FC2ブログ

防弾少年団ヴィ、「ヴォーグジャパン」団体写真撮影.. 'フォトグラファーのミューズ」



防弾少年団ヴィ、「ヴォーグジャパン」団体写真撮影.. 'フォトグラファーのミューズ」


グループ防弾少年団(BTS)のヴィが団体写真撮影で自分だけが魅力を発散した。

24日、日本の有名ファッションマガジンヴォーグジャパン(VOGUEJAPAN)が公式サイト、SNSなどに防弾少年団との画報(8月号)撮影現場のティーザー映像を掲載した。

ヴィは約17秒ほどの短い映像の中で、優れたビジュアルと洗練されたポーズで視線を集めた。

ヴィはグラビアを撮るたびに独歩的なオーラで周囲の空気さえ自分だけの雰囲気にしてしまう。多くのフォトグラファーがヴィをインスピレーションの源であるミューズと称している。

また、ヴィは30カ国以上に350人以上のフォトグラファー、デザイナー、メイクアップアーティスト、スタイリスト、編集者で構成され専門家集団が選定最高のファッションの顔(fashion face)に堂々と1位を占めて"写真集で、強力なストーリーテリングの技術を示す。疑いの余地のないファッションアイコン。様々なコンセプトの写真集を消化することができる」と絶賛を受けた。


防弾少年団ヴィ、「ヴォーグジャパン」団体写真撮影.. 'フォトグラファーのミューズ」

2020062512495734c.jpeg

ヴィは白スーツを着て自然なヘアスタイルで撮影に臨んだ。カメラを意識せずに、まるで一体であるかのように自然に一瞬ポーズと表情を変え枚カットごとに新しい姿を演出した。

日本のフォトグラファーに妖艶な美しさと無防備な少年性を兼ね備えた評価を受けるヴィはユニークな美しさと個性的まるでブラックホールのように周辺を吸って空気さえヴィの表情に基づいて柔らかくなったり、セクシーになったり明るくなる。

202006251249577a9.jpeg

防弾少年団ヴィ、「ヴォーグジャパン」団体写真撮影.. 'フォトグラファーのミューズ」


防弾少年団のアルバムが出るたびに公開されているコンセプトフォトでヴィのこれらの魅力を確認することができる。コンセプトフォトが公開されるたびにレジェンドと評しを受けるヴィは断然優れモデルであることに間違いない。ハンサムな容貌、上手なポーズと表情はフォトグラファーがヴィと作業するときは、最も短い時間で満足な結果を得ると言っている要因である。

一方、ヴォーグジャパン8月号は発行を知らせるとすぐ、日韓両国のインターネット書店で予約販売注文が、品切れになっ購入できなかったファンが惜しんでいる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2020   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

少女時代ユナ、ビッグイシューカバー登場... 「分けるより多くの愛来る "



20200515125400a34.jpeg


少女時代のユナがマガジンビッグイシューのカバーを飾った。

ユナは自分の誕生日を迎えホームレスの自立を支援するライフスタイルマガジンビッグイシュー227号に才能寄付で参加して、カバーモデルに良い影響を広げて温かさを醸し出している。

特にロングドレープドレスやショートパンツスーツなどの衣装を完全に消化したのはもちろん、暖かい照明の下、ユナだけの独歩的な雰囲気を明らかに目を引く。

インタビューでユナは「誕生日である5月30日頃には毎年ファンと誕生日パーティーをしてきたが、今年は多くの状況上のファンと一緒にしないようになった。することができることが何かどうか悩んで意味のあることをしてみるとどうだろうかという気持ちで「ビッグイシュー」を考えるようになった」と「ビッグイシュー」のカバーモデルに出ることになったきっかけを説明した。

続いて奉仕活動、寄付などで社会貢献活動に着実に参加してきたユナは、「私は何をすることができるかどうか、心を盛ることができる方法は何があるか心配している方だ。割ると、より多くの愛が来るようだ。ファンの方にも私のファンという名前で良い仕事をしてくださるゴンが、ファンには本当にありがたい。ファンとお互いきれいな心で生きようが、エネルギーを交わすようだ」と伝えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2020   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

シエンブルーイ・ジョンシンXカン・ミンヒョク除隊後初の近況「親友ケミ」



20200420135107e04.jpeg
202004201351077a0.jpeg

バンドシエンブルーのイ・ジョンシンとカン・ミンヒョクが軍除隊後初のグラビアを公開した。

イ・ジョンシンとカン・ミンヒョクは最近ファッションマガジングラ歯5月号と写真撮影とインタビューを進行した。

公開された写真集で、二人は変わらずきれいで爽やかなビジュアルでグラビア職人の姿をポムネヌンガと、ブルーとブラウンスーツ着丈に長い親しいケミを見せてくれて、お互いの濃い愛情を表わした。

撮影と一緒に行われたインタビューで、二人は軍隊で過ごした時間と一緒にシエンブルーと個人的な活動のための計画は、最近彼らの悩みや率直な考えを打ち明けた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2020   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

インフィニットソンギュ "のメンバーたちとたくさん戦って傷たりも、すべてが懐かしい" [画報]



インフィニットソンギュが「ザ・スター」誌創刊7周年カバーを飾った。

「ザ・スター」マガジン4月号を通じて公開された今回の画報でソンギュは「NEW THING」をテーマに、以前に見たことのない新しい姿とスタイリッシュなイメージを演出した。特に今回の写真は、カバー2種で公開された。撮影現場でソンギュは軍除隊後初のグラビアにもかかわらず、プロモデルらしい姿を見せてスタッフを驚かせた。

グラビア撮影後続いたインタビューでソンギュは「「ザ・スター」に最多出演したアイドルがインフィニットなのにこんなに創刊7周年記念号のカバーモデルをすることができて光栄です」と、「グローバル後の最初の写真集の撮影で久しぶりだ最初はぎこちないした楽しい雰囲気の中でよく終えた」と撮影所感を伝えた。

20200409125054e03.jpeg
20200409125054067.jpeg

この前の3日間開催された初の単独コンサートで1万2千席を完売させたソンギュ。これに対して、「初日とても震えてどのようにしたのか思い出せない。幸いなことに二日目からは、緊張が緩んで、ファンの顔が見た"と"まだその会場を満たしたことが信じいない。すべてインフィニットのおかげだ」と、過去の公演について語った。

続いて「芸能の天才」という修飾語には、「全くない。自分が一度も芸能をよくすると考えたり、自信を感じたことがない。すべての周りの人のおかげである」とし「思ったより芸能はたくさんのストレスを受けるが、それでも私たちのファンのために続けてみてください。インフィニット歌が好きファンになった人たちもいるが芸能に出てきた自分の姿が好きくれる方がある。のファンたちが好むくれる様子に応えいきたい」と素直に語った。

続いて、特に私のパーフェクトマッチを尋ねると、「以前より感受性が豊かになったようだ。元理想がなかった頃できた」とし「明るく愛嬌多くのかわいい人。マサチューセッツに肯定的なエネルギーがある人がいい」と述べた。

また、一人の活動でメンバーたちの空席が感じられる瞬間を問う質問には「控室で話をする人がいない。一緒にいるの時を悩ましディず、戦うにもたくさん戦うためにものすごくうるさい"ながら"たちがあまりに率直ので意図と異なるお互い傷のくれたり多分メンバーはわたしに空しいた赤道ギニアたようです。今では、そのすべてが懐かしい」と切ない気持ちを表わした。

いつのまにか30代を迎えたソンギュ。過去20代について「幼い時」過ぎこと後悔していない」という気持ちでしたが最近その瞬間を楽しまない物足りなさがかかる」とし「あの時絶対間違いないでくださいという強迫観念とリーダーとしての責任感に楽しめるんでした。今後もも余裕を与えたい」と語った。

インフィニットソンギュの2種類のカバー写真集とインタビュー、写真集映像はすべて、よりスター公式スマートストアで販売している「ザ・スター」4月号とザ・スターモバイル、ザ・スター、SNS公式YouTube、よりストハTVなど多様なチャンネルで会ってみることができる。

創刊7周年を迎えた「ザ・スター」4月号には、イウンサンの生涯最初単独カバー写真集とソンドンピョの生涯最初単独カバー写真集、俳優キム・ミンジェのグレープフルーツ味が感じられるフレッシュ香水グラビア、チン・セヨンのラブリーなファッション画報など、様々なスターとスタイルに関する情報を表示することができる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2020   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

チャニョル「エキソ9年目、目見なくお互いの考え分かるほど "[画報]



エキソチャン列まぶしい姿が「ハイカット」の二種類のバージョンの表紙に入れられた。

エキソチャニョルが4月2日に発行するスタースタイルマガジン「ハイカット」で清涼なエネルギーを発散した。チャニョルは1月グラビア撮影のため初めてバリを訪問した。スミニャックビーチの青い海と空、自然を背景に自由な旅行コンセプトの写真集を完成した。バリの暖かい日差しの中チャン列の姿は、さらにまぶしい喋る、壊れた波のようにキラキラ輝いていた。真昼の熱い太陽を避けるために移動した「ホテルインディゴバリスミニャックリゾート」室内では屋外とは別の姿に変身した。木のインテリアと落ち着いたムードに合わせて冷たくも神秘的な雰囲気をかもし出した。一方、今回のチャン列のグラビアが掲載されたハイカット261号には、チャン列フィルムカメラでたて選んだ23枚の「生写真」の写真が単独で掲載された。

いつのまにか9年目のグループになったエキソ。チャニョルに隔世の感が感じられるかと尋ねると、「今はメンバーらと目を見ても、いや目を見なくても、お互いの考えを知ってほどになった母。事実デビュー秒の練習生時そう古くように感じられるない。それほど仕事を続けてきたし、続けてたから。今年も休むことなく、何かを続けているみると、これからの時間も以前のように流れていくようだ」と伝えた。続いて「個人的にも、エキソでも、私は追求するのは、より「素敵な」という表現に合ったグループは、より素敵な人々である。時間が経っても、常に、いつもかっこよくたい」と伝えた。

セフンとのユニット活動や「鬼」「ロマンチックドクターキムサブ2」のOSTなどソロ活動で自分だけの音楽世界を徐々にさらしているチャニョル。エキソの音楽と冷たい列音楽はどのような違いがあるかと尋ねると、「エキソの音楽が互いに合計を合わせて、舞台の上で一緒にパフォーマンスをしたときに最も輝くと、私の意見が多く入った音楽には、いくつかの経験や考えのように、瞬間感じた感情を込めて出したい」と伝えた。

今後のチャニョルはどのような姿を倒す眺めのかという質問には、「他の偉大なアーティストたちを見て、最も憧れる部分は「一貫性」である。時間が経っても本来の音楽的性向やその世界が変わらないこと。私も発展を続けて発展して、どの領域にも異なり、それを失うことなく守りたい。それは私が行きたい道なのだ」とし「まだ発展するのがあまりにも多く残っている。一歩やっと踏み入れと考えるほどにしたいことも多く、貪欲通りなら目標はその上にある。したいことを世の中に示す機会が多かったら、この心も失わしまいほしい」と伝えた。

チャニョル香水と一緒に満ちた熱意グラビアとインタビューは、4月2日に発行するマガジン「ハイカット」261号で会うことができる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2020   0 comments   0 trackback
Category :雑誌
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR