イ・ビョンホンXコスXパク・ヘイルXキム・ユンソク、'南漢山城(ナムハンサンソン)'台本リーディング現場公開



'ルツボ' '怪しい彼女'ファン・ドンヒョク監督の次期作でありイ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイル、上手、パク・ヒスン、遭遇陣など大韓民国を代表する演技派俳優の出会いで期待を集める映画'南漢山城(ナムハンサンソン)'が俳優の熱い熱演と名セリフをのぞくことができる台本リーディング映像を公開した。

映画'南漢山城(ナムハンサンソン)'は1636年人造14年丙子胡乱、進む所も退く所もない孤立無援の南漢山城(ナムハンサンソン)の中朝鮮の運命がかかった最も激しい47日間の話を描いた映画だ。 出版以来70万部の販売高をあげたキム・フン作家の同名ベストセラーを原作で'ルツボ' '受賞した彼女'のファン・ドンヒョク監督と忠武路(チュンムロ)代表演技派俳優イ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイル、上手、パク・ヒスン、遭遇陣が結合して期待を集める映画'南漢山城(ナムハンサンソン)'が俳優の熱い熱演と名セリフが入れられた台本リーディング映像を公開して映画に対する期待感を引き上げる。

今回公開された台本リーディング映像はファン・ドンヒョク監督と俳優が初めて呼吸を合わせるリーディング現場の姿が含まれていて目を引く。 

俳優の熱演が吹きだすエネルギーがそっくりあらわれる台本リーディング映像は主演俳優の爆発的熱演と強烈な文章の名セリフで耳目を集中させる。 先に吏曹判書'チェ・ミョンキル'逆イ・ビョンホンは"死は耐えることができなくて恥辱は耐えることができるということです。 人生があった後にはじめて大義と名分もあることがいやきますか"という大使とともに恥辱を耐えて後日を企てようと思う'チェ・ミョンキル'の衷心を感じさせる密度高い延期(煙、演技)で期待を加える。 

礼曹判書'キム・サンホン'駅のキム・ユンソクは"ミョンギルは電荷を前面に出して時の口の中に入ろうとする者でございます。 死にも美しい席があるなら、何故時の口だましますか"という大使を通じて青果相対して戦って大義を守ろうと思った'キム・サンホン'の信念を表わす強烈な延期(煙、演技)で映画の中でイ・ビョンホンと共に広げるきっ抗した演技対決に対する期待感を高めさせる。 

また、パク・ヘイルは"チョック化をしようとすればカンヌの手に死ぬか恐ろしくて蛮夷に生かしてほしいというタプソを使おうとすれば万古の逆賊になるかそれが恐ろしいことか"という大使とともに代行の間で苦悩する王'人造'を完全に消化する繊細な演技を披露してシナジーを倍加させる。 

それだけでなく王のキョクソを伝達する重責を引き受けた民衆'日鉄'役を担った上手は"どうしていやしいかじ屋に任せますか。 明らかに私よりより良い人がいるでしょう",酷寒の中でも黙黙と城壁を守る守禦使'イ詩伯'駅のパク・ヒスンは"長寿と軍兵が国のための戦いで死ぬことを覚悟するのは当然のことです"という大使を通じてキャラクターの個性をそのまま表わした熱演を広げて'南漢山城(ナムハンサンソン)'中俳優の強烈な演技呼吸に対する期待を加える。

このように大韓民国最高演技派俳優の独歩的存在感と熱演を表わした台本リーディング映像を公開した'南漢山城(ナムハンサンソン)'は今年秋夕(チュソク)、重たい感動を伝える完ぺきな延期(煙、演技)アンサンブルで観客をひきつけるだろう。

キム・フン作家のベストセラー原作、'ルツボ' '受賞した彼女'ファン・ドンヒョク監督と信じて見る演技派俳優の結合で期待を増幅させる'南漢山城(ナムハンサンソン)'は9月末封切り予定だ。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

'プイアイピ'チャン・ドンゴン・キム・ミョンミン・イ・ジョンソク、互いに大切にする心もVIP(Vアプリ総合)



チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクがカメラ外でもお互いを惜しむ心を精一杯誇った。

16日午後映画'プイアイピ'ネイバー無比トーク ライブが開かれた中でパク・フン情監督と俳優チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクが参加した。

この日チャン・ドンゴンは劇中悪口延期(煙、演技)をしたことに対して"本来普段悪口をよくしない。 度々して見たらおもしろかった"として"日常生活でもそろそろ入り始める。
延期しておもしろかった。 ストレス解消になった"と明らかにした。

引き続きパク・ソンウンとの呼吸に対しては"既存親密なよしみはなかった。 今回初めて尋ねた。 とても愉快で、おもしろかった。 短い分量だが愛情持って延期(煙、演技)して楽しく撮影した"と満足感を表わした。

それだけでなくチャン・ドンゴンは"現場でまだ緊張するほうだ。 余裕がなくて..今は現場に後輩がますますたくさん負け始めたが、イ・ジョンソクと多くの時間を過ごすことができなかった。 イ・ジョンソクが尊敬するという文字を送ったが有難かった。 そんなことが惜しくて余裕をもう少し持って後輩を取りまとめなければならないと考えた"と打ち明けた。

また、パク・フン情監督は"タイトルロール'キム・グァンイル'駅を置いて悩みをたくさんしたがジョンソクが連絡がきて警告たくさんした。 CFみな落ちることもできると..ところが本人が俳優として配役に対する欲が多かったよ"とキャスティング秘話を公開した。

キム・ミョンミンは劇中イ・ジョンソクと対立構図を描いたことに対して"ジョンソクが本当に無表情でシックにばかにするような表情で見つめるので熱がさっと受けた。 そのような延期(煙、演技)をとてもよくした"と賞賛を惜しまなかった。

これに対しイ・ジョンソクは"初めには緊張したのに先輩が多くの教えを与えた。 現場で撮影することだけでも勉強になった"として監督様がディレクションをよくくれて熱心にした"と感謝の気持ちを表わした。

特にイ・ジョンソクはキム・ミョンミンに対して"延期(煙、演技)に対して何をお尋ねすれば抽象的でなく実質的にどのようにすれば感情が生き返れるか教えてくださって助けをたくさん受けた"と監査(感謝)者を伝えて目を引いた。

キム・ミョンミンやはり"私が本来立ち上がって教えるスタイルではないがジョンソクは苦しくて疑われる部分があれば尋ねる。 初めには分からなくてかけているか、分かってそうしたのは行ってしたかったが度々質問をするので美しかったよ。 トップ(のこぎり)席なのにずっと研究して情熱を持って姿が美しかった。 教えないことはできなかった"とうなずく返事をした。

パク・ヒスンは映画'容疑者'との差異点に対して"'容疑者'時は追えと言って追う人物ならば、今回は自身の所信において追う人物だ"と説明した。 キム・ミョンミンはパク・ヒスンに対して"兄に賛辞を送ったのに不足する。 ヒスンが兄が現場にいる時空気が違う"と褒め称えたし、パク・ヒスンは"皮膚を荒くさせようと努力した"と気を遣った点を公開した。

最後にチャン・ドンゴンは"'プイアイピ'期待たくさんして下さって、さらに頻繁に観客にごあいさつできるように努力する"で、キム・ミョンミンは"'プイアイピ'にたくさん関心を持ってくださって感謝する。 イ・ジョンソクの悪役変身期待しても良い"と強調した。 パク・ヒスンは"イ・ジョンソクが延期した'キム・グァンイル'悪口を言ってほしい。 イ・ジョンソクはかわいがって.."と冗談を言ったし、イ・ジョンソクは"我が国が唯一の分断国枝しないか。 我が国だけでできる素材のようだ。 必ず取りまとめてみてほしい"と頼んだ。

一方'プイアイピ'は国家情報院とCIAの企画で北からきたVIPが連続殺人事件の容疑者で指定された状況でこれを隠そうとする者、必ず捉えようとする者、復讐しようとする者、それぞれ違う目的を持っている四人の男の話を扱った犯罪映画だ。 封切りは来る24日.

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

キム・ユンソクXチュ・ジフン、映画'雄雌殺人'で会った..14日クランクイン


俳優キム・ユンソクとチュ・ジフンが映画'雄雌殺人'で会った。 

題名から好奇心を刺激する犯罪スリラー'雄雌殺人'(暗数殺人)がキム・ユンソクとチュ・ジフン、二強烈な俳優で主なキャスティングを確定して去る8月14日月曜日に釜山(プサン)でクランクインした。

監獄に閉じ込められた殺人犯が隠してきた7件の追加殺人を自白して始まる刑事と殺人犯の激しい心理対決を扱った犯罪スリラー'雄雌殺人'がキム・ユンソク、チュ・ジフンで主なキャスティングを確定して8月14日(月)本格的な撮影に突入した。 '雄雌殺人'という(のは)被害者があり事件も発生したが、新高値ならなくて死体も発見されなくて捜査機関が認知できなくなっている殺人事件を意味する。

'黄海' '海霧''化この:怪物を飲み込んだ子供' '極秘捜査'と封切りを前にして'南漢山城(ナムハンサンソン)'まで、毎作品ごとに画面を掌握する強烈な個性と存在感を見せたキム・ユンソクは執念と情熱で隠された殺人事件の真実を最後まで暴く刑事'キム・ヒョンミン'役を担ってもう一度カリスマあふれる新しい顔をリリースする。 また、'阿修羅'で善悪が共存する立体的な顔を見せたのに続き'神(靴)とともに'の冥土差使に至るまで休む暇もない変身を継続しているチュ・ジフンは監獄に閉じ込められた状態でまた他の殺人事件を告白してキム・ヒョンミン刑事を勝手気ままにする連鎖殺人魔'川燃やします'駅に分解自身のピルモグラピ史上最も強烈な変身をリリースする予定だ。

キム・ユンソクは"'雄雌殺人'大長征の第一歩を今日雨が降る釜山(プサン)、チャガルチ市場で離した。 今後さらに密度深い場面が出てくるだろうと信じる。 生き生きした海においをかぎながら撮影をしたがとても立体的な感じだった。 この感じそのまま'雄雌殺人'が生きて動く映画で作られることを願う"として映画に臨む所感を明らかにしたし、チュ・ジフンは"真っ最中熱い夏の真中に涼しい事件の記録'雄雌殺人'の撮影が始まった。 カン・テ奥義強烈さがよく生き返れるように情熱と愛情で良い作品のために努力する"として作品に対する愛情を明らかにした。 '雄雌殺人'はこのように2人の俳優が広げる緊張感あふれる対決だけでなく'雄雌犯罪'という新鮮な素材を土台にした充実した物語で犯罪心理スリラーの真の姿を広げてみせる展望だ。

キム・ユンソクとチュ・ジフンの強烈な初めての出会いで去る8月14日(月)にクランクインした'雄雌殺人'は2018年封切り予定だ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

'南漢山城(ナムハンサンソン)'イ・ビョンホン、代替不可の存在感...名品延期(煙、演技)の真髄

0003593442_001_20170808081505175.jpg
0003593442_002_20170808081505184.jpg
'ルツボ' '受賞した彼女' ファン・ドンヒョク監督の次期作でありイ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイル、上手、パク・ヒスン、遭遇陣など大韓民国を代表する演技派俳優の出会いで期待を集める映画'南漢山城(ナムハンサンソン)'のイ・ビョンホンが吏曹判書‘チェ・ミョンキル’駅にもう一度名品史劇演技を披露する予定だ。

映画'南漢山城(ナムハンサンソン)'は1636年人造14年丙子胡乱、進む所も退く所もない孤立無援の南漢山城(ナムハンサンソン)の中朝鮮の運命がかかった最も激しい47日間の話を描いた映画だ。

前世代が共感できる感動と面白味を伝えて1,232万観客を動員した'鉱害、王になった男'で名実共千万俳優に新たに出たイ・ビョンホンは'内部者'(707万),'マスター'(714万)に至るまで多彩なキャラクターを吸引力ある演技力に表現やり遂げて大韓民国代表興行俳優で位置づけた。

特に'鉱害、王になった男'で王‘鉱害’と賎民‘下船’を行き来する1人2役を名品史劇延期(煙、演技)で完ぺき消化して観客の絶賛を受けたイ・ビョンホンが'南漢山城(ナムハンサンソン)'で今の恥辱を耐えて後日を企てようと思った吏曹判書‘チェ・ミョンキル’駅に変身して期待を集める。

'南漢山城(ナムハンサンソン)'でイ・ビョンホンは進む所も退く所もない孤立無援の南漢山城(ナムハンサンソン)で青果の和親(国家間に争うことなく近く過ごす)を通じて危機を克服しようと思う吏曹判書'チェ・ミョンキル'駅にくやしかった。 国と民のための同じ衷心を持ったが他の信念で対抗した礼曹判書‘キム・サンホン’逆キム・ユンソクと互角に対抗する‘チェ・ミョンキル’役を通じてイ・ビョンホンは目を離すことはできない強烈な延期(煙、演技)でドラマチックな緊張感と重たい感動をプレゼントするだろう。

“シナリオをとてもおもしろく見た。 チェ・ミョンキルとキム・サンホン、誰の片道入ることはできない二つの忠臣のきっ抗した対決がこの映画の最も大きい魅力ではないか考えた”と伝えたイ・ビョンホンはキム・ユンソクとの完ぺきな演技呼吸をリリースして劇に没入を加えるだろう。

また、演出を引き受けたファン・ドンヒョク監督は“イ・ビョンホンでなければこの映画をできないと考えた。 物静かに自身の話をしながらも説得力と真心を同時に表わすことができる俳優はイ・ビョンホンしかいないという考えでキャスティングを提案したし、瞬間毎イ・ビョンホンの延期(煙、演技)に感心した”と前年繊細な演技力をリリースするイ・ビョンホンの新しい変身に対する気がかりなことを刺激する。

シナリオの大使一言一言に集中する絶え間ないキャラクター分析と細かい感情変化を繊細に表現やり遂げる密度高い演技力に朝鮮の忠臣吏曹判書‘チェ・ミョンキル’役を完全に消化したイ・ビョンホンは'南漢山城(ナムハンサンソン)'のみなぎる緊張感を導いてもう一度名品史劇延期(煙、演技)で観客をひきつけるだろう。

キム・フン作家のベストセラー原作、'ルツボ' '受賞した彼女' ファン・ドンヒョク監督と信じて見る演技派俳優の結合で期待を増幅させる'南漢山城(ナムハンサンソン)'は9月末封切り予定だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

'アイキャン スピーク'ナ・ムニ、演技人生56年最高のキャラクター変身

0000762209_001_20170808080042832.jpg
ナ・ムニとイ・ジェフンの初めての出会いで話題を集めた映画'アイカン スピーク'(監督キム・ヒョンソク)がティーザーポスターと予告篇を公開して熱い呼応を導く中で嘆願王おばけする鷹に戻った俳優ナ・ムニの変身に期待感が高まっている。

'受賞した彼女'を通じて大韓民国コタルメに登板したナ・ムニが今回は'子供カン スピーク'を通じて町中を聞いて置いてという嘆願王おばけする鷹に戻った。

'アイカン スピーク'は嘆願件数だけ何と8000件、区庁のブラックリスト1号おばけする毎オクプゥンとただ原則と手続きが答だと信じる9級公務員民財、決して似合いそうでなかった相克の二人が英語を通じて運命的に編集されることになって真心が明らかになる話を描いた映画.

'受賞した彼女'以後3年ぶりのスクリーン復帰作'子供カン スピーク'でナ・ムニは町中すみずみ誤った方向へ行く格好を見られない嘆願王ナ・オクプゥン役に分解キャラクターシンクロ率100%の現実感あふれる演技を見せる予定だ。

0000762209_002_20170808080042859.jpg

20年の間毎日のように嘆願を入れるのはもちろんで、いつも区庁を出入りして言うべきことは言って生きる彼女のニックネームはすぐにおばけする鷹. たっぷり積もった嘆願受付書類で区庁職員を大変疲れるようにするナ・オクプゥン駅のナ・ムニは特有の愉快だということと親しいことでキャラクターの好感度を最大化することと期待を集める。

特に手続きのとおり動く原則主義9級公務員パク・ミンジェ(イ・ジェフン)が登場、火花散る小麦党を予告する中でナ・ムニとイ・ジェフンは今回の作品を通じて世代を飛び越える呼吸をリリースする予定だ。

劇中でナ・オクプゥンと愉快な相克を見せるパク・ミンジェ駅のイ・ジェフンは"以前の他の作品らと違うように'今日もうちのおばあちゃん見に行かなくちゃ'という考えに現場が安らかに感じられた。 先生と撮影した後にはいつも心が暖かくなって戻ったこと同じで、あたかも長く見てきた人のようによく融和される現場だった"として一緒にした所感を明らかにした。

また、演出を引き受けたキム・ヒョンソク監督は"シナリオを読む終始頭の中にナ・ムニ先生のほかは浮び上がらなかった。 コミカルな演技から真正性ある延期(煙、演技)まで両極端を全部消化することができる方はナ・ムニ先生しかないと考えた。 一緒にすること自体が本当に良い経験だった"として絶賛を伝えた。

ナ・ムニは"この年にも私がナ・オクプゥンという人物に会って延期(煙、演技)できるということに対して自負心を感じる"と話してキャラクターに対する格別の愛情を表わした。

'受賞した彼女'に続き'アイカン スピーク'で演技人生56年最高のキャラクターに変身した俳優ナ・ムニは前世代観客の呼応を導くだろう。

'アイカン スピーク'は秋夕(チュソク)劇場街唯一無二なヒューマン コメディで観客を探す予定だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR