サメ~愛の黙示録~ 1話


2
3
キムナムギルファン待望の、除隊後復帰作「サメ」が始まりました。
第一回は主演二人の出会い初恋ストーリーで、子役時代からですが、子役と言っても演じているのは、ナムギル役が、ヨンジュンソク君、近いところでは「頑張って、ミスターキム」の脱北少年役、ソンイェジンさん役が、今視聴中のウンヒ、ヒロインのキョンスジンちゃん、ともう立派に大人な二人。
高校生時代を演じています。
2人が演じることで、このドラマの入り口としては、ぐんと親近感を覚え、とっつきやすくなってます。
さすが、子役からベテランの二人の演技にはひきつけられるものがあり、切なくもはかない初恋ストーリーが、この第一回だけで、見応え十分な一編の映画のようになっています。

へウとジュニョンの結婚式。招かれざる客、イスがやってきて、ジュニョンは見覚えのある人だと思うが誰なのかわからない。

イスの回想は高校時代にさかのぼる。
転校前の友達と思い出に食い逃げをしてお店から逃げるイスと、家出をして追ってから逃れるへウは隠れ場所で知り合う。一緒に屋台で食べていたが、追っ手に追いつかれそうになって、イスの前から走り去るへウ。
へウの高校に転校生としてやってきたイスは、へウの家に新しく使用人として住む一家の長男だった。
祖父のおかげで裕福な暮らしのへウだが、仕事の能力は低く、浮気者の父と、不仲な母。
母はアナウンサーと不倫をして新聞ネタになってしまうスキャンダルに耐えかねてへウを置いて家を出てしまう。
祖父に叱責される父だが、懲りない。

複雑な家庭環境のせいか、授業にでず不真面目なへウ。優等生のイスが授業に出るようにいうと、イスに興味を持つへウは素直に従う。友達になろうよ、というへウに嫌だね、と口では言うイスだが、自分につきまとうへウのふとした瞬間の横顔に見とれてしまう。
ある日姿が見えないへウを探すイス。先輩で昔は優等生だったが、弟を亡くしやけになって不良になったというドンスがへウと仲がいいらしく、イスがへウにふさわしいからと、居場所を教える。

別荘近くの湖の水辺にたたずんでいたへウを見つけるイス。へウは泣いていなかった。淡々と母が出て行ったことを告げ、湖の写真を撮り続けてきたことを話す。
ふざけてイスを録画しながら、インタビューの真似事をするへウ。
サメが好きだ、サメになりたいというイス。サメは止まることを知らない、動き続けなければ死んでしまう。というイスに、私がいなくなったらどうする?と聞いてみるへウ。
探し続ける、死ぬまで探す、だから僕は死ねない、とイスは答える。

お互いに好き、という言葉は使わなくても、思いが通じているイスとへウ。
どこでどう行き違って、へウは違う人物と結婚するのか、なぜイスを覚えていないのかしら。
謎を残して第一回が終わりました。





スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2013   0 comments   0 trackback
Category :サメ~愛の黙示録~
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR