FC2ブログ

「今は王み波」... チャン・ヒョク、「私の国」につながった時代劇の人生キャッシュ[インタビュー総合]



俳優チャン・ヒョクが時代劇の愛情を自慢した。

去る26日、ソウル江南付近カフェでJTBCグムトドラマ「私の国」でイバンウォン役を演じたチャン・ヒョクインタビューが行われた。

「私の国」でイバンウォン役を消化したチャン・ヒョクは劇中で李成桂(キム・ヨンチョル)と対立しながら王座の欲を出すキャラクターの姿をよく描き出してもう一度の人生キャラクターを描いた。特に彼は、映画「純粋の時代」で一回イバンウォンを描いたことあったけど、今回再び挑戦して注目を集めた。

大衆に深い印象を与えた「チュノ」から「根深い木」を引き続き「私の国」まで、チャン・ヒョクは現在「史劇職人」に生まれ変わった。

この日会ったチャン・ヒョクは「イバンウォンは「純粋の時代」で一度表現したが、物足りなさが残った。だから、いつかは再びみたかった。その時「私の国」の提案が来た人物が立体だったよ。だから、歴史に残っているイバンウォンの枠組みは、維持するが、感情的な部分を表現したかった。監督もオッケーいただき、私も涼しく描いたようだ」と話した。

おかげで物足りなさも振り払うことができた。チャン・ヒョクは「映画2時間ではなく、時間的な制約が少ないた。それで書士もよく解いていくことができた」と話した。

20191128104323a47.jpeg

人生のキャラクターをもう一度描いた視聴者の評価に「とても感謝している」と暗示したチャン・ヒョクは「「確かに感情の臼杵が多くのキャラクターを取る場合よりいい」という考えがしたよ」と冗談を言った。

「ほとんどの人は、「王子の乱」について知っているだろうと思っていたので、かけ離れた話に行けば共感形成が容易ではないようだった。多くの人が知ることができるキャラクターに他のチュクミョンを示してくれれば、より説得力があるだろうと思った。」

「待望」、「チュノ」、「根深い木」、「商売の神-客主2015」、「私の国」などチャン・ヒョクは時代劇で有毒存在感を発散する。これチャン・ヒョクは「時代劇をしたときは、キャラクターが普段よりアップダウンが多い。時代背景も、現代と比較したときちょっと極端な世界だから。だから、時代劇が与える感じが確かに違うようだ」と時代劇の魅力を語った。その一方で「時代劇はとても好きなようだ」と認めたりし。

201911281043239c4.jpeg

特にその中で「チュノ」のイデギルケリクトウンチャン・ヒョクと代表的に言及されている人物であるほど、深い印象を残した。継続的に「大吉が'という修飾語がつくことについてチャン・ヒョクは「私はすでに多消して思うんだけど、視聴者の方は、残っているようだ」と笑った。しかし、「仕方ない。視聴者がキーを握っているんではないか」と付け加えた。

時代を行き来して、多くのキャラクターを表現してきたチャン・ヒョクは、今後挑戦したいジャンルの「高麗時代と朝鮮時代を試みた。他の時代はやったことがありませんが、実際にこれまでのところ、朝鮮時代が面白いようだ」と冗談を言った。

その一方で「王」という桁の欲を出すこともした。チャン・ヒョクは「一度は王を必ずしてみたい。まだ王をやったことがないようだ。直前の状況までが長いした」と最後まで気の利いた言葉を伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

ク・ヘソン「アン・ジェヒョン、ドラマキャスティングの後に離婚しようと...捨てられた感じ」[総合]



▲ク・ヘソンが女性東亜とのインタビューでアン・ジェヒョンと結婚生活から離婚プロセスまで打ち明けた。ソースlク・ヘソンSNS
俳優ク・ヘソンが、夫アン・ジェヒョンとの結婚生活から離婚プロセスまで細かくされ指摘した。一時「愛屋夫婦」で多くの人々の羨望を買った二人は、現在離婚訴訟中である。

女性東亜は26日、ク・ヘソンと単独インタビューを公開した。ク・ヘソンは、インタビューでアン・ジェヒョンと結婚ビハインドから幸せだった結婚生活、離婚までに、率直な本音を打ち明けた。

去る8月には、ク・ヘソンは自分のインスタグラムに夫アン・ジェヒョンと結婚3年ぶりに破局の危機と直接発表した。「愛屋夫婦」の破局は、世間の話題を集め、派生記事もあふれた。ク・ヘソンは当時を回想し、「両親は記事が出て、私は死ぬがされたした」とし「(離婚)の記事は、私は後に性格が変わった。怒るスタイルではないが、攻撃性が非常に高くなった。みんな驚いて心配した。病院に一ヶ月間入院をした。今は心が静かになった」と告白した。

続いて「多くのことを後悔らしく私自身も第行動が納得されていない部分があるが、誰を憎む感情があまりにも大きくてきた行くと耐え大変だったようだ」とし「とても信じ人と許しがないされ、怒って与えるような瞬間もあった」と付け加えた。

2019112722104531a.jpeg

▲ク・ヘソンが女性東亜とのインタビューでアン・ジェヒョンと結婚生活から離婚プロセスまで打ち明けた。ソースlク・ヘソンSNS


何よりもク・ヘソンの両親はアン・ジェヒョンとの結婚を反対したという。ク・ヘソンは「お母さんは結婚すれば自分の人生を生きる大変だから、私だけ自分の仕事をしながら旅行も通って自由に生きる道を見た」と述べた。ク・ヘソンがアン・ジェヒョンを人事せ行こう両親は「生きながら愛が式をすることもあり難しい節目が多いのにそんなことをよく一緒に渡すことができる人なのか、もう少し時間をかけて経験見るのが良くないか」と話した。

それでもク・ヘソンは、アン・ジェヒョンとの結婚を強行した。当時、彼は恋愛をさらにしたいなかった。ク・ヘソンは「アン・ジェヒョンに「結婚して責任を負う愛をしたい。それとも別れよう」とした。アン・ジェヒョンは、結婚しようとした。そう走ってくる人は、初めてだった」と伝えた。

これと関連し、ク・ヘソンは「このようなことがボルオジョトゴ、結局は私の選択だったから」私が間違ってたのか、どこから間違ったのだろう」このような考えをするようになった」と告白した。それとともにク・ヘソンはアン・ジェヒョンと結婚生活について「悪い日がそんなに多くなかった。戦うこともなかったし、お互い嫌い仕事をあまりしていなかった」と述べた。

ところがク・ヘソンは「彼がドラマの主人公にキャスティングになってからの行動が変わった」とし「運動をしなければならないと、朝早く家を出て夜遅くに酔って家に入った。6月には、オフィスビルを得て行った。一ヶ月の間に連絡がないされた時も「集中して練習する時間が必要なのか、より」と考えた。ところが、自由に生きてたいと離婚しようとしたよ」と当時を説明した。

続いてク・ヘソンは「結婚してから(放送)の仕事を多くしていなかった。夫が仕事が多くなり、誰かが家事をしなければならいた」とし「夫は成長する間、私は退化し、従って捨てられた感じがした」とアン・ジェヒョンに離婚話を聞いたとき心境を伝えた。

また、「初めて二人に会った時は、私の先輩であり、その人が私を尊重してくれた」とし「家事がどれだけ重要すっかり無視されるようで、私の足かがないと捨てられるようだった」と吐露した。

2019112722104524d.jpeg

▲離婚訴訟中のク・ヘソン(左) -アン・ジェヒョン。ⓒハンフイジェ記者

この点で、アン・ジェヒョンと破局をSNS暴露に重ね知らせたことク・ヘソンは反省しながら振り返ってみた。彼は「正気ではなかったのだ。デビューして15年が過ぎたが、私に向け悪質な書き込みや嘲笑に一度も怒ったり怒ったことがない。深刻となるだろうと思ったのでそのようなことがあっても笑って渡した。ところが今回はそれが崩れた」とした。

また、ク・ヘソンは「かなりの日には、笑って移るつもりな離婚をどのように愉快に渡すできますか。私は付き合っていた男に別れ通報を受けたのではなく、家族に捨てられた」とし「だから病気悲鳴を上げた。私は彼が同じ所属事務所にも会社が一方的に一人の方に立ったので、私としては、私の立場を知らせる他の通路がなかった」と釈明した。

それとともにク・ヘソンは「誤解する部分もあり、悔しい部分もあるが、仕方ない。いつかは多明らかになるだろう。その人も悔しい部分があると思う」と淡々に話を続けた。

最後にク・ヘソンは離婚訴訟にどのように対応していくのか尋ねると、「離婚はしなければならない。その人は、再び私を見ることがない」とし「何よりも、その人が出ての私生活を会社と相談した部分は、受け入れ難い」と答えた。

アン・ジェヒョンと破局の危機を知らせたク・ヘソンはその後も継続してアン・ジェヒョンが「離婚油冊子」と主張し、それに裏打ちされた状況を暴露してきた。特にク・ヘソンは「渠状態で多数の女性と密接して頻繁に連絡」「アン・ジェヒョンは、私(ク・ヘソンが)セクシーではない離婚を望んでいる」「手出し、暴露」「浮気」などアン・ジェヒョンに致命的な内容を教えてきた。

しかし、ク・ヘソンは、先月、ポストをすべて削除した。それとともにク・ヘソンは「今私ほど腹いせをしたので、彼は今ここに表示されることはないだろう。彼はもう愛していないので、」とSNS暴露戦を終える兆しを見せた。実際にそれ以来ク・ヘソンのSNSではもうアン・ジェヒョンの痕跡を見つけることができなくなった。

アン・ジェヒョン側ク・ヘソンを相手に9月、ソウル家庭裁判所に離婚訴状を受理し、ク・ヘソン側も「アン・ジェヒョンを相手に離婚訴訟の反訴をお受けする計画だ」と明らかにした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

「バガボンド」イ・スンギ「スジと呼吸チョンチョン。先輩たちにたくさん学んで、「[★FULLインタビュー]



SBSグムトドラマ「バガボンド」の車甘いだろう駅のイ・スンギ

アクション俳優と言っても過言ではない。歌手兼俳優イ・スンギ(32)が「バガボンド」を通じて、自分がアクション演技もできることを証明した。

イ・スンギは最近、ソウル江南のあるカフェで、SBSグムトドラマ「バガボンド」(脚本ジャンヨウンチョル・ジョンギョンスン、演出誘引式)放映終了インタビューを行った。

イ・スンギは、「バガボンド」で甥を疑問の飛行機テロで失った元スタントマン次甘いだろう役を引き受けた。

次甘いだろうの様子を表現するためにイ・スンギはアクションスクールを通わなければならなかった。彼はスタントマンではなく、俳優が直接演技をしなければならアングルがよく出てくると、可能な限り自分のアクションを消化しようとした。ただし、毎日、祈りの気持ちでけがをしないあたりたい望んだ彼はアクション演技が常に怖かったという。

しかし、ロマンチックコメディだけでなく、アクションジャンルによく消化して胸がいっぱいであると伝えたイ・スンギは、これからのアクション演技に挑戦してみたいと「バガボンド」シーズン2に向けた熱望を隠さなかった。

ロマンチックコメディに続いてアクション演技まで渉猟し、俳優として成長しているイ・スンギをスターニュースがあった。
20191127082441327.jpeg

イ・スンギ./写真提供=フックエンターテイメント


- 「バガボンド」の結末の後「シーズン2」への熱望が熱い。

▶私も「シーズン2」をしなければならないと考えている。まだ決定されたバーがないので、気をつけだ。「シーズン2」の提案が再び私に来れば当然本当らしい。

- 「バガボンド」でアクションシーンが特に多かった。負担はなかったか。

▶毎日祈っていった。撮影前の30〜40分ずつストレッチもした。怪我恐れていた。

-自分のアクションには、満足のいくもの。

▶とてもボールをかけ撮影したようだ。アクションシーンが演技の継ぎ目がなって重要だと感じた。そのため、5時間の間撮影シーンもある。

-アクションシーンに帯域はどの程度使ったのか。

▶帯域は現場にいつもあった。代役なし100%を消化することができる学習ない知っている。70〜80%を消化すると多くのとて下さいました。俳優が直接演技をしなければアングルで多くの制約が生じる。だから多くの調整をしていたようだ。

-アクション演技の自信を得たか。

▶アクション画像を得たのはいいのに、体がとても痛い。アクションは、アクション演技をする時だけでなく、普段の練習をしなければならいた。いつも緊張になった。それでも機会があればもう一度挑戦してみたい。

-武道監督が頼んだのがあるのか。

▶監督が「アクションは、最終的に迎えてくれるだろう」と声をいただきました。つまり殴ろうとすると傷が出てくるので、力をしない与えた、力をすべて与える隻、スムーズに演技することが重要なようだ。

- 「バガボンド」を通じて成長したと思いますか。

▶この作品を通じて最も大きく得られた贈り物は、「イ・スンギがアクションがかなっ」という反応だ。その前にメロやロマンチックコメディジャンルに精通してある画像があった。今回のドラマを通じてアクションが可能な俳優というタイトルを得てもいい。


イ・スンギ./写真提供=フックエンターテイメント


- 「バガボンド」で呼吸を合わせた樹脂との呼吸はどうだったか。

201911270824419c5.jpeg
▶樹脂とは、過去2013年放映終了した「九家の書」に次ぐ再会とより楽だった。お互いの現場でより慣れた状況だとおもしろく撮影をして、チョンチョンハン場面がたくさん出てきた。

-ムン・ジョンヒ、ムン・ソングン、ペク・ユンシクなど有名な中堅俳優たちとも呼吸を合わせた。

▶私こんな先輩たちと一緒に演技をすることができるということが機会であった。私たちの不足している演技を補完してくださったようだ。多くの煙が自由になり発展があった。

-俳優としてイ・スンギが考えている人気の秘訣は。

▶私は通常使う基良い人のようだ。話をよく聞いて熱心にするためであるようだ。情熱が多くのこと監督が好んで下さるようだ。

-イ・スンギは、「万能エンターテイナー」という修飾語がついて回る。

▶これに対して偏見も多く、そのような道を歩まれた方が多くないので、そんなことをこなし基難しかった。誰か後輩たちがガイドラインをキャッチする「イ・スンギという人があのように道を行ったなあ」ということを見せてあげたい。

-イ・スンギは、「正しいイメージ」が思い浮かぶ。

▶私は実際にこのような画像のために、よりオーバーするべきだと考えてはならないする。大衆に私のイメージがどの程度なのか知っているので、多少の妥協はするが、現状のままの姿をお見せしなければならない。もし私飾りに行動すれば、大衆は賢いのですぐに気がつくだろう。

-歌手としてのイ・スンギを見たいファンも多い。計画はあるのか。

▶まだ計画はあるが、具体的に推進がされた時申し上げたい。時期に合わせて出すというよりは、私に満足できるものになるいくべきだと考えている。一曲ではなく、複数の曲を発売して大衆と会う予定だ。

-引き受けてみたいキャラクターがいる場合。

▶スーツを着て、少し知的な専門職の役割をしてみたい。私には少し欠陥のある専門職が入ってくる。シックながらプロフェッショナルな専門職は、まだ提案が入っていないようだ。

- 「バガボンド」が視聴者にどのような作品に記憶されると、良いか。

▶韓国ドラマがとてもおもしろい。しばしばアメリカドラマだけ面白いと思っている。クオリティが良ければしばしば「ミッドだ」という言葉が定型化された。「バガボンド」を見て「韓国ドラマがクォールマークティリー高い」という言葉が出てくることができるよう「TVでこのようなコンテンツを見る」と思いまして欲しい。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

ク・ヘソン「アン・ジェヒョン、ある日突然、離婚要求。私にはあまりにも悔しい離婚 "



俳優ク・ヘソンは、夫アン・ジェヒョンとの離婚訴訟について「僕あまりにも悔しい離婚」と告白した。

ク・ヘソンは月刊誌ウーマンセンスとのインタビューを通じて離婚発表後の心境について伝えた。ク・ヘソンは「ある日アン・ジェヒョンが(私)ときめきがなくなったとした」とし「その後離婚話が出始めた」と明らかにした。

続いてク・ヘソンは「アン・ジェヒョンが演じ練習のためにオフィスを得家を出た後、連絡がうまく届かなかった。いつの間にかオフィステルは分離のためのスペースに変わっていた」と述べた。

ク・ヘソンは、過去3年間の結婚生活を回想し、「大きく争ったことがなかった」とし「私としてはあまりにも悔しい離婚」と胸の内を表わした。

また、ク・ヘソンは「(アン・ジェヒョンに)電話をかけても、文字メッセージを送っても答えがない」とし「最近、私は病院に入院したとき「家にギョウルオトを取り行く」は、テキストメッセージが最後の連絡だった」と説明した。

20191023124414af1.jpeg

ク・ヘソンは、一連のことを経験し、「今、彼を愛していない。彼は私を愛していないから」と率直な心境を伝えた。続いて「今回のことを通じて、愛ではなく、私を信じなければならないということを学んだ」と述べた。

これと共に復帰の意志を表わした。ク・ヘソンは「離婚を傷に残したいと思わない」とし「私の人生で起こったことのいずれか思ったくましく生きるだろう」と伝えた。

ク・ヘソンとアン・ジェヒョンはKBS 2TVドラマ「ブラッド」を通じて縁を結んだ後、1年の熱愛の末、2016年に結婚した。3年ぶりに破局の危機に置かれた二人は、現在離婚訴訟中である。/seon@osen
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

イム・シワン "「他人は地獄だ」という挑戦だった作品"



俳優イム・シワン(30)が「他人は地獄だ」の放映終了について言及した。

イム・シワンは、2010年、男性音楽グループ帝国の子供たちのメンバーとしてデビューした後、2012年MBCドラマ「太陽を抱いた月」に子役で出演して注目を浴びた。以後、2013年には映画「弁護人」を通じて映画俳優に成長したし、tvNグムトドラマ「微生物」(2014)で主人公章はい役を務め、視聴者たちに挨拶の実績を適切にとった。過去2017年のスター帝国との契約満了後は、俳優に転向し地位を固めたし、同年には映画「ワンライン」と「強盗:悪者の世界」で観客たちの愛を受けた。だけでなく、MBC月火ドラマ「王は愛する」の出演を終え、7月に入隊し、今年3月27日全域で大衆のそばに戻ってきた。

一時ワン除隊後初めて選択された作品は、OCN土日ドラマ「他人は地獄だ」(情も脚本、イ・チャンヒ演出)で、「他人は地獄である」は、キム・ヨンキー作家の原作ウェプトゥンをモチーフにした作品。「他人は地獄である」は、上京した青年が、ソウルの見知らぬ考試院生活の中で他人が作成された地獄を経験するミステリースリラードラマで、イム・シワンは主人公ユンジョンオ役を演じ細かい心理描写を見せて視聴者たちの好評を受けている。

視聴率面での成績は良くなかった状況。3%台を維持していた視聴率は先月28日7回放送分を起点に1%台を撮った。

イム・シワンは2日午前、ソウル鍾路区三清洞で行われたインタビューで、「いまだに惜しくようみよう俳優同士のメッセージを上げている」とし「その中監督が言葉が一番多い。監督が主に「今日の時間かした方」という。監督がコミュニケーションが好きで撮影をして面白いシーンや、そんなものあれば、本この段トクバンに上げて共有した」と述べた。

続いて「1部と2部を見てから私たちのジャンルが、このようなジャンルであることを知るようになったし、怖いのフィードバックを与える方に「そうなんだ」と思った。「私たちのジャンルが、このようなジャンルだった」たいだった。自分では1部と2部を見たときに面白く見た。監督が演技をするときの遊び場を作ってくれた。台本があるが、シナリオは参考程度を求める感じで開いてくれて、また特に演技をよくされる方を交渉をしてくれたので、演技で演劇をする感じだった」と明らかにした。

「他人は地獄である」は、イム・シワンの除隊後初の作品。重いジャンルを選択した理由について、イム・シワンは「重いものを選択したくてしたわけではない。引き続き聴いたり見ると慣れながら好感が生じる場合がありますが、よく理解「他人は地獄だ」自体を知っていたので、会社で、このようなシナリオが入ってきたアヌニャゴ質問ながら作品自体に対する好感が生じ、自然に選択するようになった」と語った。

一時ワン「他人は地獄である」を選んだデエヌン群後任の影響が大きかった。彼は「後任が普段の私の姿がちらりと見えるながら演技上手だとしてくれたよ。

復帰作として重圧があったはず。イム・シワンは「撮影スケジュールを見ながら、後悔がたくさんなった」と言いながらも「私は楽しく撮って満足度が高い。俳優たちともたくさん情聞いて、今回の作品は、演劇をしたようだ。ドラマの素材を多離れ演技的には満足度はされるように面白かった」と述べた。

201910021244006c5.jpeg

「他人は地獄である」の中で、一時的ワン主眼を置いたのはせっかくキャラクターを作らないこと。彼は「このキャラ自体が周辺人物たちによって変わっていくし、この文字自体が優しい人物が悪く変わっていくという設定を持てば、むしろダンジョロウルことができるという考えをした。ジョンウというキャラクターをキャッチするとジョンウは、単に「善良悪い」と見たとき悪い方に近い人物だと思った。この子がいいか悪いか曖昧途中49位悪者に表現することが複雑微妙に表現されていないかと思っそのような部分で悩みをたくさんした"と話した。

境界に立っている人物は、煙にくいバー。イム・シワンは「簡単ではなかったが、私には挑戦だった。「変わった」とすると、あまりにも明確に見えないか。ところが、そもそも暗い食があり、感情的にひたすら明るいだけではない友人がより暗くなるためには、感情的な何かがなければならない。簡単に行くために履き方を選択しようとする心はなかった」と話した。これに'一時ワンこんな顔もあったか」たい姿もあった坪のイム・シワンは「さまざまな顔を見たという反応があるなんて幸いである。周辺の方が多くの話をしていただきます。スタッフの方が演技を上手と言っていた。メイクをしてあるが、先生が不意に「どうしてここにその上手」とれる」と述べた。

続いてイム・シワンは「私が演技する時目指すところは、そのことだ。私も知らない新しい表情を見る演技を見ること。それに演技をするが、今回は私も知らなかった演技スタイルを発見したポイントは、突拍子合うが、怖いの神、劇的な新ず、日常的な神ではな​​いか。そんな神々を普段私によってはしたかった、ある程度表現がされているようだった。特に、その中から好きな作家の話が出た時すっきりしている途中、突然共感が形成されている話をするとき熱弁を吐くがあったが、その神面白く思って楽しく撮ったりした」と明らかにした。

20191002124400894.jpeg

暗いジャンルにもイム・シワンと俳優たちは「楽しい撮影の雰囲気」を維持することができた。イム・シワンは「これは完全に監督の性向である。このようなジャンルをしてもディプヘたり抜け止めようという気持ちを持っている。監督がそのようなモットーがなければ、私も自然に抜けて生きたのだ。そうした、監督傾向自体が楽しく楽しく、仕事をする時楽しくという注意と、そのおかげでひどく抜けず、現場でもふざけ笑っアクションも逃しそうほどだった」と述べた。

不気味なセットは、イム・シワンの没入に助けを与えた。彼は「最初にセット場に行った入るが嫌いで、場所自体が与える機運が不快なことがあったので、シュートがなければできるなら入らずそうだった。ずっと撮影をしながら俳優たちといたずら見て、不快な機運も忘れるくらい笑って騒いでだから、もうそれ気にならがなかったよ」と語った。

まだ公開されていない結末に対する満足感はある程度だろうか。イム・シワンは「結末は私に満足している。おそらく反転もあるだろう。私も10部だ撮ったが、10部の内容を知らない。今続け修正中だよ。どうだったでしょか。監督が10部とって「これされるように面白いのがこのように付ければ、この話あの付ければ私の話」と言っていた。監督に「聞き取れて聞く」というだけで、ドラマで確認するように言っていた」と話して笑いを誘った。

イム・シワンは最終的に「他人は地獄になってはならないというのが私たちのドラマのメッセージだ。一番大きな地獄のガールフレンドである著者がされていなかったか。本意いくら誰か明らか良くない人もいるだろう、誰一人信じてくれる人があった場合、ジョンウが、他の地獄のために地獄になったがジョンウが地獄になることができる環境の中で著者が防いた場合は、この惨事を防ぐことができるはずなのに心である。これについては、お互いが警戒心を持たなければならないだろうかと考えある"と述べた。

イム・シワンは6日、「他人は地獄だ」の放映終了後、映画「1947ボストン」の撮影に邁進する。
Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR