イ・ドンウク、日本ファンミーティング開催決定!ドラマ「鬼」の貴重な裏話が飛び出すかも?



去年12月から放送され、tvN番組の歴代最高視聴率を記録したドラマ「鬼」。放送終了後も引き続きシンドロームを巻き起こしているドラマで“死神”を演じたイ・ドンウク。“チョスンイ(あの世ちゃん)”という愛称まで浸透するほど、視聴者の心に深く、長く響き渡る余韻を残してシンドロームの発信元となった。

そんな彼が来る6月、東京でファンミーティングを開催する。これは4月から始まるアジアツアーの一環として行われるイベントで、東京でのファンミーティングは昨年5月以来1年ぶりとなる。

今回はアジア各国で爆発的反響を呼んだドラマの放送後だけに、前回とはいろいろな意味で“新境地”とも呼べるイベントになること必至。切なくて愛らしくウィットに富んだ“死神”役を見事に演じて視聴者を驚嘆させた彼が、日本のファンを前にどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。ファンならずとも興味津々なドラマ裏話はもちろん、彼が一番重要視するファンとの再会、心温まる交流の一幕も大いに期待される。

■イベント概要
「2017 LEE DONG WOOK ASIA TOUR in JAPAN 4(for) My Dear」
開催日:2017年6月30日(金) 開場 17:00/開演 18:00
会場:練馬文化センター
内容:トーク、ゲーム、歌、握手会など
チケット価格:¥10,800(税込、全席指定)
主催:株式会社A・R・A

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

愛嬌ソングから「TT」ダンスまで!ハン・ヒョジュ、6年ぶりのファンミーティングを開催“見どころ満載”



女優ハン・ヒョジュのファンミーティングが盛況裡に終了した。

ハン・ヒョジュは先日(17日)、ソウル麻浦(マポ) 区西橋洞(ソギョドン) に位置した新韓カードFan Squareライブホールにて、ファンミーティング「こんにちは。久しぶりだね(副題:ヒョジュヘ)」を開催した。今回のファンミーティングは6年ぶりの再会であるだけに、韓国国内だけでなく、日本、中国、香港、台湾、インドネシアなどの各国から集まったファンが席をいっぱいに満たした。

特にこの日は、ハン・ヒョジュの最初のファンミーティングの司会進行を引き受けたパク・キョンリムが、再びMCを引き受けて長年の友情を垣間見させ、完璧な呼吸をアピールした。また、副題「ヒョジュヘ(ヒョジュ、して)」の意味を生かして、ファンのために惜しみなく全てをするハン・ヒョジュの真の姿を見ることができる席が用意された。

まず1部では旅行、モクバン(食べる放送)、作品など写真と共に、ハン・ヒョジュの日常を垣間見ることができるキーワードトークが進められ、その後ファンとのQ&Aタイムを開催して、ハン・ヒョジュに対する気がかりな思いを直接解消する席が用意された。また、ファンが選んだ彼女の最愛のキャラクターである「ビューティー・インサイド」のホン・イスと映画の名場面を、ファンと直接再演したりもした。

引き続き映像を通じて、俳優キム・デミョン、ペ・スビン、ユ・ヨンソク、イ・スンギ、イ・ジョンソク、2PM ジュノ、チ・ジニ、ハン・ジミンなどの親しい先輩・後輩芸能人がハン・ヒョジュのファンミーティングを祝って、彼女の新しい姿を暴露したりもした。ユ・ヨンソクの証言でハン・ヒョジュは愛嬌ソングを短く歌ったりもし、ハン・ジミンは彼女をセクシースターだと言及して、ハン・ヒョジュのギャップのある魅力まで確認することができた。

2部ではより一層多彩なイベントを通して、より近い距離でファンと疎通する時間を作った。特にハン・ヒョジュは、韓国で流行中のシン・ヒョンヒとキム・ルートの「お兄ちゃん」を歌ってキュートな魅力を発散し、歌詞に合わせてファンに向かって無限のハートを飛ばして、愛情を表わしたりもした。引き続き進められたファンのリクエストコーナーで、ハン・ヒョジュはファンとアイコンタクト、即席セルフショット、ハグはもちろん、高校3年生の受験生ファンのための愛嬌満点なモーニングコールの録音にいたるまで、その場で直接ファンの願いを聞き入れて“親切なヒョジュさん”として場を和ませた。

だが、ファンミーティングはここで終わりではなかった。ハン・ヒョジュはこの日、ファンのためのファイナルイベントを準備したのだ。ファンがアンコールを連呼すると、すぐにライトが消えたステージでハン・ヒョジュのスペシャル映像が再生された。その映像には、ファンと約束したガールズグループダンスの公約を守るために、これまで練習室で孤軍奮闘した過程が盛り込まれていた。

ファンの間でダンス音痴だと噂になっていたハン・ヒョジュだったが、ファンのためだけに努力を注いだ姿が、ファンへ笑いと感動のプレゼントとなった。映像が終わった後、ハン・ヒョジュがステージに上がってTWICEの「TT」とI.O.Iの「Pick Me」を完璧に再現して、ファンに忘れることのできない思い出をプレゼントした。特に最後の映像では、ハン・ヒョジュが自らアイドルグループのオーディションに申し込んで、アイドルを準備する過程をパロディした姿が公開されて、最後までファンの視線を固定させた。

ファンミーティングを終えたハン・ヒョジュは、新作映画でファンの前にカムバックする予定だ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

チョ・ジョンソク、日本ファンミーティング開催決定!来場者全員と握手会も実施



チョ・ジョンソクが日本ファンのためのファンミーティング「2017 CJS ASIA TOUR “The Room”」を東京・豊洲PITにて開催する。

“The Room”アジアツアーは、チケットオープンから5分で全席完売となったソウルファンミーティングを皮切りに、台湾、タイ、そして日本がツアーラストとなる。今回のファンミーティングは、チョ・ジョンソク本人が企画から演出まで監修し、魅力的な姿をファンに見せるために2ヶ月間、歌とダンスを準備したそうだ。

その他にもファンと目線を合わせてコミュニケーションを取ることのできる多彩なプログラムが用意されており「人間チョ・ジョンソク」と「俳優チョ・ジョンソク」そして「アーティストチョ・ジョンソク」など、カメレオンのような彼の魅力を感じることができる特別な時間になると期待される。

所属事務所は「日本で待っていただいているファンのために東京・豊洲PITにて2回のファンミーティングを行い、1部と2部は内容を変更し、ファンに多様な姿をお見せする予定です。日本のファンの方々が待っていてくださった分、更に良い姿をさまざまな形でお見せするために一生懸命準備中しています。たくさんの応援と関心をお願いします」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、「2017 CJS ASIA TOUR “The Room” in Tokyo」に参加する全てのファン一人一人とアイコンタクトをしながら握手会を実施し、ファンに向けた心からの愛情を見せる。

チケットは、6月17日(土) より各プレイガイドにて販売開始予定。詳しくはオフィシャルサイトにて確認することができる。

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

パク・シフ、福岡&大阪でファンミーティング「Dramatic Promotion」を成功裏に開催…15日の東京でフィナーレ



俳優パク・シフが“シフ熱風”を見せつけた。

パク・シフは日本列島を回りながら、日本のファンとより近くで触れ合うイベント「Dramatic Promotion」を展開している。9日に福岡、11日に大阪でイベントを成功裏に終了し、華やかなスタートを切った。これに対して15日に東京で開催される最後の「Dramatic Promotion」への期待も高まっている。

パク・シフは福岡、大阪の会場を埋め尽くした日本のファンに感謝の気持ちを伝え、会場を盛り上げた。彼の持つ特有の紳士的魅力をアピールし、ファンのために歌唱し、ファンと記念写真を行った。

日本のファンはパク・シフに対して同じ気持ちを持ち、同じジェスチャーで愛情を表すスペシャルイベントを実施し、パク・シフを感動させた。

加えてファンはパク・シフに対する熱烈とした愛情を表し、視線を集めた。彼を一目見ようと迎えに来た数百人ものファンが福岡空港と新大阪駅に集まってパク・シフを連呼し、周辺はごった返した。福岡空港と新大阪駅には同時に多くの人々が集まり、空港と駅の周辺が一時混雑する事態となった。

今回のイベント「Dramatic Promotion」は“英雄”パク・シフを生で見たいという日本ファンの積極的なラブコールによって実現。「名もなき英雄<ヒーロー>」は2月に日本で地上波チャンネルのテレビ大阪で放送されて以来、現在まで日本全国のケーブルやCS、各地域の地上波チャンネルで放送されている。

「名もなき英雄<ヒーロー>」の高い人気に後押しされ、パク・シフが日本のファンと大切な時間を持ち、パク・シフによる“韓流復興”に関心が高まっている。

また、パク・シフの高い人気は日本のさまざまな場面で証明されている。2012年にパク・シフが主演を務めて話題を集めた映画「殺人の告白」をリメイクした、日本映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」が公開と同時に興行ランキング1位となったのだ。10日から11日まで「22年目の告白 -私が殺人犯です-」が週末興行ランキングで首位を獲得し、パク・シフの人気の高さを実感させた。

所属事務所HOO FACTORYは「福岡から東京まで、会場はもちろん空港や駅まで来て笑顔で迎えてくれたファンに本当に感謝している。パク・シフによって、韓流復興に対する期待が高まっているという評価を非常に嬉しく思う。これからの活動も期待してほしい」と伝えた。

パク・シフは15日、TOKYO DOME CITY HALLで東京のファンとの出会いを控えている。

Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

ソン・ジェリム、日本ファンクラブ‘ピエントジャパン’創立3周年合って

201706080728484797_1_20170608073720160.jpg

]俳優ソン・ジェリムが自身の日本公式ファンクラブ‘ピエントジャパン’の創立3周年を記念して現地ファンたちに会った。

ソン・ジェリムは3日自身を見るために日本から韓国まで探した‘ピエントジャパン’ファンたちと共に特別で大切な時間を過ごした。

ソン・ジェリムは久しぶりに会った日本ファンたちと近況に対する話も交わして多様な魅力をリリースして楽しい時間を過ごした。 特に行事末ファン1人一分科フォトタイムも持って感謝の気持ちを伝えるなど最後まで注意深く配慮する姿でファンたちに忘れることのできない思い出をプレゼントした。

ソン・ジェリムは2014年初めての単独日本ファンミーティングを開催して新韓流スター隊列に上った。 3年という(のは)時間の間日本ファンたちとはすでに8回目単独ファンミーティングを進めて変わりない愛と関心を集めて韓流スターとして位置づけた。

ソン・ジェリムは“常に変わりなしに多くの愛と応援を送ってくださって感謝申し上げる。 その心に報いられるように今後さらに良い姿見せて差し上げる”と話した。

ソン・ジェリムはSBS ‘私たちのカプスンが’の放映終了後現在次期作を検討中だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR