チ・ヒョヌ"'買ってきた'両世宗(セジョン)見れば'月私も'思い出して...共感多" 



俳優チ・ヒョヌが'オールドミス ダイアリー'から'甘い私の都市'まで自身の代表作を見て回った。

チ・ヒョヌは最近進行されたMBC週末ドラマ'泥棒泥棒様'の放映終了インタビューで最近とりわけメロー作品をしないことに対して"偶然の一致であった。 作品を探した時期に'キリ' 'ウォンテッド'のような作品が入ってきたことだけ"と話した。

彼は"以前にメローをたくさんしてわざわざそのような選択をすると考える方々もあるようだがそれは違う"として"考えてみれば全(前)には無条件みなロコヨッコ、ある作品に必ず二人の女性と三角関係を成し遂げるキャラクターだったが、30台になって突然犯人捉えに飛び回って、マート職員らと一緒にするドラマをすることになった"として笑い出した。

チ・ヒョヌは"男たちだけ出てくるドラマ、犯人捕まえるドラマ同じ物を相次いでたくさんしたが、そうするうちにメローに対する懐かしさもできるようだ。 今回の'泥棒泥棒様'ではそれでもロマンスがあったがそれでも重いメッセージがある作品だった。 次にはもう少しやめようとする柔らかくて、見る人が気楽に見ることができるそのようなドラマを一つしてみたい"と希望を伝えた。

チ・ヒョヌの代表作では多くの視聴者たちがドラマ'オールドミス ダイアリー'や'甘い私の都市'を思い出させる。 彼は"本当に多くの方々がチ・ヒョヌすれば特に'オールドミス ダイアリー'をたくさん思い出させてくれる。 私の考えにも最も大衆的な面白味もあって多様な話が入れられたドラマであった。 お母さん、おばあさん、オールドミスのお話がなかったか"と話して'オールドミス ダイアリー'に対する格別な愛情を表わした。 

俳優としてのキャリアを始めた契機である'オールドミス ダイアリー'に対してチ・ヒョヌは"俳優としてのチ・ヒョヌの開始でもあった。 初めて関心と愛を受けた作品だった。 その時受けた愛で今まで延期(煙、演技)ができるようになったと考える"ながらも"'オールドミス ダイアリー'をまた見れば今は見られなかったよ。 'どのように延期(煙、演技)をチョタン式でしたんだよね'このような考えの外に入らない。 台詞処理するのを見れば'アッ'といいながら頭を包んで握る"と話して笑いをかもし出した。

彼は'オールドミス ダイアリー'の年下の男チ・ヒョヌ キャラクターに対して"礼儀をわきまえなくて、話もたくさんなくて、感情信徒特にない片思いキャラクターなのでそれなりに接近すること易しかったようだ"と話して"女たちが好きな要素を全部集めて作ったキャラクターであった。 その時はそのキャラクターがなぜ女性たちに人気があってからよく分からなかったが後日では分かったよ"と回想した。
20171117083416788.jpg

チ・ヒョヌは"'オールドミス ダイアリー'で愛されることができたのは、延期(煙、演技)的には難しいことがないながらも女性たちが好きになるほかはないキャラクターだったためだった。 そのようなキャラクターを作る作品に会うのが事実容易ではない。 年を取ってより一層そのようだ"として"専門職や財閥集息子と同じキャラクターがドラマにたくさん出るのにそうでないながらも女心を盗むことができるキャラクターが登場する作品に会うことは本当に骨を折ったようだ"として物足りなさを表わした。

一時'国民英河南(ハナム)'だったチ・ヒョヌは"SBSドラマ'愛の温度'中両世宗(セジョン)を見れば'甘い私の都市'中私が引き受けたユンテ行き来して考えがたくさん出てその友達に没入がうまくいったよ"として"'あの友達ああすることができて' 'あの心分かって'このような共感をしながら見ている"と話して聞く人を爆笑させた。

最近社会的メッセージが重いドラマを相次いでしたチ・ヒョヌはメローをしてみたいという心を表わした。 彼は"濃いメローながらもちょっと明るいドラマをしてみたい。 もう単純に女主人公と男の主人公の愛だけで16回を引っ張っていくのは容易ではないようだ。 '答えなさい'シリーズや'オールドミス ダイアリー'のような作品が愛された理由は多様な人々のエピソード、その間に愛がプラスされたためだと考える。 そのような作品をしたくて、これからはそのような作品がたくさん出そうだという考えだ"と付け加えた。

一方チ・ヒョヌは'泥棒泥棒様'で弁護士であり義に徹した泥棒Jであるチャンドルモク役を担って活躍を広げた。 去る5日放映終了した'泥棒泥棒様'は大韓民国を操縦する既得権勢力に致命打を負わせる泥棒の話を愉快で痛快に扱ったドラマだ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

カン・ミンヒョク“防弾少年団、K-POPに良い影響及ぼす後輩”



シーエヌブルー、カン・ミンヒョクが防弾少年団をほめた。

13日ソウル、中区(チュング)明洞(ミョンドン)のあるカフェで進行されたヘラルドPOPとのインタビューでカン・ミンヒョクは最近大丈夫に見ている後輩に対する質問を受けた。

去る2010年バンド シーエヌブルーでデビューしたカン・ミンヒョクはチョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、里程神(靴)と共に呼吸を合わせて国内最上グループで背伸びした。 シーエヌブルーは‘孤独な人が’、‘LOVE’、‘Can’t Stop’、‘I’m Sorry’等数多くのヒット曲を記録中で、現在も活発に公演と海外ツアーを継続してK-POPアイドルとして活躍している。

そのようなカン・ミンヒョクが注意深く見ている歌手後輩は誰がいようか。 自身を‘ア再感性’と表現してTVとインターネットが上手でないと言っていたカン・ミンヒョクは防弾少年団を挙げた。 彼は“防弾少年団がビルボードに上がって、良いアーティストらとコラボレーションをするなどK-POPの道を整えていって良い影響を及ぼしていると考える”と話した。

その一方で所属会社後輩に対する応援も忘れなかった。 カン・ミンヒョクは“SF9と円フライングはシーエヌブルーツアーオープニング舞台に立って防弾少年団のように熱心にしている。 その友達もたくさん愛したら良い”と付け加えた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

‘10周年’ホン・ジョンヒョン“闘病中キム・ウビン、連絡もごめん…快癒祈願”

0003967008_001_20171110080317884.jpg
いつのまにか10年だ。 俳優ホンジョン玄銀“珍しくて感謝する”と過ぎた時間に対する所感を明らかにした。 2007年ファッションショー08 S/Sソウル コレクション モデルでデビューして延期(煙、演技)で領域を広げた彼はいつのまにか俳優で私の持分(役割)をすべてしている。

モデル出身である彼は序盤次世代美男スターで注目されていた。 SBS ‘人気街です’、オン・スタイル‘スタイル ログ’等を進めたし、MBC ‘私たち結婚しました’等芸能プログラムを通じて愛された。 惜しくも延期(煙、演技)に対する評価は人気について行くことができなかった。

昨年SBS ‘月の恋人:ポボギョンシムうと’を始め変わった。 去る9月放映終了したMBCドラマ‘王は愛する’では超リン役を担った。 ‘月の恋人’と同じ時代的背景だったが、繊細な延期(煙、演技)で前作の残像を消した。 肯定的な評価に対して言及するとすぐに彼は“しばらく‘王は愛する’を多くの方々が記憶しはしないかと思う”と笑った。

来年目標は“誰より忙しく”だ。 ことに対する欲が毎年深くなっているという反証だった。 彼は“日増しに期待感が生じる”としながら“新しい作品にはやく会いたい”と話した。

(インタビュー②で引き続き)―ネップルリクス芸能プログラム‘犯人はすぐに君!’撮影に参加した。 そっと耳打ちするならば。

△芸能とドラマの中間にある。 風変わりな経験だった。 おもしろかったり、難しいこともした。

―また、出演したい芸能プログラムがあるか。

△tvN ‘新西遊記’が好きだ。 兄たちとすぐ親しくなるスタイルだ。 即興的であることをとても好きだ。 瞬間瞬間ミッションを遂行するおもしろいようだ。 旅行プログラムも好きだ。 MBC ‘王は愛する’チームとtvN ‘花より青春’と同じ旅行プログラムに出演してみたい。

―MBC ‘私たち結婚しました’もかなり長い間出演した。

△今出演するならばその時より気楽にするようだ。 その時は芸能に対する恐れもあって、芸能見るという作品や延期(煙、演技)で注目されていたい心が大きかった。 当時には複雑な気がした。

―出演したい作品があるならば。

△現代物をしてみたい。 tvN ‘秘密の森’のようなジャンル物に挑戦したい。 今回アクションを少し習ったがおもしろかったよ。 アクションも上手なようだ。

―ある作品で会いたい俳優がいるか。

△カン・ハヌル. (川)ハヌルは‘月の恋人:ポボギョンシムうと’で会った。 久しぶりにつきあった同年齢の友達だ。 数多くの美談のように実際にも良い人だ。 周辺の人に対する心遣いが格別だ。 酒の席があれば常に二日酔い飲み物を持って現れる。 現場でいくら大変で疲れても表情に出すことがない。 以前にSBS ‘人気街です’ MCを(海苔)ユジョンと一緒にした。 ‘次に作品で会おう’でしたが、また会っても良いようだ。

ホンジョン玄銀キム・ヨングァン、キム・ウビン、イ・スヒョク、ソンジュンと一緒にした時‘モデル アベンジャーズ’と呼ばれた。 モデル出身俳優で親しいであり、KBS2 ‘ホワイトクリスマス’(2011)に共に出演した縁がある。 その中キム・ウビンは去る5月非咽頭岩闘病事実を知らせて遺憾をかもし出した。 ホンジョン玄銀“忙しいという言い訳で普段安否をしばしば尋ねることができないのが申し訳なかった”と話した。

△(海苔)ウビンとは時折互いに連絡するほうだ。 記事で報せに接したが、初めには連絡もできなかったよ。 何の話をどのようにするべきかも広くて果てしなかった。 大丈夫なのかと尋ねることもストレスでないかと思った。 時間が過ぎて文字を残したが答がきた。 良くなっていて有難いと連絡がきた。 ウビンは周辺の人々に心配をかけるのを申し訳ないと思う性格だ。 それでさらに申し訳なかった。 ますます良くなっていることと分かる。 すぐ帰ってくることだと信じている。

―年末計画はどうなるのか。

△12月23日日本ファンミーティングを開く。 特別なことがなければ日本でさらに留まるようだ。

―来月末年末授賞式が開かれる。 期待しているか。

△‘王は愛する’チームが受ければ良いだろう。 市(詩)ワン兄とベストカップル上も良い。 市(詩)ワン兄とユナでも良くて、ユナと受けても良いようだ。

―来年目標があるか。

△作品を3個程度したい。 ますます情熱ができる。 新しいことをしてみたい。 家族とも時間をたくさん送りたい。 ご両親と旅行してくるか考えている。
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

パク・シネ“顔に年齢見えると…ロングランする先輩たち偉くてうらやましいです” 



俳優パク・シネが映画‘沈黙’で帰ってくる。迷宮に陥った事件容疑者を助ける弁護士の役割だ。“2時間分量の映画を導いて行くほどのエネルギーを満たしたい”というパク・シネは“来年により多くの作品に出演する”とした。写真提供|サルトエンターテインメント
■映画‘沈黙’で帰ってきたパク新へ

チェ・ミンシク先輩出演…拒む理由がなかったんですよ
リュ・ジュンニョル兄さんはカメレオン…イ・スギョンはラクビーのボール
皆演技上手くすると私がとても不足するとみられて

韓流人気? 一人だけの力で見るには不可能
幼い時から見てきたファンたち…彼らが私を育てましたよ

俳優パク・シネ(27)は芸能界で人脈広いことで有名だ。 アジアツアーまで進める韓流スターだが周囲の視線に大きく意識しないで人々と安らかに交流する。 “出演した作品が多くて会う俳優も多くなったことだけ”であっても唯一の人が好きな性格の影響も大きい。

“よく私に偏平足というのに私が経験した撮影会場ではそれほど事故が生ずることもなかったし、性格良い人々に会った。 作品終れば事実連絡するのが難しくてわざわざでも皆一緒に集まる席をした回ずつ用意する。”

集いが維持されるには連絡担当医の役割が重要だ。 これを主にパク・シネが引き受ける。

“連絡は…、ほとんどの私がする。 ハハ! 以前には私がいつも末っ子なので連絡担当にならざるをえなかった。 ドラマ‘相続者’する時はぴったり中間なので、また私がした。 何か出てするスタイルではないが、人が好きだ。”

2日封切りした映画‘沈黙’(監督チョン・ジウ・製作ヨンフィルム)やはりパク・シネに‘人’を残した。 リュ・ジュンニョルと新人イ・スギョンだ。

“峻烈兄さんは本当に臨機応変にたけていた、カメレオン同じ人だ。 スポンジ一緒にあらゆる事を吸い込む。 スギョンはどこへ跳ねるかも知れないラクビーのボール同じだった。 皆延期(煙、演技)が上手だと私がとても不足したことでないのかと思ったよ。”

演技力で一度も否定的な指摘を受けたことないパク・シネの心を萎縮させる程‘沈黙’の現場は緊張の連続だった。 映画はグループ会長のフィアンセである有名歌手が殺害されて、容疑者で会長の一人娘が指定されて広がる話. パク・シネは迷路のような事件の中心で会長に雇用された弁護士役だ。 主に正面対立する相手はチェ・ミンシクだ。

“チェ・ミンシク先輩が出演するのに断る理由はなかった。 監督様は‘シネさんはヒジョンのように誰かに信頼をあたえるイメージ’としながら私を望むといった。”

パク・シネはその間出演したドラマと映画で明るくて肯定的なイメージ、善良な魅力の人物を主に受け持ってきた。 今回の‘沈黙’も同じだ。

“私のそばにありそうなキャラクターが好きだ。 見る人々に良い影響力を及ぼせばという風もある。 私が体験している人生の色々キョプトゥルが自然に積もるならば、それを集めて色々な人物で表現したい。”

2017110208400984a.jpg


俳優パク・シネ.写真提供|サルトエンターテインメント

● “周辺意識しない?そのまま下ろしただけ”

パク・シネは硬いペンドムを持っている韓流スターだ。 毎年アジア5~6ヶ国でファンミーティングを開催する唯一の20代女優だ。 彼は人気の原因をどこで探していようか。

“そうだ、アイロニーだ。 単にドラマの力だけで見ることも不可能で。 共に出演した俳優があまりにも人気なのでその影響が私に続くのも無視することはできない。 また、ファンたちは私を幼い時から見てきた。 ‘育てた’という心がある。”

ファン話が出てくるとすぐに言うべきことが多いようだった。

“ファンクラブで会って結婚したカップルまである。 ファンミーティングの時歌を歌って踊るが、恥ずかしいことだがこの頃からだが固まって足がよく落ちない。 ハハ!”

パク・シネは中学生の時演技を始めた。 大きいスランプなしで実力を積み重ねた。 笑い多くて人見知りない、肯定的な性格は“ご両親の影響”だ。

“幼い時からママは私の撮影会場に一度もこなかった。 中学生の時始めたので、事実幼くもなかったし。 気を付けることが何か皆知る私であった。 もし誤りをしたとすればそれを悟って次にしなければ良いと。 そんなにご両親は冷静に私を眺めた。 以前には午後6時通行禁止もあったが二十才越えて解除された。”

今は両親と趣味も共有する。 共にゴルフをしたり、パパと二人きりで釣りも通う。 だが、パク・シネが本当に‘ささった’一人だけの趣味はサーフィン. あまりにも水を好きな彼は今年初めてサーフィンに接してそのまま陥った。 親戚兄さんが江原道(カンウォンド)襄陽(ヤンヤン)にサーフィン店を整えたのが契機になった。 

もちろんボーリングも時々打つが漏らさなかったりする運動はピラテス. それとなく運動をたくさんすると尋ねるとすぐに“運動をしなくてはいけない体質”としながら笑い作った。

ソウル 江南(カンナム)一帯でパク・シネは比較的しばしば‘目撃’なる。 同じ年頃のように平凡な日常を送ろうとするためだ。 “マートは本当にしばしば行く。 寝て起きて必要なのがあればジーンズにシャツ着てまっすぐ行く。 割引マートも、デパートも区別しない。 暮らせる所ならばどこでも行く。”

視線が意識されはしないだろうか。 

“そのまま…. 下ろしたことであって何.(笑い)とても気を遣えば大変だったよ。 ジーンズにフドゥティショツ着て皮膚科行って、運動も行く。 疲れているように見えると思う時は帽子押してかぶって出て行く。”

明るい性格のおかげに彼は時間が過ぎるほどさらにかわいくなるという話も聞く。 整形手術しなかった自然な容貌の所有者としてチョン・ジヒョン、ソン・ヘギョと似たイメージという評価も従う。

“一緒に比較するので光栄だけのことだ。 ところでこの頃コメント見れば‘パク・シネももう顔で年齢見える’という文もあったよ。 チョン・ドヨン、チョン・ジヒョン先輩のように映画とドラマを行き来する方々を見れば偉くてうらやましい。 私もできるか悩みもする。”

Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

ムン・グニョン”‘国民妹’タイトル、荷物であり宿題のようなもの“



俳優ムン・グニョンといえば一番最初に浮び上がる修飾語は断然‘国民妹’だ。

ムン・グニョンは去る2004年封切りした映画‘幼い新婦’を通じて可愛くて溌刺とした女子高生報恩(ポウン)を延期して一気に国民妹隊列に上った。 以後長い間の時間が過ぎたしブラウン管とスクリーンを行き来して多様なジャンルの作品に出演して毎度新しい姿を見せるムン・グニョンだがあどけない容貌のためなのか相変らず彼には国民妹の修飾語が付いて回る。

ムン・グニョンは最近昭格洞(ソギョクドン)のあるカフェで進行されたインタビューでこれに対して宿題のようなものだと表現した。

彼は‘国民妹’というタイトルを破りたいことでアンニャは質問に“延期するのに大きく影響を及ぼさないと考えた。 良く見られるのも多くてそのイメージのために多くの愛を受けたことも事実でこれが私の演技生活に大きく害を及ぼすと思うことはなかった”と明らかにした。

引き続き“それを克服しなければならない部分があったようだ。 さらに多くの何か作ったのかそれとは違った演技を見せたのか。 荷物なら荷物である事もあって私がより良くなりえる宿題のようなものになり得て。 確かに以前よりは考えることが楽になったのもある”と打ち明けた。

イメージ変身のために作品を選択しはしないという彼は“事実前にも作品を選択してキャラクターを選択する時何かを変えたくて変身したいが主な理由ではなかった。 ないとはできないが俳優としてより多くの役割をしたくてより多いものができるということを見せて広めていきたい。 これが他の見方をすれば変身であることもあるが何かを破るために変化を追求したことはなかったようだ”と告白した。

20171030083331ff2.jpg

今後したいキャラクターに対する質問には“以前には上手にできるのをしなければならないという考えがあったがこの頃はするならば何でもおもしろくすることができるようだ。 この頃は明るくて軽快なのをしてみたいという気がした”と答えた。

今回の映画‘有利定員’を撮影してシン・スウォン監督との呼吸と疎通が良かったと何度も話したことがあるムン・グニョンは他の監督との疎通はオリョウォンニャは質問に“疎通にならないからというよりはみなこのように疎通をして作業をするのが難しいことということを感じたようだ。 私は常にそのままこれだが多様な人に会わなければならずその時ごとに新しい疎通方式を探さなければならなくて合わせていくべきで私という人も影響を受けてこのような一連の過程がとても疲れて難しいことだったのね気がした”と説明した。

引き続き”容貌院監督様と良かった点は裁つことがなくて良かったようだ。 お互いがお互いを理解している感じだった。 私は監督で君は学び私は年上で君は少なくてこのような一連の基準や部分が崩れて意味ないようになった。 監督と俳優、年齢差のような基準がたくさん崩れて人大人で心をやりとりして話すことがおもしろかったようだ。 延期する時も信頼ということができたといわなければならないのか? 撮影ぴったり終わって監督様目(雪)を見つめれば話をしなくても分かる、さらに話さなくても良いそのような過程がとてもおもしろかった“コ付け加えた。 /mk3244@osen.co.kr

Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR