FC2ブログ

名前のない女 56話まで

第55部:名前のない女::

刑務所に来た謎の手紙を受け取ったヨリ(オ・ジウン)は、ボムは生きているという事実に希望を持つ。一方、サポート(ペ・ジョンオク)は、ヨリの刑を追加させるために、同じ部屋の受刑者を買収することに決めする....

第56部:名前のない女::

虚偽情報提供のために打撃を右晩年(ソグォンスン)と起動(ソンドンヒョク)は加盟店週に損害賠償をすることにする。一方、暴行是非に巻き込まれたヨリ(オ・ジウン)は、自分の無罪を立証するために、同じ部屋に収監されている囚人番号104(ユジヨン)を説得する。

☆お互いの利害のために結婚をすることにしたドチとヨリだけど、結婚式の最中にジウォンの卑劣な悪巧みでヨリは脱獄囚として再び刑務所に入る羽目になった。
でもヨリの本当の気持ちをドチが知ることになって、心から愛されているんだと確信できて、そこはよかったわ。
ヨリを救い出すためにドチが奔走してくれるものね。

マヤがボムだってことにヨリがいつ知るのか、やきもきしちゃうわ。ムヨル母が正直に教えればそれですむのに。あんな息子でもかばわないといけないのね。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2018   0 comments   0 trackback
Category :名前のない女

名前のない女 45~48話

毎度急展開で、感想が全く追いつかない(笑)

ムヨルはますます卑屈な嫌な奴に成り下がっていくけど、それよりもドチのヨリに対する態度が横柄で不愉快だわ。
いくら自分が騙され利用されていたのがわかったからって、あそこまで手のひら返したように冷酷な態度が取れるものかしら。
ヨリが復讐する理由を聞いたでしょう?少しは同情の余地があるんじゃないの?

自分を冷遇していた兄が倒れたからってヨリを真っ先に疑うとは、情けない。
そんなに兄を大事に思っていたなら会社経営に乗り出さなきゃいいんじゃないの?兄と対抗するような立場にあえて立っておきながら、急に兄の味方になってヨリを責めるなんてね。
単純すぎる。
ジウォンが怪しいと思いながらも「もし君が兄を倒したのなら絶対に許さない」とは。麗しい兄弟愛ですこと。
まあジウォン夫もドチがジウォンのせいで意識不明の重体に陥ったと知ったとたんに、ジウォンに離婚届を突き付けてたけど。

ムヨルが誰よりも先にマヤがボムだと気づいたわね。そのことでジウォンをゆするムヨル。これで自分の身分が確保できたとほくそ笑む。
父に危害を加えたのはソルだと思い込み、キーキーうるさいヘジュが、マヤがボムだと知ることでますますわめくかと思うと憂鬱だけど、ドラマの冒頭で出ていたジウォンの実の娘問題。
ジウォンとヨリが本当は親子なんでしょう?そこも見どころだし、目が離せないわ。ヘジュシーンは飛ばしながら視聴しようかしら。
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2018   0 comments   0 trackback
Category :名前のない女

名前のない女 39、40話

39話
ユン・ソル(オジウン)とボミ(ゾイェリン)の遺伝子鑑識結果母女に確認されるとユンソルは喜ぶことも少しの間, 金純味(朴所定)の帰国時間に合わせて素早く動く支援を追う. その視覚ムヨル(ソジソク)はウイドグループ売却決裂記事を振り撤くのに...

40話
四葉のクローバほくろがあるマヤ(金誌の中)は家で絵を描いたという理由でジウォン(ベ・ジョンオク)に大目玉を食って, 区会場邸宅に差しこんだ怒ったユン・ソル(オジウン)はジウォンにボムイを出しなさいと言うのに!

☆はじめから、ジウォンがマヤを差別してやけに冷酷な仕打ちをするので怪しんでいたけど、やっぱりマヤがヨリの本当の娘、ボムだったみたいね。
どうして引き取ってヘジュに育てさせることにしたのかしら。
まるで虐待するために引き取ったように見えるわ。
でもとにかくボムが生きててよかった。卑劣なムヨルの娘だとしても。
ムヨルの間抜けさときたら。すっかりヨリに騙されて自分がまだ愛されてると勘違いするなんてねー。滑稽だわ。
でもヨリに裏切られたと知ったら、まだヘジュとよりを戻すのが目に見えてるわ、だって卑怯者だもの。

さわやかイメージだったソジソクしがこんな薄汚い役も演じるとは。いまや憎らしくしか見えない。
蚊帳の外状態でヨリへの純愛を貫いているドチが可哀想。だからこそヨリは復讐劇に巻き込みたくなくて、別れようとしてるんでしょうけど。

今、焦点は会社の破滅危機とボムの正体に絞られてきたけど、ヨリを応援せずにはいられないわ。早くボムと再会させてあげてほしいわ。



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :名前のない女

名前のない女 36話まで

イギリスから来たマヤ(金誌の中)の友達ボムイを見た支援(ベ・ジョンオク)はボムの名前代わりにケルリだと呼ぶように言い付ける. ユンソル(オジゥン)はボムの診療記録に近付いた看護婦の手がかりを取るのに...

☆ドチの想いをソルが受け止めて、晴れて公認カップルになったのはいいけど、ムヨルの前ではあくまで株を手に入れるためのお芝居ってことになってるから、このふたまたはややこしい(・_・;)
ヨリは子供がいることまではドチに告白したけど、自分が無実の罪を着せられて収監されていたことや、子供を奪われた復讐のために生きていることはまだ言えない。
もしすべて打ち明けたとしたら、ドチなら協力するよりもきっと、そんなことは止めて幸せになることを考えようって言いそう。
ドロドロしたドラマの中で一服の清涼剤というか、癒しの存在のドチ。

これまでヘジュがヨリの亡霊に悩まされてきゃあきゃあわめくのがうるさくて見苦しかったけど、子供問題にメインが移行してくると、ジウォンがマヤを叱りつけるのが、耳をふさぎたくなるくらい見てられない。
一体ヨリが探しているボムはイギリスから来たマヤの友達なのか。まだ102話まで続くから、何回もドンデン返しがありそう。
先は長いのに、子供のこととなると取り乱してしまうヨリが危なっかしくて、ひやひやさせられるわ。
目が離せない。
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2017   0 comments   0 trackback
Category :名前のない女

名前のない女

あああああああああああああdesign_program_690_1

ドロドロ復讐劇は、やっぱり面白い。
ありえない展開、スピーディな筋運びでひきつけられます。

どんな作家さんかなーと調べると、ムン・ウナ脚本家さんで、これまでの作品は。
「君は僕の運命」「笑ってトンヘ」「アジュンマが行く」「彼女が帰ってきた」「わが愛しの蝶々夫人」等。
どれも面白くヒットした作品ね。特にユナちゃん主演の「君は僕の運命」と「わが愛しの蝶々夫人」はハマって観た記憶があるわ。

いつも視聴後感としてはすっきりさわやかな感じだったけど、今回は強烈、激しい内容。
普段は温かみのあるベテラン女優のペジョンオクさんが、こわい、怖い。
そして長年つきあってきて結婚寸前だった彼女をお金のためにあっさり捨てる、卑劣な男、ムヨル役のソジソクしは、「19の純情」のころの初心な好青年とは思えない芸達者ぶり。こういう悪役もできるようになったんだなーと感慨無量。

ライバル役のヘジュもいい感じに不快キャラ(笑)
思いっきり憎めそう。
ヒロインヨリに翻弄され利用されていくドチ役のパクユンジュしは、日々ドラマで王子様役がお得意。チェリムさんの弟として七光りデビューだったけど、今やしっかり自分の地位を確立した感。

「笑ってトンヘ」で今をときめくチチャンウク君の相手役だったオジウンしが演じるヒロイン。オジウンさんは最近結婚されましたね。おめでとうございます♪

父と娘を殺され復讐を誓うヒロイン、ヨリ。その周到な根回しぶりもお見事。まず自分の味方選び。
無実の罪で服役した刑務所で知り合った、謎のお金持ちマルニョンの養女になる。そしてマルニョンの亡き娘の元婚約者も味方につける。
純粋無垢な女性だったヨリは復讐の鬼、弁護士ユンソルとして生まれ変わる。
ソルの計画としては、まずホンジウォン一家に入り込むために、ドチを誘惑して結婚、自分を裏切ったムヨルと今ではラブラブ夫婦のヘジュとの仲を引き裂き、離婚に持って行く。自分がWDグループを乗っ取って一族を破滅に追いやる、というストーリー。
ホンジウォンたちをひざまづかせた上で、自分も父と娘の元へ行くと誓っている。

うまくいくといいわ。ヨリがムヨルと接触して昔の優しく甘い時代を思い出してちょっと心が揺れるのよね。そんな自分を戒めながら思い直して突き進む。これからもムヨルを徹底的に攻撃してほしいわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2017   2 comments   0 trackback
Category :名前のない女
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR