'王事'イム・ユナ"最近イムシワン面会..すでに軍隊語り口使ったよ"

0003622493_001_20170920080131059.jpg
俳優兼歌手イム・ユナが'王は愛する'で一緒に呼吸を合わせたイムシワンの面会エピソードを伝えた。

イム・ユナは最近進行されたMBC月火ドラマ'王は愛する'放映終了インタビューでホン・ジョンヒョン、オ・ミンソク、パク歓喜、キム・ジョンウク、ユン・ジョンフンなどドラマに共に出演した俳優らと去る7月入隊したイムシワンの面会を行ってきたと話した。

彼は"去る17日'王は愛する'チームとイムシワン兄さん面会を行ってきた。度々'団結'を叫んですでに軍隊語り口で話して、軍隊であったことを話したよ。(五)ミンソク兄さんが'もう始まることだ'と話した"と面会当時を思い出させて笑いをかもし出した。

イム・ユナは"惜しくも(イムシワン兄さんがドラマを一度も見られなかったといったよ。 就寝時間と重なるのか? とにかく良く過ごすようで幸いだった。 私が行って軍隊が大騷ぎが起こりそうだと? 違う。(笑い)私がもしかして不便かと思って兄さんが大いに心配した。 私がサインCDを何枚与えてきた。 どんなプレゼントがよいかは分からないがよく役に立ったら良いだろう"と話して笑い出した。

事前製作システムで初放送前に撮影が皆終わった'王は愛する'チームとまだねばっこい関係を維持しているというユナは"常に人福が本当に多いようだ"と感謝することを表わした。 彼は"スタッフもそうで、仕事をして会う人もそうで、常に良い方々に会ってきた。 私がかえって得をたくさん報告助けをたくさん受けてするほうだ"と伝えた。

引き続きイム・ユナは"この作品をしながら同じ年頃俳優にたくさん会った。 作品が終わって今でも互いに親しく過ごす。 撮影が終わっても着実に会うのが容易でないが継続していっているというのが神技とすごいようだ。 このドラマによって得たことの中の一つは良い縁になった人々に会ったのがなりはしないかと思う"と説明した。

彼は'人福'に関連した話をしながら"少女時代メンバーまたそうだ。 才能があふれるメンバーに会って。 少女時代としての業績もたくさん作ったし、素敵なタイトルも多くなった"と満たされるといった。 一緒にMBC週末ドラマ'食卓整える男'のチェ・スヨン、'泥棒泥棒様'の序奏現果ある放送会社で並んで活躍していることに対して"互いに'不思議に同じ放送会社だね?'と話を交わした"として"事前製作なので私は気楽に放送を見たが、スヨン姉さんやソヒョンの放送を見れば大変という考えが多く入ったよ。 ソ・ヒョンイも、水泳姉さんも熱心に上手になっていっているようだ。 あまりにも皆上手だと、私もまた視聴者としておもしろくドラマを見ている"と付け加えた。

一方イム・ユナは去る18日放映終了した'王は愛する'で跡継ぎ王院(イムシワンの方)と彼の懇意な友達であり王族であるリン(ホン・ジョンヒョンの方)の愛を同時に受けた女性銀山役を担って熱演を広げた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

少女時代、ユナと俳優イム・ユナ、立派な10年

0000497894_001_20170920080119799.jpg
"10年目俳優ですか? まだ行かなければならない長さ(道が)さらに遠いです。"

イム・ユナが'王は愛する'でもう一つの代表作を追加した。 昨年映画'共助'と⊂ラマ'THE K2'で満足な結果を出したイム・ユナ、今回も新しい挑戦が通じた。

イム・ユナは去る19日ソウル、清潭洞(チョンダムドン)のあるカフェでMBCドラマ'王は愛する'放映終了インタビューを持ってドラマ放映終了所感を明らかにした。

イム・ユナは'王は愛する'で国内初めての史劇に挑戦した。 劇中考慮最高拒否の男兄弟がない一人娘であり王院(臨時ワンの方)と超リン(ホン・ジョンヒョンの方)の愛を同時に受ける女主人公銀山役を担った。 切ないロマンスはもちろん男装とアクション神(靴)など多彩な魅力を発散したし、お母さんの複数とお父さんの死など劇的な事件を通じて深みある感情神(靴)を消化した。

イム・ユナは"多様な感情があったし、それで多様な延期(煙、演技)ができるようにした作品だ。 不足したことはあるが(俳優生活に)基礎になるようだ"と話した。

イム・ユナは少女時代にも、演技者でもデビュー10年目をむかえた。 ガールグループ少女時代メンバーで最上の人気を享受していて、演技者でも安定した位置づけを固めた。

"デビュー10年目習えといって下さったが、事実10年の間歌手活動をさらにたくさんしました。 歌手活動は知っていることが多いようだが、延期(煙、演技)はまだ分からないことが多くてさらに経験を積みたいです。"

今は美貌も、演技力も備えた'代表ヨン・キドを'で挙げられるが、確かな道路だけあったことではない。 2007年ドラマ'9回裏2アウト'で延期(煙、演技)を開始、以後多様な作品に出演したが惜しい演技力を見せたこともある。 'ヨン・キドを'という偏見ともあたった。 彼は"以前には心配も多くて自信もなかった。 自らを変えようと努力をたくさんした"と話した。

"歌手と延期(煙、演技)を並行して始めたが、確かにアイドル出身というものために認知度メンで延期(煙、演技)ができる機会がもう少し気楽に与えられた部分があります。 アイドル出身習えということに対する視線や演技力に対する期待値も知っていて、もう少し厳格に見るようです。 それでも同じように努力をしたし熱心に準備したので恥ずかしくはありませんでした。"

演技者イム・ユナの歩みは昨年から明確に目立った。 中国で大きい人気を得たドラマ'戊申組チャリョン'に出演した後国内でドラマ'THE K2'と映画'共助'そして'王は愛する'まで続けて作品をしながら新しく評価された。

イム・ユナは'共助'をターニングポイントに選んだ。 延期(煙、演技)方式も、臨む覚悟も以前とは違った。

"(放映)時期順では'THE K2' '共助' '王事'だったが撮影時期では'共助'が初めてのスタートでした。 '共助'を撮影する前2年ほど延期(煙、演技)空白期があったので、寄り添ってもかまいませんでしたね。 以前にはヨンギ先生がいたとすれば、'共助'は撮影会場で監督様、俳優らと共に話をしながら作業をしたがそのような方式が私には新しかったです。 私の意見が反映されて相談してしていく過程を通じてもう少し自信もできましたよ。"

新しいキャラクターに対する好奇心も大きかった。 'THE K2'のコ・アンナも、'王は愛する'の銀山もドラマの典型的な女主人公キャラクターとは違った。

"以前にはりりしくて力強く生きていくキャンディ キャラクターをたくさんしましたよ。 そうするうちに新しい姿を見せてあげたかったし、そのようなキャラクターに挑戦したかったです。 初めには'このような姿を受け入れようか'したかったが、'共助'もそうしたし'王事'もそうで良い反応が多くてさらに力が出るようです。"

ユナは去る10年の間ガールグループ少女時代も、演技者ものがさないでこまめに活動をしてきた。 チームと個人活動、その均衡を成し遂げることが容易なだけではない。 多くのアイドルがチーム中で離脱したり亀裂を見せる。 それで、2種類全部やり遂げるユナは多くのガールグループ メンバーのロールモデルに選ばれる。

0000497894_002_20170920080119821.jpg

"少女時代の10年に自負心があります。 とてもすばらしいことのようです(笑い). 全(前)二つとも好きでした延期するのも良くて、メンバーらと活動するのも良いです。 それをつくそうとすれば、みな捉えることができるようになったようです。 事実歌手活動はメンバーがあるから、成果もはやく現れて良い機会も享受してみました。 それに(彼に)比べて延期(煙、演技)は一人下は活動だから、歌手活動に比べて速度が遅い方でした。 延期(煙、演技)は昨年から新しい気持ちで、再び始まったようです。"

はじめて延期(煙、演技)の'味'を少しは分かりそうだというユナはしたいキャラクターも、作品も多い。 彼は"多くの人々は明るい姿の私を好きなようだ。 愛らしいキャラクターや専門職を一度してみたい"と話した。 それと共に"短い頭である時ロコを一度してみろとの話も聞いた"と笑った。

イム・ユナは"デビュー10年目だとだが、延期(煙、演技)はまだ分からないことが多くてさらに経験を積みたい。 継続して挑戦をしてみたい"と目つきを輝いた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

シャイニーミンホ"6年前優勝景品自動車まだ乗って通って"

0002940748_001_20170912211115153.jpg
'一夜'に出演したシャイニーのミンホが道峰山(トボンサン)でインタビューを持った。

12日放送されたSBS演芸情報プログラム'本格演芸一夜'にはシャイニーのミンホが道峰山(トボンサン)でインタビューを持つ姿が電波に乗った。

ミンホはアイドル系代表体育人で有名だ。 これと関連してある質問にミンホは"6年前、体育プログラムで優勝景品で乗った自動車にまだ乗っている"と明らかにして質素な面目(容貌)を表わした。

リポーターキム・ソヒは"年齢を超越して人脈がすごいと聞いた。 ニックネームが’型コレクター'だと言うのに本物か?"と質問したし、これに対しミンホは"親しいお兄さんが多くて見るとできたニックネームだ"としてマ・ドンソク、ソン・ヒョンジュ、ユ・ヘジンなどのそうそうたる俳優との親密なよしみを誇示した。

引き続きミンホは"愛される秘訣は酒の席で取らないでお兄さんをよく補佐するためであるようだ"と説明して"お兄さん、おいしいものたくさん買ってください"として愛嬌混ざった映像手紙を送った。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

キム・ソヨン「夫イ・サンウのおかげで余裕ができて、気楽になった」



女優キム・ソヨンが、優雅さとシックさを行き来するギャップのあるメイクアップグラビアを公開した。

キム・ソヨンはスタースタイルマガジン「HIGH CUT」のグラビアで、全く相反する雰囲気のビューティールックを演出した。濃くて強いだけのようなベルベットでマットな唇を、もう少し実用的に活用できる方法を見せた。

ベージュで撮影したグラビアカットは、優雅な女性美を強調した。公開された写真を見れば、しっとりとしてきれいな肌の上に赤みがかったピンクの唇をマッチして洗練美を、やや赤みがかったピンク色の頬とコーラルの唇は高級を演出した。反面、ブラックの背景ではカリスマ性を見せた。セクシーなブラックのアイラインとバーガンディの唇は、シックなイメージを完成した。

撮影後に進められたインタビューでキム・ソヨンは、夫イ・サンウに対して賞賛を惜しまなかった。「恋愛する時に感じたイ・サンウさんの良い点があるが、結婚したらその点がより一層よく感じた。『ああ、この人は本当に良い人だな』としばしば感じている」として「本当にポジティブで、本人の不足することを満たしていこうと絶えず努力する、元気な人だ。サンウさんのそのような点などによって、私もたくさん余裕ができて気楽になった。本当に良い結婚をしたようだ」と明らかにした。

本人をおもしろい人だと考えるのか尋ねる質問には「おもしろくなりたい人だ」と答えた。「『SNL KOREA』で、まともに(お笑いを) こなそうとしたが、緊張して100%見せられなかったようで残念だった。実際にギャグをやりたい気持ちがたくさんある。今は主に親しい人を相手にして、ギャグ欲を満たしている。イ・サンウさんといつもお笑い番組を一緒に見るが、そこ出てくる流行語をお互いに真似て、競う時もある」として笑った。

いつかは「イヴのすべて」のホ・ヨンミのような、悪役演技をまたしたいという。「ホ・ヨンミがどれくらい魅力のあるキャラクターだったのか、時間が経つほどさらに鮮明に感じている。インタビューをする度、私がいつも欠かさず話すことが『悪役を必ずやりたい』ということだ。悪役はいつでも歓迎だ。今でも待っている。単純に悪いキャラクターより、それなりの理由がある悪役ならばより一層(したい)」と話した。

キム・ソヨンのビューティーグラビアとインタビューは「HIGH CUT」204号を通じて確認できる。

20170910162456f33.jpg
20170910162456add.jpg


Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

キム・ミョンミン"過去チャン・ドンゴン運転手役..再会して震えた"

201708311818408907624_20170901064356_01_20170901071942678.jpg
俳優キム・ミョンミンがチャン・ドンゴンと演技呼吸を合わせることになった所感を明らかにした。

キム・ミョンミンは去る1997年放映されたSBS ‘モデル’で端役であるチャン・ドンゴンの運転手で出演したことがある。 最近ソウル、鍾路区(チョンノグ)、八判洞(パルパンドン)のあるカフェで進行されたヘラルドPOPとのインタビューでキム・ミョンミンは無名時代‘憧憬の対象’チャン・ドンゴンと映画‘プイアイピ’で再会することになり感慨無量だったと打ち明けた。

この日キム・ミョンミンは“率直にチャン・ドンゴンは非現実的にハンサムでなかったか。 幼い時から憧憬の対象だった。 私が端役転々とする時塔中塔だった”と当時を回想した。

引き続き“私がSBS公開採用(公債)出身だ。 ‘モデル’でチャン・ドンゴンの運転手役割をしたことがある”として“狎鴎亭(アックジョン)で撮影を進めたが中学生、高校生がチャン・ドンゴンを見ようと全部出てきて大騷ぎが起こった。 マヒするほどであった”と伝えた。

それと共にキム・ミョンミンは“そうしたチャン・ドンゴンと今回一緒にした作品をすることになるので昔考えも出て、感慨無量だったよ”として“‘プイアイピ’初めての挨拶の時震えるほどであった”と話した。

それだけでなく彼はパク・ヒスンに対しては“学校先後輩の間だ。 とても優しい。 法なしでも生きられる人といおうか..その間延期したキャラクターが強いからそうであって本当に良い人だ”と褒め称えた。

一方キム・ミョンミンがチャン・ドンゴンと再会することになった‘プイアイピ’は現在の絶賛上映中だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR