日本人気ドラマ「孤独のグルメ」松重豊、韓国で感動“女性ファンからバラの花…驚きました”



「ビビンバを混ぜていくごとに味が変わっていって、本当に一言で答えることができないような奥の深さを持っているという驚きでしたね」

最近、韓国でロケを行い、話題を集めたドラマ「孤独のグルメ Season7」で主役の井之頭五郎を演じる松重豊は、聯合ニュースとのインタビューで韓国料理やお酒への愛情を伝え、「韓国出張」の感想を語った。

松重豊は「正直、ここまで『孤独のグルメ』というドラマを韓国の方が知っているとは全く予想していなかったです。本当に驚きとともに喜びでもありましたね」と笑った。

また、「日本のただ食べているだけのおじさん」なのに撮影中、女性のファンから赤いバラの花をもらったとして、「驚きでしたね」と振り返った。ファンから赤いバラの花をもらったのは初めてだと言う。

「韓国出張編」は先月、ソウルとビビンバ発祥の地として知られる南西部の全州(チョンジュ)で撮影が行われ、韓国のSNSで大きな話題となった。撮影現場の目撃情報や写真が相次いで投稿され、韓国のケーブルテレビやYouTubeなどでドラマを見た視聴者を熱狂させた。

20180620185305d0b.jpg

松重豊は全州でビビンパ、ソウルで豚カルビを味わった。韓国出張編は今月8日と15日、2週にわたって放送された。

松重豊は「韓国料理というと牛の焼肉というイメージが多いと思いますが、(韓国では)基本的に肉として食べているのは豚肉だし、その豚肉がおいしかったです。それ以外の家庭料理、ビビンバもそうですし、いろんな形で韓国料理屋さんが日本の国内にも増えてほしいです」と語った。

松重豊が演じる井之頭五郎は下戸の設定だが、実際はお酒好きという。「おいしいものを少し食べながらお酒を飲むのが最高の楽しみですね」と話す。

韓国酒として生マッコリを絶賛。「日本ではなかなか飲めない生マッコリというのが最高においしいですね。生マッコリを持って帰れなかったことが非常に悔しくて、日本の人が是非向こう(韓国)に行って生マッコリ、チャミスル(韓国の焼酎ブランド)、CASS(ビール)の楽しい『トライアングル』を堪能してはいかがかなと思います」という。
20180620185305fdc.jpg

4泊5日の韓国訪問中、印象に残ったことについては、「午前中の少し空いている時間に1人で全州の街を散策し、こんなに良い、古い京都みたいな街があるのだな」と紹介。「まだまだ日本人の知らない素敵な場所があるのかなと思って、のんびり周ってみたいなと本当に考えました」と語った。

また、「1泊2日、2泊3日もしくは日帰りでも(韓国へ)旅に行こうというお客さんがいっぱいいるでしょう。女性ばかりではなく、男性にも本当に積極的に韓国の料理を食べてほしいです」と韓国への愛情をあらわにした。

韓国出張編には歌手のソン・シギョンと女優のパク・ジョンアも出演した。ソン・シギョンは「鼓膜彼氏」と呼ばれる歌手で、パク・ジョンアはアイドルとしても活動したと紹介し、「ソン・シギョンさんは(撮影シーンがない)全州編にも顔を出して遊びにも来てくれて、恐縮するくらい嬉しかったです」と語った。

舞台俳優出身でドラマや映画、CMなどで活発に活動している松重豊は韓国のケーブルテレビなどで放映された「孤独のグルメ」で韓国内でも広く知られている。ポン・ジュノ監督の映画「シェイキング東京」(2008年)に出演し、韓国映画との縁もある。

松重豊は「『孤独のグルメ』というのを本当に愛している人が多いなということが一番嬉しかったし、そういう意味で日本と韓国がもっと近づけるきっかけになることで少しでも力になれるのであれば、どんな形でも協力したいなという気持ちでいっぱいです」と意気込んだ。
20180620185305131.jpg


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

BIGBANGのV.I、豪華な船上パーティを開催…パク・スホンのファッションを指摘「パンツが透けて見える」(動画あり)



BIGBANGのV.Iがヨットで豪華なパーティーを開いた。

17日に韓国で放送されたSBS「みにくいうちの子」では、V.Iとパク・スホンがバリ島で休暇を楽しんでいる姿が放送された。パク・スホンはV.Iに「今まで色々してもらってありがたくて、僕が準備したものがある」と話した。

パク・スホンはV.Iに「船を借りた」と話し、ある場所に案内した。そこには船があったが、いかにも古そうに見える船にパク・スホンは困惑し「危険だったりしないか? 」と船長に聞いた。V.Iも不安そうな様子だった。

船には乗れたものの、その日は風が強かったため船が激しく揺れた。そのためパク・スホンは「船酔いで吐きそうだ」と言い、辛そうな表情を見せた。V.Iが「どうして酔い止めを飲まなかったのか」と言うと彼は「君が飲まなかったから……」と答えた。これにV.Iは「僕は元々船酔いをしないから飲まなかっただけだ」とし困った様子を見せた。

そんな中、航海していた船は急に止まった。そして船長は「風が強すぎるから、船を乗り換えなければならない」と話した。V.Iはため息をつきながら船を乗り換え、パク・スホンも「早く戻ろう」と話した。その後もV.Iは、船酔いで苦しんでいるパク・スホンの世話をし、パク・スホンは申し訳なさそうな表情を浮かべていた。

その後V.Iは、豪華なヨットにパク・スホンを招待した。スーツに着替えたパク・スホン見てV.Iは「これは何か。もしかしてボーダー柄のパンツを穿いているか? 」と話した。V.Iの言葉にパク・スホンが「どうして分かった? 」と聞くと彼は「白いズボンを穿いているからボーダー柄のパンツが全部透けて見える(笑)」と言い、パク・スホンのファッションを指摘した。

ヨットがある場所に着くとV.Iは「これは友達のヨットだ。よろしく頼む」と話し、パク・スホンは「君が恥ずかしい思いをしないように行動するよ」と話した。船に乗るとV.Iは外国人の友人らと仲良さそうに挨拶し、パク・スホンはそんな彼を見ながら感心していた。その後、ヨットの上でDJになったV.Iに自身の歌をかけてもらったパク・スホンはパーティーを楽しんだ。

この様子を見たパク・スホンの母親は「あの子は一体どうしたんだろうね」と言いながらため息をついた。

20180619130453754.jpg
20180619130453eb1.jpg


Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

"ユン・ウネ感じ」「ランニングマン」怪力のソウンス♥キム・ジョングク新ラブライン

2018061901001432300111331_20180618064615502.jpg
芸能初心者」ソウンスがキム・ジョングクの新しいラブラインに登場した。

17日に放送したSBS「ランニングマン」には俳優ソウンス、歌手ソン・ダムビ、コメディアンイグクジュ、ナインミュージス経理がゲストで出演して、メンバーたちとカップルミッションを行った。

「デビュー後初の芸能」と自己紹介も震える声を隠しなかったソウンスはキム・ジョングクのピークを受けカップルになり、キム・ジョングクは広大昇天した。 彼の心からの笑顔を感じたメンバーらは "キム・ジョングク型が好きな自然の美しさ」「予備兄嫁」「うまくいったら良いだろう"などのウンウォンを浴びせた。

ソウンスは最初の柔軟性のゲームでソン・ダムビとじゃんけん対決を広げて足を涙足にマウスが私の事態を誘発した。 自信を持って長い脚を引き裂かれたソウンスは「マウスた」と音打ち、これを見守ったメンバーたちはつま先を破って応急措置に出て笑いを誘発した。

続いダンスミッションに実力は不足だが、指でキム・ジョングクを呼んでカップルダンスを踊った。 ソウンスはキム・ジョングクの肩に手を上げ踊る「なぜこのように汗に浸したのか」と驚いた。

キム・ジョングクのいつもと違う行動もメンバーたちの疑惑の目つきを受けた。 キム・ジョングクは盗賊と主任、賃金と民を見つけなければならないミッションに犯人推理は関心もなく移動時間中ソウンスと会話を継続したもの。

이미지 원본보기2018061901001432300111332_20180618064615520.jpg

後ろに座っていたイ・グァンスとジョンソミンは両方の姿を不思議そう見た。 ジョンソミンが「二人コンニャンコンニャンした姿を見るのが気持ちいい」と言うとキム・ジョングクは「何コンニャンか。私とソウンスラング年齢差がオルマンデ」とした。 これソウンスは「兄、年齢が何重要なのです」と積極的な姿を見せたキム・ジョングク年齢を尋ねた。 妙なピンク気流に李光洙は「あそこ申し訳ありませんのにタクシーに乗って行くよ」と言って笑いを誘った。

だけでなく、ソウンスは少女商売ユン・ウネに劣らない怪力まで自慢した。 蓮の中で3つのチームが入ってお互いを蓮押し出す蓮センター戦争ゲームが始まると、反転魅力を表わした。

ヨリヨリした画像のソウンスは予想外に少女商売のような姿を垣間見た。 男メンバーたちがキム・ジョングクを後押しうとの間ジョンソミンソン・ジヒョが一致協力してソウンスを押し下げた。 しかし、ソウンスは二人の力にも全く押されず、むしろ他の女性メンバーを逆攻勢してアウトさせた。 結局ソウンスの活躍の中にキム・ジョングクが、残りのメンバーを押し出しながら、二人は勝利を横取りした。

これを見た母は「商売のキャラクター久しぶりだ "、ジ・ソクジンは「昔のユン・ウネを見ているようだ」と驚いた。

2018061901001432300111333_20180618064615528.jpg

勝利した二人は、華やかな食卓を受け、キム・ジョングクは「多良い子が面白い。私マフ打つ」と語った。 ソウンスは「芸能が初めてだぬいぐるみ」と照れた。

ソウンスは放送直後、自分のSNSに「楽しかったランニングマン♥」と現場の写真を公開して、楽しい思い出を振り返った。

怪力のソウンスがラブラインまで披露し、生涯初の芸能申告式を成功裏に終えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

キム・ヒチョル'ノ・ホン・チョル-金英徹と遊んできました'



スーパージュニアの金ヒチョルが日本福岡で行われたあるテレビ番組撮影を終えて17日夜、仁川(インチョン)国際空港を通じて帰国した。

キム・ヒチョルが独特な空港ファッションを披露しており、入国場を抜けている。

Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

'ムントゥン'ソルヒョン、アルプスの絶壁も怖くない'度胸新入'[総合]



'団結してこそ浮かぶ'のソルヒョンがサイドカーオートバイの曲乗り運転にスイスの絶壁も怖くていない度胸のいい少女に生まれ変わった。

17日午後放送されたJTBC芸能番組'団結してこそ浮かぶ'では、フランスとスイスに旅行に出発した'団結してこそ浮かぶ'メンバーたちとAOAソルヒョンの姿が描かれた。

同日、パッケージ旅行チームはパリでルーブル博物館は、観覧してサイドカーバイクシティツアーを満喫した。パッケージチームは特別なチームワークで行く先々で一緒に写真を撮った。ルーブル博物館ガラスのピラミッドの前ではピラミッド大型で写真を撮ったりして、エッフェル塔の前ではヘルメットをかぶり、'5気筒ダンス'を踊りながら、写真を撮ったりした。 

20180617234128395.jpg

ソルヒョンは心配おじさんたちの愛をたっぷり受けた。朝の食事をしないソルヒョンを向けてチョンさんは謝罪を持って来ており、キム・ヨンマンはコーヒーを持ってきた。彼がコーヒーをこぼしと、キム・ヨンマン、チョン・ヒョンドン、安貞桓(アン・ジョンファン)、金成洲(キム・ソンジュ)からパッケージチームお父さんまで各種のウェットティッシュや紙くずを持って来い笑いを誘った。 

ソルヒョンは、並外れた度胸を自慢することも。彼はぐらぐらせるサイドカー曲芸運転にも微動もせず、これを楽しんだ。ぎりぎりの運転にソルヒョンは"豪雨"と大声を張り上げ、エクストリームマニアらしい姿を見せた。そんなソルヒョンを見て、キム・ヨンマンも不思議がった。 

スイスに到着した旅行チームはスイスの自然景観と澄んだ空気に感嘆した。彼らはゴンドラに乗ってフィルストを登りながら絶景を鑑賞した。彼らはアルプス絶壁の道を歩く前の、まけて下したような絶壁に感嘆と恐怖を同時に感じた。 

2018061723412868b.jpg

ソルヒョンはチームの先頭走者に出てクリフ・ワークを導いた。そんなソルヒョンを見ながらメンバーたちも、旅行客たちも"ソルヒョンが本当に怖がらない"と感心した。一人の男旅行客はソルヒョンに"怖くないか"と尋ね、ソルヒョンは"全部するのではないのか。一つも怖くない"と述べて皆を驚かせた。 

クリフ・ワークの最も難関な渓谷になってソルヒョンは"呉怖い"と感心した。しかし、ソルヒョンはその瞬間にも写真を撮りながら、余裕を見せ、旅行チームの末っ子を心配までした。そんなソルヒョンはまさに'不敵な新人'でまともに活躍した。先頭走者としてチームをけん引したソルヒョンと、最後で弱虫末っ子を得た金成洲(キム・ソンジュ)のおかげでの旅行チームは幸いにもフィルストの頂上に到着した。

ソルヒョンはフィルストの頂上でも度胸のいい面を見せた。彼はメンバーの中心になって記念写真を撮った。また、"君なら食べられるか"は問いに、誰よりも断固として"ここで食べたラーメンは今外に食べられない。食べなければならない"と言ってメンバーを爆笑させた。 

旅行客たちはソルヒョンの指導で雪景色を背景にAOA'エクスキューズ・ミー'振り付けを踊りながら、もう一つの思い出を作った。彼はバイクツアーでも首位に立って4メンバーを丈夫につくった。/yjh0304@osen.co.kr

Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR