FC2ブログ

「キバン令」チョン・ソミン、2PMジュノとツーショット公開。とても綺麗な韓服姿



俳優チョン・ソミンがグループ2PMのメンバー兼俳優ジュノとの写真を公開して人目を引く。

チョン・ソミンは10日午後、自分のSNSに「笑わせ、きれいで、面白くて、優しくて、かわいい、新薄いフィルム」と、自分が主役を演じた映画「キバン令」(監督南普及した、提供配給版シネマ、制作ブレインシャワー)を広報した。

「キバン令」は、朝鮮時代廃業の危機に置かれた妓房恋風各を通じて朝鮮初の男性寄生されたホセク(ジュノ分)の話を描いたコミック史劇だ。チョン・ソミンはホセクと有償(共鳴分)の愛を受ける海員を延期した。

続いてチョン・ソミンは「「キバン道令」が今日公開しました。楽しく笑いドル劇場で考古学(GO GO)。心配するのが無ました。ただ楽しんね」と書いた。それとともに、映画撮影当時撮ったジュノとのツーショットを公開した。

写真の中の二人は映画の中のキャラクターに合った韓服を装備着ている./ watch@osen.co.kr
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画

「ライオン」パク・ソジュン「実際のUFC選手と撮影、戦車のように感じられるよ」



「ライオン」のために、実際のUFC格闘技選手から現役司会者、審判まで総出動した。

映画「ライオン」(監督ギムジュファン)は格闘技のチャンピオン「ヨンフ」(パク・ソジュン)が熊野社製「アン花嫁」(アン・ソンギ)に会って、世界を混乱に陥れた強力な悪(惡)に対抗する話を描いた映画だ。

「ライオン」は、各分野製作陣の特別な努力を、既存の韓国映画で見ることができなかったファンタジー的観光スポットや迫力あふれるアクションを完成して期待を集めている。

20190710083814d13.jpeg

まず、格闘技チャンピオン」ヨンフ」の強烈な存在感を確認できる格闘技シーンの場合、米国ロケ撮影を進行、映画のリアリティを一層増した。特に「ヨンフ役パク・ソジュンと格闘技の試合を繰り広げる相手選手ジョンホワイト役は、実際のUFC選手ジェイクマシューが演じて練習から撮影までパク・ソジュンとの完璧な呼吸を完成した。

パク・ソジュンは「相手役が、実際のUFC選手だった競技場で直面するので、まるでタンクのように感じられた。映画のリアルさのために、実際に打撃をして撮影したさりげないと述べた。実際の選手と撮影して、さらにリアルなシーンで完成することができた。面白い経験だった」と伝え格闘技シーンに好奇心を加える。

だけでなく、現役で活躍中のジョー・マルティネスとハブディーンが映画の中の司会者と審判に登場して劇の没入度を加えた。

201907100838149fc.jpeg

また、「ライオン」は、プリプロダクションの段階から、各チーム間の緊密な連携により、ファンタジー的設定が加わったアクションシーンに使用されるCGをあらかじめ指定して念頭に置いて撮影することで、より完成度の高い強烈なシーンを完成した。

「神と共に」シリーズを通じて、革新的な技術力を認められたデクスタースタジオは府馬現象と「ヨンフ」が持つ特別な能力の視覚実装は、「地神」の変化まで多彩なシーンをCGで実装してファンタジー的想像力を刺激する強烈し、新しい観光スポットを完成させた。

映画の中の息詰まる緊張感をプレゼントするブマジャは府馬進行段階に応じて、血管や筋肉の質感や色味に差別化を置いて、強烈なビジュアルを完成させ、「負わ」は、7時間の特殊メイクを介して、以前に見られなかった独創的なビジュアルを披露する予定だ。

パク・ソジュンは「撮影するたびにとても圧倒された。十分体で感じながら演技することができて、多くのことができた」と映画の没入度を倍にさせる多様な見どころに期待感を高める。20190710083814046.jpeg
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画

「キバン令」イ・ジュノ、朝鮮初の女性寄生に変身... 今年の夏女心照準



朝鮮初の女性寄生を演じるイ・ジュノの「キバン令」ポスター撮影ビハインドが公開された。

「キバン令」封切りを翌日に控えた9日イジュンホ所属事務所JYPエンターテイメントは「キバン令」ポスター撮影現場を公開した。

来る10日封切りする映画'キバン令」は不況造船、廃業の危機の妓房恋風角を生かすために花令」ホセク」が朝鮮初の女性寄生になって繰り広げる新薄いコミック史劇だ。イ・ジュノは、寄生の息子として生まれ、キバンで育った主人公「ホセク役にキャスティングされ、スクリーンでの最初のタイトルロールを引き受けることになった。多数のドラマを通じて演技力とスター性を検証されたそのので、初めて主演を務めた映画にも大きな関心が集まっている。

写真の中の彼は清潔に結い上げた髪とクールな色の韓服を魅力的に消化している。何よりも、朝鮮時代の寄生はビジュアルと知性を兼ね備えた「例の」と呼ばれたほどイジュンホはどこかとぼけ感がにじみ出るながら鮮やかな目つきはもちろん、様々なポーズで視線をひきつける。特に本とカヤグムなどの小物を活用して詩書画(詩書畵)に可能なキャラクターを描き出す姿も印象深い。

20190709111850ee6.jpeg

▲映画「キバン令」ポスター撮影中のイ・ジュノ・提供ㅣ JYPエンターテイメント
先マスコミ試写会で南公共監督は「短い時間の間にイ・ジュノがカヤグム、韓国舞踊などを列のように準備してきた。私はその中で選んで使えばされるほど贅沢に撮影した。この上ない幸せキャスティングだった」と述べている。イ・ジュノはポスター撮影現場でも、実際にカヤグムを演奏しホセクの感情線を表現するなど、プロらしい姿を見せたという裏話だ。

一方、イ・ジュノはKBS 2TV「ギムグァジャン」、JTBC「ただ愛する間」、SBS「油性メロー」など多数のドラマで主演として活躍した。特に去る5月放映終了したtvN「自白」はユジェミョンをはじめとする大先輩たちと呼吸を合わせてしっかりとした演技力を誇り、連日好評を買った。

コミック、メロー、ロマンチックコメディに続いて捜査ジャンルムルも存在感を発散してジャンルにこだわらない全天候演技者として生まれ変わったイ・ジュノが今年の夏映画「キバン令」で披露演技に期待が集められる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画

少女時代→俳優 ".. 'エグジット」イムユンア、帯域NOアクションからコミックチャンネ会社員



災害脱出アクション映画「エグジット」(監督イ・サングン、製作(株)外柔内剛、共同制作フィルムケイ、提供配給CJエンターテイメント)の義州役割を引き受けたイムユンアが今までになかった新しい姿で演技に挑戦する。

大韓民国国民ガールグループ少女時代の始まりドラマ、映画、MC、芸能など多方面で活躍している世界的なスターイムユンアが「エグジット」で歴代級変身を披露する予定だ。映画「エグジット」は青年失業者ヨンナム(コックピット)と大学サークルの後輩の注意(イムユンア)が原因不明有毒ガスで覆われた都心を脱出しなければなら緊急事態を描いた災害脱出アクション作品。

イムユンアはドラマ「天下一色パク・ジョングム」、「君は僕の運命」などの国民ドラマで登板したことが本のドラマに出演して演技力を約束するとともに、前世代を問わず、国民好感型俳優に成長した。特に映画「共助」(2017)は、イムユンアを映画俳優としての可能性を発見することにした作品で、映画の中でユ・ヘジンの妻の妹役で登場して爆発的な愛を受けた。劇中、北朝鮮の刑事ヒョンビンに反するキャラクターで口コミを正確に牽引やり遂げた。イムユンアは「共助」で、今まで隠してきたあっけらかんとしたコミックの魅力を発散して大衆に大きな愛を受けたのはもちろんのこと、その年の百想芸術大賞映画部門人気賞、アジアのフィルム・アワードネクストジェネレーション賞を乗っての可能性を認められた。

20190626123752341.jpeg
20190626123752ba7.jpeg

「エグジット」でイムユンアが引き受けたの注意キャラクターは大学時代山岳部活動をして培ってきた硬い体力をもとに宴会場イベントを昼夜を問わず引き受けて人物だ。イムユンアは母の喜寿ごちそうに参加した嬉しいサークルの先輩ヨンナムに会うされ始めているコミック演技から、災害発生後の責任ある姿まで自然に消化した。

特に一緒に演技したコックピットは、「映画の中に走って転がって運ぶシーンが多くて体力的に準備をたくさんした。ところがイムユンアが現場で私より速く、より多くの転がり、更に飛んで瞬間慌てた」と体力まで強い俳優イムユンアの姿に賞賛を惜しまなかった。これイムユンアは「責任感強く能動的な義州キャラクターが出て似ている点が多いようだ。義州な面を多く取り出してみようと努力した」との文字に対する愛情を表わした。

一方、すべての予想や想像を超えた公開するコンテンツごとに熱い関心を受けている映画「エグジット」は、来る7月31日に公開する。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画

パク・ソジュン `美男格闘技チャンピオン`



俳優パク・ソジュンが26日午前、ソウル広津区ロッテシネマ建大入口で行われた映画「ライオン」(監督ギムジュファン)フットボルテージ上映製作報告会に参加してポーズを取っている。

「ライオン」は、格闘技のチャンピオンヨンフ(パク・ソジュン)が熊野社製ない花嫁(アン・ソンギ)に会って、世界を混乱に陥れた強力な悪に立ち向かう物語を描いた映画だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR