FC2ブログ

私の娘コンニム 15,16話

詐欺師を追い掛けて捕まえてくれたことで、すっかりサンヒョクへの評価がアップして、おまけに恋する乙女状態になっちゃったコンニム(*^_^*)
「偶然が何度か重なると運命でしょ」なんて、ママに話し、嬉しそう。
ただし、詐欺師は警察に突き出すことができたものの、お金は返ってこないとわかり、落ち込むママはそれどころじゃないんだけど。

女だてらに夜中に犯人を追っかけるママに帰ろうと言うコンニムに、ママは「娘のやっかいになるためにそばにいたんじゃないのに」と情けなくておお泣き。そんな母の姿にコンニムは「私たち他人なの?ママがいてくれるだけでいい」と可愛いことを(;O;)
実の親子以上にいたわりあう2人。昔からコンニムの母を想う優しさには泣かされちゃうわ。

サンヒョクもコンニムへの想いがふくらんできたみたい。
病院にまでやってきたチェワンと仲良さそうに一緒にいるコンニムを見て、イライラ。
「職場であんなことしていいんですか?」って怒って聞くの。
誤解されてあきれるコンニム。

でもママが犯人を追ってるという電話を受けて慌てるコンニムを現場まで連れていき、犯人をつかまえ、また職場に送ってくれる。
シートベルトをかけてもらって、接近したサンヒョクにどぎまぎするコンニム。

でもねー、ますますうっとーしいチェギョン。
自分が引き起こした事故なのに、まるで被害者のようにおびえて、同じように時々パニックになるジュニョクをなだめているサンヒョクの同情を買ったわ。
自分がわざとしかけた手練手管は作戦だとばれたもののの、トラウマにおびえる姿でサンヒョクを振り向かせることに成功したみたいね。

サンヒョクは全くチェギョンに恋愛感情はないものの(だって気になるのはコンニムだもの)、サンヒョクをおとすことに必死なチェギョンは好意と勘違いしてどんどん邪魔してきそう。
他のドラマの二番手とは違い、なんといっても人を死傷させてる犯人。単純な恋のライバルってだけじゃない毒があるチェギョン。この役に天下のスーパージュニアを翻弄し、先輩女優を泣かせたソンウンソしがぴったりはまりすぎてて、怖いくらい。
彼女が出ているもう一つのドラマ「ラブレイン」でもきつい表情にぎょっとするときがあります。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2012   2 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 17,18話

今回は殺人者なのに反省もなくあつかましく生きているチェギョンのシーンからだったので、冒頭から気分が良くない始まり。
酔ったふりをして御曹司を落とすつもり。でも全く興味なさげなサンヒョクにちょっと救われた。
ところが、交通事故を目撃するとトラウマからパニックになり、ジュニョクのことがあるサンヒョクがチェギョンに同情。少し気持を向けたのでまたまた不愉快に。
ジュニョクを今の状態にした犯人こそが、チェギョンなのよーー。早く気付いて。

コンニム母は案の定不動産詐欺にあい、コンニムのお給料までつぎ込んだのに、全て奪われてしまった。
情けない自分に嫌気がさすコンニム母は、どうしても犯人をつかまえたくて町を探し歩く。

今の生活で十分だからと母にお説教したものの、コンニムも落ち込む。そんなコンニムの癒しはジュニョクとの治療を通しての触れ合い。ジュニョク祖母はコンニムにお礼がしたいとサンヒョクと病院を訪れ、昼食をともにする。
優しい祖母の視線、ジュニョクに優しく接するサンヒョクにしだいに心が暖かくなるコンニム。
サンヒョクもジュニョクに「コンニムさんは天使みたいに可愛い」と言わされ、無理矢理とはいえ、思わずにやけてしまう。
なかなかいい感じ。

コンニムは何事も一生懸命。
バイト先のカフェもお客さんを増やすために、宣伝方法を考え、ラテアートを思いつく。
それは勉強済みのチェワン。
「社長を待ってました」と言われ、どぎまぎのチェワンはコンニムを思いっきり意識しながら、アートを教える。
コンニムしか眼中にないみたいにえこひいきするから、チェワンを慕う可愛いボンダンが邪険にされてちょっと可愛そうなの(ノ_・,)

そこに偵察にやって来たチェワン両親。常識人で、コンニムのことを認めてる父はまだしも、チエギョンのことで出てくるだけでうっとうしい母親が自分のどら息子を棚にあげて、コンニムを目の敵にして、ギャアギャアわめくのが本当に不快!!( ̄^ ̄)

チェワンはとっくにコンニムに好意抱いちゃってますから。


夜遅くなっても帰ってこない母を心配したコンニムが探しに出掛けると、犯人を見つけた母がおいかけてあるところだった!!
コンニムのお金だけでも返してほしいわ。


Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2012   0 comments   1 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム15,16話

迷子になったジュニョクの危機にかけつけ、警察騒動になるほど、いじめっ子男子をかばんでなぐって撃退したコンニム。
ジュニョクを侮辱した男子に「謝りなさいよ」といきりたつコンニムの様子を目にしたサンヒョクは、少しずつコンニムへの偏見がとけてきた様子。
まだぶっきらぼうで、そっけない態度に変わりはないけど。

何事にも一生懸命なコンニムは本職の作業療法士としてのお勉強も怠らないし、アルバイトのカフェの宣伝にも熱心。なにごとも手を抜かないのね。

カフェで以前チェワンとデートしていた彼女の強面婚約者が現れ、チェワンに猛抗議。彼女の方が誘惑したのに、チェワンが一方的に悪いと責め立てる。それを見たコンニムはおせっかい魂が炸裂。
チェワンをかばい、女性が悪いと告発。2人を撃退したものの、カフェのお客はそろそろと帰ってしまう。

チェワンは気にも留めなかったバイトのコンニムにちょっと興味を抱き始めたかしら。


コンニムと母を巡るエピソードは面白いんだけど、被害者ぶってる犯人チェギョンのシーンは早送り。
それから中年の恋愛シーンも苦手だわ~。
サンヒョクを冷遇してるせいで好感持てないサンヒョク父と、彼にまとわりついてるあつかましいアジュンマ。
「アジョシ~」って甘えるんだけど、年齢的に微妙じゃない!?
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2012   0 comments   1 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 13,14話

物語はおいといて、すごーく気になることがあるんですけど(・.・;)
このタイトルバックにも出てくる出演者一同の一見なごやかな写真。
ドラマ見てる限り、こんな平和な図、ありえないし、ドラマ内容に比べてものすごく違和感。
最終的にみんなが許し合って仲良くなったとしても、どうしてもヒロイン父殺しの犯人が笑顔で真ん中にいすわっているのが、納得できないわ~。
この並びもなんだかな~なんです。ヒロインの相手役が敵役のとなりでやけに接近してて。

画像で見るとそうでもないんですけど、番組でちらっと映ると、上段のチェギョンが真っ赤な服なんか来ちゃって、ヒロイン、コンニムより明らかにめだってるし。普通みんなが笑顔の写真見るとほのぼのするものですけど、この写真だけは愉快にはなりません(*_*;

contents-image1_20120530235110.jpg

そんな中での今回の内容は。

コンニムはいけすかないサンヒョクから、ずぼん代金を返してもらってご機嫌。さすがに高額な偽料金をすぐに用意したコンニムに良心がとがめたみたい。
真相を知って怒るコンニムに「下着も見られて恥かかされた」って、言い返しながらだけどね。

コンニム母はダブルワークしてお金で苦労してるコンニムがいたわしくて、お見合いさせ、早く結婚させて楽にしてあげたいと思う。近所で顔の広い花屋店主に紹介を頼むが、返事に驚く。
「実物がよくても家がこれじゃあね~。高望みしないであきらめなさい。とても人に勧められる家じゃないわ」
こんなことあからさまに言う人いるかしら。
とにかく片親で貧しいのが原因でお見合いできないってこと。そう言われて落ち込むコンニム母は、独立してお店を持ち、お金をかせごうと決心。
すべてはコンニムの良縁のために。

そんな母の決意が悲しいコンニム。誰よりもこの世で一番大切な母に失敗するかもしれない、商売をさせたくない。
お互いを思いやる2人。

一方のサンヒョクは、ジュニョクの面倒で疲れ気味の祖母の負担をおもい、勧められるままお見合いすることにする。
そこに現れたのは、会社の上司で気に食わないサンヒョクが実は社長の息子で大金持ちだと知ったチェギョン。
計算高いチェギョンは玉の輿に乗るつもり。自分さえその気になったら、どんな男子でも落せると自信満々で、サンヒョクにも接する。

ところがサンヒョクは祖母のかわりに家事やジュニョクの世話をしてくる人を求めていたので、生意気なだけのチェギョンなどとんでもないといわんばかりに、冷たく席を立つ。
悔しいチェギョンは意地になってサンヒョクにしつこく迫りそう。

コンニムとボンダンのバイト先社長、チェワンは仕事もやる気無くふらふら。見かねたコンニムがお客さんを集めようと自発的にチラシ配り。偶然見かけたチェワン父は仕事熱心なコンニムが気に行った様子。
ところがチェワン母は息子を殴ったバイトを首にしようとお店に怒鳴りこむ。
逆にセクハラだと訴えるコンニムと喧嘩。全く!チェギョン母は、下品で傲慢。

グラマーでセクシーな女性が好みのチェワンは、今のところコンニムに興味なしみたい。

お見合い先についてきたジュニョクが行方不明になってしまう。その頃ジュニョクは悲しい映画を観たせいでおお泣きしながら困ったときのコンニムとばかり、電話で助けを求めていた。

サンヒョクもコンニムを見直してきつつも、まだ意識してないみたいだけど、コンニムがジュニョクを助ける場面を幾度が目にすることで、少しずつ彼女を忘れられなくなっていくかしら。

サンヒョクといい、チェワンといい、楽しみな今後の展開(*^^)v

Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2012   0 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム

私の娘コンニム 11,12話

世の中にたった二人しかいないように、かばい合っていたわりあって生きるコンニムと母。
その姿に少し良心がとがめ、度重なる最悪な出会いにコンニムのことが、少し気になり始めたサンヒョク。

高額なズボンの請求書を渡されてびっくりするコンニムだけど、ダブルワークまでして弁償しようとする。とりあえずは借金をしてサンヒョクにお金を差し出す。
本当はズボンの料金ではなくてパソコンの領収書だったことに、悪戯が過ぎたとちょっと反省気味のサンヒョク。
ところがある日、ジュニョクがコンニムと一緒にいるときに熱いコーヒーでやけどをおっとしまう。

やみくもにコンニムを責め立てるサンヒョク。そこにお弁当を持ってやってきたコンニム母が娘をかばい、サンヒョクに「ひどい人ね」と抗議。
実はジュニョクをかばってコンニムもやけどしていた。

ジュニョクは自分が助けられたのを理解しているので、コンニムにますますなつく。三人でコンニム母の持ってきたキンパを食べていると、サンヒョクは怒ってキンパをほうり捨ててしまう。

コンニムは自分が悪く言われるのは我慢しても、母が傷つけられるのは許せない!と泣きながらサンヒョクに怒る。

母はコンニムをなだめながら、大事な娘を泣かせたサンヒョクがますます憎く思え、「本当にひどいわ」と怒りをあらわにする。
コンニム母が作ったとは知らず、思わず捨てたことに少しは胸が痛む様子のサンヒョク。

ジュニョクは夜中にコンニムのくれたばんそうこうを求めて大騒ぎ。コンニムに電話するが、祖母に切られてしまう。ジュニョクが心配になったコンニムがかけ直すと、電話口に出たサンヒョクが「お前、誰だ!?」と大声でどなる。

どうにも誤解に誤解が重なって悪印象のコンニムとサンヒョク。

コンニムはバイト先のカフェ社長、チェワンとの新たな出会いもあった。
酔っぱらって彼女と間違えられ、いきなりキスされるという、これまた最低の出会い。
チェワンは今のところただのバイトの子としてしかみてないけど、そのうちコンニムに惹かれていくのかしら。

Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2012   0 comments   0 trackback
Category :私の娘コンニム
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR