風の便りで聞きました 11、12話

11話
庶民の日常をひどくうれしがるインサンがただ不適当なジョンホは、民主頴果ユ・シニョン弁護士の隠密な連帯に対しても決断を下さなければならない。
これらすべてのものは優れた遺伝子を二家族に移植(利殖)したボムが中心にある。
ジョンホはボムをしたさん家の'私の方法で'で作るための真の分離統制の技術を駆使し始めるけれど..

12話
ハンさん王朝の王女になったボムを本格的に実家から分離させる1段階が始まった。
自分たちが実家家族に感動をプレゼントするならば、自然にボムが実家に恩恵を施す存在で刻印されることと考えたこと。ジョンホとヨニはそれぞれ善意のカードを持ってヒョンシクとジンエを訪ねて行くけれど...

・・・・・痛烈な風刺の効いたブラックユーモアドラマ。

インサンはボム実家の影響を受け庶民化していくインサンが我慢ならない。軌道修正してボム実家と格の違いを見せつけ、ボム家を自ら遠ざかるように作戦を変更する。
一見友好関係を築くように見せ、ボム実家に箔をつけてせいぜいハンサン一族とひけをとらない家柄だと周囲に吹聴。
はじめはただ、施しは受けないと突っぱねていたボム両親だが、徐々に洗脳され、ボムのために、ハンサン家が恥をかかないよう、勉強して借り物の家柄を構築していき、ジョンウの差し出す条件、事業を興すことを決心。父は事業案を作成すべく頭をひねる毎日。
姉が衣装代を稼ぐためアルバイトしていることも調べ上げ、ボムの手を通じて、姉に衣装やプロメイクをつけさせ、一流に仕上げていく。ただし、ボムには一線を引くよう秘書から指示させる。
秘書も舌を巻くほど、ヨニの意向を汲んでお姫様然として姉といえどもなれなれしくできない雰囲気を作り上げるボム。

家庭教師と通じた秘書のこともしっかりとたしなめるボムにヨニは満足だ。
欲のないインサン。ただボムと子供と平和に楽しく毎日暮らせれば幸せ。ボムは野心満々。ジョンウがどうして今の地位を築き、富を権力を手に入れたのか興味津々で、自分も成功したく勉学に励む日々。

頭から拒否していた初めとは違い、目を見張るようなボムの頭脳明晰さ、教えればそれ以上に期待に応えるボムに、ジョンウとヨニは、「嫁だけ司法試験に合格してインサンが落ちたらどうしよう」と心配するほど、能力を高く買う。
どこに出しても誰に引き合わせても落ち着いた対応で、聡明さを賞賛される嫁、ボムが今や鼻高々な存在。
ジョンウをして「ボムは我が家を新たな発展に導く重要な人材だ」と言わしめるほど。

ただ、このまま順風満帆というわけにはいかないでしょうね。ヨニには性悪な有閑マダムの友達が控えていて、よからぬことを常に考えている。ねたみから悪巧みしそう。



スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2015   2 comments   0 trackback
Category :風の便りで聞きました

風の便りで聞きました 5,6話

5話
息子インサンの急な行動で慌てたジョンホとヨニは度々かっとかっと涙で前が見えない。

だが、このまま家の名誉と権力をのがすことはできない方法!
ジョンホは涙をじっと我慢して純粋な愛を支持する宣言してプランCに突入するけれど...

6話
ジョンホとヨニは徹底した規則(?)下訓育と啓蒙をトンハヨボミを名実共教養人、文明人で作る準備に入る。

そのプランの一環で寛容と異性(理性)を兼ね備えたジョンホはヒョンシク家族を家に招く善意を示し、ヒョンシクとジンエは誠意を尽くして、素朴にジョンホの家へ向かうけれど...

・・・・・これってコメディだったのね。権威や財産が何より大事な特権階級に対する皮肉を込め痛烈に批判したドラマ。

何かというと情けない我が息子に家名を傷つけられた無念さに、めそめそ泣くインサン父。
そして決して取り乱した姿を表には見せないよう、取り繕い、プライドを保とうとする。
そのためにはやみくもに若い二人を別れさせるのではなく、二人の血気にはやった青春の失敗を美談に仕立て上げようと画策。
人々の口の端に上る前に先手を打って、贈り物とともに、結婚を知らせる。
面白がる退屈し切ったセレブな友達。
純粋なインサンは、ボム家にお金を差し出したり、ボム姉の就職をあっせん、ボム両親に田舎で農業をさせようとする無礼千万な両親に激怒。父に反抗する。

怒って手すりを乗り越えインサンを追いかける父だけど、したたかに股間を打って、痛がり、それでも追いすがろうとして、ボム父や使用人たちに必死に止められ。。。。

笑えるシーン続出。インサン父役ユ・ジュンサンしがいい味出してるわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2015   0 comments   0 trackback
Category :風の便りで聞きました

風の便りに聞きました 2話

何のこともなく通常の時のように脱毛防止マッサージをするヨニとジョンホに青天の霹靂が落ちた。
インサンがお腹の大きなポミを家に連れてきて赤ちゃんの結実とは、愛の証拠だなんてあたふた話をしまくる。
ところでこれがまた、何の青天の霹靂? このようなタイミングにボムの出産が差し迫ってきて、ヨニとジョンホはこの事態を収拾しようと要領よくふるまうけれど.....

・・・・・まさかの、挨拶に来たその日に突然相手の家での出産。親じゃなくてもびっくり動揺するわ。
使用人たちの手を借りてボムが無事出産。自宅出産の予備知識もしっかり勉強していたボムは落ち着いていたけど、インサンはそばについていてくれたものの、ボムの指示に従いおろおろ、情けなさは相変わらず。

インサン父は冷徹な法律家、企業のトップらしく、今後の対策について考える。いったんは呼んだ救急車も引き取らせ、ボムと赤ん坊の存在を外に漏らさぬように使用人たちに厳命。
お嬢様育ちらしく、ショックで倒れたインサン母に「しっかりしろ。」と裁判になったときに不利にならぬよう、ボムを丁重にもてなすよう指示。
ところが感情が先走るインサン母は、慇懃無礼に接していたものの、ボムが「赤ちゃんを私に育てさせて下さい」と堂々と頼むとヒステリックに「あなたなんかが、何をいうの」とつい本音を叫んでしまう。

インサン父の考えでインサン、ボム、赤ん坊はそれぞれ引き離されてしまう。インサンの何倍も賢いボムは、さあ、これからどう行動するかしら。
インサン父ともわたりあえそうな度胸があるわ。

映像が昔の日本映画のように薄暗いし、脇役さんたちもこれまであまり見たことない方たちが多く新鮮。独特なドラマだわ。
深刻そうで、インサンがボムを紹介する時のあわてふためきようが滑稽だったり、笑える場面も盛りだくさん。
インサン母にセレブ感が足りないものの、インサン父のユジュンサンしがいい味出してて面白い。先が楽しみだわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2015   2 comments   0 trackback
Category :風の便りで聞きました

風の便りで聞きました 1話

990778.jpg
当代王様のロイヤルファミリー夫婦ジョンホとヨニは生まれて両親お言葉一度断ったことない優しい息子インサンの20才を控えてはきらびやかな前途(前の道)を拭こうと万全の準備を始めた。

だが、両親お言葉断ったことないという、先代を続く純血エリートインサンはこの前の春、庶民代表ソ・ボムにぐっすり陥って、前後なくて容赦ない'火遊び'を犯すけれど....

・・・・・日本放送前から、かなり関連記事をアップしていた、期待のドラマがいよいよ始まったわ。
実際視聴してみると、記事で読んでいたのとでは、かなりニュアンスが違うのでちょっとびっくり。一番印象的だったのは、ふだんかっこいいはずのイジュン君がなんと情けないこと(笑)

受験のためにしばらく会わずにいようと言うクールなボムに我慢できず、安易に妊娠させちゃって、ボムに会えなくてめそめそ、連絡を絶たれて居所がわからなくて涙が止まらない。
そしていよいよボムを発見すると、お腹が大きかったのでかなりの動揺。ボム両親に「うちの親に会わせます」とボムを連れ出したものの、事の重大さにおびえ、厳格な両親に事実を告げるのを恐れ、なんと脱走して一人入水自殺しようとしたり。
それも、水の冷たさ、汚さに超ビビリながらおそるおそる、足をつけようとしてたのを見た、ボムが、あまりの情けなさに自分から川にずんずん入っていく。「どうせなら思いっきりいきななさいよ!」。
「それでも母親か!?」って自分が死のうとしてたことなんて棚に上げ、必死にボムを止め引き上げるインサンはボムの覚悟、今までの苦労を思い、自分もいよいよ腹をくくる。
ママに電話して「これから帰る、話がある」というインサン。ソウル大に合格したばかりだというのに、インサンの嫁は最高の家柄からもらう、と早計にはやる両親がボムを受け入れるはずもないのは目に見えてるわ。
それでも赤ちゃんはそんな思惑に関係なく、月が満ちれば生まれてきちゃうから。

彼女ができた、って紹介されるのならともかく、いきなり出産間近なんて、晴天の霹靂よね。両親もお気の毒といえばお気の毒だけど、抑圧して優等生に育てすぎたせいで、たまったストレスが女の子への欲望に変に出ちゃったのね。

これからビビリのインサンがパパとしてどう成長していくのか興味津々。
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2015   0 comments   0 trackback
Category :風の便りで聞きました
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR