[27回ゴールデン]スーパージュニア、レコード大賞の快挙 "K-POPの饗宴"

じゅしょう
K-POPスターたちの華麗な祭りが、マレーシアの夜を飾った。

スーパージュニア·ビースト·シエンブルー·カラー·インフィニットなどK-POPの代表走者らが総出動した中で15日午後、マレーシアのクアラルンプールセパンサーキットで "サムスンギャラクシー第27回ゴールデンディスク授賞式インクアラルンプール(The 27th Golden Disk Awards In Kuala Lumpur) "ファーストデイ(アルバム部門の授賞式)が行われた。

1万5000人余りの観客たちは3時間の間繰り広げられたK-POPの饗宴に熱い歓声と感激の涙をこぼし出してクアラルンプールの夜を盛り上げた。

国内最高の伝統と権威を誇るゴールデンディスク賞世界的なK-POPのブームに乗って、昨年、日本の大阪に続き、今年も海外で開催された。 韓国の歌手と音楽に情熱的な愛を表現してきたマレーシアのファンのために第二外国の開催地はクアラルンプールで決定された。 マレーシアをはじめ、シンガポール·インドネシアなどから集まったファンたちはなかなか一堂に集まりにくいK-POPトップスターたちのレベルの高い公演に熱狂してゴールデンの熱い夜を一緒に楽しんだ。

この日の授賞式でスーパージュニアは正規6集 'セクシー、フリー&シングル(Sexy、Free&Single) "に48万枚の最強ウムパン販売量を誇り、アルバム大賞をふところに抱いた。 2009年 "SORRY、SORRY"、昨年 "ミスターシンプル(Mr Simple)"に続き、ゴールデンディスクアルバム大賞を3度も受賞した。 キム·ゴンモ·チョ·ソンモ·少女時代に続き、27年のゴールデンの歴史で最多大賞受賞者に名を刻んだ。

"ゴールデンディスクアルバム大賞スーパージュニア 'と呼んで青いペンライトを持ったファンたちはジャジロられるように叫び声を吐き出したし、メンバーらは涙をこぼし出して笙部女性像にディープキスをした。 "皆さんの愛のおかげで、私たちがこの場に立っている。まずファンの皆さん、そして私たちを育ててくれたスーパーマネージャーとイ·スマン先生、キム·ヨンミン代表に感謝している"とし、ファンたちを取りまとめた。 また、 "軍服務中だとしていないイトゥク兄さんと光栄を分かち合いたい"とリーダーのイトゥクを忘れなかった。 アルバム販売量を基準に開かれた初日の授賞式で、スーパージュニアはレコード大賞と本賞は、MSNサウスイーストアジアアワードなど3冠王の主人公になった。


グループビーストは "ミッドナイトサン(Midnight Sun)"にJTBCベストアーティスト賞とアルバム本賞など2冠王に上がった。 同じ釜の飯を食べる女性グループフォーミニッツも "ボリュームアップ(Volume Up)"でアルバム本賞を持っていった。 ビーストのチャン·ヒョンスン、4minuteのヒョナが設定したトラブルメーカーは、世界中のファンを驚かせるセクシーパフォーマンスでベストダンスパフォーマンス賞まで獲得した。

FNCエンターテイメントも多くの賞を用意した。 グループCNBLUEが "引き続きファン(Ear Fun)"でアルバム本賞とマレーシア最高の人気スター賞を持ち帰り、FTアイルランドも "そのなアップ(Grown Up)でアルバム本賞、また末っ子ジュニエルは"仕事ライラ "に新人賞まで受けた。 また、歌手を育てたハン·ソンホ代表が製作者賞を受けて 'ビッグ3'企画会社を緊張させるだけのパワーを誇示した。

ガールグループKARAも昨年に続き、またゴールデンディスク舞台に立った。 "パンドラ"でアルバム本賞を持ち帰り、マレーシア現地人気を土台に、マレーシア最高人気スター賞を受賞した。

各軍服務を前面に出した '大勢石'インフィニットは去年初めてゴールデンディスク舞台を踏んたら1年で、海外市場で注目すべき成長を見せた。 アルバム "インフィニタイツ"でアルバム本賞は、恐ろしい刀群舞でベストグループパフォーマンス賞を持っていった。

シャイニーは "シャーロック"でアルバム本賞だけでなく、国内のファンたちの熱い声援に人気賞を占めた。 去年新人賞を受けたB1A4はアルバム "The B1A4"に本賞に直行し、 "期待の星"から "韓流ブルーチップ 'で急成長したことを発表した。

一生一度しかチャンスがないより価値を認められている新人賞の栄光はエキソ( 'ママ')·ジュニエル( '日レイラ ")などに帰った。

シエンブルーチョン·ヨンファとKARAのニコルがMCを引き受けたこの日の授賞式は、K-POPの最高レベルを示すスペクタクルな舞台で大きな拍手を受けた。 韓国最高の歌謡授賞式ゴールデンディスクの名声をアジアファンたちに強烈に刻印させた舞台だった。

この日の授賞式にはホンもJTBC専務、うんフンペンマレーシアコンベンションビューロー会長、グォンジェフンサムスン電子、マレーシア法人長、トッドフォレストMSNアジア地域統括、ジョンギョンムン日刊スポーツ代表、ユヨウンホ中央日報文化事業の代表などが参加して席を輝かせた。


アルバム販売量を基準にするゴールデンファーストデー(15日)の授賞式に続き、16日午後開かれるゴールデンセカンドデーでは、音源販売量をもとに授賞式が行われる。 16日の授賞式には、G-DRAGON·シスター·ティアラ·シークレット·f(x)·ミスエイなどが出演して派手な舞台を繰り広げる。 "サムスンギャラクシー第27回ゴールデンディスク授賞式クアラルンプール"はJTBCと日刊スポーツが共同主催し、三星(サムスン)電子が協賛する。 MSNが公式オンラインメディアパートナーとして、初日授賞式はJTBCで19日の夜11時、録画放送される。 QTVも20日と21日の両日、午後6時20分にアルバム部門の授賞式と音源部門授賞式を録画放送する。
よんふぁにこる
sくしにこる
おうじ
cん2
しょうft
そろったkら
びーすとしょう
よろこぶcn
2b1あ4
いんふぃ
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2013   0 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 31,32話

サンヒョクのために手作りのお弁当を届けるコンニム。そんなけなげな心が嬉しくてお弁当を食べるのが待ち遠しくて仕方ないサンヒョク。食べながらコンニムに電話。
ラブラブモードの2人。嬉しそうににやけるサンヒョクを見るにつけ、チェギョンはみじめでならない。
どうして自分があんな女に劣るのか、信じられない思いで悔しがる姿を見て、愚かな母はチェギョンとともに、コンニムのバイト先であるチェワンのカフェに乗り込む。

丁度母を初めてバイト先に招待して、これからサンヒョクと三人で食事をして正式に交際の許しをもらおうとしていた矢先のコンニムを、チェギョン親子が罵倒。チェワンが勝手に持ち出したお金のことで、したたかな腹黒い女よばわり。無礼の限りをつくす。
いわれのない侮辱ですっかり傷付いたコンニムはサンヒョクとの食事をドタキャン。
サンヒョクも心配する。

下品ななり金のチェギョン母子。チェギョンが人を見下した高慢顔なので、キャラにはまってる。

サンヒョク父はかつての恋人、コンニム母の面影を追い求め、近況を探るように部下に命じる。
ところが、サンヒョク父からコンニム母を再び遠ざけたい祖母の後押しで、ヘジンはコンニム母が結婚して幸せに暮らしているように偽装、証拠写真を撮らせ、それをサンヒョク父の手元に届くようにたくらむ。

偽情報を信じたサンヒョク父は、コンニム母をあきらめて、ヘジンとの再婚を考えるのでしょうか。

見ていて胸が悪くなるような、卑劣なチェギョン母子の悪事が全て露見し、天罰が下ることを祈る気持ちです。


Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 27,28話

ジュニョク君とウンソ嬢熱愛のニュースから、邪念が入り、ドラマに集中できない、楽しめない、不満が続いていますが、とりあえず視聴。
ところが、変なフィルター通して見るせいか、サンヒョク@コンニムシーンよりサンヒョク@チェギョンシーンの方が愛があふれてる気がしちゃって、主演の恋にときめかない現象に襲われてます。
サンヒョクがコンニムに微笑みかけるよりチェギョンと一緒の方が自然に笑みがこぼれてる~とか思いこんじゃって。。。(*_*;
そして、気になるのが、ソンウ嬢のお直し顔。特に涙袋を膨らませ過ぎてるのが凄く目に着きます。天然美人のコンニムちゃんに引き比べ不自然。
熱愛認めちゃったジュニョクしを恨むわ~。ドラマ視聴の楽しみを返してぇぇぇぇーー(/_;)

一応相思相愛ラブラブなサンヒョクとコンニム。サンヒョクなんかには負けないぞって勢い込んで病院に花束持ってコンニムに会いに来たチェワンは2人の幸せそうな姿を見て、入る隙間が無いことを実感。ひどく落ち込みます。
ボンダンに頼んで経済的に苦しいコンニムを助けようと渡したかったお金も結局、ボンダンが言い出せず渡せないまま。
ところがそれを知ったチェワン母がカフェに乗り込み、コンニムを送ってきたサンヒョクの目の前で「お金を引きださせる性悪女(それはおたくのチェギョンのことですけど)!」とののしり始めます。
反論せずに堪えるコンニムをかばい、チェワンは心にもない嘘をつきます。
「オレのタイブ知ってるだろ。彼女は馬車馬みたいに働くから、お金でつなぎとめようとしただけだ。コンニムさんは好みじゃない。ふりをしただけだ。」とお芝居をして、母を納得帰らせるんです。

けなげなチェワン。コンニムはすっかりチェワンの言葉を信じて、馬車馬と言われたことにちょっぴり傷付きますが、同じくコンニムに恋する男子、サンヒョクはチェワンの胸の内を悟ります。
「彼女をかばってくれてありがとう」とお礼を言い、男子2人には友情が芽生えそうな気配。

一方往年の恋人同士。サンヒョク父とコンニム母。サンヒョク父もコンニム母の現在の姿を見かけるものの、おいつけず、すれ違う2人。
サンヒョク父を狙うアジュンマとサンヒョク祖母の方がコンニム母の素姓を調べ、サンヒョク父から遠ざけようと画策。
自分からファッションショーへの出演を頼んでおいて、取り消し、大金を渡してまわりをうろつかないように警戒する失礼な中島知子似のアジュンマ。祖母にも「あんな人が恋人だったなんて、がっかり~」と愚痴ります。

コンニム母は正直者でプライドもあるので、いわれのないお金を受け取るわけにはいかないと、中島に返します。そんな気性がなぜか不安な気がする中島。なかなか手ごわいと思ったでしょうか。

サンヒョク父にも釘をさすことを忘れない中島は、「相手だって結婚して、忘れてるわよ」。そうかもしれないと思いなおし、気持を清算して、母の勧める中島のことを考えてみようかな~というそぶりのサンヒョク父。
うっかり婚約っていう運びになるかしら。

そして抜き差しならない状況まできて、コンニム母と再会、気持再燃といったところでしょうか。

私は個人的にはジュニョクしよりもイジフンしのビジュアルの方が好み。貴公子然としてますもの。
ありえないんですけど、どうにかチェワンと結ばれてほしいですーーー。


Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2012   0 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 25~28話

コンニムに向かってくる寝台から守ろうとしてコンニムを抱き締める格好になったサンヒョクは、コンニムの胸のドキドキを感じて、彼女も自分を意識していることを確信。
同じ気持ちじゃないかと直接コンニムに尋ねるが、チェギョンと婚約していると思い込んでいるコンニムは、誰かを傷つけてまで想いを告げたくないと拒否してしまう。

考えることも許されないの?というサンヒョクにだめですと突き放す。
睡眠薬を飲みすぎて騒動を起こしたチェギョンのことやコンニムからの拒絶で悩むサンヒョクは、飲みすぎて泥酔。

さこに、やっぱりサンヒョクが気になるコンニムが心配して現れる。
自分のマフラーと手袋を着けさせてタクシーで家まで届けるよう住所まで調べて渡す。

翌朝何も覚えていないサンヒョクだが、マフラーを見て、コンニムが風邪を引いて病院を休んでるときき、コンニムがかけつけてくら、家まで帰してくれたのだと思い至る。

矢も盾もたまらずコンニムに会いに家まで車を走らせ、コンニムを呼び出してマフラーを巻いてあげながら思わず抱き締めるサンヒョク。
お互いに同じ気持ちだとわかっているからと言うサンヒョクに抗うのをやめ、なすがままになるコンニム。
サンヒョクはコンニムの誤解をとく。
心奪われたのはコンニムだけだと。

コンニムに好意を抱いているらしい、チェワンにも両思いだと宣戦布告。
僅かな時間でも会えば幸せな恋人どうしの時を過ごす二人。


ーーー(-_-;)物語はこれからやっと二人が晴れて恋人どうしになり、盛り上がっていくところなんですが、サンヒョクとチェギョンがリアル熱愛宣言したばかりで、どうにも気持ちが白けてしまい、見る気が起こりませんでした。

ようやく消化したものの、以前のようにはまれません。コンニムが可愛いだけに、どうして性悪の方に行っちゃったかなーって恨めしくて。リタイアするかも、です。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2012   0 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 21~24話

「誰にでも優しくて親切だと誤解されるぞ。」ってやきもちをやいたサンヒョクがコンニムに言った言葉、そっくりそのままサンヒョクに返してあげるわ、って思いながら見てたら、コンニムが言い返してくれました。
「ふしだらなのはどっち?気のあるようなそぶりして」

お互いに口には出さないけど、意識していて、顔を見たくなる相手。
ぶっきらぼうなサンヒョクもコンニムに会うと、笑顔。純真なジュニョクが2人のいいかけ橋。
「お姉さんもお兄ちゃんの話をするとあかくなる」って聞いたサンヒョクはコンニムが自分をどう思っているのか、気になってしまう。

コンニムの方が自分の気持に気付くのが早かったのがちょっと悔しいけど、詐欺師をつかまえてくれてから、かっこいい~って印象が良くなるのも仕方ない。

プレイボーイのチェワンは、コンニム狙いだと思っていたら、自分の恋心に気付いていなかったみたいね。意外。
ただ可愛いからちょっかい出しているつもりが、自分の友人にからまれるコンニムを救うために、「オレの恋人だ」って宣言してしまってから、はまってることに気がついた。
その気持を伝えに病院にやってくるけど、「あれくらいで誤解しませんから、ご心配なく」ってあっさりかわされてしまう。

男性患者にハグされても拒絶せずじっとしてるコンニムにプリプリなサンヒョクは「誰にでもいい顔する」って侮辱する。
コンニムは思わず「私には好きな人がいます。冷たくて思いをさらけ出してるのに気付かない鈍い人」。
もしかして自分?と思い気になるサンヒョクはコンニムに気持を確かめに行く。

でもチェギョンが婚約者だと聞かされてるコンニムはサンヒョクを怒って無視。いいかげんな男子だと思ったみたい。
続きが気になる~~(^_^;)

このドラマ、チェギョンがうっとーしくて、ホント邪魔。可愛いコンニムとサンヒョクのツンデレに集中したいのに、あまりにアクが強いチェギョンとその愚かな母のせいで、後味がよくないな~(*_*;
しかもサンヒョクへの想いが重くて深刻で、怖いわ。
車を怖がる自分を抱きとめてくれたサンヒョクのことを「なぜ慰めてくれるの?」って言うけど、それは、あなたが事故にあわせた弟と重ねてるからよ。
人を死なせて傷つけておいて、自分が被害者のように「辛い人生だった。サンヒョクさんが必要」ってわめくチェギョンはあつかましいわね。

サンヒョクもチェギョンに親切すぎ。元気になってほしいからってご飯に連れ出したら、そりゃ誤解されても仕方ないでしょ?
いくらコンニムのことを頭に思い浮かべながらアドバイスしてくれた通りにしてるだけっていっても。
そこまで心配してあげることないじゃないの。
まるで結婚寸前の恋人同士かのように、おしつけがましいチェギョン母に「誤解されてるようですが、ただの同僚です」ってきっぱり言ったのは偉いけど、その後ずうずうしいチェギョンに「恥かかせないでよ」て抗議されてあきれてるところに、バイクがかすったチェギョンを抱きとめ、病院へ。

母親に責められ責任を感じたように「すみませんでした」って謝る必要ある?
サンヒョクのせいで事故にあったのではなく(事故ともいえないけど)、むしろ助けてあげたのに。

チェギョンの一方的な片思いだと見抜き、事故もサンヒョクのせいではないと母親を諭すチェワンは常識人で紳士だわ。
コンニムに振り向かれないのが可哀想。もったいないな~。






Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2012   2 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR