検'MB国家情報院芸能人ブラックリスト'キム・ミファ19日参考人調査 



2010年放送人キム・ミファが'KBSブラックリスト'発言と関連してソウル、汝矣島(ヨイド)マリオットホテルで記者会見をする姿[聯合ニュース写真資料]

イ・ミョンバク政府時期国家情報院が政府批判指向の文化芸術界人々を相手に活動を邪魔して退出圧迫を加えたという'ブラックリスト'疑惑と関連して放送人キム・ミファさんが検察に出席する。

17日検察によれば国家情報院ブラックリスト疑惑を捜査中であるソウル中央地検捜査チームは19日午前10時ブラックリストに含まれたと分かったキム氏を参考人身分と呼んで調査する。

キム氏は検察に出てきてイ・ミョンバク政府時期自身が受けた不利益など被害情況を打ち明けるものと見られる。

キム氏は去る2010年自身のツイッターで"キム・ミファはKBS内部に出資金紙文書が存在して回っているので出演にならないそうです"という文を載せて波紋が生じたことがある。 KBSは当時この発言を問題にして彼を警察に告訴した。

キム氏は2011年4月には8年間進めてきたMBCラジオ プログラムで突然下車して外圧論議がおきた。 

国家情報院はこれと関連して最近自らの積弊清算タスクフォース(TF)調査結果"2011年4月院長指示でMBC特定ラジオ進行者退出を誘導した"と明らかにしてキム氏の放送下車背後にウォン・セフン、チョン国家情報院長がいることを認めた。

キム氏に先立ち18日午前11時にはブラックリストの他の被害者である俳優ムン・ソングンさんが検察に出席して被害状況に関する調査を受ける。

TFの調査結果によれば国家情報院はウォン・セフン前院長再任(在任)初期である2009年7月キム・ジュソン当時企画調整室長の主導で'左派芸能人対応TF'を構成して政府批判指向の芸能人が特定プログラムで下車するように圧迫した。

ブラックリストに名前をあげた文化芸術界要人は82人に達する。 キム氏とムンさんもこの中一人だ.

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

救急対側"新種令(領)2次暴行被害者、記憶失って軽い症状ではない"

0003617584_001_20170912212716513.jpg
119救急対が新種令(領)から2次暴行にあった被害者を求めた救急対が証言した。

12日午後放送されたSBS '本格演芸一夜'では新種令(領)の二度暴行に対して言及した。

119救急対関係者は"暴行被害者が後頭部に擦過傷があったし、耳でピガナッタ"として"路地に入り込んだ以後で思い出せないというと見て軽い症状はないとみることができる"と話した。
55555555555555.jpg
お笑い芸人シン・ジョンリョンの起こした暴行事件の現場が公開された。

シン・ジョンリョンは今月5日、40代男性A氏をこぶしで殴り、全治6週間の怪我を負わせた疑いで拘束された。シン・ジョンリョンは気絶したA氏をこぶしで殴り、これを止めに入った男性ともしばらくの間小競り合いとなった。15分の間続いた被疑者の無法な振舞いにより、A氏は脳出血で全治6週間の診断を受け、病院で治療中であることが分かった。

これに先立ってシン・ジョンリョンは、今月1日にも酒を飲んだ後にB氏と止めに入ったC氏を暴行した疑いで立件されたことがある。

66666666666666.jpg

シン・ジョンリョンは最近、自身のInstagramを非公開に切り替えた後、自己紹介欄に心境を残していた。彼は「まず物議を醸して申し訳ない」として、「 どんな状況であれ、人が人を殴るのは間違っていることなのに。本当に心より反省している。僕だけあまりにも堂々としていて軽率だった。被害者の元を訪れ、許しを求める。僕を知っている人はご存知だと思うが、悪い人ではない」という書き込みを残している。

・“クラブで暴行”シン・ジョンリョン、SNSで謝罪「どんな状況であれ人を殴るのは間違っている」
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

'虐待論議'故チェ・ジンシル娘おばあさん内部捜査の終結…警察"ヒョムィオプスム"

AKR20170912188700004_01_i_20170912201006212.jpg
俳優故チェ・ジンシルさんの娘ジュンヒ(14)さんがおばあさんから虐待にあったという疑惑を来社(内密調査)した警察がおばあさんチョン某さんに疑惑がないという判断を下して事件を終結した。

ソウル、瑞草(ソチョ)警察署関係者は"ジュンヒさんが先月5日社会関係網サービス(SNS)にあげたおばあさんの児童虐待疑惑を調査したが疑惑点を発見できなくて来社(内密調査)終結した"と12日明らかにした。

この関係者は"ジュンヒさんが小学校4学年の時である2013年からおばあさんから常習的に暴行と暴言など虐待にあったと主張してきたし、これに対し児童保護専門機関と共に家族と周辺関係人などを参考人で調査した"と話した。

警察はジュンヒさんとおばあさんの主張が違って、ジュンヒさんの兄さんである歓喜軍(郡)とこれらを周辺で長い間見守ったこれらの陳述を総合的に聴取したが"虐待で見るのは難しい"ということが共通した意見だったと結論付けた。

ジュンヒさんは先月5日と6日自身のフェイスブックにチェ・ジンシルさんが亡くなった後からおばあさんから暴力など虐待にあったという文を載せて論議がおきた。

先月4日にはジュンヒさんが瑞草区(ソチョグ)、蚕院洞(チャムォンドン)自宅で夕食後後整理する問題でおばあさんと争いが起こって体の小競合いまで行って警察が出動する騒動が醸し出すこともした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

BIGBANGのT.O.P、義務警察から強制除隊…今後は社会服務要員として勤務



BIGBANGのT.O.Pが大麻吸引の物議により義務警察から強制除隊の措置を受けた。残す義務服務期間は、社会服務要員として勤務して過ごす予定だ。

本日(28日) ソウル地方警察庁によると、T.O.Pは先日(25日) 国防部から補充兵役の判定を通告され、28日に除隊処置となった。

これによりT.O.Pは義務警察の身分をはく奪され、今後は居住地管轄の兵務庁の主管により社会服務要員として追加勤務をすることになる。職位解除期間を除いた義務警察での服務期間は認定される。

先立ってT.O.Pは昨年10月、4度に渡り大麻を吸引した嫌疑で在宅起訴された。義務警察での服務途中にこのような事実が明らかになり、彼は今年7月に開かれた第一審宣告公判で懲役10ヶ月に執行猶予2年、追徴金1万2千ウォン(約1200円) を宣告された。

その後、受刑者再服務適否審査委員会は、T.O.Pの義務警察での再服務の可否を審査し、最終的に不適合の判定を下した。

Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

'TOPと麻薬容疑'練習生控訴取り下げ。。2審判決、予定通り



アイドルグループ、ビックバンのメンバーTOP(30、チェ・スンヒョン)とともに大麻を吸った疑いなどで拘束起訴された20代の歌手の研究生A氏が結局、控訴を取り下げ、事実上1審判決を受け入れた。

28日、法曹界によると、A氏は今年25日、担当の法律代理人を通じて控訴取り下げ書を提出した。これでA氏は自分の1審判決を事実上受け入れた。A氏は今年14日、裁判所に直接反省文を提出し、容疑を認めながらも善処を訴えたことがある。 

A氏は今年2016年7月から2016年12月まで計4回にわたって大麻9gを購入して、ソウル中区に位置した自宅で7回大麻を巻いて吸ったり、液状で喫煙した容疑で起訴された。以降A氏は今年6月16日、麻薬類管理による法律違反の疑いで懲役3年、執行猶予4年と追徴金87万ウォン、保護観察、120時間薬物治療の講義命令を言い渡された。A氏は、これに不服と、法律代理人を通じて控訴状を提出した。

ソウル高等裁判所第7刑事部は18日A氏の麻薬類管理に関する法律違反の疑いの控訴審公判期日を通じて弁論をすべて終結した。以後、裁判部は今年9月20日を宣告の期日を開く予定だ。

Aさんが控訴を取り下げたが、判決期日はそのまま進められるものとみられる。法曹関係者はスターニュースに"被告人が1審判決に控訴した状態で控訴を取り下げると、1審判決が確定されて判決期日がキャンセルされるが、被告人と検察が双方の控訴したなら、被告人が控訴取り下げをしても、宣告の期日は、予定通り進められる"と説明した。

A氏の控訴の取り下げが2審判決にどんな影響を及ぼすことになるか注目される。

先立って、裁判部は判決を通じてA氏の容疑について、"数回にわたって大麻や向精神性医薬品であるLSDを買収し、これを使用したり、喫煙して罪質が良くない"、"ただ、犯行を全て認め、過ちを反省する点、刑事処罰を受けた前歴がない点などを考慮した"と伝えた。判決当時、拘束状態だったA氏は執行猶予の判決で拘束状態から外れた状態だ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR