多様な素材で重武装したドラマが精油年を訪ねてくる中でドラマ‘上品な彼女’(脚本白眉頃、演出キム・ユンチョル、製作チェイエスピクチョス)やはり2017年上半期最高の関心作に選ばれてすでに期待を集めている。 今までどんなドラマでも見られなかったとても不らちで破格的なストーリーで上流社会の素顔を加減なしで見せるドラマが今年ベールを脱ぐ。 とても品位あふれる彼女たちの率直な話を表わすドラマ‘上品な彼女’を注目することになる理由は何だろうか。

#大韓民国が愛する俳優、キム・ヒソンとキム・ソナの帰還! ‘上品な彼女’はジューン財閥家美貌の専業主婦優雅陣駅のキム・ヒソンとミステリーある忠清道(チュンチョンド)出身療養社不幸者駅のキム・ソナの出会いだけでも話題を集めた。 時代を代表する名品俳優であるキム・ヒソンとキム・ソナは名前そのまま‘優雅’と‘不幸’ある人生を生きてきた二つのキャラクターを完ぺきに吸収して毎回緊張感あふれる撮影を継続している。 だから油断することはできない展開の中で誕生する優雅陣と不幸者のきっ抗した綱引き(チュルダリギ)、演技呼吸とシナジーにも注目される。 また、毎回彼女たちのファッションと小道具一つ一つにも数多くの女性視聴者たちの関心が爆発すると展望される。

# ‘私の名前はキム・サムスン’のキム・ユンチョル監督、‘愛するウンドン’の白眉頃作家の出会い ‘私の名前はキム・サムスン’で大きな愛を受けたキム・ユンチョル監督は以後‘ケセラセラ’、‘私たちが結婚することができるだろうか?’、‘私たちが愛することができるだろうか?’、‘マダムアントワン’等大衆とマニア層まで全部ひきつけて完成度高い作品を誕生させてきた。 ここに‘愛するウンドン’で人物の感情を濃く表わして感性的な筆力を認められた白眉頃作家が‘上品な彼女’の執筆を引き受けた。 キム・ユンチョル監督はテボルリディン当時白眉頃作家を“天才作家”として絶賛してきたことがあって信頼でみな固く団結した二人の出会いがどんな作品を作り出すのか期待がより増している。

#世の中にこのような破格的な素材が? 的を射る空前絶後‘風刺コメディ’ ‘上品な彼女’は派手な人生を楽しんだ清潭洞(チョンダムドン)嫁が俊才野原舅の没落、そして夫の背信で使い果たすだろうとることになる破格的な設定をとても独特に描き出して行く。 すぐにこのすべてのストーリーを愉快でコミックらしく広げて出す点が‘上品な彼女’だけの差別点(店)だ。 誰かは嵐共感を、誰かは正鵠がささる‘上品な彼女’のとても危険で不らちなお話は放送開始から視聴者たちのカタルシスを刺激する予定だ。

今年放映を控えている‘上品な彼女’はキム・ヒソン、キム・ソナ、チョン・サンフン(アン・ジェソク役),イ・ギウ(綱紀号駅),キム・ヨンゴン(安泰洞駅)等が出演する。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :上品な彼女
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR