FC2ブログ

ハンソヒ、また麻薬摘発実刑機..SNSはプライベート[総合]



アイドルグループビッグバンのメンバーTOP と一緒に大麻をした疑いで有罪判決を受けて執行猶予宣告を受けた練習生出身ハンソヒが再び薬物陽性判定を受けながら実刑を買う羽目に置かれた。ハンソヒのSNSは非公開に切り替えた。

10日スターニュースの取材の結果、法務部傘下の保護観察所は8日、ハンソヒを相手に不意の尿検査を実施し、薬物陽性の結果を確保した。これにより、ハンソヒは関連施設に拘禁されていることが確認された。

法務部の関係者は、スターニュースに"保護観察所では、裁判所にハンソヒの執行猶予判決取り消し申請をし、裁判所の決定に基づいて措置が取られ」と付け加えた。

ハンソヒは先に2016年7月から2016年12月までに計4回にわたって麻9gを購入し、ソウル市中区に位置し、自宅で7回大麻をしないで吸ったり液状に喫煙した疑いで起訴された。以後ハンソヒは、過去2017年6月16日麻薬類管理による法律違反の疑いで懲役3年、執行猶予4年と追徴金87万ウォン、保護観察、120時間の薬物治療の講義コマンドを宣告されたことがある。

ハンソヒは、当時の調査の過程で、トップアイドルグループビッグバンのメンバーTOP と一緒に大麻を吸った情況が明らかになり、TOP との関係などについて知りたい事を呼び起こして話題を集めることもした。

執行猶予期間中に薬物検査で陽性判定を受けながら寒暑希の今後再捜査と法廷拘束するかどうかへの関心も加わるようだ。

関係者はスターニュースに"麻薬関連の容疑執行猶予の判決を受けた者に対して不意に薬物検査をすることができ、検査で麻薬成分の陽性反応が出たら、検察の捜査も避けられない」とし「ハンソヒの場合、刑の執行を猶予した懲役3年の実刑を購入する可能性もある」と耳打ちした。

ハンソヒが麻薬容疑で実刑判決を受けることになるのか注目される。これと関連し、ハンソヒのインスタグラムのアカウントは非公開で転換された状態だ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

VI事件、地上作戦司令部軍事法廷で渡った



海外遠征賭博と売春斡旋などの疑いを受けるグループビッグバンの元メンバーのVI

投資家に売春を斡旋し、海外遠征賭博をした疑いなどで起訴されたビッグバンの元メンバーのVI(イ・スンヒョン・30)が試合竜仁素材陸軍地上作戦司令部(地作詞)で裁判を受ける。

去る5日、陸軍によると、VIの事件は、検察起訴と一緒にソウル中央地裁刑事合議部に配当された。

VIは今年1月、在宅の状態で裁判に渡したが、入隊による裁判所変更などでまだ初公判期日は確定していなかった。

去る3月9日陸軍に入隊し、5週間の基礎軍事訓練を受けたVIは5軍団隷下部隊に自大配置を受けた。

これにより、ソウル中央地裁第26刑事部は5月15日のVI関連の裁判を第5軍団司令部普通軍事裁判所に移送した。

しかし、第5軍団司令部普通軍事裁判所は、直接裁判を引き受けることなくて作詞普通軍事裁判所にイチョプた。

地作詞通常軍事裁判所は先月23日、VIの事件を受けていた。

正確なイチョプ理由は知られていなかったが、事案の重大性を考慮して、上級部隊で裁判を進めて深く網羅趣旨に解釈される。

地作詞軍事裁判所で扱わVIの疑いは△特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(横領)△食品衛生法違反△業務上横領△性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラ等利用撮影)△売春斡旋など行為の処罰に関する法律違反(売春斡旋など)△常習賭博△外国為替取引法違反△売春斡旋など行為の処罰に関する法律違反(売春)など、合計8種類だ。

VIは2013年12月から約3年半の間、米国ラスベガスなどで複数回の賭けをした疑い(常習賭博)とギャンブルの資金をドルに借りながら、事前申告をしていない疑い(外国為替取引法違反)で起訴された。

また、2015年9月〜2016年1月に海外投資家に売春を斡旋した疑い、カカオトークで女性の身体画像を送信した疑いなども検察控訴事実に含まれた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

「大作疑惑」チョ・ヨンナム、今日最高裁宣告... 有罪vs無罪?(総合)



「大作疑惑」チョ・ヨンナム、今日最高裁宣告... 有罪vs無罪?

「図大作「疑惑を受けるチョ・ヨンナム(75)の最高裁宣告公判が25日に行われる。

最高裁1部(主審グォンスンイル最高裁判事)は同日午前チョ・ヨンナムのマネージャーチャン氏の上告公判を進行する。

チョ・ヨンナムは2011年9月から2015年11月までの画家ソン氏などが描いた絵を譲り受け、自分が直接描いた絵であるかのように被害者に販売して1億5300万ウォンを受け取った容疑で裁判に渡された。マネージャーチャン氏は、チョ・ヨンナムの作品制作と販売などに関与した疑いで一緒に起訴された。

検察は、チョ・ヨンナムがソング氏などが、ほぼ完成した絵に軽い上塗り程度した後、自分の署名を書いて高価で絵を販売したと報告詐欺の疑いを適用した。しかし、チョ・ヨンナムはソン氏などは、自分が考えたアイデアに基づいてスケッチを描いてくれる助手に過ぎず、現代美術の特性上、助手を活用した創作活動には問題がないと主張した。

先に1審裁判部は、「ソング氏などは、チョ・ヨンナムの創作活動を助けるの終わった助手に過ぎないと見るのは難しい。一部の被害者は、チョ・ヨンナムが直接描いたものではないという事実を知っていれば、図を購入していないだろうと述べる」と懲役10ヶ月に執行猶予2年を宣告した。

しかし、2芯の結果は違った。2審は「アシスタントを使用した製作方式が美術界に存在している以上、その方式の適合性や慣行に該当するかどうかは、法律的判断の範疇に属しない」と無罪判決した。

検察は去る5月に行われた上告審公判期日の「ソング氏などに既存のコラージュ作品を描いてくるし、抽象アイデアのみを提供し、図を任意に描かれた」と上告理由を明らかにした。これに対してチョ・ヨンナムは「今回のことで騒ぎを起こし申し訳ない。残りの人生は社会に重宝される真の芸術家として生きることができるよう見てほしい。私の無実を知ってほしい」と無罪であることを重ねて強調した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

チェ・ジョンフン、不法撮影・贈賄容疑を認め→善処訴え... 「罪悪感の中反省中」(総合)




チェ・ジョンフンが自分のすべての容疑を認めて善処を訴えた。聯合ニュース提供

不法チェル霊物を流布した疑いなどで起訴されたチェ・ジョンフンは、すべての容疑を認めて善処を訴えた。

ソウル中央地方裁判所刑事控訴1-1部18チェ・ジョンフンの贈賄意思表示と性暴力処罰法違反、ポルノ配布容疑の初公判期日を開いた。

先に1審から懲役1年に執行猶予2年を宣告された後、量刑不当の理由で控訴していたチェ・ジョンフンは、この日の公判で直接書いてきた手紙を読みながら、「一日一日罪悪感を感じ反省している」と訴えた。

続いて「事件当時のことを噛みしめながら、私どのよう愚か間違った動きをしたのか反省いる」とし「私の夢を根こそぎ失ったが、私は犯した罪を考えると、当然耐えなければならないと考える。かんばしくないことで物議を起こし申し訳ありませんである。今回のことを覚えて重い心で生きる」と付け加えた。

チェ・ジョンフン側の弁護人は、贈賄の意思表示の疑いについて積極的に解明した。弁護人は「贈賄意思表示の疑いの場合偶発的にお金を渡したいと言ったが、お金を出さなかったし、逮捕された後、贈賄意思表示をしていなかった」とし「警察官もいたずらだと思った。被告人は、この行為に対して反省している」と述べた。

また、不法撮影物流布の疑いでも「ただトクバンに写真1枚上げた。共有回数が少ないと刑を軽減受けるわけではない被害者が特定されておらず、広く流布されてもいない」という理由で善処を訴えた。

しかし、検察は「被告人の罪質が不良である」と遠心のような形を求刑した。裁判部は、来月23日午後チェ・ジョンフンの宣告を進める予定である。

一方、チェ・ジョンフンは2016年、相手の同意なしに映像を撮影し、これを組織チャットルームに配置した疑いで起訴された。また、同年飲酒運転取り締まり摘発直後警察官に200万ウォンを渡し、これを拡散しようとした疑いも受ける。

チェ・ジョンフンは1審当時不法撮影と流布の疑いを認めながらも、「一時的に状況を免れしようとしただけで、真剣にお金を与えようとの意思を表示したものではなかった」と贈賄容疑は否認した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

「準強姦などの疑い」カン・ジファン、控訴審も懲役2年6ヶ月・執行猶予3年




カン・ジファンが控訴審でも執行猶予を言い渡された。聯合ニュース提供

俳優カン・ジファン(本名ジョテギュ)が控訴審でも執行猶予を言い渡された。

11日午後、水原高裁刑事1部(ノギョンピル部長判事)の審理で準強姦と準強制わいせつの疑いで起訴されたカン・ジファンの控訴審宣告公判が行われた。

この日カン・ジファンは、黒のスーツを着て黒のマスクを着用したまま出席した。ただし心境と容疑などについての質問には、無返答で一貫している。

控訴裁判所は、カン・ジファンの1審のような懲役2年6ヶ月執行猶予3年を宣告した。これに対して裁判所は「1審型が破棄するほど多かったり少ないと判断されない。控訴審でも1審型を変更するだけの事情の変化がない。被告と検察の控訴をすべて棄却する」と説明した。

カン・ジファンは、昨年7月に京畿道広州市の自宅で外周スタッフの女性2人と酒を飲んだ後、これら寝ていた部屋に入って、スタッフ1人を暴行し、他のスタッフ1人をセクハラした疑いで起訴された。昨年12月5日に行われた1審宣告公判でカン・ジファンは、懲役2年6ヶ月執行猶予3年、社会奉仕120時間、性暴行治療講義受講40時間、就業制限3年を言い渡された。

以来、カン・ジファン側と検察側双方の控訴に控訴が行われ、検察は先月14日、行われた控訴審結審公判でカン・ジファンの懲役3年の実刑を求刑した。

一方、昨年のカン・ジファンの疑いが知られカン・ジファンは出演していたTV朝鮮ドラマ「朝鮮生存期」で下車し、前所属事務所ファイアブラザーズ・コリアとの契約が終了した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR