FC2ブログ

キム・ソナ "ジェニー枚、「上品女」バクボクジャと異なり。生まれた時から勝負師気質" [画報]



俳優キム・ソナが豪華メンバーシップマガジンよりネイバーとファッション画報を進行した。

10月号よりネイバーはドラマ「シークレットブティック」でジェニー章キャラクターを演じているキム・ソナに会った。短い髪のカットと無駄のない強烈なメイクでキャラクター変身に成功したキム・ソナは今回のグラビアを通じて高級な姿と洗練されたスタイルを残した。何よりも後補正が必要ないほど完璧なシルエットを披露し、撮影現場にいた人々を驚かせた。

201910071244148f9.jpeg


「ジェニー章ルックスであらわれるように冷静で触れることは容易ではない人物です。髪は非常に緊急で計算が速い女性だ。セリフのトーンも一般的ではありません。相手にする人によって口調と口調を変えましょう」と新しいキャラクターを説明した。セリフも多く言い方も多様に変わるキャラクターの特性のせいで台本を枕元に置いて眠る習慣ができた。「ジェニー章生まれた時から勝負師気質を持っていた。その部分で「上品な彼女」のバクボクジャと大きく違います。」

キム・ソナは、今年の俳優デビュー23年目を迎えた。20年以上してきても毎作品ごとに異なるキャラクターを演技しなければ俳優の仕事がいつも難しいた。最近になって感情線が容易ではないキャラクターに会ったことについて、「明るくコミカルな演技もしてたいでしょう。サムスンのようなキャラクターもまたしたい。ところがないしようとしないことがありません。初めての化粧品の広告を介して都会的なイメージでコミカルなキャラクターに行くまでに4〜5年がかかりました。そうしてサムスンに会った。サムスンの學校者来るまでまた時間がかかった。ただ自然に流して受け入れるしかない」と毅然と姿を表わした。/kangsj@osen.co.kr
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

イ・ミンホ、「でフィッシュエルオムYKエディション」表紙飾る。一層成熟深くなった魅力



フレンチ感性の男性誌「でフィッシュエルオムYKエディション>が2019年秋冬号のイ・ミンホ表紙を公開した。<でフィッシュエルオムYK版> 2019年秋冬号イ・ミンホの表紙は、スタイリストチョン・ユンギと共同して、これまでベールに包まれていたイ・ミンホ、日常の面々を強烈で、挑発的に入れて出すこと暗いながら神秘を兼ね備えている彼の姿を持っているそのまま表現している。

公開された表紙グラビアの中でイ・ミンホは、秋の雰囲気と合って目つきと表情で成熟し、男性的な魅力を遺憾なく発揮する既存の美男のイメージは浮かばないほどだ。

20191001083549db4.jpeg

人間としてのイ・ミンホに関する質問に、彼は、現在集中している趣味をはじめ仕事と愛、その延長線上に置かれた幸せの価値観まで細かく率直な答えで臨む。特に成熟に関する部分が目を引くのには「本当の自分の姿に近い住んでいる人が成熟するように感じられる」とし「本当の私のダウンが何なのか苦心して私の考えと傾斜、姿を悩んで把握し、現状のまま受け入れまた、うまく表現」するために努力しているとのこと。自らを「率直な人」と表現したほど、普段彼が考えるヴァナ生活する姿が変化しない話でいっぱいだ。
20191001083549630.jpeg

一方、俳優イ・ミンホは次期作でキム・ウンスク作家の「ザ・キング:永遠の君主」に出演を確定して、劇中男主人公であること、逆に、来年上半期ドラマ復帰を控えている。

いつのまにかデビュー13年目に入るの俳優だが、復帰を準備するためにあり、作品に必要な乗馬や調整などの授業はもちろん、発音と発声の勉強などの基本技から固めている姿も印象的だ。俳優として守るべきことを私の分け前を尽くして引き受けた配役を台本以上に表現して緊張感とゆるみの間で中心をとると言ったイ・ミンホダウン歩みとだろうか。「多様なジャンルの様々なキャラクターを思い出したとき、その時点でイ・ミンホと俳優があればいい」という彼の風はまた、真正性に感じられ、今後の姿をより一層期待させる。

イ・ミンホのより多くの写真集とインタビューは10月10日に発行される「にフィッシュエルオムYK版> 2019年秋冬号で会うことができる。

<でフィッシュエルオムYK版> 2019年秋冬号は本日9月30日からオンライン書店を通じて予約販売される。
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

イ・ビョンホン&チョン・ドヨン、マリー・クレールBIFF特別版カバー装飾...韓国映画100年記念


201909200523448cb.png

俳優イ・ビョンホンとチョン・ドヨンが、釜山国際映画祭公式マガジン<マリ・クレール釜山国際映画祭特別版>カバーを飾った。韓国映画100年を記念して、名実共に韓国映画を代表する二人の俳優がカバーの主人公になったもの。

、最近の映画「飛翔宣言>のキャスティングを確定して二本の映画「南山の部長たち>と<白頭山>封切りを待っているイ・ビョンホンは自分が引き受けた人物に対して、常に客観的になろうと努力して物語の本を読むようにこの文字を把握するとした作品に接する彼だけ真摯な姿勢を述べた。また、演技する時の喜びの瞬間と痛みの瞬間が集まって、自分をやる気にさせる原動力にされるとし変わらない演技に対する情熱を表わした。

一方、今年上半期に封切りした映画<誕生日>に続いて<わらもつかみたい獣>封切りを控えて俳優チョン・ドヨンは、俳優という職業について、時間が経つにつれて、愛情がますます大きくなると答えた。まだ監督と作品の影響を受けて、以前とは異なる姿を見つけたいというチョン・ドヨンは、今までしてきたことに対する評価より前にやり遂げなければすることを考えて、より多くのと言って、自分を応援しながら、良い作品を絶えずしたいと抱負を語った。

まだ演技について多く悩む俳優イ・ビョンホンとチョン・ドヨンのグラビアとインタビューの全文は「マリ・クレール釜山国際映画祭特別版>とマリ・クレールのウェブサイトで見ることができる。<マリ・クレール釜山国際映画祭の特集号>第24回釜山国際映画祭の期間に釜山の公式配布先でも会ってみることができる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

スーパージュニアイェソン "整形説むしろ気持ちよく、鬼自己管理" [画報]



グループスーパージュニアのイェソンの画報が公開された。

マガジン・ザ・スターは、最近イェソンと「THE VOICE OF LOVE」をテーマに写真集を進行した。

グラビア撮影後続いたインタビューでイェソンは「今年初め、日本のソロアルバムを発売し、国内では、第三のミニアルバムを発売した。ソロカムバック記事を見て、人々が私になぜこんなに長く休んだのかと言っていた、ずっと活動した」とし「収録曲すべてのタイトル曲候補に挙げた程好みの曲だけから満たした。様々なジャンルのすべてが共感する音楽をしたかった」と近況とアルバムについて語った。

最近水上がったビジュアルで予想外の整形説に包まれたイェソン。これに対して、「私は本当にきつく管理する。アイドル競争時代で生き残るためにこのように、最後まで管理しなければならない。維持する姿を見せてあげたい」とし「とにかく整形説聞けば訳もなく心地良い。記者様がそれだけ私に関心が多いようだ」と笑ってた。

続いて、長い時間スーパージュニアチームの活動を維持する秘訣については、「多くの人が、私たちが一緒にいる姿を見て慌てている。「多分あの犯すながらない戦わ?」ドラゴンにそれがすべてのいたずらである」とし「私たちは、練習生時代から今まで切実たすべての時間を一緒に乗り越えただけでも、まだ粘着性に持ちこたえることができる。私の1度はスーパージュニア!」と素直な気持ちを話した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

エグジット」チョジョンソクXイムユンア、出口のない魅力の「コミックデュオ」[画報]



出口のない魅力のコミックデュオチョジョンソクとイムユンアがマガジン「ハイカット」の表紙を飾った。

チョジョンソクとイムユンアは4日発行したスタースタイルマガジン「ハイカット」で真剣によってより楽しい写真集を公開した。電動スクーターに悲壮な表情で乗ったり、出口に向かって走るポーズ、チョジョンソクのいたずらに出てきたイムユンアの笑顔が見る者を笑わせるする。強烈なレッド、ネオンカラーと作業服を連想させる小物をトレンディに消化した二人の俳優のファッションも目立った。今回のグラビア撮影にはイムユンアの伴侶犬だって誤解力を加えた。下の一シーンに登場しただけだが、真っ白な毛とカメラを見つめる目つきで視線を奪われた。
201907040929546be.jpeg

撮影後続いたインタビューでチョジョンソクは「エグジット」の中青年失業者ヨンナムを延期になったことについて、「チョジョンソクが災難映画を撮るなら、こんな感じではないかと思った。よくこなすことができているようだった。この人物が観客にどれだけ近づくことができるか、共感することができるかを重点的に悩んだ。遠慮なく英雄的なキャラクターはありませんが、小さな力で多くの人を救うしようとする小英雄的な姿が届いた」と伝えた。

20190704092954556.jpeg

イムユンアとの演技呼吸については、「イムユンアと演技するというニュースにコン・ヒョジンさんが「真の女優福が多い」と話したが、なぜそうしたのか知っているようだった。映画見ればわかることだ。煙的な部分だけでなく、人間的な面でも本当に大丈夫な人だった」とし「一緒に出演した俳優の両方そうだった。事実撮影現場は俳優やスタッフの両方に難しいです、「エグジット」の現場では、誰一人大変なティーを出さなかった。だからユナとの呼吸もより相性のように良かったんじゃないかと思う」と伝えた。

イムユンアはスクリーン初主演作で「エグジット」を選択した理由について、「の注意というキャラクターが本当に心強いし責任感が強く、素晴らしい友人だ。そのような部分が自然に現われゲクム演技しようとした」とし「災害映画として真剣で重いのみが思っていたそうではなかった。緊張感の間にユーモアコードがさっさと隠れている。一生懸命走って撮ったが、これまでみなかった新しい姿をお見せすることができるようだ "と伝えた。

201907040929545a3.jpeg

一緒に呼吸を合わせたチョジョンソクには、「現場で兄の助けを本当にたくさん受けた。演技で感情を表現するためにあり、とてもアイデアが多くて。そのような部分で話し合いながら相乗効果を出すことができた」とし「撮影現場の外でも、本当に良い人であり、パートナーであった。ように撮影しても、みんな本当にうらやましいしたが、なぜそのように定石兄賞賛をしていること知っているように見えた」と愛情を表わした。/kangsj@osen.co.kr
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR