FC2ブログ

カラサエリカ、東出昌大と不倫 "反省しているが、本気申し訳ありません」[専門]



日本のスター俳優東出昌大(32)が俳優カラサエリカ(23)と不倫説を認めた中で、カラサエリカ韓国の所属事務所側が謝罪のメッセージを伝えた。

カラサエリカ韓国の所属事務所BHエンターテイメントは23日、公式の立場で「まずカラサエリカのニュースで多くの方々にご心配をおかけして誠に申し訳ないという言葉をお届けする」と慎重な立場を伝えた。

所属事務所側は「カラサエリカは現在反省し悔いている」とし「また、この日のために大きな傷を受けた家族の方々とファンの方々の関係者の方々に頭を下げて深い謝罪の言葉を申し上げる」と頭を下げた。

先に東出昌大所属事務所側はカラサエリカと不倫説報道を認めた。1988年生まれ東出昌大は家庭的なイメージで、日本全域で高い人気を享受スターなので不倫説の波長がより大きかった。現在朝日TVドラマ「刑事と検査〜管轄と地検の24時〜」に出演している。

不倫相手挙げた日本の俳優カラサエリカは、1997年生まれで、日本の所属事務所とは別に韓国BHエンターテイメントと専属契約を締結し、昨年tvNドラマ「アス月クロニクル」に出演している。

以下は、カラサエリカの所属事務所側の立場の専門である。

まず、カラサエリカのニュースで多くの方々にご心配をおかけして誠に申し訳ないという言葉をお届けします。

カラサエリカは現在反省し後悔しています。また、このことにより、大きな傷を受けた家族の方々とファンの方々の関係者の方々に頭を下げて深い謝罪の言葉を申し上げます。再び謝罪の言葉を申し上げます。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

「集団性暴行容疑」チョン・ジュニョン - チェ・ジョンフン、懲役6年-5年不服控訴審公判期日延期



チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフン/写真

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンが控訴審初公判で、裁判部の控訴理由を確認要求に応じて公判期日が延期された。

21日午後、ソウル中央地方裁判所第12刑事部はチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンの控訴審裁判で公判期日を延期することを発表した。

裁判部は被告人側が提出した控訴理由書について「一部の弁護人は、事実関係を否定したり、性的な関係があったとしても刑法上の犯罪ではないしている。控訴理由書に被告人の行為は、通常のか、他の女性との関係でもしていた方式か、異常な犯罪ではないのかよくあらわれない。正確な控訴理由を確認してほしい」と述べた。それとともに追加で参考資料があるか把握した上提出することを要求した。

また、カカオトーク会話内容の証拠能力については、「1審のように要件が備わっていない証拠に証拠能力を認めするかどうかについても判断する」という立場を明らかにした。

続いて、被害者の抵抗不能の状態にも「被害者の抵抗不能の状態を利用する要件や身体に関する反応的に判断することができるのか認知能力を考慮して判断する」と付け加えた。

先に集団性暴行疑惑を受けていたチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは、昨年11月にあった1審の判決では、それぞれ懲役6年と5年を宣告された。性暴力の治療履修80時間と子供と青少年関連施設に就職制限コマンドも一緒に落ちた。

これチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンをはじめとする5人はすべて1審の判決に不服し控訴状を提出し、今日(21日)の控訴審初公判を持つようになった。この日、裁判所に出席したチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンを含む5人は何も言わずに頭を下げたまま裁判に臨んだと伝えられる。

一方チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンは去る2016年、江原洪川と大邱などで女性を泥酔させた後、集団で性的暴行したという疑惑を受けている。また、1審の判決文によると、チョン・ジュニョンは、2015年12月から翌年6月までの間の団体チャットルーム5ヶ所、個人チャットルーム3ヶ所に自分が撮った写真と映像を流布した。2015年11月26日には、一日に3回の撮影分を流布したという事実も伝えられた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

キム・ゴンモ、12時間警察の調査の後帰宅...」心配かけて申し訳、真実が明らかにジギル "[総合]



"国民の皆様にご心配おかけして誠に申し訳ございません。一日も早く真実が明らかになったらと思います。」

性的暴行の疑いを受ける歌手キム・ゴンモが去る15日午前10時20分頃、ソウル江南(カンナム)警察署に出席して、約12時間の間に調査を受けて、午後10時14分頃、取材陣の前に姿を現した。

出席前取材陣の質問には一切答えなかった彼は調査した後、このように心境を明らかにし、国民に謝罪した。

キム・ゴンモは警察の調査に関連して「誠実回答した」とし「常に良いことでブェプダが、このような言葉をのでとても震える。心配をおかけして大変申し訳ない。(警察が)別にご希望の場合、また調査を受ける心がある」と述べた。

オリジナル表示

オリジナル表示

オリジナル表示

しかし彼は「性的暴行容疑を否認するのか」など、他の質問については何も答えずに現場を離れて帰宅した。

以後キム・ゴンモの弁護士である法務法人書評ゴウンソク弁護士は「多くの方が推測して想像すると、他のいくつかの事実がある。まだ捜査中だが桁で申し上げる困難である」との言葉を続けた。

高弁護士は「初めてこの問題を提起した方の言葉と他のいくつかの資料を提出した」とし「時間が経てば、おそらく真実が明らかになるものと信じている」と述べた。

「香ばしい女性を口止めした事実があるのか​​」という質問には「全くそんなことはない」と短く答えた後席を離れた。

昨年12月6日康容碩弁護士、ギムセの前MBC記者、キム・ヨンホ前演芸部記者などが運営するYouTubeチャンネル「縦横研究所」は、キム・ゴンモが過去ソウル江南のある風俗店で働く女性Aさんを性暴行したという疑惑を提起した。それから3日後、Aさんは康容碩弁護士を法律代理人として選任してキム・ゴンモを訴えた。

キム・ゴンモ側性的暴行疑惑を否定し、昨年12月13日誣告にマトゴソた。これに関連し、過去8日、警察はキム・ゴンモの車両を押収捜索し、GPS(位置確認システム)を確保して、10日、ソウル地方警察庁デジタルフォレンジックセンターに送信分析を依頼した。

また、キム・ゴンモ側過ぎや6日の情報通信網法上の名誉毀損の疑いでAさんを訴えて「Aさんがキム・ゴンモの27年芸能活動を悪意を持って蔑視し偽りの事実を流布している多くの方に失望を与える形をよりは大目することができない」という立場を明らかにした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

「性的暴行疑惑」キム・ゴンモ、今日(15日)警察出席... 容疑に関する質問には「沈黙」



性的暴行の疑いを受けている歌手キム・ゴンモが15日、警察に出席して調査を受けている。

15日午前10時23分頃、ソウル江南のある遊興酒屋で働く女性を性暴行したという疑惑を受けているキム・ゴンモがソウル江南警察署に性暴行容疑被疑者調査を受けるために弁護人と一緒に出席した。

この日キム・ゴンモは「性的暴行容疑認めるか"、"風俗店の従業員暴行した事実か」などの取材陣の質問に何の回答をしていないまま調査室に向かった。

昨年12月9日、自分を遊興業店従事者と明らかにした女性Aさんは、2016年8月頃キム・ゴンモに性的暴行にあったと康容碩弁護士を法律代理人として選任してキム・ゴンモを訴えた。

先にAさんは、12月6日康容碩弁護士などが運営するYouTubeチャンネル「縦横研究所」(以下「加え凧')に出演して「キム・ゴンモが2016年8月頃、ソウル市江南区論峴洞素材遊興酒屋で酒を飲んで自分を性暴行した」と主張した。

これに対してキム・ゴンモ側は「事実無根」とし、性的暴行疑惑を否定した後、12月13日A氏の無実でマトゴソた。Aさんは、12月14日、弁護人立会いの下、警察に出席して調査を受け、警察に身辺保護を要請した。

事件を捜査していた警察は8日、キム・ゴンモの車を押収捜索は、GPS(位置確認システム)の記録が入れられたナビゲーションストレージを確保して、10日、ソウル地方警察庁デジタルフォレンジックセンターに送信分析を依頼した。

これ日、警察は、GPS解析結果などを介して性暴行疑惑当時銅線などを集中的に調査する方針だ。また、被害女性を脅迫・懐柔したという疑惑についてもキム・ゴンモの介入するかどうかを調査していることが分かった。

一方、警察は暴行事件とは別にキム・ゴンモが自分に暴行を受けたと主張する女性Bさんの名誉毀損の疑いで告訴し、事件をソウル中央地検から譲り受け先週から本格的に捜査に突入した。

Bさんは、昨年12月に「加勢年」を通じて、2007年1月に遊興酒場でキム・ゴンモに暴行を受けたと主張した。以後キム・ゴンモ側は6日Bさんの情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反(名誉毀損)の疑いでソウル中央地検に告訴した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

"必要性を認めにくく "... 「常習賭博・売春斡旋」を獲得し、拘束令状また棄却[総合]



売春斡旋と常習賭博などの疑いを受けている歌手の勝利が13日、ソウル中央地裁で行われた令状実質審査を終えて足を運んでいる。

ビッグバン出身のV(本名イ・スンヒョン、30)が今回も拘束を免れた。

ソウル中央地裁ソンギョンホ令状担当部長判事は13日、VIの拘束性をサルピン後、午後9時40分頃令状棄却決定を下した。ソン部長判事は「犯罪容疑の被疑者の役割、捜査の進行経過と証拠の収集程度、被疑者が捜査に臨む態度を総合すると、拘束の理由と必要性と相当性を認めにくい」と棄却理由を明らかにした。

に先立ち、同日のVIは、午前拘束前被疑者尋問を受けるため、ソウル中央地裁に出席した。3時間ほどの調査を受けたVIは、裁判所を出て、ソウル拘置所に向かった。9時間ほど拘置所に滞在していたVIは今回も自宅に帰宅することになった。

VIはすでに、昨年5月に一回令状実質審査を受けた。当時、警察は売春処罰法違反などの5つの容疑でVIの拘束令状を申請したが、証拠隠滅、逃走する恐れがないという理由で棄却された。

検察は8日のVIについて、暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反など7つの容疑で拘束令状を請求した。検察によると、VIは、2013年12月から約3年半の間、米国ラスベガスなどで常習賭博した疑いを受けている。先に警察が不起訴意見で結論出した「為替差益(国外からドルに賭けた後、国内でウォンに交換)」の疑い(外国為替取引法違反)も拘束令状へのタイムリーされたことが分かった。

また、2015年9月〜2016年1月に海外投資家に売春を斡旋した疑い(性売買処罰法違反)、麟錫(34)前のガラスホールディングス代表とラウンジバー「モンキーミュージアム」を運営する、当時店をユフンジュ点ではなく一般的な飲食店区役所に申告した疑い(食品衛生法違反)、ガラスホールディングス資金を従業員の弁護士比書いた疑い(特定経済犯罪加重処罰法上の横領・業務上横領)、カカオトークで女性の裸の写真を送信した疑い(性暴行処罰法違反)などもある。
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR