FC2ブログ

「ラメインターン」パク・ヘジン "いつのまにかデビュー15年目、ラメされない努力します" [SSインタビュー]




俳優パク・ヘジンが「コミック」翼をつけて緊急た。

パク・ヘジンは最近放映終了したMBCドラマ「ラメインターン」から「ホットダルミョン」に準拠して、食品を求めたマーケティング営業本部マーケティングセールスチームチーム長かなり過激で熱演した。

パク・ヘジンと自動連想されるロマンス物ではなく、キム・ウンスとのブロマンスを盛り込んだコミックオフィス水であった。

パク・ヘジンは「撮影中楽しかった。ドラマの愉快が視聴者の方にもよく伝達が起こったようで幸い」とし「この作品は、シナリオの展開や流れが新鮮だった。台本を読んでも予想を斜めにはよ。(笑)反転もかなり多かった。また、ラメという素材自体が最近多くの方々が共感して興味を持ってしてみると、よりおもしろく見てくださったようだ。母もご覧よ」と所感を伝えた。

20200707083034829.jpeg

劇中パク・ヘジンは真剣ながらもどことなく笑いを誘発することもしながら演技的にも変身を試みた。扮装も拒まなかった。パク・ヘジンは、インド扮装をした場面もかなり大きな話題を集めた。

彼は「ひげは私のアイデアだった。ヒゲがないから寂しいよ」とし「私が考えるよりも真剣な性格ではない。「ラメインターン」をしながらも、ワンマンショーに笑う者の心ではなく、状況の中で、笑わせうと努力した。事実コミック演技は、既存にも少しずつお見せしたコミックジャンル自体を全面に打ち出したのは初めてだった。視聴者の方々違和感なく見ていただけれか心配したが幸いだ。パク・ヘジンに、このような色もあるホウ知らドゥリンゴよういい」と話した。

「ラメインターン」は、従来のドラマとは異なる式で好評を受け、放映中水木ドラマ1位を死守した。彼は「16部作に慣れたのに12部作とは何か早く終わっ惜しいある。それでも撮影時間も準拠して俳優もスタッフも皆良いコンディションで撮影することができてよかった」とし「ラブラインも無理してあるんより今の展開が良いようだ。ジャンソンギュ、ヨンタクなど記載することないほど多くの方々が特別出演もしていただきます。その方のおかげで、多くの私たちの仕事が輝くことができた。OSTも新鮮だった」と満足した。

「ラメインターン」でパク・ヘジンとキム・ウンスのブロマンスも欠かせない。パク・ヘジンは「台本を読んで、果たしてイマンシクという人物を誰が演じるか、あまりにも気になった。ところが、キム・ウンス先輩がおら期出演をためらう理由がなかった。決意に大きな影響を占めた」とし「やっぱりとてもいいました。見ていると感心も、多かった」と話した。

次に、パク・ヘジンが考えるラメは何だろう。彼は「自分の考えを強要する人」と言って「私もラメがされていないために努力中なのに、いつの間にか撮影現場で後輩たちにアドバイスをすることがある。しかしながら最大限ラメにならないように行動しようと注意する」と述べた。


20200707083034227.jpeg

ハード走ってきた結果、いつのまにか彼のデビュー15年目の俳優になった。自らも驚い「忙しく住んでいた。「ラメインターン」を通じて俳優パク・ヘジンが成長した部分がある場合は余裕ができたということ」とし「余暇もまともにできない楽しんだ。休みの日が生じてもなんでもいいしようとした。ところが、強迫もちょっと下に置くされてよく休むことも、次のために重要であることを悟った」と述べた。

しかし、パク・ヘジンは「ストリング」のアイコンらしくちょっとの休憩の終わりすぐに次期作に入る。「クライムパズル」で天才犯罪心理学者に挑戦すること。彼は「ジャンルムルだから心的負担感もあるが、マインドコントロールもよくて、私自身に負けないという気持ちで取り組もうとする」と覚悟を伝えた。

パク・ヘジンは忙しいスケジュールの中でも安定した寄付とボランティア活動に良い影響実践にも力を入れている。彼は「私も豊か育ったなかった。その誰が私を助けてくれた面力が溶融だろうしたいよ。そんなことを考えながら都合がされたときに助けをしたいと思った。今しなければぎこちないほど慣れた。子供の日になると、「子供たちを見行こう」と思って寒くなったら「練炭奉仕行こう」と思う。今後も継続していきたい」と付け加えた。

最後に、彼は「「ラメインターン」を愛してくださった方々に改めて感謝します。終わったが、今後も多くの考え私の作品になるだろうだ」とし「夢がある場合、年末の授賞式でキム・ウンス先輩とベストカップル賞を受けたい」と微笑んだ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2020   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

ユ・スンホ「「メモリスト」に子役のイメージ心配崩し...ありがたい作品 "[インタビュー総合]




俳優ユ・スンホが「メモリスト」に対する愛情を表わした。

先月終了したtvN「メモリスト」は国家公認超能力刑事椿(ユ・スンホ)と超エリートプロファイラーハンソンミ(イセヤング)がミステリーした「絶対悪」連鎖殺人魔を追跡する官能満足終える捜査劇。

ユ・スンホは、劇中のサイコメットリー超能力を持った刑事椿役を引き受けた。椿は全世界唯一無二の認定された超能力者として、身体能力を介して他人の記憶をスキャンする超能力を持った人物である。

犯人を捕まえるために派手なアクションと冷徹なカリスマを披露したのはもちろん、被害者と家族には限りなく暖かい姿で繊細な感情演技をしたユ・スンホ。彼は記憶をスキャン超能力に脳まで兼ね備えた刑事に完全に溶けた。

ユ・スンホは、最近行われたエックスポツニュースとの書面インタビューで放映終了所感から、今後の計画について率直に話した。


初めて挑戦するジャンルであるため、多くの心配をしたユ・スンホ。彼は"ドラマ開始前から素肌アクションを練習し、警察の役割だから表面上に見える姿まで気を使った」とし「終わり難波始原さびしい心が大きい」と伝えた。

「メモリスト」は、同名のウェプトゥンを原作にした作品である。ユ・スンホは、作品のいくつかの魅力に惹かれ出演をだろうか。彼は「ジャンルムルにも関心が多い。「メモリスト」をウェプトゥンに初めて接した時、そのウェブトゥーンの全体的な雰囲気と椿のキャラクターに惹かれた」と打ち明けた。

続いて「普段好きなジャンルでもあり、椿がの痛快な姿がとても良かった。現実なら不可能、犯罪者を直接ノックダウンの定義のためなら水火ない覆うファクンハムがとても気に入った。そのような姿をドラマを通じて視聴者の方々に代わり痛快を伝えたかった」と話した。

実際に欲しい超能力があるかと尋ねると、ユ・スンホは、「時間を戻す超能力があればならない」と述べた。彼は「残念ことも恥ずかしいことも多かった。戻って後悔せず素敵に生きてみたい」と説明した。


「メモリスト」を撮影して重点を置いた部分については、「どうしても警察という職業と超能力を持った人物が、後半に渋滞があらわれる消しゴムとの神経戦、大きくはこの3つのであるようだ」と述べた。

俳優たちとの呼吸も打ち明けた。ユ・スンホは「イセヤング俳優と一緒にしっかりと演技をしたのは今回が初めてだった。演技はもちろん、現場でムードメーカーの役割を本当によくしてくれた」とし「毎日繰り返される撮影にも笑いを失わずに良い雰囲気を作っていく様子があまりにもありがたかった。イセヤング俳優に200万点を与えたい。現場でも、もちろん笑いが絶えなかった」と感謝を伝えた。

それとともに「コ・チャンソク、チョ・ソンハ、ギムソギョン先輩は全作品で呼吸を合わせて見たので、今回の作品でも、あまりにも良かった。もう言わなくてもチャックとチャックある。最初に呼吸を合わせてみた学習ユンジた俳優だ。劇中でもパートナーであるため、撮影開始前に互いに親しくしようとした。天使がある場合ユンジた俳優さんではないかと思う。現場ではもちろんのこと、別に私的桁であっても実兄のように満員与え痛いところはないか、本当に甘いだった」と話した。


最も記憶に残るシーンでは、イシンウン次長を演じたチョ・ソンハとしていた場面を挙げた。ユ・スンホは「イシンウンが消しゴムで追い込まれた後の状況が再び反転され、椿がが消しゴムで指摘されている場面である。撮影現場で先輩も、私の気持ちを注ぎ込まなければならた」とし「スタッフの方にもお二人の俳優の感情を最大限に触れたくない場合しようとすぐにセッティングして動いてくれたことを思い出す。今考えても感謝の気持ちが大きい」と伝えた。

ユ・スンホは、「最初はすべてが消しゴムの存在だけが知っている状態で開始した。監督様もわざわざ言及していない喋る私の演技をする上でわからないことが良いと判断した」とし「消しゴムが初めて登場する3〜4日ほど前にイ・ヨンジン先輩が消しゴムの役割をするようになったこと聞いたようで、椿が削除された過去の内容は、私の最後の部台本が出てから分かった」と話した。

続いて「ウェブトゥーンのような結末に行く別の方法で行くことが多く悩みがあった。原作ウェプトゥンと違ったりしたが、消しゴムの正体とビハインドを知ったとき、これまでに起きたことを納得することができた」とし「また一方では、ウェプトゥン原作と異なる結末に仕上げされたのが少し残念にもしかし、ジャンルムル原作リメーク特性上、避けられた気もする」と付け加えた。


「メモリスト」はユ・スンホにどのような作品に残るだろうか。彼は「以前から子役の画像は、幼く見えるという話をたくさん聞いて演技をしたためか、私は、このような職業群に自信がなかった。「何をしても困難に見えるものであり似合わない服を着たことで見ていき」と思っが多かった」と告白しした。

しかし、ユ・スンホは、今回の作品を通じてそのような考えを自らたくさんノックダウンと。彼は「周辺でも肯定的な話をたくさん聞いて、今後のキャラクターを選択する上で、多くの助けになるようだ。とてもありがたく愛する作品として残るようだ」と話した。

今後の活動計画も打ち明けた。ユ・スンホは、「現在のコロナため、元の予定されていた映画も下車することになった。今の周りの話だけ聞いてみてもどのような作品を入れるのが容易ではないように見える。コロナが静かになるまでしばらく休憩をしながら、次の作品をゆっくり準備する予定である」と伝えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2020   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

私はリーダーだスーパージュニアのイトゥク「16年目...大変なこと経験し、より固く団結騙さ "



Kポップが全世界の音楽ファンたちの注目を集めたのは、誰がなんと言ってもアイドルグループの影響が大きかった。これまで国内で誕生した、複数の見えるとガールグループはさまざまな魅力と音楽、そしてパフォーマンスを前面に出して、グローバル音楽ファンの目と耳を捕らえてきた。

アイドルグループの場合、メンバーがそれぞれ持っている特性と強みを正しく発揮するとともに、チームワークまで揃えれば、国内はもちろん海外でも成功する確率はさらに高い。だからこそ、チーム内のリーダーの重要性は、何度も強調してもしすぎることはない評価を受けている。カリスマと柔らかさを兼ね備えたリーダーは、チームをさらに粘着性縛っ、メンバー一人一人の良さも浮き彫りにさせるからである。

リーダーの役割がさらに強調されている今日では、ニュース1はアイドルグループのリーダーの喜びと苦情などについて調べてみよう[私のリーダーだ]シリーズを準備した。

第三の主人公は、グループスーパージュニアのリーダーイトゥク(37・本名パク・ジョンス)である。

イトゥクは年数でデビュー16年目のグループスーパージュニア(SUPER JUNIOR /イトゥクヒチョル、イェソンシンドン、ウニョク東海始原リョウクキュヒョンソンミン)を率いる首長である。国内初の多人員グループのリーダーと呼ばれる決して手強い役割を引き受けたが、いつのまにか15年という時間の間堅く、その場を守っている。

活動を通して、優れたリーダーシップを見せてくれて良い評価を受けているイトゥクが、むしろ最初はできなかっするとしてリーダーの役割を断ったりもした。チームをケアしなければならないというプレッシャーがボゴプゲ感じられたからだ。しかし、周辺のアドバイスに勇気を得て、スーパージュニアのリーダーで出たイトゥクは、長い時間のためにチームのために犠牲、メンバーの愛情、ファンのひたむきな愛を見せてくれて「アイドルリーダーのバイブル」に生まれ変わった。スーパージュニアのメンバーたちも、ファンもイトゥクを信じ頼る。

もちろん良いことだけあったのではない。スーパージュニアは、活動をして、複数の屈曲したことを経験し、イトゥクやはりチームのリーダーとして苦労を送ることもした。しかし、なおさらのメンバーは、一つ固く団結打ち、お互いがお互いを励ましであり、より堅くなった。「険しい波が強い船頭をしたわけ」だ。メンバー同士尊重し意志してみると、スーパージュニアは、いつの間にか、単純なチームを超えて親友の間になった。

現在、スーパージュニアはリーダーのイトゥクが別に取りまとめるなく各自のキャリアを硬く固め賢く芸能界生活を続けていく。おかげでイトゥクは現在、スーパージュニアの未​​来を心配する。Label SJを設立したのもその一環だ。スーパージュニアに常に舞台で輝いてたいのが、彼の風である。このため、イトゥクは、ハードに努力し続けて走り、と言って、安定した愛を要請した。


-うれしい。デビュー16年目と改めてですが残念、「私はリーダーだ」シリーズでインタビューするほど自己紹介をお願いします。

▶デビュー16年目のグループスーパージュニアのリーダーを務めている」が「世界で「特」ビョルハン人イトゥクある。最近では、MCも活発に活動していて子供の友人は歌手より芸能人に知っていることもある(笑)

-最近近況が気になる。

▶放送を着実にして、最近は個人のYouTubeチャンネルも開始した。「イトゥクのキスよりYouTubeの「(特キユ)と呼ばれる無線形式のコンテンツをアップロードしている。「疲れた魂の安息所」コンセプトにメールで直接事情を受けて読み込みもし、料理もして、モクバンもある。週に一度生放送をしようという計画だったが、予想以上に反応が良く、デイリーにしている。朝起きて犬の散歩させ、運動したり、特キユをするのが、一日のルーチンである。

-どのようにリーダーができています。

▶チームで私が一番型とリーダーの役割が与えられた。スーパージュニアが結成される前スマイルという5人組グループでデビューを準備したが、その後も私はリーダーであった。当時もその場が少しバーガー学んだが、より多くのメンバーを導くとするから心配になったよ。最初はできないとした。そうするうちに、当時マネージャーだったタクヨウンジュン県SMエンターテイメント代表様が複数の話をしてくれて引き立てていただき、私もデビューの切実な心があり、リーダーを務めることになった。それ始まりだった。リーダーがされた後の周りに助けを与える人が多くの仕事をよくこなすことができた。メンバーたちも、私の多くのために与えた。

-リーダーを務め、スーパージュニアでデビューを準備して負担も大きかっただろう。

▶チームメンバーを導くので負担感がないわけではなかった。一度リョウクが新たに練習生として入ってきた後、二日後に振り付けをつけなければならない状況になったが、評価されるとき途中間違っだ。その「この舞台が放送だったら大変なことにたもの」としながらたくさん怒られた。事実、会社でもデビュー以後使用中に舞台を準備しなければならない状況が多いので、私たちの練習をさせたのであってはないか。怒られた後、反省をたくさんした。「プロ」に生まれ変わらなければ、メンバーたちと一緒にデビューすることがあるから難しいなければならないプレッシャー、切実だ。

-十数年の間にスーパージュニアというチームを導いている。過去と現在、リーダーの役割を実行するときに変わった点があることを気になる。

▶新人時は本当にエネルギーがあふれた。放送局に行くと、いつものメンバーを連れて先輩たちを訪ね挨拶しファイティングあふれる活動した。本当に何もない新人だからポジティブなエネルギーがあふれたのだ。そうするうちに、スーパージュニアとしてますます多くのことを成し遂げ難波恐怖が多くていたよ。何か下手チームに傷がつかないか心配になる。打撃をもたらす回復が容易ではないから。だからデビュー秒より今はより慎重である。

-スーパージュニア程度年次面今リーダーの指示を受けるより各自専門家に第行うことを取りまとめるないか。気にせず預ける方か。

▶今大衆に私たちをたくさん発表したと思う。スーパージュニアのブランドはもちろん、メンバー一人一人のコンテンツも大きくなった。おかげでみんな私の役割をよくして、もう私取りまとめるもよく流れていく。一方では、寂し感情が入ることもある。両親が子供たち育て結婚させると、胸がいっぱいでありながら寂しいとなさらないか。そんなことだ。(笑)

-それでもリーダーが行うことがないか。

▶今のチームの未来を描くようになったよ。「スーパージュニアが長寿にはどうすれば良いか」、「今後5〜10年後、私たちは何をしている必要があり一つ」の考えが多い。特に軍隊にいながら、そんな悩みをたくさんしたが、その後、ラベルSJを作ろうという考えをして、応援棒デザインにも参加した。以前よりも進化した悩むこと

-事実スーパージュニアは、凹凸のあるチームだ。複数のものを経験しながらリーダーとしてメンバーを多読がことも容易ではなかったようだ。振り返ってみるとどうなのか。

▶私たちが最もよくなった時期ではない良いことが運転起きた。宿泊施設からとめどなく泣きもした。しかし、振り返ってみると、このような大小のことのために、チームが一丸団結することができた。いつか授賞式で「険しい波が強い船頭を作る」と述べた。その話がスーパージュニアを代弁するようだ。後で機会があれば、13人完全体で一緒に舞台に上がってたい。もちろん反対するメンバーがあればならない。リーダーとして今のメンバーが最も大事である。

-チームを率い意見の衝突が無い難しいようだ。特にスーパージュニアは対人ウォンであり。このような時の葛藤を解いていく自分だけの方式があるのか。

▶メンバー全員の個性が強く自分の主観が確固おり意見の相違は依然として存在する。通常は多数決で決定をして、それでも解決されていないときは会話をたくさんして、問題を解いて出す。「MAMACITA」(あやや)歌詞と関連したエピソードがある。この曲をユヨンジン理事が作詞していただきたが、メンバーが歌詞が少し変わって欲しい良いという意見を伝えた。だから快く変えてくださった、また望むことができるのだ。ところが、実際に音楽は作る方に絶対的な権限がないか。だからメンバーたちに「私たちが意見をより出すのは失礼であることができる」という話をした。だから上の端にシャーリーの歌詞半分、私たちが望むの歌詞の半分を入れた曲が完成した。このように意見を一つに合わせて行こうとする。

<【私のリーダーだ】イトゥク"スーパージュニア長く維持したくて...熱心に走ること」
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2020   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

ヤンセジョン、長い髪を翻して」「私の国」ウド環xソルヒョンxチャン・ヒョク..すべて良かった」[画報]



俳優ヤンセジョンの魅力的な姿を盛り込んだ「エル1月号のグラビアが公開された。

しばらく前に放映終了したJTBCドラマ「私の国」で無事「ソフィ」の役割で線の太い演技変身を見せてくれたヤンセジョン。ファッションマガジン「エル」と離れたハワイでヤンセジョンは暑い天気にもかかわらず、いくつかの場所を移動し、積極的に様々なポーズと目を披露した。特にドラマのために育て長い髪をそのまま生かし、一層男性的魅力的な写真集が完成した。

一緒に進行されたインタビューでは、「私の国」に関するビハインドストーリーとヤンセジョンの演技への情熱を確認できた。「私の国」を終えた所感を問う質問に「私あまりにも嬉しい経験をもたらした作品である。より詳細に説明したいのですが、私が感じる感情をまだ説明する方法がない。俳優としてだけではなく、人間ヤンセジョンに多くの教えを与えた作品であることは明らかである」と答えたヤンセジョン。

201912181100194c9.jpeg

波乱のキャラクターを演技して大変だった経験を問う質問には「もちろんないが難しかったとすれば嘘だろうが、本当によかっだったのは一緒にいた人たちがあまりにも良かったとのこと。私たちのフィ家族、(ウ)ドファンが、(金)説県、チャン・ヒョク先輩、アン・ネサン先輩...本当だ良い人々である。撮影をしながらも兄たちみる芽ほぐれ、本当の家族のように一緒に集まれば幸せだった」と格別なチームワークを伝えた。

俳優ヤンセジョンのより多くの写真とインタビューは、「エル1月号で見ることができる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

「今は王み波」... チャン・ヒョク、「私の国」につながった時代劇の人生キャッシュ[インタビュー総合]



俳優チャン・ヒョクが時代劇の愛情を自慢した。

去る26日、ソウル江南付近カフェでJTBCグムトドラマ「私の国」でイバンウォン役を演じたチャン・ヒョクインタビューが行われた。

「私の国」でイバンウォン役を消化したチャン・ヒョクは劇中で李成桂(キム・ヨンチョル)と対立しながら王座の欲を出すキャラクターの姿をよく描き出してもう一度の人生キャラクターを描いた。特に彼は、映画「純粋の時代」で一回イバンウォンを描いたことあったけど、今回再び挑戦して注目を集めた。

大衆に深い印象を与えた「チュノ」から「根深い木」を引き続き「私の国」まで、チャン・ヒョクは現在「史劇職人」に生まれ変わった。

この日会ったチャン・ヒョクは「イバンウォンは「純粋の時代」で一度表現したが、物足りなさが残った。だから、いつかは再びみたかった。その時「私の国」の提案が来た人物が立体だったよ。だから、歴史に残っているイバンウォンの枠組みは、維持するが、感情的な部分を表現したかった。監督もオッケーいただき、私も涼しく描いたようだ」と話した。

おかげで物足りなさも振り払うことができた。チャン・ヒョクは「映画2時間ではなく、時間的な制約が少ないた。それで書士もよく解いていくことができた」と話した。

20191128104323a47.jpeg

人生のキャラクターをもう一度描いた視聴者の評価に「とても感謝している」と暗示したチャン・ヒョクは「「確かに感情の臼杵が多くのキャラクターを取る場合よりいい」という考えがしたよ」と冗談を言った。

「ほとんどの人は、「王子の乱」について知っているだろうと思っていたので、かけ離れた話に行けば共感形成が容易ではないようだった。多くの人が知ることができるキャラクターに他のチュクミョンを示してくれれば、より説得力があるだろうと思った。」

「待望」、「チュノ」、「根深い木」、「商売の神-客主2015」、「私の国」などチャン・ヒョクは時代劇で有毒存在感を発散する。これチャン・ヒョクは「時代劇をしたときは、キャラクターが普段よりアップダウンが多い。時代背景も、現代と比較したときちょっと極端な世界だから。だから、時代劇が与える感じが確かに違うようだ」と時代劇の魅力を語った。その一方で「時代劇はとても好きなようだ」と認めたりし。

201911281043239c4.jpeg

特にその中で「チュノ」のイデギルケリクトウンチャン・ヒョクと代表的に言及されている人物であるほど、深い印象を残した。継続的に「大吉が'という修飾語がつくことについてチャン・ヒョクは「私はすでに多消して思うんだけど、視聴者の方は、残っているようだ」と笑った。しかし、「仕方ない。視聴者がキーを握っているんではないか」と付け加えた。

時代を行き来して、多くのキャラクターを表現してきたチャン・ヒョクは、今後挑戦したいジャンルの「高麗時代と朝鮮時代を試みた。他の時代はやったことがありませんが、実際にこれまでのところ、朝鮮時代が面白いようだ」と冗談を言った。

その一方で「王」という桁の欲を出すこともした。チャン・ヒョクは「一度は王を必ずしてみたい。まだ王をやったことがないようだ。直前の状況までが長いした」と最後まで気の利いた言葉を伝えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR