怪しいパートナー

幸せは一瞬にして崩れ落ちた。
ようやくかなったそれぞれの片思いが、おぞましい過去の悲劇によって、引き裂かれる。
ジウクが先に気づいた。ボンヒ父こそが自分の両親を焼死させた放火犯だったことを。
そのことを知った衝撃で、キスをせがむボンヒに応えられずに避けてしまったジウク。それでも父は父、ボンヒには関係ない、と思い直してボンヒを再び愛そうと決心したのに。
今度は遅れてボンヒが知ってしまった。
そしてボンヒから告げた「別れ」

私が辛い、私が苦しい!そう訴えてジウクの家を出たボンヒ。仇のジヘを頼って家に上り込んだのはさすがボンヒってちょっと笑えたけど。でも倒れてしまうほどジウクとの別れが応えているボンヒ。

放火事件の真相を探るべく検事長を訪ねるが、そこで告げられたのはボンヒ父が犯人だと示した証拠こそジウクの証言だったという驚愕の事実だった。

でもあの検事長、ボンヒ父が犯人だと幼いジウクの心に植え付けてたし、無理やり犯人に仕立て上げた冤罪みたいよね。
どうやって放火事件が暴かれるのか、ボンヒを息子殺害の犯人だと決めつけてさんざん非難し侮辱した検事長の鼻をどうやってあかすのか、見ものだわ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2018   0 comments   0 trackback
Category :怪しいパートナー

怪しいパートナー 13、14話

せっかく二人がやっと結ばれたのにぃ。
新たなそして最大の障害!
なんとジウク両親を放火で死なせたとされた犯人は、ボンヒの父だった!?

そんなわけないけど、真犯人は別にいるはずだけど、ジウクはボンヒ父が犯人だと信じさせられてるものね。

ラブコメとはいえ、韓ドラ定番シリアスな展開が待っていたわ。だから16話で終わらないはずね。
ジウク、悩むでしょうね。早く真相を明かしてほしいわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :怪しいパートナー

怪しいパートナー 

55555555555555555.jpg


「怪しいパートナー」チ・チャンウク、ナム・ジヒョンを抱きしめて告白

TVREPORT |2017年06月16日14時48分
※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「怪しいパートナー」放送画面キャプチャー
チ・チャンウクがナム・ジヒョンに気持ちを伝えた。

韓国で15日に放送されたSBSドラマ「怪しいパートナー」では、お互いの気持ちを確認したジウクとボンヒの姿が描かれた。

この日ジウク(チ・チャンウク) はボンヒ(ナム・ジヒョン) のところに行き、彼女を抱きしめた。そして「待ってと言っといて悪いけど、僕のこと好きになって。今すぐ、僕のこと好きになって」と告白した。

ボンヒは涙で答えた。そして「いきなり告白するのはどういうこと。重いよ」と冷たく答えた。

☆ボンヒ、ジウクから告白されるや、いい気になりすぎ?(笑)
じらす、じらす。大体、ジウクったら、ボンヒの方が先に好きになって告白したのに、それを忘れたかのように、自分を好きになってくれるのか、交際してくれるのか、ヒヤヒヤしてどぎまぎしちゃって。
落ち着いて!ボンヒはジウク以外目に入ってないんだから。ただ、ジウクが「ゆっくりで好きになってくれればいいよ」って虚勢張って行ったもんだから、ボンヒも、自分が好かれてる状況を楽しんでるのよね。
片思いの仕返し。

え?ボンヒ返事してなかったっけ?っていうくらい、二人すでのいちゃいちゃしてるし、事務所のみんなに恋愛中なのばればれだし。
そして、いよいよ「返事します」ってなって、でもまたそこでボンヒが躊躇する出来事が発生。
ジウクが弁護して釈放されたヒョンスが実は真犯人だって気づいたボンヒが、ジウクに申し訳なくて気の毒で、とても浮ついていられなくなったのよね。

ジウクは依頼人が自分の予言通りに突然死を迎えたのを目の当たりにしたことで、人生を一瞬たりとも無駄にできないと、せっぱつまった表情でボンヒに待てないと迫る。
すぐに返事できなかったボンヒだけど、でもボンヒはまた唐突に、ジウクに「今日から一日目を始めましょう。交際一日目」と一方的に宣言。
いきなりのボンヒペースではじめはぼーっとしてたジウクだけど、意味がわかると大喜び、にやにやが止まらない。
そして交際一日目記念のキスも突然ボンヒから。その気になったジウクがさらに迫っていくと「一日目はここまで」とストップをかける。
「恋愛のプロみたいだ」ってジウクに言われた通り、完全にボンヒのリード。あんなに甘い表情でジウクが覗き込んでくるのに、すぐに堕ちないボンヒは確かにすごい。
見てるこっちの方がにやけちゃうのに。

チチャンウク君がロマンティックにセクシーに迫るけど、ナムジヒョンちゃんが軽くかわすし、あんなにイケメンのチャンウク君前に演技だとしても顔色変えないジヒョンちゃん、かっこいい。お色気がなくて健康的だからいいのかも。

依頼人の事件がエピソードとしてほぼ一話ごとに入ってくるし、大筋にヒョンスの不思議な殺人事件があるから、ほんと、飽きさせない展開。
私が一お気に入りなのは、ジウクのめろめろぶりと、ジウク・ウニョクカップルの絵の綺麗なところですけど、何か?
今回もラストで二人の恋を見守るすごく優しくて善良なパン捜査官が刺されちゃったり、心配な出来事、凄惨な事件、猟奇的犯人の異常性などてんこもりだけど、とにかくジウク、ウニョク、ボンヒの三人がそろったシーンだけで、幸せ。満足なの。
次回が待ち遠しいー。ジウクがどんな殺し文句言うかドキドキだわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :怪しいパートナー

チェ・テジュン"親しいチ・チャンウク、軍隊に行ってさらにすばらしかった"(インタビュー①)



チェ・テジュン(26)は今年誰より忙しくて意味ある一年を送った。 

MBC 'ミシンナイン'で連鎖殺人魔サイコパスで分解強烈な印象を残したし、SBS '怪しいパートナー'でノ・ジウク(チ・チャンウクの方)の親しい弁護士で登場して語った軸をなした。 MBC '私たち結婚しました',KBS 2TV 'こんにちは'等に出演して芸能でも頭角を現わした。 

総てのこと焦燥感を下ろして余裕があるように臨むので補償はおまけについてきたという。 先月15日開かれた'2017アジア アーティスト オウォーズ'(AAA)に参加してニューウェーブ賞を受賞したこと。 年末授賞式で有終の美をおさめたわけだ。 

チェ・テジュンは今年の一年粘り強い作品活動で延期(煙、演技)スペクトルを広げて、芸能を通じて一層大衆に近寄った。 だが、彼はまだお腹がすく。 最近'ご飯一食しましょう'を通じてソウル、中区(チュング)、タイ レストランで会った彼はすでに来年を準備していた。 "無条件熱心にするのも良いが、2018年にはもう少し上手にするべきだとの欲が出ます。 俳優としてより良い一年を迎えればいいですね。" 

普段正しいイメージらしく母法答案を避けないけれど中間中間冗談を言って雰囲気を解いた。

201712121046127bc.jpg

-AAAニューウェーブ賞受賞祝います。し終えることができなかった所感伝えてください。 

▲さんはいつでも受ければ本当に良いようです。 欲を出すと受けることができることでもないよ。 何よりご両親がお好きだとそれが一番満たされました。 昨年と今年忙しく送って大きい補償を受けた気分にもなってよ。 さらに熱心にするべきだとの考えになります。 良い刺激剤になるようです。 

-AAAで懇意なジーコ、チャニョルさんも会ったでしょうね? 

▲だね。 友達がいて良かったです。 歌手と俳優が統合して授賞式をすると感慨が格別だったんですよ。 史的(私的)に見る友達を公的な席、舞台で見るとさらに素晴らしく感じられましたよ。

-2017年一年をどのように整理していますか?

▲作品をしながらとても良い同僚らと先後輩に会ったようです。 無条件熱心にするのも良いが、2018年にはもう少し上手にするべきだとの欲もできてよ。 俳優としてより良い一年をむかえたらいいですね。 2018年がさらに待たれます。 


-今年の一年'ミシンナイン'と'怪しいパートナー'二つの作品に出演しました。それぞれどんな作品でしたか?

▲'ミシンナイン'は悪役をしてみることになって多様な感情船をたくさん感じられるようにしました。 いつでも思い出させても気持ち良い作品でしょう。 結果は惜しいはずだったが良い先輩たくさん会ったことだけでも良かったです。 以前の作品らと別に似た私くっつけて俳優も多かったです。 それでさらに気持ち良く残っています。 

'怪しいパートナー'もとてもおもしろかったです。 最近軍隊行った(紙)チャンウクが兄と一緒にしたのも良かったんですってば。 特にイ・ドクファ先輩に会ってとてもおもしろかったです。 先輩が延期する時もおもしろいが現場待機が長くなればその間経験してこられたたくさん話して下さったりしました。 大きい試行錯誤を体験しないで良い環境で仕事が出来るノウハウをたくさん教えたことのようです。 

-そういえばアイドル出身俳優ともたくさん演技呼吸を合わせました。'ミシンナイン'ではエクソ チャニョルさんがいたし、'受賞したパートナー'ではハロービーナス ナラさんがいましたし。 

▲前確実に大きい先入観を有していないほうはいやですから。 演出様でも作家様でも皆認めて彼らもキャスティングされたことだから。 同じように俳優にきたことと考えます。 習う点もあります。 公演会場と撮影会場を行き来して全く違う姿で大衆に自身を露出するというのが容易なことで万はしないことでしょう。 本当に拍手してあげたいです。 

-'怪しいパートナー'で相手駅だったナラさんと呼吸はどうでしたか?

▲同年齢なのですぐ親しくなることができて良かったです。 その友達背がとても高いです。 私がもう少し大きかったらと思いましたよ。 ハハ。 呼吸メンでは自由に解いて自然に話してよく合わせていったことのようです。 

-ナラさんとキスシーンもあったでしょう? 

▲だね。 とても負担になりました。 もちろんたくさん親しくなった状態だったが、ドラマ後半部にウニョクとユ・ジョンギ関係が最高潮になる部分であったためどのようにすれば緊張感を解けるか悩みになりましたよ。 そうですね。 私がよくリードをしたのか分からないでしょうね。 あまりにも監督様がよく気を遣って下さいますので。 'やはりドラマの待望の場面はキスシーンだな'再び感じる契機になったようです。 

-'怪しいパートナー'で主人公ノ・ジウク検事で登場したチ・チャンウクさんとは実際の親密なよしみが厚いでしょう。チャンウクさんはドラマ終わってすぐに軍に入隊したが、ひょっとして面会は行ってきたんですか? 

▲だね。 修了式焚いてもみに行って、週末に面会も一度行ってきました。 さらに素晴らしくなりましたよ。 格好良く国防の義務を果たす姿を見ると良かったです。 あまりにも性格が良い兄だと大きな問題なく良く過ごしているようでした。 ただしこの頃天気が寒くて大変だという心配は聞きます。 

-チャンウクさん休暇も出てきましたか? 

▲休暇はまだ出てこれませんでした。 鉄原(チョルウォン)で服務中なのに、今年その一代(一帯)がとても多事多難なようです。 軍隊関連記事出てくるたびに本当に心配になります。 本来前ではからかうが、胸の内はそうではありません。 

-今年活動を置いて'チェ・テジュンの再発見'という(のは)話も出てきたのにそのような話聞けばどうですか。 

▲称賛を受けるのはいつも気持ち良いことのようです。 私がちょっと恥ずかしさが多いですので。 誰かに称賛を受ければどうしなければならないかも知れないのはあります。 ハハ。 それでも称賛を受ける時能率もさらに生き返って刺激もなるようです。

-記事コメントもたくさん取りまとめてみるほうであるようです?

▲たくさん見はしないが、時々ポータルサイト メインに私記事が載ってくる場合には探して読んでみるようです。 悪リプライ(悪性コメント)に大きい傷を受ける方はいやですから。 良い批判の場合参考にして、とてもとんでもない人身攻撃性文である時は何気なく渡すようです。 それでも無関心が最も恐ろしいことだからそのような関心も良いことと考えもしてよ。 

Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2017   0 comments   0 trackback
Category :怪しいパートナー

怪しいパートナー 5、6話

233918_l.jpg

あー、もうボンヒったら我慢できずに告白しちゃったわ。
そして、ジウクの答えは「俺を好きになるな」!即撃沈。
ボンヒはユジョンを送っていったジウクのことが気になってじっとしていられない。家の仲をうろうろいらいら歩き回ったあげく、とうとう家を出て、門の前でジウクを待ってしまう。
そして、帰ってきたジウクを見つけた途端、嫉妬と不安と安堵と全ての感情が爆発してしまった勢いでジウクに抱きつき思わず「好きです」と告白。
でもジウクはボンヒの気持ちを受け入れない。
たったいまさっき、ユジョンに言われたばかりだものねー。「あなたの愛が物足りなかった。いつも私は乾いていた。だから他の男と。」愛されてもすべてを返せないかもしれない、ボンヒをユジョンのように傷つけてしまうかもしれない、そしてそのあげくまたボンヒに裏切られてしまうかもしれない。トラウマ。

ずっと片思いしてたボンヒ。一目でも見たくて会いたくてストーカーのように物陰からいつもジウクを追いかけていたボンヒ。
いっときはそんな自分が惨めで情けなくて、自分に「接近禁止命令」まで下したボンヒ。ついに想いを告げたのに、結果失恋。
ジウクはウニョクと楽しそうに笑いあってるボンヒの姿にやきもちやいて、ウニョクに水を浴びせるくらいなのにね。
ジウクは占い通り自分の人生を破滅させる運命の女だと知りながら、ボンヒをかばって検事職も失ったくらいなのにね。
ジウクも出会った時からボンヒに惹かれたと思うのに。

ジウクのモノローグのとおり、「はじまりから止まることもある」。これで二人はいったん距離を置くわね。
せっかく一緒に暮らしてて、仲良くなってボンヒはもちろん、ジウクもまんざらでもなくて、自分の腕枕で眠ったボンヒをいとおしく見つめたりしてたのに、もったいないわ。

ジウクが元カノ、ユジョンとよりを戻すことはないとは思うけど、ボンヒの恋のライバルユジョンもなかなか素敵な女性なのよね。
これまでの韓ドラの敵役にはない、聡明さや美しさを備えていて本気で戦えばかなり手ごわそう。いわゆるいい女だものね。
だからジウクもウニョクも好きになったのはわかるわ。
ただ、回想シーンでどう見てもユジョン老けてて、ジウクやウニョクよりかなり年上に見えたけど(笑)美人だからかな。

三人が絡む殺人事件では、犯人として逮捕されたヒョンス、かなり怪しい。本当に犯人なんじゃないか、それではあきらかに怪しい鑑識の男の子は?
謎だわ。こちらの事件解明も気になる。

o1080108013947310693.jpg
この三角関係も好きだわ♡

Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :怪しいパートナー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR