愛情万々歳 最終話

リタイアしてしまったわけでも、興味を失ったわけでもないけれど、なぜか録り溜めたまま消化していなかった、このドラマ。先の展開が見えて安心していたのと、他に興味がそそられるドラマが出てきたので未視聴のままでした(^_^;)

ダルムがどうなるのかが一番気になっていたけど、延々と相変わらず喧嘩と仲直りを繰り返しながらも幸せな父と母にあきれたり、うんざりしたり、しまいには怒りだしたりして、弟の世話もみる毎日らしい。
両親がいて兄弟もいる普通の幸せをつかんだダルムを心から祝福したいわ。

ジェミとドンウはゆるぎない愛で絶対に結ばれると確信していたけれど、問題は最後までわがままで嫌な女、馬面ジュリがどこで改心するかっていうところ。
結局最終話までひきずりましたね。
ヒョンドが自分をかばって車にはねとばされ重体におちいって、はじめて自分のあやまちに気づいた様子。

それでもたいして許しもこわず、まんまと幸せな結婚をしてしまったのが、私には不快です。
新しいパパができたのは、娘ちゃんのためにはいいけど、人をさんざん傷つけ、他人の大切なものを奪い、ちゃっかり、また新たな幸せをつかむのは、娘の教育のためにはたしていいのかしら。

ジュリには後悔と懺悔の日々を送ってほしかった。
みんながハッピーエンドになることがこのドラマの目指したテーマなのはわかるけど、不倫愛を貫いた妻を亡くしたジョンスの重い罪の償いにひきくらべるとあまりにもお気楽。
ジュリの扱いだけが、心にざらつく違和感となって残りました。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2012   0 comments   0 trackback
Category :愛情万々歳

愛情万々歳 53話

ジェミ父の元妻がドンウ姉だったというややこしい状況がこれで全員の人間にやっと知られたかしらね。
ふぅ~、ここまで来るのが長かったー。ジュリの出生の秘密とか、もうどうでもいいし(・.・;)

ますます幸せになっていくのは、善良親子、ダルムたちだけ。それでいいわ~。ダルムちゃんのシーンが一番面白いもの。
おせっかいダルムちゃんは、なんと、ジェミ元夫の悪行三昧ジョンスが父一人子一人という身を不憫に思い、ってかどーしてもクリスマスにバイクがほしいので、善行をつもうと、ジョンスに妻をあてがうことを考え付く。
今のところ候補といえば、保育園の園長シスター。
明るくてほがらかで笑顔がたえず、いい人には違いないけど、年齢が随分いってるんじゃ。。。
ジェミ母くらいに見えるけどなー。

ママは妊娠どころか肝臓が悪いとわかってショックなできごともあるものの、自分達は円満なので、今や他人の幸せを願う立場になったダルム一家。
ダルムの活躍が目覚ましい。

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2012   0 comments   0 trackback
Category :愛情万々歳

愛情万々歳 45,46話

ジェミとドンウ、ジェミ両親、ジェミ叔母夫婦、みんな周りに祝福されて、幸せ万々歳♪
かと思いきや、そういえばジェミ父がジュリ元夫っていう事実が残っていたわ。この難問を乗り越えないと、本当の幸せはやってこないわね。

ダルムの欠点は大人の事情がいまひとつわからないところ。二人っきりになりたいパパとママのいらいらが伝わらない。
クリスマスツリーも生まれてはじめて飾ってもらって、御機嫌なダルム。でもね、ひとつだけ不満があったの。
プレゼントにお人形やおままごとセットじゃなく、レゴを選ぶ。そのわけを聞かれると、「だってレゴは男の子に人気なの。これを持っていれば男の子と遊べる」。
おうちの女性達はみんなパートナーがいて幸せなのが羨ましい。考えてみれば自分だけが一人身で取り残されてる。
それでボーイフレンドゲットに焦ってるの~(笑)

おませなダルムは弟か妹をあげたいっていうパパの願いを聞いて両親を邪魔せず頑張ってもらうよう、応援。
これで二人の時間が持てるようになるかしら。

ヒスとジョンスの仲は破綻。ジョンスは一人だけで中国に逃げようとしている。
そんな悲痛の中、産気づいたヒス。そこを助けたのはなんの因縁かジェミ。病院に運んで、無事に出産は終えるものの、妊娠中毒だったヒスは産後に亡くなってしまう。
ジェミにお礼と謝罪の言葉を遺して。

そして生まれた赤ちゃんは鑑定の結果ジョンスの子供だと判明。それまでヒスに他の男の子供だろうと辛くあたったジョンスは後悔。
さんざんジェミを苦しめ不幸に落としたジョンスとヒス。その代償はあまりにも大きかった。ヒスは命を落とし、ジョンスは何よりも大切なものを失った。
これでジョンスは反省するかしら。

ヒスは一見同情される流れかもしれないけど、大恋愛を引き離された直後にジョンスと関係を持ったことになるわけで、ジョンスと純愛と言えるかどうか。だらしない女性だったっていうことになるわね。
ともかく生まれた子供と生きていくしかないジョンス。人のものを盗むばかりしないで、心を入れ替えていちからはじめないとね。

その騒動でジェミは両親の再婚式には行けなくなったけど、顔合わせの日にドンウは、ジェミ父と同じエレベーターに乗り合わせる。
いくども同じ場所で会う偶然を不思議に思うジェミ父は、ついに思い当たる。
ドンウがジェミの相手!恐ろしい真実に気付いたジェミ父はどう出るのか。

これは相手の家柄とか、学歴、再婚、などの条件じゃなく、大変な悪縁。相当長丁場をがんばって視聴してきたけど、またここからクリアするのはしんどそう。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2012   0 comments   0 trackback
Category :愛情万々歳

愛情万々歳 43、44話

ダルムはハッピー♪
新婚旅行から帰ってきて、新しいママとダルムはパパにぷんぷん。
理由を尋ねたら、ダルムは「新婚旅行なのに、バス、電車、バスを乗り継ぐなんて!ママが寒くて鼻水出したじゃない。せめてタクシーに乗せてよ」。パパが「けちってごめんね、タクシーに乗れなくて怒ってるんだろ?」とママに訊けば、「そんなことじゃない!ダルムが寒くて鼻水出してたじゃない!可哀想」。
お互いに想い合うママとダルム。仲良し親子。
ママに髪を結ってもらってごきげんなダルム。
少し伸びた天然パーマのくるくる頭を二つに可愛く結んでもらって、すっごく可愛くなったダルム。
でも相変わらず気遣いはアジュンマ並。一人のお部屋をもらってお布団もちゃんと畳んで。

「これからはおばちゃんがたたむから、ダルムは遊んでていいのよ~」とけなげなダルムにジェミ母も思わず顔がほころぶ。
幸せになったのは、ダルム親子だけじゃないみたい。ジェミ家にも春を運んできたダルム。

ジェミの方もゴッドマザーが自分の子育ての過ちを馬面を見て反省。
結婚を許してもらって、ドンウとジェミは天にものぼる心地。みんなが幸せ気分の中、悪者は当然、アンハッピーなわけで。

何かまたよからぬことをたくらむジョンスや馬面。
まだまだ波乱は続く。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2012   0 comments   0 trackback
Category :愛情万々歳

愛情万々歳 41、42話

買い物のたびにいちいちもめたり、すねたり、開き直ったりしながらもなんとかかんとかダルムの望み通り、ようやく結婚したダルム父とジェミ叔母。
可愛いダルムは顔合わせでもジェミ一家に可愛がられ愛される。ダルムを見て笑顔にならない人はこの世にいないと思えるくらい愛苦しいもの、当然。

結婚式を無事に終えたんだけど、問題は新婚旅行。ダルムはついて行く気満々だったからお邪魔虫になることは予想できたものの、なんで、どーしてハルモニがついてくるわけ!?
しかも新婚カップルなのに一部屋しかとれないってどーいうこと?
なかなか眠らないダルムやハルモニに邪魔されて、2人っきりになれない新婚夫婦。

ダルムは子供だから仕方ないものの、もう一部屋とれるってことになると、ふてはじめるハルモニ。えーーー!?
気を利かしてあげてよー。

ってことでハルモニに軽くからかわれ、なんとか別部屋でやっと初夜を迎えられたダルム父たち。このラブラブぶりじゃあ、ダルムに弟か妹ができる日も近いかもねー。

他のカップルや他の場面はほとんど超ハイスピード視聴ですが、ひっかかったのは、ジェミ元夫の勝手すぎる言い分。
ジェミのレシピを盗んだ商品でコンペに出てくるのもあつかましいけど、そのことをジェミに証明され暴露されると、逆切れ。
「なんでこんな仕打ちをするんだ」!?
なんでかわからないの?「離婚したことか」「店の権利を取り戻したこか」「ドンウとのことか」「レシピを盗んだことか」全部罪ですけど。
あきれる自己中のいいわけをしたあげく、「お前が恥をかかせて、最後の夢をつぶした」ですって。
盗人猛々しいっていう言葉でも足りない恥知らずな言葉の数々。
お人よしのジェミもさすがに「まだわからないみたいね」と吐き捨てて去って行ったわ。

ドラマだからもちろん極端に描かれてるけど、こういう被害者意識の自分中心な人って案外世の中に存在する気がします。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2012   0 comments   0 trackback
Category :愛情万々歳
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR