VIXX レオ、大腸からの出血で活動を中断…日本スケジュールも全て不参加に「症状が好転せず入院」



VIXXのレオが大腸の出血にともなう腹痛の症状で活動を暫定的に中断すると、本日(20日) 所属事務所Jellifishエンターテインメントが明らかにした。

所属事務所側は公式SNSを通じて、「レオの訴えた腹痛の症状が好転せず、入院を通した治療を受けることになった」として、「大腸の出血からくる腹痛に対する集中治療と、体調回復にだけ専念している」と伝えた。

これに伴い、レオは当分予定されたすべてのスケジュールに参加せずに回復にだけ集中する。この日予定されたスケジュール、今週末から日本で予定されている現地イベントの出演および日本でのアルバムプロモーションの全スケジュールにも、やむをえず参加できなくなった。

レオは最近まで、メンバーのラビと共に、VIXXのユニットLRとして活動を繰り広げてきた。

・VIXX レオ、腹痛は大腸の出血と判明…事務所がコメント「本日の番組は参加」


【Jellyfishエンターテインメント 公式発表全文】

こんにちは。Jellyfishエンターテインメントです。

レオ君の今後の韓国内外のスケジュールに関して、ファンのみなさんにご案内申し上げます。

まずファンのみなさんの心配と応援に感謝申し上げます。先週レオ君は本人の意志により、治療とともにLRの今回のアルバム活動の最後の音楽番組のスケジュールを終えましたが、腹痛の症状が好転せずに入院を通した治療を受けることになりました。

当社はレオ君の健康が最優先であるだけに、大腸の出血からくる腹痛に対する集中治療と体調回復にだけ専念しています。これに伴い、レオ君は当分予定されたすべてのスケジュールに参加せずに回復にだけ集中することを、あらかじめご了承お願いいたします。

したがって本日(20日) 予定されたスケジュール、今週末から日本で予定されている現地イベント出演および日本でのアルバムプロモーションの全スケジュールにやむをえず参加できなくなりました。また、21日(木) 開催予定のLRのソウル合井(ハプチョン) のファンサイン会も10月中の開催に延期しました。

急にスケジュールを変更して進める点に対してファンのみなさんの広いご了解をお願い申し上げ、変更されたファンサイン会の日程は確定次第、最大限早くにご案内いたします。

ファンのみなさんにご心配をおかけして申し訳ないというお言葉を再び申し上げ、当社はレオ君の健康回復に最善の努力を尽くすようにします。ありがとうございます。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

ハ・ジウォン、化粧品敗訴の内幕…共同事業約定書入手



"私が'飢饉後'を選択してこの位置に立つまで…最も大変な時私を守られたA姉さん、B型部、とても有難くて愛しています。" (ハ・ジウォン)

2013年12月30日、ハ・ジウォンはMBC-TV '飢饉後'で演技大賞を受賞した。 彼はA氏夫婦に監査(感謝)を伝えたし、愛すると付け加えた。

A氏夫婦は、文字そのまま'恩人'だった。 全(前)所属会社と葛藤を経ている時、A氏夫婦が関連リスクを除去した。 いくつかの雑音を明快に整理した。

ハ・ジウォンの復帰にも先に立った。ドラマ関係者は 'ディスパッチ'で"A氏夫婦が契約全般(前半)を調整した"として"Aさん事務室で事前ミーティングおよび出演契約などを進めた"と伝えた。

それでハ・ジウォンは、受賞所感でA氏夫婦を言及した。"とても有難くて、愛する"と話した。

それから3年が過ぎた2016年.ハ・ジウォンはAさん側と共同で設立した化粧品会社に訴訟を提起した。肖像権使用禁止仮処分および共同事業約定無効確認請求だ。

結論から話せば、ハ・ジウォンが負けた。 裁判所は"ハ・ジウォンが提起した問題は違反理由で見難い。 両側が締結した共同事業約定は有効だ"と話した。

'ディスパッチ'がハ・ジウォンとAさん側(ゴールドマーク)の争いを見回した。 今回の訴訟の核心である'共同事業約定書'を単独で入手、問題の出発点を確認した。

♦ハ・ジウォン、'ゴールドマーク'同業参加

2015年5月、ハ・ジウォンとAさん側は化粧品事業を準備した。 'ゴールドマーク'という会社を設立、'第二院'(J-one)という化粧品ブランドを作ることに約束した。 一言で'同業'の開始だ。

ハ・ジウォンは自身の'イメージ'を出資した。 肖像、声明、音声など自身の識別表紙を提供したこと。 ブランド広報を支援する役割だ。 その代価で'ゴールドマーク'持分30%を受けた。

これは'ディスパッチ'が入手した共同事業約定書にもよくあらわれる。

第2条.本件事業および対象会社に関する合意
20170920163348c79.jpg

カ. 提供対象

(1)ハ・ジウォンの肖像(容貌、映像、写真、動作など)

(2)ハ・ジウォンの声明および音声(名前、芸名、サイン、ダビング、歌など)

ダ. 撮影および販促行事

(1)ハ・ジウォンは映像および写真撮影、販促行事に出演または、参加しなければならない。

(2)ブランド存続時まで該当資料を国内外で使うことに同意する。

(3) '第二院'ブランド製品の競争商品や類似商品の広告に出演できない。

♦持分30%、無償で取得?

ハ・ジウォンは'イメージ'を提供する条件で持分を確保した。 'ゴールドマーク'記名式普通株30%を受けた。 'ゴールドマーク'が大規模投資を受けても,この持分率は維持される条件だ。

'ディスパッチ'が確保した株主名簿によれば、ハ・ジウォン(チョン・ヘリム)を含んだ家族(姉妹および母親)は1万 2,000週を保有している。 ゴールドマークが発行した株式総数の30%だ。

ハ・ジウォンは株式取得過程に対して"ハ・ジウォンが自身の預金口座でゴールドマーク法人口座で入金した"としながら"本人お金で株式を買いとった。 他人に正数(譲り受け)貸金(代金)を受ける理由がない"と話した。

だが'ディスパッチ'確認結果、ハ・ジウォンは株式30%を無償で取得した。株式正数(譲り受け)貸金(代金)600万ウォンは'Aさん口座->ハ・ジウォン母親口座->ハ・ジウォン口座->ゴールドマーク'順に伝えられた。

これは裁判過程でも明らかになった。 3者間入金内訳および文字内容が公開されたこと。 "(お母様に)送金しました"(Aさん)と"支援通帳に入れますね"(母親)という文字がこれを後押しした。

♦ハ・ジウォンvsゴールドマーク、葛藤の始発

ハ・ジウォンの主張をしたことと要約すれば次のとおりだ。

"(同業者と)信頼がこわれた。契約を破棄する。私の肖像権を使うな。"

ゴールドマークは契約破棄の条件で株式返還を要求した。

ハ・ジウォンの対応は….

"私の金を出して正当に受けた株式だと戻すことはできない。" 

そして付け加えた。

"配当金はもちろんモデル料も受けていない。肖像権だけ無料で使うようにしたわけだ。共同事業約定書は無効だ。肖像権使用も禁止する。"

ハ・ジウォンとゴールドマークの訴訟の核心は'信頼','無効','破棄','仮処分'だ。 'ディスパッチ'やはりこの4種類の部分を注意深く調べた。

♦誰が先に信頼を破ったか?

再び、 <공동사업약정서 /> を調べよう。

ハ・ジウォンは2015年5月12日ゴールドマークと約定書を作成した。'第二院'広告および広報活動に専念するということ。これはブランド広報の基本であり会社主注意義務であった。

だが、ハ・ジウォンは5月15日、'ジョルジオ・アルマーニ'とドラマ(君を愛した時間) PPL契約を締結した。3ヶ月断髪(単発)2億ウォンの条件だった. ゴールドマークは一時的にこのPPLを許諾した。

'第二院'はPPL終了(8月14日)時点を待ったし、8月25日色調製品(クッション)をローンチした。 ハ・ジウォンは該当製品モデルで活躍した。 広告もとって、放送も出演した。 新製品行事も参加した。

ハ・ジウォンは再び'ロレアル'側と会った。 ジョルジオ・アルマーニと延長契約を締結したこと。 8月に'第二院'色調をローンチしたし、10月に'アルマーニ'色調を広報した。 同じモデル、他の化粧品であるわけだ。

♦ハ・ジウォンはどこモデルなのか。

サムスン電子モデルがLG電子を広報できない。 契約違反だ。 起き上り小法師モデルが農心製品を広告を出すことはできない。 やはり契約違反だ。 これは広告・広報のルールだ。

ハ・ジウォンの'フェイスブック'(2015.10.03). それぞれ違う化粧品が衝突した。 彼女のプロフィール写真は'第二院'広告写真だ。 反対に掲示物は'ジョルジオ・アルマーニ'リップスティックだ。

'第二院'のスローガンは"ハ・ジウォンが選択したただ一つの化粧品"だ。 だが、彼女は自身のSNSに#アルマーニ、#エックスXXXXなどを亥時タグで甘かった。 製品番号まで案内した。

ハ・ジウォン所属会社は"(ゴールドマークに) 1次契約当時延長広告ができるという内容を伝達した"としながら"今この部分をなぜ問題視するのか分からない"と問い直した。

ゴールドマーク側は話にならない説をいった。

"当時には'ジェリーパック'(薄化粧)だけ発売した。 色調製品ローンチ全(前)だった。 PPL終了時点に合わせて色調製品を出した。 ある会社が同種広告出演を許諾しようか。 その上ハ・ジウォンは株主であった。"

♦ ハ・ジウォンが話す不信の根拠?

それ(彼)より、ハ・ジウォンはなぜ化粧品事業に飛び込んだのだろうか?

彼は"(化粧品事業をする)親姉さんと姉妹ストーリーを作りたかった。 親姉さんが運営する化粧品ブランドを'第二院'という名前で再誕生させたこと"と明らかにした。 (2016.8.24)

だが、約定書には親姉さんが登場しない。 親姉さんは自身の化粧品売り場で'第二院'の代表商品である'ジェリーパック'と'ジェリークリーム'などを卸売横購入したのが全部。

ハ・ジウォンがゴールドマークと手を握った理由、Aさんの能力のためだ。 彼はコスメチック業界のマイダス手と呼ばれる。 Aさんが作った多くの化粧品はホームショッピングでメガヒットを打った。

'第二院'やはりランチングと同時にホームショッピングを攻略した。 6ヶ月ぶりに45億ウォンを儲けた。 するとハ・ジウォンは問題を提起した。 経営が透明でないということ。 モデル料支給および利益配当も要求した。

♦裁判所はハ・ジウォンの主張を棄却した。

まず、ハ・ジウォンが主張した既望に対する裁判所の判断.

"ゴールドマーク側が'(ハ・ジウォンに)別途のモデル料を支給することに約束した'という主張は事実と認定する不足する。ダリを認めるほどの証拠がない。"

次は、信頼関係がこわれたという主張に対する判決文だ。

"ゴールドマーク側は共同事業約定書で定めた義務を履行した。会社運営上の問題は業務執行に対する解任理由になるかも知らないが共同事業不履行、または、信頼関係き損で見ることは難しい。"

最後に、肖像権使用禁止に対する裁判所の意見だ。

"共同事業約定によって提供することで合意した芸名、声明、肖像、音声提供義務は相変らず存在する。ゴールドマークを相手に提起した肖像権禁止および廃棄請求は受け入れない。"

2013年、ハ・ジウォンは'愛する'を話した。2016年、ハ・ジウォンは'既望'を主張した。そして2017年、ハ・ジウォンは'くやしい'で 訴えた。それで再び、控訴を提起した。


Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

イ・ジュンギも“芸能人ブラックリスト”に…議論に対し心境告白



写真=イ・ジュンギ Instagram

俳優イ・ジュンギがファンの応援に感謝の言葉を伝えた。

13日、イ・ジュンギは自身のInstagramに「JG always OK. Don't worry n Thank you all. When I read All of your consolation, I was so touched by your words(僕は大丈夫です。心配しないで。皆ありがとう。皆さんから贈られた慰めのコメントを読みながら大きく感動しました)」という書き込みを掲載した。

最近、李明博(イ・ミョンバク) 政権でも「芸能人ブラックリスト」が存在していたことが明らかになり、議論になっている。そのブラックリストにはイ・ジュンギをはじめ、ムン・ソングン、ユ・ジュンサン、ユン・ドヒョン、故シン・ヘチョルさん、イ・チャンドン監督、パク・チャヌク監督、ポン・ジュノ監督など、82人の名前が載っていた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

ピクスLR側"レオ、腹痛で病院行…‘エムカ’舞台取り消し”(公式) 



ピクスLRレオが健康悪化で病院を訪れて写真=DB[MBNスターキム松紙記者]ピクスLRレオが健康上の問題で‘エムカウントゥダウン’舞台を取り消した。

13日所属会社チェルリピシュィエントテインモントゥは“ピクスLRが明日出演予定だったMnet ‘エムカウントゥダウン’出演が取り消しになった”と明らかにした。

所属会社側は“今日夕方レオが腹痛を訴えて直ちに病院に移動して治療を受けたし休息を取っている”として“明日追加検査と十分な休息のために‘エムカウントゥダウン’舞台はやむをえず出演が取り消しになった”と説明した。 

一方ピクスLRはレオとラビで構成されたユニット グループで先月28日二番目ミニアルバムを発売した。 

Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

キム・ギュリ、国家情報院の芸能人ブラックリストに憤怒「この三文字で過ぎてしまった私の30代」



女優キム・ギュリがイ・ミョンバク政府の国家情報院「芸能人ブラックリスト」に載っている自身の名前に怒りを表した。

キム・ギュリは昨日(12日)、自身のInstagramに「この三文字で私の美しい30代が一気に過ぎてしまった。10年という大切な時間が……」と書き込み「#私が_これまで_払った_大切な_税金が_自分を_殺すことに_使われたなんて」というハッシュタッグを付け加えた。

これとともに掲載した写真には、イ・ミョンバク政府当時に作成した左派性向の文化・芸術系人物たちのリストが写っている。キム・ギュリの改名前の名前であるキム・ミンソンをはじめ、映画監督のパク・チャヌク、ポン・ジュノ、タレントのキム・グラ、キム・ジェドン、キム・ミファ、歌手の故シン・ヘチョル、キム・ジャンフン、ユン・ドヒョンなどの名前が書かれている。

先立ってキム・ギュリは、ロウソク集会に積極的に参加するなど、社会的イシューに対して自分の声を出してきた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR