かぼちゃの花の純情 最終話まで

最終回含め2日分、計4話、今週放送分には、主演の一人、ジュンソンは回想にさえ登場せず

それならいっそ、ジュンソンが自殺(?)した先週分で最終回でもよかったんじゃない!?と思いつつ視聴。
それに、最終回を前にして、ヒロイン相手役のはずのチンテヒョン君と二番手憎まれ役で途中降板女優のパクシウンさんの熱愛が発覚して、それでなくても落ち込んでた視聴意欲が俄然急降下
その事実、今発表?ってバッドタイミングをうらみがましく感じたものです。

ともかく、スンジョン実父グァンウンがミンス襲撃の最中に迷いが生じて事故死。そのことで、罵倒の対象でしかなかった便利屋扱いの彼の死で、急に空疎感を覚え、今更ながら自分を支えることに生涯を費やしたグァンウンの存在の重要さに気付くジュンソン。
それから人が変わったように急に人間が丸くなり、穏やかになり、皆に優しく懺悔し、あれほど執着していた会社も手放し、隠し財産をあっさり差し出すことでミンスの危機を救う。

グァンウンについてはミンス母殺害の実行犯という大罪を犯したけれど、自らの命でもってジュンソンの狂った暴走を止めたことで罪は償えたのでは?という収支が綺麗に清算されたいい描き方だったとは思う。
憑き物落ちすぎでしょう?っていうジュンソンの急激な変化には違和感を覚えたものの、ああでもしないとこのドラマは共倒れで皆が破滅してしまう悲惨な最後になっていたから、仕方ないわね。

それに最終的に平和な余韻で幕を閉じたので。

それよりもっと、違和感だったのは、暖かなホームドラマと謳いながら、ジュンソンは悪の権化の象徴だったし、スンジョンの大家さん一家も途中、スンジョン親子に対して聞くに堪えない暴言、家族間でもののしりあい、ねたみそねみ、恨み、お金に対する汚い執着が激しく描かれたのに、何事もなかったように、皆善人で終わったこと。

あんなに祝福するなら最初からスンジョン父とギョンボクさんの結婚を許せばよかったじゃない。
これもジュンソンの死がもたらした幸福といえるのかしら。

自分の息子との結婚話が持ち上がった時には、あれほど口汚くスンジョンをののしっておきながら、あたかも初めからずっと娘みたいに思って愛してたのよ的な、大家さん長男嫁のピルスンさんの偽善ぶりが一番納得いかないし、うすら寒いものさえ感じました。

スンジョンはジュンソン亡きあとも会長宅に住み家を守りながら、父と食堂で奮闘。
ミンスの度重なる「せめて一年に一度でもあって、忘れられない記憶でも、ともに2人で苦しもう。いっそ誰も知らないところへ逃げよう」という説得にも、静かに拒否。
彼を後悔のうちに日本転勤に送り出してしまうことになる。

それから時が流れ、父とギョンボクはめでたく結婚。父の勧めで会社に復帰。
ある出勤の日に、日本から帰国したミンスとエレベーターで出合い、お互いにわだかまりなく微笑み合う。
これからの新たな2人のスタートが幸せなものになる予感を暗示するような、暖かな2人の笑顔だった。

ここまでこの物語を引っ張るならば、ラストシーンが大家さんのお誕生日会なのが納得できないわ。
どうせなら、ミンスとスンジョンの結婚式とはいかないまでも、もう少しはっきりした幸福な未来でもよかったんじゃないの?
ラストで大家さん一家を写すことで、むりくりホームドラマという形で締めたのでしょうけど。

ジュンソンの吐く台詞がどれも強烈だったせいで彼女の存在感が印象的で、のんびりしたタイトルとは違い、私の頭にはかなりどろどろの後味良くないドラマとして記憶しそうだわ。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・かぼちゃの花の純情

そっち!?


今、視聴中のドラマ、かぼちゃの花の純情からカップル誕生!?

イチョンアちゃんじゃなく、早々に降板した二番手女子の方なのね、テヒョンさん。


※パク・シウン (32)チン・テヒョン(31)が熱愛中だと知らされ た。

25日午前ある媒体は"SBS TVドラマ'カボチャ花 純情'で会ったパク・シウン、チン・テヒョンが 熱愛中だ。二人は篤いキリスト教信者でソウル 某所の教会を一緒に通って信頼と愛を同時に育 てている"と報道した。

引き続き"二人は野球も一緒に楽しんだ。パ ク・シウンはチン・テヒョンについて昨年と今 年しばしば野球場に顔を表わした。二人は視線 を意識しないで愛情を誇ったと分かった"と伝 えた。

また"パク・シウン、チン・テヒョン全部結婚 適齢期でまだ具体的な計画をたてたことではな いが今年の末や来年初めぐらい結婚を考えてい ると伝えられた"と明らかにした。

一方パク・シウンは1998年'キム・チャンワン の話三'でデビューしたし以後'学校' 'おかげが' 'よどみない愛' '怪傑春香(チュニャン)' '千秋 太后'などに出演した。 ジンテ玄銀2001年MBC 30期公開採用(公債)タレント出身で'ロマン ス' '雪の女王' '天使の誘惑'などで活躍した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・かぼちゃの花の純情

かぼちゃの花の純情 109~112話

一時は自分の命のように愛した女性を、いくら親の敵の娘だからって、あんなになんのためらいもなく酷い扱いに変えるかしら。

ミンスには本当にがっかり。
目ざわりといわんばかりに、つきまとうスンジョンを追いだし、一人研究を続けているところにまで現れて、「出ていけ!」と暴れまわる。

苦悩の末、運命を呪って自分でもどうしようもなくスンジョンに当たり散らすのは分からなくも無いけれど、それにしても辛いのはスンジョンも同じでしょう。
ジュンソンを倒すために自分ひとりでは無理だからスンジョンの力を借りようとしたし、新商品開発もスンジョンにまかせっきりだったし、全く無能でスンジョンに頼りっぱなしなくせに。

それにしても人を殺させておいて、開き直るジュンソンはもはやお見事としか言いようのない態度。
あそこまで自分を正当化するなんて天才的。

「お金より人が大事だなんて教えてもらってない」って。普通教わらなくても大学まで出てたらわかるでしょうよ。

ジュンソンは人並はずれた罪悪感を持ち合わせない非情で卑劣な母だし、仲良しな父2人は手をこまねいておろおろするばかりだし、いまやこの人のためにだけ生きているというのに、ミンスときたら命を掛ける価値も無い情けないナムジャだし、スンジョンの苦労はこの中の誰かが破滅してしまうまで、当分続くわね。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・かぼちゃの花の純情

かぼちゃの花の純情 105~107話

いつまでも同じことの繰り返し、視聴するのも感想書くのもいいかげん辛くなってきました。
でもヒロイン、イチョンアさんとチンテヒョンしが好きでKNさんに熱心に放送をリクエストした手前、リタイアするわけにもいかず。。。

すんごく適当な視聴態度なんですが、全く興味のない大家さん一家のどたばたは素無視、超高速すっとばしで時間短縮。
すると結構楽になってきました

今回はミンスが母の死の真相を知るという大きな動きがありました。
当然、大きな衝撃を受けるミンス。
怒りはスンジョンにも向けられ「顔も見たくない!出ていけ!」と。
「私だって辛かった。」というスンジョンの言い分も勝手すぎるわね。かなり以前に知っていたのにミンスには知らぬ顔だったんだから、ミンスはその裏切られ感も相まってよけいに憎悪がますでしょう。

ようやく母の復讐とばかりにジュンソンを徹底的に追い詰める覚悟をしたミンス。
殺人という罪を犯しても「若気のいたり」ですませようとし、「あんたの無能の父親が悪いし、母親も愚かなのよ」と開き直って堂々と言ってのけるジュンソンに償いをさせることができないなら、破滅させるしかないものね。

殺人犯なんだけどどこか憎めないヤンパパ。
ヒョンムクパパとの友情が微笑ましい。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・かぼちゃの花の純情

かぼちゃの花の純情 101,102話

主なき豪邸に暮らす、継母となさぬ仲の息子と継母の隠し子が同居。
しかも息子と隠し子は愛し合う関係。お互いの想いを抑えての無理矢理家族。
はた目から見るとまるで地獄絵図のような家庭ですが、強欲な継母は、のんきにかつて自分が捨てた子供を自慢の娘よろしく上機嫌で接する。

「ミンスとも仲直りしそうな勢いよ」とご満悦だったのに。

自覚はあるものの過去の罪など忘れたようなジュンソンの近くに破滅への示唆、過去の亡霊があらわれる。
グァンウォンがミンス母を亡きものにするために注射液を入れ替えていたのを目撃した看護婦は、ギョンボクの旧友だった。

ジュンソンたちが犯した罪を医療ミスとしてなすりつけられ、病院を解雇になった看護婦は、到底その恨みを忘れられず、今も機会があれば真相を明かしたいと思っている。
グアンウンの顔をはっきりと確認した看護婦はどうでるのかしら。

スンジュンは殺人の証人が現れたことで、その証人の命も危ういと危惧。
自分の実母がどんな人間かよくわかっているからこその懸念。

愛する母を殺した憎い相手の娘がスンジュンとわかったとき、心の狭そうなミンスは一体どうでるのか。
結婚などとうにあきらめたとはいえ、スンジュンは憎まれることだけは避けたいでしょうに。
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・かぼちゃの花の純情
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR