キルミー・ヒールミー 15,16話

15回一生贖罪する気持ちで生きても足りない傷つけた人ですから

トヒョン(知性)はなくした記憶が思い出され始めて、リオは(パクソジュン)はリジン(ファン・ジョンウム)を拉致した背後が誰なのか調べてみることにする。
リジンはトヒョンのために自身の幼い時記憶を想いうかべようとして、トヒョンはそのようなリジンが心配になる。 シン・ファラン(シム・ヘジン)は“私の病気を天下に公開する”というトヒョンの話にパニック状態となる。

16回とても永らく記憶します

トヒョンはリジンと共に雪の花列車に乗って別れ旅行に行く。 シン・ファランはトヒョンをどうにか昇進グループに残るようにするために作戦をたてて、ソ・テイム会長はリジンに別に会うけれど...

・・・・・リジンがこれ以上残酷な過去の記憶を取り戻さないよう、もう会わないでくれというリオンの頼みを受け入れるドヒョン。リジンが行きたがっていた雪列車旅行に行き、海辺で別れを告げる。
リジンは段々子供のころの記憶を思いだしはじめ、母に実の両親のことを話してくれるよう頼む。
実の母はドヒョンの戸籍上の母。父はすでに死亡している。母は政略結婚でドヒョン父に嫁いだが、利発で同道していて才能のある妻に気おくれして夫婦はうまくいかず、ドヒョン父は失踪。7年後にドヒョンを連れて帰る。
そしてドヒョンが良くないことをすると、リジンが代わりに折檻されていたのだ。
ドヒョンは自身が虐待を受け心がばらばらになったのではなく、リジンを守れなかった罪悪感で別人格が出現するようになったことを知る。

そしてドヒョンは自分が屋敷に連れ帰らる以前にすでに戸籍に入っていたことを不思議に思う。そのころリジンは、実母が優しく呼んでいた自分の本当の名前を思い出す。ドヒョン、というのがリジンの本当の名前だった。

複雑~。でも要するにドヒョン父は、妻が産んだ他の男の子供、リジンを憎悪して虐待してたわけね。
癒されるべきは本当はリジンだった。ドヒョンは事実を知ってどう行動するのかしら。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2015   0 comments   0 trackback
Category :キルミー・ヒールミー

キルミー・ヒールミー 11,12話

13回今からは中(案)要私の世の中は、兄さん~ア~!

リジン(ファン・ジョンウム)は悪夢を見始めて、トヒョン(チソン)はそのようなリジンが心配になる。 だが、リジンは簡単に心を開かないで、トヒョンはふと彼女とリオは(パクソジュン)の関係を考え直すけれど..
一方、ヨンピョ(キム・イルウ)はミン・ソヨン(ミョン・セビン)の子供がまだ生きているという事実を確信して、リオンはトヒョンの人格の中の一つである‘要や’と初めてぶつかる。

14回どんなことが広がったのか全部明らかにします!

トヒョン(チソン)はリジン(ファン・ジョンウム)の家族らと一緒にして笑いを取り戻す。 スンヨン(キム・ヒジョン)はトヒョンに“リジンと上手くしなさい”として励まして、リオンとリジンの幼い時写真を見せるけれど..
一方、トヒョンは過去地下室の記憶が新しく浮び上がって、‘私も’の人格に会うことになる。 チェヨン(キム・ユリ)は基準(オ・ミンソク)に婚約破棄を通知する

・・・・・私は大勘違いしてたわー。
ドヒョンともう一人の子供、地下室で一緒だったのはリジンって、何度もヒントは出てたのに、リオンが資料を集めて調べてたから、てっきりリオンが財閥の落とし子だと思い込んでた。
リジンが地下室と火にトラウマがあるっていうのは、わかってたはずなんだけど、リオンの方がもらわれてきた子っぽかったから。
リオンはリジンの出自について調べていたのね。
でもリジンがソヨンの子供だとすると、ドヒョンとはどういう関係になるの?二人ともあの虐待父の子供ってことになるんじゃないの?
また何か見落としてるかしら。二人が腹違いの兄妹だとまずいものね。

それにしてもリジン両親の暖かいこと。リオンの友達だと思ってるドヒョンのことも「息子の友達が、何が客だ。とっとと働け」ってこき使い、二人がシリアスな話しながらお手伝いしてるところへ現れては、二人をぶって「さっさと片付けろ」って叱る。
でも食事のとき、ちゃんとドヒョンにアルバイト代と称してお小遣いをあげるの。「父が息子にやるのに遠慮するな」って。
生まれてはじめてお小遣いをもらって感動してるドヒョンにちょっとうるうるしちゃったわ。
もしかしたら二人が深刻に話し合ってるのを邪魔したのって、わざとかしら、パパ。
とにかくリジンをはさんで恋のライバルになったドヒョンとリオン。
泥酔したリジンを運ぶときもリジンの取り合いで争いになるのが、コミカルでおかしい。
そのくせリナになったドヒョンはリオンを「オッパ~」と呼んで追っかけまわしてついにチューしちゃう。

今までリジンが別人格登場のきっかけになってたけど、リオンの前で変身したということはリオンにもsympathyを感じてるんでしょうね。

それにしても実際に虐待されていたリジンが多重人格にならず、リジンを助けられない罪悪感でドヒョンの方が病気になるなんて。
いずれにしもて残酷な大人たちの犠牲になったんだわ。


Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2015   0 comments   0 trackback
Category :キルミー・ヒールミー

キルミー・ヒールミー 9,10話

9회
9回縁を運命で作ったのは私の3番目失敗

リジン(ファン・ジョンウム)は一夜の間にトヒョン(チソン)の人格に全部会う。 だが、唯一シンセギだけ姿を表わさないのに..
キジュン(オ・ミンソク)とチェヨン(キム・ユリ)はト・ヒョンウィ秘書でリジンが会社に登場するとすぐに茫然自失して、リオは(パクソジュン)は‘オメガ作家’身分でトヒョンと会う。

10回君だけいるその記憶の中に私がいる?

セギ(チソン)はトヒョンと全面戦争を宣言して、リジン(ファン・ジョンウム)は妻蔭補はセギの冷たいということに堪え難いだけだ。 チェヨン(キム・ユリ)は突然訪ねてきたセギの姿に驚くけれど..
会社で出勤したセギは会社職員の注目を一身に受けてついにキジュン(オ・ミンソク)と正面から対抗する。 オランダ(シム・ヘジン)はリジンに会って“トヒョンの一挙手一投足を報告してほしい”と話す。

・・・・・・気持ちがたかぶってリジンにキスしてしまったドヒョン。二人はなかったことにしたい。でもドヒョンはこんなに幸せな気持ちになったのは初めてだと思うのよね。
リオンはドヒョンの元にいるリジンを取り戻すため、それまで絶対に秘密だった作家としての正体をドヒョンに明かしてしまう。
その交換条件がリジンに会わせてもらうこと。家に帰ってこいと説得するリオンだけど、リジンは承知しない。

一晩のうち唯一現れなかった邪悪なシンセギは、ドヒョンを制するつもりで出現すると会社にも出勤。ドヒョンの大切な女性、チェヨンの元にも現れる。
でも、そんなに悪いことはしないのよ。会議中にもリジン、好きとか落書きばかり。幼稚みたいね。

シンセギ対ドヒョン、だけでなくリオンも絡んでのリジン争奪戦になりそう。
リジンへの想いがみんなそれぞれ切実なのよ。





Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2015   0 comments   0 trackback
Category :キルミー・ヒールミー

キルミー・ヒールミー 8話まで

7回そんなに生かしたいこと遅れなくあるべきで


テイム(キム・ヨンエ)はアン室長(チェ・ウォンヨン)に“トヒョン(チソン)が韓国に入ってきた理由が何なのか”問い質してアン室長は困り果てる。 リジン(ファン・ジョンウム)はヨソプに会って自殺を防ぐために孤軍奮闘するけれど..

オランダ(シム・ヘジン)は人をさせてミン・ソヨン(ミョン・セビン)の過去の子供を探してみようとして、トヒョンはオメガ作家に会うために戦略を立て始める。


8回要私は絶対のがしてはいけません!


キジュンはチェヨンにプロポーズをして、チェヨンはキジュンの態度に怒る。 リジンはトヒョンの秘密主治医になることにしたがトヒョンと同じ家で生きなければならないという事実に驚いて。 そんなに二つのあきれる同居は不安に始まって....

・・・・・ここまで見てきてカテゴリを上げるのをためらっていたけど、きちんとあげたくなってきました。うまく感想は書けないけど、でも、すごく面白いので、視聴した!っていう証拠を残しておきたくて。

リジンは渡米するはずだったけど、ドヒョンの中の一人、自殺願望者の高校生の存在が気になり、はっきりと救ってあげたいという気持ちが湧いてきて、またドヒョンが「僕のお城の中に入ってきたボールは投げ返したら終わり」という言葉が逆に僕を助けてという悲鳴に聞こえて、渡米を取りやめ、ドヒョンの専属主治医になることを決心する。

ドヒョンはリジンがそばにいるとパニックになったときも落ち着くこと、本来の自分を取り戻せることで、これまで誰にも開かなかった心をリジンには信頼して預けることができるようになる。

チェヨンへの初恋の想いも素直に振り返り打ち明ける。「あれは本当の愛じゃなかった。きっと自分も誰かを愛することができたっていうことへの自分への愛しさだった」と分析。そうでしょう、そうじゃなきゃ、あんな女性好きになるはずないわ。
今もギジュンと結婚寸前なのに、横柄なギジュンから大事にされないと、ドヒョンから拒絶され他のに怒り、リジンの存在をうっとうしく思い嫉妬丸出しで、焦ってドヒョンの気を引こうと必死だもの。見苦しい以外ないわ。

そしてここにリジン双子の兄として育てられたリオンの存在が大きく絡んでくる。実はリオンとリジンは血のつながりがない。どういう関係でかリジン両親がある日、リオンを連れてきて養子にしたらしい。
そしてリオンはそのことを知る。自分が財閥の息子であることも。誰にも明かさず独自で自分の出自を調べている。
その中で、ドヒョンが財閥後継者と知って意図的に近づく。リジンが主治医になっていることは知らないままに。
でも気づきそうね。

リオンがリジンに向ける視線が切ないけど、なんとドヒョンはリジンにキスしちゃうのよね。二人の仲は一気に進展。
まさかこんなに早くドヒョンがリジンに愛を表現するとは意外だったわ。もっとためらう時間があると思ったんだけど。シンセギじゃなくドヒョンとしてキスしたのよね。リオンますます可哀想。





Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2015   0 comments   0 trackback
Category :キルミー・ヒールミー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR