FC2ブログ

「漢書喜と同性熱愛説」ジョンダウン "無免許3回摘発過去、言い訳もなく申し訳ありません」[専門]



'イケメン時代」出身ジョンダウンが過去無免許運転と関連し謝罪した。

去る9日ジョンダウンは自分のインスタグラムを使用して、「最後の夜をインスタグラムのライブの間に過去無免許3回摘発について話をした」と明らかにした。

彼はこれに対して、「言い訳する余地がない。申し訳ない」とし「最低昨日正しくリンゴをささげ反省する姿を見せるべきした瞬間失言で私の犯罪事実を自らして言ってしまった状態で恥ずかしいおしく表情管理がドゥェジルないたしミンマンハムと恥ずかしに笑顔を見せた」と当時の状況を説明した。

ジョンダウンは「その姿がまるで犯罪の、重をかを全くなかったかのように見えて大衆の方々の気持ちをさらに不快作ってしまったようだ。ただ、鉄なかった時代だと片付けてしまうにはあまりにも大きな誤りであるようだ」とし「二度とこのような違法行為をしていない」ともう一度謝罪した。

ジョンダウンはハンソ喜とゲイ中という論議に包まれた人物。彼は寒暑喜とライブ放送を進行し話を交わす中「ジョンチャム時」に出演しするようにしたネチズンの言葉に「今無免許の3回以上かけて免許を取ることができるない」と不意に告白をした。それとともに、放送途中笑いを建て示し、より大きな論争を引き起こした。

以下ジョンダウン謝罪文

の最後の夜インスタグラムのライブの間に過去無免許3回摘発について話をしました。言い訳する余地がありません。申し訳ありません。

少なくとも昨日正しくリンゴをささげ反省する姿を見せるべきした瞬間失言で私の犯罪事実を自らして言ってしまった状態で恥ずかしいおしく表情管理がドゥェジルないたしミンマンハムと恥ずかしに笑いを見せました。その姿がまるで犯罪の、重をかを全くなかったかのように見えて大衆の方々の気持ちをさらに不快作ってしまったようです。ただ鉄なかった時代だと片付けてしまうにはあまりにも大きな誤りであると思われる。

本当に申し訳ありません。再び、このような違法行為をしません。再び申し訳ありません。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

認めたが記憶はNO" .. '性暴行容疑」カン・ジファン、今日(7日)2次公判



性的暴行の疑いで裁判に渡されたカン・ジファンが容疑を認めながらも、犯行当時は覚えていない立場を固守している中で、このような主張が裁判にどのような影響を与えるか注目される。

カン・ジファンの2次公判が今日(7日)2時30分、城南裁判所で開かれる。最近裁判所が去る7月12日、ソウル東部拘置所に収監されたカン・ジファンの拘束期間を2カ月延長することを決定することにより、カン・ジファンは拘束状態で2次公判を進行することになった。

初公判はこれに先立ち2日開かれた。当時カン・ジファンは、ほとんど公訴事実を認め、反省して頭を下げながらも犯行当時は「酒に酔って何覚えていない」という立場を固守した。

カン・ジファン側の弁護人も「被告(カン・ジファン)自分恥ずかしいことだが、自分の行動を適切に記憶していない。記憶が接続されていないのは、警察の調査、接見の過程で被告人が一貫して見せてくれた姿」とし「弁護人として残念考えならない」と述べた。

弁護人は、また、「記録に現れた自分の姿を馴染まするほど覚えていなくて戸惑っている状態だ。どういう経緯で芸能人の生活を根こそぎ吹き飛ばす過ちを犯したのかは、今後の裁判の過程で明らかに」とし「ゴシップになるよう、具体的な事件の内容を申し上げる難しいが、マスコミの報道は客観的事実と大いに違う」と述べた。

カン・ジファンは先立って去る7月9日の試合光州市オポウプ自宅で性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦容疑で緊急逮捕した。カン・ジファンは、自分の撮影を助けた女性スタッフ2人と酒を飲んだ後、これら寝ていた部屋に入って、1人を暴行、もう1人をセクハラした疑いを受ける。

犯行を否認している途中、今月12日に拘束令状が発行されると、すべての容疑を認めたカン・ジファンは、最初の裁判を控えて大型法務法人所属弁護士を選任し、裁判の準備に乗り出したことがある。カン・ジファンが容疑を認めながらも、犯行当時の状況については、「覚えていない」という立場を固守することをめぐり、刑を下げようとする戦略はないかという推測も緑豊かな状況。

拘束状態でカン・ジファンの2次公判が行われている中で、カン・ジファンがもう一度立場を固守するのか、裁判所が、果たしてこのような主張を受け入れるか関心が集中される。
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

警察、「プロデュース48 '所属会社も押収捜索した。操作波紋一波万波



警察が「プロデュースX101」はもちろんのこと、「プロデュース48 '投票操作疑惑に対しても家宅捜索を実施した。

2日スポテレビニュース取材によると、警察は1日、Mnet「プロデュースX101」に参加した所属事務所はもちろん、「プロデュース48」に参加した、いくつかの事務所にも押収捜索を一緒に進行した。

この日、警察は「プロデュースX101」に参加した企画会社のスターシップエンターテイメント、響きエンターテイメント、MBKエンターテイメントオフィスを家宅捜索した。また、知られている所属事務所のほか、「プロデュース48」の参加者を輩出した、いくつかの所属事務所にも押収捜索を一緒に進行した。

警察は「プロデュースX101」を含めて「プロデュース101」前シーズン、エムネットの別のオーディションである「アイドル学校」まで捜査範囲を拡大した状態。実際に「プロデュース48」は「プロデュースX101」と同じように製作陣が決勝得票数に触った情況が捕捉されたと伝えられた。のために警察は「プロデュース48 '関連疑惑を解くために、いくつかの所属事務所にも静かに押収捜索を終えたことが分かった。

このような中、「プロデュースX101」は、投票操作で合格者が後変わった疑惑まで提起され、波紋が大きくなる見通しだ。一部では、Xの源に名前をあげたいくつかの練習生が、実際の最終得票数が脱落群に属したという主張が出た。これに対してエムネットの関係者は、スポテレビニュースに"
報道内容を確認している。
警察の立場がどうか分からない」とし「立場を申し上げにくい状況である」と慎重な立場を明らかにした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

「性暴行容疑」カン・ジファン、拘束期間2ヶ月延長決定



裁判所が性暴行とセクハラの疑いで拘束起訴された俳優カン・ジファン(42・ジョテギュ)の拘束期間を更新した。これカン・ジファンは拘束状態で継続裁判を受ける見通しだ。

29日法曹界によると、水原地裁城南サポート第1刑事部(チェチャンフン部長判事)は、最近、ソウル東部拘置所に収監されているカン・ジファンの拘束期間を2カ月延長することを決定した。去る7月12日に拘束されてから2カ月ぶりだ。

刑事訴訟法上、最大拘束期間は6ヶ月であり、審級ごとに延長は2ヶ月ずつの2回行うことができる。ため拘束期間の更新が決定されたということは、カン・ジファンが最大2ヶ月は拘束状態で裁判を受けなければならないということを意味する。

カン・ジファンは去る7月9日、知り合いのAさんとBさんなど女性2人プレイ光州市オポウプ自宅で酒を飲んだ後、これら寝ていた部屋に入ってAさんを性暴行して、B、さんセクハラした疑いで拘束起訴された。

警察は、事件当時、被害者の知人の申告を受けて現場に出動、カン・ジファンを緊急逮捕し、カン・ジファンは逮捕直後、警察の調査で「酒を飲んだことまでは覚えてのに、それ以降は全く記憶がない」と述べた。しかし、拘束後に"罪の代価を甘くて贖罪し生きる」と容疑を認めた。

また、警察はカン・ジファンが薬物に依存犯罪を犯した可能性があると見て、国立科学捜査研究院に薬物検査を依頼したが、「音声」の判定が出たことが分かった。

カン・ジファンの弁護人は、過去2日に開かれ、1次公判で「被告人(カン・ジファン)が控訴事実の事実関係のほとんどを認めて過ちを深く認識する」とし「被告人が被害者に最大限賠償することができるよう、被害者弁護人に協力をお願いする」と訴えた。また、「自分で恥ずかしいことだが、被告人が自分の行動に対して適切記憶ができないしている」と伝えた。

カン・ジファンの2次公判は10月7日に行われる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

「協議・善処絶対NO」コン・ユ・チョン・ユミ荒らし罰金。コン・ヒョジン証拠収集・スジ告訴[総合]



俳優のコン・ユ、チョン・ユミを苦しめた荒らしが罰金刑を受けた。スジは、すでに訴状を受理したコン・ヒョジンは、告訴するために証拠を収集している。これらの善処ない強硬対応にファンたちの応援が続いている。

のコン・ユ、チョン・ユミ、スジ、コン・ヒョジンの所属事務所マネジメント森は27日、公式SNSに「当社は所属俳優たちに向けた無分別な誹謗中傷や荒らし行為は、もはや容認できないレベルに達したと判断し、所属俳優たちを保護しようと法務法人を介して法的対応を進めている」という文を掲載した。

マネジメントの森は、所属アーティストたちのために刀を抜いたし善処なく強硬対応に乗り出した。継続的な証拠収集をし荒らしを訴えるし、いくつかの荒らしは罰金を、また、いくつかの荒らしは、今後の処罰を受ける予定である。

所属事務所によると、昨年のコン・ユは、長い期間、自分を苦しめた荒らしを訴えたその荒らしは、4月罰金刑を言い渡された。

また、チョン・ユミは、デマ出版社と拡散器、荒らしを訴えた出版社などが最近の罰金を言い渡された。先立って昨年10月にナヨンソクPDとチョン・ユミの虚偽事実を盛り込んだジラシが登場し、双方告訴の刀を抜いた。善処なくデマ最初の作成、拡散器と荒らしの両方を訴えた。

それから4ヶ月ぶりにデマ者と拡散器の両方が逮捕された。偽りのジラシを作成流布した疑いで裁判に渡された放送作家に罰金刑が宣告された。裁判所はデマ最初の作成者である放送作家AとBにそれぞれ罰金300万ウォン、これ最初に流布した会社員Cに罰金200万ウォンを宣告した。

続いてコン・ヒョジンとスジも荒らしとの戦争を宣言した。スジは、収集された証拠資料をもとに、法務法人を通じて訴状を受理した。

コン・ヒョジンは、荒らし告訴のために証拠資料をまとめて告訴を準備中だ。コン・ヒョジンは、先に2015年に彼のSNSに不快感を与えるコメントをつけ荒らしのプライベートアカウントを獲得し、これと共に「お前探す」という文を上げたバー。今回は証拠を集めて訴え強硬対応するという立場だ。

これらの所属事務所マネジメント森は、今後もアーティストを保護するために悪質な書き込みを監視を継続的に進める計画である。所属事務所側は「当社は、俳優たちに向かって、虚偽の事実掲載、侮辱、名誉毀損など悪質な誹謗行為が発見された場合、証拠資料を確保した後、定期的に法的対応を継続するものである。協議や善処は絶対なしを強く申し上げる」と述べた。

マネジメント森の善処ない断固たる法的措置にファンが応援が続いている。/kangsj@osen.co
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR