FC2ブログ

シンヒェソン"`黄金色の`後の次期作悩みさらに大きくなったんです"



'黄金色の私の人生'を通じてラブコール1順位俳優になったシンヒェソンは相変わらず仕事に渇きを覚えている。提供|YNKエンターテインメント[毎日経済スタートゥデイパクセヨン記者]

"水が入ったので、ハハ。。。一生懸命に櫓を漕いでください!少なくとも1~2年は牛のように仕事してみたいです。私の体がどこまで耐えられるか…へへ。"

KBS2の週末ドラマ'黄金色の私の人生'を通じて俳優として黄金色の旅程を予約した俳優シンヒェソン(29)が'烈日'を誓って明るく笑った。ドラマを終えた後、すぐにグアムに報奨休暇に出かけたが、忙しいスケジュールで休暇まで全日程を満喫しないまま帰ってきたシンヒェソンだが、お化け旅行のように1泊3日に終了した褒賞休暇の話から'黄金色の私の人生'話、的外れな空想と健康なロマンで満たされた内面まで惜しまず吐き出した。 

シンヒェソンはKBS2'学校2013'、tvN'高校世渡り王'、'オ私の鬼さん'、KBS2'子供が五'、SBS'青い海の伝説'、tvN'秘密の森'に続いて最近終演した'黄金色の私の人生'まで、最近3~4年間休まずに仕事と同時に送った。助演から主演で、着実に自らの立地を固めてきたシンヒェソンの行動は、簡単に'成功'を断定することが難しい業界でも独歩的な上昇傾向を示した。 

運も十分による結果が、何よりも、これはシンヒェソンの努力の産物だ。大衆の目をかろうじて押し寄せ始めていた新人時代、よく弾む、開城(ケソン)の次世代スターに映し出されたときとは違って、いつのまにかシンヒェソンが登場する作品、場面は視聴者に信頼感を与える。そんなにシンヒェソンは、信頼を与える俳優として成長し、れっきとした業界のラブコール1順位女優と言っても過言ではない。 

しかし、成長しただけに、悩みの深さも、広さも拡大された。"多くの場所で捜してくれていつも感謝の気持ちです。今も同じではあるが、以前は雇用不安定に悩まされました。ところで今は選択されていること自体に対するものよりもどのような方向性を持って作品をするか、私がよくすることができるかなどを複合的に悩むようになります。悩みの深さが違ってくるんです。"

20180324101956dde.jpg


俳優シンヒェソンは'黄金色の私の人生'後の次期作に対する悩みはさらに大きくなったと話した。提供|YNKエンターテインメント高い視聴率で終了した'黄金色の私の人生'はシンヒェソンに人気と信頼をプレゼントしてくれたが、次回作に対する負担も一緒にくれた。"次回作に対する負担感がとても大きくなりました。元々視聴率が出やすい時間帯のドラマでもあったが、もっとよく出、過分な愛をたくさん受けただけに、次の作品が負担になるんですよ。最大限私がよくできること、あるいは本当にやってみたい感じがする作品をしてみようと思います。"

'黄金色の私の人生'視聴率が後半に入って上がるときやっぱり気分いい負担感が大きかったと。彼は"確かに興味をたくさん受けたら負担感はできたね。。影響を受けないことはできないが、最大限影響を受けないように努力した"、"キャラクターが悪口を食べるという感じを持って行きながらも、作家先生がくださったキャラクターを逃さないために前進した"と話した。 

劇中の集安(シンヒェソン分)の2人の母親である未定(金ヘオク)、明希(のナ・ヨンヒ扮)に対する心は"せつなさ"そのものだったと。シンヒェソンは"金ヘオク、のナ・ヨンヒ、先生が演技するのを見ればただでしっとりしているし、先生ということ自体で彼らのキャラクターが納得になった"と話した。劇中の父たちのテス役のチョンホジンについては"近づいてくることは容易でない方だが、一緒にしながら先生の俗情を感じることができた"、"実際私の父とは別にいろいろと重なるものがいて移入がもっとよかった"と付け加えた。 

特にガムチョンシンが多かった吉安駅を消化するのは'内攻'のシンヒェソンにも容易ではなかった。そのたびに力になったのは一緒にしている俳優だった。 

"率直に大変でした。普段涙が多くない方だが、序盤からたくさん泣かなければならなかったんです。集安が号泣する場面が出たら'私が泣くことができるだろうか'負担がたくさんできたのに、太守父(チョンフジン分)や未定母(金ヘオク分)の目を見ていれば自然に涙が出ました先生たちが引っ張ってくれる力がないかと思わせるほど、先生たちの存在自体が集中することにしてくれたんです。"

シンヒェソンは"怒って声を張り上げていることも感情が必要だが、感情が掲載されなければ、絶対涙が出ないんですけど、、号泣する場面がとても多くなり、激高した感情を引き続き維持しなければならないので難しくて大変だった"と述べながらも、"そんな場面のおかげで勉強がたくさんなった。また、スタッフたちが現場の雰囲気をよく捕まえてくれて配慮してくださって感謝する"と挨拶を伝えた。 

パートナー道警駅のパク・シフ氏は長い旅程で、頼もしい支えになってくれたと。シンヒェソンは"お兄さんはいつも私が揺れないようによく捕まえてくれた。中間中間の揺れがくるときもお兄さんを見ると、動揺する姿を一度も見られなかった"、"時折集中力が乱れる時もお兄さんのおかげに集中して行くことができた"と感謝の気持ちを伝えた。(インタビュー②で継続) 

Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

黄金色の私の人生 26話まで

心が整理されていない状態で、いきなり太守を直面ジアンはさらに感情の混乱を経る。そんなジアンとの出会いの後太守の行動は、以上のことばかりして...老獪長ジアンが自分の孫娘ではないという事実を知って、急いで帰国し、ミョンヒと組み込みを木だというのに。道警は変わったジアンの行動になぜ心を閉じたか学ぶが、その後、なおさら冷たく接するジアンだ。

☆生きながら死んでいたジアンの心が、疎まれても拒絶されても逃げられそうになってもあきらめないヒョクの粘り強い寄り添いのおかげで、息を吹き返し、逃避場所から元居たところまで帰ってみようというまでに快復した。
ようやくジアンの居場所を探り当てたギョンスが駆けつけると、今まさにヒョクと一緒にソウルに向かうジアンに遭遇。無視するジアンだが、ギョンスは無理やり車を停めさせ、どんなに心配したか、どうして連絡しなかったのかと思いの丈をぶつける。
ジアンは全く事務的な口調でギョンスに型通りの挨拶しか返さない。もはや関係ない人だから。

ギョンスにはジアンの気持ちが推し量れない。たどりついた結論はジアンを自分が怒らせたのだというもの。そこでしつこくジアンを追いかけジアンに会い、許しを乞うがジアンは全く相手にしない。ただ両親をとがめないよう働いてくれたことに感謝して、二度と現れないでと言うのみ。

けれど、ジアンはギョンスが父に自分の居所を教えたと知り、これまで眠っていた感情を爆発させる。「どうして会いたくない父に合わせるようにしたの?あんたのことを好きだとでも言うかとおびえて卑怯にも逃げたくせに!」
ジアンは父と対面しても後ずさり、家に帰りたくない、当分家族の顔も見たくないと言うくらい、今は父と会いたくなかったのに。
なぜならジアンは父と母を裏切るかのように、ただただ貧しさから惨めさから逃れたくてお金目当てに実の生家だと教えられた財閥家にさっさと出て行ったから。その自責の念がジアンの心をむしばんで自分を殺してしまいたいほど苦しんでいるから。
嘘をついて自分を財閥家にみすみす行かせた両親が憎くもあるし、親を捨てた自分はもっと憎く、申し訳なくて顔を合せられないから。

ギョンスにはやっぱりわからない。そんなジアンの血を流すような思いが。何不自由なく育ったギョンスにわかるはずもない。
だからこそギョンスはジアンに激白したようにジアンが気になってしかたなく、心配でどうしようもなく、自分でもわけがわからないほど惹かれるのだ。

家や親から離れ海辺の村へたどりついて自分を押し殺していたジアンが初めて心を許したのがヒョクだとすれば、嫌悪でも憎悪でもはじめて激しく心を揺さぶったのはギョンス。それは怒りでもジアンが誰かに感情を露わにして膿を吐きだしてジアンがジアンに戻るための一歩なのかもしれない。

ギョンス、なんて痛くてなんて難しくてなんてやっかいな恋をしてしまったんだろう。決められた婚約者と決められた結婚をするまでのほんの火遊びにしては重すぎるわね。

それにしてもヒョク株急上昇でしょう。天使だわ。あんなふうにそばで見守ってくれて暖かな処置を施してくれて、家に帰れないジアンのための部屋まで用意してくれて。今はちょっとコミカルな大人のラブストーリーを紡いでいるヒョク姉ヒが昔ジアンと同じように心を閉ざしてしまっていたのね。だから傷を癒す方法を知っていたのね。
誰かがずっと付き添って見守っていなければいけないってこと。ヒョクにはもうジアンに対する恋心は薄れているように見えるわ。それよりも自分が生きなおすきっかけを作ってくれたジアンをまるで母のように姉のように慕っているのよね。人として敬っているし、心から友達として手助けしたいって必死なのよね。そういう想いの方が恋愛よりももっと深い情かもしれない。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

シンヒョンス "黄金私の人生、私の父と共感広げた作品"

0003270113_001_20180321115211838.jpg
大勢という修飾語を付けるには、恥ずかしい面が多く...俳優という修飾語が似合うように人というのは何であるか、より心配しています」

目が良い俳優シンヒョンス(29)は、自分に注がれた関心について次のように答えた。

2015年OCNドラマ「美しい私の花嫁」でデビューしたシンヒョンスは4年の間に10本のドラマを撮った。 しかし、彼はまだ不足している話をする。

最近放映終了したKBS2週末ドラマ「黄金私の人生」は彼にもっと特別な意味を持つ。 視聴率40%を突破し、2017年の最高視聴率を記録して絶大な人気を謳歌したからである。 シンヒョンスは「長い呼吸のドラマは初めてなので、俳優とスタッフと情入っ別れる時残念だった」と回想した。

彼が引き受けたソジホ役割はドラマを導いていくソさんの家のムードメーカーに対応する。 一人息子という彼は "事実家では、その多く錠を表現していない」とし「今回の撮影をきっかけに父親の理解と共感の幅が広くなったようだ」と笑ってみせた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

"道警のパム団結して"パク・シフ氏、'黄金色の'縁やグアムの思い出をたくさん作ること



俳優パク・シフ氏が映像でグアムでの近況を伝えた。

'黄金色の私の人生'終了後グアムに褒賞休暇を離れたパク・シフ氏は、劇中のチェドギョンの周辺人の役割を務めた俳優たちとの思い出を描いている。

15日、パク・シフ氏の微博に公開された映像には、パク・シフ氏をはじめ、道警の秘書の李ギュボク、道警の財閥友達の金ソンフン、道警の他の友達のキムサグォンのグアム近況を盛り込んだ写真が次々と登場して注目を集めた。

'黄金色の私の人生'出演陣や製作スタッフはドラマ放送終了当時の11日終放宴(チョンバンヨン)を持って次の日にグアムに4泊5日、褒賞休暇に出かけている。 
20180316141113e97.jpg

20180316172138320.jpg
20180316172138232.jpg
201803161721388c7.jpg
20180316172138552.jpg
   
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

'黄金色の私の人生'イダイン、休暇地グアムで披露した越えられない壁、ビキニ姿



KBS2の週末ドラマ'黄金色の私の人生'で熱演を繰り広げた俳優イダインが幻想的なビキニ体つきを誇示した。

イダインは15日午後、自身のインスタグラムにこれといったコメントなしに一枚のビキニ写真を掲載した。

先立って、イダインを含めた'黄金色の私の人生'俳優たちはグアムに褒賞休暇に出かけている。公開された写真の中イダインは派手な柄のビキニを着て幻想的なボディーラインを披露した。彼はラブリーしたアップスタイルと贅肉のないしっかりした体つきでファンたちの心臓を振った。

特にビキニの間となって現われ張り裂けそうなボリューム感はファンの感嘆を誘った。
201803160835227ca.jpg


一方、イダインは過ぎた11日、人気裏に終映したKBS2の週末ドラマ'黄金色の私の人生'でチェソヒョン駅に分解、大衆の多くの愛を受けた。


Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2018   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR