'女暴行・飲酒ひき逃げ'カンイン、犯罪石汚名'ファン背を向けた'



グループ スーパージュニアカンインがまた、暴行を犯した。 今度は女性を殴った。 何と四回目事故(思考)にファンたちも背を向ける姿だ。

17日聯合ニュースは“午前4時30分頃江南区(カンナムグ)、新寺洞(シンサドン)のある酒屋でカンインがガールフレンドを暴行しているという申告を受けて警察が出動する騒動が醸し出した”と報道した。

これに対して警察関係者はある媒体に“新寺洞(シンサドン)でないノンヒョンドン所在のA遊興酒屋”と訂正した。 該当遊興酒屋は俗称‘ルームサロン’と呼ばれる酒屋だ。

引き続き“現場にあった女性がガールフレンドなのか、でないのか正確な事実は警察が分からない。 カンインが取っていたが泥酔だと見ることにはならなかったし、ささいな言い争いがあって現場で当事者間和解が成り立って帰宅措置ある事案だ”と伝えた。 

警察は被害者が処罰を望まなくて警察は被害者と隔離した後カンインを訓戒措置した。 暴行は反意志(医師)仏罰罪で被害者が処罰を望まなければ処罰できない。

該当報せに接した大衆の視線は冷たかった。 暴行・飲酒ひき逃げなど論議が一、二回ではないため。 これほどになれば‘社会面常連’だ。 

先立ってカンインは2009年ソウル、ノンヒョンドンある酒屋で酒を飲んでお客さんと争いが起こって暴行疑惑で不拘束立件されたことがある。

暴行事件当時カンインは“合うばかりだっただけ殴った事実がない“高主張したがCCTV判読結果偽りとあらわれた。 以後出演した芸能番組とラジオで全面下車した。 

わずか一月の後主カンインは飲酒ひき逃げ事故を起こして物議をかもした。 事故発生後6時間が過ぎた時点カンインの血中アルコール濃度は0.081%であった。 これは免許停止数値だ。 カンインは罰金800万ウォンの略式命令を受けてすぐに入隊した。 

'悪童'カンインの紀行はここで止まらなかった。 2016年にはまた再び飲酒運転をしたこと。 警察の飲酒測定結果、カンインの血中アルコール濃度は免許停止水準(0.05%)以上だった。 これに対しカンインは罰金700万ウォンを求刑された。 

カンインに自粛はなかった。 一年ぶりに広がったルームサロン暴行事件にファンたちは大きい失望感を表わした。 ファンたちはカンインを‘ならず者’に遠回しに言った‘カンナニ’で呼ぶかと思えば犯罪石だと片付けた。 先立ってスーパージュニアのファンたちは強靭が昨年5月飲酒運転で物議をかもすとすぐに“カンインスーパージュニア退出要求声明書”を出すこともした。 

特にスーパージュニアは今月6日正規8集‘PLAY(プレー)’でカムバックした。 自粛中といっていたカンインはグループ活動に冷水を浴びせた格好になった。 

現在スーパージュニア ファン コミュニティ ディーシーインサイド‘スーパージュニア ギャラリー’にはカンイン退出運動が広がっている。 ツイッターなどSNSでも‘Kangin out(カンインアウト)’という亥時タグが走ってカンインのクンネペンをもちろん海外ファンまで脱退を要求する声が大きくなっている。 また、ファンたちは‘欺瞞行為’と強く批判した。 

一方カンイン所属会社側は“カンインは酒の席に一緒にいた友達と争いがあっている間、誤解をかもした”として“相手方に謝ったし現場で円満に終えた状況”と明らかにした。 引き続き“自粛中である状態で物議をかもしてもう一度心より申し訳ない”と謝罪した。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

'カンイン論議'スーパージュニア、重い気持ちで'ミュージックバンク'消化 



朝からメンバーカンインの暴行事件のニュースで困惑したグループ スーパージュニアが予定されたスケジュールを正常 消化した。

スーパージュニアは17日KBS2音楽プログラム'ミュージックバンク'に出演して'ブラック シュート(Black Suit)'舞台をリリースした。 この日スーパージュニアは社会的物議で自粛中であるカンインの良くない便りがまた、一度伝えられて大変な一日を送った。

SJレーベルはカンインの論議を置いて"酒の席に一緒にいた友達と争いを行って誤解ができた"と解明して謝ったが世論は良くない状況だ。 

カンインの論議でその誰より大変がる人々はすぐに同じグループのメンバーだ。 とりわけこの日生放送舞台が予定されていてさらに大変な一日であった。 

たとえ自粛中であるメンバーが社会的叱責を受けているがスーパージュニアは着実に'ミュージックバンク'舞台を消化した。 これに先んじてはファンたちにパンと飲み物などを提供してファンたちの心情をなだめることもした。 

チェ・シウォン伴侶犬事件からカンインの暴行物議までカムバック後にも風が静まる日ないスーパージュニアだ。 それにもかかわらず、現在の活動中である6人のメンバーためにそれなりにファンたちは笑うことができる。 

写真|ウニョクSNS

Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

スーパージュニア側“カンイン、自粛中に物議をかもして陳謝”(公式の立場) 



グループ スーパージュニア側がカンインの女性暴行論議と関連して公式立場を伝えた。

17日スーパージュニア側はヘラルドPOPにカンインの女性暴行論議と関連して“物議をかもして心より申し訳ない”と話した。

スーパージュニア側は“当時カンインは酒の席に一緒にいた友達と争いがあっている間、誤解をかもして派出所で現場にくることになった”として“相手方に謝ったし、現場で円満に終えた状況だ。 自粛中である状態で物議をかもしてもう一度心より申し訳ない”と説明した。

17日ソウル 江南(カンナム)警察署は“スーパージュニアカンインがガールフレンドを暴行しているという申告を受けてこの日明け方に出動した。 だが、被害者が処罰を望まなくて立件しないで終えた”と明らかにした。

カンインは現在スーパージュニア活動に不参加している。 先立って何回も飲酒運転に摘発された彼は現在の自粛中だ。

次はスーパージュニア側公式の立場専門

こんにちは。 SJレーベルです。 カンインに関連して立場申し上げます。

先に、物議をかもして心より申し訳ありません。 当時カンインは酒の席に一緒にいた友達と争いがあっている間、誤解をかもして派出所で現場に来られることになりました。 相手方に謝ったし現場で円満に終えた状況です。

自粛中である状態で物議をかもしてもう一度心より申し訳ありません。

Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

カンイン暴行疑惑…飲酒事故史見るので'退出が答' 



カンイン暴行事件が起きた。 'カンインがまた?'という言葉がひとりでに出てくる。 飲酒後ガールフレンドを暴行した疑惑だ。

17日ソウル 江南(カンナム)警察署は"今日明け方4時30分江南区(カンナムグ)、新寺洞(シンサドン)ある酒屋でカンインが酒に酔ってガールフレンドを暴行しているという申告を受けて出動した"として"被害者が処罰を望まなくて正式立件はしなくて、隔離後訓戒措置した"と明らかにした。 暴行は反意志(医師)仏罰罪で被害者が処罰を望まないきめ右、処罰できない。

カンインが飲酒後事故を起こしたことは今回が初めてでない。 初めては去る2009年9月だった。 カンインは酒場で酒を飲んでいる間暴行事件にかかわった。 だが、1ヶ月後である10月カンインは飲酒状態で運転をしてひき逃げ事故を起こした。 タクシーを受けた後逃走して、6時間ぶりに自首して罰金800万ウォンに略式起訴されたことがある。 以後カンインは自粛をすることになったし、2010年には軍隊に入隊した。

これで終わりではなかった。 カンインは去年にも飲酒運転事故を起こした。 2016年5月酒を飲んだままベンツ乗用車で江南区(カンナムグ)、新寺洞(シンサドン)にある限りコンビニの前街灯に突っ込む事故を起こして逃走した疑惑だ。

カンインの事故当時血中アルコール濃度は免許取り消し数値である0.157%と明らかになったし、カンインは罰金700万ウォンを宣告された。 カンインは当時所属会社を通じて"今回のことに対して深く反省していて、これからすべての演芸活動を中断して反省の時間を設けるようにする"と立場を伝えた。

そして1年が過ぎた。去る11月6日スーパージュニアがカムバックした. カンインは当然にも今回の活動に参加しなかった。だが、再び飲酒事故を起こしてチームに被害を及ぼした。良い雰囲気で活動を継続したスーパージュニアに冷水を浴びせたこと。去る活動当時にもカンインによりスーパージュニアにあらゆる悪リプライがあふれた。すでに三振アウトも越えた強靭、これ位になれば退出が答ではないか。

201711171003074de.jpg

Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

検察、'無事疑惑'イ・ジヌク告訴人に懲役2年求刑 



‘性暴行疑惑’で訴えられた俳優イ・ジヌク(35)が17日午後ソウル水西(スソ)警察署で調査を受けるために出頭している。この日イ・ジヌクは“顔が知らされたという理由だけでとても容易だと考えるようだが無事は大きい罪だ”として“誠実に調査受けて出てくる”と話した。

検察が俳優イ・ジヌク(36)に性暴行にあったと告訴した後誣告罪で訴えられた30代女性Aさんに対して懲役2年を求刑した。 

検察は27日午前ソウル、瑞草区(ソチョグ)、ソウル中央地方法院第2刑事部で開かれたAさんに対する無事疑惑控訴審裁判で原審の無罪判決を破棄してくれとしながら懲役2年を求刑した。 

この日裁判には被告人Aさんとイ・ジヌクが初めて会った席に同席した知人Bさんが証人で出席した。 Bさんは被告人とイ・ジヌクが会った席で平凡な対話が行き来したし(イ・ジヌクと被告人の性関係があった後である)次の日にも被告人と連絡をやりとりしたと述べたし、イ・ジヌクから被告人に対して'性格が大丈夫で言葉がよく通じて大丈夫であるようだ'という話を聞いたと話した。 また、二人から性関係があったという話は聞くことができなかったと答えた。 

証人はその間イ・ジヌクに女を紹介したことがあるのか質問に'ない'で答えた。 引き続き分かる女性をイ・ジヌクと会う席に呼んだことがインニャは追加質問には'そうだ'で答えたし、そのように会った女性とイ・ジヌクの関係が深く発展したことはなかったと述べた。 

被告人の弁護士は証人の陳述書の信憑性に疑問を提起した。 約2年前証人が被告人と被告人の友達に初めて会って証人の家で一緒に酒を飲んで寝ついたと述べたのとSNSメッセージの中内容が一致しないという点を指摘した。 これに対して証人はメッセージを見るので初めて会った席ではそのまま別れたし、被告人と被告人の知人と共に会って酒を飲んで証人の家で寝ついたことはその後であったようだと訂正した。 

証人尋問以後検察は原審の無罪判決を破棄してくれとしながら懲役2年を求刑した。 被告人の弁護士は被告人には(無事をする)動機がないとし、その間告訴など刑事事件にまきこまれたこともなかったし金銭的補償が必要な状況でもなかったという点などを理由で原審の判決が妥当だと主張した。 

被告人は最後陳述を通じて"全てのものが本当に変だ。 なぜすべての捜査過程で男たちから質問を受けなければならないのか、なぜ彼らから'(関係が嫌いだったとすれば)なぜ大声を出さなかったのか'とひどい目にあわなければならないのか、なぜおかしなうわさとコメントに苦しめられなければならないのか苦しいだけだ。 芸能人ならばありがたく思うことという話まで聞かなければならないのか。 なぜこのような状況までこなければならないのか苦しい"という心情を吐露した。 

Aさんは昨年7月14日イ・ジヌクから性暴行にあったとし警察にイ・ジヌクを告訴したし、イ・ジヌク側は直ちにAさんを無事疑惑で相互告訴した。 

Aさんは知人と共に食事した後イ氏が自身の家に訪ねてきて性暴行したと主張したし、イ氏は警察調査で性関係を持ったことは認めたが強制性はなかったと否認した。 昨年9月イ・ジヌクは不起訴意見(疑惑なし)で検察に送検された。 

去る6月進行されたAさんに対する誣告容疑裁判で裁判所はAさんが多少誇張された陳述をしたが、色々な事情を見回してみれば虚偽陳述をしたと見ることはできないとし無罪を宣告したことがある。 

宣告期日は11月24日だ。 

一方イ・ジヌクは該当事件で中断した演技活動を再開する。 この日イ・ジヌク所属会社はイ・ジヌクが映画'上流社会'出演を確定したと明らかにした。

Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR