THE K2 最終話

984830.jpg
チ・チャンウクと少女時代のユナがハッピーエンドを迎えた。ソン・ユナとチョ・ソンハは愛する二人を助け、共に死を迎えた。

韓国で12日、tvN「THE K2」最終回が放送された。この日チェ・ジョンジン(イ・ジョンジン) はチェ・ユジン(ソン・ユナ) に銃を放ち、最後までもがいた。

爆弾を持ってクラウドナインを襲ったソンジンは、アンナ(ユナ) を人質に取り、チェ・ユジンに銃を撃った。銃傷を受けて死んでいくチェ・ユジンが自分の傷の止血をしているアンナに、アンナの母親の死の真実を明かした。ユジンは自分の父がこっそりアンナの母を殺すように指示し、当時自分が行った時にはすでに手遅れの状況だったと話す。しかし、アンナの母が最後の力を絞って助けを求めてきた時に、結局彼女を放って置いてきたと打ち明けた。

そんな中、爆弾が止められないという事実を知ったソンジンは、卑怯にも一人で脱出。爆弾の火力を避けるためにジェハ(チ・チャンウク) とアンナ、チャン・セジュンは生きる可能性がほとんどないユジンをクラウドナインに置いて、爆発力に耐えられる特殊エレベーターに向かった。しかし、チャン・セジュンは爆発力を少しでも減らさないといけないと、ユジンがいるクラウドナインへ向かう。彼はジェハにアンナを頼み、父性愛を見せた。

ユジンの元に戻ってきたセジュン。彼は爆弾をクラウドナインの中に入れてドアを閉じろと話す。彼は、ユジンと共に死ぬことを選んだのだ。ユジンは死の前で、やっと夫のセジュンの愛を感じることができて、彼と抱きしめ合い涙を流した。二人の犠牲で爆発力は半減し、アンナとジェハは命を取り留めることができた。

その後、ジェハはパク・グァンスとチェ・ソンジンの悪行を暴露し、彼らを罰する。その後ジェハとアンナは熱いキスを交わし、ハッピーエンドを迎えた。

☆辛口感想コラムより

ジチァングウックのブロックバスター級ボディーガードアクション, 不倫疑惑に苦しんだソン・ユナの悪女変身, 作品ごとに ‘演技力論難'の中心に立った少女時代ユンアの国内復帰作で雪道を消した tvN ‘ドケイト'が終映した. 平均視聴率(有料プラットホームニルスンコリア基準)は 6.2%, 最高視聴率は 7.3%だ.

いつも ‘鏡よ'を叫んで悪事を事とする財閥家娘と同時に大権走者の妻催留陣(ソン・ユナ), そんな留陣のご主人と同時に人権弁護士という仮面をかぶった有力大権与えると場勢与えた(ゾソングハ), 彼の弱点になる隠された娘故アンナ(少女時代磨きよ) そして彼らの複雑な家族史と政治史に跳びこんだ用心棒金題下(ジチァングウック).

彼らが中心に立った世の中はまさに乱闘場だ. 権力を向けた貪欲を見せた留陣とセズンにライバル大権与えると朴潅水(金ガッブス)の暴酒と悪事, そんな彼を動いた催声援会長(イ・ジョンジン) などまで誰がもっと悪なのかを競争でもするように悪事を事とした.

手始めは度が外れた設定, ミザングセンのようにアクションにだけ重点を置いた場面たち, せりふでありアクションの打撃感を消滅させてしまう過限 OST などで期待するのを下回るようだった. 大権走者にチォングジルをやっつけるとか彼の隠された娘を拉致するとか都心真ん中で自動車追撃戦をするなど現実とはへだたったようもした.

それにドラマ分量の大部分を占めた題下とアンナのロマンスは劇とは別に遊ぶようだったし出ないa題下のエックションシンと悪人たちの悪事のために絶えず拉致されて死ぬ危機に処する民弊キャラクターと転落したりした.

しかし主人公題下が恋人ラニアを失ったし戦犯という濡れ衣を着せられたイラクでのクマルゲイトに現在大統領から次期大統領を狙う大統領選挙候補, 財閥家, 法曹界, 検警などが連携されたことで明かされながら ‘ドケイト'は大韓民国全体を絶望に落ちこむように限り ‘催純実ゲート'を連想させた.

有力大統領選挙候補が妻に弱点を握られて絡繰り人形のように行動するとか, 検察が与党大統領選挙候補の行動部隊のように描かれるとか検察調査のために出頭した人権弁護士出身の大統領選挙候補に後輩検事たちが丁寧に対するなどの場面は現実で起きる事態を予言でも言うようだった.

すべての面で科して蓋然性とはない設定は終わりまでも続いた. しかし劇始終反目した催留陣とザングセズンが残した詰ったような余韻, 朴潅水, 催声援会長など悪意輩らはジェガブをまともに支払う勧善懲悪などはそれさえも視聴者たちに慰安をくれる結末だった.

・・・・確かに序盤は奇想天外な設定とストーリー展開に、違和感を感じたことは否めないかも。
でも、とにかくチチャンウク君とユナちゃんの純愛が全編を通してあまりにも清々しくて貫いていて、おどろおどろしい老獪な大人たちの醜悪な権力争いの目も当てられない物語を見やすいものに変えてくれていた。
ソンユナ姉さんはさすがの熱演、恐ろしいばかり。華やかな爆死という、設定にぴったりな最期も用意されていて。
でもね、悪役だらけの中で新発見、ソンユナ姉さんの弟役、イジョンジンしの不気味な存在感。この方、優柔不断なキャラしか見たことなかったので、こんな役もこなすんだー、と妙に感心。
嫌らしい狂気に満ちたキャラがぴったりで意外だったけど、イジョンジンしの役柄でドラマもずいぶん面白くなったと思うわ。

本格アクションものがお好きな方には、甘さが邪魔して物足りなかったかもしれないけど、勧善懲悪な終わり方で私は大満足。
楽しませてもらいました。いいもの見たわー(#^.^#)
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :THE K2

THE K2 14話まで

984974.jpg

だんだん、ユジンおばさん劇場になってきたわね、つまんない。
何考えてるかわからないユジン弟が一番の悪魔だと思ってたけど、ユジンはその上をいく卑劣な化け物。
夫を操り、偽記者会見を開かせ、自身は最大の演技力を発揮して、見事にアンナ親子を悪者に、自分を被害者に仕立て上げ、国民の同情を勝ち取ることに成功。
脚本、演出賞ものだわ。

可哀想なアンナは悪女の娘という立場に成り下がる。そして、ユジンおばさんはまさかのジェハに本気の愛情を抱いていたのね。キショい!
ユジンおばさんに「本名知ってる?元恋人の復讐のために私と手を結んでること知ってる?PTSDで人が撃てないのよ、そんなことも知らないの?」と勝ち誇ったように知ったか。
幼稚な嫉妬心でアンナを叩きのめす。

でもユジンおばさんは悲しき片思い。ジェハははっきりと宣言。「奥さまのためじゃない。アンナを守るため」命がけの戦いをしてるんだと。
はー、すっきり。まさかジェハもユジンおばさんの涙の演技にちょっと心揺れるかと心配したけど、おばさんはおばさん。
若く美しいアンナに太刀打ちできるはずもない。
お気の毒。
「私を崇拝してほしかったわけじゃないわ、ただ」とジェハにすがるユジン。けれどジェハは「ただ所有したかっただけでしょう?奴隷みたいに」とばっさり。自分を愛してるなんて想像もしてない。

そこへユジン弟軍団が現れる。

次回はアンナとジェハのツーショットがたっぷり見られますように。
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2017   0 comments   0 trackback
Category :THE K2

THE K2 9、10話

tvN「THE K2」が放送以来、話題になった“ブランケットキスシーン”“無線機シーン”に関するビハインドストーリーを公開した。

28日「THE K2」はNAVER tvcastを通じて前週、話題になったブランケットキスシーンのビハインド映像を公開し、視線を引き付けている。

この映像では、撮影以外にも甘くて和気藹々とした雰囲気を演出するチ・チャンウク(キム・ジェハ役) と少女時代 ユナ(コ・アンナ役) の姿が注目を集める。二人は撮影中、お互いにいたずらをしたり、撮影したシーンを一緒にモニターしながら意見を交わすなど、完璧な呼吸を誇示している。

特に第10話で公開された二人のブランケットキスシーンの撮影では、スタッフたちが息を殺して見守るほど、緊張感あふれる雰囲気を漂わせ、最高のケミ(相手との相性) を誇示した。

985078.jpg
また第9話でお互いに向かって大きくなっていくチ・チャンウク、ユナの心を表現した“無線機シーン”のビハインドストーリーも公開された。制作陣によると、二人のキャラクターの感情を伝える媒体として無線機を活動するアイデアを、チ・チャンウクが直接提案したという。これを脚本家が台本に反映していわゆる“無線機シーン”が誕生したのだ。

制作陣は「俳優たちが最善を尽くしてキャラクターに没入、撮影に臨んでいて感謝する。また劇を作って行くことにおいて積極的に多様な意見を出していて、とても役立つ」と感謝の気持ちを伝えた。

韓国で本日(28日) 放送される第11話では、ソン・ユナ(チェ・ユジン役) の命令によって命をかけてキム・ガプス(パク・グァンス役) の射殺作戦に突入したチ・チャンウクの運命が公開される予定だ。その過程で気を抜くことができない高強度のアクションシーンが繰り広げられると予想され、視聴者たちの期待を集めている状況だ。韓国で28日の午後8時に放送される。


985077.jpg

☆ときめきがとまらないーー♡♡♡(#^.^#)

「雲が描いた月明かり」で、キムユジョンちゃんとパクボゴム君のカップルに毎回萌えてたけど、その興奮も冷めやらぬうちに、こんなにどきどきのカップルにまた会えるなんて、幸せすぎる。

回が進むたびにアンナとジェハの恋心がどんどん大きくなっていって、はじめはパパが世界のすべてだったアンナが急速にジェハを意識してすっかりジェハで心がいっぱいになってしまって。クールに構えてるジェハもアンナの笑顔にはとろけてしまう。

ジェハがアンナを有名デザイナーが探す天使だと世の中に公表させたことによって、アンナの存在が公になり、ユジンの元から離れることができた。
アンナを利用してユジンの脅威をけん制し、自分の地位を確固たるものにしようと企んでいるユジン弟の策略でもあるけど。
つかの間の平和で楽しい時を過ごす二人。
アンナの警護二人がラブラブになり、浜辺を走る様子を羨んだアンナが「私たちもあんな風にしよう」とジェハにねだり、「絶対嫌だ」とはじめは拒否するジェハも「私をつかまえて」と逃げるアンナを思わず追いかけるはめに。

夜もお互いにお互いを思って寝付けない。ジェハが渡したトランシーバーで、何かと理由をつけてはジェハに通信するアンナ。
ジェハもアンナからの無線を心待ちにする。ぎこちなく会話する二人。
やがて「おやすみ」を言ってしまったので、トランシーバーを使う口実がなくなってしまう。
すると二人ともアンナ部屋のドアに歩み寄り、そっとお互いの様子をうかがおうとドアに耳をあててみる。突然アンナがまた話しかける。
慌ててソファに戻り応答するジェハ。ジェハが寝入ったころ、アンナは部屋から出て、ソファに横たわるジェハの傍に立ち、ブランケットをかけようとする。
愛するラニア殺害の悪夢にうなされるジェハは、飛び起きて、思わずアンナを抱きしめる。「夢を見たの?」抱きつかれたまま尋ねるアンナ。汗だくでうなづくジェハ。
やがてその状況に二人はっと気づいてさっと身を離すが、胸は高鳴り、余計に眠れなくなる。

翌日ユジンの元に「アンナを自由にするように」と頼みにでかけたジェハ。アンナはせっかくお化粧をしてもらったのにジェハがいなくてがっかり。動画を送って「どう?」と聞く。あきらかに厚化粧だけど苦笑しながら「綺麗だよ」と答えてあげるジェハに、アンハは「早く帰ってきて。あなたは私のものなんだから」と唐突に宣言。内心嬉しいジェハは「好きにしろ」とわざと吐き捨てるように言う。
後押ししてくれている警護女性と大喜びするアンナ。

アンナをそそのかすユジン弟によって母の死はユジンによる殺害だと確信したアンナは、ユジン出演のテレビ番組に飛び入り参加。
より危険な状況に陥ったアンナを救ったジェハは抱えるようにして別荘に連れ帰るが、車から降りるのが怖いというアンナと自分の頭からブランケットをかぶってゆっくりと歩きだす。
中にたどり着いた二人は「まだ怖い?」「うん少し」と繰り返すうち、見つめ合い、キスを交わす。

愛し合う二人は、すぐに引き離され、ジェハはアンナに手を出さないという条件でユジンの「パク・グァンスを殺して」という命令を受ける。
全てを察したアンナはジェハに電話して「帰りにトッポッキを買ってきて。おなかすいてるから早くね」「無事に帰ってきて」と泣きだす。
「ああ、必ず帰る」と果たせそうもないと思いながらジェハは答えてあげる。

・・・・・二人のシーンのひとつひとつにどぎまぎ。にやけてしまう。二人のおそるおそる歩み寄る気持ちが痛いほど伝わってきて見てるこちらも恥ずかしくて照れてしまうわ。
ジェハの心の奥底にラニアがいるとしても。ジェハがここまで生き延びてきた理由がラニアの仇を討つことだとしても。
それはジェハを奮い立たせる使命に他ならない。ジェハが今、心安らげる愛する大切な人はアンナなんだなーと信じられる。

2人を見ている分にはすごく面白くていいドラマなんだけど、難を言えば、ユジンがねー。悪にしては、弱いのよねー。女を出してくるのがちょっと。
たとえばジェハに「私もラニアと同じ立場よ」と同情でも買おうとしてる様子とか。ユジン秘書がジェハを憎む理由「あいつが来てから奥さまは優柔不断になった」はその通り、ジェハに男女の感情を抱いていないとは思うけど、同じグァンスが敵だという同士としての絆を勝手に感じてるような。これまでの孤独な闘いに自分を守ってくれる騎士でも現れたと思い込んでるような。
キモいというのは言い過ぎだけど、ちょっと不快感。

実はユナちゃん出演ということで、視聴前は、明るくて可愛いユナちゃんがシリアスドラマには浮いてしまうんじゃないかって心配してた。でも浮いているのは熱演のユジンの方、と思えるくらいユナちゃんの清冽さがこのドラマの救いだと見えてしまう。
ヒロインはユジンのはずなんだけど、完全にユナちゃんがくっちゃったわね。
見目麗しいジェハーアンナカップルに真の幸せが訪れますように。


Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :THE K2

THE K2 7話まで

985158.jpg

見てます。
ユナちゃんとチチャンウク君主演ということで、苦手なヴァイオレンス系、アクションもの、だけど頑張って視聴しようと決意。
はじめは、ひたすらユナちゃんの脱走、スペインの街を逃げ惑うシーンが長くて、見てるこっちが息切れしそうなほど。
そして、カーチェイスシーンも見せ場なのか、力入った撮影でこれもまた長い。

でも7話まですいすい視聴出来たのは、意外にストーリーがわかりやすくて面白いのと、なんといってもユナちゃんが超超可愛いのと、チャンウク君がめーーっちゃかっこいいーから。

985155.jpg

985156.jpg

985154.png

二人の絵がきれいで、うっとり。
ユナちゃんは継母によって囚われの身。大統領選に立候補してるパパの隠し子なので、世間に知られてはいけないと、幽閉されてる。
チャンウク君はなんだか恐ろしい戦闘部隊をやめたアウトロー。
ユナちゃん継母がその強さを気に行ってボディガードとして傍に置くことから、二人知り合う。

ユナちゃんはパパだけが頼り。パパに会いたいと逃亡を繰り返す。パパが全てなので今のところチャンウク君には興味なし。
チャンウク君は彼女の監視を命じられ、監視カメラで見ているうちに、可愛さ、けなげさに打ちのめされたように夢中になる。
カメラの中のユナちゃんは、夜中にこっそりラーメンを食べようとするんだけど、元栓を開くことがわからなくて、お湯さえわかせない。
それを残念がったチャンウク君が、次の夜におなべにお湯を用意。喜んだユナちゃんは何の疑いも持たず、鼻歌、ダンスしながらラーメンを作って、幸せそうに食べる。
それを見てまたにやけるチャンウク君。

チャンウク君はユナちゃんの望みをかなえたくてパパを連れてくるけど、パパは自分がユナちゃんに愛情を見せればユナちゃんが危険にさらされると知っていて、わざと関心がないふりをする。
傷付くユナちゃん。がっかりするチャンウク君。

これからも、二人の恋を監視したいと思います!
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :THE K2
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR