはいえないが、変態がすべてなくなる日まで me too with you」という書き込みと共に写真を掲載した。

チェ・ユルが投稿と共に掲載した写真は、ポータルサイトのチョ・ジェヒョンのプロフィール画面のキャプチャーだ。これに先立ち、セクハラと関連し何人もが、“チラシ”(世間の噂などが記載されている証券街で出回る情報誌)で取り上げられたり、記事を通してイニシャル報道されたが、実名を公開したのはチェ・ユルが初めてだ。しかし、該当の書き込みはすぐに削除された。

チョ・ジェヒョンの事務所側はこれと関連して「知らなかった」とし、「確認してみる」という立場を伝えた。

201802232018417ba.jpg
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2018   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

キム・ボヨン、韓国映画俳優協会の内部で起こったセクハラ事件に真相調査要求書を提出



女優キム・ボヨンが最近、韓国映画俳優協会の内部で起こったセクハラの波紋に関連して、真相調査要求書を提出したことが分かった。

ある媒体は12日、協会関係者の言葉を引用し「キム・ボヨンが最近、韓国映画俳優協会の内部で起こった『セクハラの波紋』に関連し、協会選挙管理委員会に真相調査要求書を提出した」と報道した。

報道によると女性被害者のAさんは、2015年に協会の役員として在職中だったBさんとCさんからセクハラを受けた。彼らはAさんの身体の一部を触り、これを払いのけた過程でAさんに、口に出せない悪口も浴びせたと伝えられた。その後BさんとCさんはAさんに謝罪し、合意したと媒体は伝えた。

しかし該当事件の加害者として知られているBさんが韓国映画俳優協会理事長の選挙候補に乗り出ると、キム・ボヨンはこれに耐えられず、真相調査を要求した。

キム・ボヨンは該当媒体とのインタビューを通して「過去に発生したセクハラ事件について知っている。どれだけ恥ずかしかっただろうか」と話し、「道徳的な問題がある人がどうして協会理事長選挙に名を挙げることができるのか理解できない」と話し、真相調査要求書を提出した理由を明らかにした。

続いて「性犯罪被害を受けた女性たちが、その事実を多くは隠す傾向がある。過去無名の女優の場合は特にそうだった」と話し「とても残念だ。これからは被害の事実を隠さずに、声をあげて知らせなければならないと思う。そうしてこそ同じような被害が少なくなるだろう」と話した。

Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2018   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

2PM、完全体ステージを予告した「2018平昌冬季五輪」公演…JYP側“主催者側と調整中”



2PMのJun. Kが飲酒運転の容疑で在宅起訴立件される中、「2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック」ヘッドライナーショーへの2PMの出演が調整に入った。

2PMは19日に江原道(カンウォンド)平昌郡メダルプラザで開催されるヘッドライナーショーへの参加を発表していた。昨年9月に入隊し、軍服務中だったテギョンをはじめとし、2PMメンバー全員が1つのステージに上がることが知らされ、期待を集めていた。

しかし、Jun. Kが10日、ソウル市江南(カンナム)区新沙(シンサ)駅の交差点で飲酒取り締まりで摘発された。当時血中アルコール濃度は0.074%だと知られ、これは免許停止に該当する数値だ。これにより13日、所属事務所JYPエンターテインメントは公式立場を通して、Jun. Kが物議を醸したことを謝罪し、今後すべての活動を停止すると明らかにした。Jun. Kも公式ファンページを通して、「深く反省したい」と重ねて謝罪した。

ヘッドライナーショーの出演は当初テギョンのみが出演する予定だったが、2PMメンバーたちの意思で完全体での出演が実現した。今回、Jun. Kのみが不参加なのか、2PMの出演自体が霧散になったのか、関心が集中している。これについてJYPの関係者は「主催者側と調整中」だと話した。

Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2018   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

"事実じゃない"。。イジュンド家族もファンも'傷'だけの自殺試みの説



李俊(イ・ジュン)の自殺試みの説、事実でないことが明らかになったが、結局はみんなに傷だった。

この12日衝撃的なニュースが伝えられた。一媒体が李俊(イ・ジュン)が関心兵士教育プログラムであるグリーンキャンプに送られ、軍幹部に手首を見せながら、自殺を図ったと打ち明けたと報道したのだ。

芸能活動をしながらも、議論はもとより、そのありふれた熱愛説の一度なかった李俊(イ・ジュン)が自殺を試みたというニュースは驚くしかなかった。想像もしなかった状況なので、ネチズンたちは"衝撃的"という反応を見せた。

所属会社プレーンTPCは、すぐに確認に入った。該当内容が報道されてから30分余り分娩に所属事務所側は"事実ではない"という立場を明らかにした。

所属事務所側は"イジュンが手首を見せながら、自殺を図ったり、グリーンキャンプにいるという内容はイジュン家族を通じて確認した結果、事実がないことを知らせる"、"現在、該当記事に接したイジュンの家族が衝撃を受けた状態である。イジュンと家族の心理的安定に向けて報道を自制してほしい"とした。

これで状況は終了した。しかし、家族はもちろんファンたちの傷は大きい。事実がないことが明らかになったが、入隊してから間もなく、大衆が聞いたニュース自体は衝撃的だったため。

イジュンは芸能人の中でも'誠実'では最高とされていつも謙遜した姿を見せるのはもちろん、気さくな魅力まで備えた言葉そのまま芸能界では珍しい芸能人だ。

グループ・エムブラックにデビューし、地道に活動を続け、芸能出演はもちろん、俳優に転向した後、誠実に演技活動を繰り広げた。芸能に出演する時は特有のケバンチョン魅力を見せる上、演技活動をする時は真剣に取り組み、大衆に好評を博した。

特に、李俊(イ・ジュン)が大きく話題になったことがあったが、イジュンの一挙手一投足を見守ったあるメディアが公開した写真でイジュンが健全かつ健康な人生を生きており、注目を集めたりもした。

これではなく、李儁イジュンは概念発言からも注目されたりもした。どケチで有名な李俊(イ・ジュン)は、ある芸能番組でクレジットカードなしにチェックカードだけ使うと"チェックカードを書けば節税できるという"、"同年代よりお金をたくさん儲ける。一生こんなふうにかせげると考える場合が多いが、そのような心を食べた瞬間、終わるの"と考えが深い発言をして話題になったことがある。また、お金を惜しんで家の借金を清算して家を購入した事情を公開することも。

このように誠実で健康な考え方を持っている李俊(イ・ジュン)が自殺を図ったという誤報は衝撃的なことを超え、李俊(イ・ジュン)当事者にも家族にもそしてファンには傷だけが残ったことだった。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2018   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

パク・ジニ、'リターン'出演最終確定…14日放送から登場



俳優パク・ジニが深く悩んだ末に'リターン'チェジャヒェ役で出演を最終確定させた。

SBS水木ドラマ'リターン(return)'(脚本チェ・ギョンミ/演出ジュドンミン/製作ストーリーワークス)は道路の上疑問の遺体、殺人容疑者として浮上した4人の上流層、そしてチェジャヒェ弁護士がチョクボプ少年出身ドクコヨン刑事とともに殺人事件の真実を暴いていく品格他の'犯罪スリラー'だ。

劇中のチェジャヒェは'上流層の稀代の殺人スキャンダル'の真実を明らかにするために立ち上がる、秘密を持った高卒出身土のスプーンの弁護士であり、TVショー'リターン'の司会者。遅い年に司法考試に合格し、首席で、司法研修院を修了した後、判事になったが、知ることができない理由で法服を脱いで弁護士になって大韓民国で影響力のあるスター弁護士になる人物だ。'リターン'でヨムミチョン殺人事件の容疑者として名指されたカンインホ(朴キウン)の弁護を引き受け、、ドクコヨン(李ジンウク)とともに真実を暴くための行動を展開してきた。

これと関連の俳優パク・ジニが'リターン'で新しいチェジャヒェ駅に電撃的に合流する。劇中のチェジャヒェ駅はドラマを導く最も核心的な人物であるだけに、しっかりした演技力が何より重要な状況。製作陣は熟考の末にチェジャヒェ駅に最も適合した俳優にベテラン演技の力を持つパク・ジニを渉外し、パク・ジニも深い悩みを重ねた末に作品の完成度を向けて慎重な決断を下し、最終出演を決めた。

何より計32回で構成された'リターン'は来週放送される17、18回から第2幕に入ってから新たな局面を迎えるようにしている。パク・ジニは14日に放送される15、16回登場した後、チェジャヒェの行動がもう少し具体化される'リターン'17、18回分から本格的にストーリーを導いていく予定。パク・ジニは13日、初の撮影を開始する。特にパク・ジニは'ジャイアント''銭の戦争''帰ってきますスンエ氏'などSBSと感じ良い縁を続けてきたことがある。

パク・ジニは"制作陣の突然の提案に慌て、多くの悩みをしたが、制作陣の必死さにその提案を受け入れることにした"と述べて"'リターン'が視聴者の愛を最後まで受けられるように最善を尽くす"と付け加えた。

製作陣側はさらに、"最近、恥ずべき状況について、視聴者の皆さんにもう一度、深くお詫びの言葉を申し上げる。視聴者たちの応援と愛に報いることができるよう、より努力を傾ける"、"'リターン'でチェジャヒェ駅は、映画をリードしていく中心人物であり、これから繰り広げられるストーリー展開に核心キーになる。パク・ジニが多くの恐怖を乗り越えて合流を決定してくれてありがたいだけだ。今後新たになる'リターン'に多くの期待お願いする"と明らかにした。

一方、SBS水木ドラマ'リターン'15、16回分は今年14日(水)夜10時に放送される。

Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2018   0 comments   0 trackback
Category :トラブル
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR