クォン・ユル"恋愛よりは仕事…依然として不安だ"



カメラの外のクォン・ユルの日常は、それこそ'模範生'ような日々である。演技の勉強、運動、再びシナリオの勉強。彼は日常の大部分のエネルギーを演技悩みに送りだす。昨年SBSドラマ'耳打ち'で演技大賞・優秀賞を受けた後も、ひどい演技悩み、年初を送ったというクォン・ユル。

映画'ピエタ'の、'鳴梁(ミョンリャン)'、'イントゥキ'、'狩り'、ドラマ'うとした女'、'シクシャルルしましょう'、'戦おう鬼よ'、'耳打ち'など。媒体とジャンル、キャラクターを行き来しながら毎回多彩な演技を披露している彼は自分のフィルモグラフィーだけに、多様な色の魅力を持った。ふてぶてしいたようにまじめでおどけたように重みある。 

1982年生まれ戌年の彼とムスルニョンの犬年を迎えて作品や悩み、人生に対する多様な話を交わした。 

■次は俳優のクォン・ユルと一問一答

-これまでどのように過ごしてきたか。

94年生まれ戌年なら本当にいいのに。(笑)監査することにも'耳打ち'でSBS演技大賞で賞を受賞して、家族たちに撃ちながら、年明けを送っている。事実賞金がない異なるのに…。従弟と一緒に、江南(カンナム)に行って服を買い、叔母らとの昼食、この前には兄の決済も手伝って。ハハハ…。余剰な成り行きによって送っている。朝に起きて運動して、洗濯して。

-生活も直接一つより。

4年間姿している。イヒョンベという友達と一緒に暮らしている。中央(チュンアン)大学ヨンヨンと同期だが、演劇の方で活動している友だちだ。誠実で真面目な友達と刺激を受けることが多い。一緒に大使の練習もたくさんして。

-'耳打ち'は序盤好評に比べて底力が弱いた。サツマイモの展開に対する惜しさもあったし。

その地点は俳優としてたどり着ける部分がないから。一緒に出演した先輩たち、特にイ・ボヨン先輩に多く頼ったようだ。ドラマの後半力が抜けとして演技まで一緒に揺れ動いてはならないから。最後まで巻き込まれないように、私の家重力を守ろうと努力したようだ。

2018021819531551f.jpg

-それでも'耳打ち'に変わったり、学んだことがあったら何があるだろうか。

この前に私の出演作を再び一度ぐるっと見たよ。一幕物から'耳打ち'まで。不足したのがやっと見えるよ。私はそれなりうまく後を付いていったと思ったけど、全然違ったよ。私は演技的に試みをしたと思ったが、到達しなかった部分があった。言えば、もっと果敢に延期してもいいないかというもの。

-急に本人出演作はなぜまた探してみようか

家に余剰の取れていてSBS短幕劇'君を狙う'を見直すようになった。本当に偶然。そのため、'耳打ち'まで見ることになったが、また見たら見えなかったのが見えるよ。

-出演作の中で再び見ること最も怖い作品があれば…

どうしても映画'鳴梁(ミョンリャン)'(キムハンミン監督)。確かにもっとうまくやれたのに重みとの戦いが少なくなかった。負担感に完全に集中したため、演技的に視野が狭かった。立体的に表現できる地点を逃して惜しい。一番愛着が行きながらも残念な作品が'鳴梁(ミョンリャン)'だ。

-俳優生活において最も影響をたくさん受けた作品は、何か。

'ピエタ'(金ギドク監督)だ。どのように延期したのかよく思い出せない。当時は臨場感を生かして、没入して演じた。本当に切実たんだ。一場面でも非常に集中して延期しようと努力した。そのような切実さのためか、たくさん覚えてくださって、誉めてくださって、語られたようだ。たった一幕も重要ではない場面がないという教科書的な言葉を全身で実感した作品が'ピエタ'だ。スクリーンを突破して観客に近づいていくためには莫大な没入度が必要ということを悟ることにした作品だ。

-映画'イントゥキ'(オムテファ監督)や'最悪の一日'(キム・ジョングァン監督)の中のゆったりとして端くれなキャラクターに歓呼するファンも多い。

ハハ。私も延期した時にそのようなキャラクターが面白い方だ。'最悪の一日'も撮影現場で本当に面白かった。端くれで嫌らしいキャラクターたちの饗宴だった。(笑)()ヒジュンといったい誰がもっと真相かを対決し、楽しく撮ったよ。

-次期作に映画'チャンピオン'が封切りを控えている。

個人的な風では'国家代表'、'加速スキャンダル'と似ている感じの作品が出ることを期待してみる。今度英語の演技に挑戦をしたが、簡単ではなかった。舌が自由の凝らない感じ(笑)
2018021819531593b.jpg


--新年の目標は

仕事で忙しい一年を送ったら良いだろう。いつからか仕事と生活の区別が無くなった。個人的な趣味もない方だ。 

-恋愛はないのか。

自らにまだ喉の渇きがある。不安と言う。恋愛するとしてふらふらするわけではないが、完全に私に集中したい時期だ。変化が怖いというより少しは遅らせたい気持ちだ。

-俳優として欲がすごいようだ。親しいユン・ゲサンもクォン・ユルの演技欲について賞賛していた。

多分ギェサンイ兄だけでなく、俳優なら全部私のように欲が多いようだ。露にしないだけであって。 

-もうデビューし11年差だ。 

になってやっと少し延期について分かるようになった。'耳打ち'時もすべてを絞り出してこれ以上の演技はできないそうだったが、改めて見るとまた不足したものが見えるだろ。私の限界を越えて拡張させられるキャラクター、作品について悩みが多い。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2018   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

1日1食、自炊…李ジュンホが'その間'ササリンドウになるまで 기사입



この30日、終映したJTBC月火ドラマ'ただ愛している間'で李康斗(イ・ガンドゥ)役を演じた俳優李ジュンホ(写真=JYPエンターテインメント提供)シナリオを受け取ったのがもう去年6月だから、俳優李ジュンホ(2PM、ジュンホ)が'ただ愛している間'との縁を結んだ指導8ヵ月近くになる。前作'金課長'が終わって間もならなかった時に会った'その間'、そして彼が務める李康斗(イ・ガンドゥ)という役割は李ジュンホに多くの変化をもたらした。 

"ここでさらに悪化することはできないだろうと思ったらそのまま耐えるに値して。"李康斗(イ・ガンドゥ)の人生はこの一言で要約されることができるほど簡単ではなかった。ぞっとするような事故を受けた後、自分だけを眺めながら世話をし、ひっきりなしにすまないと、ある母親は、ササリンドウがもうちょっと見事に動かすことができるようになってようやく倒れた。 

年齢も幼くて、事故の後遺症で足が不便だったササリンドウは自分の線で子を書いたが、治療費と生活費で借金まで得て信用不良者となった。希望ということを見られない裏通り青春、李ジュンホが会った李康斗(イ・ガンドゥ)はそのような人物だった。 

李ジュンホは傷を持つ李康斗(イ・ガンドゥ)に没入するためには、自分を苦しめた。撮影地の釜山(プサン)に部屋を別途購入して自炊を始め、やせた体を作ろうと1日1式をした。将来'ただ愛している間'になるハムンス(ウォンジンア方)に対する切ない心を育てためウォンジンアのインスタグラムも行き来した。 

この1日、ソウル江南区新沙洞のあるカフェで俳優李ジュンホを会った。5ヵ月間、李康斗(イ・ガンドゥ)として生きてきた彼は少しやせた姿だった。また、まだキャラクターから完全に抜け出せず、自分の演技を客観的に見渡すことができない状況と打ち明けた。

◇'李康斗(イ・ガンドゥ)'と接近にしたもの

'その間'の撮影地は釜山(プサン)だった。ほとんど毎日撮影のスケジュールがあって李ジュンホは、釜山に居場所を提供した。毎日きれいに掃除もしてくれて快適なホテルではなく、そのまま部屋を探した。李ジュンホは'カーテンもオープンせず扉もできるだけ開いていないまま'で、'これがササリンドウの人生'だと考え、姿を開始した。

李ジュンホは情緒的に荒廃した李康斗(イ・ガンドゥ)にもっと近づいていくために部屋を選ぶ時も愼重だった。知人に'このように疲弊しできる空間があるか'と推薦を受けた。最小限の健康を得ることができるところで妥協点を決めており、センタムシティの某所で5ヵ月余りを送った。

"崖っぷちに追い込まれているキャラクターを作りたかった"ていた李ジュンホは1日1式までした。彼は"1日1式をしながら運動をした。長い間かかった。とてもいい体を作ってはいけないので筋肉運動もしなかった。ところで人夫方たちは体の調子が良くこなしていらっしゃったわ。私は家にサンドバッグ設置しておいて打った"と話した。 

20180211114626b88.jpg

李ジュンホは傷を抱えている李康斗(イ・ガンドゥ)駅に没入するため、1日1式、運動、跡など多様な試みを行った。(写真=セルトリオンエンターテインメント提供)そんなに苦労したおかげで、彼は7キロを落とした。インタビューの時には2キロ増えた様子だったという。李ジュンホは"ドラマの中にはササリンドウ服を着て大きく以上しませんのに、ある日家にいる服を着ていたけどとても小さくしたのだ。今はちょっと食べながらこの前通り)、戻ってくると思っている"と説明した。 

何が彼をそんなに'一生懸命'するようにしたのだろうか。李ジュンホは"ついでに頑張って、よくやりたいという考えをする。歌手をする時も作品をする時も、むやみに最善を尽くしたい。私自身に恥ずかしく嫌いで、ご迷惑かけたくない。ただそういう基本的なマインドがある"と答えた。

◇結局残るのは'人'の大切さ

ササリンドウは、幼い年から辛酸を嘗めた不運な人物だったが、周囲にいい人たちがいた。おばあさん(ナ・ムンヒ分)もマリ(ユンセア分)も、像だけ(キムカンヒョン分)もササリンドウの方だった。彼も"ササリンドウは本当にインボクが多い"ながら、うなずいた。

李ジュンホは"ササリンドウが一人で自分を消耗しながら買った時もよこにいる人々のため、持ちこたえられたようだ。似たような境遇にある周りの人たちのために生きないか。人とする愛、それが生きる道であるようだ。私たちが普通に買う時はなるように些細なようだが、彼らはそれが本当に全部だったので"だと説明した。

そして、"在英(金へジュン分)が'兄自尊心が何と'話をする場面がある。ところでササリンドウは最小限の線を守って、隣にいた人たちには心を尽くして生きてきた。だから自分の肝臓を与えるという人もいたし。本当によく買ったようだ"と話した。

ササリンドウは友達のような仲だったおばあさんの遺産を受けたりもした。これについて言及すると、李ジュンホは"事実遺産はとても少ないという考えをした。(土地が)数千坪はいいって言ったのに…"と言って、周囲をパン爆発した。 

"おばあさんの唯一の友達がササリンドウだったようです。これもとてもファンタジーと見たのに似たようなことが記事に出ていました。捨てられた老人がいて、よく見たらお金が多くて友達で過ごした者に遺産を相続してくれたし、受け継いだ人はそれをまた寄付したという…本当に及ぼした、すごいだと思いました。おばあさんもササリンドウにそのような信念があるのではないでしょう。それで韓国ドラマにいるのが全部ファンタジーではないと思いました。それを知り、私もササリンドウの役割を真剣にしなければならないと思いました。"

◇'その間'の愛は平凡さを装ったファンタジー

20180211114626520.jpg

'ただ愛している間'最終回はササリンドウ(李ジュンホ分)と文殊(ウォンジンア分)が愛を確認するハッピーエンドを迎えた。(写真='ただ愛している間'キャプチャー)'その間'はこの2014年以降3年ぶりに復活したJTBC月火ドラマの初作品だという点、'、世界のどこにもいないやさしい男'を演出したキム・ジンウォン監督と'秘密'を書いたユボラ作家が団結という点で注目された。女主人公円陣坊や120:1という競争率を勝ち抜いてドラマに合流した'新鋭'というのも話の種の一つだった。

予期せぬ事故に遭った経験を共有するササリンドウと文殊(ムンス)は、最初は別にお互いに対する印象が良くなかった。しかし、時間が流れて出会いが繰り返され、自然に好感を感じてその感情は愛で、深くなる。李ジュンホはウォンジンアキャスティングの知らせを聞いてからウォンジンアインスタグラムを入って、彼が生きてきた痕跡を見た。 

"この友人について疑問符しかないからとても新鮮でとても期待されるんです。どのように延期してやろう。文殊としてササリンドウをどのように面倒を見てやろう。あれこれと想像をしてみるとそれがとても面白いんです。定型化されていないアッダルカ。新人俳優だからもっと良かったです。監督と話す時'私は新人も本当にいいようです'だと言ったが、監督もそう思いました。(ウォンジンア)記事をみましたが、私を好もうと努力したそうです。似たような脈絡なのです。一つずつ見ながら'このように生きてきた友達なんだ'しました。声も、背も、何も知らないんだからずっと目に入れました。"

'その間'に出てくる愛は華やかだったり、幻想的ではない。愛する人にはばれたくないことまで時には露出しなければならない困難さが溶け込んでおり、むしろ現実的だった。李ジュンホはこれを'平凡を装ったファンタジー'と表現した。 

李ジュンホは"ムンスという存在は塩だ。それでササリンドウにはこの人しかないのだ。みんなが割れる時私を支えてくれた人"とし、"最後の部分を見て、視聴者の方々はさや残念がる方々もありますが、ササリンドウは(文殊(ムンス)を)無条件に愛するしかなかった。目に盛り込んだ瞬間からこの子しかなかったため"と話した。 

しかし、二人の愛が順調ではなかった。ササリンドウは自分より、ソジュウォン(李基雨(イ・ギウ)分)が文殊(ムンス)を幸せにすると考えてわざと文殊(ムンス)を抜いたりもした。言葉そのまま'愛するから送ってくれる状況'だった。以前は'どういうことだ。愛したらずっと愛しなければならない。笑わせているね'と思っていた李ジュンホは'その間'をしながら'愛するから別れる'状況を、ようやく共感できると明らかにした。

彼は"ササリンドウは荒い仕事をしながら生きてきたが、考えは堅物た女の子だった。それで最小限の自尊心と誇りを守って暮らした。こんなに生きる私としては、誰かを愛することができないという罪悪感も持っており、"だとし、"もっと好きだから押し出したの"と説明した。 

続いて、"私が生き残ったということに対する怒りを世に表出した子なのに文殊(ムンス)に会ってすぐに恋に落ちて、手のほどこしようもなく好きになりますが,知ってみるとあの子も痛みを持った女の子だったし。(事故の時)私と一緒にいたし。だからこの子は私と一緒にいたらいけないと思うので、'サツマイモ'(話の展開がもどかしい時に、主に使われる慣用語)のようになった面がある"と伝えた。

本当に文殊のような人が本人の前に現れたら、どうㅆゲッニャは質問に李ジュンホはしばらく迷う "そんな縁なら結婚しなかっただろう"と恥ずかしそうに微笑んだ。'その間'のササリンドウと文殊はそれほどしっかりし、深い感情を共有する切ない間柄だった。

20180211114626b15.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2018   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

'であっても「キム・ジュン "「花より男子」いつのまにか10年には、美男のイメージ脱い波"

0000819579_001_20180203160505442.jpg
俳優キム・ジュンが演劇「であっても」の申叔舟に戻ってきた。

キム・ジュンは13日から公演中の「であっても」でデビュー初演劇に挑戦した。 既存の美男イメージを脱いでひげを付けるなど、まったく新しい姿そのものだ。

キム・ジュンは最近、エックスポツニュースとのインタビューで、「ドラマでデビューをしたが、演劇と史劇に対する渇望があった」とし「しかし、「あっても」との二つを同時に一緒にすることができて良い機会だと思う」と話した。

西欧的な容貌のキム・ジュンと史劇は全く調和ないが、すべての扮装を終えて舞台に上がったキム・ジュンは、高いシンクロ率を自慢した。

「私も厄介たりした。しかし、服装まで完全に身に着けてキャッチむしろ服からくる責任や没入感が大きいよ。行けばや仮面をつける勇敢になるとするような気持ちだった」

0000819579_002_20180203160505462.jpg
キム・ジュンが直接経験した時代劇の魅力は、「リアル」である。 彼は「一度舞台でするすべてのものは拾って入れることができない。その瞬間にあまりにも大きな助けが多くなる」とし「申叔舟役割は、個人的に新しい経験の人物でもある。あまりにもよく聞く質問ですが、「花より男子」のおかげでイケメン画像は、きれいな画像は、不足のない画像が多かった。しかし、今回のロールを介して、今までのイメージと明確に異なる姿をお見せできてもいい」と伝えた。

彼の言葉のように大衆にキム・ジュンと、2009年に放映されたドラマ「花より男子」は切っても切れない作品です。 彼した作品だけにスターダムにあげたドラマでもある。 OSTで有名な「パラダイス」もキム・ジュンが所属するT-MAXの曲だった。

"歌手であったが演技は初めてリングサイドだった監督が破格的にキャスティングをしていただきます。何も知らなかった私を信じて書いてくれた監督に感謝します。忘れたくても忘れられない作品である。その際に振り返ってみると、撮影をする時も、あまりにも多くの人々が駆ら制御にならないほどだった」

キム・ジュンに「花より男子」は、まだ演技をすることができる力です。 彼は「いつのまにか10年にもなった。実際にその時の話題性が負担なら負担だが、良いことは良いと思う。まだ大きな力になる」と話した。

続いてキム・ジュンは「「花より男子」もとても感謝した作品だが、今は俳優としてより多様な姿をお見せしたい。美男イメージではなく、作品をするたびに、キム・ジュンより、その役割に記憶たら良いだろう。今年より多様で活発に活動したい」と付け加えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2018   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

ユ・スンホ"'ロボットがない'完成度高く、見直されるもの"


기사입력2018.02.02 오전 8:02

俳優のユ・スンホが'ロボットがない'のワンソンドに自負心をあらわした。

ユ・スンホは、ソウル江南区(カンナムグ)にあるカフェで行われたMBC水木ドラマ'ロボットがない'終映インタビューで失望させられた視聴率成績について正直に伝えた。

先月25日、終映した'ロボットがない'は人間アレルギーのために、しっかりと女と付き合って見たことのない男がロボットを延期する女に会って愛に陥る姿を描いたドラマ。劇中のユ・スンホは人間アレルギーを患っている外見から経済力まで完璧な男主人公の金ミンギュ役を演じ、熱演した。ユ・スンホの初のロコ・ドラマとして放映前からも大きな話題を集めたが、ロボットや人間アレルギーなど耳慣れない素材によって実際に放送においては大きく人気を集めず、3%台の視聴率で、さびしげに退場した。

これに対してのユ・スンホは"撮影場で、制作陣も俳優たちも本当に知りたがった。どうして視聴率が出ないかと。すべてが信じられない、した"と率直に話の糸口を開いた。さらに、"初回が放送され、視聴率を受けたが、翌日の撮影現場で監督や俳優の顔を見ていられなかったよ。百パーセント自分のせいだとことはできないが、俳優のせいも大きいのは事実だから、国は人がここまで(機関に)ならないかという気がした"と当時の心境を伝えた。

しかし、どの時より良い現場の雰囲気と高い完成度のおかげで、視聴率について徐々に心をはずしたと。"視聴率によって現場の雰囲気が変わったつけるのはありえないものであり、プロらしくもしなかったのだ"とし、"私たちの間ではMBCストのために私たちの作品前の水木ドラマがなくて弾力を受けることができなかった点もあり、また、タイトルからロボットが入るから拒否感もいないかと結論を下していい作品、美しい作品で残すと、して最後まで本当に一生懸命撮影した"と伝えた。

そして、"私たちの作品が本当に切れ味もいい、些細なこと一つ一つまで完璧に気を使って作ったドラマだ。完成度が本当に高い"、"私に本当に大切で良い作品となった。いつかは必ず見直されることと信じる"と最後まで愛情を示した。


Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2018   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

李ジュンホ"2018年、初のキスをナムグン・ミンとするとは"



グループ2PM李ジュンホが俳優のナム・グンミンと受賞したベストカップル上の後日談を打ち明けた。

李ジュンホは1日午前、ソウル江南区新沙洞のあるカフェでJTBC月火ドラマ'ただ愛している間'終映インタビューを進めた。

昨年12月31日から今年1月1日未明まで行われた'2017 KBS演技大賞'でKBS 2TVドラマ'金課長'でナムグン・ミンとベストカップル賞を受賞した李ジュンホ。

同日、李ジュンホは"2018年、初のキスをナムグン・ミンとした。ナムグン・ミン先輩が私に'初キスをあなたに借りるなんて…'という言葉を言っていた。ナムグン・ミン先輩は彼女もいるのに"、口を開いた。受賞当時の二人はMCの意地悪な要求で舞台でキスシーンを再現したことがある。

李ジュンホは"そこでキスをさせるとは思わなかった。ドラマですから、できるキスなのに、その公式的な席で行っても良いかという気がした"、"それでもベストカップル賞を、我々だけ韓国内のカップルとしてもらったものにはやりがいがある。年初に放送された作品だったが、忘れないて賞を与えてくださって感謝しており、国内のカップルというのも自負心があった。事実受けたかった賞だが、実際にもらってから気分が妙だ"と付け加えて笑いを誘った。

李ジュンホは初の主演作である'ただ愛している間'で痛みを乗り越えて生きている李康斗(イ・ガンドゥ)キャラクターを説得力をもって描いて好評を得た。

20180201122229418.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2018   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR