'執行猶予'ビッグバンTOP、職位解除42日ぶりに軍隊再審査

0002692824_001_20170721071616082.jpg

ビッグバンTOPが大麻草喫煙疑惑で不拘束起訴されて去る6月9日機動警察服務を中断した。 TOPは20日裁判所で執行猶予を宣告されてこれに伴う軍隊再審査を受ける。

ソウル中央地方法院刑事8単独はTOPに対する麻薬類管理法違反疑惑宣告公判で"起訴事実を被告人が皆認めたこと、有罪が認められる"として懲役10月・執行猶予2年に追徴金1万2000ウォンを宣告した。 検察によればTOPは2016年10月6日から14日まで一週間にかけて自身の自宅で歌手練習生であるA(21)さんと麻薬を合計4回満ち足りていた。

控訴ないもよう
TOPが受けた執行猶予処罰は検査が求刑したことと同じだ。 検察は懲役10月・執行猶予2年・追徴金1万2000ウォンを宣告してほしいと要請した。 裁判所はこれを受け入れてTOPの処罰程度を定めた。

裁判所は"麻薬類関連犯罪は個人の肉体と精神を疲弊するようにして他の犯罪を誘発する可能性もあって、社会に悪影響を及ぼすので厳しく処罰する。 特に去る10年間国内外を舞台で活動した公認として家族とファンたちを失望させた"として"ただし自身の誤りを真剣に反省している点と再び麻薬に手を付けないと話している"と量刑理由を明らかにした。

TOPは宣告裁判に先立ち"控訴計画はない。 裁判に誠実に臨む"と話した。 初公判弁論でも"ハチを甘受する。 誤りを悔いて反省する"と伝えた。

軍服務変動の可能性
TOPは犯行事実が報道された以後である先月5日ソウル地方警察庁広報担当官室警察楽隊院でソウル、陽川区(ヤンチョング)、新月洞(シンウォルドン)4期東端で転出した。 その日就寝時間前うつ病と恐慌障害など心理治療目的で処方された薬を過多服用して6日正午に応急室でのせられていった。 激しい嗜眠状態にあとで8日意識を取り戻したし9日裁判所控訴状を送達受けて帰宅措置を受けた。

不拘束起訴された医務警察は裁判所から控訴状を送達受けた日から職位が解除されるという戦闘警察管理規則127条1項により先月9日付でTOPに対する服務は停止状態であった。 職位解除以後42日ぶりに執行猶予を受けた塔は軍義務を再び続ける。 懲役1年6ヶ月未満の兄が出てきたので残った520日兵役期間を満たさなければならない。

機動警察関係者は"TOPの身分は復職する。 再審査を経て適切判定が出れば以前の勤務地に戻る事もでき、でなければ転出したり職権免職などになり得る"と説明した。 塔に対する審査で不適切判定が出てくる場合、陸軍本部へ渡る。 陸軍現役や社会服務要員などで服務する可能性があって現役で再入隊する場合、訓練所を経ないで直ちに自大配置を受ける。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

'懲役10月'塔、残った軍服務そのまま履行してこそ




麻薬類管理に関する法律違反疑惑で不拘束起訴されたグループ'ビッグバン'のメンバーTOP(チェ・スンヒョン)が20日午後ソウル、瑞草区(ソチョグ)、ソウル中央地方法院で開かれる宣告公判に出席する前取材陣の質問に答えている。この日裁判所は塔に懲役10月と執行猶予2年そして追徴金満二千ウォンを宣告した。大麻草喫煙で物議をかもしたグループ ビッグバンの塔が懲役10月に執行猶予2年、1万 2000ウォンの追徴金を宣告された中で、1年6ヶ月未満の刑量で残った軍服務をそのまま継続することになった。 

ソウル中央地方法院刑事8単独は20日午後1時50分TOPの麻薬類管理に関する法律違反疑惑に対する宣告公判が開かれた。 1年6ヶ月未満の刑量を宣告された塔は控訴しないで受け入れる場合、残った軍服務をそのまま履行しなければならない。 

TOPは現在の機動警察職位解除が決定されたが機動警察身分は維持された状況. 刑量が1年6ヶ月未満なので所属地方警察庁が'受刑者再服務適法可否審理社'を開いて塔が機動警察で服務することが適切なのか審査することになる。 TOPはこの審査で不適切判定を受ければ軍服務の残りの期間を社会服務要員などで義務を履行しなければならない。 

この日裁判所は宣告をおろして"塔が4回満ち足りている事実に対して全部認めた。 この部分に対して総合してみれば全部有罪と認定される。 量刑に関してみれば麻薬類関連犯罪は精神を疲弊するようにする。 他の問題を誘発するようにして社会全般に深刻な悪影響を及ぼす可能性が大きい。 被告人が国内外数多くのファンたちから愛を受けた公認だ。 家族とファンたちを失望させた"と指摘した。 

201707201431142be.jpg


麻薬類管理に関する法律違反疑惑で不拘束起訴されたグループ'ビッグバン'のメンバーTOP(チェ・スンヒョン)が20日午後ソウル、瑞草区(ソチョグ)、ソウル中央地方法院で開かれる宣告公判に出席するために裁判所に入っている.この日裁判所は塔に懲役10月と執行猶予2年そして追徴金満二千ウォンを宣告した。2017.7.20/ニュース1 (c) News1イ・スンベ記者
引き続き"ただし被告人が法廷で認めて自身の私をクギに対して真剣に反省している。 被告人が再び犯行しないように念を押している"として量刑理由を明らかにした。 

この日TOPは検定シュートを着たままかたい表情で裁判長に入場した。 彼は取材陣前に立って"もう一度心より申し訳ないという言葉を差し上げたい"と謝った後"自粛している"と話した。 

先立って検察はTOPに懲役10月に執行猶予2年を求刑したことがある。 

当時TOPは求刑直後取材陣の前で自身の大麻疑惑を認め、謝罪門を通って"最悪の瞬間であり骨に凍みるほど後悔している"として頭を下げた。 

一方TOPは昨年10月20代始めの歌手志望生Aさんとともに大麻草2回、大麻液状2回など合計4回にかけて大麻草を吸った疑惑で不拘束起訴された。 以後彼はソウル地方警察庁広報担当官室所属楽隊で陽川区(ヤンチョング)、新月洞(シンウォルドン)4期東端に転職されたし、控訴状発送で職位が解除された。 また、彼は先月6日宿舎で意識不明状態で発見されて梨大木洞病院で後送、3日ぶりに意識を回復するなど不安定な姿を見せた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

法"TOP、麻薬疑惑全部有罪..初犯+反省刑量反映" 



裁判所がアイドルグループ ビッグバン メンバーTOP(30,チェ・スンヒョン)の麻薬喫煙疑惑に対して執行猶予を宣告した。

ソウル中央地方法院刑事8単独は20日午後TOPの麻薬類管理に関する法律違反疑惑判決宣告期日で塔に対して懲役10ヶ月、執行猶予2年を宣告した。

裁判所は"被告人は犯行を全部認めたし疑惑全部有罪が成立する"として"麻薬類関連犯罪は個人精神を疲弊するようにするだけでなく他の犯罪を誘発しかねない悪役向けを及ぼす恐れがあるのに厳罰することができる"と明らかにした。

裁判所は"だが、被告人が芸能人としてファンと家族に失望を及ぼしたが直接犯行を認めて反省をしているという点、被告人が再犯しないと念を押した点、被告人が初犯である点を勘案して兄を定めた"と伝えた。

TOPは去る2016年10月ソウル、龍山区(ヨンサング)自宅で大麻草を疑惑などで摘発されて衝撃を抱かれた。 警察は塔を起訴意見で検察に送検したし、検察は去る6月塔を麻薬類管理に関する法律違反疑惑で裁判に渡した。

以後裁判で検察は公訴事実を伝えてTOPが合計4回にかけて大麻草を満ち足りていたと明るくてTOPやはり"疑惑を全部認める"と直接話した。 検察はTOPに対して懲役10月、執行猶予2年、追徴金1万 2000ウォンなどを求刑した状態だ。 

摘発当時医務警察で服務したTOPは不拘束起訴直後ソウル地方警察庁広報担当官室でソウル、陽川区(ヤンチョング)のソウル庁所属4期東端で転出するということと同時に職位解除された。 だが、TOPは転出直後意識がない状態で発見されてソウル梨大(イデ)木洞病院応急集中治療室に入院、治療を受けることもした。 

Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

'麻薬疑惑'ビッグバンTOP宣告公判傍聴券配付同時締め切り 



大麻喫煙疑惑を受けているビッグバンTOPの宣告公判に関心が集中した。

20日ソウル中央地方法院刑事8単独でTOPに対する麻薬類管理法違反疑惑宣告公判が進行される。 これに先立ち裁判所は西館2階4法法廷出入口で受け入れ人員に合わせて傍聴券を配付したが、開始と同時に早く締め切られた。 10分で準備された34席が締め切られた。

TOPは入隊前である昨年10月頃自宅で歌手練習生であるAさん(21)とタバコ・電子液状形態など大麻草を四回満ち足りている疑惑を受ける。 去る3月他の麻薬疑惑で起訴されたAさんを調査している間TOPと共に吸ったという陳述を受け取った。 4月初め警察は京畿道(キョンギド)、碧蹄(ピョクチェ)機動警察教育訓練センターで訓練中だったTOPの髪の毛など体毛を回収して国立科学捜査研究員に感情を依頼した。 毛髪検査を進めた結果大麻草喫煙陽性反応が出てきた。

裁判所で大麻疑惑を全部認めたTOPは"乱れた精神状態と誤った考えが誤った判断につながって元に戻すことはできない失敗をした。 人生最悪の瞬間であり骨に凍みるほど後悔する"として"ハチを甘受する"と話した。

検察はTOPに懲役10ヶ月に執行猶予2年を求刑した。 判決により兵役義務が変わる。 今年2月入隊して医務警察で服務中であったTOPは今回の事件で職位解除された状態だ。 戦闘警察隊設置法施行令33兆には機動警察が刑事事件で起訴された場合、職位解除するという規定がある。 1年6ヶ月以上の実刑を宣告受ければ軍隊に行かない'展示勤労駅(過去の第2局民駅)'で編入されて、より低い刑を受ければ服務再審査を経て残った兵役期間を継続する。

Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

オム・テウン、"当分の間、復帰計画ありません"




"当分の間、復帰計画ありません。"

主演作'パワーショベル'封切りを控えている俳優、オム・テウンが公式の席上に出ていない。'パワーショベル'側で封切りの日程を決めたが、オム・テウンはまだ復帰計画がない。 

オム・テウンは18日、日刊スポーツとの電話通話で芸能界復帰計画を問う質問に"当分はそのようなのは(復帰)計画ありません"と短く答えた。さらに、今後の計画について問う質問には、"もっと言えばならないようだ"、電話を切った。

オム・テウンが昨年7月、セクハラスキャンダル以降、撮影した映画'パワーショベル'が27日に封切りする。オム・テウンはワントップ主演作を出しているが、、公式席上には姿を現わさない。半分の復帰だ。映画封切り後の取れたスケジュールや計画もない。

'パワーショベル'は5・18光州(クァンジュ)民主化運動当時、デモ鎮圧に動員された空輸部隊員キムカンイル(オム・テウン)が、退役の後、パワーショベル運転士として生きていたところ、偶然な事件をきっかけに20年余り前、隠しておいた不便な真実に対応する真実追跡ドラマだ。加害者であると同時に被害者になるしかなかったデモ鎮圧軍らの傷を扱い、5・18の裏面を見るようになった映画だ。

オム・テウンは作品が良くて出演したが、まだ大衆の前に立っのに大きな負担を感じて公の場には出席しないことにした。20日に行われるマスコミ試写会にも参加しない。主演俳優が抜け、制作者である金基徳(キム・ギドク)監督と演出を担当した李ジュヒョン監督だけが出席する。'パワーショベル'関係者は"俳優がマスコミ試写会に出席する際、負担感があるようだ。金基徳(キム・ギドク)監督と李ジュヒョン監督だけが出席する"、"俳優のインタビューも別々に進行しない"と話した。

オム・テウンは最近、芸能プロダクションのキーイーストと専属契約満了後所属社もない。芸能界の関係者は"オム・テウンがしばらく芸能界復帰計画がないと知っている。自粛するものとみられる。前所属会社にもすまない気持ちが大きくて再契約なしに終了したと知っている。新しい所属事務所を訪れるという話も聞こえるのがない"と伝えた。

昨年8月、性的暴行の疑いで起訴されたオム・テウンは同年11月、売春の容疑で罰金100万ウォンで略式起訴処分を受けた後、自粛している。当時、オム・テウンを性的暴行の容疑で告訴したクォン某さんは、恐喝、売春、性暴力処罰法違反などの疑いで懲役2年6月を言い渡された。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR