'借りた'ヒョンビンxユ・ジテからナナまで…6人6色カリスマ[画報] 



スクリーンに帰ってきたヒョンビン、ユ・ジテ、ペ・ソンウ、パク・ソンウン、私も、アン・セハがファッション マガジン‘バザー’ 11月号画報を通じて風変わりな魅力を公開した。

映画‘借りた’は’希代の詐欺師’を捉えるために一つになった‘詐欺師捕まえる詐欺師’の予測不可チームプレーを扱った犯罪娯楽映画だ。 一つの目標のために集まった6人の魅力満点‘借りた’らは緊張感が漂うようなチェス版上で堂々としていてカリスマある姿で見る人の視線をひきつける。

これらは冷たい革素材の衣装と暖かいニット素材の衣装を消化して両極端の魅力をリリースした。 劇中一チームを組むがお互いを続稿の中であり信じることはできない関係に置かれることになる‘詐欺師捕まえる詐欺師’のように別にまた、一緒に、各自の魅力を強烈に表わした俳優の姿は幻想的なケミストリーを見せる。 続く‘バザー’とのインタビューでは‘借りた’チームの幻想的なチームワークと作品に臨んだ俳優の率直な話まで確認することができる。

詐欺師捕まえる詐欺師‘荒地性’で分限ヒョンビンは“今回の作品を通じて得たことの中の一つはここにある人々”と共に延期した同僚俳優との厚い友情を自慢した。 ‘希代の詐欺師’を捉えるために詐欺師と手を握った首席検査‘パク・ヒス’で分限ユ・ジテは“パク・ソンウンが持っているひびが入ってとても良い”、“ヒョンビンは目(雪)が深くて画面を圧倒する”という背中共にした俳優に向かった愛情をたっぷり表現した。 延期(煙、演技)になるベテラン屋‘古石洞’駅のペ・ソンウは“一緒にいれば強固な俳優”と共に延期した俳優との合計を自慢した。 引き続き“このような作品は精巧でなければならない。 パズルを合わせるように延期(煙、演技)をしていく過程がぴりっとした”と作品のチャームポイントを紹介して予備観客の期待感を加えている。

おとり(エサ)になる投資屋‘クァク・スンゴン’で分限パク・ソンウンは“‘借りた’で延期する‘クァク・スンゴン’は既に持っているイメージと正反対のキャラクターなので自らチャレンジであった”として延期(煙、演技)変身を予告した。 持って生まれたビジュアルと手の技術でターゲットをひきつけるげん惑屋‘チュンジャ’でスクリーンに初めての挑戦状を差し出したナナは“今回の作品が初めての映画なので複合的な感情が入る。 とても幸せでうれしくてときめく一方恐れと若干の不安なこともあるがその中(案)には明確に自信もある”として自身が延期した‘チュンジャ’のように率直で自信がある姿を表わした。 手だけ触れればみなあけられる裏調査屋‘キム課長’で分限アン・セハは“本来好きだった俳優だけで時々ファンの心になる時がある”として和気あいあいだった撮影会場の雰囲気を伝えることもした。

お互いに向かった賞賛を惜しまなくて各自の延期(煙、演技)所信まで公開した‘借りた’らの愉快なインタビュー専門と魅力的な画報は‘バザー’ 11月号とウェブサイトで会って見ることができる。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

ムン・グニョン「ガラスの庭園」試写会で涙“キャラクターとして生きた時間を思い出した”



女優ムン・グニョンが「ガラスの庭園」試写会で涙を流した。

18日の午後、ソウル龍山(ヨンサン) 区CGV龍山で開かれた映画「ガラスの庭園」(監督:シン・スウォン、制作:ジュンフィルーム) マスコミ向け試写会にはシン・スウォン監督ならびに、女優ムン・グニョン、俳優キム・テフン、ソ・テファが出席した。

「ガラスの庭園」は一人で森の中のガラスの庭園で葉緑体を利用した人工血液を研究する研究員(ムン・グニョン) を盗み見しながら、緑の血が流れる女性に関する小説を書く無名の作家(キム・テフン) の小説がベストセラーになることで、世の中に明かされる衝撃的な秘密を描く。

この日ムン・グニョンは「技術試写会で映画を初めて見たときは、自分のダメな部分ばかり見ていたので全体を見ることが出来なかった」と切り出した。

続いてムン・グニョンは「今日は、気楽に全体の雰囲気を見た。映画が本当に美しくて心が痛かった。撮影しながらジェヨンとして生きていた時間を思い出し、涙が出た」と涙を流した理由を明かした。

同作は第22回釜山(プサン) 国際映画祭の開幕作に選ばれた。韓国で10月25日に公開される。

Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

"美男特急(特級)カメオ"…'プラド'チ・チャンウク、スチール公開 



2017年コミックバスター'プラド'が映画の中びっくりカメオ出演で話題を集めている。 すぐにチ・チャンウクがその主人公だ。 

'プラド'は家柄が良い一族の真相兄弟がメンタルまで墓(?)ある女性オーロラに会って100年間封印された秘密を明らかにする超特急コメディだ。 'プラド'は与えられた状況の中で作り出す風刺とユーモアまで多様なメッセージを備えて秋にはコメディという興行公式を継続できるか注目されていている。 このように熱演、コメディ、感動など多様な面白味を備えている'プラド'に主演俳優の他に短い分量出演にも耳目を集中させている俳優がいる。 すぐに映画に特別出演したチ・チャンウクがその主人公だ。 

スクリーンとブラウン管そしてミュージカルまで活発な活動と信じて見る俳優で位置づけたチ・チャンウクはマ・ドンソクとイ・ドンフィのお父さん'チュンベ'の若い時期を延期した。 チ・チャンウクの出演はチャン・ユジョン監督との縁から始まる。 チ・チャンウクはミュージカル'その日',’型制は勇敢だった'でチャン・ユジョン監督と作業を共にして格別な縁を続けさせた。 チ・チャンウクはチャン・ユジョン監督の映画演出の便りに快く出演を承諾したと分かった。 

チャン・ユジョン監督は"練習期間の間毎日会わなければならない公演の特性により互いに成長する姿を眺めて頼って親しい関係になった"として格別な友情を伝えた。 また"チ・チャンウク俳優が原作にも参加したので話とキャラクターに対する理解度が高かったし、それだけおもしろく撮影することができた"と伝えて彼の称賛も忘れなかった。 チ・チャンウクは映画出演したことにだけ意味がないで、短い分量にもかかわらず、なまり延期(煙、演技)など映画の高い完成度のために格別な情熱をリリースしたという裏話だ。 

2017コミックバスター'プラド'は11月2日封切り予定だ。 

Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

"顔に笑い花"..チェ・ミンシクXパク・シネXリュ・ジュンニョル、現場で良くて良くて

0003640239_001_20171018080804323.jpg
映画'ハッピーエンド','ウンギョ'を作ったチョン・ジウ監督の次期作である映画'沈黙'が緊張感あふれる映画の中の姿と違った俳優の反転魅力を見せる現場ビハインド スチールを公開した。

'沈黙'はフィアンセが殺害されてその容疑者で自身の娘が指定されて、娘を無罪に作るために自分だけの方式で事件を追う男‘イムテ産(山)’の話を描いた作品.

'ハッピーエンド' チョン・ジウ監督とチェ・ミンシクが18年ぶりにまた会った作品でありパク・シネ、リュ・ジュンニョル、イ・ハヌィ、反駁した、イ・スギョンなど忠武路(チュンムロ)若い実力派俳優が結集した。

今回公開されたスチールは予測できない緊張感と強烈なドラマが繰り広げられる映画の中の姿と違い俳優の特別な魅力と和気あいあいとした現場の雰囲気が含まれていて目を引く。

あらゆる事をすべて持った男で全てのものを失う危機に処した‘イムテ産(山)’キャラクターを吸入力高い延期(煙、演技)と特有のカリスマでリリースしたチェ・ミンシクは映画の中と180度異なる身近な姿で視線をひきつける。 “撮影が終わる瞬間本当に愉快で楽しい”と伝えたパク・シネの話のように余裕がある姿でカメラに向かってポーズを取って明るく笑うチェ・ミンシクは撮影現場を安らかな雰囲気に導いたことを見せてくれる。

イムテ山の娘イム・ミラの無罪を立証するために努力する信念ある弁護士チェ・ヒジョン 役パク・シネと事件のキーを握ったキム・ドンミョン 役リュ・ジュンニョルは激しい撮影現場の中で笑いを失わない姿だ。

また、撮影待機時間にいたずらにゲームをするチェ・ミンシクとパク・シネ、安らかに話を交わすチェ・ミンシクとリュ・ジュンニョルの姿は'沈黙'を通し見せてくれるケミストリーに対する期待感を高める。 事件の発端でありイムテ山のフィアンセ柔懦を熱演したイ・ハヌィとイムテ産(山)を追う検査‘同性式’逆パク・ヘジュンはキャラクターに完ぺきに溶け込んだ姿でこれらの延期(煙、演技)情熱を感じさせる。

イムテ山の娘イム・ミラ逆イ・スギョンのスチールは劇中重い姿から抜け出した整えるない姿で温かい微笑をかもし出す。 ここにパク・シネとイ・スギョンがセルカールとるスチールは劇中と同じように親しい姿だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

“八色鳥魅力”..‘借りた’ヒョンビン、デビュー後最初詐欺師変身公開

0003638783_001_20171016081102482.jpg
映画‘借りた’(監督長槍院)が詐欺師に変身したヒョンビンの八色鳥魅力が入れられたキャラクタースチールを公開した。

ヒョンビンが2017年劇場街を完ぺき受け付ける予定だ。 今年のはじめ‘共助’で北朝鮮特需部警察で分解強烈なアクション演技をして780万観客をひきつけたヒョンビン、年末には‘借りた’で詐欺師に変身してしらじらしい延期(煙、演技)で八色鳥魅力を誇る。

‘希代の詐欺師’を捉えるために一つになった‘詐欺師捕まえる詐欺師’の予測不可チームプレーを扱った犯罪娯楽映画‘借りた’でヒョンビンは詐欺師だけ選んでだます知能型詐欺師知性役を担った。 ‘希代の詐欺師’を捉えるために一つになった‘借りた’ら間で全体版を企画して設計するブレーンを担当する知性は分厚い度胸は基本、完ぺきな詐欺(士気)のために特殊メイクまで消化する営利と洗練された詐欺師だ。 その間財閥3世、悲運の王、警察などジェントルとカリスマある性格の人物をリリースしてきたヒョンビンは“詐欺師だけ選んで詐欺を働くキャラクターに魅力を感じた”としてデビュー以後最初に詐欺師キャラクターを選択することになった理由を明らかにした。

公開されたスチールでは時と場所、彼のターゲットになった詐欺師により衣装、ヘアー、表情までカメレオンのように変わる知性を完全に消化したヒョンビンの姿が目を引く。 彼はカジュアルな姿に茶目っ気いっぱいである目つきと微笑で詐欺師の後頭部を打つかと思えば、完ぺきなスーツ姿に自信あふれるジェスチャーと表情で見る人を惹かれる。 “今までお見せした延期(煙、演技)と違う。 もう少し緩んだ姿を見られること”と自負した彼はだまされてだます‘借りた’ら間で観客までだまされてしまうようにさせるために声、行動一つまで精魂を込めて延期した。

チャン・チャンウォン監督は“良いキャスティングは観客を気になるようにさせることだ。 そのような意味で詐欺師に変身したヒョンビンはとても期待されてよく似合うキャスティングだった。 可愛い詐欺師に変身したヒョンビンの姿はずっと見たいほど”としてしらじらしい詐欺師で完全に分限ヒョンビンの延期(煙、演技)に親指を褒め称えた。

‘借りた’は来る11月封切りする。
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR