FC2ブログ

イ・ドンウク、デビュー20周年ファンミーティングチケットオープン同時全席売り切れ



俳優イ・ドンウクのファンミーティングチケットオープンと同時に全席売り切れた。

去る1日午後8時からメロンチケットとインターパークチケットサイトを介して、一般前売りが進行されたイ・ドンウクのデビュー20周年国内ファンミーティング「アイムっと(I'M WOOK)」が前売りオープン02分で全席売り切れを記録、熱い人気を証明した。

イ・ドンウクの所属事務所キングコングbyスターシップ側は「イ・ドンウクに向けた愛と応援にいつも感謝します。今年は、イ・ドンウクのデビュー20周年を迎えた年でだけファンとより近く、特別なコミュニケーションの場を作るために力を入れている。多くの期待お願いする"と伝えた。

イ・ドンウクの国内ファンミーティングは11月2日午後5時慶煕大学平和の殿堂で開かれる。2017年3月に開催された「フォーマイディア(4 My Dear)」以来、2年ぶりの進むことイ・ドンウクのデビュー20周年を記念して、一途なファンたちの愛に報いようと企画された。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2019   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

カンダニエル側 "11月に国内初の単独ファンミーティング開催確定」(公式)



歌手カンダニエルがソロデビュー後、国内で初の単独ファンミーティングを開催、ファンクラブ「DANITY(なんてティー)」と特別な時間を費やしている。

所属事務所側は9月25日"川ダニエルは24日午後6時、川ダニエルの公式SNSチャンネルを通じて来る11月23日と24日の両日、一山KINTEXで開かれる国内初の単独ファンミーティング「KANG DANIEL FAN MEETING:COLOR ON ME IN SEOUL」のポスターを公開した」と伝えた。

今回のファンミーティングは、ソロデビューアルバム「color on me」発売後、世界のファンと会って疎通し川ダニエルだけの色を探していく旅を込めた「KANG DANIEL FAN MEETING:COLOR ON ME」のソウル公演である。去る8月にシンガポールでツアーの最初の信号弾を打ち上げた後、バンコク、台北、クアラルンプールを終え、これからマニラ、香港2つの都市でファンミーティングを継続する。

川ダニエルは長い空白を待ってくれたファンに忘れられない特別な時間をプレゼントするために、多彩なコンテンツで舞台を埋める予定であり、ファンミーティングのチケット前売り日程及び詳細公演案内は今後公式ホームページを通じて確認することができる。

一方、川ダニエルは舞台の上川ダニエルはなく、見知らぬ状況の中、新しい体験を通じて成長する川ダニエルの平凡ながらも、特別な日常を描いた自主制作動画コンテンツ「カラフルダニエル(Colorful Daniel)をローンチ、今日夕方6時、シンガポールエピソードを盛り込んだ初化公開される。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2019   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

ヨ・ジング、10月12日単独ファンミーティング開催... 「海外ファンミーティングも準備中」



俳優ヨ・ジングが単独ファンミーティングを開いてファンたちとのときめく出会いを持つ。

最近人気の下に放映終了したtvN「ホテルデルルナ」を通じて、その真価をもう一度立証したヨ・ジングが来る10月12日、「2019ヨ・ジングファンミーティングMemory Line-今。ここで。私たち(以下、メモリライン)」をはじめと局、内外のファンと会う。

「メモリライン」は、久しぶりにファンを近くで会う大切な場であるだけに、今後一緒に作っていく記憶を共有コミュニケーションしようという意味を込めたもの。惜しみない愛応援を送ってくれたファンに楽しい時間をプレゼントして、ヨ・ジングの率直な心をありのまま見せるものと期待を高める。

2019年は「ヨ・ジングの年」といっても過言ではないほど、彼の活躍が眩しかった。これまでヨ・ジングは出演する作品ごとに線の太い演技で信じられないほどのキャラクター消化と圧倒的な存在感を誇って'演技の天才」と評価された。特に上半期ドラマ版をさらった「王になった男」を通じては鳥肌が立つ1人2役の演技で「時代劇職人」の評判を強固にし、話題性の視聴率の両方た「ホテル・デル・ルナ」でがたがたして繊細なロマンス演技で「新ロコキング」に登板する底力を誇示した。「王になった男」に続き「ホテルデルルナ」まで、今年放映されたtvNドラマ最高視聴率1、2位を総なめにしたヨ・ジング。20代を代表するチームトップ俳優へと進化した「ゴッドチング」の歩みに視聴者の絶対的支持があふれた。

所属事務所ジェイノスイエンティ側は「いつのまにか14年目俳優になったヨ・ジングが国内ファンミーティングをはじめとファンに一歩近づいて立つ。暖かい疎通の場になるだろう」とし「今まで見せられなかったヨ・ジングの風変わりな魅力と率直な姿を見ることができる」と伝えた。続いて「国内をはじめ、台湾、タイ、マカオなど海外ファンたちとの出会いも準備している」と述べた。

一方、10月12日中央大アートセンター大劇場で開かれる「2019ヨ・ジングファンミーティングMemory Line-今。ここで。私たち」は、10月1日午後5時ファンクラブ先前売り、7時、一般前売りに進行される。すべてのチケットは、メロンチケットを介して前売りすることができる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2019   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

イム・シワン、2019単独ファンミーティングソンリョ‥多彩な魅力にタイト満たした舞台



去る9月8日イエス24ライブホールで開催された「2019イム・シワンファンミーティング〜Close to You:近い〜」がファンの劣化のような声援の中ソンリョた。

イム・シワンは今回のファンミーティングで俳優と歌手、万能エンターテイナーとしての面目を正確に示し、多彩な魅力に舞台を満たしていった。約4年ぶりに開催されるようにMCパク・チソンと一緒にファンに直接質問を受け、これまで気にしていたものをすべて解決することができる充実率直淡泊な内容のトークコーナーが用意されてファンをときめくようにした。

20190909180543e2d.jpeg
20190909180543b80.jpeg

誰もが気にしていたイム・シワンの日常と、今まで一緒にした作品の物語そして「ビューに快適な俳優になりたい」た今後の風まで、イム・シワンとファンがさらに近づくことができる意味のある時間でいっぱいだった。「ユンジョンオ役を通じて、繊細な演技で絶賛されているOCN「他人は地獄だ」のシーンを演じるのはもちろんのこと、多くの愛を受けたグラビアの中にポーズまで再現するなど、MCの即興的な要請にも積極的に応じて魅力を発散という裏話だ。

今回のファンミーティングではファンのための曲「カチカチ」の初ライブが公開されてより一層意味が深かった。ドラマ「微生物」のOST「それでもので」、「王は愛する」のOST「私の心は、「のような切ない感性がぷんぷん感じられるバラードでファンたちの感性を潤す浸すた。また、皆を驚かせたびっくり舞台ZE:Aダンスメドレーの中派手なパフォーマンスと流麗な舞台マナーが加わり、ファンの目と耳をひきつけた。ここで止まらず、現場のイベントに参加したファンに電話をかけ歌を歌ってくれる特急イベントまで広がってファンたちを熱狂させた。

イム・シワンは「忙しいスケジュールの中でも良い姿で皆さんに会うために一生懸命準備した。私もやはりとても楽しくて幸せな時間だったし、これからもファンの方々と楽しい時間を頻繁に持つことができるように努力する」とファンミーティングを終えた所感を伝えた。

一方、イム・シワンはOCNシネマティックドラマ「他人は地獄だ」以降、映画「1947ボストン」の撮影を継続する予定である。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2019   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

帝国の子供たち」ムン・ジュンヨン、メンバーたちと一緒にイム・シワンファンミーティング応援



グループ帝国の子供たちの出身ムン・ジュンヨンがメンバーたちと一緒に近況を公開した。

ムン・ジュンヨンは8日、自身のSNSにハートの絵文字複数犬と一緒に一枚の写真を掲載した。

公開された写真の中の帝国の子供たちメンバーチョン・ヒチョル、イム・シワン、ハミヌ、キム・ドンジュン、ムン・ジュンヨンは並ん様子。カメラに向かって微笑んで親指チャックポーズを取っている。久しぶりに一緒に5メンバーの出会いにファンも嬉しを隠せずにいる。

これらイム・シワンのファンミーティングのために集まったものと思われる。イム・シワンは同日、自分のSNSにファンミーティング応援キム・ドンジュンが送ってくれたコーヒー紅茶と一緒に「ドンジュンがサンキューおかげでファンミーティングもよ」という文を残したことがある。イム・シワンは8日、「2019イム・シワンファンミーティング〜Close to You:近い〜」を開いてファンたちと会った。

一方、ムン・ジュンヨンは帝国の子供たちの活動の後エクサエンターテイメントを設立、公演企画者として、新しい挑戦を始めた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2019   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR