愛は歌に乗って 74~76話(最終回)

74話
ジンスンとドゥリムの祖母はジョンナムが移植手術を行うことを聞き、病院へ向かう。ジンスンは手術に同意したスイムに憤る。ジョンナムとヒョヌの手術が終わり、意識を取り戻したヒョヌに家族は喜ぶ。そしてヒョヌはジョンナムが臓器提供者だと知る。一方、医師はジョンナムの状態に関し、安心できる状態ではないと告げる。

75話
ヒョヌはジョンナムの病室へ行き、意識が戻らないジョンナムの手を強く握る。回復を願うヒョヌの気持ちが通じたのか、意識を取り戻すジョンナム。一方、ジヨンはソクテに22年前の罪を認めるよう言うが、ソクテは断固として拒否する。ボムジンはジョンナムの部屋で感謝の気持ちを伝えるが、それを聞いたジンスンは怒る。

76話
ヒョヌはアメリカへ旅立つ。ドゥリムは旅立つヒョヌのため空港へと向かうが結局、会えぬまま終わる。1年が経過し、セジュンとジョンジャの間に子供が生まれる。そして同時にスイムの妊娠が発覚する。そんな中、偶然にもドゥリムとヒョヌは再会を果たし、はじめて出会ったときと同じ状況で対面する。時間がたてば忘れられると自分に言い聞かせる2人。

・・・・・スイム父がヒョヌに移植をしたことで、ようやく人に対する感謝の気持ちに目覚めたヒョヌ一家。こんな事件がなければ、鼻持ちならないエリート意識の傲慢一族だったことでしょうね。スイム父の大きな愛で、目が覚めたってことかしら。
サンヒョン父はスイムの地道な捜査により、いよいよ正式に逮捕されたけど、収監されてなお、悪あがき。
お金でなんとかしようとサンヒョンに命令。さすがのサンヒョンもそんな父にあきれる。最後の最後にはなんだか急に人が変わり、心から反省、贖罪してたけど。
ヒョヌはドゥリム父が実父だと知り、ドゥリムを避けるように退院すると留学する。血のつながりがないとはいえ、因縁が何重にも深すぎるものね。心の整理をつけるつもり。
一年後、セジュンとジョンジャには無事赤ちゃん誕生。赤ちゃんを囲んで和やかなドゥリム一家。おまけにスイムついにご懐妊がわかり、喜びにわきたつテギョン、スイム両家。
ヒョヌは帰国。ドゥリムと初めての出会いのように自転車でぶつかって再会。二人とも忘れることなどできない相手。
今や劇団のスターとなったドゥリムの舞台の日、相手役が急病で倒れ、急きょヒョヌが代役で舞台に立つことになる。
両親も祖父母もキャスト全員がステージで歌い踊り、にぎやかでハッピーなエンディング。

スイム祖母の初恋相手がヒョヌ祖父だったとは。最後まで素敵で意外なハプニングが用意されていて、途中、ヒョヌの出生を巡りどろどろ気味になったものの、雰囲気は明るいドラマだったと思うわ。
主演二人の恋に一番興味なかったものの、はっきり結ばれなかったのはもやもやするわね。きっとうまくいくと空想して、一応のハッピーエンドってことで幕を閉じたとしておきましょう。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2014   0 comments   0 trackback
Category :愛は歌にのって

愛は歌に乗って 73話

ヒョヌを助けて欲しいとジョンナムに頭を下げ頼み込むボムジン。考えを改めたジョンナムは移植を決意しジュホのもとへ行く。事情を知らないコン家は臓器移植を決めたジョンナムを必死で止める。ジョンナムの元にソクテが現れ、詐欺の被害額を弁償する代わりに臓器提供を要請する。そんな中、ヒョヌの容体が急変する。

・・・・・そりゃあ、自分が提供しなかったせいで、人一人、それも知り合いが亡くなったとなったら、気持ちがいいもんじゃないわよね。一生後悔するし、自責の念にとりつかれたままでしょう。でも家族としたら複雑。
危険な手術を受けることになるんだし、相手が仇の家族だし。妻としては反対するのはあたりまえよね。
それにしても甥の臓器移植さえ、お金の取引にしようとするサンヒョン父は、ここまでくると人間のクズね。
ヒョヌ父もサンヒョン父の卑しさを思い知ったことでしょう。ヒョヌに提供してもらうときだけ、調子よくスイム父に頭を下げたわけじゃないでしょうね。
ヒョヌ母にもよく言って聞かせなさいよ。いまだにスイム父を馬鹿にしてののしるんだから。

セジュンはジョンジャを手伝いにスイム家に通うつもり。ソンフンたちにも自然に受け入れてもらえそう。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2014   4 comments   0 trackback
Category :愛は歌にのって

愛は歌に乗って 71,72話

71話
交通事故により重傷を負ったヒョヌは病院へ搬送される。一方、ジョンジャはセジュンと会い、妊娠を花束と共に祝福される。2人は仲を認めてもらうことを再度、試みようと決意。一夜明け、手術は無事成功したがヒョヌの意識は回復しないままであった。肝臓移植が必要とされ、生死に関わる状況であると医師より告げられる。

72話
ヒョヌに肝臓を提供できるのは生物学上の父親しかいないため、ボムジンは父親の捜索をジュホに依頼。一方、ジョンジャの妊娠を知ったジョンナムに呼び出されたセジュンは2人の仲を認めてほしいと頼む。ソクテは自分の全財産を会社に還元することに決める。そんな中、ジュホはジョンナムがヒョヌの父であることを知る。

・・・・・ヒョヌ一家への天罰は、ヒョヌの交通事故による意識不明の重体というかたちで下されたわね。それなのに、全く反省のない両親たち。ヒョヌに対しては、今までの冷酷すぎた態度を悔やんで、物言わぬヒョヌに謝るヒョヌ父だけど、ヒョヌがこうなったのは、スイム一家のせいだと逆恨み。
お見舞いに来るドゥリムや、スイム父に対して「あんたたちのせいで」とののしって侮辱。ヒョヌが事故にあったのはスイムには何の関係もないこと。酔っぱらったヒョヌ父をかばって車にひかれただけじゃないの!
でも言い返さないドゥリムたち。
それが、まさかの生物学的父親がスイム父だと知ったヒョヌ父は、恥も外聞もなく、とりすがって、肝臓移植を懇願。
手のひらを返した態度には、あきれて同情心などわかないわ。
サンヒョン父に至ってはスイム父が、精子提供した子供がヒョヌだと知って病室を訪れたことを知ると「金のためなら手段を選ばない奴だからな」と卑下。その舌の根も乾かぬうちに、過去の詐欺事件追及を回避するために、全財産を寄付すると発表しながら実はその受け皿の財団を作り、サンヒョンに管理させるとヒョヌ父に打ち明け、「世の中金が全てだ。金がなけらば何もできない」と自分こそ卑しい発言。
実際の話なら、もちろん肝臓提供をすべきだと思うけど、このドラマに限ってはヒョヌに好感を持っていないこともあり、ヒョヌ一家に思い知らせるために提供を断れば?って思っちゃうわ。

ジョンジャの妊娠を知って一度は逃げ出した情けないセジュンだけど、混乱した頭を整理するとやはり責任をとるしかないと思い直し、ジョンジャの元にかけつけ、子供を歓迎しようと告げる。ソンフンとジニのことも実子のように可愛がって育てると約束。
まずスイム父に頭を下げ、許しをもらおうと対面。スイム父は口では認めるとは言わないものの、見守ると答え実質的に許可。
テギョン父も同じ気持ちだけど、テギョン母は絶対に認められない。ジョンジャの元に怒鳴り込み、そのショックでジョンジャは出血してしまう。幸い胎児は助かったものの、頭に血の上ったセジュンは、姉が許せない。
自分の子をひどいめに合わせた姉に絶縁宣言をする。
ソンフンとジニにはまだ妊娠のことを告げていないけど、子供たちが傷つかないように事実を知ればいいと願うわ。

結局スイム父はヒョヌを助けることになるのだろうけど、ヒョヌ親は一生スイムたちに頭が上がらないことをわきまえてほしいわ。



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2014   0 comments   0 trackback
Category :愛は歌にのって

愛は歌に乗って 69、70話

69話
ソクテが逮捕され、動揺を隠し切れないパク一家。スイムが決め手となる証拠を提出したことを知り、ボムジンは彼女を呼び出す。一方、ミオクはセジュンとジョンジャがサウナに行ったことを知る。怒ったミオクはスイムにすぐ帰宅するよう伝えるが、スイムは実家から帰る途中で正体不明の男たちに連れ去られそうになる。

70話
ヒョヌはソクテに事実を告げ、22年前の真相を問いただす。しかし激怒したソクテはヒョヌを追い出し、サンヒョンはヒョヌを殴る。ソクテはボムジンを訪ね、ヒョヌの裏切り行為の責任を取るよう要求する。一方、セジュンとジョンジャはミオクに謝罪とあいさつをするためハン家を訪れるが、ジョンジャが突然吐き気を催す。

・・・・・せっかく逮捕されたのに、逃走の恐れなしということで、またも身柄釈放されてしまったサンヒョン父。検察に証拠資料を提出したスイムを逆恨み。逮捕の噂で会社の株価に大打撃を受けた仕返しに、スイムを拉致させようとするが、危機一髪、テギョンとドゥリムが通りかかって事なきを得る。
絶対にサンヒョン父の仕業だと激怒するスイム父たち。
ここにきても、まだサンヒョンをかばうヒョヌ母。スイムに資料を渡したのがヒョヌだとわかると、サンヒョンもサンヒョン父も「裏切者」だと責め立てる。ヒョヌ祖父は比較的常識的で「悪いことをしたから逮捕されたんじゃないのか」とサンヒョン父を追求するものの、ヒョヌは家族の中で浮いてしまう。
「身内なら悪いことをしてもかばえというのか」と兄であるサンヒョン父の味方をするヒョヌ母に、怒るヒョヌ父だけど、22年前の承認拒否の誤った判決を反省してない限り、えらそうなことは言えないわよ。身内に不利な証言をさせなかったんだから、サンヒョン父が「お前も同罪だ」と指摘した通り、サンヒョン父と同じ穴のむじな。

サンヒョン父は諮問会でのマスコミからの鋭い指摘を避けるかのように、議員になることを辞退。「それで終わったと思わないで。22年前の罪を認めて私たちに謝らない限り、許さない」とスイムはヒョヌに言うけど、あくまで父を信じる姿勢のヒョヌ。
だからヒョヌだってしょせん、サンヒョン父側の人間なのよ。

ジョンジャが妊娠しちゃったわ。家を追い出されてセジュンの部屋に住んでいたものね。セジュンは純情だと思っていたけど、やっぱり普通の大人の男だったわ。
それなのに、妊娠を告げられたときの反応ときたら。これで結婚は決定的、喜ぶかと思いきや、ショックを受けた表情で「考えをまとめてから来ます」って逃げちゃった。
それはないんじゃない?いくらあとでフォローしようと、ジョンジャは傷つくわよ。
つくづく情けないわね、セジュン。

Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2014   0 comments   0 trackback
Category :愛は歌にのって

愛は歌に乗って 68話

スイムは、ソクテが嫌疑不十分のために不起訴となり、解放されたとジョンナムに伝える。潔白であるとパク家に伝えに来るソクテ。恥をかかせた者たちを懲らしめると息巻く。スイムは1人で奮闘してきたが、結果を受けて弱気になっていた。ソクテからコン家を訴えるよう言われるヒョヌ。そんなヒョヌにとある人物が近づく。

・・・・・ヒョヌにサンヒョン父罪悪の証拠書類を渡した人物は誰なのか、ヒョヌはスイムに自分からとわからないよう匿名でその書類を託す。
テギョンもドゥリムもスイムもヒョヌが渡してくれたものと思うが、ヒョヌは否定。ともかく検察にスイムは提出する。
前回は嫌疑不十分で釈放されたサンヒョン父だが、その確固たる証拠で今度こそ逃れられず、また逮捕されてしまう。
大喜びのスイム一家。ドゥリムはでも、ヒョヌ家族のことも心配する。
悪いことをした人間を告発するのは当然のこと。ためらう気持ちもわからないではないけど、情に流される韓国らしいわ。
それにしてもヒョヌ父も卑劣な人間ね。父が逮捕された理由を調べてほしいとサンヒョンが懇願するのに、「何か犯したから捕まったんだろう」と、慰めも励ましもせず、調べようともせず逆ギレ。
政界進出をもくろむ自分の立場しか考えない。ヒョヌ一家には同情の余地もないわ。

セジュンとジョンジャ、ソンフンたちは一緒にサウナに行く。男同士背中を流しあって、また一段と距離が近づいたセジュンとソンフン。幸せなジョンジャだけど、ソンフン同級生の母親たちに見られ気まずいし、「お父さん?」と聞かれジナは「おじさんがどうしてお父さんなの?」と違和感を訴える。
本物の家族になるのは当分先よね。

妊活よりも今は、ドゥリム父の無実を晴らすことに一生懸命なスイムだけど、夜遅く帰ってくるスイムにはじめは腹を立てていたテギョン母も、少し態度が柔らかくなってきたわ。スイムのために食事を用意するテギョンにあきれながらも、あきらめたみたいね。息子夫婦が仲がいいのが一番ですものね。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2014   0 comments   0 trackback
Category :愛は歌にのって
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR