金よ出てこい☆コンコン 29,30話

ヤッター!!ヽ(^。^)ノ
今まで優柔不断で、あっち(愛人)もこっち(本妻)も捨てられないとぐずぐず悩んでいた、ヒョンテが、ついに、モンヒョンを連れて家出。駆け落ち!?正式な夫婦なのに駆け落ちっていうのも変だけど、親たちの都合で別れさせられそうになって、ついにヒョンテは一大決心。自分が働いてモンヒョンを養うと決めたわ。

ヒョンテ実母が愛人の母親に挨拶に行ったことが効いたのか、愛人父の百貨店全国チェーンにヒョンテ父の宝石店を出店させないかという話が持ち込まれた。千載一遇のチャンス。全国的に名をはせるのが、4代続いた宝石店の創始者からの長年の夢。
ヒョンテ父は相手が財閥であっても、モンヒョンを絶対に守り通すという約束を反故にしても、この契約を成功させたい。
可愛がっているモンヒョンへの良心の呵責を感じながら苦渋の決断を下す。
モンヒョンに「お前を守るという約束は守れない。一生生活の面倒はみるから、ヒョンテのために身を引いてくれ」と頭を下げる。
ソンウンからも「お父様も気持ちを変えたみたい」と宣告されていたモンヒョンは後ろ盾を失い、いよいよ実家に帰るしかないのかとあきらめかける。
が、ヒョンテが「俺たちは家を出る。再婚も契約も俺には関係ない。俺の愛する人はモンヒョンだけだ。絶対に離婚しない。」といつになく強い態度で父に反抗して、モンヒョンの手をひっぱって、連れて行く。

荷造りを始めるヒョンテに、モンヒョンは「お母様はどうするの?お母様が可哀想」と説得してみるが、「父さんが今まで通り食わせるさ」と意に介さない。今は実母よりモンヒョンが大事になったらしい。
当分は金目のものを売ってくいつなごうと、ブランドものをトランクにつぎつぎにつめていく。

二人そろってトランクを持ち、階下に行くと、父にお辞儀をして「今まで育ててくれてありがとう」とお礼を言う。
そして車の鍵やカードを置いて、「これは返す」と出ていこうとする。本気か、と尋ねるヒョンジュンをヒョンテはハグしてあとは頼むと託してモンヒョンと手を携えて出ていく。
家を出た二人をヒョンジュンはおいかけ、自分の車の鍵とカードを渡す。「これはいるだろ?」と弟夫婦が心配なヒョンジュンにヒョンテは感謝するが「車だけ借りるよ」と鍵だけ受け取る。

とりあえず漢江の川べりに車をとめ、ラーメンをすする二人。これからどうしようと話し合う。
「あなたはお母様のところに行って。私は実家に行くわ」とモンヒョンが言うと「それじゃ意味がない」というヒョンテ。
じゃあ、私の家に行きましょうと言えば、どの面下げていくんだよ、恥ずかしくて行けないよとそれも拒否。
お金を使うことしか脳が無い自分は、肉体労働でもなんでもしてモンヒョンを食べさせる覚悟だと言う。
じゃあ、私はピアノの先生をしようかな、とモンヒョンも言いだし、俺の奥さんはすごいな、食べさせてもらおう、と甘えてモンヒョンに膝枕をしてもらうヒョンテ。
そして二人で全国を回りながら暮らそう、と気楽な提案。「家を出て重たい胸のつかえがとれたみたいだ。身も心もかるいけど、なんでか少しだけ悲しいな」と本音を語るヒョンテ。

が、モンヒョンは心の中で「お母様、少しだけ待ってくださいね。すぐにヒョンテさんをお返しします。もう少し一緒に居させてください」とつぶやく。ヒョンテとは別れるつもり。

翌日から本当に車で地方を旅して暮らす二人。幸せそう。
母や姉から電話が来るが、出るな、電源を切れ、というヒョンテに、でもみんなが心配するから声だけでも聞かせたいとモンヒョンは言うが、邪魔されたくないとヒョンテは許さない。

こっそりとモンヒョンから連絡を受け、モンヒとヒョンスが旅先に迎えに行く。
驚くヒョンテはモンヒョンが知らせたと知る。これからどうするつもりかモンヒに聞かれたモンヒョンは、ヒョンテを家に帰すという。ここ数日は楽しかった、本当の新婚旅行みたいだった、幸せだった。と穏やかなモンヒョンに「本当のってどういうこと?」とモンヒが聞くと「だって愛人が一緒だったから」と答え、モンヒは驚く。
モンヒからそのことを聞いたヒョンスは、二人に新婚旅行のやりなおしとして、クルーズの旅をプレゼントする。
感激するヒョンテとモンヒョンは海の風を受け、船のへさきでタイタニックごっこに興じ、二人の世界に浸る。
弟と妹の幸せそうな姿をながめながら自分たちも楽しもうと話をするヒョンスとモンヒだが、以前来たユナとの思い出に浸っているヒョンスを見て少し寂しそうなモンヒ。

夜ホテルで、モンヒョンはヒョンスから「愛人父の百貨店進出のために新ブランドの立ち上げの課題を父から出された。モンヒにまたとないデザイナーとしてのチャンスだ。どうかお姉さんにのびのびと仕事をさせてあげてほしい」と説得される。
モンヒョンはモンヒに「これ以上家族の犠牲になるのはやめて。私のためにあきらめないでほしい。どうかデザイナーとして仕事をして」と懇願する。

ヒョンテはモンヒョンに愛の告白のイベントを準備。キャンドルでハートを描き、二人の名前を飾り、「モンヒョン愛してる」の垂れ幕まで用意している。そしてギターを奏でて愛の歌を捧げる。
この夜を最後にヒョンテと別れる決心をしているモンヒョンはヒョンテにお願いをする。「今夜一晩一緒に過ごしたい」。だがヒョンテはためらい、すぐに返事ができない。「私のために迷ってるの?」とモンヒョンがその気持ちを理解すると、ヒョンテは「絶対にありえないけど、もしも、もし、俺たちが別れることになっても、お前に傷を残したくない」と本心を語る。「親の都合で別れることになっても、思い出があれば生きていけると思うの。だから思い出をたくさんつくりたい」とヒョンテをまっすぐ見つめるモンヒョンがいとおしく、そっと顔をちかづけてヒョンテはモンヒョンにキスをする。

翌朝、モンヒョンの家の前まで帰ってきた4人。「さあ、もう家に帰ろう」と言うヒョンテに「いまさら帰れない。あなた一人で行って。私はここに残る」と寂しそうに笑うモンヒョン。そのとき初めて知ったようにヒョンテは「お前、はじめから別れるつもりだったな」とモンヒョンをなじる。
「ヒョンテさんをお願いします」とヒョンテを案じ、ヒョンスに託すモンヒョンに「大丈夫。ちゃんと連れて帰りますよ」とヒョンスは答える。モンヒを見上げ「さあ、家にはいろう」とモンヒョンが言い、ヒョンテとヒョンスに一礼して振り返りながら家に入っていくが、ヒョンテはなすすべもなく怒ったような、悲しげな表情で立ち尽くすだけ。
家に帰ってきたモンヒョンを家族は暖かく迎え、祖母はたまらないようにモンヒョンの細い体を抱きしめる。

思い詰めた表情で兄の車に乗っていたヒョンテだが、突然「兄さん、車を止めてよ、止めて!」と叫びだす。車を飛び降りたヒョンテは、モンヒョンの家を目指して駆け出す。
家に上げてもらったヒョンテは、いずまいをただし正座すると「お願いします。俺をここに置いて下さい。モンヒョンさんと一緒に暮らさせてください」と頭を下げるのだった。唖然とする家族。

・・・・駆け落ちしてずっと一緒に旅をしていたのに、一緒に寝ることはなかったのね。どこかに引き裂かれる予感がして、モンヒョンを傷つけることはしたくなかったのね。ヒョンテ、男前。
これからの可愛い二人のラブラブぶりが楽しみ♪自分のために家族を捨ててくれたんだから、モンヒョンもヒョンテの決断を受け入れるでしょう。だって愛してるものね。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2014   0 comments   0 trackback
Category :金よ出てこい☆コンコン

金よ出てこい☆コンコン 23~26話

モンヒョン、ヒョンテ、愛人の関係は相変わらず膠着状態。
モンヒョンが再三「あの人を追い出してください」と頼むのに、「あいつは尽くしてくれた。むげにできない」と優柔不断な態度。
その上、ここにきて愛人が大財閥の娘だとわかり、ヒョンジュン母はヒョンテ母を巻き込んで、モンヒョンを離婚し、愛人をヒョンテと再婚させようと画策。
父はそんな非常識で強欲なヒョンジュン母を叱るけど、モンヒョンに悪いわ、と言いながらもヒョンテ母は、迷っている。
愛人も、ヒョンテと同じく愛人の子とはいえ、有名ホテルを経営する母をもち、いずれはそのホテルも愛人のものになると聞き、自分に強力な後ろ盾ができれば、籍にいれてもらってないだけで、本妻気取りで一族をとりしきるヒョンジュン母と立場が逆転するかもしれない、とだんだん真剣に考えるようになってきた。

ヒョンテ実母は自分の味方だと信じていたモンヒョンは揺れる実母を見て、不安になり、ヒョンテに「愛人か私か、どちらかを選んでください。あの人と結婚する方がいいなら、私は身を引きます」と心にもないことを言ってみるのだけど、ヒョンテは困った顔をするだけ。「あいつも捨てられないし、お前のことも好きなんだ」と結論を急がせるモンヒョンの気持ちをなごませ、問題からそらせようと、デートに誘ってみたり、なんとか現実から逃げ出したい。

いよいよヒョンジュン母が愛人獲得に本気で動き出すと、養母に直談判。
絶対に離婚しない、自分の妻はモンヒョンだけだ、と宣言するのだけど、そのときに「ミナのことは愛してる」ってやっぱり言っちゃうのよね。
バカ正直と言うか、単純というか。

モンヒョンは最高の妻、自分にこんな祝福が訪れるなんて夢にも思わなかった、と言ってくれたヒョンテは、皆を実母宅から追い出すことができないまま、「あなたを信じていいの?」と見上げる純真なモンヒョンの瞳に応えるように「俺を信じろ」と言うんだけど、言葉だけじゃあねー。

ヒョンテ父が常識的でモンヒョンをかばってくれるから救われるけど、それにしても頼みの旦那様が情けないんじゃあ、モンヒョンは可哀想すぎ(;O;)
Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2014   0 comments   0 trackback
Category :金よ出てこい☆コンコン

金よ出てこい☆コンコン 21,22話

モンヒョン父と正面から向き合うことにしたヒョンテ。「大丈夫?私も行きましょうか?パパは怒ると怖いわよ」と心配するモンヒョンに「昔から叱られなれてるから平気さ。君がついてきたんじゃ意味がない。いつまでも女房の後ろにかくれてると思われる」と笑って出かけるが、モンヒョン父は覚悟以上に怒っていた。
「それで女とは別れたのか」と聞く父に、ヒョンテは正直に「それがなかなか難しくて」と答えてしまい、ますます父を怒らせる結果になる。
父はモンヒョンは引き取る、離婚だと宣言。ヒョンテ家に乗り込み、モンヒョンに「家に帰ろう」と告げる。
慌てたヒョンテは「僕はモンヒョンさんを愛しているんです」と跪いて連れ帰らないよう懇願するが、父は聞く耳を持たない。

そこでモンヒョンは、ヒョンテに「ご家族が悲しむからそれだけは言うな」と止められていたのにもかかわらず「パパ、私、ヒョンテさんに恋人がいることを知ってたの。知ってて結婚したの」と話してしまう。衝撃を受ける父。
すごすごと帰っていく。

ヒョンテから別れる意思を告げられたミナは突飛な行動に出る。ヒョンテ実母の家に乗り込み、居座ったのだ。
困った母はヒョンテに連絡。ヒョンテはミナを説得して出ていかせようとするが、「お父さんに認められるようにって、私が結婚を勧めたのよ。そこまであなたに尽くしてきた私を捨てるの?」と言われ、結局何も言えなくなる。
悄然と帰宅したヒョンテ。結果がどうなったか知りたいモンヒョンだが、話す気力もない様子。

・・・・手ごわい愛人、ミナ。でも今回、ヒョンテがはっきりとモンヒョン父に「モンヒョンさんを愛しています」と宣言したのがよかったわ。どさくさまぎれであっさり流されちゃったけど。モンヒョンの嬉しいリアクションが欲しかったなー。
長年の情で簡単に愛人を捨てられない優しいヒョンテ。そんなヒョンテだからモンヒョンは好きなのよね。

Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2014   0 comments   0 trackback
Category :金よ出てこい☆コンコン

金よ出てこい☆コンコン 19,20話

モンヒョン実家に愛人の存在を知られたことで、会わせる顔がないと恥ずかしく、情けなく、いたたまれないヒョンテ。
ヒョンテ父は、「料理にはよく気遣えるのに、口は軽いんだな」とモンヒョン母に愛人のことをしゃべったソンウンに皮肉をいい、ドクヒにモンヒョン母に謝罪しろと命じる。
いやいやモンヒョン母への謝罪の席を設けるドクヒ。なぜかヨンエも一緒に来ている。ところがドクヒは謝るどころか、モンヒョンは嫁として気に入らない、生意気だ、ヒョンテが気に入らないのなら離婚すればいいと言い放ち席をたち、ますますモンヒョン母を怒らせる。
とりなすヨンエ。モンヒョンはヒョンテにはすぎた嫁で、実の娘のように可愛い、自分が必ず愛人とは別れさせる、と平謝り。モンヒョン母がもし別れなかったら?と聞くと、そのときは自分たち三人でアメリカに行くという。

ついにヒョンテが恐れていたモンヒョン実家からの呼び出しがかかる。「お父さんに叱られるのが怖い、絶対にいやだ、行きたくない」と言い張るヒョンテ。だけど愛人とは別れられないと訴える。どうしても?と尋ねるモンヒョンに、「あいつに別れを切り出したらどうなるか、見せようか」と一緒に愛人に会おうと言う。
嫌です、会いたくないと拒否するモンヒョンに、ヒョンテはじゃあ一人で会うから見てればいいと愛人を呼び出す。

話があるというヒョンテに、愛人は「別れ話ね」と怒りだし、農薬を持ち出して「死んでやる」と飲もうとする。慌ててとりあげるヒョンテは、なすすべもなく、「じゃあ一緒に死のう」と薬瓶を口に持っていく。
そこへ、モンヒョンが飛び出し「やめて」と止めに入る。
連れてきてたのか、と怒って店を出ていく愛人。追いかけようとするヒョンテにモンヒョンは「行かないで、お願い」ととりすがる。

ヒョンテとモンヒョンは公園のベンチに座って、話をする。「あいつは男を狂わせる。有名企業のあととりを精神科行きにしたこともある。俺を愛人のこのくせに、と侮辱した彼の目の前で、裸で俺に抱きついてキスをしたんだ。父さんに殴られ、母さんに冷遇される同じ境遇でいつも俺と一緒にいた。何のとりえもない俺のそばにずっといてくれたんだ」
ヒョンテと愛人の強いきずなに自分が割って入る隙間がないと絶望したモンヒョンは「家に帰ります」ととぼとぼと歩きだす。
追いかけるヒョンテは、ためらったのち、モンヒョンの力なく下げられた手をとってそっとつないで歩きだす。
少し嬉しいモンヒョンは笑顔になる。

モンヒョン家まで送っていくが、中に入る勇気のないヒョンテ。見かけたモンギュが「ひどい奴だな」とヒョンテをなじる。
帰宅したモンヒョンを抱きしめて出迎える祖母。「別れなければ、愛人と一緒に川に飛び込むって言ってたのよ」と父方の祖母の言葉に、モンヒョンは祖母の気持ちがありがたく、目をうるませる。
当然別れるべきという家族の前でヒョンテをかばうモンヒョンに、一同はあまりの辛さに気がおかしくなったと驚く。
父と落ち着いて話をするモンヒョンは、頑張ってみると言う。彼を好きなんだなと見抜く父に笑顔を返すモンヒョン。
モンヒも帰ってきてモンヒョンと抱き合って再会を喜ぶ。「お姉ちゃんに本当に会いたかった」とモンヒがユナを演じていてたびたびモンヒョンをかばっていることを知らないモンヒョン。

「邪魔者は私だった。二人は本当に愛し合ってる。純粋な気持ちで欲も何もないの。彼が別れを切り出したら薬を持ち出して。追いかける彼に行かないでってすがったの。」とモンヒには切ない気持ちを打ち明ける。
モンヒョンは「愛してしまったのね」とモンヒの気持ちを思いやる。
今のモンヒには通じるものがある辛い片思い。

ヒョンテはモンヒョン兄に怒って呼び止められた話を母にいいつけている。「名前で呼ばれてまだよかったわよ。この野郎とかじゃなくて」と言う母。
独りになると結婚写真を見てモンヒョンのことを思うヒョンテ。

ソンウンはヒョンスマンションの前に路上販売の車が置いてあるのをみて、最近のユナの言葉を思い返し、モンヒとユナが同一人物ではないかと思い当たる。いつからか本物のユナと入れ替わっていると確信を持つソンウン。
この切り札を使えば、ヒョンスを追放し、夫ヒョンジュンが会社をわがものにすることができるが、それはもろ刃の刃。自分がかつてモンヒの恋人を略奪し、子供まで産んだことを暴露されてしまう。
「あなたを心から愛していることを忘れないで。私をつきはなさないで」とヒョンジュンに根回しをしながら、慎重に時期をうかがうことにする。

モンヒはコンテストで一等になった自分のデザインが、会社に提出されたことを知らなかったが、ヒョンスは、最初からデザイナーになるのが目的で、ユナ役を引き受け、コンテストに応募したと誤解している。
モンヒの釈明にも耳を貸さない。モンヒはマンションを出ていき、実家に戻ることにする。

モンヒがデザイナーとして会社に採用されれば、必然的にユナ役をさせていたことがばれてしまい、自分は身の破滅だ。
母の汚名を挽回するまではことを荒立てたくないヒョンスは、彼女のデザイナーの夢を犠牲にすることで苦悩している。

・・・・情熱的な愛人と別れるのは難しいから絆を断ち切れないヒョンテだけど、ためしに一応別れを切り出してみたのは、モンヒョンに惹かれ始めたからよね。
でも別れるにはてこずりそう。ヒョンテを愛しているモンヒョンが切なくて可哀想。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2014   0 comments   0 trackback
Category :金よ出てこい☆コンコン

金よ出てこい☆コンコン 17、18話

キャンプから帰って、態度が軟化したヒョンジュンはヒョンテにも仕事をさせようと思いつく。
父の下より自分の下の方がいいだろうからと会社に入るように提案。父も賛成するが、ヒョンテは浮かない顔。
モンヒョンは「仕事をするのがどうしていやなの?」と聞くが、その方がこの家の平和のためだと言うヒョンテ。
継母はヒョンジュンに会社を継がせたい、兄や自分が本気になれば警戒する。自分は小遣いをもらって遊んでいればもめ事が怒らないと説明する、

ヒョンテ母がモンヒョンに会いに家にやってくるが、明らかに嫌悪感を表すドクヒ。「ヒョンテに冷たくしないで」と抗議するヨンエに気に入らないのはヒョンテじゃなくあなただ、と告げる。どうすればいい?どこかに消えようとかというヨンエに、ドクヒはカリフォルニアにでも行けという、家が落ち着いたら自分もあとから行くからという提案を息子のためにのむことにするヨンエ。

そのことを知ったモンヒョンは悲しみ、どこにも行かないでください、お義母さんがいるからこの家で耐えていけると訴える。
ヒョンテも子供の用に「母さん、そばいにて。母さんがいないと生きていけない」と地団太を踏んで泣き出す。
そんなヒョンテに「私がどこにも行かせない」と毅然と宣言するモンヒョン。

ヒョンテはヒョンジュンと飲み、ドクヒのせいでヨンエが外国にやられると愚痴。母のやり方が気に入らないヒョンジュンは泥酔して暴れ母に毒づく。
騒動のせいでヒョンス父がドクヒの企みを知るところとなり、ドクヒの勝手なふるまいを一喝、ヨンエの外国行きはうやむやになる。

モンヒョンが嫁いできてから、モンヒ母の態度が大きくなったとソンウンに告げ口されたドクヒは、ぎゃふんと言わせるために、ヒョンテ愛人のことを暴露するよう指示。
ソンウンは親切ごかしにモンヒ母にそのことを明かす。ショックで倒れてしまうモンヒ母。
それを知ったモンヒはあれだけ言ったのに、まだヒョンテが愛人と別れていなかったことに激怒。家に押しかけてヒョンテに目にものみせてくれると息巻く。
ヒョンスは自分が言うからと一緒に実家に行く。
モンヒがヒョンテを大声で呼び出すが、文句を言う前に、ヒョンスがいきなりヒョンテを殴りつける。
「お前は家の恥だ」と怒鳴るヒョンスの勢いにみなびっくり。ヒョンス父も部屋から飛び出てくるが「弟がわるさしたら兄が叱るもんだ。もっと言ってやれ」とあおる。

モンヒョンは殴られたヒョンテを心配して傷の手当てをしようとする。頬に薬を塗ろうとして、顔が接近し、ドキドキする二人。

ソンウンが告げ口したことがモンヒ父の口からヒョンス父の知るところとなり、大恥をかいたとソンウンは叱られ、私の指示でしたと白状したドクヒも怒鳴られ喧嘩になる。

モンヒョンにあんたが本当に可愛い、大事だというヨンエはモンヒョン家に謝りに行こうかとまで言いだす。

モンヒは宝石デザインコンクールにヒョンスの協力もあり、何日も苦悩したあげくにやっとひらめき、提出。
一等に選ばれる。
そのことを一番にヒョンスに告げにお店にやってきたモンヒ。二人は抱き合って喜ぶが、それを母が目撃。モンヒはいいかげん、妻の身代わりをやめるようきつく言われるが、恩があるからほおっておけない、と母のいうことを聞かない。

実はモンヒはユナと双子の姉妹。二人とも親を亡くし別々に養子縁組をしていた。それを知るモンヒ母は、因縁に驚き、姉の夫の妻役を演じるモンヒを案じているのだった。

・・・・・誰にどういわれても愛人と別れる気はなさそうなヒョンテだけど、同志のようなわかりあえる間柄の愛人とは、別の感情をあきらかにモンヒョンに抱き始めた様子。お子ちゃまのヒョンテはそれがどんな感情なのか、まだ自分でもわかってないみたいだけど。
モンヒョンは愛人と会い続けるヒョンテを理解し、子供っぽいヒョンテを包み込もうとしてるわね。
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2014   0 comments   0 trackback
Category :金よ出てこい☆コンコン
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR