一途なタンポポちゃん 134話(最終回)

トゥルレを救いにきたテオは気を失って、続けて現れたヨンスは奇襲にあうけれど... 3年後、家に戻ったセヨンを家族は暖かく迎えてくれてトゥルレは自分だけのにゅうめん(ククス)集で忙しい毎日を送るけれど...

・・・・・あ~あ、終わっちゃったわ~。毎日の楽しみがひとつ減っちゃった(@_@)
いろんなことがあって、危険なことにも、ドロドロにも巻き込まれた二人だけど、最後までテオとドゥルレはとてもさわやかだった。満足の良いラストだったと思う。ヨンスのあまりに哀れで残念な死をのぞけば。でもそのためにセヨンは、生涯ヨンスを忘れないと誓ったし、かえって私たちの印象に残った彼らしい最期だったかもしれない。
この時間のシリーズ「愛よ、愛」「サムセン」「ウンヒ」「スングム」が不満の残る、いいかげんではちゃめちゃな終わり方だったことを思えば、「たんぽぽちゃん」は、それらにくらべ、一番後味の良いドラマとして記憶に残りそう。

にしても。
自分が逮捕されるとわかっても警察に通報してから、テオに遅れること、数十分、ドゥルレを救うためにドゥルレ拉致監禁現場に現れたヨンスの最期は、壮絶で悲惨だった。最終回は、ヨンスに一番泣けたわ。
ボクシングで鍛えていたはずのテオが、敵の暴行であっけなく気絶したあと、ヨンスはかっこよく善戦したものの、多勢に無勢、卑劣なヨンマンに後ろから襲われ、致命傷に倒れてしまう。「テオさん、目を開けて、テオさん、テオさん、しっかりして!」と叫ぶ愛するドゥルレの声を耳にしながら。

そして警察が到着。ヨンマンたちはとらえられ、テオとドゥルレは監禁部屋から助け出され、テオは救急車に乗せられるけど、容疑者であるヨンスは瀕死のまま床に放置。ありえない!
ドゥルレは必死で手をのばし、自分を求めるヨンスを横目で見ながら、一瞬ためらうものの、冷たい視線を投げてテオの乗った救急車に乗り込んで去っていってしまう。
最後の最後まで得られないドゥルレの愛を追い求め、彼女の後ろ姿を視線に焼き付けながらとうとう息絶えてしまったヨンス。可哀想で仕方ない。でも、ヨンスは命に代えてドゥルレを守れたこと、救えたことで満足したかもしれない。

それにせめてもの慰めは、3年の刑期を終え、罪を償って出所したセヨンが、一番にドゥルレに言ったこと。
「ヨンスさんを心から愛してた。生きてる間も、死んでから尚更その思いが強まった。私一人くらい彼のことを覚えていないと、彼が存在していた証に」と。
そしてセヨンはドゥルレにしみじみ言うの。「だから、私が覚えているんだから、あなたはもうヨンスさんのことは忘れていいの。お兄ちゃんと幸せになって」

ヨンスを置き去りにしたドゥルレ、冷たいよーとヨンスのためにちょっと彼女を恨んでいたけど、ここで気づいたわ。3年の間、元気になったテオを受け入れず、ろくに会っていなかったみたいなのは、セヨンの服役のせいもあったと思うけど、ドゥルレなりにヨンスのことを気にしていたのね。ヨンスへの弔いに必要な時間だったのかも。

周りにも後押しされた二人は、かつて、ここで挙式しようねと誓い合った思い出の教会で再会。
肩を組んで教会をあとにしながら、テオはふと立ち止まる。そのまま気づかず一人で歩いていたドゥルレは、振り返ると、テオがさあおいでと言うように笑顔で両手を広げて待っていた。
ドゥレルはテオの胸めがけてかけていき、飛び込む。固く抱き合う二人。もう誰にも邪魔されず、思いっきり愛し合えるときを迎えた喜びに包まれながら。

ドゥルレはあれからずっとグムシルの協力を得ながら孤児たちの面倒を見てきたらしい。ヨンスの少年時代にうりふたつの、かつての不良孤児も、学校に通っている。
それはヨンスの願いでもあったから、きっとドゥルレは、ヨンスとの約束、ヨンスの思いをついでるつもりもあると思うわ。
青少年の集いで、ボンサンやテオも交えてサッカーの試合が行われ、応援する女性陣。
出稼ぎからようやくスチョルも帰国。子供を抱くことができ、グムシルもスンヒと結婚。スジャは二人目の子供を妊娠。
幸せな日々を送っているみんな。

試合のあと海岸を散歩するテオとドゥルレ。サッカーでゴールを決めたことを自慢して、ご褒美をねだるテオに「あれくらい私だってできたわ。そんな約束したかしら?」と相変わらず、とぼけて憎まれ口をたたいて逃げるドゥルレを追いかけるテオ。
今までの苦労や、苦悩、困難をすべて洗い流したような、清らかな愛に満ちた二人は、夕日を浴びながらキスを交わす。

素敵な恋物語を見たあとは、みんなに祝福される二人の結婚式や新婚生活、子供たちに囲まれた姿を見たくなるものだけど、きりがないものね。これからの二人の幸せな未来を予感させた終わり方も美しい。

余談ながら、私は見てないんだけど、ダーリンが視聴している「感激時代」にもタンポポちゃんが出てて、その活躍がちょっと嬉しかったりするわ。
これからのたんぽぽファミリーの活躍を期待して、視聴を終えました。









スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2015   2 comments   0 trackback
Category :一途なタンポポちゃん

一途なタンポポちゃん 133話

デソンは危機に処したセヨンを救って倒れて、セヨンはヨンマンの電話を受けて出て行くヨンスを捕まえる。 一方、テオは昨夜に消えたトゥルレを探し回るけれど...

・・・・・まるでしっとりメロドラマのヒロインみたいなセヨンストーリーはスルーだわ。この罪人をどうしてみんなが、ヨンスまでもかくまい、罪を償わせずに逃がそうとするのかが、わからない。罪を犯して反省も懺悔もせず逃げてもいいわけ?
そもそも道徳的に間違ってると思うわ、このドラマ。

テオとドゥルレはお互いを恋慕い、求め合う心にこれ以上ウソがつけないように、ただ寄り添って海に向かう。
宿の一つ部屋で抱きあう二人。とても自然に。「ああ、やっとこれで落ち着いた」笑顔のテオ。
照れ隠しにドゥルレは、「海と言えば、パパに連れてきてもらったことを思い出す」とわざと明るくしゃべりだす。「そんな楽しい思い出を僕が汚したね」とテオは、別れを告げるために連れてきたときのことを謝る。
「ほんとよ。すごく楽しみにしてきたのに、あなたったら、別れを告げて離れるんだもの」と軽くテオをにらんですねたようにおどけて口をとがらせるドゥルレ。「それだけじゃないわ。公園であったら、もう二度とここには来ないって言うんだもの」。
「いつもなら僕の言うことなんて聞かないのに、君だってそういうときだけは、守って。ばかみたいにお人よしのドゥルレ。
いつも我慢して、何も言わずに堪えて。今だってそうだ。無理して平気そうに強がらなくてもいい。僕の前なら弱みを見せて」とテオは、ドゥルレのもどかしいくらいにけなげな心をいたわる。

外に出て海ではしゃぎ、市場で魚を買って楽しいときを過ごす二人。魚を売るおばさんに「ずっと手をつないで、風で飛ばされそうで不安かい?」とからかわれると、テオはなおさらドゥルレの手を強く握り、「ええ、僕の妻がどこかに行きそうで。僕たち新婚旅行なんです。妻が海が好きだから」とのろける。
テオはこの旅行が二人だけの契りのつもりなのね。
素直に愛し合う二人。
ところが、どうやってかぎつけたのか、ヨンマンからドゥルレに電話が入る。宿の前の雑貨屋にドゥルレあてに電話。
「セヨンのことを警察に言われたくなければ、俺に会え」という内容。

ドゥルレは何かの決意を秘めた瞳で、海岸で待つテオの元に行くと、自分からテオの胸にそっともたれ、キスをする。
「テオさん、愛してる」。テオはいつになく積極的なドゥルレに驚きながらも、ドゥルレを熱く見つめるとキスを返す。

翌朝、テオに抱かれて寝ていたドゥルレは、そっと布団を抜け出し、ヨンマンの呼び出しに約束の店に出掛ける。
目覚めるといなくなっていてドゥルレを探し回るテオは、雑貨屋のおばさんから、ドゥルレに変な電話があったことを教え、ドゥルレが話していた「市内の喫茶店で会うとか言ってたよ」ということも伝える。

さわやかで、健康的に愛を育むテオたちと対照的な、どろどろ悪者カップル、セヨンとヨンス。
ヨンスもまたヨンマンに会いにでかけようとしているところを、セヨンが必死でひきとめる。「一人で会わないで。あいつはあなたを殺す気よ。いっそ自首しましょう。私が全部悪いと言うから。わたしのせいだって言うわ。だから行かないで。愛してる。」と熱情の訴え。
ヨンスは「俺のために泣いてくれたのは君が初めて。君を愛せたら良かった」とセヨンの気持ちはありがたいが、受け止めることはできないと告げる。
自分のような悪者からは逃げて他の男を見つけろと言うヨンス。セヨンのひきとめもむなしく、ヨンスはヨンマンと決着をつけるために車を走らせる。

いよいよ明日が最終回。どういう結末になるのかしら。心から愛し合っているテオとドゥルレはハッピーエンドを迎えるはずだけど、ヨンスとセヨンには悲劇のにおいがするわね。
セヨンが罪を償わないとすれば、納得できない終わりになりそう。
ヨンスも哀れな人生にせめて何か希望と救いが見えればいいけど。




Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2015   0 comments   0 trackback
Category :一途なタンポポちゃん

一途なタンポポちゃん 132話

トゥルレの結婚理由をテオはくるトゥルレに怒るがトゥルレは淡々と行動する。 ヨンスは株価操作で申告すると出てくるデソンに余裕ある態度を見せて背後人物を紹介するけれど...

・・・・・ドゥルレがヨンスと結婚するのではという話が、人々の間に広がる。
ドゥルレは黙ったまま。ドゥルレが何を考えているのか、もどかしがる人々。テオからヨンスがガンウクを殺し、そのことはドゥルレも知っているのだと聞いたスンヒはなおさらだ。ドゥルレに「とんでもない話だ。よりにもよってそんな奴と」と激怒。
ドゥルレは「セヨンが心配で。セヨンを通報すると言うから」と、ヨンスに従うしかない理由を話す。
テオもドゥルレを責める。「君がヨンスと結婚するのを黙って見ていられると思うのか」。
ドゥルレは「父が善良なチン社長を陥れた。大金を融資しておいて、全額一挙に返済しろと迫った。だからチン製粉は倒産した。父がシン社長と組んでそんなことをしなければ、セヨンもドヨンも今のように苦しまなかった。」と話す。
セヨンのために黙って耐えているドゥルレ。
「だから、君はヨンスの元に行くというのか」なすすべもなく、どうしていいのかわからないテオ。

ドゥルレはセヨンにも本当のことを話す。
驚愕し、改めてドゥルレを恨み、憎しみが増すセヨン。ジュノがどうしてドゥルレがヨンスとの結婚話を拒絶しないか、本当の理由を話し、ショックを受けるセヨン。
ヨンスの元に駆け込み「私をドゥルレとの結婚のためのエサにしたわね」。愛するヨンスに道具に使われたことで絶望したセヨンは、「いっそ警察に通報して。おびえて暮らすより、その方が楽。一緒に刑務所に入りましょう」と迫る。

ヨンスとの結婚話にひどくショックを受け苦悩しているテオを思い、会いたい衝動に駆られたドゥルレが通りに走り出ると、思いが通じたかのように、テオもドゥルレに向かって歩いてきていた。
テオはドゥルレの手を引き「行こう」と誘う。素直に車に乗るドゥルレ。
「どこに行きたい?」と尋ねるテオに「海。海に行きたい」とドゥルレはつぶやく。

2人にとって海は、婚約中に目を輝かせて一緒に行こうねと約束したあこがれの場所。そして初めて二人で海に出掛けた日、テオがドゥルに別れを告げたのだった。
二人の特別な場所に向かい、ドゥルレはテオに何を告げるかしら。



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2015   0 comments   0 trackback
Category :一途なタンポポちゃん

一途なタンポポちゃん 130、131話

130話
トゥルレの結婚の便りにテオは絶望して、デソンは苦しむテオに二人の結婚はありえないとし断言する。 一方、セヨンは刑事にヨンマンの逃避資金に対する話を聞くけれど...

131話
デソンがヨンスの弱点を利用して取り引きした事実にテオ惨たんで、デソン製粉が不渡り危機であることをトゥルレはヨンスにあらゆる事を止めろというがヨンスはさらに強く自身の意を伝えるけれど...

・・・・・ヨンスがドゥルレに迫っているのを見て初めて、テオは自分の過ちに気づき、封じ込めていたドゥルレへの想いが噴き出す。
ドゥルレに「僕が悪かった。間違っていた。なぜ君から離れようと思ったんだろう」と今更の熱い告白。ドゥルレが一番聞きたかった、待っていたテオの言葉なのに、ドゥルレはヨンスからデソンを潰されたくなければ結婚しようと言われたばかり。
今のドゥルレはテオを冷たく突き放すしかない。
タイミングが悪い男、テオ。
ただドゥルレは「私の気持ちは揺らぐことがない」とだけ伝えるのよね。

テオはその言葉に勇気をもらったのか、ヨンスには強気。「ドゥルレは絶対に君を選ばない。」
パパには「ヨンスがドゥルレと結婚するって言ってる」といいつけるものの、デソンは「そんなことは絶対にできない。ガンウクを殺したのはヨンスだ」とテオに衝撃の真実を告げる。
その弱みを握ってヨンスをゆすり、無理やり資金提供させたり、協力させていたのか、と父の汚さに愕然とする潔癖なテオ。

テオはドゥルレを諦められない自分の気持ちを素直に認め、一緒に行こうと言っていたセヨンを一人日本に行かせ、会社を立て直し、ドゥルレのそばにいる決心をする。
「僕を拒まないで。どんなに冷たくしてもあきらめない。絶対に君の傍から離れない」とじっと耐えてわざと無表情を作っているドゥルレに再三訴えるテオ。

ドゥルレはヨンスに「もうここで終わりにしましょう、私たち。テオさんの元には行かないから、もうやめて。だからってあなたのところには行けない」と返事をする。
ヨンスはついにガンウク滑落死の真相を語る。「俺が殺したわけじゃない。雨で滑って一瞬手が離れただけ。あれは事故だった。デソンに会った。テオのためなら何でもすると言ってた。父と子の情が妬ましい。俺には誰もいない。せめて君に癒されたい」と切実に訴える。ドゥルレもそういわれると、それ以上冷淡な態度も取れない。

いよいよデソン製粉を破滅にかけるヨンスにテオは「好きにするがいい。会社はもういい。だがドゥルレだけは絶対に守り抜く」宣言。
父にも経営から手を引こうと説得する。

そしてセヨンはドゥルレを求めるヨンスに後ろから抱きつき「愛してる」と押さえきれない思いを告白する。
「ドゥルレだって心変わりはするさ。君のようにね」とセヨンがテオから自分へ鞍替えしたことを薄々感じていたヨンスだが、改めて言葉にされ、すがられると驚きの表情を見せる。

テオも大概自分勝手よねー。自分からドゥルレを捨てておいて、その上、セヨンと日本に行くなんてひどい決心を公言してドゥルレの傷を更にえぐるようなことをして、それでもドゥルレの気持ちは自分にあると高をくくっていたけど、いざドゥルレが他の人と結婚話が出たとわかると、急にドゥルレに復縁を迫る。
まあ、正気に戻ったという見方もできるけど。
今度こそテオの気持ちが固まって、二度と揺れないことを願うわ。






Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2015   0 comments   0 trackback
Category :一途なタンポポちゃん

一途なタンポポちゃん 129話

ヨンマンの手紙にヨンスはもしやと思って苦しくて、あらゆる事をドゥルレはヨンスに怒りを吐き出して願望を降り注ぐ。 一方、セヨンはヨンスに一緒に離れようといってヨンスはトゥルレを再び訪ねてくるけれど...

・・・・・ドゥルレ、ひどいよぉー(@_@) 
ヨンスにきつ過ぎる。またひっぱたかれたヨンス、本当に可哀想。言い訳も聞かず、「私がどんなにお父さんを恋しがってたか知ってるくせに。お父さんを殺しておいて、よくも私を愛してるなんて言えたわね!?」。
父を殺した人間に対して怒るのは当然なんだけど「人間じゃない、獣以下」はあんまりよ。
それならセヨンだって同じようなものよ。それなのにドゥルレに何ひとつ、いいことをしてくれなかったばかりか、ずっと苦しめてきたセヨンのことは、どんなひどいことを言われても心配し、かばい、優しく守ろうとする。
ヨンスは、ガンウクを死なせた罪悪感からだったとしても、影になり日向になり、ドゥルレのことを守ってきてくれたのに。
まあ、途中、ドゥルレに自分を頼ってほしくて、セヨンと組んで、お店を潰そうとはしたけれど。
せめて、ガンウク死亡時の状況を冷静に聞けば?感情的になりすぎ。これまでのドゥルレとはキャラが変わってる。

スジャもチュノクも「ヨンスとうまくいけばいい」というくらい、ヨンスはドゥルレに尽くし、大事にしてくれるのがわかるのに。
セヨンもね。「私と一緒に行こう」とお色気出してヨンスにすがって迫り、ヨンスに「その眼はなんだ?」って引かれてたわ(笑)
ついさっき、一足先に渡日しろというテオに「やっぱりドゥルレと離れられないのね」って憎まれ口叩いてたのに。

それにしても、セヨンがヨンマンを口封じのためにひき逃げしたかもしれない、食中毒騒動も起こした、その責任から逃れさせるために、日本に逃亡させようとするテオの愛情は、大間違い。そんなの優しさでも家族愛でもないわ。
セヨンの尻拭いばかりしてかくまうことは、セヨンをますます増長させるだけ、セヨンをまともにするチャンスを奪うだけ。
テオもドゥルレも愚かに見えてきたわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2015   0 comments   0 trackback
Category :一途なタンポポちゃん
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR