光と影 最終話

全64話。毎週視聴が義務感だけからになりつつあり、やっと終わったーって軽い疲労感さえ覚えたドラマでしたが、それでもこれだけ長い間見てくると、一人一人のキャラに愛着も生まれ、もうみんなに会えないんだなと思うとちょっぴりさみしい気もしたり。悪役にも妙に親しみを感じてしまいます。

オープニングのテーマ曲は古き良き時代の華やかなりし芸能界のにおいがして見始めたころは胸がわくわくしていたものでした。
全てが事実に基づいたものではなくても、このドラマの一番のワル、諸悪の根源のチョルファンはモデルになった人物がいたようでしたし、おおよそ近代の芸能界の成り立ちってお金と権力欲にまみれたもので、裏社会も一部関与していたことも否めないのではと、日本も似たようなものでしょうと思いながら見ていました。

ショービジネスの世界を知り、憧れ自らもその頂点にのぼりつめたカンギテが太陽のような主人公だとすれば、常に彼を意識し、劣等感を抱くあまりにギテを追い落としギテを乗り越えようとしたスヒョクは月のような存在だったかもしれません。

暴力団も堂々と出てくるし、時には利用したり在日でギャンブルで財をなしたお金持ちも最後の方ではドラマの盛り上げ役として登場したり、男社会中心に描かれていたので、女性は男性の都合のいい存在でした。
ギテを片思いし、ギテが危機に陥るたびに危険な綱渡りで悪党と取引をしたり、商売を本格的にはじめてからは、スパイのような真似までして常にギテに寄り添い、ギテを見守り、ギテを守ろうとしたまさに無償の献身愛のチェヨンは男性にとって理想の女性像ではないでしょうか。

そんなチェヨンの想いをしりながらも決して彼女の誘惑に乗らず、最後までとうとう心を預けることをしなかったギテの一途な愛はマドンナ、ジョンへにささげられました。
彼女もまたギテを敵から救い無事に逃がすために、卑劣な男の愛人同様な生活を受け入れる条件をのみました。
二人の女性が自分の身を犠牲にしても愛を注ぎたかったギテにそれだけの魅力があったということなのでしょう。

ギテを見返そうとして結局愛するジョンへの心を手に入れるどころか軽蔑され憐れみを受けることになるスヒョクが、最後にはギテやジョンへに犯した罪を後悔、償うための最良の方法としてチョルファンを殺して自殺してしまう道を選らんだ終焉が強く印象に残っています。
太陽のようにまぶしいギテがうらやましく実は憧れていたのではないかと思われるスヒョクの心情を思うとき、彼が痛ましく哀れでなりません。

さんざん卑怯な手を使ってギテを苦しめ、自業自得といえばそれまでですが、このドラマの切ない悲しみの部分をスヒョクエピが担っていた気さえしてきます。

最後は大団円。ジョンへは事故で麻痺した下半身もリハビリのおかげで歩けるようになり、ギテと結婚。ギテ母も会長と夫婦になり、ジョンへ主演の映画が大賞を受賞するシーンで終わりを告げました。

芸能界という軟派な世界を扱いながら、骨太に仕上がった作品でした。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2012   0 comments   0 trackback
Category :光と影

光と影 57,58話

荒ぶる魂が蘇った。成金のどら息子から、一大芸能会社の社長の座におさまって、落ち着いていたギテは、愛するジョンへとようやく晴れて結ばれる目前、ジョンへに危害を加えられ、眠っていた獰猛な魂が眼を覚ました。

ジョンへ父は娘やギテが止めるのもきかず、チョルファンと手を組んで失敗。娘を貶めた相手でも利益のためなら利用しようとした愚かさに気づき、ギテを認め、ジョンへとの結婚を許す。
ミョングクやチョルファンを追い詰めて、もはや彼らの会社を手に入れたも同然。
公私ともに順風満帆。

何もかもうまくいかないチョルファンは己の欲が自分の首を絞めていることに気づかず、ギテを恨み、ギテを消すしかないという浅はかな考えにたどりつく。
この期に及んでも、自分は手を汚さず、ミョングクを利用しようと、身代わりに刑務所に入るよう交渉。
昔なら応じたかもしれないが、今や勢いを失ったチョルファンと共倒れになるつもりのないミョングクは事務所に押しかけられても、要求を飲むことはせず、申し出を断る。

ギテとジョンへは結婚準備を進めていく。スヒョクをはさんでずっとジョンヘを忌み嫌っていたギテ妹もここにきて、やっと笑顔で二人を祝福。ジョンへのためにウエディングドレスをデザインする。
スヒョクを婿にと考えていたジョンへ父自ら、ギテとの仲を許したことをスヒョクに告げ謝るが、衝撃を受けるスヒョク。
心が手に入らないとわかってもギテとだけは結婚させたくない。

そのスヒョクの気持を利用するためにまた再び徒党を組もうとするチョルファンだが、たび重なる裏切りでチョルファンを信用する気はないスヒョク。

ギテとジョンへは「子どもは男女どちらがいい」「何人くらい」と婚約時代の楽しい会話を交わしながら車に乗っていると、そこへチョルファンの手下が運転するトラックが突っ込み、大事故になる。
運転席のギテは軽傷。ところが、同乗のジョンへが意識不明の重体になってしまう。

愕然とするギテは悲痛な中からやがてチョルファンが黒幕で自分を狙ったものだと知る。
周囲が心配するほど、怒りに燃えるギテ。まずミョングクを責めるがミョングクは関与を否定。チョルファンひとりの仕業とわかる。
チョルファンと直接対決するギテ。卑劣なチョルファンは拳銃を取り出し優位に立つとギテをあざ笑う。
ところが腕っ節はギテが上。すぐさま拳銃を取り上げ立場は逆転。ギテの仲間が駆けつけ凶暴な復讐の鬼となったギテを止める中、なんと検察がチョルファンを逮捕にやってくる。
結局連行されるチョルファン。

ギテがたとえあの場でチョルファンをし止めていたとしても、ジョンへが目覚めない限り、ギテの魂は救われなかったことだろう。
眠ったままのジョンへの枕元で、優しく微笑みながら「やっぱり子供は女の子がいいな。男だったら俺みたいに手がつけられなくなりそうだから」と話しかけるギテ。
やっとここまで来たのに、結ばれる直前で愛を失いかけたギテが哀れ。

好評につき延長のため、とってつけられたジョンへ事故のエピソード。そうわかっていても長い間ずっとお互いだけを純粋に愛し互いのために自分を犠牲にして尽くし合ってきた二人が可哀そうでしんみりしました。
この後きっと目覚めるジョンへだと信じているけど、元の綺麗なジョンへの姿でギテと結ばれるには時間がかかるかしら。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2012   0 comments   0 trackback
Category :光と影

光と影 51,52話

せっかく思い切った二人が結婚にたどりつくところだっていうのに、父親と父親代わりの会長が敵同士だったなんて。
なかなかハッピーエンドにこぎつけないわね(>_<)
ギテもジョンへも自分の仕事を成功させ堂々と自信に満ちて人生を生きている、いい年をした大人同士なんだから、いまさら親の意向なんてどうでもいいんじゃない?って思うけど、そうはいかないのよね。

チョルファンに仕組まれてジョンへが以前のようにお酌相手をさせられると知ったギテとスヒョンは頭に血がのぼる。それぞれ助け出そうと料亭にかけつけるけど、入ることは許されず。
でももう小娘じゃないジョンへは独りで解決。女優や歌手をホステスがわりに宴席に呼び出すようなことはやめさせてほしいとまで嘆願していた。何事もなく自分の足で出てきたジョンへ。

ギテはジョンヘを守る方法としていきなりの結婚発表という強硬手段に出る。
ジョンへは自分に対するギテの愛の炎はとっくに消えている、友情みたいなものが残っているだけだと思っていたけど、そうではなかった。お互いの本当の幸せのためにどうすべきか、考えすぎて、一歩を踏み出せなかった二人が、胸のうちをさらけ出す。
「ずっと好きだった、忘れたことはなかった。」

遠くから見守るだけの苦しい愛はやめにした二人は昔の想いを取り戻す。
そうなると一刻も早く結婚をしたい。自分へ気持を向けさせることはできないが、ギテとの仲は邪魔したスヒョクのゆがんだ愛情も気にしない。

ギテの母から許しをもらった二人は、在日のジョンへの父が来韓するのをきっかけに、両家の顔合わせをすることに。
当日挨拶をしようとしたジョンへ父は、来日するからと皆が警戒していた、会長の敵の大物事業家だった。

暗礁にのりあげそうな二人の結婚。

それにしても、よくもまあ、コロコロと裏切る人間の多いこと。
テソンが自らチョルファンに身売りしてギテの情報を横流ししたのにも驚いたけど、仁義に厚いはずのチョテスまでもが、やくざの本文をまっとうするために、ギテからチョルファンに乗り換えるとはね。

やくざの信義ってなに?だからやくざなのよね。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2012   0 comments   0 trackback
Category :光と影

光と影 47,48話

男達のゲームは相変わらずのシーソーゲーム。やったりやられたり。
ただ明確になったのはジョンヘをめぐるギテとスヒョクの争いが具体的になってきたこと。

ジョンへの手をひっぱりあう二人の大の大人の男達。あまりの興奮ぶり、なぐりあいになるのを、チェヨンにまでいさめられる始末。
ギテはいまさらジョンへとよりを戻そうとは考えていないけど、スヒョクの魔の手からは徹底的に守りたい。

そのためにもピンナラ企画を株式化して、きちんとしたマネージメント会社に改革したい。協力者たちを集めて高らかに宣言するギテ。
動機は私情にからんでいるが、結果画期的な構想となり、皆ももろ手を挙げて賛成する。

スヒョクはギテを倒すために、テソンの過去をネタにギテを裏切ってスヒョク側につくように脅迫。
テソンを通じてジョンへの専属契約の話を聞いて激昂。ジョンへに電話で「ギテと仕事をするな!」と怒鳴るが、ジョンへは「関係ない」と拒絶。

スヒョクの調査はテソンだけではなかった。ギテの謎の空白期間。日本での行動を把握し、それを元に逮捕させるつもりだった。

ところがギテの信頼する在日の会長が「先に攻撃をしかけよう」と、記者達を呼んで、日本での会長とギテの出会いや仕事ぶりを話し、機先を制して報道させる。
一枚上手。
先に記事を出されてしまえば今更ギテを拘束しても意味がない。

ジョンへのことでも、仕事の上でもギテに煮え湯を飲まされて追い詰められていくスヒョク。
そのうえ、掌握しようとしたチョルファンははかりにかけたうえ、ひとまずギテ側につく。

このままギテの快進撃が続くのか。
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2012   0 comments   0 trackback
Category :光と影

光と影 45,46話

オープニングの明るくて楽しい歌が全く合わない暗い内容になってきた。

ギテはジョンへと屈託なく愛し合っていた日の約束とおり、故郷のスニャン映画館でジョンへ主演の映画を公開。
二人っきりで見るという夢はかなわなかったものの、多くのマスコミや招待客を前に堂々開幕するつもりだった。
ところがジョンへはスヒョクに拉致されてしまい、映画館に行くことができなかった。

ギテから奪える最後のそして、一番手に入れたいもの、ジョンへを連れ去り、ジョンへから切りだされた別れを拒否するスヒョク。
欲しいもののためなら手段を選ばない陰険なスヒョクの正体を知ったジョンヘにはスヒョクに対して憐憫の情しか残っていないというのに、やけになっているスヒョク。

なんとか無事に逃げ出したジョンヘはギテと対面。あんなに可愛い恋人同士だった二人なのに、会話はぎこちなく硬い。それでも夢を果たしてくれたギテに感謝するジョンへ。「覚えていたんですか?」とギテは少し驚くが嬉しかったはず。

なぜスヒョクはジョンヘを連れ去ったのかと聞くドンチョルに「俺の女だから」と答えたギテ。そう思ってるのね。
チェヨンも「心を開いてくれたかと思って、近づくとその分だけ後ろに引かれる」と愚痴っていたように、ギテの心にあるのはジョンヘだけ。

スヒョクの寝がえりを知り、激怒したチョルファン。どんどん追い詰められていくスヒョクはギテを破滅させるためにチョルファンと再び手を組むのかしら。

油断ならない人たちばかりのなかでギテはのぼりつめることができるのか。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2012   0 comments   0 trackback
Category :光と影
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR