2014031211235926a.jpg

※'王家四家族'で顔印鑑 (道場,塗装)をまともにとった新鋭ハン・ ジュワンが次期作で'朝鮮のガンマンが'に出演することになった。

放送界関係者たちによれば、ハン・ジュワンは KBS 2TV新しいドラマ'朝鮮のガンマン が'の主な役割を延期することに決めた後細部事 項を調整中だ。このドラマは開花期朝鮮を背景 に複数劇を広げるガンマンの話を扱った作品 だ。朝鮮一番剣客の息子がお父さんと妹の複数 のためにガンマンに新たに出る過程を描く。 '感激時代'後続に放送される'ゴールデン クロ ス'の次期作で編成されて6月電波に乗る予定 だ。現在の主要キャラクターにハン・ジュワン をはじめとする色々な俳優のキャスティングが 進行しているところだ。ハン・ジュワンとして はKBS週末劇で顔を知らせた後KBS平日(駐 中)ミニシリーズの主演級にのぼる'黄金のよう な機会'を捉えることになったわけだ。

特に'朝鮮ガンマン'の演出者が'公州(王女)の 男'を作ったキム・ジョンミンPDという事実や はり注目しなければならない。当時'史劇の主 人公としては無理'という話まで聞いてパク・シ フをキャスティングして成功裏にドラマを導い て可能性を見せた人物だ。ムン・チェウォンや はりこのドラマを通じてスターとして確実な位 置づけを確保することができた。俳優の才能と 魅力を引き出す能力が卓越した演出者だけにハ ン・ジュワンの新しい姿を期待してみても良い だろうという期待が出てきている。

ハン・ジュワンは'王家四家族'でイ・ユンジと 結婚するチェ・サンナムを延期して認知度を積 んだ。'王家四家族'が主な配役を引き受けた初 めての作品なのにベテラン級先輩たちに押され ない無難な演技力に私の持分(役割)を正確に やり遂げたという評価を聞いた。若い層にア ピールするほどの容貌と魅力を持っただけミニ シリーズを通じてスターに跳ね上がる可能性が 大きいという話が出ている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2014   0 comments   0 trackback
Category :王(ワン)家の家族たち

王(ワン)家の家族たち 11、12話

今回もキムヘスク母さんの俗物パワー全開。オマンソクしもやりたい放題。ヽ(^。^)ノ面白いー。
それまでひいきしていた転落したコ婿じゃなく、贈り物、貢物を捧げる上り調子の次女婿セダルに急にすりよるホバク母。
ほんっとにゲンキン。
セダルもお金持ち退屈女にお金で買われ、カードもらったもんだから、ほいほい高級なもの買いあさり、皆にふるまう。
それまで食事をせがんでおごらせていた友達たちに、豪勢におごり返す。
セダル、今が人生最高のわが世の春よね~。あの理事はセダルのいったいどこがよくて、恋人になれって命じたのかわからないけど。

セダル息子が、浮気の証拠のメールを「パパにきたメール、なんか変だよ」って、ホバクに教えてきたのに「迷惑メールでしょ」って見もしないの。夫を信じ切ってるのね、可哀想に。

グァンバクはいいようにサンナムにもてあそばれてるわね。イユンジさんの演技も突き抜けてて面白すぎ。「19の純情」でヒロイン、クヘソンちゃんの小姑としていじめ抜いてた時には可愛げがなかったけど、今回のキャラは彼女のユニークなぎょろめ顔が存分に生かされて超うける。
頑張れ、グァンバク。

恋のライバル、ヨンダルとホバク、ホバク姑と食事したシーン。ヨンダル母が夢が作家になることっていうグァンバクを思いっきりばかにして「夢がひとつなんて。うちのヨンダルは、いろいろ習ったわよ。」って自慢したのには爆笑。
単にあきっぽくて何しても長続きしないってことでしょ。今もフリーターだし。

スバク夫、ミンジュンの惨めさ強調の場面は見てられない。じめじめスンジョンとの陰気カップルがドラマ後半の中心になるみたいだけど、そうなると視聴に耐えうるか自信ないわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2014   0 comments   0 trackback
Category :王(ワン)家の家族たち

放送終了「ワン家の人たち」チェ・デチョル&ハン・ジュワン&カン・イェビン、新人俳優たちの成長期

89
KBS 2TV週末ドラマ「ワン家の人たち」(脚本:ムン・ヨンナム、演出:チン・ヒョンウク)が韓国で16日、幸せな結末で幕を下ろした。荒波に揉まれながら30年という長い歳月を過ごしたワン家の人たちは黒かった髪が白くなり、顔には歳月の痕跡がはっきりと表れていたが、幸せな温かさが感じられた。

「ワン家の人たち」は家族愛を強調したドラマだが、ドラマが展開されるにつれて不倫、詐欺、拉致、出生の秘密など、議論となる素材が次々登場して、マクチャン(日常では起こらないような出来事や事件が次々と起きる韓国特有のドラマのこと)ドラマという汚名を着せられた。しかし、48.3%(全国基準、ニールセン・コリア提供)という自己最高視聴率を記録して、国民的ドラマへと生まれ変わった。ドラマを執筆したムン・ヨンナム脚本家は昨年の「2013 KBS演技大賞」で作家賞を受賞し、再び地位を固めた。

彼女の大ヒットドラマに出演した新人俳優たちは、俳優としての2幕が開かれたと言えるだろう。これまで人々に知られていなかったが、放送を通じて認知度を徐々に高め、新しい作品に出演できるチャンスが開かれたためだ。特に目を引いたのは俳優チェ・デチョル、ハン・ジュワン、カン・イェビンだ。彼ら新人を信頼して任せた脚本家とプロデューサーの眼力が通じたわけだ。3人の成長記をまとめてみた。
88
一筋の希望を見出したチェ・デチョル
チョ・デチョルはドラマでワン・ボン(チャン・ヨン)の弟で、高い年齢にも関わらずこれと言った職業に就かず、母親と兄に頼って暮らす引きこもりのキャラクターワン・ドンを演じた。典型的な“カンガルー族”(いい年になっても仕事をせずに親に面倒をみてもらっている人、カンガルーが子どもを運んでいることに由来した新造語)である。就職するつもりはおろか、結婚する能力さえも持っておらず、いつもゲームだけに情熱を捧げている。そんな中、友達のホ・セダル(オ・マンソク)の妹で、姻戚のホ・ヨンダル(カン・イェビン)のことを愛するようになったことで変わり、ホ・ヨンダルの妊娠をきっかけに二人はゴールインした。その後、二人はどこか足りなくも甘い新婚夫婦の姿を見せ、ドラマの面白さを倍増させた。

元々舞踊家を夢見ていたチェ・デチョルはガラスの破片で腕のじん帯を切るという事故に遭い、俳優の道を歩むようになるも、当然平坦な道のりではなかった。結婚後は生活苦に苦しめられ、妻の実家からは演技を止めることを求められた。最後だと思って出演した「ワン家の人たち」がヒットし、光が差すようになった。ハンサムではないが、どこか親しみが感じられる俳優チェ・デチョル。彼が見せてくれる人間味が感じられる演技に期待が集まる。
87
セクシーアイコンから女優のタイトルを得たカン・イェビン
ポータルサイトでカン・イェビンという名前を検索すると、グラビア、オクタゴンガール(ラウンドガール)、ビキニなど、外見に関する検索ワードが真っ先に現れる。実際、昨年まではカン・イェビンが女優なのか、タレントなのか正体不明だった。しかし、「ワン家の人たち」に出演し、女優という修飾語に違和感はなくなった。彼女はブランド店で働きながら、給料をすべて外見を飾ることに使ってしまったホ・ヨンダルを演じた。前半は自身のキャラクターを生かし、綺麗でセクシーな面を強調したが、ワン・ドンと結ばれるようになってからは大人になり、娘として、嫁として成長する姿を見せた。

回を重ねるごとに演技に磨きがかかり、世間知らずのキャラクターをキュートに上手くこなしたと評価された。「ワン家の人たち」が地上波ドラマ初出演ではあるが、ケーブルドラマ「ブッとび!ヨンエさん」「イーグルイーグル」などに出演したりもした。しかし、「完売企画」「カン・イェビンのヒトリガ」など多数のバラエティ番組に出演して、タレントのイメージが強かった。カン・イェビンは「ムン・ヨンナム脚本家の週末ドラマに出演することになり、眠れないくらいドキドキした毎日を過ごしている」と感想を伝えた。希望通り、セクシーアイコンから女優としての可能性を知らせたカン・イェビン。これからの動きに関心が集まる。
86

唐突かつ情熱的なハン・ジュワン
「ワン家の人たち」といえば欠かせない俳優がいる。このドラマで「2013 KBS演技大賞」の新人演技賞を受賞したハン・ジュワンである。昨年、「ワン家の人たち」のオーディションを偶然受け、ムン・ヨンナム脚本家に「綺麗だ」と話す突飛な性格とセンスを発揮し、重みのある配役を演じることになった。その後、KBS 2TV「ドラマスペシャル-ヨヌの夏」にも出演した。2013年は彼にとって意味深い1年だっただろう。

ハン・ジュワンは劇中、高校を中退して生活の最前線に飛び込んだ重機メーカーの社長チェ・サンナムを演じ、イ・ユンジと甘いカップル演技を披露した。甘いマスクに迫力のある男らしさは女心を揺さぶるのに十分だった。新人であるにも関わらず、安定した発声と共演者との呼吸で優れた演技力を見せつけた。先月はKBS 2TVのバラエティ番組「ハッピートゥゲザー3」に出演して、自身の率直な経験を明かして視線を引き付けたりもした。俳優人生において適切な時期を逃せば二度と手に入れることができなくなる新人賞を僅か1年で受賞したハン・ジュワン。演技のためなら何でも出来るという情熱に溢れる彼が見せてくれるこれからの姿が楽しみだ。

視聴率40%を軽く突破し、“国民的ドラマ”の威厳を見せたKBS 2TV週末ドラマ「ワン家の人たち」(脚本:ムン・ヨンナム、演出:チン・ヒョンウク)が16日に終了した。

ムン・ヨンナム脚本家の作品の一番の特徴といえば各キャラクターのユニークな名前だ。「ワン家の人たち」も例外ではなく、家族の中で鴨にされやすい人物(韓国語でボンという)ワン・ボン、常に悩みのあるコ・ミンジュン(韓国語で“悩み中”と発音が同じ)、外見は不細工だが中身は詰まったワン・ホバク(カボチャ)、虚勢(韓国語の発音はホセ)を張る人物ホ・セダルなど、名前からキャラクターの性格が把握できる。

ユニークな名前に加え、各登場人物の個性溢れるセリフもドラマをより面白くした。「ワン家の人たち」で誕生した名セリフBEST5をまとめてみた。
85
ワン・スバク「私、ミスコリア大会に出場した女なの」

ワン家の長女ワン・スバク(オ・ヒョンギョン)は幼い頃から大事に育てられ、世間知らずで利己的で虚栄心が強い人物だ。いつも「私、ミスコリア大会に出場した女なの」と言いながら虚勢を張っていた。スバクにとってミスコリア大会は自慢であり、プライドであった。ホ・ウデ(イ・サンフン)に騙され家を失ったスバクは、罪悪感から家出をし、食堂で働いていた時もオーナーに「私は今はこうしていますが、昔はミスコリア大会に出場した女です」と言った。
84
アン・ゲシム「韓国戦争の時の騒ぎは騒ぎでもなかった。あ~しんどい」

子どもたちの成功だけを祈るワン家の祖母アン・ゲシム(ナ・ムニ)。しかしゲシムは心配事が絶えない家族のせいでいつも「韓国戦争の時の騒ぎは騒ぎでもなかった。あ~しんどい」と嘆くしかなかった。このセリフは一日も気を楽にできないゲシムの心を表現した言葉であると同時にゲシムの存在感をアピールするセリフであった。
83
ホ・セダル「おかしくなりそうだ」

ワン家の次女ワン・ホバク(イ・テラン)と結婚したホ・セダル(オ・マンソク)は名前の通り、常に見栄を張る人物だ。気分が良い時も悪い時も、話す度に語尾に「おかしくなりそうだ」という言葉を付け加え、ドラマのお笑い部分を担当した。特にセダルは限度額1億ウォン(約958万円)のクレジットカードを渡しているウン・ミラン(キム・ユンギョン)に夢中になり、妻ワン・ホバクを狂わせた。
82
イ・アングム「今まで生きてきてこんなことは初めて」

イ・アングム(キム・ヘスク)は先生だった夫の少ない給料で5人の子どもを育て、姑と大きくなった夫の弟の面倒を見ながら心の中にわだかまりができた人物だ。長女スバクと次女ホバクの中で長女だけをえこ贔屓し、物質的なことを重視する態度で視聴者に嫌われた。特にアングムは「今まで生きて来てこんなことは初めて」というダイレクトなセリフで相手にショックを与えた。
81
パク・サルラ「何事も結果を直接見ないと分からない」

パク・サルラ(イ・ボヒ)は自分の子どもしか可愛がらない母親だ。ホバクがちゃんとした職業に就けないセダルを恨むと「何事も結果を直接見ないと分からない」とホバクを叱った。また、サルラの娘ホ・ヨンダル(カン・イェビン)はワン・ドン(チェ・デチョル)との結婚を反対するサルラに「何事も結果を直接見ないと分からないってお母さんが言ったじゃない」と言って説得したりもした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2014   2 comments   0 trackback
Category :王(ワン)家の家族たち


※KBS 2TV週末連続ドラマ'王家四家族'(脚本ム ン・ヨンナム演出チン・ヒョンウク製作トゥリ ミエネム)チームが作品を成功裏に終えた後中 国、マカオで褒賞休暇で出かけた。

'王家四家族'チームは17日午前8時30分仁川 (インチョン)国際空港に集結してマカオに出 国した。俳優ナ・ムニをはじめとしてキム・ヘ スク、チョ・ソンハ、オ・ヒョンギョンなど主 役が一つの席(一桁)に集まったしねばっこ かったチームワークを立証するように和気あい あいとした雰囲気であった。

この日チョ・ソンハ(ミンジュン)は"最後の会を見 た。視聴者たちがどのように見たのか気にな る。後半部エピローグ場面で出演俳優が老人扮 装をするのに苦労したのが思い出す"として"ロ ブラインもよく仕上げされたようだ。その間視 聴して下さって感謝する"と話した。

劇中三角関係を形成して刃が鋭くなった対立を したチョ・ソンハ、オ・ヒョンギョン(スバク),キム・ヒジョン(オ・スンジョン役)は実際 には懇意な四であった。この日同年齢事業家と びっくり結婚発表をしたイ・テラン(ホバク)は結婚に対していかなる言及をしな かった。

スバク役を演じたしたオ・ヒョンギョンは"私 どもの'王家四家族'が和合がうまくいった"とし て"幸いに結果も良かったし視聴者たちも分 かって下さって感謝した"として"演技者が惜し かった心を下ろしてもう少し厚くなる気持ちに 旅行に出発する"と話した。

また、オ・ヒョンギョンは最後の会市庁(視 聴)所感で"俳優は気に入った。 30年後にも各 自熱心に生きていきつつあった。そのような姿 を通じてその間皆夢を探すための過程だったこ とではないのかと思う"と話した。

作品の熱かった人気を立証するように空港に あった市民の関心も集中した。市民は各々"ス イカがすらりとする","三で親しいね","実際に見 ると美しい"と話した。

俳優イ・ユンジ(王グァンバク)は大先輩ナ・ムニ (駅)とともに並んで登場した。 イ・ユンジは ナ・ムニをつましく取りまとめて現場を温かく させた。ナ・ムニは取材陣に"皆仕事をするの に休暇に行くことになった"として慈しみ深い 微笑で応答した。

イ・ユンジは"それこそ家族旅行に出発する。 人気の下に放映終了できて感謝する"として"幸 せだった3度の季節だった。 感謝する"と話し た。

一方'王家四家族'は去る16日50部を最後に放映 終了した。作品はキャラクターが各自の位置で 成功、幸福を求める内容で締めくくった。視聴 率50%突破には惜しく失敗したが47.3%(ニール セン全国基準)で有終の美をおさめた。 これら は香港を経由して中国、マカオで3泊4日間留 まって帰国する。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2014   0 comments   0 trackback
Category :王(ワン)家の家族たち


※'王家四家族'イ・ユンジが放映終了の物足りな さに涙を流した。 17日イ・ユンジは自身のトゥウィトルッ通じ て"夜遅くまで眠れなかったんです。 放送一時 間ずっと泣いて、終わって考えて泣いて。泣い て泣いて。'王家四家族'台本50冊と共に皆に監 査(感謝)を伝えます。光パクがアンニョン、 しくしく。"という文と共に写真一枚を掲載し た。

公開された写真にはイ・ユンジがKBS 2TV週末 ドラマ'王家四家族'(脚本ムン・ヨンナム・演出 チン・ヒョンウク・製作トゥリミエネム)台本 を前に置いてカメラを見つめている姿が入れら れている。

写真の中イ・ユンジは泣いたせいなのか両手で げんこつを握ったまま顔を半分以上分けている 姿で目を引いた。

先立ってイ・ユンジは最後の撮影を控えて複雑 微妙な感情を伝えてドラマ'王家四家族'に対す る格別な愛着を見せたことがある。

イ・ユンジ放映終了認証ショットに接したネチ ズンは"とてもさびしくてやめます","光博雅さ ようなら。惜しいですね","イ・ユンジ本当に 愛着が多いドラマだったようで","他のドラマで 会います","光博雅泣くな"等の多様な反応を見 せた。

一方、イ・ユンジが'王狂パク'駅に熱演を広げ たドラマ'王家四家族'はどん詰まり憂慮とは 違ってハッピーエンドで幕を下ろした。
20140217104232d10.jpg
※]週末 劇最強者‘王家四家族’の航海が終わった。

非常識キャラクターの饗宴、放映ずっとどん詰 まり論議から自由でなかったが‘王家四家 族’はゴウゴウ飛んだ。夢の視聴率である40% を軽く越えて前作‘最高だイ・スンシン’の物 足りなさを挽回した。国民的な人気と平海 (ピョンヘ)も過言ではなかった。それならこ のドラマの成功秘訣は何か。誰がなんと言って もどん詰まりコードだ。生活型どん詰まりの代 価ムン・ヨンナム作家の作品らしくこのドラマ が取った方式は過激だった。母娘の長い間の沈 殿物を解いた契機が遺産であったから話つくし た。

しかし視聴率40%の快挙はどん詰まりコードだ けで成し遂げたのではない。家庭内善悪構図を 浮上させてそれ(彼)による葛藤を入れてきた ドラマがこの争いにだけぶらさがったとすれば まあまあである膜贓物、以上の評価を受けるこ とができなかっただろう。ドラマは誇張された 人間群像を表わしたが結局私たちの周辺である ようなことを混ぜ合わせて出しただけ、それな りの線は守った。窮極的にこのドラマが描き出 したのは濃いペーソスがある私たちの話であっ た。

ここに一つさらに。この誇張された脚本に説得 力を付与したのは俳優の好演と彼らが完成した キャラクターであった。‘王家四家族’は50 回放映ずっと一度の演技力論議もなしで巡航し た。新旧俳優の卓越した演技力は数えた展開、 無理に押しつけた流行語も可能にした。‘王家 四家族’は数字で栄えたドラマだ。視聴率ま た、かんしゃく上昇の一番の貢献者を数字と付 けてみるならばどんな結果が出るだろうか。

◆キム・ヘスク、王家四家族を支配した者

詐欺師と不倫男女が大手を振るうドラマの中沈 殿物女史はいつも想像異常を見せた。スイカ (オ・ヒョンギョン)と3ヶ月(オ・マンソク)の牙 城にも沈殿物(キム・ヘスク)が最強ファイター で登板したのは彼女があたかもタコのようにす べてのエピソードに足を伸ばしているため。劇 序盤沈殿物は姉妹スイカとカボチャ(イ・テラ ン)を過度に差別することで怨まれた。 沈殿物 は毎度‘そのこと’を口にして自身の行動を弁 護したがその理由というのが全くでたらめだっ た。年子で娘を産んで戒心(ナ・ムニ)に厳しい 婚家暮らしにあったのとカボチャのためにスイ カがミスコリア本戦に出ることができなかった というのが憎しみの理由. これは3ヶ月の浮気に まで影響を与えてかんしゃく誘発者としての役 割をした。中後半部スイカの役割が拡大した後 には民衆(チョ・ソンハ)と純情(キム・ヒジョン) の葛藤を引き起こすのに一助となってそれこそ 真相キャラクターの歴史を再び書いた。

◆オ・ヒョンギョン、このような女見たことい ません

‘噂になった7公州(王女)’で‘格好よく生 きるのだ’に至るまで文作家はキャラクターの 人生を入れた名づけセンスと克明な善悪構図を 表わして数えた話を展開してきた。そのような 文作家ワールドでもスイカは手に挙げられる程 ものすごい性格の人物で厚かましい(の)では 沈殿物劣らず描写された。毎状況ごとに“私ミ スコリア出てきた女子夜”を叫ぶことで服装を さく烈させるのは基本. カボチャの未来を奪っ ても男と同居するのに全く罪悪感を感じなかっ たし浮気をしても堂々としていた。ここに虚勢 と虚栄に染まって贅沢まで日常行うとかなりの 悪女がある二個ずつ持った面々を皆みな装着し た。より物足りなさが残るのは最後までスイカ の反省がなかったということ。どん詰まりドラ マの魅力は最後のカタルシスで五や視聴者はス イカに限ってはこの感情を感じることができな かった。

◆オ・マンソク、あらかじめ狂ってしまうとこ ろだったよ

名前のように虚勢で染まった3ヶ月(オ・マンソ ク)は‘王家四家族’中盤部の支配者であっ た。劇序盤3ヶ月は鉄はないが沈殿物の非常識 な差別に涙で対抗する暖かい面を持った年下夫 だった。ところで財閥女性ミラン(キム・ユン ギョン)と編集されながら3ヶ月は本性を表わし た。ミランの富を借りながらカボチャとの達し た結婚で自身の人生が変わったと誤認するに 至ったこと。カボチャの呼び掛けにも3ヶ月は 毒舌で一貫した。このような3ヶ月の厚顔無恥 だということと苦しさすら感じたカボチャの対 処はかんしゃく指数を上昇させるのに充分だっ た。しかし3ヶ月はスイカと違った。 ある冬に 下着一枚に捨てられたのに続き野宿生活を転々 とする姿で描写、以後にはないカタルシスをプ レゼントした。

視聴率面白味も報告人気キャラクターもぞろぞ ろ誕生させた‘王家四家族’だが幾度も説明し たようにどん詰まり論議を避けられなかった。 批判と叱責はこのドラマを執拗に追いついた。 今は清浄ドラマが誕生する時だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2014   0 comments   0 trackback
Category :王(ワン)家の家族たち
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR