ロマンスが必要3 15,16話

15話
ジュヨンは自身がワンが好きだということを悟るが、ワンと恋愛を始めることに対する恐ろしい心も同時に感じる。

・・・・「ロマンスが必要」シリーズの中でこのシーズン3が一番面白くて好きだわ。
憧れていたテユン先輩とつきあってみたものの、本物の愛じゃない、と気づき、自分から別れを切り出したジュヨン。先輩はセリョンとの身も心も焦がすような愛に疲れて、思い通りになるジュヨンに逃げてきただけだった。
愛とはもっと切実なもの、命を懸けても惜しくないもの、そんな恋をしたいと思うジュヨンが帰る場所は、ただひとつ、チュワンの元なんだけど。
チュワンを呼び戻す方法がわからず途方にくれながらも、とりあえず家を出たチュワンのところに尋ねていくけど、チュワンはそう簡単には戻ってきてくれない。
ジュヨンはチュワンのラジオ番組に自ら相談のメールを送る。「うちを出ていった彼は、部屋を掃除したら戻ってきてくれる?」「彼のおいて行った植物を手入れしたら帰ってくる?」。「それくらいじゃ戻らない」と答えるチュワン。

「愛してる」たった一言いえば済むことなのに、歳の差や親の目を気にしてなかなか言いだせないジュヨン。チュワンはジュヨンを追い返す形になり、一人になると「俺一人が笑ってちゃだめなんだ」とつぶやく。
家に帰ると暖房がつかなくて凍えるジュヨンはチュワンに「あんたの部屋の練炭は?」とメール。チュワンは一人ふるえるジュヨンが心配でしかたなくなって眠れない。
家に飛んでいくがもぬけの殻。「どこだ?」。ジュヨンはサウナにいた。探しに行くチュワン。すねて寝たふりをするジュヨンだけど、チュワンはそんな彼女におおいかぶさるようにして一緒に横たわる。
そして仲直り。二人の朝を迎える。
逆ツンデレのように、その日からチュワンに夢中でデレデレのジュヨン。
ミンジョンやセリョン、ヒジェにものろける、のろける。確かにかっこいいので、みんなも褒めちぎり、気分のいいジュヨン。彼がモテモテなことをセリョンがほのめかすので、急に不安になってチュワンに、「若くて可愛い子もいっぱいいるのに、なんで私が好きなの?」と聞いてみる。
「だってほかの子はシンシンじゃないから」と答えるチュワン。完璧彼氏!
ラジオ番組でアイドルの子に迫られても、「僕の恋人も喜ぶ」ってはっきり熱愛宣言。そして公共の電波を使って「シンシン、愛してるよ」ってささやくの。

痴話げんかを繰り返しながら、仕事が終わればこの世にお互いしかいないかのように甘い生活を送る二人。
ジュヨンはチュワンに小言を言われ、人としてどうあるべきかを教えられたことで成長、思いやりを持てるようになった。
妊娠中のミンジョンや、青春を模索、会社を辞めて一人旅に出たいと辞表を出したヒジュに共感を示す。

ヒジュはウヨンと晴れて公認の恋人になるけど、その幸せのさなか、ふと自分を見つめ直したい欲求にかられ、一年間旅をしたい強く思うようになる。その決意をチュワンのラジオを通してウヨンに告白。
DJのチュワンは「恋人なら応援するよね」と言うんだけど、肝心のウヨンは大激怒。付き合いだしたばかりなのにと大反対。けれどヒジュの決心が固いことがわかると、怒ったまま彼女のためにスーツケースやWi-Fiカメラやタブレットを買ってあげる。ローンはすべて12回。「良心がある恋人なら旅行中僕のことを思いだすだろうから」って。
理解のある恋人を持って幸せなヒジュ。

ミンジョンはなんと双子を妊娠していることが判明。それでも動じず楽しみにまつミンジョンだけど、赤ちゃん人形を使って育児を勉強、買い物にも連れ出すほど熱心なミンソクは双子と聞いて、卒倒寸前。
非婚主義の二人が、一体どうやって双子を育てるんだ!?とパニックに陥るが、とりあえず講師はやめて翻訳家になり在宅の仕事で育児をするか、出産までに資金をためるか真剣に悩む。
ミンジョンは結婚したくないミンソクに「籍は入れずに、あなたも父親をしてくれるっていうのはどうかしら。お互いの家を行き来して育てるの」と提案。
「途中で逃げたくなったらそうしてもいい。それまでは父親の役目をはたして」。
ミンジョンは本当にいい女、大人の女だわ。
セリョンがいい女を気取って高慢な態度だけど、本物のかっこいい女はミンジョンよ。
結婚しないって宣言するミンジョンとミンソクだけど、出産準備をする二人はラブラブに見える。ミンソクが途中で無責任に逃げ出さなければうまくいきそう。

そして、一番どーでもいいカップルだけど、一応書いておくと。局長テユンは香港に転勤。ジュヨンは見送りにも行かないが電話でテユンは「アジアを掌握して帰ってくるから準備しとけ」と別れの言葉。
空港にはお約束、セリョンの姿があり、「わたしはあきらめない。帰ってきたらこれを私の首にかけて」と思い出のペンダントをテユンに託す。

ジュヨンはまっすぐにチュワンの胸を目指して帰宅。家の前で待つチュワン。「一分でも早く会いたくて」待っていた。
「愛してる」と繰り返しささやきながらキスをするふたり。

赤裸々なガールズトークもはさみながら、飽きることのない素敵な恋愛ドラマだったわ。
今年の終わりにこんな満たされたドラマを見られていい満足(#^.^#)






スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2014   0 comments   0 trackback
Category :ロマンスが必要3

ロマンスが必要3 13、14話

13話
ワンとの親しい姿をテユンに見つけられたチュヨヌンテユンがどんな反応を見せるのか用心深い。
ジュヨンはワンが大変気楽ながらも、テユンがウイシクトェオオクチでワンを遠ざけようと努力するけれど...

14話
ワンはジュヨンに最後のキスを残して、ジュヨンの家を出る。
ジュヨンはこの状況がオルトルトラミョンソドワンがない生活があまりにも当然下ことだと頭と考える。
だが、なんだかジュヨンの心はずっと何となく寂しくて、ワンが度々浮び上がるけれど...

・・・・・・ロマンチックがとまらない(#^.^#)
チュワンってなんてかっこいいのぉ。私、ソンジュンしは好みではなく、むしろナムグンミンしの方が好みだけど、このドラマに限っては、ソンジュンしキャラが素敵すぎて、うっとり~。
ナムグンミンしは今まで心優しい役ばかりのイメージだけど、今回、悪役ともいえる利己的な男子を演じたことで、演技の幅は広がったかも。この選択は成功だと思う。だって、本当に嫌な奴だもの、テユンって。ナムグンミンしのソフトなビジュアルで演じるからまだ鑑賞に堪えうるのよ。彼だから許される。

テユンはジュヨンがチュワンを同居させてるのが理解できない。嫉妬心というより、プライドと束縛欲から、ジュヨンに再三「奴を追い出せ」「いつ追い出すんだ」とせかす。
ジュヨンはテユンが冷酷な人間だとわかっていても、昔からの憧れの人にやっと振り向いてもらえたから、今はテユンの方を大事にしたい。
自分から積極的にぐいぐいジュヨンの心に踏み込んでくるチュワンのことはほおっておいても平気、とばかりに構わない。
テユンの気持ちに気づかせたのはチュワンだけど、テユンがいい男でもなく、ジュヨンを大切にしないと知った今は、ジュヨンを応援できない。不幸になるのをほっとけない。
「もうシンシンは僕のことが好きなはず。気づけよ。認めろよ」って言うんだけど、ジュヨンはまさかって否定。
シンシンはいつかきっと振り向いてくれるって、けなげに信じて尽くしてきたチュワンだけど、今度ばかりはジュヨンの愚かな選択に絶望。
追い出される前に自分から荷物をまとめて出ていく。

訪れた決別。そのとき泣いたり悲しんだりしないジュヨン。でも帰宅したら真っ先にチュワンの姿を探し、独り言も増え、幻聴が聞こえ、幻覚も見る。
こんなときチュワンがいてくれたらどう言うかな?仕事のミスでひどくテユンに叱られても、友達のことで相談してもチュワンならきっと違う答えを言うと思うジュヨン。

だんだんテユンとのデートもときめかず楽しくなくなってくる。はじめからわかっていたことだけど、かすかな不安を口にする。
「私を愛してる?」「好きだよ」「どこが?」「かわいいから」。そして努力しようと言うテユンにジュヨンは努力する愛なんて愛じゃないと思う。自然に心が震えるその人を求めるのが愛なのに。
セリョンとのときはどうだったかを聞くジュヨンに「あんな恋愛は二度としたくない。がむしゃらに愛して、愛しすぎて疲れた。」
セリョンが言ったとおりだった。「ジュヨンは気楽だから一緒にいるんでしょ?」
ジュヨンはもし本当に自分が大事なら正直に答えたりしないはずだと思う。そしてようやく思い知って目が覚める。
テユンは自分を愛してるわけじゃないんだ。

ジュヨンが求めていたのはチュワンの優しさ、厳しい忠告の裏にあるジュヨンへの愛。
チュワンは自分が情けないと恥じながらもジュヨンに会いに来る。ジュヨンが寂しがって自分を探してるのを期待していたチュワン。忘れようと思っても忘れらないと告白し、喧嘩してても幸せな自分が愚かだと自身をののしるチュワン。

ジュヨンは「いつも私は遅い。自分の気持ちに気づくのが遅すぎる。チュワンが先走ってると思っていたけど、私が遅すぎたんだわ」と気づく。
そして車を走らせ、ノックしたのは。
テユン部屋のドア。笑顔で迎えたテユンに「先輩は間違ってると思う。何も考えなくてもどうしようもなく好きなのが本当の愛だと思う。努力するものじゃない。私たち別れよう」と告げる。

次回はいよいよ最終回。
ジュヨンにはチュワンとのラブラブなハッピーエンドが待ってること間違いなしだけど、そうなると私が気になるのは。
結婚しない主義で子供嫌いなミンソクとなんと、妊娠してるのは双子ちゃんだと判明しても動じることなく、誕生を楽しみにしているミンジョン姉さんのこと。
ミンジョンのかっこいいこと。
険悪な仲でプライドが高い同士の、ジュヨンとセリョンをうまく仲直りさせたのはミンジョンの功績。
彼女が「土下座くらいなによ。こうすればいいのよ」って二人を叱るのよ。ジュヨンよりセリョンより素敵な女性だわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2014   0 comments   0 trackback
Category :ロマンスが必要3

ロマンスが必要3 11、12話

11話
愛するという言葉もなしでテユンのつきあおうという告白を受け入れたジュヨンをポミョワンは気楽に笑ったが胸の内は全く大丈夫でなかった。
一方ジュヨンとテユンは二人だけのあれやこれやある恋愛を始めるが、セリョンが二人の関係を邪魔するけれど...

12話
セリョンとテユンに傷ついているジュヨンをパーティ会場で無理に引っ張って出てきたワン恩主研にあなたがテユンに会うことが嫌いだと大声を張り上げる。
セルロプシャプの成功で常勝疾走するジュヨンを見て、テユンはジュヨンが後輩でも恋人としても感心で誇らしい。
一方、ワンは相変らずジュヨンのそばでジュヨンをウンウォナミョグニョがどんな姿を見せてもそばにいて約束するけれど...

・・・・いつもものわかりのいいジュワンが、とうとうジュヨンに心の内を激白。
「あいつは悪い奴だ。あいつにとられるのだけは嫌だ」。そうそう、テユンって卑劣でひどい男なのよ。
パーティーだかなんだか知らないけど、とにかくテユンとセリョンが恋人同士公認みたいなことになって、ジュヨンがじっと我慢してるのに、ジュワンが連れ出そうとすると「行くな」。さすがにひきとめるのね、と思ったら、恋人としてじゃなく上司として忠告。「仕事だから冷静に判断しろ。今抜けることは許されない」。
はぁ~!?だわよ。ジュヨンのこと本当に好きなの?ってセリョンじゃなくても聞きたくなるわ。
ジュヨンが傷ついたことより、ちっぽけな仕事の体面のほうが大事とはね。
愛されてないってこと丸わかりなのに、恋に夢中なジュヨンは、それでも会いにきてくれたテユンを許してしまうのよねー。
ジュヨンが「本当に私を好き?」と聞けば「好きだよ」とあっさり答えるし、あめとムチも大概にせい、って感じでしらけるわ。

いい子のジュワンは、ジュヨンの気持ちも考えずに自分の気持ちをおしつけようとしたことを反省。やっぱりテユンひとすじなジュヨンを助けることにするの。
だから行く先を聞く悪人テユンにあっさり教えちゃう。お人よしさん。
本当にジュヨンの幸せを考えてるからよね。いちばんジュヨンのこと大事にしてくれるのはジュワンなのに、おバカさんのジュヨンは気づかないのよ。
気づいたとしても、悪い奴ってわかってても気持ちが向いちゃうのが恋のままならぬところではあるんだけどね。

ジュワンと違って地球一周分くらいジュワンより心のせまいテユンは、ジュワンとジュヨンがじゃれあってジュワンがジュヨンを抱き上げた場面を見て凍りつく。
きまづい空気が漂う三人の空間。

それから最後の妊娠で出産を決心したミンジョンだけど、隣人のゆきずりの恋人、ミンソクの求愛を拒絶。
嫌いになったから会いたくないとまで言うの。それでもあきらめきれないミンソクはミンジョンの家に上り込み、そこで妊娠出産に関する資料を見ちゃうの。
しばらくしてから自分の子供をミンジョンが妊娠したと気づく。でもね、開口一番「結婚はできない」。自分が子供嫌いの父から受けたトラウマで自身も子供が好きになれないから、結婚生活に自信が持てないのよね。
ミンジョンも結婚してもらう気なんてないから、好きにすればいいってクールに答えるんだけど、一人になるとやっぱり辛くて号泣しちゃう。
セリョンより、ジュヨンより、かっこいいのはミンジョンかもね。
ミンジョンがどんな形でもいいから本人が納得する幸せをつかんでほしいと切に願うわ。


Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2014   0 comments   0 trackback
Category :ロマンスが必要3

ロマンスが必要3 9,10話

9話
ジュヨンはテユンのために泣いて寝ついて、ワンはそのようなジュヨンを見守る。
妊娠事実を知ることになったミンジョンは不安だということを感じることになって、ジュヨンはそのようなミンジョンの話を聞いてくれる。
ミンジョンの話を聞いてジュヨンは、ワンが自身のそばにきた後自身の周辺が変わっていることを感じる。
一方、ジュヨンは放送成功記念でテユンにデート申請をするけれど...

10話
ワンはジュヨンのセリョンに損傷を与えたいという話を聞いて、ジュヨンに帰ってきたのを初めて後悔したとし怒る。
一方、テユンが痛いのをジュヨンはワンが作ったスープを持ってテユンの家に訪ねて行って、二人が一緒にいるのを分からないセリョンもテユンの家に訪ねてきて三人は再びあうことになるけれど...

・・・・・いいなー、ワンみたいな彼氏一人ほしいわー。家事一切やって家で待ってくれてて、お弁当も持たせてくれて、好きな女子の恋も心のままにって後押ししてくれるなんて。しかもクリエイティブな仕事面でも成功してて。全女性の理想の王子様じゃない?
そのワンを裏切るような、ちょっと罪悪感を抱きながら、ジュヨンはテユンの「つきあおう」っていう言葉を受け入れちゃうのよね。
花束も指輪も愛してるの言葉もないテユンの告白、努力するっていうだけの正直な気持ちをきっとワンなら、そんなのやめとけって言うなって頭では思うんだけど、ジュヨンはうなずいちゃうの。
「私たち付き合いましょう」って。だって、ずっと心に秘めてきた気持ち、ワンが気づかせてくれてそのおかげで最近盛り上がってきたんだものね、そりゃ、憧れの人に告白されれば、いちもにもなくOKしちゃうわよね。
ジュヨンって純粋。テユンの前ではプライドもなくすのね。

「お前には何でも話せる気楽な相手だ」ってテユンに言われたジュヨン。今のジュヨンにはちっとも嬉しくない言葉。だから、テユンの部屋でセリョンと鉢合わせして、テユンがこれみよがしにジュヨンを引き寄せ、やり直したいって懇願するセリョンに見せつけるように「もう来るな」って冷たく突き放した時、また利用されたと傷ついたジュヨンはついに本音を吐きだすの。
「私だって女よ。最近そのことに気づいたの」って泣きながら帰っていった。
テユンはそれではじめてジュヨンがただのクールな仕事人間じゃない、生身の女性だって気づくのよ。
そして、愛してるとは言わず、努力するからつきあってみようって言うの。
失礼じゃない?でもジュヨンは喜ぶのよね。「愛してるっていう言葉より嬉しい」って。そうかしら?バカにされてると思うけど。
いつかはそのことに気づいてプライドを取り戻してほしいわ。

セリョンははじめテユンを取り戻すためワンと取引しようとするのよね。ワンにジュヨンを振り向かせてジュヨンをテユンに近づけないようにしようとする。でもワンはジュヨンがテユンを愛していてもかまわないっていうの。それで愛するジュヨンが幸せならって。なんて素敵なの?なんて大きな愛。
ここでセリョンも善悪に気づけばいいんだけど、ワンに協力してもらえないと知ると、ジュヨンに友情を押し付けてテユンに近づかないようにさせようと思う。
早速ジュヨンに「私たち友達よね」って強調、友情をちらつかせて利用する作戦に出る。ところがジュヨンもしたたか。
反対にセリョンが友達ごっこするのを利用しようとする。仕事上で協力して商品を完売させる二人。

ジュヨンはその成果をテユンに報告に行き、デートの約束を取り付ける。
ジュヨンはワンにデートのことを明かすと「セリョンをこらしめたい」って付け加える。ワンは「どっちの気持ちが先?先輩を好きな気持ち?セリョンをやっつけたい気持ち?」と聞く。両方だと答えるジュヨンに軽蔑したようにがっかりだと告げるワン。
ワンにそっぽを向かれると、今度は寂しくなってつきまといご機嫌をとるジュヨン。しようがないなと、ジュヨンのことはどうしても心から怒れず許してしまうワン。
ワンがジュヨンに食べさせようと作ったスープをジュヨンがテユンの元に持っていくのまでせがまれると許しちゃうんだもの。
でもジュヨンがテユンと本格的に付き合うことまで許せるかしら。

それから気になるほかの二組。ヒジェは司法試験に受かった彼氏に結局ふられちゃう。合格したことも知らされないまま。
そんなヒジェを心配していたわるウヨン。気分転換させようと、趣味のボーリングサークルに誘ってみたりして、自然に交際していくようね。
それにしてもよく気が付くウヨン。チームの三人の生理日まで把握。ちゃんとナプキンを用意してくれてる。ワンといいウヨンといい、こんな男子現実にいるかしら。

ただの妊娠じゃなく、早期閉経だから、これが出産の最後のチャンスだとおおいに悩むミンジョン。偶然マンションの隣に越してきた彼氏に妊娠を知らせないままだけど、かれしはミンジョンに夢中できちんと告白する用意をしている。
親も兄弟もいないミンジョンは不安で会社でも考え込む。本当は関心のないジュヨンなんだけど、ワンに諭され、ミンジョンの話を聞くうち、優しい気持ちが湧いてきたようで、「出産しても仕事はやめないでほしい。後ろ指指す人間には一緒に闘うから」って言ってあげるまでに成長。
ワンの影響力、教育の成果ってすごいわ。

ジュヨンにとって嬉しいことも悲しいことも打ち明けるワンがいなくてはならない必要な存在だってことは、ジュヨンも自覚してワンに告げるし、ワンはその言葉が嬉しいんだけど、それが男性として愛してるってことに早く気づいてね。


Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2014   0 comments   0 trackback
Category :ロマンスが必要3

ロマンスが必要3 5,6話

5話
アランがワンという事実を知ることになったジュヨンはワンが自身をもて遊んだと誤解して怒る。
だが、ワンもやはり真心を認められないジュヨンにさびしい心で...
ミンジョンはお隣りに引っ越してきたミンソクのために当惑する。
ミンジョンはミンソクとあわないためにあらゆる方法を全部使うが、それを分からないミンソクはなぞのお隣り女が心配するだけだ。
一方、テユンをまた会うことになったセリョンはもう一度テユンと始めたいとしテユンを捕まえるけれど...

6話
新鮮に朝を食べさせて送ろうと早くからサンドイッチを買って家に帰ってきたワンを待つのはテユンと一緒にいるジュヨンの姿だ。
ワンはテユンをとてもゆっくり対するジュヨンの姿に不安だ。
一方、各自の意見の相違を狭めることが出来なかったジュヨンとセリョン恩功洞プロジェクトの初放送を別に進めることに決める。
職員の嫉妬を一身に受けて、テユンの力で黄金時間帯編成を受けたジュヨンはどんなことがあっても初放送の成功を念を押すけれど...

・・・・・セリョンはテユンに未練たっぷりでよりを戻そうと言うけど、テユンは長年後輩として仕事を見守ってきたジュヨンに心惹かれてる感じ?
ジュワンが不細工なさつまいもだったと知って、一気に恋心が冷めたジュヨン。
ジュワンは恋に目がくらんで、過去の思い出を自分に都合がいいように美化してたのね。
ジュヨンがなぜジュワンを毛嫌いするのか、今回わかったわ。お金持ちのお坊ちゃまのジュワンを預かることで報酬を得ていたジュヨン家。
気を遣って面倒を見てきたジュヨンには嫌な思い出なのよね。きれいごととして語られるジュワンの思い出は実はジュヨンには辛いものばかりだった。腕白なジュワンに手をやいていたジュヨン。
そのジュヨンの気持ちを理解したことで一歩近づけたと思うジュワン。

ところがねー、ジュワンは悲しい事実に気づいちゃうのよね。
寝る暇も惜しんで自分が責任者のプロジェクトに賭けるジュヨン。帰宅して着替えだけすませてまた出かけるような生活を、ジュワンはゴハンを作ったり、ぐちゃぐちゃにあれた部屋を片付け花を飾ったり、献身的に支える。
その自信満々な企画が、見事に打ちのめされ、たったの2着しか売れず敗北するジュヨン。帰宅してひざを抱えて泣いているジュヨンを慰めようとわけを聞くジュワンだけど、ジュヨンは「今回の失敗は次回成功すれば取り戻せる、社内で笑いものになったことなんてどうでもいい、ヘリョンに負けたことも平気。だけど、あの人が笑わなかったの。いつも部屋を訪れると微笑みかけてくれたあの人が冷たかった。」とつぶやく。
ジュワンはジュヨンがジュヨン自身も気づかぬうちに、ずっとテユンを愛していたことに気づく。だから付き合ってきた男たちから別れを告げられてもすぐに立ち直っていたのだ。本当に好きだったのはテユンだったから。
どうか自分の気持ちに気づきませんように、と祈るジュワン。テユンの愛を心の底で求めているジュヨンをその気持ち事受け止め包み込もうとするジュワンの、この切ない願いのシーンが印象的だったわ。

そして今の彼氏とのみじめな恋にうんざりして離れたい、と相談したヒジェをウヨンは慰めるうちについキスしてしまい、新たなカップル誕生の予感。
お似合いの可愛いカップルだわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2014   0 comments   0 trackback
Category :ロマンスが必要3
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR