FC2ブログ

ビアイの薬⋅YG癒着疑惑➝警察、本格再捜査に着手。「徹底捜査する」(総合)

20190617192833f73.png

ヤン・ヒョンソク前YG代表プロデューサー(左)とアイコンの元メンバー、ビアイ(右)。OSEN DB。

グループアイコンの元メンバー、ビアイが薬物疑惑に包まれ、所属事務所であったYGエンターテイメントと警察の間の癒着疑惑まで浮上した中で、警察側から直接「徹底的に捜査する」という立場を明らかにし注目されている。ビアイのための議論が続いている中で、再捜査を介して疑惑が起きた部分を正すことができるか関心を集めている。

寒暑希の公益通報にビアイのための薬物疑惑が浮上れ議論がされている中で、警察側から再捜査の立場を発表した。ビアこれ疑惑が浮き彫りになり、アイコンから脱退し、YGエンターテイメントとの専属契約も解約されただけの警察の再捜査に注目が集まっている。

特に今回の事件はビアイだけでなく、捜査の過程で、YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表も関与したという疑惑が浮き彫りになり、波長が6日目続いている状況。警察がこれに対して「バーニングサン事件を教訓に徹底的に捜査する」という強硬な立場を明らかにし、より注目される。

ミンガプリョン警察長官は17日、ソウル西大門区ミグンドン本庁で記者懇談会を持って、最近浮上したYGエンターテイメントに関連する疑惑について直接の立場を明らかにした。

ミンガプリョン警察庁長は「完全に解消されるまで徹底的に捜査していく計画である。京畿南部地方警察庁刑事課長をチーム長とする専門チームを運営するようにした。提起されたすべての疑惑に対して徹底的に調べてみよう。問題になった事件も原点から再捜査する」と再捜査方針を伝えた。

また「バーニングサン事件を捜査して多くの教訓を得た。認識されないいくつかの問題がある可能性を十分に念頭に置いて、これまで同様の事件の捜査(経験)に基づいて(捜査)ノウハウを十分に発揮する」と強調し、ビアイの薬物疑惑とYGエンターテイメントと警察の間の癒着疑惑、不良捜査かどうかなどについても調べていると説明した。

ミンガプリョン警察庁長が直接「バーニングサン事件」を教訓に徹底した捜査を約束しただけに、再捜査を介して、最近ふくらんだ複数の疑惑の真実が明らかになる見通しだ。疑惑を続く噂にも徹底的に捜査を続けるものと思われる。

ビアこのYGエンターテイメントの疑惑が続き、今回の事件の公益情報提供者に知られているハン喜は悪性コメントとデマの被害を訴えた。漢書喜は16日、自分のSNSを介して「現在の私に向けた数々の誹謗中傷とは全く事実ではないデマ流布にとても苦労しています」と被害を訴え、悪性コメントやデマ情報提供を受けると発表した。無分別な噂に対して強硬に対応できるという立場を見せてくれたわけだ。

20190617192833d08.jpeg

漢書喜SNS

寒暑喜が悪性のコメントは、噂の被害を訴えた中で、YGエンターテイメント側も事実ではない情報について対応に乗り出した。YGエンターテイメント側は17日午前、報道資料を通じて「現在情報提供者に知られているAさんは、YG練習生出身が全くありません。いくつかのメディアに訂正を要請したが、誤った情報に報道が続いており、再び、正確な事実関係を明らかにします」との立場を伝えた。

警察がチームを設け、本格的に再捜査に出てすべての疑いをきれいに明らかにすることができるか注目される。/seon@osen.co.kr
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

YGヤン・ヒョンソク「すべてのステートメント覆すしろ」ハン喜脅迫→非子供」麻薬論議 'セグクミョン



ヤン・ヒョンソクYGエンターテイメント代表が非アイ(ギムハンビン)麻薬疑惑と関連し、歌手練習生出身ハン希を懐柔・脅迫した情況が明らかになった。漢書希がヤン・ヒョンソクの介入を暴露した中で、今回の「麻薬論議'は新たな局面を迎えた。

漢書喜は14日、自身のインスタグラムに「ヤン・ヒョンソクがこの事件に直接関与して脅迫したの部分は、警察の癒着が重要なポイント」と「その情報提供者が国という理由だけで私に焦点が向けられるのが気になる」という内容が入れられた長文の文を掲載した。

彼は「販売の本とのに考えてみれば販売の本はありません金銭的に利益本拠ないまともインタビューを通じて明らかになるだろう」とし「交付について再調査が行われた場合、誠実に調査されることである」と述べた。

先立って去る13日MBC「ニュースデスク」は、非子供に薬を提供した疑いを受けた人物として知られている寒暑喜とのインタビューを公開した。

この日の寒暑喜は「弁護士選任をYGエンターテイメント(以下YG)でくれた陳述翻意もヤン・ヒョンソクが指示したのか」という質問に、「記者様が考えていることと同じだ。言って何ハゲトニャ正直だ知らないのか」とし「記事に出てきた通りが正しい。(関連内容を)言う会長様厳しく非難される。私は実質何も言わない。携帯電話番号も変えるだろう」と、事実上ヤン・ヒョンソクの介入を認める姿を見せた。

同日KBS「ニュース9」も寒暑喜を代理して、国民権益委員会に公益申告をしたバンジョンヒョン弁護士のインタビューを公開した。

部屋弁護士は「情報提供者(ハン希)は、2016年4月頃にビアこれとともに大麻を吸引したという。当時ビアこれ(アイコン)宿泊施設の前にあるATM機から直接現金を探してくれた聞いた」と明らかにした。

部屋弁護士によると、ヤン・ヒョンソクは非子供麻薬疑惑関連警察の調査を受けたハン喜を懐柔・脅迫した。

当時ハンソ喜は釈放された後、ヤン・ヒョンソクと出会い、この席でヤン・ヒョンソクは「あなたに不利益を与えることは容易にすることができる。私たちの所属事務所芸能人はすぐ薬物検査をしても(麻薬成分が)出てこない。定期的に薬物検査をしては、もし薬物が検出されると、どのような方法で薬物成分を抜き出すことができますので、検出がないだろう」と述べた。

以後ヤン・ヒョンソクは寒暑希に十分な事例と弁護士選任を提案し、非子供のためのすべてのステートメントを覆すよう事実上脅迫した。結局、ハンソ喜はYG側が選任してくれた弁護士と一緒に3次調査に臨んだ、すべてのステートメントを翻意した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

日媒体「ビアイは、アイコンツアー落ち6人だけ上がって「集中的に報道 」



日本のメディアもビアイがアイコンで脱退した内容を集中的に報道した。

日本の日刊スポーツなど現地メディアは去る12日午後、一斉にビアイの脱退のニュースを「韓流」の主な課題として伝えた。

これらビアイが薬を購入しようとしたという情況が提起されたことを知らせ、ビアイの謝罪文とYGエンターテイメント(以下YG)の公式立場を発表した。

それとともに、7月27日から予定されていたアイコンの日本ツアーには、「キャンセルせずに予定通り行われ、ビアイが抜けた6人のメンバーがステージに上がる」と述べた。

先に前日た媒体は、ビアイが過去2016年、知人A氏と交わしたモバイルメッセンジャーの会話の一部を再構成して公開した。この媒体は、このダイアログの内容を使用して、非子供が薬を求めたいしたことはもちろん、薬をしてみた疑惑もあると主張した。

その論議と関連して、ビアこれ日午後、自分のSNSを介して謝罪の意を伝え、チーム脱退の意思を伝えた。彼は「かつてあまりに大変苦しん関心さえ持たならないことに頼ってたかったのは事実だが、そのまた恐怖が出恐れもないし」と「それにも第不適切な言動のために、何よりも大きく失望して傷受けたファンの皆さんとメンバーたちにあまりにも恥ずかしく申し訳ない。私の過ちを謙虚に反省し、チームから脱退しようとする」と述べた。

ビアイが文を書いてしばらくして、アイコンの所属事務所YGやはり公式の立場を出して「ギムハンビンの問題で失望をささげ、すべての方に頭を下げて謝罪」と「ギムハンビンは今回のことで引き起こされる波長に重い責任を感じており、当社も厳重に受けてかけ彼のチーム脱退と専属契約解約を決めた」と明らかにした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

「超大統領」の同心破壊 "ビアイは、麻薬疑惑→アイコン脱退+ YG退出+放送編集総合]



麻薬投薬疑惑に包まれた非アイ(23・ギムハンビン)がグループアイコンから脱退した。当初の疑惑を否定していた所属事務所YGエンターテイメント(以下YG)も彼退出させ素早く手切り下げは雰囲気だ。ポータルサイトに掲載された「アイコン」、「YGエンターテイメント所属」も消去された。「超大統領」の同心破壊、崩壊である。

12日芸能媒体ディスパッチは、ビアイが過去2016年の薬物を購入している投薬た情況が入れられたメッセンジャーの会話を公開した。この媒体は、当時、ビアイが麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕されされたAさんに大麻とLSD(Lysergic acid diethylamide)などを購入しようとした情況が捕捉されたが、警察召喚調査を受けなかったと報じた。

この日公開された会話の内容によると、ビア、これAさんに「私はそれ(LSD)一生したい」、「数は必要な数だけ得ることができるのか」、「一括購入は、DC(DC)ないか」、「お前はのようにしてみので聞いてみることだ」などの麻薬を購入し、投薬を疑うようにするだけの言葉を持続した。
オリジナル表示

その会話の内容は、過去2016年8月麻薬類管理に関する法律違反の疑いで、ソウルの自宅で緊急逮捕されたAさんの押収された携帯電話で公開された。警察はこれを証拠物として確保し、Aさんも会話の内容が事実だと認めたが、ビアこれ召喚されなかった。これと関連し、警察が「Aさんが3次被疑者尋問で「ビアイが薬を要求されたこと正しいが求めてくれなかった」と供述を覆すたため」と釈明した事実が明らかになり、論議を加えた。

ビアイの所属事務所はYGであった。先にクラブバーニングサン事態に警察との癒着関係などありがたくない疑惑を受けている中で、「に見守っ捜査」疑惑に力を加えた形だ。特にディスパッチは、これらの警察の解明に「YG側がA氏に弁護士を付けて費用を奪わその対価としてビアイの陳述翻意を求めた」と主張してネチズンたちの怒りを加えた。

2019061308215369a.jpeg

これYG側は10日、ディスパッチに「YGはアーティストの薬物管理を厳格に行っている。それ自体簡易検査も行っている。ビアこれ2016年の薬物事件と無関係だ」と疑惑を強く反論した。しかし、議論が激しくなるとビアこれインスタグラムを使用して脱退を宣言し、YGは一歩遅れて専属契約を解約した。

最初の報道が出てから5時間後に出たビアである"私のあまりに不適切な行動で物議をかもした点心から申し訳ないという申し上げる」とし「一時あまりに大変苦しん関心さえ持たならないことに頼ってたかったのは事実だが、そのまた恐怖が名護恐れもないし」と麻薬投薬疑惑を直接否定思うよ」過ちを謙虚に反省し、チームから脱退しようとする」と伝え耳目を集中させた。

YG側慌てて公式立場を通じて「YG所属アーティストギムハンビンの問題で失望をささげ、すべての方に頭を下げて謝罪」と「ギムハンビンは今回のことで引き起こされる波長に重い責任を感じており、当社も重く受け止め、彼のチーム脱退と専属契約解約を決定した。所属アーティストの管理責任を削減している」と発表して謝罪した。ポータルサイトに登録された所属グループのアイコンを、所属事務所YGなどの説明もすべて削除した。

出演予定だったSBS「ジャングルの法則inローストジャングル」、総合編成チャンネルJTBC2「グランドブッダのスト」、JTBC「ステージK」でも編集される。

2011年からYGで練習生生活をし、優れたプロデューシング能力で「第2のG-DRAGON(GD)」の修飾語を握ったビアこれ2015年のアイコンにデビューした。「お好み狙撃」、「リズム他」などのビアイが引き受け作業した多数の曲は大衆に旋風的な人気を集めYGを代表する次世代プロデューサーとして生まれ変わった。

昨年1月に発表した「愛をした」は、各種音源チャート、音楽放送1位はもちろん、大衆性まで正確にした。単純なメロディー、中毒性のある歌詞は、特に小学生たちを魅了させ症候群級の人気を享受した。パロディもあふれた。そのおかげで「超大統領」という気持ちの良いタイトルまで握ったアイコンである。しかし、最後は凄惨だった。小学生の全面的な支持を受けたアイコンの首長、ビアこれ麻薬投薬疑惑という否定的な影響だけを残したまま、チームを脱退した。

一方、波長が大きくなると京畿南部地方警察庁麻薬捜査隊は「ビアこの薬物の購入に関連するメッセンジャーの会話を交わしたA氏接触して(過去に)文に変化があれば、ビアイの再捜査を検討する方針だ」と明らかにした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

ビア脱退 "麻薬NO、アイコン自主脱退」→「ジャングル」側"最大限の編集」[公式立場]



ビア脱退"麻薬NO、アイコン自主脱退」→「ジャングル」側"最大限編集」

アイコンをビアイ(本名ギムハンビン)が薬物疑惑と関連し、直接の立場を明らかにした中で、非子供が出演している番組が通編集を決定した。

SBS「ジャングルの法則inロストアイランド」(以下ジャングルの法則)した関係者は12日、東亜ドットコムに「非子供出演分量は最大限編集(事実上の通編集)することを決定した。今週放送から非子供分量は、編集されている」と述べた。JTBC2「グランドブッダのスト」も編集方向に内部議論している。

に先立ち、同日ディスパッチによると、ビア、これ2016年4月、A氏に薬物について尋ね超強力な幻覚剤であるLSD代理購入を要請した。Aさんは、同年8月にソウルの自宅で麻薬類管理に関する法律違反の疑いで緊急逮捕した。試合容認東部警察署は、Aさんの携帯電話を押収し、その過程でビアこのの「カカオトーク」(カカオトーク)対話を確保した。

オリジナル表示


Aさんは、1次警察の調査でビアこの交わした対話内容が事実であることを認めた、非子供の要求にLSD 10枚を宿泊施設の近くに伝達したと述べた。しかし、警察は会話状況が込められた証拠を確保して被疑者供述も得たが、ビアこれ召喚しなかった。

これに対して試合容認東部警察署は「A氏が3次被疑者尋問で陳述を翻意した。「金漢ビン要求されたのは確かだが、実際に手に入れくれなかった」と言葉を変えた。だからギムハンビンを調査していなかった」と釈明した。

ディスパッチは、YGエンターテイメントが初犯で在宅起訴されたAさんに弁護士をつけてくれた費用を奪わ文翻意を求めたと説明した。

しかし、YGエンターテイメントは「確認中」という立場を出し、、その間非子供が直接立場を明らかにした。

20190612163928195.jpeg

バー子供はインスタグラムのアカウントに「優先あまりにも不適切な行動で物議をかもした点心から申し訳ない。したとき、あまりにも大変でつらい関心さえ持たならないことに頼ってたかったのは事実だ。しかし、そのまた恐怖が出恐れもなかった。それでも、私の誤った言動のために、何よりも大きく失望して傷受けたファンの皆さんとメンバーにあまりにも恥ずかしくて申し訳ない」と謝罪した。

また「私の過ちを謙虚に反省し、チームから脱退しようとする。再びファンとメンバーに心から頭を下げて謝罪する。申し訳ない」と伝えた。

●以下は、非子供コカイン疑惑の立場の専門

ギムハンビンです。

まず私のあまりに不適切な行動で物議をかもした点心から申し訳ないという申し上げます。

したとき、あまりにも大変でつらい関心さえ持たならないことに頼ってたかったのは事実です。しかし、そのまた恐怖が出恐れもでした。

それでも第不適切な言動のために、何よりも大きく失望して傷受けたファンの皆さんとメンバーにはあまりにも恥ずかしくて申し訳ありません。

私の過ちを謙虚に反省し、チームから脱退しようとします。

再びファンの方々とメンバーたちに心から頭を下げて謝罪します。申し訳ありません。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR