「カーネーション」、終わりました(;O;)

半年間、我が家を楽しませてくれたドラマ、NHKの朝ドラ「カーネーション」がとうとう終わってしまいした。
前作の大好評だった「おひさま」も良かったけれど、それまでのNHKらしい優等生的範疇にきっちりおさまった、どこか嘘っぽいところも感じるドラマでした。

「カーネーション」は主人公たちがそれぞれ、子役の糸子ちゃんが元気で明るく可愛くて、成人糸子の尾野真千子さんが既に彼女の代表作といえるくらいにこわいくらいぴったりはまってて、老年期を請け負って賛否両論騒がしくやりにくかったんじゃないかと思われる夏木マリさんもすごく頑張ってて、とてもリアルでした。

もちろん実在の人物がモデルだから、ということもあるでしょうけれど、岸和田弁を駆使した脚本、言葉を巧みに使いこなし、時には朝から?NHKが?ってチャンネル間違えたかと思うほど汚い言葉や舌打ち、など過激な台詞の応酬もあり、親子、姉妹のすさまじい取っ組み合いのけんかシーンなど、それまででは考えられないほどの思い切った演出で、絵空事ではない胸に迫る人間の真実をまざまざと見せつけられ、より深く強く共感できたのです。

深夜番組などでちょいちょい小出しにしてた冒険をこの「カーネーション」で集約した、という印象。
たとえば、短気なお父ちゃんはちゃぶ台ひっくり返し、糸子を殴りつけ、親友@悪友、腐れ縁の奈津は糸子の結婚式の日まで「あほ!ぶた!」とけなす。

戦地から心に傷を負って帰ってきた幼なじみを励まそうと余計なおせっかいをして心の病を悪化させた時には、近所の親しい優しいおばちゃんだったはずの彼の母親に「あんたのおせっかいはな、毒や!」と夜叉の形相でねめつけられる。
このシーンは私にトラウマのように鋭く突き刺さったまま、今も怖くて忘れられません。

しかもこのことで断絶したこの家族との交流をそこのお嫁さんがなんとかとりなそうとするけれど、ふてくされた態度で「私にはそっちのことはなんも関係ない」と言い放つヒロイン。反省してないんです。

決して優等生で正しいヒロインではありませんでした。まるで隣で息づく親しい隣人のようにありのままの姿で欠点もさらすのです。

今までの朝ドラマとの決定的な違いは、ヒロインが不倫に走ること。
これは実在のモデル、コシノ三姉妹の母の本物のエピソードなのではずせなかったんでしょうね。
先に自叙伝を読んでいた我が家では、この決して美しいばかりではないエピをどう処理するのか興味津々、ハラハラしながら見守っていました。

ヒロイン自体は未亡人なので問題ないのですが、相手には長崎で原爆被爆した妻と二人の子供がいました。
でも魅かれあい恋におちてしまう2人。
そこを父、夫、ともだち、憧れのお兄さん、と周りの男性たちを失い、女でひとつで家族を養う糸子がふと女に戻る瞬間、許されてもいいかもと納得させる流れに持っていきました。

片思いと知りつつ、ある仕事の終わりに「これで最後やね。これだけ言わせて、後悔しないように。私あなたが好きでした。」と恥ずかしながら告白する糸子に、相手も「僕も好きです」と告げるんです。
それからヒロインは彼と一緒に同じ家で仕事していく。
実際は家族と離れ2人だけの隠れ家を持ったようですが、さすがにそこまでは描いていませんでした。

不倫を周囲や親戚、亡き夫の弟たちに責められる親族会議の席で、娘たちが「お母ちゃんを勘忍したって。好きなようにさせ立って下さい、お母ちゃんはまちがったことしたことないもん」と訴えた事実は取り入れていました。

ある日憑き物が落ちたように別れ、そのエピはもうどうでもいいよね、と思っていたのに、老年でまた再燃。
昔糸子の家に様子を見に来て「お父ちゃんを返せ」と叫んだ姉弟が、糸子を許すというけじめをつけさせたのです。
きっと不倫の部分に不満を抱いた視聴者に許しを請う終え方だったのかなと思います。

そうして激動の人生を生き抜いた糸子。
三姉妹の活躍という大きな財産をこの世に残し、静かに去って行きました。

最終回より前にヒロインは亡くなり、最終回の冒頭のナレーションで、「おはようございます、私は死にました。」
でもみんなの側にいるというんです。風や緑の葉や小川のせせらぎに乗り、商店街にも現れ、おもろいことを求めて自由にあっちこっち動きながら皆を見守っているという糸子。

この偉大なる母、糸子の生涯が朝ドラになるというエピで終えた最終回。最後に物語の一話の冒頭がテレビ画面から流れるところでエンドでした。

今までにない強烈な印象を残してくれた「カーネーション」。演じられた方々も仲良く交流を続けているようです。それぞれの場で活躍されることでしょう。
見終わった我々は、脱力、放心状態で、とても寂しい気持ちです。
プチ廃人といったところでしょうか。

当分は劇中のOSTを聞くだけで涙腺と心の鍵が緩みそうです。










スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2012   0 comments   0 trackback
Category :地上波

号泣

日本ドラマはほとんど見ないし、面白そうと思って見始めた新ドラマや話題のドラマ、たとえば「家政婦のミタ」とかでもどうしてもCMが入るのが駄目で、リタイアしてしまう私。

韓ドラ視聴が忙しいのもあるし、CMのないスカパーチャンネルが当たり前になると、地上波やBSのCMが我慢できず(・.・;)

それに韓ドラは俳優陣の演技が上手だし、脚本が単純に面白い!って、全くの韓ドラひいき、かたや日本ドラマ、特にアイドルドラマの演技には愕然、要するに演技が大人の鑑賞に堪えられないんです。

そんな中、唯一見ているのがNHKの朝ドラ。第一NHKはCMに邪魔されないし、ドラマ作りも完成度高いものが多いです。大河はあたりはずれありますけど(^_^;)
今回の「カーネーション」は「いもたこなんきん」に続く、私の中での大ヒット。
かなりアクの強いドラマで、さわやかなはずの朝ドラにしては好ききらいが別れる独特の内容。

岸和田が舞台なので一般的な大阪弁とも別物の強烈な岸和田弁も威勢がいい。
世界的デザイナーのコシノ三姉妹の母、コシノアヤコさんの人生がモデルになっています。

今まで見てきた明るくてさわやかでまじめな優等生のヒロインが活躍する朝ドラ、もっといえば、日本ドラマのどのヒロインよりも個性的。
本物のコシノさんがここまでキツイ性格だったのかどうか、原作本ともいえる彼女の自叙伝も読みましたが、そこまで!?ってかなりの脚色も感じますが、とにかく面白い。

ヒロインは子役の子からもっと見ていたいという声も多かったというのが納得できるくらい演技が上手。その後バトンタッチした尾野真千子さんがそれを上回る上手さでこれまた、ヒロインがリアルに息づいて見える。

そこから老年時代は夏木マリさんに交替で、そのことに関してはNHKに抗議が殺到したとか。尾野ヒロインがとても視聴者に愛されていた証拠ですね。
私も始め知った時にはとても残念に思ったもので、変わった当初こそ何か違和感があったものの今では馴れました。

毎週末、土曜日の一挙一週間放送を録画しておいて、家族全員で見るのが習わしなんです。
毎週、どこかは泣かされるシーンや台詞が盛り込んであって、笑い泣きしながら見てるんですが、先週分は特に超感動モノでした。

自らもデザイナーである糸子は三姉妹を有名デザイナーに育て上げたことも相まって、どんどん名声が高まってゆく。
88歳にして、仕事にメディア出演に、パーティーに遊びにと精力的。
そんな折、自分が通院する病院からファッションショーをしてほしいと依頼される。

頼まれたからには手を抜かない糸子は企画段階から口出し。モデルは患者も出してほしいと言いだして患者を守る側の総婦長とバトル。
「患者さんが着飾っておしゃれしてきらきら堂々と歩くことで、他の患者さんに希望を与えるから」と説得。

モデルのウォーキングも娘のつてで、本格的コーチを頼んで指導。
その様子を眺めていた末期がん患者の主婦が自分もモデルにしてほしいと頼んでくる。
「どうして?」と問う糸子に「自分がやつれていく姿しか子供に見せてやれないのが辛すぎる。モデルになって少しでも元気な母親を記憶してほしくて」と涙ながらに訴える。

糸子は「この歳まで生きてきて気付いたことがある。人々に奇跡を見せてあげる資格ができたっちゅうこと。普通に食べて走っても若い人なら当たり前でも100歳のばあさんが走り回ってみぃな。皆驚いて楽しいやろ。うなぎ食べてたって皆、喜ばはるねん。
あんたもそやで。末期がんの人が人前でにっこり笑って歩いてみ。それは奇跡や。あんたもみなに奇跡見せたろな。」

当日、年齢も病気も様々なモデルたちに「みな、見てはる人に幸せをあげるんや。そのためには自分も幸せな気持ちで歩かなあかん。」とハッパをかけ、末期がんのモデルには「あんたはトリをとるんや。あんたが見せるもんは他とは違う、わかってるな?」と問うと、彼女は「はい、奇跡ですね」とうなずく。

たくさんの患者さんや家族が見守る中、いつも衰えていく母を心配そうに、おびえたように見まいに来るというガンのモデルの子供たちは、ママを見ようと、一番前に陣取る。

最後に登場した末期がん患者のモデル。髪が全部抜け落ちた頭にはかつらをかぶり、綺麗に着飾って、「三カ月前末期がんを宣告されました。でも、私は今、幸せです、そしてこれからも絶対幸せです!」と胸を張って明るい笑顔で見ごとなウォーキングを披露。

最後のモデルだけに許される、花かごからの花びらをまきちらしながら、ライトの中できらきら輝く母の姿に手を叩いて喜ぶ子供たちと、涙しながら、微笑む夫。

ナレーションができないくらい胸がつまる糸子も顔をくしゃくしゃにしながら、笑顔で見守る。。。。


http://www9.nhk.or.jp/carnation/story/index_25.html

今週いよいよ最終週なんです。
これは絶対にDVDBOXが欲しい、永久保存版にしたいドラマです。





Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2012   0 comments   0 trackback
Category :地上波

見なくちゃ、録画しなくちゃ

本日の「いいとも」必見

BIGBANG出演

そして、明日の「ぐるナイ」

「ゴチになります」韓国編。
チョンウソンしがご出演

次回、3月22日の放送は・・・次回もよる7時から 2時間スペシャル!!


史上初!韓国でゴチになります!!


まさかの参戦!
韓国トップスターのチョン・ウソンさん! さらに
コチラも初参戦・上戸彩さんがゴチの洗礼を受ける!?


上戸さんをめぐり、ウソンさんvs岡村!伏せる岡村に何が!?


韓国の常識にウソ~ン連発!!


ビックリ韓国料理はゴチ史上最難解バトル!


弾丸ゴチにアノ人の財布がぶっ飛ぶ!?


懐かし映像満載!岡村感涙!?すんごいゲストもやってきた!!


お見逃しなくなく
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2012   0 comments   0 trackback
Category :地上波
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR