ピノキオ 最終話

息子ボムジョが自身の罪を代わりにかぶって自首するとすぐにパク会長はボムジョのためにやむを得ず警察に出頭することにする。 下命と因るパク会長にする質問を準備する。
一方、タルピョンはダルポとイナの親しい姿を見てコンピルを心配する。 タルピョンはイナとダルポにそのまま叔父とおい(めい)の間に残ってほしいとお願いするけれど..

・・・・・なかなか骨太の傑作だったわ。中身が詰まってた。退屈することなく一気に視聴できました。
正統派美男子好きな私は、実は、イジョンソク君のビジュアルはちょっと苦手。
演技力はあるけど、イケメンというより味のある顔の、キムスヒョン君、ソイングク君と私的に同じグループなの。
なので、シネちゃんとの切ない恋愛部分には全くハマらず(笑) 二番手のキムヨングァン君も好感持てないし。
ジョンソク君がお好みの方は、きっと涙するくらい、どっぷりハマれると思います。

二番手男子の母親役にキムヘスクママが出てらした時点で、気づくべきだった。この大物が脇で終わるわけないわよね。
結局一連の事件の黒幕はヘスクママだった。悪役ながら、やはり、オーラが違う。大物ぶり。

やろうと思えば簡単に情報操作できるうさんくさいマスコミ界にあって、真摯に真実を追求して、大衆に報道し伝えたいという正義感をもって、最終的に個人の復讐より、あくまで真相究明を選び、兄を告発し、記者として成長した主人公、ダルポに拍手喝さい。




スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2015   0 comments   0 trackback
Category :ピノキオ

991259.jpg
◇真実を従う社会部記者たちの生き方と 24時間を常に一緒にして忙しく仕事をする人々がその中で徐徐にときめく時間で変わって行くいきいきとした青春メロドラマ◇

◇ピノキオ症候群とは(実際に存在しない仮想の症候群)

1.嘘をつけば自律神経系の異常でしゃっくり症状を見せる症侯群,43人の中 1名ずつで現われて先天的な症侯群で治療が不可能だ.
2.電話や文字で嘘をついてもしゃっくりをする.
3.嘘をつけばしゃっくりをしてその嘘を直せばしゃっくりが止まる.
4.ちょっとした嘘によるしゃっくりは直さなくてもしばらくすると自然に止まるが、良心に反する大きい嘘によるしゃっくりは直すまで続く.
5.‘お嬢様が本当にきれいな顔付きです’,‘このネックレスは損をして売るはずです’ など、日常の嘘もできないから一人ぼっちにあいやすくて就職とソーシャルライフに困難をたくさん経験する.
6.ピノキオ症侯群は嘘を気配が見えるので人々はピノキオ症侯群である人の言うことは無条件信じる.

☆お友達のご厚意により、一挙視聴できる幸運に恵まれました。
今のところ、半分の10話まで視聴。

私はまたパクシネちゃんと、イジョンソク君の甘いラブコメかなーと、あまり期待してませんでした。
ところが、このドラマ、テレビ局報道記者を素材にしていて、なかなかの社会派。職業ドラマとして成立する、優れた脚本でした。
嬉しい誤算。
過去の悲惨な事故により消防士である父親を失ったところから始まる兄弟のその後の運命は、かけ離れ、正反対の道を歩むことになる。
弟は社会正義を問うために報道記者の道を選び、兄は父の潔白を証明し、父を侮辱し、家族を崩壊させた張本人、得意満面でのさばり続ける傲慢な女性記者に復讐するために、世間の片隅で虎視眈々と機会をうかがい、ついには関係者を自らの手で罰を下す犯罪者になってしまっていた。

シネちゃんは女性記者の娘で仕事の足手まといになると、捨てられた過去を持つが、毎日テレビに出演する母を敬愛してやまず、同じく記者になる。
いわばジョンソク君の仇の娘。しかしシネちゃんは、正義をふりかざしてあたかも事実のみを報道していると思われた母が、実はセンセーショナルな報道で世間の耳目を集めるために、過剰な演出をしていたことや、人の死に無関心で冷酷な素顔を持つと知ったとき、絶望する。
そして、公の場で母と対決。「自分の言葉に自信を持つために、その鋭い刃で人を傷つけ、一家族を崩壊させたことは、罪である」と弾劾。
このシーンは見ごたえあったし、言い返せず悔しがる母親に溜飲が下る思いだったわ。

過去の悲劇を乗り越え、改めて強い絆を確認しあうシネちゃんとジョンソク君。

あと10話、このあとまたどんな展開が待ちうけているのか、とっても楽しみ。私的には悲しみと苦しみに彩られた兄の運命が気になるわ。罪を犯したとはいえ、兄にも平穏な日が訪れることを祈らずにいられないわ。
脚本がとにかく面白いので、主演がシネちゃんとジョンソク君じゃなくてもそこそこヒットしたかもしれないけど、勢いと人気のあるこの二人が演じることで、視聴者により伝わりやすく、共感しやすいのかもしれないわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2015   2 comments   0 trackback
Category :ピノキオ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR