天使の罠 101~103話(最終回)

101話
ソニュ(ユン・ソイ)はこっそりと撮影したテジョンの映像を会長就任式の時公開して警察と共に押しかける。 姉さんの復讐を終わらせたソニュはジソク(クォン・ユル)そばを離れることに決心して二人共に仕事をしたレストランで最後の出会いを持つことにするけれど......

102話
テジョン(パク・ジョンチョル)は自身の罪を悔いられないまま警察署で逃走をして何も分からないままジニュの納骨堂を探したソニュにヒョンスの車(茶)を利用して脅迫的に突進をするけれど......

103話(最終話)
ジソクはジュリアとともにアメリカに発つために空港に到着してソニュは自身の真心を告白するためにジソクを探して空港をさ迷う。 警察に追われたテジョンは結局崖っぷちに集まってその瞬間ジニュがテジョンを訪ねてくるけれど......

・・・・・今週、一回で終わりかと思いきや、テジョンの悪あがき、往生際の悪さ、最後の最後までの粘りのせいで、なんと三話もひっぱったわ(笑)
自分の罪を全然反省も後悔もしない図太さ。ソニュを逆恨みして、ソニュを殺して自分も命を絶つ覚悟で、ソニュを車で狙う。
テジョンの警察から検察への移送のすきをついて脱走とのニュースを見たジソクは、別れていたものの、ソニュの元に駆けつけ、危機一髪のところで暴走車からソニュを守る。と、寸でのところで車の前に立ちはだかったのは、テジョンの別れの言葉を受けたテジョン母。
なんとテジョンは実の母をはねとばしてしまう。慌てて飛び降り、母に呼びかけるものの、パトカーの音がすると、瀕死の母をその場に捨てて、自分一人逃げ出してしまう。とことん卑劣な男。
これ以上、犯罪を重ねないようにとの母の愛でも悔い改めることがなかったテジョンを、最後の最後で改心させたのは、愛情深きジニュの幻だった。
自分を見殺しにしたテジョンが崖から飛び降りようとした刹那、ジニュの幻影が現れ、テジョンを恨むでもなく、説得するでも諭すでもなく、ただ、優しく包み込む。
今更ながらジニュの広くて大きな愛が身に染みたテジョンは追いかけてきたソニュ率いる刑事に、ついに投降、自首する。

我が息子に見殺しに去れたテジョン母は、その現実を受け入れられないあまりか、記憶を失ってテジョンが小学生のころに戻ってしまう。母の姿に後悔の涙を流すテジョン。

ソニュは姉の遺影に復讐を誓ったとき、同時に約束したこと「決して誰も愛さず、幸せにならない」を守り通すため、心を鬼にしてジソクに別れを告げる。
ジソクはソニュの気持ちを汲むが、最後にひとつだけ「本当に利用しただけだったのか。ほかの感情はなかったのか」と勇気を出して尋ねる。「ええ、そうよ」と冷たく答えるソニュに「最後まで聞きたい答えは言ってくれないんだね」と寂しく自嘲するジソク。

ジソク母、ジヒでさえ、ジソクとソニュがよりを戻すことを願うのに、引き留めるジヒの言葉もきかず、ソニュはサランを連れて家を出る。
ジソク母はソニュに一緒に渡米しようとチケットを渡し、誘うが、ソニュは拒否。いよいよ出発が近づいた瞬間、空港に現れたソニュ。「愛してる、愛してます」と心からの言葉をジソクにかける。ジソクはソニュを抱きしめ「僕が聞きたかった言葉だ」とほっとした顔で微笑むが、でもソニュが同行しないことはわかっていた。ソニュは「もし、またであって、そのときあなたに私が必要だったら、私たち、そこからはじめましょう」 とだけ約束して去っていく。

一年後、ジソク叔父のお店が開店、いつのまにか、バンスンママと結婚することになっていた。ジヒ母は、自分を騙してジソクを憎ませた祖母が許せず、家を出ていたが、和解、戻ってくることにしたらしい。
ソニュは施設の子供たちを、ジソクとの思い出の場所で遊ばせていた。そこに一年ぶりに帰国したジソクが訪れ、感動の再会。
ソニュは約束通り「私が必要ですか?」と聞いてみる。「ああ、必要だ」と答えるジソク。微笑み合う二人。
で、終了ーー、じゃないでしょうが!?
なに?あの最後の二人の距離感。ささやきくらいじゃ聞こえないくらい離れて向かい合って。
最後は暖かな抱擁でしょーが!!なんかー、最後までしっくりこなかったのよね、実はソニュとジソクの絵。
特に、ジソクがソニュの復讐を知ってから表情が硬くなり、冷たい風が2人の間に吹き始め、それが最後まで続いてた感じ。ベストカップルとは言い難い(-_-;)それがあの距離だったのかなー。

途中まででれでれなジソクがとってもかわいかったのに、残念な終わりだった。それにひそかに応援していた、ギジンとテミのカップルってどうなったの?楽しみにしてたのに。
ちょっと物足りないラストだったけど、私にはクォンユルしの再発見ドラマだったので見てきた意義はあったわ。
これからのユルしの活躍を祈って、感想を終わります。




スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2014   2 comments   0 trackback
Category :天使の罠

天使の罠 97~100話

97話
ジュリア代表(キム・ソラ)がジソク(クォン・ユル)の存在を意識し始めるとすぐに不安になったテジョンはジソクが持っていた羅針盤を盗んだ後ジュリア(キム・ソラ)に息子ジョンウはかなり以前死んだと嘘をつく。 この事実を知ったコン会長(チョン・ヨンスク)はテジョンに対する怒りをこらえることができなくて思わず倒れてしまうけれど...... ソニュ(ユン・ソイ)はテジョンを防いでみようとする最後の手段で病院にあるヒョンスを訪ねて行くことになって、そこでジニュの事故当日日済州島(チェジュド)で開かれた古稀宴出席DVD受けることになる。 アリバイがなくなったテジョンをもう一度告訴..

98話
臨時株主総会で会長で推戴受けたテジョン(パク・ジョンチョル)はソニュ(ユン・ソイ)とジヒ(ムンポリョン))に各各職位から退く準備をしなさい話して。 ジソク(クォン・ユル)とジュリア(キム・ソラ)つけることの母子(帽子)のヨンを隠すためにジュリアの出国を急いで進行させる。 一方家の前でパク老人に会ったソニュはジソクの生母に対する消息を聞いてジュリア代表に会うために空港に走って行くけれど...... ..

99話
昏睡状態から目覚めたコン会長(チョン・ヨンスク)はジソク(クォン・ユル)にその間話せなかった出生の秘密を打ち明けてお母さん(キム・ソラ)に会うとし空港に送る。 一方すべての家族前で秘密に隠してきたジソクの出生とヨット事故(思考)の転末を告白して参会(懺悔)の涙を流すコン会長. ソニュをはじめすべての家族は最後まで偽りにすべてのこれを疲れさしたテジョン(パク・ジョンチョル)に複数を念を押すけれど...... ..

100話
ソニュ(ユン・ソイ)とギジンはジニュ(イ・セウン)を似ていた空がソニュが養子にしようとしていた赤ん坊)ママの助けを受けてテジョン(パク・ジョンチョル)に接近をする。 自身の周辺をぐるぐる回る真油の姿に極度の不安感を感じたテジョンは最後の事故(思考)場所を探して、自身も知らないうちに一年の事件を懺悔をするようにジニュの死をもう一度十分にかんでみる。 いよいよ会長就任式の単相に立つテジョンとその姿を眺めて意味深長な微笑を浮かぶソニュの顔で...... ..

・・・・・今回で終わりかと思っていたけど、違ったわ。次回分ね。ここまで長く見てきたので、終わってしまうと寂しいものがあるから、お別れが一週延びて良かったー。
今回4話は特にまた超スピード展開。目が離せなくt面白かったわ。

祖母が会長職から解かれ、テジョンが会長になるのを阻止するため、ソニュとギジンはテジョン殺人犯の証拠を必死で探す。ヒョンスの断片的な証言からギジンが推理。事故当日ヒョンスとギジンが一緒にいなかったことを突き止め、警察に訴えるものの、テジョンはヒョンスが自分のために勝手にウソを言ったことだと巧みに言い逃れし、ジュリアによって呼ばれた弁護士の口添えもありすぐに解放されてしまう。
株主総会の日、結局テジョンが会長に指名される。ジュリアにテジョンの正体を告げるものの、相手にされなかったジソクはがっくりとうなだれ、ソニュは、まだ自分を許していないジソクを抱きしめ「何もできないけど、傍にいることは忘れないで」と優しく慰める。なすがままで茫然をするジソク。

ソニュは偶然に祖母と結託していた老人と出会い、老人の言葉からジソクがジュリア代表の子供だと確信。
自身の嘘がばれる前にジュリアに退場してほしいテジョンの策略により、アメリカに帰るため空港に向かったジュリアを追うソニュ。間に合わなかったかと思われたそのとき、羅針盤でつながるジソクのことが気になり、帰国を取りやめたジュリアがソニュの前に姿を現す。

ジソクが自分の子供だとソニュから聞いて驚愕していたちょうどその時、ようやく目覚めた祖母からジュリアが実母だと聞いたジソクも空港に急いでいたが、病院にソニュがジュリアを伴ってやってくる。
感激の面持ちでジソクを抱きしめるジュリア。ジソクは今のいままで憎しみ合うかのように、啖呵を切り合っていた相手が実母だとわかり実感がわかない。
どうしたらいいのかわからないジソクに、ソニュは心のままに、心に真っ先に浮かぶ人のそばに寄り添えばいい、と教えてあげる、

許しをこい、縁を切られる覚悟の祖母に、今まで育ててもらった感謝の気持ちを告げ、自分は祖母の孫だといい祖母を抱きしめるジソク。
ジュリアはヨット火災を祖母がわざと起こしたのだと思っていたが、誤解だということを信じるようになり今まで愛情を込めてジソクを育ててくれたことを、元乳母である会長に感謝しお礼を言う。

祖母は家族に過去の真実を述懐。激怒したのはジヒ母。ずっとジソクを夫の浮気の子供だと信じさせられていたことで、祖母に怒りを向ける。
ジソクにも冷酷な仕打ちをして合す顔がないと思うアランだが、ジソクの方から気遣い歩み寄る。

ジヒもまたすべての悪事の根源はソニュではなくテジョンにあると理解。ソニュと協力してテジョンに復讐することにする。
ソニュは一度は姉の子供だと思いひきとるつもりだった赤ん坊の母親に対面する。その母親は亡き姉ジニュに瓜二つで驚くが、事情を説明してテジョンを追い詰めることに協力してもらうことにする。
ジニュの亡霊のように、テジョンにつきまとう赤ちゃんの母。ソニュの狙い通り、テジョンは恐怖と罪の意識から自分の仕業を告白してしまう。「お前を見殺しにした。病院に連れていけば助かったが、そうするわけにはいかなかった。貧しい暮らしは二度とごめんだったから」。事故現場で半狂乱になるテジョンの姿をビデオに収めたソニュとギジン。

我が子ジョンウはすでに亡くなったとテジョンにウソをつかれ騙されたと知ったジュリアだが、会長就任式までそのことをテジョンには問い詰めない。すべては満を持して、会長就任式に暴露するつもりだ。

ジソクも無表情のまま、姉の死の真実を知ってショックを受けたソニュの帰りを待ち、そっと抱きしめる。「いくらでも泣いたらいい。胸を貸してやる」と冷たい口調でも思いやりを見せるジソク。ソニュはジソクの胸で無念の涙を流す。

皆の気持ちが一致団結してテジョンを追い込むことに決めた会長就任式。意気揚々とこの日を迎えたテジョンの挨拶の途中で、テジョンの狂乱状態の自白ビデオが流される。
そしてソニュが刑事を伴って登場。「瀕死の人を見殺しにして捨てていくのも殺人罪にあたるのよ」とテジョンを睨み付け、きっぱりと告げるソニュ。

地味ながらギジンとテジョン妹がどうなるのか、バンスンママと叔父様の恋もどこまで進むのか、気になるエピソードもありながら、いよいよ終わるのね。
ジソクの暖かな笑顔再び、ソニュに向けてほしいわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2014   0 comments   0 trackback
Category :天使の罠

天使の罠 93~

93話
借名株式の大株主であることを明らかにしたチュルリアキム(キム・ソラ)はコン会長(チョン・ヨンスク)とジソク(クォン・ユル)に代理人テジョン(パク・ジョンチョル)を紹介させる。
ソニュ(ユン・ソイ)はジヒ(ムンポリョン))に子供を回してほしいともう一度懇請してこの対話を聞くことになったアラン(キム・チョン)はソニュを家で追い出すが、、、、、、

94話
パク老人を捜し出したテジョン(パク・ジョンチョル)はジソク(クォン・ユル)の出生の秘密を聞くことになってコン会長が過去ジュリアつけるということとジソクの乳母だったとの事実を知ることになる。
一方サランを家に連れてきたソニュはアランにジソクを助けた後子供と一緒に離れることを約束する。 ジュリアつけるということは放漫経営を案件で株主に会ってコン会長の解任案を議論しようとするけれど....

95話
テジョン(パク・ジョンチョル)はジュリア(キム・ソラ)つけるということがジソクの羅針盤を忘れないとジソクの事務室にこっそりと入ってきて羅針盤を盗んで出す。
テジョンはジュリア エーゲ盗んだ羅針盤を見せてパク老人エーゲ聞いたジョンウとコン会長の関係を全部隠したままジョンウはかなり以前死んだ子供と偽りをする。
悲しみに陥るジュリアそのそばを守るテジョンの姿で......

96話
コン会長(チョン・ヨンスク)はロジャーアンドつけることの代表ジュリアつける(キム・ソラ)に会うためにレジデンスを訪問する。 そこでジソクの生母であり自身が動かされた主人の家子供種がジュリアつけるということという事実を知って衝撃を受けることになる。

ジュリアつけるということは自身と夫そして息子政友が死んだヨット社とはコン会長とパク老人が財産を着服するために整えたことだと考えてコン会長を問責する。 ひざまずいて許しを請う公会場の前にジソク(クォン・ユル)が現れるけれど......

・・・・・まだソニュに冷たいジソク。再び心を閉ざし、笑顔封印。それも素敵だけど、またもとのように甘い王子に戻ってほしいわ。
おばあ様もソニュに「今はあなたに心を閉ざしてるけど、ジソクが一番信用してるのはあなたよ」と励ますのよね。

ジソク実母、ジュリアさんは、おばあ様が乳母時代に、わざとヨットで火災を起こし、全財産を奪ったと思ってるみたいだけど、おばあ様はそこまで悪人だとは思えないわ。
火災に驚いて、ジソクを助けだしたんじゃないかしら。でも、今の会社を興すために財産を使ったのは事実よね。
ジュリアさんは、まさか、ジソクが我が息子ジョンウだとは思わないのかしら。年頃も一緒だし、財産を奪った乳母なら息子も連れて逃げたとは考えないのかなー。

そして真実を知るのはいつも悪者。今回もテジョンが真っ先に真実にたどりつき、まさか自分が息子ですとは言えないから、親子の証明になる羅針盤をジソクから盗んで隠し持ち、ジュリアに「彼とは友達だった。彼は死んだ」と大嘘をつく。
テジョンがどんな悪人か調べ上げてるはずのジュリアなのに、そこは信用するのね。
祖母会長がいくら「息子さんは生きてます」と言ったって信用しない。
そこでその息子こそジソクだということを明かそうと、ジュリアに会うことにしたのに、約束の場所に現れたのは、テジョン。
言い争ううち、おばあ様は倒れちゃったわ。

ジソクがジュリアの息子だとわかれば、会社は救われると思うおばあ様だけど、そううまくいくかしら。おばあ様への疑いがとけ、罪を許すまでには時間がかかりそう。
でも今度視聴分で最終回を迎えるのよね。
ソニュとジソクの仲直り、そしてジソク叔父とソニュ叔母妹の恋の結末がどうなるのか、楽しみ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2014   0 comments   0 trackback
Category :天使の罠

天使の罠 89~92話

89話
奈落に落ちたテジョン(パク・ジョンチョル)の前にロジャー、アンつけることの代表ジュリアが現れて手を差し出す。 エル食品を買収しようとする計画を持つジュリアは、テジョンの憎悪心と秘密資金帳簿を利用するためにテジョンにエル食品経営権と自身の代理人職を提案する。
ソニュ(ユン・ソイ)とテジョンの関係に疑問を抱いたジソクが母方のおじプンホを訪ねて行って二人の関係を尋ねるとすぐにプンホは誤りを認めてその二つのすべての過去をさらけ出す。 衝撃を受けたジソクはテジョンとソニュが会っている場所を訪ねて行くけれど......

90話
ジソク(クォン・ユル)はソニュ(ユン・ソイ)を向かった自身の愛が複数の道具で利用されたことに苦しがって心にない毒舌でソニュに傷つける。
ジュリアはエル食品を買収するための最初の段階で財団の秘密資金帳簿を検察に渡す。
これによって優雅欄と財団は検察調査を受けることになるが、、、、、、

91話
経営難に陥ったエル食品は、結局ロジャーアンドつける代理人テジョン(パク・ジョンチョル)の提案により持分転換側で方向を変える。 持分率を高めたロジャーアンドは共同経営に参加することになるけれど......
一方テジョンの子供を懐かしがったタルリョ(イ・ウンギョン)はジヒ(ムンポリョン))の家にこっそりと入って子供を家に連れてくる。 タルリョの行動を不思議に思ったプンホ(イダルヒョン)はタルリョの家に訪ねて行くけれど......

92話
タルリョ(イ・ウンギョン)の家を探したプンホ(イダルヒョン)とファンはタルリョが連れてきた子供がジニュ(イ・セウン)の子供であることを確信しソニュに電話をする。 タルリョジプの閉じられた門の前で苦しかったソニュ(ユン・ソイ)は家を探したジヒ(ムンポリョン))とともに中に入る。 だがタルリョが呼んだ警護員に追い出されてしまうけれど.....
一方テジョン(パク・ジョンチョル)はエル食品の構造調整を要請してこれを守らなければ株主総会で会長退任を建議すると脅迫をする。

・・・・・壊れてもジソク、クォンユルしは美しい・・・・(#^.^#)
ジソクはソニュとテジョンの関係を、ソニュ本人に聞くのが怖く、叔父に尋ねる。申し訳なく思うと言う叔父に「謝罪より本当のことが知りたい」とせかすジソク。二人は深い関係だったのかと追及するジソクに祖母会長も知っていることだからと、テジョンは実は、ソニュ姉ジニュの恋人でジニュを死に追いやった男だと白状してしまう。
ソニュがテジョンを追い出したのはそのためか、テジョンに復讐するために自分と結婚し、自分を利用したのかと愕然となるジソク。叔父は「でもソニュは本当に心から君を愛している」とフォローするが、その言葉は耳に入らない様子のジソク。
全てを暴露されたくなければ、取引に応じろというテジョンの脅迫には決して乗らないようにする、と意思を確認しあうソニュと祖母会長だが、テジョンはもはやそんな姑息な手を使わなくても、大きな後ろ盾を得ていた。
祖母会長とエル食品に恨みを持つ、影の大株主ジュリアが、自身の復讐と会社を乗っ取るためテジョンを手下に取り込む。
怖いものなしのテジョンはソニュとジソクの両方を呼び出し、ジソクにソニュの目的を聞かせる。「暴露してもかまわない、離婚も覚悟だから」と強気に出るソニュの言葉を聞きとがめたジソクが、ソニュの前に現れる。
「離婚だと!?」。そんなジソクをソニュに利用されたと侮辱するテジョン。
ジソクはテジョンを殴りつけ、ソニュの手をひいて立ち去るが、ソニュの言い訳も聞かず「どうせなら最後まで利用しろよ、僕をみじめにさせるな」と激怒。

ソニュは祖母会長にジソクに知られたこと、ジソクが心配した以上に深く傷ついたことを報告。ジソクの傍にはいられない、と家を出ていこうとするが、ジソクは許さない。
「君は僕を妻も守れない男にした。はじめから打ち上げていてくれれば。何もできない他人と同じだ」とソニュへの怒りを吐き捨て、「自分が楽になるために僕の傍から離れるのは許さない。僕の傍で罪をつぐなえ」と命じる。
「僕を愛していたのか?」と聞くジソクの問いに答えられないソニュは「ごめんなさい」と言うしかない。祖母会長も「ソニュをかばうわけじゃない。でもあなたの愛が大きすぎて、申し訳なくて本当のことが言いだせず苦しんだのよ」とジソクに言って聞かせるが、今のジソクには素直に受け入れられない。
信じて愛していたソニュに裏切られた傷は深そう。

ソニュはジソクへの自責の念で苦しんでいたが、ジヒが引き取った子供が姉ジニュの産んだ子だと知り、また会社が危機に瀕していることで、自分を立て直す。
そしてジソクに協力するため祖母会長が勧めるように財団の理事を引き受けることにする。

ジソクと祖母はそれぞれ大株主のジュリアの元に訪ねていくが、そこで出迎えたのは勢いを取り戻したテジュン。
驚く二人にジュリアは「お久しぶりです」と挨拶するのだった。

・・・・・ジュリアってジソクの実母じゃないの?ジソクを見ても冷たい反応だけど。ジソクを取り戻すために帰国したのかと思ったけど。ジソクを今苦しめてることになるのに。
ジソクにソニュの真実の愛が伝わればいいけど。
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2014   0 comments   0 trackback
Category :天使の罠

天使の罠 85~88話

85話
アラン(キム・チョン)の秘密資金で買い入れたエル食品株式はテジョン(パク・ジョンチョル)の名前で取り引きされた事実を知ることになってテジョンとジヒ(ムンポリョン))を離婚させて家でも出す。
球女史の前へ呼ばれたアランはすべての罪はテジョンの計画によって成し遂げられたことで言い逃れてテジョンが立つ場所を与えない。

86話
場外株式取り引きを通じてエル食品の持分を取得しようとしていたテジョン(パク・ジョンチョル)の計画はソニュの妨害で家族皆に発覚する。 テジョンの行動に背信を感じたジヒ(ムンポリョン))は離婚を要求してコン会長は本家から出て行きなさい大声を張り上げる。 秘密資金を作ったアラン(キム・チョン)も財団理事長職を剥奪されるけれど......
ジソク(クォン・ユル)はテジョンとジェームズが関連した事件に対して追跡し始めるけれど......

87話
コン会長(チョン・ヨンスク)はキム室長を通じてソニュ(ユン・ソイ)が探す子供のパパがチャン・テジョン(パク・ジョンチョル)という事実を知ることになる。 ソニュはテジョンと絡まっているすべての過去をさらけ出してジソク(クォン・ユル)そばを離れようとするがコン会長はジソクが受ける傷を心配してソニュを引き止める。
一方、ジソクの電話を受けたテジョンはジソクにすべての事実を打ち明けようとするけれど.....

88話
親権株覚書に署名したテジョン(パク・ジョンチョル)はジヒ(ムンポリョン))に子供の実体に対して聞いて衝撃を受ける。 家を出て行ったテジョンはアラン(キム・チョン)の財団秘密資金帳簿を利用してコン会長に取り引きを提案して、テジョンとソニュの対話を聞くことになったジソク(クォン・ユル)は分からない二人の関係に対して疑問を持ち始める。

・・・・・テジョンに養育権放棄の署名をさせ、永遠に実子を取り戻せなくしたジヒの高笑いの顔が怖いこと(・.・;)
このドラマを貸してくださっているチングが先に見て「そのときのジヒの顔が醜いわよ」とおっしゃってましたが、その忠告を聞いていても想像以上の怖さ。
やっぱりこのドラマ中で一番のワルはジヒだと思えてしかたないわ。
ジヒの怒りは炎のように熱い執念だとすれば、その兄(こう書いていてもどうしても弟か甥にしか見えないんだけど)ジソクの怒りは相手を凍えさせる氷のような冷たさ。
テジョンとソニュの関係を疑い始め、テジョンの仕業に違いないと決めつけるソニュに、「どうしてそう思うの?なぜテジョンの名前が一番に出てくるの?」と聞いたときの冷たい視線が、ぞくぞくするけど、かっこいい。
甘いジソクも可愛くていいけど、再び心を閉ざしそうな予感を与えるクールなジソクも素敵(#^.^#)

いやいや、ソニュが疑われて可哀想な立場になるのよね。ジソクが深い傷を負う前に、疑い、誤解がとけて、本心からジソクを愛してることが伝わる日が来ますように。

そして、アランの手下に命を狙われたテジョンを危機一髪で救い出した女性。テジョンのことを知っていて利用しそうな謎のこの女性は、ひょっとして祖母会長にジソクを奪われた?会長に恨みを持つジソクの実母じゃないかしら。
また新たなエピソードが登場して、目が離せないわね。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2014   0 comments   0 trackback
Category :天使の罠
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR