帰ってきた'未生'を待って"明日見ましょう"(総合)

tvN10フェスティバルを通じて久しぶりに会った'未生'チームは相変わらずチームワークを自慢した。 また、シーズン2に対する予告まで加えて期待感を高めた。 9日午後3時京畿道(キョンギド)一山(イルサン)つけたテンス第2展示場で開かれた'明日見ましょう、未生'ライブセッションには'未生'のキム・ウォンソク監督と俳優異性(理性)民、臨時ワン、キム待命が位置した。

これらは'未生'以後活発な活動をして新しい全盛期をひらいている。 各自近況を公開してファンたちの気がかりなことを解決した。 また、キム・ウォンソク監督やはり"次期作を準備中"としながら近況を知らせた。

20161009160142204.jpg
キム・ウォンソク監督は"'未生2'が出てくる予定だ。 CJ E&Mが版権を有している。 原作シーズン2が終えられれば私たちも製作を入る予定"としながら"シーズン1に一緒にした俳優も全部出演したい"とシーズン2に対する期待感を高めた。 俳優やはりシーズン2出演に対して"無条件共にしたい"として強い肯定を見せて一層期待感を大きくなった。

この日'未生'チームはキャスティング過程から共に撮影してあったエピソードを公開した。 異性(理性)民は"ご飯を一緒に食べた。 いつも一緒にご飯を食べて一緒にトイレも行くほどであった。 チームワークの核心だった"として"私どもだけでなく資源チーム、鉄鋼チームすべて同じにご飯を食べた。 先に終われば待ってご飯を食べて毎日のようにご飯を食べた"と話した。

イムシワンは"イソンミン先輩にたくさん寄り添った。 私をたくさん大切にされた"として感謝した心を表現した。

tvNは開局10年をむかえて8日と9日二日間一山(イルサン)キンテックスで'tvN 10オウォーズ'と'tvNフェスティバル'を開催した。 'tvNフェスティバル'は多様なプログラムを主題にしたコンテンツ ブースで各種ゲームと試食などを楽しむことができる。 特にセルロプと共にするライブ セッションが豊かな楽しみをプレゼントした。 9日には'コビク','未生','答えなさい1988'チームなどが観客らと共にする。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2016   0 comments   0 trackback
Category :未生



女優カン・ソラが「ミセン-未生-」チームとの変わらないチームワークを誇示した。

カン・ソラは22日、自身のInstagram(写真共有SNS) にドラマ「ミセン-未生-」の出演陣たちと食事をしている写真を掲載した。

変わらない友情で暖かい雰囲気を演出した。劇中、資源チームとして活躍したカン・ソラ、ソン・ジョンハク、チョン・ソクホ、チョン・ヒテなどが集まっている。和気藹々とした雰囲気の中で飲み会を楽しんでいる。

カン・ソラは「アゲイン資源チーム。久しぶりだね。ハッピーリユニオン」というコメントと共に嬉しい気持ちを伝えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2016   0 comments   0 trackback
Category :未生

あらゆる世代の共感を呼んだ最高の話題作「ミセン-未生-」4つの鑑賞ポイント

989697.jpg
名立たるドラマ賞を総なめにし、社会現象にもなったドラマ「ミセン-未生-」は、激列な競争社会を背景にそこで生きる人々の哀愁や人生哲学が多くの人の共感を呼んだ感動のヒューマンドラマ。
韓国のサラリーマンのバイブルと称されたWEBコミック「ミセン~未生」の世界観を見事に映像化し、スターたちもはまり、社会現象を生み出した本作は、ケーブルテレビ歴代視聴率第2位を記録、地上波のドラマをも凌駕し、ありとあらゆる世代の共感を呼んだ最高の話題作となった。

日本でも10月に開催された「東京ドラマアウォード2015」で、海外作品特別賞を受賞! いよいよ日本にも上陸する「ミセン-未生-」の鑑賞ポイントに迫る。


【鑑賞ポイント1】この時代を生きるすべての人に捧げる、感動のヒューマンドラマ!
989696.jpg
「ミセン-未生-」の登場人物は、どこにでもいる、私たちと同じ“普通の人”ばかりだ。社会経験がない新入社員、仕事中毒なサラリーマン、仕事と家庭の両立、男性社会の中で才能が発揮できないことに悩むキャリアウーマン……。
だが、そんな“普通の人”の“普通の日々”が驚くほどに面白い! 毎話、どこにでもあるオフィスを舞台に繰り広げられる人間模様に笑い、怒り、泣き、励まされる。彼らが“普通の人”だからこそ、自然に深く共感し、感情移入してしまう。そして、私たちの日常がいかにドラマチックで素晴らしい瞬間に満ちているかを気づかせてくれるのだ。“普通の日々”を一生懸命頑張っているあなたにこそ見てほしい、感動のヒューマンドラマだ。


【鑑賞ポイント2】あなたの心に沁みる言葉がきっとある!「ミセン-未生-」を彩る名台詞たち
989695.jpg
「ミセン-未生-」には珠玉の名台詞が数多く登場する。「仕事は逃しても人は逃すな」「他の人が派手に見えるのは気にしないで。派手じゃなくても必要なことをすることが大切です」のように働くヒントを教えてくれる台詞から、「堂々としているべきだ。強くなれ、その方が君らしい」と励ましてくれる台詞、そして「自分一人が何をしても会社は変わらない。それでも……この仕事が今の自分なんだ」「会社が戦場だと? 追い出されるまで辞めるな。外は地獄だ」とハッとさせられる台詞など、一言一台詞が心を捉えていく。
“あなた”と同じ“普通の人”が様々な立場や境遇で語る実感のこもった台詞。“あなた”が深く共感し、グッとくる「名台詞」がきっと見つかるはず。


【鑑賞ポイント3】「トキメキ☆成均館スキャンダル」演出家×「アラン使道伝」脚本家×豪華キャストが生むリアルな世界!
989694.jpg
主人公チャン・グレ(ZE:A シワン) を取り囲むのはドラマ・映画・ミュージカルで活躍するバラエティに富んだ豪華俳優たち! グレの上司オ・サンシク課長役に超ベテラン俳優イ・ソンミン。グレのインターン同期には「ドクター異邦人」のカン・ソラ、「相続者たち」のカン・ハヌル、そして人気沸騰中の若手俳優ピョン・ヨハンと旬の俳優たちをキャスティング! また、演出はJYJ ユチョン主演の大ヒットドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のキム・ウォンソク、脚本は「アラン使道伝」のチョン・ユンジョンとヒットメイカーが結集。リアルと人間味あふれるドラマを完成させた!


【鑑賞ポイント4】作品の高いクオリティ&社会への影響力の大きさを裏付ける!名だたる受賞歴の数々
989693.jpg
「ミセン-未生-」はその作品のクオリティの高さ、そして社会への大きな影響から、2014年~2015年の名だたるドラマ賞を総なめに。韓国の代表的な映画・TV賞である<百想芸術大賞>で男性最優秀演技賞、男性新人演技賞、演出賞の主要3部門受賞。また<ソウルドラマアワード2015>ではミニシリーズ部門の最優秀作品賞を、<2015年ケーブルテレビ放送大賞>では大賞など主要部門を独占受賞した。また、ドラマだけにかかわらず、その年の全てのコンテンツの影響力を量る<コンテンツパワー指数>では第2位を獲得する快挙を成し遂げた。
その勢いはもう韓国だけではない。先日東京で開催された<東京ドラマアウォード2015>では海外作品特別賞を受賞! いよいよ日本にも、「ミセン-未生-」旋風上陸!

「ミセン-未生-」
原作:ユン・テホ「未生~ミセン」
演出:キム・ウォンソク「トキメキ☆成均館スキャンダル」「モンスター~私だけのラブスター~」/脚本:チョン・ユンジョン「アラン使道伝」

キャスト:イム・シワン(ZE:A)「太陽を抱く月」「トライアングル」/カン・ソラ「ドクター異邦人」「メンドロントット(原題)」/カン・ハヌル「相続者たち」/イ・ソンミン「パスタ~恋が出来るまで~」「ミス・コリア」/ピョン・ヨハン「元カノクラブ(原題)」

<DVD BOX-1>
発売日:2015年10月28日(水)
価格:12,500円+税/4枚組
特典映像:メイキング映像ほか予定
<DVD BOX-2>
発売日:2015年11月27日(金)
価格:12,500円+税/4枚組
特典映像:メイキング映像ほか予定
<レンタルDVD>
2015年11月3日(火)TSUTAYA先行スタート!
※こちらの作品はTSUTAYA 先行でレンタル、〈テレビ放送版〉となります。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2015   0 comments   0 trackback
Category :未生

石坂浩二もハマった!「ミセン-未生-」東京ドラマアウォード 2015で海外作品特別賞を受賞!

989806.jpg
本日10月21日、国際ドラマフェスティバル in TOKYO2015のメインイベント、東京ドラマアウォード2015が東京プリンスホテルにて開催され、韓国ドラマ「ミセン-未生-」が海外作品特別賞を受賞した。授賞式には、エグゼクティブ・プロデューサーのイ・チャンホ氏、そして脚本を担当したチョン・ユンジョン氏が登壇した。

同作は、2014年~2015年の韓国の名だたるドラマ賞を総なめにした感動のヒューマンドラマ。視聴率もケーブルテレビ歴代視聴率第2位を記録するなど、「ミセンシンドローム」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。主演は、アーティストグループZE:Aのメンバーとして活動しながらも、映画やドラマなど俳優活動でも注目されるシワン。ソン・ガンホに「驚くべき演技力」と大絶賛されたほか、同世代のJYJ ユチョンやイ・ジュンからも“俳優のライバル”と指名されるほどの注目株。ドラマでは、彼の成長物語だけでなく、イ・ソンミン演じる不器用だが仕事にひたむきな上司のオ・サンシクや、カン・ソラ演じる優秀だが男社会の中で才能が生かせない紅一点の同期アン・ヨンイのリアルなエピソードなど、部下/上司、正社員/契約社員、キャリアウーマンなど、働く様々な立場の人の物語を描き、広く共感を呼んだ。
989805.jpg
今回の受賞に当たり、プレゼンターの石坂浩二氏は自身も「ミセン-未生-」にハマったことを明かし、韓国で起きた社会現象「ミセンシンドローム」について質問すると、脚本家のチョン・ユンジョン氏は「私もそこまでの反響を予想していなかったので、とても驚きました。脚本を書きながら、どういった部分が世の中の方にそこまで響いたのか、分析していました。実は、いまだにその結論はでていません(笑) いまだに分析中なんです」と笑顔で、放送時の大きな反響を振り返った。

また作品について、石坂氏から「作品の雰囲気はシリアスながらも、背景に流れる自動車のヘッドライトがハートになったりと、1話1話にユニークな仕掛けがありましたね」との感想をうけ、「あれは演出家と撮影監督がアドリブで入れてくれました。私は原作(※) から男同士の友情を感じ、それは一種のメロな感情、そしてヒューマニズムにつながると思いました。そういった部分を脚本に書いたところ、2人からそこをユーモラスに表現してみようと提案されました。そういった工夫を演出時にしてくれましたね」と大ヒットドラマ制作時の背景を明かした。

※原作は、韓国のサラリーマンのバイブルと称された同名のWEBコミック。

「東京ドラマアウォード2015」
開催日時:10月21日(水) 13:30~16:00
場所:東京プリンスホテル (港区芝)
登壇者:イ・チャンホ(エグゼクティブ・プロデューサー)、チョン・ユンジョン(脚本)
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2015   0 comments   0 trackback
Category :未生

思い入れ強すぎて感想が書けない「未生」

991150.jpg
☆同名のWeb漫画を原作に製作されるドラマで囲碁だけが人生のすべてのものだった主人公がプロ入団に失敗した後,冷酷な現実に投げられながら起る話☆

家族そろって楽しみに見ているドラマ。録画しているにもかかわらず、みんな待ちきれずにリアルで見たがる(^_^;)
就職難と言われる韓国の厳しい現実。
まして学歴の無い青年にとって、安定した職に就くのがいかに難しいことなのか。

サラリーマン、ウーマンならみんな覚えがある、新入社員当時のアウェイ感、孤独感、自分だけ浮足立って空回りしてるような焦燥感に身につまされながらの視聴。
主人公チャングレに完全に感情移入しながら、一緒にどきどきはらはら、毎回緊張。

はじめは、チャングレが物語のナレーターであり、いきいきと仕事する上司や先輩の傍観者にすぎなかった。現場に居ながらなすすべもなく、めまぐるしく動く社内で茫然とする毎日。逡巡し、戸惑い、自問自答し、自身を鼓舞したり、内省したり。
そのうち、元天才囲碁少年の独特の勘と感性で、既存の枠にとらわれる先輩たちより新たな視点でアイディアを連発。
チャングレがコネ入社の契約社員であることを揶揄し、侮辱していた同期、社員たちも舌を巻かざるを得ない活躍をしていく。
ついには、有能だが、セクハラ、パワハラの酷い汚職社員を追放する手助けをするまでになる。
しかもその社員の企画した案を勧めることを提案。先輩を追い出し、上司たちが引責左遷される中でのチャングレの意見は、社内でバッシングを受け、チャングレの課は冷たい視線を浴びるが、人情派の課長が全面的にバックアップ。その案にチャレンジ。
試行錯誤のプレゼン準備にもチャングレの斬新な意見が大いに役立ち、本番の日、社長はじめ役員たちの拍手喝さいを浴び大絶賛を受ける。

社長からも直々に期待の声をかけられ、高学歴エリート気取りの同期から嫉妬されながらも、グレは、悲しいかな、契約社員。
これからは、グレが果たして正社員になって会社に残れるのか、どうか、というのがドラマの中心になってきそう。

今、15話まで。それぞれのキャラが実にリアルに描かれ、個性的。こんな人いそうっていうキャラ設定は見事。
ウェブ漫画のドラマ化ながら、現実離れしているのが最大の特長のような韓ドラの中に会って、珍しい卑近なドラマ。
だから、グレだけじゃなく、それぞれの人物の今後がとても気になる。特に悩み多き同期たちがどう成長して、どんなふうに自分の問題を解決していくのか。
今とても心配なのは、紅一点、アンヨンイ。だらしない父の借金のせいで前職も追われたヨンイが、またも借金を背負わされそうで、仕事もパワハラ受けてるし。どうか、ヨンイが委縮せず、ぱーっと爽快に反逆してほしい。

あと5話もじっくり鑑賞していきたいわ。
ドラマメイキングは今まであまり興味なかったけど、今度放送される、未生の裏側だけは見てみたい。役者さんたち息ぴったりだから、熱い現場だったんだろうなと想像するだけで楽しいわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2015   2 comments   0 trackback
Category :未生
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR