[え'sイシュー]"法的措置"…カンドンホルーモア、所属会社の立場の発表\がもっとひどくなった



所属会社の立場の発表\が仕事をもっとひどくなった。 当該事件に対する真偽、当事者の立場など主要内容が欠けた公式立場に大衆の怒りまで呼び起こしている。

22日、所属会社のプルレディスエンターテインメントは"当社は、オンライン上に流布されている所属アーティストについて、虚偽の事実などに対して法的措置を進めている"、"法律的措置をとって強く対応することを教えてあげる"という公式の立場を明らかにした。

同日午前、オンラインコミュニティで'ニュイストゥ白虎(カンドンホ)セクハラ被害者です。 どうか助けてください'という書き込みが掲載されてから約6時間ぶりだ。

当該書き込みで、作成者は8年前カンドンホに塾の車の中でセクハラを受けたと詳細に記述した。 ここに当事者であるカンドンホとの通話録音とメッセンジャー内容まで引き上げて信憑性を増した。

フィードバックを要するの世論が高まっていると、所属事務所のプルレディスエンターテインメントという公式の立場を発表した。 しかし、午前10時20分に送ってきた公式立場には明確な事実関係やデマ釈明、当事者の立場もなく'虚偽事実に対して厳しく対応する'は通報性の立場だけが存在した。

これに大衆は、より多くの批判を加えた。 事実でないなら、反論し、事実が正しければ謝罪し、反省していたら、この事態には来なかったはず、という反応が大多数だった。 'しないほうができない発表だった'は立場も多かった。

所属会社の立場の発表後、カンドンホの名前の三者は各種ポータルサイト、リアルタイムの検索ランキングで上位圏に上がった。 ために当該議論を知らなかった人たちも知ることになって当事者、そして、所属社の対応に怒りを表している。

8年前のことといえども、過ちは必ず認めていかなければいけない。 さらに、同事件は被害者が依然として羞恥心と苦しみを訴えている性犯罪だ。 

所属事務所そして最も重要な当事者カンドンホの明確な釈明が必要な時だ。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

NU'EST ベクホ、突然の「セクハラ疑惑」が浮上…事務所がコメント“悪質なデマに法的に対応する”



NU'ESTのメンバーベクホ(カン・ドンホ) のセクハラ議論に対し、事務所がコメントを発表した。

本日(22日) 明け方、あるインターネット掲示板には「NU'ESTのベクホのセクハラ被害者だ。どうか助けてください」というタイトルの書き込みが掲載された。

作成者のAさんは、「2009年の冬、私が中学校1年生で、ベクホが中学校2年生だった時のことだ」として、「済州島(チェジュド) 済州市蓮洞(ヨンドン) にある塾の授業が終わって家へ帰るとき、塾の車の中でベクホにセクハラされた」という衝撃の主張を書き綴った。

引き続きAさんは当時の状況を詳しく説明した。「隣の席に座ったベクホが、私の制服の上から胸と太ももを触った。私の足を強制的に広げて、性器を触った」と話した。

彼女は、「当時子供心に話せば私だけおかしな人になるようで、何も言うことができなかった。恐怖心で何も言えなかった」と話した。

Aさんは遅れて暴露文を載せた理由に対して、「最近ベクホが『プロデュース101』シーズン2を通じて注目されるたびに、とても辛かった。ベクホのニュースがずっと流れて、私は再び毎日毎日苦痛の中で過ごすことになった」として、「5月にも書き込みを掲載したが、当時は証拠が充分じゃなく、多くの方に文句を言われて書き込みを削除した」と打ち明けた。

特に彼女は、「私たちの家族とベクホの家族は、私が生まれる前から親しい仲だった」として、「私の母親がベクホの母親に連絡して、ベクホの電話番号をもらった。19日夜10時22分にカカオトーク(スマートフォンのチャットアプリ) でメッセージを送った」と明らかにした。

Aさんは、ベクホとセクハラ問題でモバイルメッセンジャーでチャットし、通話をしたと主張し、チャットのキャプチャーショットと録音の動画を共に掲載した。映像の中の男性は、「今忙しい。後で電話するから」という話だけ繰り返した。現在は彼と連絡途絶の状態であることを伝えた。

これに対し、NU'ESTの所属事務所であるPledisエンターテインメントは、公式コメントを通して「当社は、インターネット上に流布された所属アーティストに対するデマ及び悪意的な人身攻撃性のある誹謗中傷などを通した拡大再生産行為などに対し、法的措置を進めている」と知らせた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

チャ・ジュヒョクに懲役1年6ヶ月の実刑判決「犯行が非常に悪質」



写真=チャ・ジュヒョク Twitter

アイドル出身俳優チャ・ジュヒョク(実名:パク・ジュヒョク) が、1年6ヶ月の実刑を宣告された。

本日(22日) 午前10時にソウル中央地方裁判所(第32刑事部) は、麻薬類管理法律違反疑惑と道路交通法・交通事故処理特例法違反容疑を受けているチャ・ジュヒョクに対して、1年6ヶ月の実刑を宣告した。裁判所にいたチャ・ジュヒョクは、すぐに法廷で拘束された。

裁判所は「被告人は長期に渡り麻薬を使用し、捜査が進められている最中にも関わらず飲酒運転で重大な事故を起こした」として、「犯行が非常に悪質である。実刑の宣告は避けられない」と伝えた。

検察によると、チャ・ジュヒョクは昨年3月にカン某(29、女性) 氏からタバコの紙で巻いてある大麻を無償で提供され、瑞草洞(ソチョドン) のマンション地下駐車場に停車していた自身の車の中で吸引した疑い。

昨年8月には、向精神性医薬品であるケタミンをカバンに隠してカナダに入国しようとしたが、現地空港で摘発されて入国拒否になっている。さらに今年4月には、オランダ・アムステルダムで大麻とエクスタシーを使用した疑いで追加起訴された。

麻薬疑惑で裁判中だった昨年10月、酒に酔った状態で車を運転していた際に歩行者3人に突っ込み負傷させた。当時血中アルコール濃度は免許取り消しに該当する0.112%で、検察はチャ・ジュヒョクに対して懲役4年と追徴金200万ウォン(約20万円) を求刑している。

チャ・ジュヒョクは2010年に混成グループ男女共学のメンバーとしてデビューし、その後俳優に転身、“熱血カンホ”という芸名ではなくチャ・ジュヒョクという名前で活動していた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

"言い訳→謝罪"ユンソナ対する世論、依然として冷ややか



俳優ユンソナが2回謝罪した。

ユンソナは18日、所属会社のシエルにはカンパニーを通じて息子の学校暴力問題と関連して謝罪の意を伝えた。 彼は"一連のうちの子学校の修練会で発生したことについてけがをした子供とその家族そして学校といろいろな人に頭を下げておわび申し上げる"と謝罪した。

続き、"今回のことを処理することにあって私たち家族の無念を先に考えた部分についても謝罪を申し上げる。 初期対策におり、弁解で一貫してしまった私の姿についても深く反省している"と謝罪より悔しかった部分について弁明したことについて、申し訳ないとの立場を明らかにした。

先立ち、SBSニュースを通じて、ソウルのある私立小学校で学生4人が同じクラスの生徒1人を集団で殴打した事件が発生したという内容が報道され、加害者のうち、ユンソナの息子が含まれているという事実が明らかになった。 

今回の事件と関連して、ユンソナ側は"担当教師のインタビューの悪意的な編集と表現したことについては、事実関係の内容の情報が不足してこれを訂正します"とし、"ニュースで野球バットに描写されたそのバットはよく子供たちが持って遊んだスチロールで覆われたプラスチック製のバットとして致命的な危害を加えられる武器がありませんでした。 また、バナナ牛乳ようボディウォッシュを子どもたちが無理やりに飲ませたという部分も何度も調査によって事実がないことが判明しました"と釈明した。

このような釈明は、もっと大きな議論を集めた。 ユンソナ側の立場は心のこもった謝罪より言い訳を並べるに汲々としていたから。結局、一部のネチズンはユンソナのKBS 2TV芸能のドラマ'最高の漢方'出演を置いて下車を要求するに至った。

状況が悪化すると、ユンソナはもう一度謝罪の意思を伝えたもの。彼は"私の不十分な対処によってさらなる被害が発生しないことを望んでおり、進められている今回の事案についても心を尽くして誠実に調べに臨む"、"もう一度私の家族のことでご迷惑をおかけして本当に申し訳ない"と改めて謝罪した。

しかし、世論はまだも冷ややかだっだ。 いくら自分をした後も、息子の行動に対する謝罪よりは言い訳からしてしまったユンソナだったに、彼の心のこもった謝罪がもう遅いという反応が支配的だ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

ユンソナの「息子の校内暴力」報道、日本でも厳しい非難が殺到



息子が校内暴力に関わったというユンソナのニュースに日本列島も関心を寄せている。

17日午後、ユンソナの息子が加害者として校内暴力に関わったという報道は日本のYahoo!JAPANのトップニュースを飾り、日本での関心を証明した。

ユンソナは2001年に日本に進出し、タレント・女優として10年以上愛されてきた。最近は日本活動はほとんどしていないが、依然としてユンソナは日本では人気女優として存在感を誇っている。そのため、今回の事件も日本のファンの熱い関心を引き出している。

日本ファンの反応も韓国と同様に冷たい。日本のファンは「すべて自分に有利な言い訳ばかりだ。本当にびっくりした」「被害者はいるが、意図的に暴行した加害者がいないという言葉は一体どういうことだ」「加害者は『いつもただのいたずらだった』『遊びだと思った』と話しているが、被害者がいじめや暴力だと思うなら、それは暴力だ。親がただかばうだけなら、それはもっとだめなことだ」とコメントを残し、厳しい反応を見せている。

一方、SBSは16日、ソウルのある私立小学校の修練会(修学旅行のように2~3日間修練院に泊まる会) でA君が同じクラスの生徒4人に集団暴行される被害を受けたと報道した。しかし、加害者たちは被害者に正当な謝罪どころか、過ちを言い逃れしていることが知られ、議論を招いた。

この過程で、ユンソナの息子が加害者の一人だということが明らかになった。波紋が広がると、ユンソナは「SBSの報道で伝えられた小学3年生の生徒が1人の子供を布団の中に閉じ込め、無差別的な集団暴力を行ったということは事実とは大きな差がある」と悔しさを訴えた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR