FC2ブログ

「二度ない」オ・ジホ・イェ・ジウォン・バクセワン・グァクドンヨン出演確定..11月放送[公式]



俳優オ・ジホ、イェ・ジウォン、バクセワン、グァクドン凧「二度ない」出演を確定した。

来る11月放送を控えているMBCの新しい週末特別企画「二度ない」(脚本グヒョンスク、演出チェ・ウォンソク)は、ソウルの真ん中の古い「楽園イン」に集まったゲストたちが「人生の二度ない」を叫んで失敗傷を踏んで再起を夢見る愉快、爽快、痛快なサイダー戦記を描いたドラマだ。「百年の遺産」、「伝説の魔女」、「月桂樹洋服店神社に」など毎作品ごとに30%を越える視聴率を記録した週末ドラマ興行不敗神話グヒョンスク作家とハリウッドまでの領域を拡張した国民俳優ユン・ヨジョンのブラウン管復帰作で放送前から高い期待を呼び起こしている。

ここで、自分だけの色を持っている俳優オ・ジホとイェ・ジウォンは、バクセワンとグァクドン凧主演を務めることになり、2019年の下半期の期待作として浮上している。

まず、オ・ジホは女心を盗みた最適化されたハードウェアの楽園イン5号室の感覚風紀役を務める。完璧なビジュアルと声は基本、どんな服を間瀬まともなフィットを誇るだけでなく、古今東西地位の上下を問わず無条件に食われるユーモアのセンスとコメントスキルまで女性たちの心をつかむには乗っていた。しかし、意外にエリコ着し、どんな状況でも肯定的な魅力豊かで、オ・ジホのおいしそう私はたばこが加わり、さらに立体的なキャラクターに完成する予定である。

イェ・ジウォンは、楽園インの6号室こちらの部屋は地方である。ゴールドミス顔負け年齢にもかかわらずミスコリアに劣らず美しい美貌が最初の特性である。手に負えない食と愛嬌まで備えているが、これまでしっかりとした男は一度会ったことのない1%足りないファム・ファタールが反転チャームポイント。正直のクールな性格に気さくで笑顔も、涙も、杯程度多くのキャラクターでイェ・ジウォンとの完璧なシンクロ率を期待させる。

続いてバクセワンは楽園イン4号室に留まるれる金ミント役を引き受けた。猫かぶりゼロに陽気、純粋な、無茶な魅力は、満ち足りていない美貌まで備えた金箔浜出身無公害少女。特別な事情を持ったまま、偶然凧を結ぶされた楽園インで宿泊客と一緒にグトセゴたくましく世界に向かって進むキャラクターだ。特有の明るく陽気な魅力を持ったバクセワンは、今回の役割を介して層成熟した演技を披露し、新しい魅力を見せてくれることが期待される。

最後にグァクドンヨンは楽園インの向かいに位置している超高層5つ星の構成ホテルの後継者1ランク、構成ホテル会長の孫やしてくれた役を務める。劇中やしてくれたの前につく修飾語は、天上天下唯我独尊、ジャポク大魔王、スーパーカチルナムなどとても多様である。すべての関心と愛情が、本人だけに向かっている自己陶酔クライマックスの男。一見すると冷徹なようですが主観的であり、合理的なようだが、感情であり、クールなふりをするがすごく気が小さくされたスタイルである。一言で偉隻の背景を除けばこれといった打ち出すことがない人物で、これ特有のしらじらしいで表現ことグァクドンヤン煙が光を放つように見える。

このようにオ・ジホ、イェ・ジウォン、バクセワンは、グァクドンヨンは「二度ない」で今まで見せてくれた敵なかった演技変身と多彩な魅力を披露する予定だ。ため、今回の作品を通じて、これらの新しい人生のキャラクターを誕生させることができるのか、今から関心が集まっている。ここでロマンスからコメディまで網羅様々な世代別のキャラクターのケミストリーは、「二度ない」を期待するようにするもう一つの理由で数えられる。/kangsj@osen.co.kr
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・千回のキス

千回のキス 27,28話

ウビン母の皮肉にも耐え、なんとかウビンとの婚約式にたどりついたジュヨン。
白馬の王子様ウビンにドレスやバッグを買ってもらい夢のような日々。ジュミも姉ジュヨンの幸せを喜び、ウビンに感謝。
ウジンも含め4人の席で、「ジュヨンとジュミはなんと呼び合えばいいか」なんて会話を繰り広げ楽しげな食事。
けれどただ一人真実を知るウジンだけは、胸中が複雑。

ジュミの母探しの結果、自分の継母、ジュミの姑にあたるジソンがジュミの実母だと知ってしまったのだ。
誰にも告げられずにその事実に悩むウジン。
ところがジュミ母探しを頼んだ探偵が、そのネタをえさにジソンを脅迫。
社会的な知名度の大きな大企業相手だけにお金になると目をつけて再三ジソンに要求。

困ったジソンはあろうことか、嫌われているウビン母にも頭を下げてお金を無心するが、あまりの大金に驚いたウビン母は容易に貸そうとせず夫に告げ口。ウビン父から聞かされたウジンは、全てのつじつまを合わせ、ジソンが脅迫されていると知る。

ブランド好きで高慢なウビン母には「子供を連れてくるなら家を出て」と命じられ、ウビン元カノには上司なのをいいことに皮肉を言われるジュヨン。しかし誰になんと言われようとも気にしないと心に決めて、チャンノを心から愛してくれるウビンと晴れて婚約できたジュヨンにはこのまま、幸せな結婚をしてほしいけど。

隠し通せる秘密はないもの。
ウビン母が知れば今どころではなく、結婚に反対して暴れそうだわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2012   0 comments   1 trackback
Category :ドラマ感想・千回のキス

千回のキス 25、26話

結婚を反対している息子がたった一回、飲んで暴れて喧嘩して警察に厄介になったからといって、「お前が落ちぶれる姿は見たくない、好きにしたらいい」とウビンとジュヨンの結婚が早くも許される形になった怒涛の展開に、目が点になりながら、視聴。

周囲の目は決して祝福の優しい目線ではないものの、信じられない思いのジュヨンでもとにかくウビンと幸せな日々。
ウビンも家に帰れば母親の不機嫌なジュヨンへの侮辱に耐えつつも、2人のときは思いっきり甘いムードでジュヨンを喜ばせる。

あれよあれよで、ウジン夫婦も交えて家族の食事会。
その席でジュミ、ジュヨンの父親の話から、自分の立場がばれて破談騒動になるんじゃないかってびくびくのジュヨン実母@ジュミ姑(ややこしい(^_^;))

まるで喜劇のコントみたいに話が進みだすタイミングで腹痛を訴える実母。てっきり仮病かと思ったけど、本当に胃痛に襲われたらしい。

病気になってさえ「こんな祝いの席でだらしない」と非難する冷たい夫やウビン母。
横暴な夫に献身愛を捧げる今の姿からは想像もつかない、ジュヨン母の昔の不倫駆け落ち事件。
一体どんな事情があって、教授である夫の教え子と手に手をとって2人の娘まで捨て、逃げるようになったのかしら。
それはどんな理由があろうと、世間からは非難されて当たり前、決して理解されるものではない。
まして、ジュヨン姉妹を老いた女の身で育ててきた祖母や、年上不倫女の無分別な行動の犠牲になり、外国に追放され孤独死してしまった弟の無念を悔しがるウビン母にとっては、到底許せないはず。

それにしても、娘2人が因縁の家に嫁ぐことになるとは、その罪のあまりの深さにジュヨン母ももはや神に祈るしかなすすべもない。

そんなジュヨン母正体をめぐる包囲網はウジンのジュミ母探しでどんどん狭まってきている。

そして、筋違いの嫉妬に狂うウビン元カノ、ジュヨン元夫のいやがらせ、当てつけもエスカレート。
ウビン元カノはなにやらジュヨンを仕事上で陥れ困った立場に追い込むつもりの様だし、ジュヨン元夫は、自分の浮気は棚に上げ、ジュヨンが再婚をやめなければ一人息子のチャンノをとりあげるつもり。
卑劣な人間たちがジュヨンたちの前に立ちはだかり、邪魔をする。

婚約式目前にまで引き上げておいて、2人をとりまく運命の輪は暗い穴底に叩き落とす用意をはじめている。
可哀想。

そういえば祖母はジュヨン母の相手がウビン母の弟(これもややこしい)だということは知らなかったんだわ。
どうすればいいか困り果てたジュヨン母がその事実を打ち明け、相談。
祖母はジュヨンに実母だと打ち明けるしかないと諭すものの、いざジュヨンを呼びだしてもとうとう真実をうちあけることはできなかった実母。

孫娘達をお嫁にいくまでに育て上げても、いまだにこんなにも大きな苦悩の波が押し寄せてこようとは、祖母に安寧な日々が訪れるのはいつのことになるのかしら。

全てが明るみになってもウジン夫婦は今更別れることはないと思うけど、ウビンとジュヨンは。
「どんなことがあっても結婚してね」とウビンの夢のつまった廃校で、校庭の野草を摘んだ花束でプロポーズを受けたジュヨンが答えたみたいに、耐えられる苦痛なら、このまま結婚させてあげたいけれど。

Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   2 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・千回のキス

千回のキス 19~24話

2人を取り巻く状況がどんどん辛くなって、障害だらけになるのが目に見えていたので、視聴する気が起こらずなんと三回分、都合6話を録り溜めてました。
これ以上溜めるのもHDD的に良くないので、やっと消化(^_^;)

まず、ジュヨンとウビンが、ジュミとウビンの結婚で姻戚になったことを知る。
愕然の2人。障害がまたひとつ増えたことに暗澹たる気持ち。

何の対策も考えないまま、2人の気持だけは揺るがず愛を育てていく。早く家族にオープンにして祝福した貰いたいウビンはやみくもに突っ走る。
バツイチの上子供までいて、おまけに姻戚の2人の境遇はさすがにすぐには両親に言えないんだけど。
ウビンの性悪元カノユギョンの告げ口という最悪の形でウビン母が知ることになる。

怒り狂う母。普段物分かりのいい父までも猛反対。
誰か味方になってくれないかと、打ち明けに行ったジュヨン祖母も大反対。
ウジンにも相談するけど、戸惑いつつも反対。
実の娘ジュヨンが激こうしたウビン母に侮辱されジュースを頭からかけられる場面を目撃したジソンも反対。
2人を別々に呼び出して別れるのがお互いの為と説得。
元カノはもちろん妨害しようと意地悪。
ウビン姉もいい年してニートの我が身をおいといて非難。たびたびジュヨンを呼び出しては脅迫。
その上、2人の愛が本物だと知ったジュヨン元夫も自分のしたことを棚に上げてジュヨンを不倫女呼ばわりし、一人息子のチャンノを奪うつもり。。。。

は~、こう周り敵だらけだと気分重いわ。

新婚ラブラブで幸せなジュミが姉のことを知り、唯一あえて声高に反対はせず、ただ姉の幸せを祈る。
ジュミは先に結婚したことで自分を責め、ジュヨンはジュミに悪いと後悔。
想い合う姉妹の愛情だけが、唯一の慰めかしらね。

それに、救われるのは、ここまで悲惨な境遇になってもジュヨンが揺れないこと。
ウビンがとうとう家を追いだされて部屋を借りても彼に従うの。
ウビンとジュヨン、どんなにつらくても愛を貫いてほしいわ。

天国と地獄のように苦しい愛を生きるウビンとは対照的なラブコメモードのジュミたち。
ウジンとジュミカップルのファンの方が多かったようですが、私はあくまでジュヨン目線なので、リュジンし@ウジンのおふざけ場面ももう笑えないんです。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・千回のキス

千回のキス 17、18話。

前途多難、早速の障害、妨害。

ようやくウビンの必死の想いを受け入れることにしたジュヨン。
「僕のために嘘をついていたのに気付かなかった。もうごまかさないで」というウビンに「あなたを愛してる、でもきっと周囲は反対するわ。それに耐える自信がない」と弱気な告白。
それでもウビンは晴れて両想いになったことで有頂天。ジュヨンの不安を「絶対に傷つけないように守るから」と約束して抱きしめる。

それから毎日のようにデート。元カノで大事な取引相手でもあるユギョンの食事の誘いを冷たく断ってジュヨンと食事。その場面に遭遇したユギョンは激怒。ジュヨンは上司であるユギョンとウビンが知り合いということに驚いてウビンに尋ねるけれど、ウビンは「その話はまたの機会に」って言うもんだからよけいに気になるじゃないの。

答えはジュヨンを呼びだしたユギョン自らの口で語られる。
「私たちアメリカ時代に知り合って恋人同士だったの。誤解があったけれどよりを戻すつもり」と宣戦布告。

ジュヨンの離婚話はジュヨンと別れたくない元夫がごねるせいでうまく進まない。そんな中でももう引き返さない、振り向かない、いけるだけ進もうとおそるおそるウビンに向かって歩みだしたジュヨンはウビンとのデートに幸せなひととき。

ウビンへの気持を隠さないと決めたら気になるユギョンのことも思い切って聞いてみるジュヨン。ところがとたんに不機嫌になり、もう聞かないでほしいと言う。まだ傷が癒えていないみたいね。

ジュヨンはユギョンに向かって「ウビンさんと関係ないと言ったこと、訂正します」「ウビンがあなたを愛してるって?」と皮肉っぽく尋ねるユギョンにただ黙って見つめ返す。愛されてる自信がジュヨンを堂々と立たせてるにほかならないと悟ったユギョンの怒りは収まらない。

ウビン事務所に押しかけ平手打ち。
「他の人に見向きもせず私を待ってると思ったから送り出したのに、何よ!私がどうするか見てなさいよ!」とわめきちらし、にらみつける。お~怖っ
ものすごく醜い顔になってますけどぉ、余計に嫌われるだけだわよ。

そのユギョンがしでかしたのは。
酔った勢いで飲んだ鎮痛剤。飲み過ぎて病院に運ばれるが一緒にいたウビン姉、ヘビンに協力を頼み、自殺目的で薬を飲んだことにすり替える。おそるべし、陰湿女の作戦開始。

かけつけたウビンをしばりつけるつもり。抱きついたところへ会社のみんなとお見舞いに来たジュヨンが目撃してしまう。
面白くないジュヨン。ウビンは状況説明と言いわけに必死。「彼女をどう思ってるかわかってるだろ?」
(わかってても誤解されるような隙を作っちゃ駄目なの

アラサーなのに無職で自立せず親のすねかじりのヘビンなのに、ウビンに説教「あんな女とつきあうなんて。ママたちが哀しむに決まってるでしょ」
それだけではあきたらずジュヨンを呼びつけていきなり水を浴びせかける。

ウビンといるときは幸せでも、怖れていた現実は冷たくジュヨンに牙をむき始める。

それでも我慢してウビンとデートするジュヨンなんだけどウビンが気づくくらい沈んだ気持ちは隠せない。
そのわけを姉から聞くウビン。「あの女、水をかけても動じなかった」
一体この姉は何様?まぁ、この愚かな行動がウビンのジュヨンを想う気持をますます強くするんだけどね。

速攻ジュヨンの元にかけつけると「私は大丈夫」と穏やかなジュヨンの微笑みに心が震えたように「これからは何でも全て僕に話して。一人で苦しまないで」って涙をぽろぽろこぼしながら抱きしめるウビン。
つっぱしる若さ、情熱が伝わる。でも具体的に家族を説得できる力がついてるかなー。だからジュヨンも不安だったのよね。

父親のリハビリ筋トレ器械をこそっと使って鍛えたり、音痴矯正教室に通ったり、ウジンはどんどん変な方向に向かってますけど、ケンチャナ?
周囲から祝福されてるウジンとジュミのお気楽カップルがジュヨンたちと真逆で、ちょっとうっとおしいときもあるけど、これがなくちゃ辛すぎるかも。
Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・千回のキス
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR