結婚の女神 最終話まで

ついに終わりました。すごくよくできた、見応えのあるドラマで、楽しみに見ていました。いろいろな夫婦の形を描いていて、なかなか含蓄のあるセリフも出てきたり、滑稽な場面も芸達者な役者さんのおかげで大笑いできたり、面白かったです。

それぞれの夫婦の結末は。

夫と姑が逮捕されてしまったヘジョンは、家を出ず、面会に通って、これからも結婚生活を続けていくらしい。
ジヘと最後に会ったとき「お互い主義があるけど、尊重しあえてよかった」と言い、巨大帝国を去るジヘに「今後シニョングループ、カン家に起こったこと、見聞きしたことは決して口外しない」という覚え書きを書かせる。
冷徹な事業家のヘジョンらしいわ。

一番心温まるいい夫婦の関係を見せてくれた、ジャンスとジソン。ジソンにニューヨーク勤務の話が持ち上がり、無理だとわかっていながら、自分の力を試したいジソンは家族に問いかけてみるが、「そんなバカなこと」と一笑に付されてしまう。
がっかりしたジソンは、その胸の内を義妹のウニに吐露。その話を聞いていたジャンスは、ジソンのために家族みんなに根回ししてあげる。
息子とまだ幼い娘にも「ママがいないほうが、くちうるさくなくて、何かと都合がいいだろ?好き勝手できるよな。ママさえいなきゃなー」と同意を求め、一番問題の母にもお酒をおごりながら「妻より母が一番いい。いつまでも母さんの料理が食べたい。これからもずっとご飯作ってくれるだろ?」と酔いにまかせて家事をさせる約束を取り付ける。
なみだぐましい愛妻家ジャンスの影の活躍のおかげで、晴れてニューヨークに行けることになった幸せ者のジソン。
じゃーねーと軽々出国。取り残されたジャンスは寂しい顔を見せる。

ここが一番納得できないんだけど、ウニとスンス。離婚して年下イケメンかれしと一緒になってほしかったけど、ウニはスンスとよりを戻してしまう。残念でしかたないわ(+_+)
さんざんウニをばかにして浮気をして威張り腐っていたスンスが心を入れ替え、すがって離婚を辞めてもらい、今後はウニを泣かせないと、ウニの味方の社長に身体放棄書に署名させられてしまう。
が、また一緒の生活に戻ると、ちょろちょろ浮気しそうな雰囲気。本当にウニはこんな奴にはもったいないわ。
ウニを本気で愛したのに、ふられて傷心のピロは一人でサンフランシスコに旅立つ。
最後にウニの声を聞こうと空港から電話するが、出たのは一人息子のジャンウ。ジャンウはピロの伝言を一言一句間違えないように、聞き取ってノートに書き残す。
買い物から帰ってその伝言を読むウニは、心のこもったピロの言葉に涙して、そのページを破り取ると、ていねいに結んで、宝箱にしまう。
いっとき、自分の人生を輝かせてくれた、夢のようなきれいな思い出をまるで宝石のように大事にしまいこむウニ。

ヒョヌは先輩が逮捕されたことで無事釈放される。刑務所で自分の気持ちを見つめなおしたことで、セギョンに別れを告げる。心にずっと求めている女性がいるのに、自分の心を偽って優しいセギョンをだますように結婚することは、セギョンに申し訳ないと母にその本心を告げるヒョヌ。
ただ静かに泣いてそのヒョヌの言葉を受け入れたセギョン。
でも一年後には新しい恋人ができて、結婚するみたい。セギョンにも幸せな結末が用意されていて、行き届いてるわ。

離婚を決意してお城を出て実家に戻っていたジヘだけど、迎えにきたテウクの説得でお城に戻っていく。わめきちらす姑の口撃はますますエスカレートしており、幽閉状態のジヘはノイローゼのようになってしまい、不眠になり、ある日大量の睡眠薬を飲んで、病院にかつぎこまれてしまう。
世間では財閥三男の嫁が自殺未遂と騒がれる。
テウクは母と兄に逮捕状が出て、家宅捜索されるとわかった時点で、ジヘをしばりつけるのもこれまで、と観念し、自分からジヘに離婚を申し出て、自由にしてやる。
大変なときこそ傍にいたいと拒絶するジヘだが、みじめな姿を見せられないと言うテウクの訴えに、今度こそ本当にお城をあとにする。

一年後、ジヘは4組の夫婦の結婚生活を著した本を上梓。作家になる。
サイン会場に現れたテウクと笑顔で再会。テウクは未練たっぷりで、できるものならよりを戻したそうだが、ジヘはけじめをつけていた。お互いのこれからの幸せを祈って握手をして別れる二人。

ローマに行っていたヒョヌは帰国してくる。自分のいない間にジヘに起こったことを知り、驚くヒョヌは心配して電話するが、番号が変わっていてつながらない。
実は仮病を名目に保釈された元姑が暴露本を出したと勘違いしてジヘに怒りの電話をしたことで、恐怖におびえたジヘが携帯を変えていたのだ。
連絡がつかず途方にくれるヒョヌ。

テウクに夕食を誘われたが断ったその日、ジヘは友人の子供の一歳のお誕生祝いを兼ねて思い出の済州島に向かう。
草原の中の長い一本道を歩いていると、向こうから歩いてきた男性と突き当たりそうになる。それはヒョヌだった。
「どうしてここに?」不思議な再会に驚きながら、お互いに穏やかに話す二人。ヒョヌから手を差出し「一緒に歩きながら考えよう。これからのことも」とジヘをいざなう。手をとって歩き出すジヘ。

綺麗ないいラストだったわ。私の韓ドラ史中、名作選の中に入れておこうと思うような珠玉のドラマでした。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2014   2 comments   0 trackback
Category :結婚の女神

結婚の女神 29、30話

なんとヒョヌが逮捕されちゃった!予想外の展開。テウク家の裏金つくり騒動に巻き込まれたわ。

ヘジョンはミラの情報を検察側にリークするつもりで、テウク先輩検事にすり寄るが、義父にグループの副会長にする条件をのむと言われ、検察にはスケープゴードのテジン身代わり証人を差だし、シニョングループ側に寝返る。
ヘジョンすごいわー。

自分にはウニしかいないとようやく気付いたスンス。ウニのご機嫌取りをしはじめる。この時期にはウニのアレルギーが出てくしゃみをすることを思いだし、ミンジョン結婚式で会うウニのために薬を買ったり、カムジャタンを食べに誘ったり、点数稼ぎをするが、ウニはそんなことではごまかされない。
デリカシーのかけらもないスンスに絶望。離婚届を送りつけると宣言する。

ヒョヌはセギョン母に携帯のメール履歴を見られたことで唖然とする。
その日からセギョンと連絡を絶ち、一人海辺に立つヒョヌ。
事務所を辞めるつもりで荷物を取りによったヒョヌは緊急逮捕されてしまうのだった。

心の奥底にジヘのことを押し込めてセギョンと向き合う決意をしたヒョヌだけど、セギョンが二番目という事実が許せないセギョン母は、ヒョヌの携帯を調べる。
そこには女性のメアドが多い。いちいち名前を声に出して読むセギョン母。「パクジュングム?男か女か分からない名前ね」とつぶやいたけど、自分の芸名よね。アドリブかしら
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2014   0 comments   0 trackback
Category :結婚の女神

結婚の女神 27、28話

用意周到に婚家のシニョングループを破滅に追い込む証拠を集めていたヘジョン。今回はヘジョン劇場だったわ。
テジンから受けたDVの診断書を用意し、義父が解雇した優秀な弁護士を味方につけ、テジン隠し子三人のDNA鑑定も済ませ、姑とテジンの絵画マネーロンダリングの証拠を握り、長年カン家に仕えてきた家政婦も引き抜く。外側からだけでなく家の内側からも崩壊をたくらむヘジョン。
やりてのヘジョンに、今や離婚訴訟で敵対している舅も舌を巻き、その手腕を絶賛。
有能なヘジョンをなんとか傍にとどめようとするが、そのかわりにヘジョンが提示した条件は、会社のナンバー2、グループの副会長の座を用意することだった。
さすがに驚愕、激怒する舅。
スキャンダルまみれになったテジンが怒鳴り込んでくるが、ボクシングで鍛えた腕っぷしでなぐる場面も痛快だったわ。
このドラマのヒロインジヘの影が薄くなるくらい、悪女ともいえるヘジョンの活躍が目立ったわね。

スンスとはジョンウのために絶対に離婚はしないと決めていたウニだったけど、浮気を認めつつ、それもお前の責任だと言い放つスンスに絶望、何も変わっていないことについにスンスをあきらめ離婚に踏み切る決意を固めた。
今回は年下のボーイフレンド、ピルホ君の登場場面がなくて寂しかったわ。

テウクがヒョヌを呼び出し、ジヘとの関係を問いただす。過去のことを蒸し返すつもりはない、ただ昔関わった人間として応援しているだけだと言うヒョヌだが、テウクは敗北感を覚える。
ヒョヌはテウクに嫉妬されたことで、セギョンの気持ちを考える。セギョンも同じようにやきもきしているかもしれないと思い、セギョンを訪れ不安にさせたことを謝って抱きしめる。
ヒョヌはセギョンと伴ってジヘとの思い出の地に行き、ジヘとの出来事を正直に話す。
婚約していると知り、自分から手を放した。そのことを後悔して今も、心に石ころのように残っている。そのころがる音は自分の胸だけに隠しておくつもりだったけど、君にも聞こえたようだ、悪かったと言うが、セギョンはその石が消えるのはいつ?いつまで待てばいいの?と追い立てるように問い詰める。
答えられずに黙り込むヒョヌ。

実家で静養し、落ち着きを取り戻したジヘだが、突然の姑からの電話で叱責侮辱のかぎりをつくされ、罵倒され、傷つき、恐怖がよみがえりおびえる。
来週返ってくるようにと告げに来たテウクに帰りたくないと告げるが、両親との別居をテウクは許さない。
テウクの言いざまが気に入らないジヘは「私の望みがなにかも知らないでしょう」と怒るが、テウクには通じない。

私もジヘが何をしたいのか、どうしたいのかがわからないわよ。
ジヘはいつも人を責めるばかり。自分がこうしたいってはっきり意思表示せず、人が汲み取ってくれるのを待つ姿勢。
そして思い通りにならないと癇癪を起こして、責め立てる。
テウクに対してもヒョヌに対しても。
登場人物中、実は一番わがままなのはジヘなんじゃないの?




Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2014   0 comments   0 trackback
Category :結婚の女神

結婚の女神 25、26話

セギョンを家まで送る車の中でヒョヌは、心臓外科医だった父が皮肉にも心臓まひで亡くなったことを話す。がいつもとは違い、セギョンの顔から笑みが消え、上の空だ。セギョンはヒョヌ部屋で見つけたジヘとの写真を持ち出し、ジヘとヒョヌの関係を疑ってそのことで頭がいっぱいだった。
写真がはさんであった詩集を読み、いつかヒョヌが言っていた済州島での詩人と妻との仲睦まじい生活を送った家を見たのは、彼女とだったのだと確信する。
自分だけを見てくれていないのではと自信がなかったセギョンの悪い予感は当たった。心の中に愛する人がいたと思い知って落ち込むセギョン。

義父と対決するヘジョン。離婚を申し出て譲らない。激怒して大声で威嚇する義父だが、ヘジョンの決心が固いと知るや、今度は懐柔作戦に出る。「お前も今まで大変だったろう。よく耐えた。もうしばらくしたら、会社にも戻してやるから」と穏やかに話すが、テジンに嫌気がさしているヘジョンは認めないのなら訴訟を起こすと宣告して席を立つ。

倒れたジヘは入院。過労とストレスによるものだった。テウクが病院にかけつけ、母がいないことに怒って電話。母は友達とお茶をしていた。仕事で出かけなければならないテウクは、叱責覚悟で、ジソンに助けを求める。
「あんたの家族は財閥かもしれないけど、最低の家族よ。ジヘが倒れたのに、誰ひとり付き添っていないじゃないの」と怒り心頭のジソン。
そこに乱入してきたテウク母。「あんたの健康管理が悪いのよ。全く、何の役に立たなければ妊娠位しろ」と言いたい放題、侮辱の言葉をわめきちらす。
聞きとがめたジソンがいさめると、うちの嫁だから叱って当然だと言う。
医師もテウク母のせいで倒れたのだ、引き離さなければならないと診断。ジヘはジソン宅で静養することになる。

ジソン宅で眠り続けるジヘ。
ヒョヌはセギョン母から呼び出しを受ける。電話の背後でセギョンの「やめて、私を死なせたいの?」という金木り声が聞こえる。
駆けつけたヒョヌに強烈なセギョン母は、ジヘとの写真を投げつけると「あんた、女がいるわね。女がいながらよくも知らん顔でセギョンと結婚しようとしたわね。この結婚はやめよ」とヒステリックに叫ぶ。
セギョンは「自分が写真を勝手に持ち出したことが恥ずかしいし、こんな母親の姿を見られて恥ずかしい」と泣いて部屋にひっこむ。
ヒョヌに釈明して謝る機会さえ与えないセギョン母。
セギョン母はセギョンに「心の中に別の愛する女がいて、結婚はあんたとする。男は愛する相手じゃなくても誰とでも結婚くらいできるのよ。現実に結婚するあんたは家政婦と同じ。家政婦が愛されると思うの?そんな結婚を私の娘に絶対にさせない」とわめきながらも、セギョンを傷つけたくないと主張する。

ラジオから流れるセリフがジヘの書いた台本ではないとわかるヒョヌは、セギョンとのことでもめている渦中でも、ジヘのことが気になり、「君の書いたものじゃないね。どうしたの?」と気遣うメールを送る。

ミンジョンはぶりっこしてイェソル祖母に挨拶に行く。にこにこにやけているイェソルを眺めながら、鋭い視線をミンジョンに送る祖母。ミンジョンが贈った立派な花かごを「これ一体いくらするかしら?」と意地悪く尋ねる。
ミンジョンがイェソルを心底愛しているわけではないのに、財産目当てで結婚しようとしていると見抜いている様子。

ウニはピロに親切にされている。ウニ監視のために英語塾に就職したスンスは授業中二人を見張る。
授業後にピロと親しすぎるとウニに怒りをむき出し、言い争いになる。そこにお酒を飲みに行こうとウニを誘いにくるピロ。
2人仲良く飲んでいる所までつけていくスンス。
ピロはスンスの素性を知っていて、奥さんが気の毒だ、恥ずかしいだろう、浮気して業界から締め出された人の妻だって名乗れないから、と話す。それが自分だととても言えないウニ。

授業の無い日もウニの会社前で待つピロ。退社したウニに声をかけ食事に誘う。そこを目撃したスンスは二人のあとをつける。
ウニは優しいピロに「私はうんと年上よ。こんなことしてないで、誰か女性と会いなさい」と説教モードに入るが、ピロは意に介せず「今言うこと?僕なりの結論が出るまで、君を知っていく段階なんだ。結論が出たら君に報告するから」と意味深なことを言う。
スンスが乱入してきて二人に嫌がらせをする。怒ったピロと喧嘩になり、とめに入ったウニは思わず「あなた、やめて」と叫んでしまう。
自分が話題にした問題の妻がまさかのウニだと知ったピロは何が何だかわからない。混乱したままひとまず退散する。
店を出ても帰宅するウニにつきまとうスンス。
会長の豪邸に入るウニに「お前、ここに住んでるからって勘違いするな。ただの経理課長だろうが」と馬鹿にして、興奮して英語になったスンスは「あ、わからないか。韓国語で話そうか」と侮辱するが、ウニは「結構よ」と英語で応戦。
私の前に現れるな、と英語でまくしたて、スンスをびっくりさせる。
ウニの英語は上達していた。言い負かされるスンス。ウニ、言いたいことが言えてすっきりした表情。かっこいい。

父に厳命され、ヘジョンを迎えにやってきたテジンだが、ヘジョンは戻る気はない。「明日の朝刊を楽しみにしてなさい」と言って消える。

翌朝テレビではテジンの愛人の一人で元女優が復帰会見を開いていた。
実はヘジョンが愛人宅を回り、テジンを訴えるべく、協力を要請。元女優には復帰を条件に結託していた。
「あいつ俺の後ろ盾もないのに、よく復帰できたな」とバツが悪そうにチャンネルと替えると、今度はニュースでテジンとヘジョンの離婚報道をしていた。「シニョングループの二男の妻がグループ相手に5000億円の離婚訴訟を起こしました」
寝耳に水でびっくりするテジンと母。
父も大激怒する。「全てお前のせいだ」とテジンにあたる。

ジヘの着替えをまとめようと荷物を作っていたテウクは、ジヘの携帯に入っていたヒョヌからのメールを見つけてしまう。そこにはジヘを気遣う優しく暖かい言葉が並んでいた。嫉妬と敗北感を感じるテウク。
ヒョヌと話をすべく呼び出す。

ヘジョンは自分の味方についている家政婦からジヘが実家に帰ったことを聞き、お見舞いにジヘの元に現れる。
ヘジョンのニュースを見て心配しているジヘに「今までつらくあたってすまなかった」と謝り、自分のこれまでを語り、今が一番幸せだと告げる。
自分は頑張れなかったけど、これからはジヘがあの家をひきいていってくれるように頼むヘジョン。
「会うのはこれで最後だと思う。最後まで優しくしてあげられなくてごめんなさい。どうか幸せに暮らしてね」という言葉を残して去っていくヘジョン。

帰宅すると、義父がヘジョンを待っていた。「このシニョンを相手にするとはいい度胸だ。勝てると思うな」と脅す義父。

・・・・・テウクはヒョヌに何を言うつもりかしら。ジヘとヒョヌの強いきずなを知ったテウクとセギョン。
セギョン母はかなりヒステリックな人物だけど、言ってることは正しいと思うわ。愛されないのに結婚しても幸せにはなれないわ。
セギョンもこの辺で諦めてほしい。
そして、ウニはスンスを憎み切れないみたいだけど、どうか新しい年下男子と幸せになってほしいわ。勇気をもって新しい恋に歩みだしてほしいわ。



Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2014   0 comments   0 trackback
Category :結婚の女神

結婚の女神 23、24話

弟を助けてほしいと跪くヘジョンに、義父は冷たく「お前のところは失うものはないだろう。しばらく刑務所に入ってもらい、出てきたらうちに就職させる」と聞く耳を持たない。
義弟を身代わりに釈放されたようなもののテジンはさすがに気が咎めたのか、ひどい有様で部屋にこもったきりのヘジョンに実家に家を用意してやるとささやくが、ヘジョンの破廉恥写真のことで皮肉を言うのも忘れない。

ヘジョンが気になる局の先輩はヘジョンに電話をしてサンフンがどうなっているのか見ればいいという。ヘジョンの前では車いすを隠していたサンフンの体のことを始めて知るヘジョン。
サンフンはヘジョンに裏切られ、飛び降り自殺を図って命はとりとめたものの、下半身不随になっていたのだった。衝撃を受けるヘジョン。
妹のミラが連絡したのだが、嫁いだばかりのヘジョンはその知らせを無視していたのだ。

サンフンに会いに車を走らせるヘジョン。車いす姿のサンフンの足元に座り込んで、号泣しながら許しを乞う。「ごめんなさい。私が悪かった、私のせい」。ところが穏やかな表情を浮かべたサンフンは「お前のせいじゃない。自分のせいだ。自分が決めたことだ」と慰め、優しい言葉をかける。
ひとしきり泣くとヘジョンはサンフンを今度は非難。「愛のために死のうだなんて、そんなものに命を懸けるなんて馬鹿よ」。
それにも笑みを浮かべて「だから別れたんだろう」と答えるサンフン。
昼食を一緒に採る二人。サンフンはヘジョンの娘たちの写真を見たがる。「君に似て可愛いだろうから」とその理由を告げ、笑って眺めるサンフン。
ますます心がしめつけられる思いのヘジョンは、いつまでも手をふるサンフンを振り切るように車で帰っていく。
泣きながら運転するヘジョン。
自分の選択は正しかったのか。テジンと結婚すると別れを告げた時に「あの男だけはだめだ、やめておけ」とサンフンが止め、言い争ったときのことを思いだす。
「愛が何になるの?ずっと貧乏暮らして嫌気がさしてるの。もう貧乏はまっぴらよ。私の目の前から消えて。二度と現れないで」とひどい言葉で罵声を浴びせて別れた日を後悔するかのように、延々と泣き続けるヘジョン。

ヒョヌ母はセギョン母に呼び出され、ヒョヌが自分たちが用意したマンションが気に入らないと断り困っていると文句を言われる。ヒョヌは気難しいと悪口を言われたあげく、クラスにもランクがある。ヒョヌ達だけのことではない、孫ができれば相応の教育をさせなければいけない、そのためには江北に住むなどとんでもない、と一方的にまくしたてられる。
ヒョヌに「どうしてあの家じゃなければいけないのか」と怒ってセギョンとの結婚に異議を唱える母。ヒョヌは「あの子が優しくて僕に尽くしてくれるから」と答える。

婚約式は執り行われ、セギョン母が用意したスイートルームに入る二人だが、ヒョヌは一人帰宅した母の元に帰るといい、セギョン友達が冷やかしセギョンも期待する初夜とはならなかった。
そのことでまたもヒョヌに腹を立てるセギョン母は、あの憂鬱そうな顔の裏にはほかの女の影があると言い当てる。
否定しながらも不安になるセギョン。

ジヘはテウク母の友達を通じて、テウク母に作家の仕事復帰をしたことがばれてしまう。ジヘ家に来て大暴れ、金木り声をあげならが手当たり次第に物を投げ、パソコンも壊してしまうテウク母。
茫然として床に座り込むジヘ。テウクを呼びつけたのは母だった。「ジヘが自分に逆らった」と怒って電話をしてきた母に、心配になって飛んで帰るテウクjの目に映ったのは顔面蒼白で涙を流しているジヘの姿だった。
「もう我慢の限界。離婚してほしい」と言いだすジヘ。テウクは怒って承知しない。
だが、ジヘの決心は固い。

ミンジョンはイェソルのカフェで叔母のウニと会う。集金にやってきていたウニにイェソルは仕事もやりてで性格も良い子だと聞いたミンジョンは、ウニとのつながりからようやくイェソルが財閥の御曹司だと知る。
途端にこれまで馬鹿にしてきた態度を改め「あんたと結婚するわ。この間私に見せた指輪を頂戴」と言いだす。
大喜びでダイヤの指輪を差し出すイェソル。
すぐに両親に紹介。大慌てで帰宅するジソン夫婦。祖父母もかしこまってそばに座り、イェソルの挨拶を受ける。
ジソンはミンジョンを部屋に呼ぶと「ダサイ奴だって言ってなかった?一体どうしてまた急に結婚する気になったのか」と問い詰める。
ミンジョンは彼が実は御曹司だと知ったからだと明かす。
財閥がどんなものか、ジヘがどんなに苦労してるかと喜ぶどころか嘆くジソン。

どうして紹介なんかしたのかとウニに電話。ウニはそんな悪い人たちじゃない、イェソル本人もおばあさんも本当にいい人だと説明する。
そのウニは英会話教室で、年下のピロと会えば話がはずみ、親しくなっていく。
塾講師をクビになったスンスが英語教師の面接で訪れ、ウニと青年の親しげな様子を見咎める。低い賃金の条件で教室に就職してウニの前に講師として現れたスンス。

心身ともに疲れ果てたジヘは朝食の用意に現れるが、キッチンで倒れてしまう。
舅の前に談判に来たヘジョンは離婚を申し出る。「承知してもらえなければ訴訟を起こします」と宣言するヘジョン。

・・・・・ウニの前に現れた年下王子。「おばさんって呼べば?」というウニに「僕は母親以外はみんな女性に見える」と答えるの。いい感じー。ウニの離婚成立をまるで待っているような発言もするし。ウニの前にちょろちょろ現れるスンスはもはや滑稽だけど、どうかウニと元さやにならないでほしいわ。





Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2014   0 comments   0 trackback
Category :結婚の女神
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR