ずっと恋したい 最終話

荒唐無稽、無茶苦茶なとんでもないドラマ、終了(^_^;)

初めのころは、テヤンとユリのツンデレラブコメ中心のほのぼのホームドラマかと思って、毎回すごく楽しみに視聴していたのに。
テヤン実母ヨンランがその性悪な正体を現し始めたころから、どんどんドロドロになってゆき、ミステリー、サスペンス、最後はユリ父のサイコキャラのみが目立っていて、見るたびに胸が悪くなるドラマに凋落。
そしてラストもね~。
ユリ父が狂う原因、全ての諸悪の根源ヨンランが途中から善人面して、なぜか皆に惜しまれながらの死を迎えた。
その葬儀も30年育ててもらったユリ兄妹がしきるんじゃなくて、なんとついこの間親子の名乗りをあげたばかりで、「母さん、母さん」のマザコンになったテヤンが喪主。
変じゃない?

ユリ父の不正、横領、殺人未遂などで、破滅したユリ家。ユリ祖母がそのショックから認知症になり、ホームレスとして行き倒れ、最期を迎え、ユリ父は逮捕されて刑務所に入ったのに、祖母葬儀のすきをついて、逃亡。
結局自ら運転する車を崖めがけて突進させ、命を絶ってしまう。
両親、祖母と次々に三人の家族を失ったユリ兄妹。

テヤンに「もうあなたとは一緒に行けない」とユリの方から告げたのは、まあ気味がよかったけど、「葬儀が終わるまでは」とあっさりテヤンがユリの申し出を受け入れたのは不満だったわ。
ユリがテヤンのそばにいて、これまでの壮絶な出来事を思い出さないわけにいかず、苦しくて辛いから別れを決断したのはわかるけど、テヤンはユリをなんとか説得してでも、離れるべきじゃなかったのに。

そしてお決まりの二年後。
それぞれのカップルに子供も生まれ、留学していたらしいテヤンが帰国。
ヨンランのお墓詣りで偶然再会したユリを抱きしめ「一緒に行こう」と力強く告げ、ユリが涙ながらにうなずくところで終わり。

あまりにもあきれるばかりの展開に、脚本は誰だろうと検索してみたところ、
チェ・ユンジンし、といってイヨンエさんの「インビテーション」を手掛けたベテランだけど、「私に嘘をついてみて」「愛する人よ」で大コケもしてる先生。
日々ドラマでは「三姉妹」も、なかなかドロドロだった記憶があるわ。

テヤン役のソハジュンしが、呪われたかのように、今、契約違反問題で韓国芸能協会から、出演不可の通知を受け、仕事がしにくい状況に陥ってる。なんだか暗い話題で覆われたダメージドラマとして当分後味悪い作品だったと記憶しそう。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2015   0 comments   0 trackback
Category :ずっと恋したい

ずっと恋したい

◇未婚の母,年上年下,血縁と養子,富裕と貧乏の偏見を勝ち抜ける六人の男女のロマンス活劇と彼らを取り囲んだ大人たちに関する暖かい家族ドラマ◇

っていうコンセプトから大いにかけ離れてる噴飯もののドラマ。
最後がどうなるのか知りたいので、一応毎日義務のように見ているけど、ひどい展開。
テヤンも留置場を出たり入ったりしてるけど、なんといっても一番の被害者、可愛そうなのは入退院を繰り返すユリ。
テヤンの出生の秘密を知り、別れるために病気になって入院。自分の過去の秘密をしゃべられないように、テヤン実母からずっと見張られての入院生活。
確か交通事故でも入院。その後鬼女のテヤン実母に階段から突き落とされて入院。
自分の犯罪の証拠を奪われまいとする父に突き飛ばされて入院。前の怪我で脳に影響が出るかもとまで言われてた。
ようやく退院できると、今度は父狂言自殺の騒ぎに巻き込まれ、父発狂の地獄絵図を目の当たりにしたことで、ついに精神が崩壊。失語症になってずっとおびえた状態で入院。
テヤンが実母とユリを守るために実家に連れ帰ると「病院に連れていけ」「こんな子をテヤンの嫁にしようとするのか」と、かつては財閥の令嬢と結婚することを喜んでいた祖母や養母が手のひらを返したような冷酷な対応。

テヤンはユリの悲惨な容態を見て、ようやくユリを守ることを決意したのはいいけど、もれなく実母がついてるものね。
今はユリ父が最大の極悪人として描かれてるけど、そもそもこの悲劇の主犯者はテヤン実母。実母の身の程知らずな野望のせいでユリ父が狂ったし、テヤンとユリも翻弄された。
物語前半の性悪ぶりはどこへやら、一時記憶喪失になって目覚めてから、すっかり性格が変わったようで、自分が全くの悲劇のヒロイン気取り。テヤンを邪魔に思い、ユリを自分の裕福な生活維持の道具にしか考えていなかったのに、今ではすっかり二人の母親の顔をしてる。

このドラマには全くの善人は出てこない。唯一純粋なのはユリだけ。だからすべての罪を負うように心が壊れたのよね。
ユリがこのまま廃人になるとしたら、今ユリを侮辱してる連中のせいなんだから。
テヤンは実母とかおいといて、生涯ユリの面倒を見るべきだわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2015   0 comments   0 trackback
Category :ずっと恋したい

ずっと恋したい 

86話
テヤンはヨンランの殺人未遂罪で逮捕されてヨンランは絶壁から落ちた記憶を想いうかべて苦しがる。 ドンジュンはヨンランに映像を見せてその日絶壁で何事があったのか考え出しなさい大声を張り上げる。 テヤンは自身の潔白を主張するが絶壁での状況を述べないで黙秘権を行使するけれど..

87話
ドンジュンはテヤンにヨンランの証言がなければ疑惑を抜け出すのが難しいというけれどテヤンは自身が荷物をみな負けて行ってもヨンランの記憶だけは戻したくなくて話す。 一方ヨンラン弟はヨンランにテヤンがヨンランを絶壁で押したとのことをドンジュンに聞いて話すけれど..

・・・・テヤンはそんなにヨンランの傍でヨンランを守りたければ、ヨンランもテヤン暴行を指示したことだし、二人仲良く刑務所に行けばいいんじゃない?
今や二人に振り回され、体よくアッシーに格下げされてるユリが一番可哀想。

Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2015   0 comments   0 trackback
Category :ずっと恋したい

ずっと恋したい 85話

ドンジュンはテヤンがありもしなかった暴行云々したこと気にかかるとしテヤンにヨンランの病室を紙するのにという。 ヨンランはテヤンに別荘で何事があったか尋ねるがテヤンは何のこともなかったと答える。 一方ジェミンはセッピョルに自身を信じられなくても一度だけ信じてくれとしながら求婚をするけれど..

・・・・・ドンジュンがテヤンを偽の証拠まででっちあげ、無実の罪に陥れる意図がよくわからなかたけど。
息子のテヤンを破滅させることでヨンランを苦しめようとしてるのかもしれないけど、今のヨンランはテヤンが息子だとは本能的に拒否っていて、認められず知らないことになってるから、意味ないし、テヤンが逮捕されようがヨンランには関係ないことだと思ってたんだけど。
テヤンのヨンランに向けた愛をねたんでいるんだと解釈すれば理解できる。
テヤンは、ユリを抱きしめながらも常に頭と心を占めているのはユリとの未来ではなく、ヨンランとの今だもの。ドンジュンを崩壊させたものはヨンランの裏切りと卑劣さ、そしてテヤンのヨンランへの愛だと思うわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2015   0 comments   0 trackback
Category :ずっと恋したい

ずっと恋したい 84話

テヤンはユリにヨンランが痛いという言い訳しないとし結婚を急ぐとすぐに話して家族にユリと結婚して当分ユリの家で生きるというがヤンスヌング家で生きるということだけはならない反対する。 一方ヨンランはテヤンに自身の記憶が帰ってきたのを秘密にしようというけれど..

・・・・・ユリを抱きしめ「愛している」とささやき、どんなに一人で苦しんだのか、そんな君を傷つけてごめん、僕は迷っていたのに君は出会った時からずっと僕を気遣い傍にいてくれた、と激白するテヤン。「迷ったの?」と一瞬涙が止まりかけるユリだが「あなたを信じているから」と言うと、テヤンは「僕が君を愛した理由はそれだよ」と愛おしそうに告げる。
と、ここまでは良かったのよ。
そしてヨンランのことを言い訳にせず結婚しようと言ったその舌の根も乾かぬうちに、「僕が君の家に入って面倒を見る」と宣言。はぁぁぁぁぁー!?またこの男は何言いだすのかしら。
ユリも「え?」って今度は完全に涙も乾くわよ。結局、ユリを愛しているから結婚するということをだしにして、ヨンランのそばにべったりいたいだけだものね。

それが証拠に「私が記憶がもどったことは内緒にしましょう」という卑劣な提案をするヨンランをテヤンは抱きしめるのよ。異常としか言えないわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :ずっと恋したい
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR