キレイな男 15、16話

とうとう終わっちゃったー。
退屈なシーンもあったけど、とにかく主演三人のビジュアルがきれいで可愛かったので、ずっと見ていたかったわ。
特にアイユちゃんに感心、感動。もともと声がいいし、少しハスキーな声が耳に心地よく響き、微妙なセリフ回しも上手だこと。
グンちゃん王子もイジャンウしも熱演だったけど、このドラマはなんといってもアイユちゃんの魅力でもってたわね。
大事な大事なボトンが第9番目の女性。じゃ、おおとり10番目は?と思っていたら、なんと実母ナホンランだった。強い女としてね。

ついにボトンへの気持ちに目覚め、愛を自覚したマテ。自分からボトンの元に近づきハグ。優しく甘くなったマテに長年の片思いが実った、とボトンは夢心地。
マテは焼き栗を買いに出かけたボトンを待つうちに、いろいろ回想し、そしてわかってしまった。ボトンこそが母が残した暗号であることを。思いが高まり愛おしさが募り、ボトンを抱きしめるマテ。マテはいよいよ決心して、ボトンにプロポーズするつもりで指輪まで用意。

ところが、マテを消し去りたいナホンランが、マテの唯一の弱点、恐れるもの、ボトン拉致攻撃をしかける。約束のレストランに現れなかったボトンは、ホンラン手下によっておびき出され、倉庫に閉じ込められる。
危機を救ったのはダビデ。情報屋の女が、ダビデにボトン拉致現場を教えたのだ。
助け出され入院したボトン。マテも駆けつけ、家族やダビデを返し、眠るボトンと二人きりになる。、目覚めたボトンに「すぐに警察に連絡しよう」と言うと、ううん、やめてと止めるボトンに、マテはすべてを悟る。実母の策略なのだと。指輪をはめようとするけれど、それは、これからのホンランによる迫害をボトンにも負わせる約束をする気がして、はめることができない。

ようやく母以外の愛が何か、わかったのに、自分が愛すれば、ボトンが傷つき苦しむことになると絶望するマテ。
マテと両想いになったボトンを祝福し身を引くべきなのに心が言うことを聞かず苦しいダビデ。
マテはダビデにボトンを託す決意をする。「俺以外の男は危険だと思ってたけど、俺が一番ボトンにとって危険だった。君がそばにいてくれ」

退院したボトンはマテの部屋に行くが、マテは表情ひとつかえず、徹底的にボトンを拒絶する。ボトンはマテの気持ちが手に取るようにわかり「嘘つかないで、私が苦しめられると思ってそんなこと言うのよね」と泣いてすがるが、マテの冷酷なまでに固い態度は崩れない。何を言っても聞き入れないボトンにマテは「頼むから俺の人生から消えろ」と言い放つ。
短い蜜月から急落したボトンは家で寝込んでしまう。
ボトンに元気になってほしいダビデは実家に通うが、面会拒否される。通い続け、強い気持ちでボトンを外に連れ出したダビデは改めて愛を告白。
マテを一生思い続けていいからそばにいてほしいと懇願。そんなの辛すぎる、とダビデの申し出を受け入れないボトンだけど、思いが高ぶったダビデはボトンを抱きしめる。
つき放す力もなく、されるがままのボトン。

マテを追放したいナホンランの悪巧みはボトン拉致だけではなかった。マテの新規契約ブランドを撤退させ、MGで買い取り、マテには虚偽の契約による株価操作の罪で検察に引っ張らせる。
マテの窮地に寄り添いたいのに、そばに行くことを禁じられているボトンは、涙ながらにダビデにマテのそばにいてと頼み込む。
「勝手だってわかってるけど」と泣きながらすがるボトンに、ダビデは暗号はボトンであることを教え「マテさんのお母さんの望みなんだよ。一生マテのそばにいてほしいのはボトンさんなんだ」と背中を押してやる。

釈放されたマテの部屋ではボトンが待っていた。「もう絶対に離れない」とマテにしがみつくボトン。マテも今度こそ覚悟を決める。
ダビデは兄であるムンスにボトンを紹介し、元女検事から知りえた闇ルートの情報をもとに、ムンスと交渉させる。
ユラの力を得て生まれ変わりいまや自信に満ちた経営者となったムンスは、ホンランの不正をただし、公式に謝罪、マテは嫌疑が晴れる。

はじめぎゃあぎゃあ子供たちを叱り飛ばすだけだった田舎者のボトン母がここにきて俄然活躍。
マテに「子供を捨てて苦しまない母親はいない。母親だってずっと後悔して苦しんできたはずだ」と優しく説得。
マテはこれで会うのが最後です、と一言言わせてくださいとホンランを訪ねる。
「生まれてきてすみませんでした。笑顔でいてください。お母さんは美しい人です」と感極まって泣きながらホンランに最後の挨拶をする。

ホンランは忌み嫌っていたはずのマテの意外な言葉にさすがに心が揺さぶられる。
「私は謝ったことがない。だって子供を捨てる以上の悪い罪なんてないもの。私を許さないで。許されたらみじめだから」と答えるホンラン。

そしてマテの元に「ごめんなさい」というホンランの言葉を添えた懐中時計が送られてくる。

一年後ホンランは引退。夫の介護に尽くす毎日。ボトン会社からマテはしりぞき、今やダビデとボトンが経営している。
マテは焼肉店を開業。ボトンは毎日通っている。ボトンに食べさせる焼肉に指輪を仕込んでいたマテ。
「ゆっくりかんで」と言うのにボトンは呑み込んでしまう。「あー、もう。せっかく指輪を入れてたのに。一年待ったのに」と騒ぐマテに「これでしょ?サンチュに包んであったわね」と笑顔で指輪を取り出すボトン。
二人の結婚を暗示して終わり、の大ハッピーエンド。
そういえばユラは、さも壮大な計画にマテを巻き込んだみたいに見えたけど、結局は娘を守りたいってことだけが目的だった。
よりを戻そうと言うムンスにいったん距離を置くため渡米。帰ってくるかわからないと言った割には一年後に戻ってきて経営していたカフェをより大きくしていた。
もったいぶらずに再婚すればいいじゃない。

ダビデにどんなに優しくされてもマテに一途なボトンと、ツンデレながら、最初からわりとボトンに優しくしてたマテがお似合いすぎて二人見てると幸せだったわ。
ダビデに現れた新しい恋の予感だけど、ボトン風でありながらお直し美女なので、ふさわしいかは大いに疑問。
もすこしボトンに近い愛らしい子を出してほしかったのが、最後の難点かなー。
私は原作を読んでいないので、満足だけど、なんでも本当はマテは最後のぎりぎりまでユラを愛してたらしい。
そんな展開じゃなくて本当によかったわ。




スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2014   0 comments   0 trackback
Category :キレイな男

キレイな男 13,14話

申し訳ないけど(^_^;)
マテの出生の秘密は、確かに衝撃的なんだけど、どうにも私には退屈。MGグループ関係の人物登場シーンも、緊張感はあるものの、つまらいないのよ。

それより明かされた「暗号」。これまで全く興味なかったけど、暗号がボトンだったなんて。俄然暗号が意味を持ち始めたわ。

そして!
トッコマテは愛してやまなかった母の裏切りともいえる秘密を知ったことで、自身の信じていたものが根底から崩れ、自分にとって唯一無二の大切な不変の愛は、ボトンだったということに気づいたのよね。
これまでペットのように気まぐれに可愛がっていたボトンが、マテに途方もない大きな存在になっていたの。
自分自身をもはぐらかしてきた、ボトンへの気持ちをいやというほど思い知ったマテは、ついにボトン自身に偽りのない愛情を包み隠さず向き合うことにしたのね。

マテが振り向いたことでダビデの失恋は決定的。望みがなくなって、可愛そうだけど。ボトンは幸せだからしかたないわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2014   2 comments   0 trackback
Category :キレイな男

キレイな男 11,12話

ギジのコネを利用してなんとかパーティーにもぐりこんだマテだったけど、父との感動の対面の場面で、これまでの派手な女性関係を暴露され、とんだ恥をかいてしまう。
マテ母の名前を告げても無反応の父。マテは自己嫌悪に陥る。

筋金入りのたかびーお嬢様のギジだけど、思ったよりすることはゆるかったわね。
ギジのメインイベントは、公衆の面前でマテに自分の足にキスするよう命じたこと。
マテは戸惑い茫然と立ち尽くす。そこに、ボトンが突撃。マテを侮辱したギジを平手打ち。
即刻とらえられ、留置場に入れられてしまう。つきそうダビデ。
留置場の鉄格子のむこうとこっちで、手をとりあって、見つめあう二人が最高。
「何か温かい上着をとってくるよ」と離れるダビデをつなぎとめるボトン。「いや、行かないでここにいて。こわいの~」

ダビデははじめての頼みだといい、自身の後ろ盾を使ってボトンを釈放させようとする。
一方のマテはダビデに「これからボトンさんは僕が守る」と宣言され、ギジの元に行き、交際することを交換条件に、ボトンの釈放を要求。
ギジの力でボトンは無事釈放される。

ボトンがマテからもらった古い懐中時計。同じものを鉄の女、当面のマテとユラの敵、ホンランも持っている。
どういうこと?
ホンランがアメリカ時代に産んだ息子って、ひょっとしてマテ?

マテと父の再会のために必要だという暗号、にはほとんど興味なし、心動かされないわー。
ボトンは暗号を手に入れるためにユラの前にひざまづき、ダビデはボトンにそんな真似をさせたくないので、ユラと取引をする。
ダビデの一生を捨ててもボトンを守るつもり。それは、隠し子としてではなく、表に出ること。
早速株主総会に出席。ユラ夫の解任を否決に導く。
ダビデが夫の隠し子だと知るホンラン。会長はホンランと結婚するためにダビデ母子を捨てたのだと正直に打ち明ける。

おさまりかえってる、この会長が悪いんじゃないの。すべての罪はこの親父にあり!(-"-)

もっと派手にふりまわしてくれるかと思ったけど、案外おとなしかったギジにかわって、今度の新しい指南女性は。
がちがちに堅物の有能な検事。SSホームショッピングと引き換えに、贈収賄で告訴されそうなギジ父に検事を攻略するよう、命じられたマテ。

ところがこのイギム検事は一筋縄ではいかない。今まで一番手ごわい相手かも。そしてマテのことを知っているらしい。
「あなたは会長の庶子じゃないわよ」と一人つぶやく。

会社存続のため、マテのidentityのためとはいえ、次々に新たな女性と関わっていくマテを、理解するものの、見守るボトンは辛いわね。
ダビデがそばで慰めいやしてくれるとはいえ。でもマテが一番大切にしてる女の子はいつもボトンだから、ボトンはまだ幸せかも。
一番切ないのは、いつもダビデよね。ダビデの気持ちに沿えないボトンが同情するくらいだもの。自分のために身を犠牲にしてくれるダビデに泣いて謝るくらいだもの。
でも気持ちはどうにもならないわよね。
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2014   0 comments   0 trackback
Category :キレイな男

キレイな男 9,10話

ボトンが意を決し、ラジオを通じてマテに愛の告白をしようとしていた、まさにその時、授賞式でミョミが衝撃の告白。
スキャンダルの相手トッコマテに「愛しています」と告げ、さらに10年前に息子を産んでいたと発表。マスコミ騒然。
ダビデはボトンの告白を遮る。なんで邪魔するのかと怒るボトンに「僕がたまらない」と言い、ネットが大騒ぎになっていると示唆。
ボトンが調べてみるとミョミの告白が検索一位に上がっていたので、それでダビデが止めてくれたのだと理解する。
「私をみじめにしないように」。

マテはボトンの元に勢い込んで駆けつけ「なんであんな馬鹿な告白したんだ。俺は大スターから告白される男だぞ」と威張る。ボトンはしょんぼりしたまま「なら、なんで私のところなんかに来たんです?ミョミさんのところに行けばいいでしょう」と図らずもマテをドキッとさせる返答。
マテは慌てて重要書類を取りにきたと言い訳。なんでもないメモ用紙だけど?というボトンの冷静な言葉に「これがいるんだよ」と怒ってごまかす。

ダビデはクリスマスイブに野外ライブをするので、来てほしいとボトンを誘う。そこで僕がボトンさんに困っているわけを話すと言う。
予定もないので、別にいいですよと軽く約束するボトンだけど。

マテはボトンが憧れの目で見つめたショーウインドウに飾られた妖精のような真っ白なドレスを買い、ボトンにイブの夜レストランに来るように誘う。
一瞬喜ぶボトンだけど、それはダビデとの約束の夜。マテにそのことを告げ、どうしようと迷う気持ちを正直に告げる。
ボトンの言うことなど聞かないマテは強引に来るよう命令。

ボトンが自分とマテの間で困っていると悟ったダビデは、めったにないチャンスだから、マテさんの方に行けばいいと背中を押してあげる。
困っているボトンを助けてあげたい一心で、負担を減らそうと自分はあきらめるつもり。

だけど、ボトンが選んだのは、先に約束していたダビデのライブ。ダビデは自分のボトンへの気持ちをつづった歌を思いを込めて歌う。
そのあと、ボトンへの愛を正直に告白。
ずっと不眠症だったダビデは、ボトンに一目ぼれ、その夜から眠れるようになり、笑えるようになったのだ。
ボトンがマテを一途に好きなことは承知しているが、そのボトンを愛していくと言うダビデ。
ボトンは片思いがどんなに辛いかわかっているので、ダビデに同情。「辛いことなのに」とつぶやくが、ダビデは「それでもいい。社長のことで辛い時、もし僕を思いだしたらそのとき、振り向いてくれるだけでいい。誰かを見つめて生きるのは、下を向いて生きるよりずっと幸せなことだから」と静かに微笑む。

レストランで待ちぼうけだったマテはボトンをダビデ家の前で待ち伏せ。二人帰ってきたところで、「俺の部屋に住まわせてやるから来い。それが望みだっただろう?」とボトンの腕を強引につかむと車に乗せようとする。
ひきとめるダビデ。
2人に腕を引っ張られたボトンは、「私が住むところは自分で決める」と告げ、マテと話をするからと、ダビデを先に帰す。
部屋に連れて入ったマテだが、ボトンは「私がどこに住もうが、なんで気にするのか」と抗議。そのまま出ていく。

結局イブは実家のお店に帰り、親子三人でクリスマスケーキを食べる。

家に戻ってきたボトンに、ダビデは、家の中に住まず庭にテントを張って暮らす理由を話す。愛人だった母は父を待ち続けうつ病になり、お酒を手放せず、お酒と薬のせいで亡くなったのだった。自分は母を愛していたのに、母は父だけを見つめていた、そんな悲しい過去があるから家に入れないのだと語るダビデ。
ボトンは、ダビデに母親の愛を信じてほしくて、勝手にテントをかたずけ、部屋で寝るようにお願いする。
最初は嫌がったがボトンに「オッパ」と言われ喜んでつい部屋に着いてはいるダビデ。
ボトンは「お母さんはダビデさんへの愛が足りなかったんじゃなくて、お父さんのことを愛しすぎてたんですよ」と優しく慰める。

ボトンは偶然、ユラとマテの会話からマテがMGグループの会長の息子だと知る。衝撃を受けるボトン。自分なんかますます相手にされるわけがないとひどく落ち込み、会社も休んでしまう。
ダビデがボトンの欠勤を告げると、マテは当然のようにボトンのもとにお見舞いに行こうとする。でもそのマテにダビデは「ボトンさんを愛しているのか。いいかげんな気持ちでふりまわすのはやめろ」と忠告。
マテは自分でも整理のつかないボトンへの気持ちをありのままに話す。「それが愛かはわからないが、気になるんだ。おいしいものを食べても、綺麗な場所に行っても、彼女を思い出す」。
しかしダビデはそれでは愛が足りないと言い放つ。

MGよりももっと大手の企業、SSグループのわがまま令嬢キジに目をつけられたマテ。人形のようにお金で買われようとするが、お金をつき返し、もっと別のものがほしいというマテ。
「SSの後ろ盾がほしい」と告げる。

鉄の女ホンラン副社長の陰謀によって、MGパーティーに出席できなくなりそうだったマテはキジの力を借りパートナーとして無事パーティーに出席。ようやく父である会長の前に出ることができたが、もう一人意外な人物がパーティーに出席していた。
それは同じく会長の隠し子、ダビデだった。

・・・・・今回もまたユラやミョミなど大人の女性のシーンはどうでもよかったので本気で見てなかったんだけど、マテとダビデとボトンのやりとりが面白すぎ。ダビデの心理描写が深く描かれていて、なかなか比重が重く、見応えのあるキャラです。
ボトンの優しさも出てたわね。マテがなんだか知らないけど、ダビデとボトンにやたら嫉妬するのもおかしい。
ところでダビデは副社長ホンランの隠し子だと思っていたけど、違ったわね。マテと腹違いの兄弟ってことになるのね。
ユラが尋ね歩いてた人達は、ホンランを揺さぶる材料になるのかしら。

今までマテが関わってきた人生の師匠たちには興味なかったけど、今回のキジ、後ろ盾のある女、は強烈な印象。
996906.jpg
これまでの女性たちがかすむほど、超一流、本物の財閥ご令嬢ぶり。俄然、マテとの絡みにも興味津々。
演じるキムボラちゃん、大きくなったわねーという感慨とともに、子役から鍛えられた演技力は下手なお姉さん女優たちよりしっかりしてるから、おおいに見ごたえあり。

出演ドラマ [キム・ボラ]
ドラマ名 役名 説明
ジャングル・フィッシュ2 ユン・ゴンジ プンリム高2年、ネット小説家
ヴァンパイア検事 イ・ヨンジ テヨンの義妹
キレイな男 クィジ 財閥の一人娘
妻の復讐~騙されて棄てられて~ ハ・ユミ スネ夫婦の娘
主君の太陽 ハ・ユジン 小心な女子高生
キムチ・チーズ・スマイル ヨンジの少女時代  
スキャンダル!新良妻賢母 グッキの少女時代  
冬鳥 ヨンウンの少女時代  
ロイヤルファミリー インスクの少女時代  
女の香り ヨンジェの少女時代  
いとしのソヨン ヨニの少女時代  

などなど、見覚えあるでしょう?
キレイなまま大きくなってくれて感激。
このまま大女優への道を歩んでほしいわ。

このドラマ、本国では視聴率は伸び悩んだらしいけど、なかなかどうして、私はかなり面白いわ。今視聴中のKNTVの中では今のところ一番かも。
これからも楽しみ~♪
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2014   0 comments   0 trackback
Category :キレイな男

キレイな男 7,8話

録画設定の誤りで、5,6話が録画できず見てないんですけど、まあ、見てなくてもさほど困らない、もったいなくないくらいの展開。
そもそもユラは自分を追い出した元姑への復讐と、娘ユラの地位の安定を望んでいるのでしょう。それをなぜマテを利用するのかよくわからない。自分は手を汚さずに、元舅の隠し子であるマテに復讐の一端を担わせるつもりなの?
まあ、マテはユラの指示通り、次々にいろんな力を持つ女性に近づき、攻略して、人生勉強を積んでいってるんだけど。
ピンチに陥ったマテがパニックになるたび、ユラに電話してアドバイスを求めるんだけど、ユラは具体的には何も言わないのね。
謎かけのようなことばかり。本当にマテに協力してもらいたいなら、もっと積極的にアドバイスすればいいんじゃないの?
なんでもったいぶってるの。大量の靴下をなんとかしなさいって、おしつけたり。ユラは一体何がしたいのかよくわからないわ。

という実に不可解な側面もありながら、とにかくおバカでマテ一筋のボトンが可愛いのよね~。
そんなマテが大好きなダビデも可愛い。ボトンがマテにふりまわされてるのを、ハラハラして見守りつつ、ときどき小さくやきもち。
ダビデのことをマテは「もう一人バカな奴が来た」と思ってるし、ダビデはいついかなるときも自分のペースを崩さないマテのことを「キャラが一貫してる」とある意味感心してる。
このキラキラ輝くイケメン二人の掛け合いも面白い。

マテはボトンが傷つくのは嫌なのよね。知らず知らずにマテに心配されたり守られたりしてることをボトンが全く気付いてないのが、もったいないわ。
ボトンがいよいよラジオを通じてマテに告白するのを、寸でのところで止めたダビデ。
ボトンにダビデの真剣な気持ちは伝わるかしら。

ストーリー的にさまざまな女性が登場してマテときわどい駆け引きを繰り広げるけど、そっちには全く興味をそそられない。
とにかくマテとボトンとダビデの関係が気になるだけ。ボトン中心に見ていくわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2014   0 comments   0 trackback
Category :キレイな男
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR