FC2ブログ

スーパージュニアイェソン "整形説むしろ気持ちよく、鬼自己管理" [画報]



グループスーパージュニアのイェソンの画報が公開された。

マガジン・ザ・スターは、最近イェソンと「THE VOICE OF LOVE」をテーマに写真集を進行した。

グラビア撮影後続いたインタビューでイェソンは「今年初め、日本のソロアルバムを発売し、国内では、第三のミニアルバムを発売した。ソロカムバック記事を見て、人々が私になぜこんなに長く休んだのかと言っていた、ずっと活動した」とし「収録曲すべてのタイトル曲候補に挙げた程好みの曲だけから満たした。様々なジャンルのすべてが共感する音楽をしたかった」と近況とアルバムについて語った。

最近水上がったビジュアルで予想外の整形説に包まれたイェソン。これに対して、「私は本当にきつく管理する。アイドル競争時代で生き残るためにこのように、最後まで管理しなければならない。維持する姿を見せてあげたい」とし「とにかく整形説聞けば訳もなく心地良い。記者様がそれだけ私に関心が多いようだ」と笑ってた。

続いて、長い時間スーパージュニアチームの活動を維持する秘訣については、「多くの人が、私たちが一緒にいる姿を見て慌てている。「多分あの犯すながらない戦わ?」ドラゴンにそれがすべてのいたずらである」とし「私たちは、練習生時代から今まで切実たすべての時間を一緒に乗り越えただけでも、まだ粘着性に持ちこたえることができる。私の1度はスーパージュニア!」と素直な気持ちを話した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

エグジット」チョジョンソクXイムユンア、出口のない魅力の「コミックデュオ」[画報]



出口のない魅力のコミックデュオチョジョンソクとイムユンアがマガジン「ハイカット」の表紙を飾った。

チョジョンソクとイムユンアは4日発行したスタースタイルマガジン「ハイカット」で真剣によってより楽しい写真集を公開した。電動スクーターに悲壮な表情で乗ったり、出口に向かって走るポーズ、チョジョンソクのいたずらに出てきたイムユンアの笑顔が見る者を笑わせるする。強烈なレッド、ネオンカラーと作業服を連想させる小物をトレンディに消化した二人の俳優のファッションも目立った。今回のグラビア撮影にはイムユンアの伴侶犬だって誤解力を加えた。下の一シーンに登場しただけだが、真っ白な毛とカメラを見つめる目つきで視線を奪われた。
201907040929546be.jpeg

撮影後続いたインタビューでチョジョンソクは「エグジット」の中青年失業者ヨンナムを延期になったことについて、「チョジョンソクが災難映画を撮るなら、こんな感じではないかと思った。よくこなすことができているようだった。この人物が観客にどれだけ近づくことができるか、共感することができるかを重点的に悩んだ。遠慮なく英雄的なキャラクターはありませんが、小さな力で多くの人を救うしようとする小英雄的な姿が届いた」と伝えた。

20190704092954556.jpeg

イムユンアとの演技呼吸については、「イムユンアと演技するというニュースにコン・ヒョジンさんが「真の女優福が多い」と話したが、なぜそうしたのか知っているようだった。映画見ればわかることだ。煙的な部分だけでなく、人間的な面でも本当に大丈夫な人だった」とし「一緒に出演した俳優の両方そうだった。事実撮影現場は俳優やスタッフの両方に難しいです、「エグジット」の現場では、誰一人大変なティーを出さなかった。だからユナとの呼吸もより相性のように良かったんじゃないかと思う」と伝えた。

イムユンアはスクリーン初主演作で「エグジット」を選択した理由について、「の注意というキャラクターが本当に心強いし責任感が強く、素晴らしい友人だ。そのような部分が自然に現われゲクム演技しようとした」とし「災害映画として真剣で重いのみが思っていたそうではなかった。緊張感の間にユーモアコードがさっさと隠れている。一生懸命走って撮ったが、これまでみなかった新しい姿をお見せすることができるようだ "と伝えた。

201907040929545a3.jpeg

一緒に呼吸を合わせたチョジョンソクには、「現場で兄の助けを本当にたくさん受けた。演技で感情を表現するためにあり、とてもアイデアが多くて。そのような部分で話し合いながら相乗効果を出すことができた」とし「撮影現場の外でも、本当に良い人であり、パートナーであった。ように撮影しても、みんな本当にうらやましいしたが、なぜそのように定石兄賞賛をしていること知っているように見えた」と愛情を表わした。/kangsj@osen.co.kr
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

イトゥク、涼しいサムイ島のグラビア "リゾートルック完全消化"


20190621234440857.jpeg
20190621234440eba.jpeg
20190621234440ee1.jpeg

イトゥクが夏の香り漂う写真集を公開した。

イトゥクは最近、タイの代表的なリゾート地サムイ島ルネッサンス(Renaissance Koh samui)で写真撮影を進行した。

今回の写真集でイトゥクは、快適な椅子に期待ゆったり休憩を楽しむと、エメラルド色の海を背景に、図のような雰囲気を演出するなど、穏かセクシーとチョンリャンハムを行き来する八色鳥の魅力を披露した。

特にイトゥクはトレンディなファッションアイテムであるティントサングラスはもちろん、フラワーパターンの印刷シャツと赤パンツまで果敢なリゾートルック」を完全消化して現場スタッフらの弾性を引き出したという裏話だ。

一方、イトゥクは最近、スーパージュニアのアルバム発表、コンサートなど、活発な音楽活動をはじめ、タイ放送局「ワークポイントTV」で放映されているビューティプログラム「BEAUTY NO.9」(ビューティーナンバーナイン)MCにタイ現地でも存在を知らせ撮っジョンヘン武進活躍を続けている。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

シン・セギョン "チャウンへの作業のおかげで、良い相乗効果が生じる」[画報]


20190619123258446.jpeg
2019061912325829a.jpeg

俳優シン・セギョンとグループアトムのメンバーチャウンウー完璧なビジュアルケミを披露した。

19日のファッションマガジン「シングルス」は来る7月放映予定のMBCドラマ「新入士官求め領」に出演するシン・セギョンとチャウン友誼同伴写真集を公開した。

「新入士官求め領」で初めて呼吸を合わせた二人の俳優今回のグラビア撮影でもぎこちなさせずに、それぞれの魅力を発揮して伴う画報を完成させたという裏話だ。特にシン・セギョンは、特に積極的で明るいチャウンへの作業のおかげで、良い相乗効果が生じると、新しいドラマの現場の雰囲気と期待感を同時に伝えた。

シン・セギョンは今回の作品で子供時代を清から送信留学夫人海嶺役を演じ極をリードする予定だ。シン・セギョンは作品について、「台本自体がとてもさわやかですっきりした。キャラクターだけでなく、全体的なバランスやストーリー自体も流麗で面白かった。キャラクターそれぞれの魅力が光る作品だと、彼らは集まった時醸し出すアンサンブルまた期待される作品だ」と愛情を表わした。

また、生涯初の史劇に挑戦したチャウン泣く今回の作品のために2kgを減量するほどの役割のために情熱を表わした。チャウン泣く"断絶生活をイリムは、すべての面で苦手だ。救い領に会い、複数の事件を経験しながら成長していく姿を一番よく見せたい」と作品に対する抱負を明らかにした。

続いてチャウン泣く"多様な経験を積んで、多くの人に信仰を与えたい。20代前半の年齢に歌手や俳優の領域を行き来しながら休むことなく暮らしているが日によって経験し、成長し、整えている過程で、大きなやりがいを感じている」高付け加え整った姿を見せた。

一方、シン・セギョンとチャウン友情画報とのインタビューは、「シングルス」7月号で会ってみることができる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

イム・シワン "軍隊で確信。私には俳優が適性" [画報]



イム・シワンのビジュアルと雰囲気が引き立つファッション画報が公開された。

ザ・スターマガジン6月号を通じて公開された今回のカバー写真集でイム・シワンは「ONE FINE DAY」をテーマに、日本熊本での自由な旅を楽しんだ。公開された写真集の中のイム・シワンは、快適な半袖Tシャツにスリングバックを持ち上げるダンディーなシャツなどで、今年の夏「彼氏ルック」を完璧に消化した様子。特に今回の写真は、軍除隊後初めて出た海外のグラビア撮影でイム・シワンは撮影中、積極的な姿勢で雰囲気を導いた。

グラビア撮影後続いたインタビューでイム・シワンは「除隊後すぐに仕事をしたかったが、撮影前にちょっと時間が生じグラビアを撮ってしたかった旅行もしてたかった人も会った」と除隊後、最近の近況について伝えた。

20190530123401a37.jpeg

今年の下半期ドラマ「他人は地獄だ」出演を確定したイム・シワン。作品選択の基準について「ちょっと即興的な方。作品を総合的に判断することもありますが、現在の基準は、台本やシナリオを読んだときに目詰まりせずイルヒヌンガと作品の中で自分の姿が見えかということだ」と述べた。

続いて演技のインスピレーションは、どのように得かという質問には、「主に台本に集中する方足りないのは監督と対話しながら解く」と言って"軍隊にいるときに確信した。演技を通して密度の達成感を感じたいと思うもの。私には俳優が適性であるような気がした」と仕事の演技に対する情熱を表わした。

2019053012340178f.jpeg

続いて、 "今年はされるようにタイトに生活して欲しい。ファンとの出会いも欲しく機会があれば演劇やミュージカルもしたい」とし「最近はしてたいことも多い。煙が「節制の美」であれば、ファンミーティングなどの舞台は、「発散の米」と考えている。相反エネルギーがおもしろくさらにアイドルグループの活動もしてみたので、舞台に立ってみたいと思うことが多い。時間になると多したい」とドラマと映画のほか、別の計画について語った。

最後に、今年必ず成し遂げたい願望を尋ねると、「ない。あえて希望を持っていないにも今働くことができるというのがとても幸せだ」とし「今のがあまりにも多い。私のボウルに比べて、すでに多くのことを持っていると思う」と謙虚に話した。

20190530123401c7a.jpeg

イム・シワンの多様な魅力を盛り込んだカバー写真集と胸の内を盛り込んだ詳細インタビュー、ファッションフィルムはすべて、よりスター6月号(6月1日発売)と、よりスター公式YouTube、公式SNS、新たにリニューアルされた公式ホームページとアプリで会ってみることができる。

一方、ザ・スター6月号では、成功的なデビュー舞台を披露したグループAB6IXの別の2種のカバー写真集と純粋さが引き立つジョンセウンの夏画報、'10代のチョン・ジヒョン」と呼ばれるシンイェウンのインタビューなど、様々なスターとスタイルに関する情報を確認することができる./mk3244@osen.co.kr
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR