「屋根部屋のプリンス」カフェが渋谷に登場

ゆ
JYJ ユチョン主演の超話題作「屋根部屋のプリンス」DVD&ブルーレイの大ヒットと、SET2が5月10日に発売されることを記念して、東京・渋谷の「カフェ マンドゥーカ」とのコラボカフェが期間限定でオープンする。

4月26日(金)~5月9日(木)までの2週間、店内や店頭に大型のパネルが展示されるほか、期間限定のタイアップメニューの提供や、ここでしか手に入らないオリジナルコースターが配布される。(なくなり次第終了)
また、DVD SETや出演者のサイングッズなどの豪華グッズが当たるプレゼントキャンペーンも実施。(お会計の際に、希望者に「応募券」を配布し、はがきで応募)

さらに、オープンから3日間、タイアップメニューを注文した15名(各日)に先着で「屋根部屋のプリンス」第一話のサンプルDVDがプレゼントされる。

【タイアップメニュー】
屋根部屋のふわとろオムライス 980円
朝鮮時代から現代にタイムスリップしてきた主人公イ・ガクが、最初に食べて感動したオムライスをcafé manduka がアレンジ。“ふわとろ”の半熟卵をのせたオムライスに厚切りベーコンとほうれん草を添えた、大満足メニューです!

プリンスのヨーグルトドリンク 650円
イ・ガクの大好物をふんだんに使ったノンアルコールカクテル。ヨーグルトにジンジャエールを加え、イチゴのコンフィチュールで仕上げています。時代をへだてた甘酸っぱいラブストーリーをイメージして作りました。

カフェマンドゥーカ:http://www.opefac.com/manduka/
ゆ2
【「屋根部屋のプリンス」Blu-ray&DVD情報】
・「屋根部屋のプリンス」特集ページ
・「屋根部屋のプリンス」Blu-ray&DVD公式ホームページ

●「屋根部屋のプリンス」SET1 4月5日(金)発売
DVD SET:税込価格¥18,900 / Blu-ray SET:税込価格¥22,050
第1話~第10話 / 5枚組 / 本編643分 特典49分
【初回限定特典】SET1とSET2が収納できるスペシャルBOX付き
【継続特典】アウターケース / ポストカードセット(5枚組) / ブックレット(28P)
★レンタルDVD Vol.1~5 同時リリース!

●「屋根部屋のプリンス」SET2 5月10日(金)発売
DVD SET:税込価格¥18,900 / Blu-ray SET:税込価格¥22,050
第11話~第20話 / 5枚組 / 本編639分 特典82分
【継続特典】アウターケース / ポストカードセット(5枚組) / ブックレット(28P)
★レンタルDVD Vol.6~10 同時リリース!
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2013   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子

「屋根部屋のプリンス」 イケメン臣下3人組が7ヶ月ぶりに勢ぞろい!

y_20130411205745.jpg
「屋根部屋のプリンス」で視聴者を爆笑の渦に巻き込んだ “イケメン臣下3人組”が、インタビューのために勢ぞろいしました。久しぶりに顔を合わせた3人は、とってもうれしそう。和気あいあいとした雰囲気で行われた取材の模様をお届けします!

3人揃っての動画コメントもいただきました!
【プレゼント】「屋根部屋のプリンス」臣下3人組からコメント到着!サイン入りポラを3名様に!


スタジオに最初に到着したのは……?
12月のソウル・江南。
まずは、頭脳明晰なソン・マンボ役を演じたイ・ミノさんがスタジオに到着しました。スタッフに礼儀正しく挨拶をしながら、メイクルームに入って行きます。

続いて、護衛兵士ウ・ヨンスル役のチョン・ソグォンさんが登場。
ミノさんの姿を発見すると、「わぁ~! 元気だった?」と握手をしながら2人で再会を喜び合っていました。

そして3人目の臣下、ト・チサン役のチェ・ウシクさんがそろい、大はしゃぎの3人。
ソグォンさんが「7ヶ月ぶりに会ったんです!」と、嬉しそうに教えてくれました。

コメント収録がスタート
着替えが終わると、さっそくコメントの収録がスタート。並んでソファに座った3人は、カメラのセッティングなどのちょっとした合間にも楽しげにしゃべり続けました。

ミノさんに「男らしくなったな~。彼女できただろ!?」と突っ込むソグォンさん。「おお~っ!」と盛り上げるウシクさん。「ちょっと痩せただけだって!」と否定するミノさん。

ソグォンさんが85年生まれ、ウシクさんは90年、ミノさんが93年生まれと年齢はバラバラですが、なぜか学校の教室のような雰囲気です.

コメントの収録中、ソグォンさんが笑いのツボにハマってしまい、しばらく抜け出せなくなるというハプニングも。

「ソグォン兄さんはすごく笑い上戸なんです!」とウシクさん。「屋根部屋のプリンス」の撮影中も“笑いのウイルス”のせいでNGが出てしまうことが多かったそうです。

「マジメな顔でヨンスルを演じないといけないのに、現代にタイムスリップしてからの状況が面白すぎたんです。僕が笑うからこの2人も笑うし、監督も笑って、スタッフたちも笑ってしまって。そのうち『笑うな!!』と怒られるようになったんですが、それでも笑っていました(笑) マジメにやろうとしても、ユチョンとかこの2人が笑わせようとしてアドリブを入れるんですよ!」(チョン・ソグォン)

和気あいあいと写真撮影
続いて、写真撮影と新聞・雑誌のインタビューが行われました。

チェ・ウシクさんは劇中のト・チサンと同じく、キュートでおしゃべり好き。カナダで暮らしていたため英語がペラペラですが、実は日本語も4年間勉強していたそうです。「ほとんど忘れちゃいました」と言いつつも、「話してみたい」と一生懸命、日本語を思い出そうとしてくれました。

インタビュー中の様子
そして最年少のイ・ミノさんは、とっさの切り返しやダジャレが得意!
カメラマンが「横に一歩、ずれてください」とお願いすると、「万歩(=韓国語でマンボ。『屋根部屋のプリンス』でのミノさんの役名) 移動しましょうか?」と答えるなど、頭の回転が速いところを見せていました。
「ミノは本当に言葉遊びがうまいんです。なんでこういう言葉がポンポン出てくるんだろ……」と不思議がるソグォンさん&ウシクさん。

仲よしの3人
「『屋根部屋のプリンス』の撮影現場は最高でした」と口をそろえて語っていた彼らですが、この日も最後まで和やかな雰囲気でスケジュールが終了しました。

周りにいる人々をみんな笑顔に変えてしまうような、明るく元気なパワーを持った臣下3人組。楽しく笑えて、心が温かくなる素敵なドラマが生まれたのも、彼らのチームワークがあったからこそ、ではないでしょうか。

取材・文:藤田麗子

【「屋根部屋のプリンス」Blu-ray&DVD情報】
・「屋根部屋のプリンス」特集ページ
・「屋根部屋のプリンス」Blu-ray&DVD公式ホームページ

●「屋根部屋のプリンス」SET1 4月5日(金)発売
DVD SET:税込価格¥18,900 / Blu-ray SET:税込価格¥22,050
第1話~第10話 / 5枚組 / 本編643分 特典49分
【初回限定特典】
SET1とSET2が収納できるスペシャルBOX付き
【継続特典】
アウターケース / ポストカードセット(5枚組) / ブックレット(28P)
★レンタルDVD Vol.1~5 同時リリース!

●「屋根部屋のプリンス」SET2 5月10日(金)発売
DVD SET:税込価格¥18,900 / Blu-ray SET:税込価格¥22,050
第11話~第20話 / 5枚組 / 本編639分 特典82分
【継続特典】
アウターケース / ポストカードセット(5枚組) / ブックレット(28P)
★レンタルDVD Vol.6~10 同時リリース!
y2.jpg
y3.jpg
y4.jpg
y5.jpg
y6.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2013   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子

屋根部屋の皇太子 19話

ラスワン!はさすがに見応えありました。悪女セナの心変わり、イガクとパクハの結婚式。そしてそのあとの涙、涙のシーン。

イガクをテムの暴走車から守って大けがを負ったパクハ。肝臓移植をしなければ命が危うい。イガクは自分の命を狙ったことや、テヨン殺害未遂、ハルモニへの過失致死罪など、テムとセナが犯してきた今までの大罪の数々を見逃すことを交換条件に、パクハの実の姉であるセナからの移植を懇願する。

追い詰められて焦り、もはや狂ってしまったテムはそれでもイガクから全財産を奪うことを考え、それも条件に加え、セナと逃亡するつもり。パクハから何もかも奪い、のし上がる野望を遂げるためにテムに従っていたセナだったが、さすがに実の妹の瀕死の状態からは目をそむけることができず、これまでのパクハへの酷い仕打ちを償うためにも、自分の肝臓を提供しようと覚悟。

テムに拉致さながらに連れ去られる途中、イガクに居場所を連絡、イガクは従者たちと密航現場に駆けつけ、セナを病院に送るよう従者に指示。
テムとの一騎打ち、もみあいなぐり合う二人だが、そこに警察が到着し、数々の罪状でついに逮捕されてしまうテム。

セナはようやくパクハに姉らしいまなざしを向け、真摯にパクハの回復を願いながら手術に臨む。そのあと、実母、養母に見送られて警察に自首する覚悟。
両母親は「私たちがついてる。ママたちはあなたの味方」と暖かな言葉をセナにかけて罪を償うために去る娘を見送るのだった。

移植が成功して回復したパクハ。喜びもつかの間、従者たちが次々に姿を消す。
このままではイガクが挑戦時代に帰る日も近いと不安なパクハは、なんと、自分からイガクにプロポーズ。
結婚してほしいと切望。ところがパクハを守って幸せにできるどころか、まもなくパクハの前からいなくなり永遠に会えなくなる自分と結婚などとんでもないとイガクは拒否。

パクハを苦しめないために断るのだが、パクハは確かにイガクと愛し合った証がほしいだけなのだ。
思い出としてしか残らなかったとしても、契りも交わさずにこのまま去られるほうがつらいと訴えるパクハ。
片時も離れないように食事の時も手を離さない二人だから。眠るときもしっかりと抱き合っている二人だから。
いつ消えるともしれないイガクを少しでもとらえておきたいパクハの気持ちが痛いほどわかるイガクは、それがパクハの望みならかなえてやろうと決心。

二人だけの屋根部屋での結婚式を執り行う。永遠の愛を誓い合う二人の身に訪れたのは天の祝福ではなく、突然の別れだった。
透明になり消えていくイガク。現世での愛が終わりを告げようとしているのを惜しむようにパクハの頬をいとおしそうに撫でるイガクの手は、もう見えなくなってしまった。
微笑みながら精一杯の愛をこめてパクハを見つめやがて姿を消したイガク。
かたわらには泣いても叫んでも答えるイガクはいない。たったひとり残されたパクハのまぶしいほど美しいウエディングドレス姿が一層悲しみをよぶ。

そのとき一陣の風がパクハを優しく包むようにそうぉっと吹いて通り抜けていった。イガクが最後の別れを告げるかのように。
どんなに固く抱き合っても崩れさった愛。気が遠くなるような時を超えた愛は成就することを許されなかった。朝鮮時代のパクハの片思いが、遂げることができたのがせめてもの慰めだと思わなければならないのか。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2012   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子

屋根部屋の皇太子 17話

冷凍庫に閉じ込められたパクハの危機を前にテムと取引を交わすイガク。居場所を教えるかわりに、テムとテヨンがNYで合っていた事実を隠ぺいしてそれをネタに脅迫するのを止めること。
愛するパクハを救いだすためには要求をのむしかない。「脅迫ではなく、叩き潰す」と誓うイガクを手下達に襲撃させるテムだが、ヨンスルの反撃でイガクは助けられパクハの元に急ぐ。テム、取引だけじゃなくイガクを痛めつけようとするなんて、どこまでも卑怯な奴。それにしてもかっこよく立ち回れない王子様イガクはちょっぴり情けないかも~。家来に守ってもらわないと駄目なところが、王子様なのよね。

パクハを無事救出するイガク。一晩中付き添って看病、朝食にオムライスまで作ってあげて、優しい~(*^_^*)
テムは悪事の証拠品、形態をイガクから取り戻すものの、テヨンのこともいつ記憶を取り戻して自分が海で捨て去ったかを思い出されるのが不安で警戒中。イガクがテヨンに扮して一人二役してるとは気づいていないみたい。

チャン会長の生き別れた娘は自分だと名乗り出ているセナは会長から思いもよらない衝撃告白を受ける。それはセナ自身が会長の長女であるということ。セナが嘘をついて次女になりすましていたことで悩んだが、それも全て自分が子供を捨てた悪い母親だからと自分を責め、セナを娘として認め、香港に連れて帰るつもり。
混乱して戸惑うけれど、結果的には大金持の娘だったということで喜ぶセナとテム。

では、会長の本当の次女パクハと実の姉妹ということになる。それだけは絶対に受け入れられない自分勝手で傲慢なセナ。会長の長女として香港に渡るまえに証拠隠滅をはからなければならない。
実家にあるパクハの父、会長の元夫の写真を隠してまわり、別れを惜しむ母の悲しみすらそっちのけ。自分の利益のためなら母の感情などどうてもいい。ただ、パクハのことがばれないかそれだけが心配。

今度はテムに頼まれテヨンのパソコンを盗み出そうとテヨン部屋に忍び込む。と、それを見とがめたハルモニともみ合ううちに、階段から落ちたハルモニは頭に怪我をして意識不明になる。生死も確かめないまま、ハルモニを見捨てて逃げるセナ。とことん、悪女。

いよいよ会長とセナが香港におもむくその日、パクハはイガクの言葉を反芻。「前世ではセナとパクハは実の姉妹だった。だからパクハも会長の娘なんじゃないか」。思い切って家族写真を会長に見せるパクハ。
するとパクハが探していた実母が自分だったのだと瞬時に悟る会長は、「あなたがインジュだったのね」と泣きながらパクハを抱きしめる。その現場を見たセナは、自分の嘘がまたばれたことで動揺。香港行きを止める。

そのときちょうどハルモニのお葬式。会場からテムはセナに電話で指示。とりあえず自室に閉じこもるセナ。
倒れたハルモニを発見したときに、落ちていた鍵を見つけていたイガク。それはセナの部屋の鍵。
セナの部屋に入り込む。そこへ現れるテム。イガクはテムと争う。


セナが腹黒いのはよく分かっていたけど、まさか過ちとはいえ、人を見殺しにしてしまうなんて。犯罪者になり下がったセナ。会長に娘として愛される資格さえ失ったわ。どう償っても許されない罪を犯したことになるもの。


Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2012   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子

屋根部屋の皇太子 13話

あと残すところ、7話にきて、ようやく自分の気持に気づいたイガク。そして、お妃の生まれ変わり腹黒いセナの本性にも気付き始めたわ。

今まで浮かばれなかったパクハの想い。パクハの姿が見えなくて不安でやっとパクハが好きなのだとわかったイガクは、パクハを叱りながら、愛の告白。いつも自分勝手ねとつぶやき背を見せるパクハを振り向かせキス。
きっと天にものぼる心で嬉しかったに違いない。だから「このまま朝鮮に帰らないわけにはいかない?」とおずおずと尋ねてみる。それは無理だと知りながら。
「私達はこのまま進むわけにはいかない。どうぞセナと結婚してね。みんなが朝鮮時代に帰る為に」と心を殺してイガクに告げるパクハ。

そして姿を消す。
一日会えなかっただけで、イガクはあんなにパクハを探したのに、今回は何日もほったらかしらしい。いよいよパクハの気持が硬いと思ったのか、先の見えない恋はパクハの言う通り続けられないとあきらめたのか。
ところが、マンボがグッジョブ。パクハの行き先を聞き出し、その地方に出張にイガクを向かわせるように仕向ける。

なんとパクハはツアーガイドをしていた。ソウルからの大切なお客様だからとイガクを紹介され、びっくりな二人。
でもいつものペースで鷹揚にパクハにいちいち説明を求め、命令するイガク。
夜にはパクハの下宿先に案内されたイガクはその部屋でなぜ勝手に消えたのかと尋ねる。
するとパクハはこれ渡したじゃない?とアメリカ行きのチケットを差し出す。

違うのに~。イガクがチサンにことづけたのは、屋根部屋を出ていくというパクハに用意した部屋の契約書。
そこでちゃんとパクハに告白するつもりだったのに。
どこで封筒の中身が入れ換わったのか。チサンを問い詰め、セナとお茶したことを聞き出す。

「あら、入れ間違えたんだわ~」というセナの嘘をはじめは信じるイガク。
ところが、パクハの下宿先の子供の運動会に出て、その嘘に気づく。
子供の手にスタンプの写しをしてあげたんだけど、それではっとするイガク。チケットの入っていた封筒には契約書の乾いていない朱肉がうつっていたのだ。

セナを呼び出し問いただすイガク。
だからといって、今更セナとの結婚をやめれば、朝鮮に帰るすべを失うのじゃないかしら。

テムはNYでテヨンが助かって入院しているのを渡米して確かめる。焦り出したテヨンとセナによって、パクハに危険がちかづきそう。



Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2012   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR