愛人がいます 最終回まで



永遠に憶える私たちが愛した瞬間.'

ヘガンは付岩洞寝室で引き出しにあった指輪ケース 2個を見ながら悩み苦しんだ心で結婚指輪を取り出して手に立ち込めて, ヘガンとジノンはお互いの手に指輪を嵌めてくれてボックチァオルは感情で切ないキスをする. 一方ジンリはセフィとともに暮すことに約束して, テソックの面会に行って初めてテソックに愛されているという感情を感じるのに...

☆ようやく終わりました(^O^)

私の一押しカップル、トッコヨンギとドクターは残り5話ほどで早々に退散してしまって、楽しみがなくなっちゃったのであとは惰性で視聴。
ヨンギは娘の治療のためと安全のためにヘガンが用意してくれたアメリカ行きを決意。ドクターややっと和解した実母を韓国に残して娘と二人で旅立つのに少し寂しさを覚えていたけど、空港に見送りにも来ない二人に怒っていたら、なんと二人はヨンギ達と一緒に渡米するつもりで早々に出国審査窓口に並んでいた(笑)
4人で仲良くアメリカで暮らすのでしょうと思わせてくれておしまい。

ヘガンはとうとう刑務所で服役。一年後に出所するけど、ジノンはなぜかふてくされていてソクとのことをいまだひがみ嫉妬して、面会にも行かず、迎えにも行かない。
最初から純粋ぽいキャラに描かれていたジノンにずっと違和感を覚えていたけど、この中年に近いアジョシが素直にならずぐずぐず屁理屈こねてどうせ、ヘガンの元に行くくせに、意地を張ってたのがみっともなくて、終わりにちかづくほどにうっとうしかったわ。
ヘガンは刑務所で知り合った女囚の無実の罪を晴らすべく真犯人のお店にもぐりこんで捜査。女囚の娘の面倒もみたり、なかなか活躍してそこは面白かった。
ヘガンの方がよっぽど男前。
ジノンがもう少しかっこいいキャラだったら、あるいはもすこし若い俳優さんだったら、可愛いとか思えてより楽しめたかも。
なにしろ私は一途でゆるぎない愛情を注ぎ、尽くしてくれたソク派だったので、最後までソクが可哀想で仕方なかった。
なんとなくソクの恋人になるのかならしき子が出てきたものの、全然物足りないし。

キムヒョンジュさんの相変わらずの名演技は堪能できてそこは満足だったわ。
ヒョンジュさんの次回作は、チュサンウクしとのラブコメ。また楽しませてくれることでしょう。日本放送を待ちたいと思います(*^^)v
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2016   0 comments   0 trackback
Category :愛人がいます

愛人がいます 41,42話

41話


“真言が守って! 君が守って! ヘガンよ!”

ヘガンは持っていた非理音声ファイルでチョイ会長をコーナーで駆って, チョイ会長はヘガンに私が殺人者になれば私の息子も死ぬとジノンを盾で脅かす. 一方ヘガンは痴ほう症状を経験するセフィの姿を見て心が弱くなって, セフィを迎えに出たジノンはヘガンに私のためためらわないでねでありきっぱりと言うのに...

42話

”お父さんから君を守って!“

チョイ会長がヘガンを利用して味到制約件を整理しようと設計の中という事実が分かるようになった真言! テソックはジノンに到付場を守るライフジャケットがあると自分のヘガン建議案を水に流そうと提案する. 一方テソックが握っているチョイ会長の特別な手当リストを置いて迷うヘガンにジノンが尋ねて来て一文書を渡すのに...

・・・・・ドラマ大詰め。どんどん面白くなってきたわヽ(^。^)ノ
ヘガンが憎しみの塊、醜い怪物になりつつあるソルリを無理やり連れ出し、怒るのかと思いきや、「あなたは私みたいにならないで。あのころのキラキラ輝いていたあなたに戻って」と説得。ソルリはそのヘガンの真剣なまなざしに心打たれる。
そして裁判後、ヘガンを殺さんばかりの勢いでくってかかるテソクに、偶然自分が録音していたテソクの悪事を暴露。
ソルリは結局心を入れ替え、ヘガンの味方をする。どんでん返し、お見事。

なんといっても一番楽しいのが、トッコヨンギと堅物冷血漢のはずのギュソクとのラブコメタイム。
泣かされるのもこのカップル。というか、ヨンギの娘ウジュちゃんに号泣させられた。大人ジノンとヘガンの愛しながらも別れるメロ部分はしつこくてうんざり気味。ジノンのめそめそ加減もうっとうしくなってきたけど、ウジュちゃんの愛くるしさにはメロメロ。
ギュソクもメロメロよね。ウジュちゃんが絵本をお星さまになったパパに呼んでほしかったと嘆くと、ギュソクは「星になるってどういうことかわかりますか?」と何気なく尋ねる。
ウジュちゃんは「ここにいるよ、ってぴかぴか暖かい光で輝いて、私とママをいつも見守るために高いところに行ったの」と教えてあげる。ギュソクはその答えに感動(/_;)
「星になるっていうのがそんなに暖かな意味だと初めて知りました」と思わずウジュちゃんを崇拝。

そしてメロメロなのはウジュちゃんにだけじゃない。もちろんママ、ヨンギにも。ヨンギがソクをお見舞いしに行くと、誰のところに行くのか、問い詰め「初恋の人」と聞くと「過去のことは忘れて、行っちゃ駄目です。未来のことだけ考えて」と必死で行かせまいとする。ヨンギが素直に聞くはずもなく、ソクの病室でミカンをむきながらしゃべっていると、なんと、ドアの外からギュソクが凝視してる(^_^;)
「なんで尾行したのかしら?」とヨンギは気味悪がるけど、ソクはすぐにギュソクの気持ちを察して、わざと嫉妬させようと「みかん食べさせて」「目になにか入ったみたい、ちょっと見て」とヨンギと接近作戦。
何もわかってないヨンギがソクに近づくと、ギュソクが慌てて入ってきて、二人の間に立ちはだかる。
「この人は風邪をひいてるので、マスクしてください。近づかないで。離れて」とヨンギを隔離。自分もみかんを食べさせてもらおうと大口を開ける(爆)

あー、おかしい。わかりやすいやきもち。

ソクはいつもキューピット役なのね。人の幸せのことばかり考えて自分は後回し、犠牲になるのもいとわない。
ソク、(;O;)、どうかいい人が現れますように。

それにしてもメロヘガンとコメディヨンギを全く別人格のように演じ分けてるキムヒョンジュさんに改めて感嘆。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2016   0 comments   0 trackback
Category :愛人がいます

愛人がいます 29、30話

29話
“すみませんが私は君をまた愛した記憶がない!”

記憶の帰って来たヘガンはジノンの邸宅を尋ねて, また君の席に帰って来なさいというチョイ会長の言葉にそうすると言う. 一方記憶が帰って来たヘガンのため脅威を感じたジンリはテソックとともにまた他の陰謀を企み始めるのに...



30話
“川水の中に跳びこんだその日考えだけ私!”

ヘガンはテソックを尋ねて復讐心にいっぱいになった顔でチェジノンを研究所で押し出して自分を副社長席に座らしてつけなさいといいながら自分の忘れてしまった時間を償ってくれと言ってする. 一方ジノンはヘガンが過ごすホテルルームにしつこく尋ねて, とうとう住居侵入とストッキングで申告あうのに...



・・・・・記憶の戻ったヘガンは、やはりお芝居をしていた。自分の過去の罪を償うために。そしてジノンと別れるために。

ますます面白くなってきたわー。ここのところ、ヘガンとジノンが順調にラブラブで、ソク目線の私は可哀想でしかたなく、二人が憎らしいくらいだったので、感想を書く気になれず(-_-;)
今回は、ヘガンが全ての記憶を取り戻し、4年間の記憶は失ったふりをして、4年前のクールなヘガンを装ってジノンに捨てられたことを恨んでいるかのように、徹底的に拒絶し冷酷にふるまうので、小気味良かったわ。

本心じゃないにしても、4年前にジノンがヘガンに投げつけた残酷な言葉をそっくりそのまま言い返すヘガン。ジノンは言葉を失くし、その都度いったん茫然と立ちすくむしかない。でもジノンは4年前別れた、いえ、ヘガンを捨て去りヘガンから逃げ出したことを後悔しているので、今度こそ離さない、と何度も何度もヘガンに許しを乞い、つきまとい、愛を訴え続ける。

ヘガンは背中を見せた瞬間、泣き顔になるくせに、高慢にふるまいジノンをつき放そうと必死。
家族にも、母、妹ヨンギ、姪ウジュたちにも冷たく接する。ソクにも。けれど、ソクの大きな愛情にやっぱり甘えてしまうヘガン。
自分の過去を償うため、ジノンと別れるために力を貸して、と自分は記憶を失くしていない、あのままのオンギだと明かす。

ソクだけに本当の姿を見せたのはいいけど、またソクを利用することになるのよね。そこはなんだか複雑だわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2016   0 comments   0 trackback
Category :愛人がいます

愛人がいます 23,24話

23話



ジノンはテソックを尋ねて拳をくらわしてあなたが二度殺そうと思った人がヘガンだったという事実を知らせて, ヨンギはソルリにヘガンに会いたいと言うがソルリはヘガンに会えば危なくなるという言い訳ですべての方法をすべて動員してヨンギを守ってくれると言う. 一方ヘガンはソクに事故以後少しずつ記憶を捜し始めたと, 本当に愛する人はジノンだと告白するのに...

24話

aram>

ヘガンは住民証再発給のために住民センターに立ち寄って自分がヘガンなのを分かるようになる. ソクはヘガンにひき逃げ事故顛末と双子弟(妹)ヨンギの存在に対して知らせてくれて君の人生でまた歩いて行きなさいと告白する. 一方ジノンはヒョヌとヘガンの事故を追跡する中ヘガンをヨンギで分かってまた殺そうと思ったという事実が分かるようになって, テソックよりヨンギを先に捜して保護しなければならないと言うのに...

・・・・・・困っちゃったな。ソクにすっかり感情移入しちゃったから、ソク目線で見てしまうようになり、辛いばかり(/_;)
ソクはなんてお人よしで善良で何より純粋なんだろう。
このドラマで一番かわいそうな辛い立場がソクだと思えてしかたない。
だから、子供たちがあんなに心配して退院を心待ちにして、部屋を飾りつけて歓迎し、一緒に寝ようと今にお布団を広げてみんなで手をつないで寝てるときに、家を抜け出してジノンに会いに行ったヘガンと、ヘガンをソクから奪い返すつもりのジノンが卑怯な裏切者に見えてしまう。
本当はもともと愛し合ってるのはヘガンとジノンで、ソクが途中から入ってきた形なんだけど。だからソクも本来の場所に帰してあげるつもりなんだけど。
そんなソクが哀れで可哀想でたまらないわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2016   0 comments   0 trackback
Category :愛人がいます

愛人がいます 21,22話



21話
ソクの事務所を尋ねたジノンはソクにヘガンの事故に千年製薬が背後にあるという事実を聞くようになって, ソクが席をはずしたうち事務所の中ヘガンの跡たちを見回す中ヘガンの歯ブラシを見つける. 一方病院で本当のトッコヨンギとでくわしたソルリは尾行するのに至って, ヨンギが立ち寄った職業紹介所所長に自分の家で連結してくれと言ってするのに...


22話
ヘガンの事故に衝撃受けたソクはジュンサンに皆自分ののせいと言いながら本当のヨンギに会ったと白状する. ヨンギは立つわけオフィステルで掃除をした中ヘガンのパスポートを見つけて, 自分と似ているヘガンの写真を見て疑問を持つ. 一方ジノンはファックスでヘガンの遺伝子検事結果枝を受けて手ごわい心でヘガンを捜すが連絡が触れないで, 締め付ける不安感に駆け付けたソク家の前でポリスラインを見つけるようになるのに...

・・・・・・ヘガンが刺された。ジノン義兄テソクの指示で。この一大事ですべてがとんでしまったわ。
それでも、ソクのヘガンへの痛々しいほどの悲しい想いと、ソルリのずる賢さは強く印象に残る。
ヘガンが刺されたのを目撃したソルリは震えながらも助けることなくその場を逃げ去る。
ヘガンの変わり果てた姿を見つけたソクの衝撃と恐怖。そして救急救命室の前で、己を責め続ける。自分がヨンギの記憶を植え付けようとしたから、ジノンの奥さんなのに。
そしてヨンギ、帰ろう、起きて、家に起きて、とヘガンに訴える。
お前は一人じゃない、家族がいるんだ、母親も妹も天使のような姪も。みんなに会いたいだろう?だから目を覚まして、と。
ソクの一心な祈りが心に痛い。目が覚めればヘガンは真実を知らされ、ジノンの妻に戻るかもしれないのに。

ソルリのしたことといったら。ヘガン瓜二つのヨンギを見つけ驚愕。しかしただでは済まさない。ヨンギの跡を尾行して職業紹介所に入るや、自分の家に来させるように画策。家政婦として雇う。そしてヨンギには早々にソクの妹だと身分を明かして信用させる。
ヨンギを見張るつもり。しかしヨンギ娘のウジュが早速ソルリ机の引き出しを開け、ヘガンのパスポートを見つけてヨンギに差し出す。
ヨンギは自分とそっくりなヘガンの写真を見ていぶかしがる。
そしてヘガンの確実な死を願いながら訪れた病院でジノンと出会ってもヘガンのことは告げず、とぼけて、先輩のことはふっきれないと泣き落とし。
つくづく汚い女。

最後にヘガンのことを知ったジノンは病院にかけつけ、DNA検査でヨンギと名乗らせているのはヘガンだと確証を得た彼は「ヨボー!」と恋しい妻を呼び続けるのだった。

今回、ジノン腹違いの姉、底意地の悪いジンリがジノンに向けた刃のように鋭い言葉がいちいちごもっともで、共感したわ。
「今更ヘガンを愛してたなんて遅すぎる。彼女が生きてたとしても、絶対にあなたを許すことはないから。むしろ恨んでるわ。
あなたが捨てたんだから」。
よーくわかってるジノンは一言も返せなかったわね。だってそのとおりですもの。ジノンが捨てたところから悲劇は始まったんだから。ジノンの狭すぎる心がヘガンを苦しめ傷つけたんだから。
それなのに、自分の過ちに気づき、愛してることを思い知ったからって、二度もヘガンの命を救ったソクからヘガンを奪おうとしてるジノン。
まあ、ソクも何がヘガンの幸せなのかよくわかってるから、身を引くのかなー、切ないわ。



Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2016   0 comments   0 trackback
Category :愛人がいます
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR