FC2ブログ

ソウンス、シンヒェソンイテフヮンに見たかった'黄金色の私の人生'家族の会食



俳優ソウンスが'黄金色の私の人生'家族と久しぶりに再会した近況を伝えた。 

ソウンスは19日、自分のインスタグラムに"に見たかった顔。。。"というタグやハート顔文字と一緒に写真を掲載した。写真にはシンヒェソンイテフヮンイダインのシン・ヒョンスなどが和気あいあいな雰囲気を演出している。 

ソウンスはこの3月に終映された'黄金色の私の人生'でソジス役を演じ、熱演を繰り広げた。ソウンスは、ユーチューブ・レッドで国内デビューしたオリジナルドラマ'塔マネジメント'(仮題)に主演に抜擢され、撮影中だ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

黄金色の私の人生 35話まで

ドギョンはジアンを諦めない。だってジアンが自分のことを好きってやっと告白してくれたもの。
好きだけどどうにもならない、関係は発展しないってジアンはドギョンを説得するつもりだったけど、今のドギョンは誰も止められない。
ジアンの本心を聞いてますますやる気出てきたみたい。

ヘソングループから独立して、生まれたときから決まっていた敷かれたレールを下り、自分一人の力で事業を興すところからやってみるつもり。
何の疑いも持たなかった自分のお仕着せの人生を、自分自身の知恵と力で切り開いていきたい。ジアンの気持ちを知って、勇気つけられたし。

ジアンは屁理屈が多いし、ジスはジアンに劣等感を抱くばかり。
このドラマの女子で一番好感が持てるのは、ドギョン妹のソヒョンかなー。
根っからのお嬢様で、憂さ晴らし、家と親への反抗といえばせいぜいクラブで羽目を外すくらい。今、偶然知り合ったジアン弟ジホによって社会勉強をしてるけど、庶民の暮らしとの格差にいちいち驚くさまが案外可愛いわ。
このドラマの中で最終的に一番成長するのはソヒョンかも!?ってひそかに期待して見てます(#^.^#)
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

シンヒョンス "`黄金私の人生 `想像癌、最初は戸惑ったが、安藤"

0004131265_001_20180411070301557.jpg
俳優シンヒョンス(29)は、最近、人気裏に放映終了したKBS2週末ドラマ「黄金私の人生」(脚本ソ・ヒョンギョン、演出キム・ヒョンソク)に出演して、様々な初体験をすることになった。 最初の週末ドラマ出演で初賞休暇まで。 シンヒョンスの生活の中で「黄金私の人生」は、特別な経験に残った。

最近毎日経済スタートゥデイとのインタビューでシンヒョンスは、グアムで賞休暇を行ってきた余韻がまだ残っているかどうか "事実 '青春時代2」で賞休暇を行ってくることができた」黄金私の人生」の撮影スケジュールと重なっ惜しくも参加できなかった。 グアムの間睡眠も減らしながら仲間たちと一晩話をして楽しく過ごした」と陽気な表情を隠せなかった。

シンヒョンスは「黄金私の人生」でソテス(チョン・ホジン)とヤンミジョン(ギムヒェオク分)夫婦の息子であり、サージ状態(イ・テソン分)、サージない(シンヒェソン分)、ソジス(ソウンス分)の弟ソジホ役を引き受けた。 シンヒョンスは、既存の週末ドラマの分別がない息子のキャラクターから抜け出し「お金が権力であり、階級」という信条を持って自分の人生を開拓していこうと、現実的なキャラクターであるソジホを完璧に消化して視聴者たちの好評を受けた。

「ソ・ヒョンギョン作家が「ジホはこの作品で雰囲気換気を務める役割」と教えてくれました。自分のビジネスをしようとする積極的な姿を持つ若者ながら、家族と一緒にいる時は、ビタミンのような末っ子の姿を演じてくれたでしょう。むしろ家の内側と外側が対照と演技いう編したと思います。お金言う感じではなく、働きながら楽しむ感じを追加しようとしたし、その中で大人っぽい姿を見せしようと努力しました。既存の週末ドラマにあった末っ子とは違う感じでした。 "

이미지 원본보기0004131265_002_20180411070301602.jpg

シンヒョンスは劇中の父を失う煙が煙以上の感情で近づいてきたと述べた。
写真ㅣユヨンソク記者
うまく行っ」、黄金私の人生」が、中間に父ソテスが「想像癌」にかかったという設定で議論の中心に立つこともした。 実際の放送以来、「想像癌」は、ポータルサイトのリアルタイム検索語に登場し、「想像癌」というのが実際に存在していない病名であることが明らかになり、視聴者の口に上下した。

シンヒョンスは「想像癌」という設定について、「台本に表示想起させる父親が想像癌にかかっくださったのか分からなかった」とし「最初は「想像がん」だったこと慌てたが、後には「本当のがんではなく、想像癌と幸いである」と安堵した。 父が帰って消えずに、私たちのそばにおられることを意味だったからだ。 しかし、結局、父戻り掛けて倍悲しかった」と述べた。

演技を通して、家族を失う悲しみを感じたシンヒョンスは個人的にも厳しい時間を過ごした。 父を失う悲しみをただ演技でアクセスすることは礼儀ではないと思ったシンヒョンスはこれまでになく真剣に演技に臨んだ。

「「想像がん」は、率直に言って大丈夫でした。 誤診としたが確定を受けるから、個人的に多く大変でした。 これから葬儀場のシーンをどのように受け入れなければなら一つ。 台本を見たら、演技以上の感情が近づいてきました。 もし私に両親がいないおらどの寂しいだろうか。 いくら幸せも父がない人生は空虚するだけです。 "
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

「黄金」イ・テソン "萎縮したサージ状態役、実際の性格と正反対"

0003746626_001_20180328081206270.jpg
'黄金私の人生」イ・テソンが長い呼吸の52部作ドラマを無事終えた所感と自分のキャラクターを演技しながら感じた点などを明らかにした。

イ・テソンは、最近行われたOSENとのインタビューで、「まだドラマがない終わったようだ。53回がすぐに放送されるような気分だ。撮影を長くして、みんなの空虚し虚しい感情も感じたようだ。実感が出ない」と話し始めを開いた。

イ・テソンは視聴率45%を突破して「国民ドラマ」と呼ばれたKBS2「黄金私の人生」でサージ状態役を引き受けた。 ジャンの兄であり、土カトラリー家の長男として、Nフォー世代を代表する人物として描かれた。 結婚と恋愛を放棄し住んでいたが、シュアに会って結婚して子供も出産ハッピーエンドを迎えた。

ドラマの中のキャラクターがほとんどハッピーエンドを迎えたこととは違って、私の父ソテス(チョン・ホジン分)は、癌で死亡した。 これイ・テソンは「事実想像がん内容が出てきたとき「今後幸せよく買うデュロ」たかった、最後の台本を受け取ったときに反転だった。いざチョン・ホジン先生はキャラクターが死ぬことに対して淡々と受け入れられた。葬儀のシーンをセットではなく、実際の病院葬儀場で撮ったが、気持ちが変だった。撮影自体も大変だったが、結局撮影監督は、撮って泣いた」と述べた。

「黄金私の人生」放映終了を控えて疲労のために病院を通ったイ・テソンは生放送の撮影まで重なり、苦労を経験した。 彼は「ドラマ終了の2週間前から疲労がひどく、毎日病院に行く注射を受けた。ここに生放送の撮影に進行されて、ほぼ泣き心に撮った」と話した。

이미지 원본보기


作品が視聴者に大きな愛を受けただけに、打ち上げの雰囲気は良かった。 俳優たちと製作陣は、ソウルのある飲食店で最終回を一緒に視聴して約10ヶ月間の大長征を終えた。

イ・テソンは「家で一人で見る時、主に私は出てくるシーンと演技に集中してきたが、人とともにみると一人で見たときと違うよ。最終回の内容が胸の痛み、悲しい場面も多かったが、一緒に見ると、感情をすべて明らかに期恥ずかしかった」と告白した。

サージ状態のキャラクターを送ったイ・テソンは涼しくさびしい心と物足りなさが共存するとした。 既存の引き受けた役と違って演技の勉強に役立つたが、同時に息苦しさも感じた。

彼は「基本的にやってみなかったキャラクターだから、私の姿が出てくるといけないと思った。人間イ・テソンを完全に消去延期しようとした。サージ状態は夢や希望、ビジョンなどがなく、一日一日を乾燥させ生きていく。そんな人物に沿ってながら演技だから、私の気持ちもだんだんそう変わった」と説明した。

続いて「明るく笑う場面もほとんどなかったし、常に陰れている表現、萎縮した歩き方が続いた。実際の性格とは正反対だったので、より大変だったようだ。作品で私に似てキャラクターに会ったことがなく、会うことも難しいようだ"と打ち明けた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

'黄金色の'イテフヮン"出演確定の前に心配+悩みたくさんありあした"



俳優イテフヮンが'黄金色の私の人生'でソンウヒョクを延期して得た悩みと悟りについて明らかにした。

この11日、終映したKBS2'黄金色の私の人生'でイテフヮンはインテリア・ショッピング・モールを運営する青年実業家としてソジアン(シンヒェソン分)の高校の同窓であり、ソジス(ソウンス分)の恋人で視聴者にときめきをプレゼントし、好評を得た。

たくさんの愛を受けた作品であるだけに、最近ソウル市江南区論硯洞(カンナムグ・ノンヒョンドン)のあるカフェで行われたヘラルドPOPとのインタビューで、イテフヮンは空虚さが感じて心寂しかっと打ち明けた。

"50部作という長い作品だったにドラマが終わってからも緊張していました。報奨休暇に行ってきたが、一日二日くらいは何か休みに行ったことなのにもかかわらず、気楽に遊べなかったようです。心がちょっと重いものがありますが、最後に夜の海に横になって星を見たが、空を見ますから、みんな重い気持ちが全部解けました。荷を降ろしになって。ついに終わりだなということを認識するようになりました。その後に今までも空虚さが感じて心寂しかったりもします"

イテフヮンは演技活動を本格的に始めて以来、絶えず作品をしてきた。特に2017年にはMBCドラマ'お父さん私が仕えるます'に出演し、50部を消化して4ヶ月ぶり'黄金色の私の人生'に出演し、烈日行動を続けてきた。

相次いで長い呼吸の週末ドラマを消化するようになったイテフヮン。これに対してイテフヮンは'黄金色の私の人生'に出演をすることに決定する前に多くの心配と悩みが入ったと答えた。

"最初にたくさん心配しました。私が当時、前作'お父さん私が仕えるます'50部作ドラマをして体力的に疲れました。'黄金色の私の人生'監督が実物のミーティングをしたいと連絡をくださった時全作品後疲れて自信も生じていない状態で無事終えることができるかと思いました。不安感を持って監督をお伺いしましたが、監督さんが私の笑顔がソンウヒョクというキャラクターとよく似合って記憶に残ったとおっしゃってくれました。確信がなかったが、引き続き信頼を与えてこれから生涯演技するのですが、監督様を信じてやってみようという気が、私の人生で良い経験に立つと思って出演を決定するようになりました。いつも監督に聞いてコメントも受けて俳優たちにももらったりしているから、うまく決着されたようで監督に感謝します"

しかし、イテフヮンが担当したソンウヒョクは、決して容易なキャラクターがなかった。サージ眼科ソウンス、2人の姉妹の間で揺れて真の愛を探す立体的なキャラクターだったからだ。

これにイテフヮンはソンウヒョクをよく消化するため、自分とキャラクターの間の似たような点と違う点を把握して相手の俳優に意志したと伝えた。

"ソンウヒョクは好き嫌いがとてもはっきりして理性的な部分があり、幼い頃から人に対することができます。そうしてみると、私と似てる点もあり、異なる場合もあるが、私と似ている点は、ひとまずヒョクイも仕事を早く始め、私もモデルとしてスタートし、9年目になりました。早く仕事を始めてマネージャーなしで一人で通いながら仕事をしてそうか相当強くなったようです。元々そうだったかは分からないけど少しは理性的な部分が生じました。そんな部分で(キム・チャンヒョクと似た部分がいるみたいで、他の点とすればヒョクイは成功した青年事業家です。それで不足することなく、ゆったりとして人を見ると思います。しかし、私はまだ安定を取り戻しれず、余裕よりは鞭をする段階であるようです。それでヒョクイラはキャラクターを演じた時たくさん大変でした。2人の姉妹の間の二また道に立ってどう表現しなければならないかと悩みました。それで、相手役の女優にもいろいろと頼るようになったようです"

そして、イテフヮンは2人の姉妹の間で愛なのか友情かわからないので混乱する時、作家先生が大きな助けを下さったと付け加えた。

"実はあの時集安という人物を友情か愛なのか分からない指数を向けた心もよくわからないので過程を悩んだ末、作家先生に25部が終わったら電話を差し上げました。何の感情かよく分からないしたら作家さんもそのような部分について共感してくれました。その時、作家先生が'ヒョクイがだんだん変化する時点があるのでヒョクイも分からないのに学ぶ、どうやって知ることができるだろうか'として知らなければ分からない所でしなさいと言いました。その話を聞いて私がうまくなろうと余り欲張るものなのではないかと思ったし私もそのキャラクターについてもっとよくわかるようになりました。その後は'こうだからそんなになったね'し、悟るようになりました"

Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR