韓国の俳優ペ・ヨンジュンが設立した芸能事務所のキーイーストが、マネジメントを行う子会社を設立した。

同社は17日、マネジメント専門の子会社「コンテンツワイ」(仮称) を設立したと明らかにした。

これにより、キーイーストは現在のマネジメント事業部とは別に、第2のマネジメントブランドを運営することになる。

コンテンツワイは新たに俳優と契約する予定で、現在キーイーストに所属している俳優の一部も同社に移籍する予定だ。

キーイーストは「専属俳優が持続的に増えている状況で、俳優とさらに緊密な関係を維持し、事業を拡大するために新たな形態のマネジメントシステムが必要だ」と説明した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :世事

熱愛報道の裏側


※芸能専門メディアDisPatchが、今年最高の芸能スクー プ「RAIN(ピ)&キム・テヒ熱愛」報道の顛末を公開し た。

7日、tvNのトークショー「ペク・ジヨンのピープル INSIDE」に出演したDisPatchの記者たちは、「記憶に 残る最高のスクープは今年1月1日に報道した『RAIN &キム・テヒ熱愛』だ」と明かした。

DisPatchは韓国唯一の芸能専門メディア。特にトップ スターカップルの熱愛報道で注目を浴びた。今年だけ でRAIN&キム・テヒ、キ・ソンヨン&ハン・ヘジン、 チョ・インソン&キム・ミニなど、トップスターや話 題のカップルの熱愛を多数報道した。

この日の放送には、DisPatchのイ・ミョングニュース 部長、イム・グノ取材チーム長、ソン・ウンジュ記 者、ソ・ボヒョン記者が出演した。

ソン・ウンジュ記者は「RAIN&キム・テヒの熱愛を報 道したことで、我々がポータルサイトの検索ワードラ ンキングでトップとなった。この報道をきっかけに、 人々に多く知られるようになった」と言った。 DisPatchはRAIN&キム・テヒカップルの熱愛を取材し た過程も公開した。

イム・グノチーム長は「取材の期間は(従来の熱愛取 材より)短かった。基本的に1ヶ月くらいは見守るが、 RAIN&キム・テヒカップルの場合は1ヶ月も経たな かった。軍人のRAINが平日には外出できないため、週 末に集中的に取材した。むしろ他のスターカップルよ り簡単だった」と説明した。

続いて「取材は情報を提供されてから始める。取材員 は関係者の場合もあれば、関係者の関係者の場合もあ る。『服務中のRAINがどうやってあんなにしょっちゅ う電話をすることができるのか』『RAINが携帯電話を 変えてグループメールを送る』という話も多かった。 多くの人々から話が聞こえてきて取材を始めたが、確 認するのに時間はあまりかからなかった」と付け加え た。

しかしRAIN&キム・テヒカップルの熱愛報道は単なる 熱愛公開に止まらなかった。現在、芸能兵士として服 務しているRAINのルール違反問題が浮上した。

イ・ミョングニュース部長は「個人的にこの報道が議 論になるとは思えなかった。僕も服務中の休みで外出 する時には帽子もかぶらなかったし、私服を着てい た」と話した。

続いて「一般人なら問題にならなかったかもしれな い。しかしRAINがトップスターであるため、マスコミ が原理原則を問いつめ、取り返しがつかないほど問題 が大きくなった。当惑したし、申し訳なかった。二人 の交際に焦点が合わせられるべきなのに、他の問題が 浮上してしまった。予想できない部分だった」と付け 加えた。

そしてDisPatchは熱愛報道に対する原則も明かした。

ソ・ボヒョン記者は「『スターのすべての私生活を公 開すること』ではない。私生活を報道するのは熱愛の みだ。熱愛を報道した後は、そのカップルには絶対に 近づかない」とし、「パパラッチ行為は取材のために するもので、他の目的や意図はない」と伝えた。

イム・グノチーム長は「これまでの芸能ニュースはイ ニシャルで報道する場合が多かった。我々はなぜ写真 を撮るのかと聞かれると『推測性記事、イニシャル報 道をしたくないから撮る』と答える。確認できない陰 謀論も取り扱わない」と付け加えた。
downloadfile-334.jpeg
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2013   0 comments   0 trackback
Category :世事

勢いに乗って


※YGエンターテインメントが様々な形で寄付に参加して いる。

ワールドスターに浮上したPSY(サイ)は、24日、小児 がん患者のため5億ウォン(約4,450万円)を寄付した。 PSYがYG所属歌手の寄付リレーに参加したのだ。

これは、これまで海外での活動を応援してくれた韓国 のファンに感謝の気持ちを伝えるためのもので、25 日、アメリカへの出国を1日前に控えて決定された。

さらに、YGエンターテインメントはヤン・ヒョンソク 代表と共に所属アーティストらが様々な形で寄付を 行っている。ヤン・ヒョンソク代表は3月、YGの筆頭 株主として10億ウォン(約8,900万円)という巨額を貧 しい子供患者のため寄付し、手本を見せた。

YGはまた「WITHキャンペーン(社会貢献拡大のための 募金キャンペーン)」などを通じて着実に慈善活動を 続けている。

2NE1と軍隊に入隊したSE7EN、“寄付王”でJINUSEAN 出身の歌手SEANは、3月に延世(ヨンセ)大学の大講堂 で開かれた「セブランス愛の分かち合いコンサート」 で情熱的なコンサートで才能寄付(自分の持つ才能を 活かしてボランティア活動を行うこと)をし、「歌手 SEANの分かち合い話」というタイトルで特別講義も 行い、より意味深い時間を作った。

また、2NE1は昨年「WITHキャンペーン」の一環で、 セブランス病院の子供病室の患者に会い、励ますとと もに激励金を伝えた。SEANは忙しい日程の中でも子 供を訪れるCLの写真を自身のTwitterに掲載した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2013   0 comments   0 trackback
Category :世事

第二のヨン様か?

※2011年7月12日日本朝日新聞は“‘第2のヨ ン様はチャン・グンソク’”と報道した。日 本でチャン・グンソクの人気は知らされたよ りはるかに高い。かえって過小評価されたと いう指摘も出る。チャン・グンソク自ら“韓 国と日本の人気温度差のために紛らわしい” と話すほどだ。

チャン・グンソクはどのように‘およそ最高 ’(チャン・グンソクの日本愛称) ‘アジア プリンス’に位置することができたのだろう か。

結論から言ってみれば‘厚かましいながらも 礼儀正しい青年’‘新世代らしくどこへ跳 ねるかも知れない自信’‘女性的な容貌と スタイル、ここに男らしい声’等が挙げられ る。これを日本人たちは‘トエス’(どS・ 激しいサディスト)で表現する。 形式と格式 に束縛されることなく自由奔放に自身を表わ すことができるという意だ。

チャン・グンソクのこのような魅力が光を放 ち始めたことはドラマ‘ハンサムですね’が 2011年日本フジTVで放映されてからだ。 ド ラマは同時間帯1位を記録したし、DVD貸与 と販売などで‘冬のソナタ’を抜いた。こ れを始まりにドラマ‘結ぶだろうは外泊中’ と‘愛費’もそれぞれTBSとフジTVが先を争 って放送したし、最高視聴率を更新して話題 をばらまいた。

彼のファッション感覚も格別だ。ファンミ ーティングとコンサートを通じて色々な国の ファンたちに会っている彼は国別オーダーメ ード‘ファン(パン)サービス’が確実だ。 彼は“舞台に昇る時ファッションも神経を多 く使うほうだ。中国ファンたちは‘豪放な スタイル’を好んで顔がみなあらわれるよう に髪の毛を渡す。また、服も中国人が好む レッド、ゴールドカラーを主に着る”と説 明した。日本ではアイラインを濃厚にそし て、中性的な感じを好む。髪の毛を育てて ウェーブポムを下で、脚線美(?)を強調した スキニー陣も好んで着る。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2013   0 comments   0 trackback
Category :世事

化粧品モデルにも歴史


※化粧品のモデルを務められるスターとは誰だろう か。

芸能人としてデビューし、その人気の尺度となるの がCMだ。その中でも最もホットな人物は化粧品の CMモデルに選ばれる。

広告業界は従来は美男美女のスターだけを起用して いたが、時代が変わるにつれ、次第に個性のある外 見と魅力で時代のロールモデルあるいはアイコンと なった芸能人にもチャンスを与えている。

最近ドラマ「その冬、風が吹く」で人々の心を掴ん だチョ・インソンとソン・ヘギョ。二人はそれぞれ 化粧品ブランドのモデルとして活躍中だ。

さらに特別なカップルはチャン・ドンゴン&コ・ソ ヨン夫婦だ。二人は一つの化粧品ブランドの男性向 け製品と女性向け製品のモデルに夫婦揃って選ば れ、注目を浴びている。

ウォンビンとコン・ヒョジンは海外ブランド化粧品 の韓国内広告でそれぞれ男性向け製品と女性向け製 品のモデルに選ばれた。2012年の最高の男性スター に浮上したソン・ジュンギと女性スターのシン・ミ ナも様々な製品のCMモデルに選ばれ、化粧品のモデ ルとしても活躍している。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2013   0 comments   0 trackback
Category :世事
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR