ドラマ「王女の男」「清潭洞<チョンダムドン>アリス」「名もなき英雄<ヒーロー>」など、数々の話題作でアジアを中心に人気を博している韓流スターパク・シフ。そんな彼が感謝の気持ちを込めて、ドラマの主人公となって来日することが決定した。

「王女の男」のスンユが王女たちと運命の再会を果たし、「名もなき英雄<ヒーロー>」の「Bar隣人」オーナー、ペク・シユンがセクシー&ワイルドな大人の男の魅力を見せつける。さらにラブコメの秀作「検事プリンセス」のイケメン弁護士、謎多きミステリアスなソ・イヌや「清潭洞<チョンダムドン>アリス」のお茶目でピュアなCEOに加えてスンジョもやってくる!

それぞれのキャラクターを分析する魅力度チェック、またクライマックスには“ダーク・スンユ”や“影”と呼ばれる町のヒーローが繰り広げるアクションシーンの数々も。それぞれの公演ごとに違ったテーマをかかげ、名場面、名セリフ、そしてある衣装で登場したパク・シフが目の前で名シーンを再現! 大好きなドラマの世界に入り込める、臨場感あふれるステージが繰り広げられる予定だ。

■イベント概要
「パク・シフ主演ドラマ・フェス! 大感謝祭ツアー」
※各公演毎にサブタイトルが異なり、内容も変わります。

【福岡公演】
「~運命の人 スンユとの出会い~」
開催日:2016年6月9日(金) 開場17:30 開演18:30
会場:アクロスシンフォニーホール

>>About「王女の男」
朝鮮第6代王・端宗の統治下でおきたクーデターをモチーフとして、運命に引き裂かれた男女の恋と復讐を描く、朝鮮王朝版ロミオとジュリエット。劇中パク・シフは、親が敵同士ということを知らずにヒロインのセリョンと運命的な恋に落ちるキム・スンユを熱演。復讐か、愛か!? 究極の葛藤の中で繰り広げられる男女の愛が切なく描かれ、視聴者の心を揺さぶった。

【大阪公演】
(昼)「~Bar隣人シユンとの語らい~」
(夜)「~名もなき大阪の英雄~」
開催日:2016年6月11日(日)
[昼]開場13:00 開演14:00 [夜]開場17:00 開演18:00
会場:波切ホール

>>About「名もなき英雄<ヒーロー>」
無念の死を遂げた後輩のために復讐を誓った情報局の元要員が、警官志望の貧乏学生や、やさぐれ刑事と出会いながら、町の人たちを助けるために暗躍するヒーローへと成長していくアクション・ラブロマンス。パク・シフは、情報局の元秘密要員で、今はBarを経営しながら町の人々を助けていく青年、ペク・シユンを熱演した。

【東京公演】
(昼)「~ラブコメ! 弁護士ソ・イヌvs CEOスンジョ~」
(夜)「~壮絶アクション! ダーク・スンユvs“影”のヒーロー シユン~」
開催日:2016年6月15日(木)
[昼]開場14:00 開演15:00 [夜]開場18:00 開演19:00
会場:東京ドームシティーホール

>>About「検事プリンセス」
世間知らずなお嬢様の新米検事が、さまざまな事件を経験して検事として成長していくサクセスラブストーリー。劇中でパク・シフは、ヒロインを支えるスーパーヒーローであり、どこか謎めいた面を持つイケメン敏腕弁護士、ソ・イヌを演じる。

>>About「清潭洞<チョンダムドン>アリス」
ピュアな御曹司とセレブに憧れる平凡女子が繰り広げるラブロマンス。パク・シフはファッションブランドCEO、チャ・スンジョに扮し、おちゃめでピュアなキャラクターを熱演。これまでのクールなイメージとは違ったキュートな魅力で視聴者を釘付けにした。

夜公演は「王女の男」スンユや、「名もなき英雄<ヒーロー>」シユンなど、パク・シフが演じたアクションシーンの数々を集めた臨場感あふれるステージ。あの名シーンをあの姿で? 目の前で繰り広げられるアクションシーンは盛り上がること間違いなし。

<チケット>
価格:¥11,000円(税込) 各公演終演後ハイタッチあり
※お1人様4枚までチケット購入可能
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

泉海苔・チョン・スンファン・クォン・ジナ、コンユ台湾ファンミーティング出撃'特急(特級)義理'

984545.jpg
ミュージシャン泉海苔、チョン・スンファン、クォン・ジナがコンユファンミーティング舞台に上がる。

28日複数の関係者と現地報道によれば泉海苔、チョン・スンファン、クォン・ジナは29日開かれるコンユの台湾ファンミーティングに参加する。

コンユは29日午後台湾新推仰体育館でファンミーティング‘2017コンユライブ メーク オ ウィッシュ’を開催する。 映画‘釜山(プサン)行き’映画‘密偵’ドラマ‘おばけ’等で中華圏現地で最近高い人気を得ているコンユは訪問前から大きい関心を得ている。 ここに泉海苔、チョン・スンファン、クォン・ジナが加勢して舞台をより一層豊かにさせる予定だ。

泉海苔、チョン・スンファン、クォン・ジナはユ・ヒヨルが首長であるアンテナ所属ミュージシャンでイ・ジンアとともに'アンテナ エンジェルス'と呼ばれて愛されている。

泉海苔は最近アイユ正規4集収録曲'このようなエンディング'を作曲してミュージシャン力量を認められたし、特に'おばけ' OST 'WHO.A.U(Who are you)'に参加して共有と特別な連結の輪を自慢する。

チョン・スンファンは昨年11月デビュー曲'がバカが'が音源チャート1位に上がって信じて聞くボーカリストに位置した。

クォン・ジナは5月2月新曲'フライ アウェー(Fly away)'発表を控えて忙しい毎日を送る渦中にも共有ファンミーティングに参加して義理を見せた。

これらは28日午前台湾に出国した。 コンユファンミーティングで泉海苔、チョン・スンファン、クォン・ジナがどんな舞台を見せるのか期待を集める。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

キム・ナムギル日ファンミーティング盛況、列島ひきつけた特急(特級)ペンサラン

984554.jpg
優キム・ナムギルが日本列島を熱い雰囲気にした。

去る23日(日)と25日(火)日本、大阪クランキュブ大阪と東京大宮ソニックシティ大ホールで開かれた2017キム・ナムギル ファンミーティング イン ジャパン <로드쇼: 더 웨이 /> (2017 KIM NAMGIL FAN MEETING in JAPAN )がファンたちの爆発的な呼応の中に盛況裡に終えられた。

‘ロードショー’はキム・ナムギル ファンミーティングのシグネチャーで、キム・ナムギルの名前終わりさあ‘道’と一緒に彼が歩いてきた道、今位置した道、そして今後歩いていく道まで衆議院的な意味をこめた公演タイトルだ。 今回は‘THE WAY’という副題でキム・ナムギルと共に離れる春旅行という特別なコンセプトまで加えてトークと音楽中心の高品格ファンミーティングを進めた。

昨年に続き1年余りで日本を尋ねたキム・ナムギルは現地ファンのための国内旅行地を推薦して自身が旅行地で直接取った写真を公開することで近況を伝えた。 引き続き出演した作品でのキャラクターと旅行に出発するコンセプトで機転が利くトークを進めて愉快な時間を過ごした。

また、抽選を通したリクエストを進めて現地ファンたちの目の高さに合うファンサービスをリリースしていつの時より熱い反応をかもし出した。 日本で人気を呼んでいるロマンチックなポーズ、流行語とともに即席で映画‘君の名前は’のOST ‘ナンデモナイヤ(なんでもないや_何でもない)’を短くリリースしたりもして現場の雰囲気を一層高めさせた。

自身が直接呼んだドラマ‘オイ王’のOST ‘君は分からない’をはじめとして‘登り坂の道(ユン・ジョンシン)’、‘釜山(プサン)に行けば(チェ・ペコ)’、‘見たい(キム・ボムス)’、‘I’ll be there(イブ)’、‘FOREVER(反町タカシ)’等多様な雰囲気の曲らを直接選曲したキム・ナムギルは難易度ある曲らを完ぺきに消化してより一層爆発的な反応をかもし出した。

それだけでなくキム・ナムギルは作品活動によりしばしば会うことができないことに物足りなさを表わすファンたちのために格別の愛情を表わした。 ファンたちが願う疎通方式に対する疫疾文(門)を投げて細心さを表わしたことはもちろん、ファンたちの熱い反応に力づけられて既存2時間のファンミーティング予定時間を超過して3時間ほどの公演を広げて通常の時よりさらに高い満足度を自慢したという裏話だ。

キム・ナムギルは映画‘殺人者の記憶法’封切りを控えていて、映画とドラマなど多様な分野を置いて次期作を検討する予定だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング



幕張メッセで開催する世界最大級のK-Cultureフェスティバル「KCON 2017 JAPAN」(5月19日~21日の3日間) において、俳優ナムグン・ミンとイ・テファン(5urprise) のファンミーティングを開催することが決定した。

「マイ・シークレットホテル」や「リメンバー~記憶の彼方へ~」など、悪役からコメディまで幅広い演技力に定評のある実力派俳優ナムグン・ミンが19日(金)に、「ナイショの恋していいですか!?」や「W-君と僕の世界-」に出演し、俳優グループ「5urprise」のメンバーとしても活躍中のイ・テファンが20日(土) に登場、彼らとスペシャルな時間が過ごせる貴重なチャンス!

20170425120913a5a.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

"忘れることのできない時間"…イ・ドンウク、シンガポール単独のファンミーティングソンリョ



俳優李ドンウクがアジアツアーでシンガポールファンの心をつかんだ。

この15日、李ドンウクは、シンガポールに位置したマリーナベイ・サンズのマスターカード劇場内のグランド劇場で開かれた'2017李ドンウクアジアツアーIN、シンガポール-For My Dear'を盛況裏に完了した。

同日、李ドンウクは、舞台の上登場とともに1,200人余りのファンの熱い歓声一身に受けた。 以降、近況写真を見ながらトークを続け、ファンたちと一緒に過ぎ去った作品を振り返る意味深い時間を持った。

そうかというと、李ドンウクは地元のファンとゲームをしたり、ファンの願いを聞き入れ、楽しくて幸せな思い出をプレゼントした。 彼は舞台に上がってきたファンと即席デュエットでドラマ'寂しくてきらびやかな鬼'OST'I Miss You'を呼び、今も忘れられない瞬間を届け、抽選を通じて選抜されたファンとこの作品の名場面瞬間を再現し、現場の雰囲気を盛り上げた。

特に、李ドンウクはミョンブルホチョンファンサランクンの形へとときめき指数を高めた。 彼はファンミーティング2部を客席で開始、客席の間を過ぎる、舞台に上がった。 公演が終わった後は、すべての観客といちいちハイタッチをしながら、ファンたちと最大の近くに会おうと努力して、シンガポールの暖かい温もりを加えた。

だけでなく、李ドンウクが行く先々で彼の熱い現地の人気を実感することができた。 彼が空港に到着した瞬間からファンの熱烈な歓迎と現地マスコミが熱い取材熱気があった。 ファンミーティングに先立って開かれた公式記者会見では蒸し暑い天気であることにもかかわらず、1,000人のファンが大騒ぎとなった。 これは李ドンウクを向けたグローバルな人気を立証した。

一方、李ドンウクは、これで、香港やインドネシア、タイ、日本、台湾でアジアツアーの日程を消化し、'デセナム'言動を続けて行くつもりで、毎月12日、ネイバーV LIVE'レンソン深夜デート-李ドンウクのOn the air'を通じてファンと身近に疎通している。
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR