二人の女の部屋 最終話まで

終わったーヽ(^。^)ノ
長かったー!

最初は展開が早くて面白かったんだけど、あまりのヒロインのゆるさにイラっとしたり、ヒスの悪事を知りながら、どこまでも信じるジソプのおまぬけぶりにあきれたりで、途中、中だるみ視聴になっちゃった。

それにしてもヒスの悪女ぶりのすさまじさ。数ある復讐劇やドロドロドラマの悪役の中でも歴代に残る開き直り、悪あがきっぷりはお見事。
収監されてもあの手この手で抜け出し、末期がんに侵されても「一体私が何をしたというの!?」とあくまで被害者意識主張。
逮捕されてからの法廷シーンも結構長かった。あんなに裁判に時間を割くとは思ってなかったので意外だったわ。
壊れていくヒスの傍で支えるジソプの涙ぐましい美しき夫婦愛ときたら。
最後の最後絶命寸前にギョンチェ母の墓前に贖罪し、ギョンチェに「私を許したりしたら承知しないわよ」と虚勢を張ったのが、ヒスなりの精一杯の謝罪よね。

ギョンチェがスヒョクと結婚して、おばあ様にお屋敷を取り戻してもらい、プレゼントされ、ようやく自宅に戻れたのは良かったけど、すっきりしないところもあるわ。
ギョンチェを簡単に裏切り、ヒス側に立ち、さんざんギョンチェを苦しめたジソプの出世ぶり。妙に善人ぶってるけど、ちゃんと反省したの?なんの罪にも問えないの?
犯人隠匿とか、ほう助とかになるんじゃないの?罪を償ってほしかったわ。

そしてずっと応援してた可愛いカップル。ウンチェとピルソプも結ばれて良かったんだけど、ひっかかるのが、下品で卑しいピルソプ母が最期まで差別意識を持っていたこと。あんな姑でウンチェは幸せになれるのかとっても心配。

ラストシーン、ヒス再び登場。「副社長になりたくて来たんです」って面接を受けに来たのがヒスの幻。
ヒスを懐かしむようににっこりほほ笑むギョンチェだけど、あなた、大丈夫?またやられるんじゃないの?と不安の残る結末でしたわ。

それにしてもヒス役のワンビンナさん。お疲れ様でした。毎回毎回、喚いたり、叫んだりで大変でしたよね。肉体的にも精神的にも疲労がたまったんじゃないかしら。
凄味をきかせる表情もお綺麗なので余計に迫力あったわ。美しき悪女役で見ごたえありました。




スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2015   0 comments   0 trackback
Category :二人の女の部屋

二人の女の部屋 48~51話

第48話
ヒスに脅されたウンチェは、自分がヒスに連れ去られたことを言えない。一方、ヒスを助けるためにウソの自白をしたボクチャ。本当の犯人はヒスであるにもかかわらず、ギョンチェはそれを完全には証明することができず、手詰まりとなる。結局、ボクチャは釈放され、ヒスはホテルからギョンチェを追い出そうとする。 ギョンチェはヒスに突然、母親の事件の解明をあきらめると宣言。ギョンチェの言葉を信じることができないヒスはジソプにギョンチェの本音を探るよう頼む。一方、法廷での証言が可能か検査を受けさせるためにギョンチェはウンチェを病院に連れていく。妊娠したと偽っているヒスも義母にせかされて病院を訪れており、そこで4人は鉢合わせる。

第49話
チャンスクは産婦人科診療を避けるヒスの様子を見て妊娠を疑う。ヒスは賄賂を受けたチョン常務から、“ギョンチェと会う”と脅迫を受けて不安に包まれる。一方、ウンチェは裁判で証人として証言することになる。ヒスの妨害を警戒しつつ迎えた裁判当日、ウンチェ宛てに宅配物が届き、それを見たウンチェはパニックを起こす。 発作を起こしたウンチェは意識を失い入院してしまい、裁判で証言できなくなる。そんな中、スヒョクは建設業者に払う残金の送金は自分でやったほうがいいと言い、ヒスに預けていた会社の公金を、再び持ってくるよう伝える。

第50話
ギョンチェはチャンスクに、ヒスが使っていたお腹にあてるパッドを差し出す。ヒスの妊娠が偽りであると知ったチャンスクは激怒する。 モナリザホテルの女性社員会の職員たちは、ギョンチェの公開謝罪と処分を要求する投書を社長宛に提出、抗議活動を行う。ヒスはこれを利用し、ギョンチェを激しく責め、ホテルから追い出そうとする。一方、ヘグムはせっぱ詰まったチョン常務が、ホテルにヒスを訪ねに行ったという情報を聞いて、スヒョクにそれを知らせる。

第51話
ヒスは顧問弁護士の元を訪ね、早く問題を解決するよう迫るがヒスが今まで犯した罪を弱みに逆に脅迫される。一方、スヒョクはヒスが解任されたらギョンチェを副社長に復帰させたいと言うヘグムに、ミン社長を復帰させて自分はシェフに戻る気持ちがあることを伝える。 解任決定を受け入れず副社長室に居座るヒスだったが、社員に引きずり出されてホテルをあとにする。急な解任にショックを受けたヒスは、精神錯乱を起こして入院する。 一方、スヒョクの頼みで副社長代行を務めることになったギョンチェは副社長室にあるべきはずの帳簿と重要書類がないことに気づきヒスの元へ向かう。

・・・・・お嬢様ギョンチェが手を下す間もなく、ヒスは結局悪事を重ねウソで塗り固めることで、自分で自分の首をしめ、自滅していってるだけ。
ヒスの狂乱ぶりに、ワンビンナさんの熱演をただただ感心。久々のゴージャスな悪女、圧巻。
それにひきかえ、ヒロイン、薄い。。。   メイクとか、もうちょっと派手にしてあげればいいのに。

ヒス親子の盗人猛々しさに唖然。自分たちがホテルと屋敷を乗っ取ってギョンチェから、もともと奪ったというのに、それをギョンチェが取り戻そうとすると、さも被害者のように奪われたとわめきちらす。
でも私が何より誰より許せないのは、そのヒスを見捨てずそばにぼーっと寄り添う、役立たずの間抜け面ジソプ。
そして今回もっともショックを受け、怒りを覚えた場面は。
ウンチェとヒルソプの結婚に反対するジソプたち。
「冗談を言ってる場合か。なんでお前のために離婚しなくちゃいけないんだ」。
かつては自分が仕えた家の娘を卑下する母に、差別意識満々のジソプ。韓国の障害者に対する意識の低さを見て、不快だったわ。
ジソプはしょせん卑しい母の子だと実感。ヒルソプがこんな家で育ったのに、思いやりがあって偏見を持たず奇跡よね。
妊娠を偽装してたけど、本当に妊娠して流産したのは、天罰の始まり。ジソプにはぜひ、ヒスと一緒にもっとみじめな天罰を受けてほしいものだわ。



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2014   0 comments   0 trackback
Category :二人の女の部屋

二人の女の部屋 43~47話

第43話
ギョンチェは紆余曲折の末、ウンチェのぬいぐるみを入手し、中に隠されたUSBを確認する。しかし、データが破損していたため、復元を依頼し朗報を待つこととなった。一方、ヒスの妊娠が気になるチャンスクはヒスを問いただすがヒスは何も答えずその場を立ち去る。 USBの存在を知ったヒスは不安にかられ、証拠を隠滅しようとギョンチェの携帯電話を盗もうとする。ギョンチェは電算管理室の職員から、ヒスがUSBの存在を知っていると聞かされ驚く。一方、ヒスが妊娠したとボクチャから聞かされたジソプの母は、手のひらを返したように態度を急変させ、ヒスをいたわるようになる。

第44話
ヒスが妊娠したと思い込んだスヒョクとギョンチェは、ヒスに自首のチャンスを与えることにする。一方、殺人の証拠がそろったと考えたヒスは警察に出頭するとギョンチェをだまして自分の車に乗せる。 交通事故で意識を失ったギョンチェとヒスは病院に運ばれる。先に意識を取り戻したヒスはギョンチェからUSBを盗み処分する。一方、妊娠したヒスがわざと自動車事故を起こしたことを疑問に思ったギョンチェは、看護師とヒスの会話から妊娠がウソだと知る。またヒスは目障りなナ夫人を失脚させようとオ理事と計画を立てる。

第45話
ヘグムの脱税の証拠を見つけられなかったヒスは、記者を利用してヘグムが悪徳金融業者だという悪意のある記事を掲載させる。ジソプはヒスの妊娠を信じて離婚を思いとどまり、ギョンチェとスヒョクに立ち向かうことを決意する。 ヒスはジソプに、ヘグムがモナリザホテルの大株主だということやビョングクがヘグムの下で使いの仕事をしていた事実を話す。一方、ギョンチェからヒスの妊娠は事実ではないと聞かされたジソプは、共に病院へ行き、妊娠が事実かどうか確認するとヒスに伝える。妊娠が事実と分かれば今後はヒスの言葉を信用すると言う。

第46話
ヒスは臨時株主総会を開き、そこでヘグムが違法な高利貸し業で財を築き、その金をホテルに流入させて孫を社長に就かせるなど、権力を乱用していると非難。そして後日スヒョクの社長解任を投票で決定すると発表する。一方、ギョンチェとスヒョクはデータの復旧状況を確認するため復旧センターを訪れ、証拠資料を確かめる。二人はオクソンの死の無念を晴らすために証拠のないヒスの放火の罪を明らかにすることを決意し、ヒスが自白をするように仕向ける方法を考える。 そんな中、ヒスは本当の証拠は別にあると言っていたウンチェの言葉が気にかかっていた。

第47話
本物の証拠の存在に気づき、理事会に出ず福祉館へ向かうヒス。一方、スヒョクは理事たちを前に、機会をくれれば父が成し遂げられなかったことをすると述べ、解任の危機を切り抜ける。ギョンチェはウンチェがヒスに連れ去られたことを知り警察に証拠を渡すのを躊躇する。ボクチャはヒスの反対を押し切りウンチェをギョンチェの元に帰し、自分がウン・ギマンを殺したと警察にウソの自白をする。証拠が警察に渡れば終わりだと不安におびえるヒスは、母に言われたとおり家に戻り、普段どおりに出勤する。ウンチェの拉致の件で警察に呼び出されたヒスは、証人として居合わせたウンチェを脅す。

・・・・・一体どうやったらヒスの数々の犯罪が白日の下にさらされ、アホジソプがいつになったら、どこまでやったらヒスを見放すのか、続きが気になり、目が離せないものの、あまりに主人公ギョンチェと王子様スヒョクの間抜けぶりがこっけいで、二人の真剣なお芝居に、時々コメディ?って突っ込みをいれたくなるわ。
ホテル通路のまん真ん中でヒスの犯罪の証拠の存在を話し合ってて、それをヒスがまたわかりやすい場所で身を隠してもなく聞いてるのに、気づかないなんて。
そしてヒスが証拠のことを指摘すると「なかなかの情報収集力ね」と皮肉を言い、スヒョクと「どうしてわかったのかしら?」と本気で不思議がる。
ギョンチェったら、自分、自分、自分がしゃべってるのを普通に耳にしただけですからー(~_~;)
そしてここにきてウンチェが大切なキーパーソンに繰り上がってきたんだけど、なにせ、ヒスににらまれ脅迫されるとおえてび黙っちゃうし、ウソまでつくから、この子次第の展開になりそうだわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2014   0 comments   0 trackback
Category :二人の女の部屋

二人の女の部屋 38~42話

第38話
ビョングクはヒスが犯罪を犯したというギョンチェの言葉を信じられず、家族であるヒスを信じたいと思う。ヒスが家を担保に大金を借りたと知ったビョングクは、事実を明らかにしようとギョンチェを呼び出しヒスと3人で話をするが、ヒスは迫真の演技で危機を免れる。ギョンチェとスヒョクは、ヒスが裏取引をしてると確信する。 ウンチェに怒鳴っているところをビョングクに見られたヒスはチャンスクに取り入ろうとするがビョングクはジソプに離婚を勧める。一方、ギョンチェは理事会でルビーニの契約書を公開し、ヒスがホテルに不利な契約を結んだことを明らかにする。家に乗り込み暴れるヒスを止めようとしたドンチョルは、突き飛ばされて頭を打つ。

第39話
自分の悪事を夫の家族に暴露され腹を立てたヒスはギョンチェの家に殴り込み、準備中だったオクソンの法事の膳を台無しにする。妻に代わり謝るジソプに、ギョンチェは副社長解任案に賛成するよう頼む。 ドンチョルが殺人犯だという記事を社報に出したヒス。ホテル中に話が広まり、ギョンチェ親子は社員に陰口を叩かれるようになる。スヒョクは25年前の両親の事故の真相を解明すべく、ギョンチェと協力して調査を始める。一方、ジソプはヒスの後ろ盾がナ夫人だと知って、スヒョクを責める。

第40話
ヘグムがスヒョクの祖母と知ってショックを受けるギョンチェ。スヒョクは25年前の業務日誌をドンチョルに見せて自筆かどうかを確認する。事故当時、ドンチョルがどこにいたか確かめるため、スヒョクはドンチョルを事故のあった現場へと連れだす。一方、ヒスはヘグムをそそのかしてドンチョルの保釈の取り消しを申請する。 ドンチョルは25年前のことを思い出すが、その直後に意識を失い倒れる。スヒョクはヘグムにドンチョルが事故の時間に現場にいなかったことを伝えるが信じてもらえない。ジソプは離婚を決意するが同意しないヒス。ホテルで男性と一緒にいる姑と鉢合わせたヒスはこの件を内緒にする代わりに自分の味方になるよう頼む。

第41話
ヘグムに副社長の座を退けと言われたヒス。逆にヘグムを脅迫し、そのショックで発作を起こしたヘグムの薬を取り上げ立ち去る。ヘグムは意識を取り戻すが一時的に言葉が話せなくなる。一方、ヒスは、オ理事を丸め込み副社長解任の撤回を画策。ヘグムの薬を持ち去ったのがヒスだと気づいたジソプは、ヒスに辞表を差し出す。 チャンスクはビョングクから、これまでのヒスの行いを聞くが信じようとしない。ボクチャはチャンスクのおかしな様子に気づき、ヒスにビョングクがチャンスクに何かを話したようだと伝える。一方、ヒスはオ理事を説得して、スヒョクを社長の座から降ろすよう告げる。

第42話
ギョンチェとスヒョクはヒスの裏金授受を明らかにするため、リゾート事業の施工業者を他業者に替える。それを知ったヒスはオ理事を脅し、理事たちをまとめてスヒョクの社長再信任案を発議するよう促す。一方、ジソプはヒスに協議離婚に応じないなら離婚訴訟を起こし、離婚事由として、ヒスのしたことをすべて明かすと言う。 ジソプはヒスに理事会を中止するよう言うが、ヒスは意を曲げず、スヒョクを解任してホテルから追い出そうとたくらむ。ところが理事会を前にして、危篤だとばかり思っていたヘグムが突然、姿を現しヒスは肝をつぶして理事会を中止させる。一方、ウンチェは再び福祉館に通うことになり、そこでなくしたぬいぐるみを見つける。

・・・・・展開早っ!!
あれだけ憎んでいたギョンチェ親子を、すっかり許し、受け入れ、スヒョクとの顔合わせまで行うスヒョク祖母。調子良すぎ。
ギョンチェの味方になってくれるから心強いけど。
小者だとばかり思って気にもとめてなかったオ理事とやらが、俄然暗躍しはじめ、今やヒス悪事とギョンチェパパの無実の鍵を握るキーパーソンになりつつあるわ。
そして何週にもわたり波乱の運命を歩んでいたウンチェぬいぐるみの猫ちゃんが、ようやくウンチェ、ギョンチェの目にとまった。
でもねー、洗っちゃってたからねー、お鼻に隠してあるUSBが果たしてうまく見られるかどうか。

ジソプはヒスにいよいよ見切りをつけ、離婚届を叩きつけ、ついでに辞表まで叩きつけたけど、ヒス妊娠疑惑で、またもとに戻るかしらね~。
いや、妊娠してないと思うけど。間抜け親子だからジソプたちは。
あんなにヒステリーを起こして平気でうそをつくのを何度も見てるのに、嫁を信じると言い張っていたジソプ父。
早く警察に告発しなさいよ。

ジソプに裏切られたギョンチェお嬢様に対して、良心の呵責もあまり感じてない様子。ヒスの味方してたものね、最初は。今はヒスがどんな人間かわかったと思うけど、それでも妊娠したと思えば、いたわるでしょうね。

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2014   0 comments   0 trackback
Category :二人の女の部屋

二人の女の部屋 34~38話

34話
ホテルのスタッフたちが自分たちの別居をウワサしているのを聞いたヒスは、ビョングクとチャンスク、ピルソプに家に戻ってくるよう説得する。スヒョクは冷たい態度を取りながらもギョンチェを助けようとする。ギョンチェはスヒョクの正体をはかりかねながらもスヒョクの助けを借り、ヒスの犯行の証拠が入ったウンチェのぬいぐるみを取り戻そうとするが、なかなか捜し出すことが出来ずにいた。そんな中、ギョンチェは、最後の頼みの綱であるムン・ジェシクが服役中で、間もなく出所することを知る。一方、スヒョクはヘグムに25年前の事故の犯人がドンチョルである証拠を見つけたか尋ねるが、ヘグムは言葉を濁しスヒョクは事件の真相を突き止めようと心に誓う。

第35話
ギョンチェはジェシクに名刺を渡し、ヒスに用心しろと伝える。ヒスが離婚しないためにも子供を産むと言ったことを聞き、ジソプの心は和らぐ。ピルソプの口からヒスが義姉であることを知ったジェシクは、家族で外食するヒスの前に現れる。一方、ドンチョルはスヒョクの勧めで、モナリザホテルのベルボーイとして働き始めるがギョンチェはその事に対しスヒョクに怒りをぶつける。事故現場付近で防犯カメラに映ったヒスの映像を入手したギョンチェ一方、周囲をうろつくジェシクにおびえるヒス。ジェシクとの会話を聞いたギョンチェはヒスの犯行を確信する。

第36話
ジェシクに証拠写真の原本を目の前で消すから30億ウォンを出せと言われたヒスはヘグムに家を担保に資金の融通を頼む。ギョンチェはホテルに来たチャンスクに、ある男がヒスを訪ねてきて騒動を起こしたと言い、チャンスクはヒスにその男の正体を問い詰める。一方、ピルソプはジェシクとヒスの関係を疑い始めていた。 ヘグムからヒスが家の謄本を担保に大金を借りたことを聞いたスヒョクは、ヒスが会社の金を流用しないか目を光らせる。そんな中、ギョンチェは証拠写真を渡すようジェシクに頼むが、ジェシクは写真と引き換えに大金を渡すというヒスの言葉を信じて、ヒスに会いに行く。

第37話
ギョンチェはヒスの手に渡った携帯を奪い取ろうとするが、ヒスは携帯を川に捨ててしまう。ジェシクは小切手を現金化しようとするが、ヒスが盗難届を出していて捕まる。スヒョクの励ましで勇気を取り戻したギョンチェは、ヒスの担当した事業を洗い直すことにする。そんな時、ギョンチェに社報編集部から寄稿の依頼が舞い込む。 社報に載ったギョンチェの小説はヒスとの実話であるというウワサが社員の間に流れ、ヒスは社報を破棄するよう命じる。また、ギョンチェはドンチョルの記憶を取り戻すためにスヒョクがベルボーイの仕事をさせたことを知る。一方、ピルソプから社報の内容を聞いたビョングクは事実を確かめるためにギョンチェに会いに行く。

・・・・・・ジェシクの持っていたヒス殺人犯の証拠はヒスによって、川に投げ捨てられ消されてしまったけど、ウンチェのぬいぐるみの中にママが隠した証拠は残ってるわよね。
ウンチェがまた児童館に行けば再会できるでしょ?でもその間にはヒスが、ぬいぐるみのことに気づいて奪い取ろうとして、証拠隠滅されるかしら。
またやられたらストレスたまるわ。
「天はあきらめないものの味方だ」と言ってスヒョクはともすれば、絶望するギョンチェに愛のむちを加えるけど、今のところ天はヒスに味方してるように見える。

そこでギョンチェは社内広報に小説を発表。その題名が「二人の女の部屋」。今まで深く考えなかったけど、ドラマタイトルって、お屋敷を奪われたギョンチェとヒスの、部屋のことだったのね。
ギョンチェの暴露によって、社内ではヒスがギョンチェの恋人も、家も、母の命も、父も奪ったと噂でもちきり。

焦るヒス。その社内報を目にしたジソプ父がその真相を尋ねるべくギョンチェに会い、真実だと知る。
すっかりおまぬけキャラに転落したジソプ。離婚してやると息巻いて家を出てギョンチェの家に押しかけてたのに、ヒスの芝居に懐柔された両親から「子供を産む」と決心したと聞き、ころっと態度を変えて両親と一緒に屋敷にもどる。
ホテルでは相変わらずギョンチェとヒスの部屋を行ったり来たり、余計なことを吹き込む役回り。
あれだけウソまみれのヒスのことを「信じるよ」ですって。こんな情けない男のどこがいいのかしら。

ギョンチェ父が哀れ。かつて社長だったのに、今やベルボーイ。社員たちも気の毒がるくらい。ギョンチェはスヒョクに猛抗議するけど、実は記憶を取り戻す手助けをするために、ホテルに戻してあげたスヒョク。
まあ、よりにもよってベルボーイなんて目につきやすい仕事につかせたのは、ギョンチェが激怒するのも無j理はないわ。

でもギョンチェはスヒョクの真意を知って、スヒョクが実は自分を思ってくれていると実感したみたい。
ギョンチェパパが犯してもいない罪(きっとね)におびえて、自責の念にかられ、みんなに申し訳ないことをしたって、小さくなっているのが哀れだわ。


Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2014   0 comments   0 trackback
Category :二人の女の部屋
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR