「63時間徹夜仕事ました」... 生死かかったドラマの現場

0003057200_001_20180119060154370.jpg
(写真=ネットフリックス提供)
"一週間の間に、ドラマの撮影をすると睡眠を宿泊施設に入っ者ではなく、車の中で移動しながら眠る。宿泊施設は、ちょうど服着替えたり洗ってくるときに使うスペースです。ご飯を食べる時間もなく配信のり巻きの行食べそう仕事をするんです。私は63時間程度寝働いたこともあります。スタッフの間では、そのように信じられないほどではない。」 (撮影チームスタッフAさん)

事前製作も、ポストプロダクションも例外ではない。 最近、大規模なドラマ撮影中に相次いで人身事故が発生し制作スタッフが体験劣悪な労働の現実問題として浮上している。 Aさんの話のように、放送や映画制作スタッフが、強度の高い労働に苦しめられてきたのは、昨日今日のことではない。

先月26日、tvNドラマ「化有機」の撮影現場では、セット作業をしていたスタッフが墜落事故で下半身が麻痺されている負傷を負い、普段健康なネットフリックス、ドラマ「キングダム」美術スタッフは撮影を終えて帰宅していたのが突然倒れ、病院に移送されたが終了脳動脈瘤破裂で死亡した。

業界では、このような人身事故の原因を最小限の安全装置も設けていない現場と週平均116.8時間に達する長期労働と指摘している。

「キングダム」の制作側に死亡したスタッフが撮影前二日を休んので過労死ではないだろうと釈明したが、すでに以前から睡眠保証が困難な長期的な労働をしてきた可能性が高いという話だ。 特に、そのスタッフが属していた美術チームの場合、撮影準備業務が多く、その強度が他のチームと比べても大幅に高い。

雇用労働部は、1週間の平均60時間以上の勤務時間(発症前4週間、1週間の平均64時間)を持続して持っている場合、脳血管や心臓血管の正常な機能に大きな影響を与えることができる物理的・精神的な過労を引き起こす可能性があると告示している。

「キングダム」の事故を置いて「長時間労働がもたらした予告された人材」と批判した全国映画産業労働組合(以下、映画労組)側の関係者は、「「キングダム「死亡スタッフは私たちの組合所属であり、ドラマとが製作会社からスタッフ不本意100%映画で働いていた人たちであった」とし「撮影時だけ労働することはない。次の撮影を準備し、撤退するすべての時間が、最終的に時間外労働である。美術チームであれば、他のチームよりも準備や整理に時間が倍に多くかかる一日に4時間も眠れない」と説明した。

それさえも「キングダム」は、100億ウォンが投入された事前製作ドラマなので、他の制作現場ではなく、撮影日程が余裕でたけど、いわゆる「生放送」と呼ばれ、リアルタイムで進行されるドラマ撮影現場は、睡眠、食事など基本的権利を完全に保証されないレベルである。 最近ドラマ事前製作が活発になったといっても一部だけ、そのほとんどドラマは週に2時間映像を処理しなければならので当然の結果だ。

この関係者は、「映像産業に従事する労働者の劣悪な環境では、一日二日出てきた話ではない。彼らがそうであるからといって残業を受けることもない。スタッフ100人に調査した結果、一人も標準勤労契約書に基づいて超過勤務手当を申請していなかった」とし「12時間働けば12時間の休憩を確保くれている理由は、お金はともかく、人らしく仕事を望んだからだ。私たちは、今睡眠もよくできている現場が必要だ」と訴えた。

スタッフを雇用する製作会社には、「このような環境を管理・監督する主体がないから、最終的に製作裁量ような環境が造成される。お金がなければ、工場を休まず回すように、私たちは、決められた予算内になる使い捨てに過ぎない。工場をその回転するには、交代勤務でもなければされ、私たちはそのようなこともない」と指摘した。

「化有機」のような事故は、撮影現場で一度や二度である。 45mの高さのジェットコースターの上に上がってカメラを取っても安全装置一つないと、セットを製作したり、照明を担当するチームは、より墜落事故にさらされやすい。 3m以上の高さで作業する場合は、無条件に安全帽と安全装置が必要ですが、これを適切に備えた現場がないためだ。 照明監督は、セット場で墜落して意識せずに病院に運ばれたが幸いに目が覚め作業を終えた事例もある。 それこそ「運がいい」存続のだ。

聖公会大チェジンボン新聞放送学科教授は、政府レベルの制度的補完装置が設けされていない以上、放送、映画制作スタッフの劣悪な労働環境は解決されにくい診断した。

チェ教授は「制作スタッフは、大多数の契約であるため、基本的な労働者の人権保障だけでなく、事故にも特別な補償を受けにくい場合が多い」とし「雇用労働部で保護する一般的な労働者の範囲外であるため、死角が発生し、その激務に苦しんであろう。事故の露出の危険性も高くなる」と話した。

続いて「労働政策による制度的補完装置が切実だ。標準勤労契約書があっても、管理・監督する人々がなく、積極的に報告したり、問題提起をすることができる通路もない状況である。彼らの労働環境を定期的に点検するシステム自体が必要である。これまでの雇用労働部から定期的に実態点検をしていないことも問題の理由だと思う。特殊職業による専門部署やスタッフを配置しなければならない」ともう一つの選択を提示した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

[2018文化]ドラマ戦争始まる

月火ミニシリーズだけ毎週6編(便)…俳優・スタッフ身代金急騰

ネットフリック須藤製作飛び込んで…"多様性実験契機になるのを"
AKR20171220171800005_01_i_20171224083030612.jpg
'チキン ゲーム'か、'ウィンウィン'か。

狭い韓国の領土で2018年激しいドラマ戦争が始まる。

数十年地上波3社の専有物だったドラマが何年か前tvNの加勢で4巴戦になると、今年はJTBCとOCNの躍進で6巴戦になった。

ところでこれが終わりでない。 今年の下半期tvNとJTBCがドラマ編成帯を拡大すると来年初めにはOCNが加勢する。 また、オリーブとオン・スタイル、トゥラメクス、TV朝鮮とチャネルA、MBNなど他のケーブル、終篇チャネルもドラマを出す。

一幕物劇場とKBS 2TV金曜ドラマ、MBC TV芸能ドラマも機会になり次第出動する予定だ。 月火ミニシリーズだけ毎週夜9~12時最小6編(便)が放送される形だ。 水・木ミニシリーズも毎週5編(便)が訪ねてくる。

ここに動画ストリーミング業者ネップルリクスが'キングダム'を始め本格的に韓国ドラマ版に飛び込む。 幾何級数的に増えるウェブ専用ドラマは別途だ。

ドラマ業界では各放送会社編成スケジュールを問い詰めた結果、類例のない多くの110~130編(便)のドラマが来年に放送されることと観測している。 この中でスターの激戦場であるミニシリーズ ドラマだけ80~85編(便)だ。 果たしてその結果は?
C0A8CA3D000001529BD8360400000059_P2_20171224083030619.jpeg
◇ "君も私も第2の'太陽の後えい'を狙う"

韓国ドラマ業界が膨張した最初契機は2003年日本で'冬のソナタ'が超大当たりを打った以後だ。 韓流や輸出は考えもしなくて内需市場だけを眺めて製作したドラマ業界が輸出に目を開いたのがこの時からだ。 製作会社数が急増したし、いわゆる'韓流ドラマ'企画が続いた。 以後10年日本市場がこれに対し応じてドラマ業界は体つきを育てたし産業化された。

2番目契機は2014年'星から来たあなた'が中国大陸を揺さぶって訪ねてきた。 "雪が降る日にはチメク"という大使とともにドラマが中国で爆発的な人気を呼んで、主人公千輪(チョン・ジヒョンの方)がかけて出てきたすべての服と化粧品が完勝はなるなどドラマが起こした経済効果が途方もなくてドラマ業界は再び揺れた。 君も私も中国を狙ったドラマ企画に入った。

引き続き2016年'太陽の後えい'が3番目契機を用意した。 中国当局が'太陽の後えい'の熱い人気に対して警戒令をおろすほど途方もない人気を呼ぶとすぐにドラマ業界はスケールを育て始めた。

'星から来たあなた'が中国市場を切り開いたとすれば、'太陽の後えい'は中国市場に対する確信と自信を鼓吹した。 その結果以前までは製作費問題などで不可能なことで見なされた多様な企画があふれたし、ロマンチック コメディに限定された韓流ドラマの質的、外形的拡大が本格化した。

考えることもできなかった中国の金ハン令(領)(禁韓令、韓流禁止令)がこのような開くにいくら行かなくて冷水を浴びせたしそれが1年超えてドラマ業界を凍りつくようにしたが、'第2の太陽の後えい'を狙ったゴールドフィーバーは防ぐことができなかった。 そしてその結果は2018年ドラマ制作編集急増につながることになった。
C0A8CA3D0000014718EF7D8E00191F89_P2_20171224083030627.jpeg
◇俳優キャスティング私は・スタッフ身代金急騰

限定された俳優草の中ドラマ制作編集が増えるので俳優キャスティング難易始まった。 同時にスタッフ求人難も広がって照明、編集などスタッフ身代金が急騰した。 ドラマを完成して視聴率成績表を受けるのは2番目問題だ。 熟練したスタッフ、演技力と認知度を兼ね備えた俳優をキャスティングしてドラマを製作する仕事自体が戦争になった。

tvN関係者は"スタッフ求人(拘引)大乱がすでに広がっている"として"口頭で契約をしたスタッフが翌日連絡が取れなければ百パーセント他のドラマ製作現場に行っている。 当然より多くの金を受け取って行くこと"と伝えた。

俳優キャスティング戦争が広がって助演級、新人級には機会の門がパッと開かれた。 トップスターの身代金は言うのが価額になったし、その過程で一回当たり出演料で1億5千万ウォンを要求するという話も回っている。 また、主人公で前に出すスターが非常に不足されて過去ならば主人公になれなかった俳優に主人公の役割が与えられる。

最も楽しくなったことは新人だ。 登用機会をつかむことさえ難しい新人前に色々な機会が開かれたのだ。 この過程で両世宗(セジョン)やチェ・スビンのように一気に新人で主演で背伸びする幸運の主人公もすでに誕生したが、来年にはこのような流れがより一層加速化する展望だ。

ドラマ ホン保社も特殊を享受することになった。 ドラマ一編あたり2千万~3千万を受けるドラマ広報佐賀県材10個の未満なのに、ドラマ制作編集が増えればホン保社の仕事が増えるのはもちろんでホン保社自体も増えるものと見られる。
C0A8CAE2000001594D120D41000003E5_P2_20171224083030635.jpg
◇ "チキン ゲーム"…"多様性花を咲かせるのを"

中国市場も閉じられて、国内広告市場も低迷した中でドラマ制作編集が増えることになるので展望が明るくはない。 2018年一年ドラマ業界が深刻な出血競争の中'チキン ゲーム'を払った後競争力がある製作会社と放送時間だけ生き残ることになるという観測だ。

tvNパク・ホシクCPは"来年に出血競争が頂点をつけた後ドラマ業界がある程度整理されるものと見られる"と展望した。

パクCPは"経営者の途方もない意志でなければこの多くのドラマ製作費を耐えられることはできない構造"として"中国市場が再び開かれるつもりだというのに希望を持って市場がうごめいているようだけどそんなに楽観的でない"と指摘した。

彼は"狭い内需市場対比とても多くのドラマが製作されること"としながら"他の大きい市場を探さない限りこのままずっと行くことはできない"と明らかにした。

類例がないドラマ戦争の中韓国ドラマの多様性拡大に対する期待も大きくなる。

JTBCハム・ヨンフンCPは"2018年が韓国ドラマ多様性を実験する一年になるように願う"と話した。

ハムCPは"制作編集が多くなっただけ似た作品でなく、多様な作品がたくさん出て花を咲かせることができるならばドラマ発展に役に立たないのか"と期待した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

秋をひきつけることが出来なかったメロードラマ…1%台まで墜落も 



各放送会社がリリースしたメロードラマが秋狩猟に失敗した。 

ひとまず火がつけば他のジャンルより容易に(?) 視聴率狩猟ができるのがメロードラマだが、最近リリースした4編(便)のドラマは派手なキャスティングで数歩もっと出られないまま相次いで幕を下ろしている。 

わずかなエピソード、瞬間的な面白味、刹那の映像で話題を集めることはあった。 しかし全般的な競争力が落ちて視聴層拡大に失敗したし、さらには視聴率が1%台まで墜落することもした。 

◇青春スター、視聴率5%が難しくて

SBS TV月火劇'愛の温度'は1,2回10%を渡したりもしたがしばらく輝いた。 以後には5~7%を維持して21日幕を下ろした。 その上に5%の下に落ちはしなくて4編(便)のドラマのうち最も成績は良い。 だが、同時間放送されるKBS 2TV '魔女の法廷'は10~11%を記録中なのと比較すると競争力が落ちた。 

MBC TV月火劇'20世紀少年少女'は1%まで墜落した。 出発から2~3%の視聴率に留まると去る20日には1.8%-2.1%を記録して1%台まで墜落した。 地上波ドラマの屈辱だ。 

去る18日終わったJTBCクムトグク'さらにパッケージ'も2%台視聴率に満足しなければならなかった。 tvN月火劇'今回の生は初めてだと'という3%台を維持している。 

これら4編(便)全部青春スターが主役を演じた。 ソ・ヒョンジン-両世宗(セジョン)、ハン・イェスル-キム・ジソク、イ・ヨニ-チョン・ヨンファ、定所民-イ・ミンギはそれぞれ自分たちのファンたちを踏み台みなしてインターネットで関心を集めた。 しかしインターネット話題が視聴率につながれなかった。 

2017112209183657e.jpg

◇男女主人公の化学作用惜しいね

メロードラマは男女主人公の調和が作品成否の八割を占めるといっても過言ではない。 それだけ他の作品に比べてキャスティングが重要だ。 特異な内容や設定、装置で勝負できる他のジャンルとは違いメロードラマは男女主人公の調和に絶対的に頼らなければならない。 

'愛の温度'はソ・ヒョンジン-両世宗(セジョン)の調和に失敗した。 視聴者はソ・ヒョンジンと両世宗(セジョン)をそれぞれ一生懸命に応援したが、本来カップルではソ・ヒョンジン-両世宗(セジョン)よりソ・ヒョンジン-キム・ジェウクに票を与えた。 後者が男女俳優の化学作用上さらに似合う組合だったためだ。

これは医学ドラマを標ぼうしたがメロドラマで終わったMBC TV '病院船'も同じこと. ドラマが構成したハ・ジウォン-カン・ミンヒョク カップルを視聴者が受け入れることができなくて'病院船'は座礁した。 俳優が各自熱心に延期するのとメローの調和は別個の問題ということを'愛の温度'と'病院船'は見せた。 

'さらにパッケージ'のイ・ヨニ-チョン・ヨンファは最後まで火がつかなくてぬるいままドラマを終わらせたし、'20世紀少年少女'のハン・イェスル-キム・ジソクはさわやかなビジュアルの長所をメローで生かせずにいる。 

その上に'今回の生は初めてだと'の定所民-イ・ミンギ カップルが応援を受けている方。 契約結婚から出発したこれらが本当に愛に陥る呼吸が視聴者を引き込んでこのドラマは視聴率4%を渡すこともした。 

20171122091804230.jpg

◇貧弱だったり不自然なストーリー 

ソ・ヒョンジンは昨年'また、オ・ヘヨン'を通じてケーブルであるtvNで視聴率10%を渡したが、本来地上波であるSBSで放送される'愛の温度'では気が許せなかった。

'また、オ・ヘヨン'はソ・ヒョンジン-エリック組合が大きい呼応を得た同時に、視聴者たちが男女主人公の恋愛が気になって体が熱くなるようにさせた。 しかし'愛の温度'は序盤何回以後にはこれ以上内容が気がかりでなかった。 すでに見せるペをすべて見せて以後には格別内容なしで回っていく状況が続いた。 天気はますます寒くなったが、'愛の温度'の水銀柱は視聴者の心を温めることができなかった。

'20世紀少年少女'はMBCストライキにともなう製作支障と放送会社の頻繁な編成変更で被害を受けたりもしたし、アイデンティティ設定にも失敗した。 主人公が'眼球浄化'カップルではあるが四十を眺める年齢の俳優が10台少年少女の感性にぶらさがるなかで乖離感を抱かせた。 'おとなのための同化(動画、童話)'を作ろうとしたとすれば映像美や感性により一層力を集中するべきだったのにこれでもないあれでもなくなった。 

事前製作で昨年完成された'さらにパッケージ'は秋感性に似合うという判断に年を越して10~11月放送したがドラマが表わした感性自体が深くなかった。 'ヒーリング ドラマ'という評価が出てきたりもしたし、フランスでとった美しい風景で勝負をかけたが主人公のメローが風景に達し得なかった。 

201711220918041fd.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

‘その秋、女風が吹く’... テレビ劇場女優全盛時代

0000212835_001_20171022090122077.jpg
最近テレビ劇場に女風が激しい。 ‘プロメンス’に続き女性の間の友情と義理、愛を入れた‘ウォメンス(Woman+Romance)’が主なトレンドとして位置を確立していること。

普通ドラマ主演構成は男女主人公に、サブ男女主人公が後を支える形態が多いが最近放送中であるドラマはこのような枠組みを果敢に破った。

先に、最近話題の中に放映終了したSBS週末特別企画ドラマ‘姉さんは生きている’というチャン・ソヒ、オ・ユナ、ヤン・ジョンア ソニョウンキム・タソム、キム・ジュヒョン、ビョン・ジョンス、チョン・スギョンに至るまで超豪華女優キャスティングの威容を誇示した。

特に、‘悪女3人衆’であるヤン・ジョンア ソニョウンキム・タソムの熱演は毎回話題を集めたし、これらは‘姉さんは生きている’を通じて人生キャラクターを作った。

後に続いて、jtbc週末ドラマ‘青春時代2’でもハンイェリ、ハン・スンヨン、パク・ウンビン、リュ・ファヨン知遇チェと境遇ぐるっと背中若い女優を中心に話が展開した。
0000212835_002_20171022090122216.jpg
‘男、彼氏、ナム私親立入禁止’を規則で歩いてシェアハウスに住む五女子大生の話を描いた‘青春時代’は女優球団が彼らだけの愛友情未来などをよく描き出してシーズン1に続きシーズン2度成功裏に終えた。

また、現在の放送中であるtvN水木ドラマ‘釜岩洞(プアムドン)復讐者’とMBC ‘ヴォーグ気持ち’にも多数の女優の猛活躍中だ。

‘釜岩洞(プアムドン)復讐者’は財閥家の娘、既存の市場生鮮醤数、大学教授夫人など積集合がなかった女性たちが‘複数’という共同の目標の下集まって行う話を入れた。 ‘釜岩洞(プアムドン)復讐者’はイ・ヨウォン、ミョン・セビン、ラミという(のは)背中信じて見る俳優の組合で新鮮な勢力伸ばし中だ。

‘ヴォーグ気持ち’やはり7年前子供を産むやいなや死んだ妻をモチーフでAIヒューマノイド‘ヴォーグ気持ち’を製作してヴォーグ気持ちが清潭洞(チョンダムドン)ラグジュアリー幼稚園‘バッキンガム幼稚園’に入城して広がるどたばたの話を入れた。 ‘ヴォーグ気持ち’は新鮮な素材上(胃)にパク・ハンビョル アイビーチェ・ヨジン、ファン・ボラなど女優の個性がある延期(煙、演技)が交わって好評を受けている。

それなら、テレビ劇場で女風が強く吹く理由は何だろうか?

0000212835_003_20171022090122276.jpg
まず、スクリーンでもブラウン管でも以前になかった実験的なキャスティングという点が視聴者たちの好奇心を刺激している。

定形化された男女中心の人物関係、あるいは男女間三角関係で大きく抜け出すことができなくて選択の幅が狭かった視聴者たちに最近女優集団キャスティングと女優中心の人物関係、そしてこれらの中だということの劇展開は斬新なことで近づいている。

また、女優がリリースする感受性あふれる延期(煙、演技)も女風をより一層激しくさせている。 涙延期(煙、演技)や繊細な感情をディテールに表現するのに女優が強みを見せていること。 そしてこのようなディテールな延期(煙、演技)は女性視聴者たちの感受性を刺激している。

合わせて、犯罪捜査物、法廷ドラマなどジャンル物から抜け出した素材の多様化も女風の主な要因として作用している。

これに対してあるドラマ関係者は“清純可憐型あるいは悪女型俳優はもちろん、色とりどり容貌と個性を持った女優の登場が増えて女優活用幅がより一層広くなっている”として“ここにドラマの素材の多様化で配役の多様化もなされているだけに女風は一時的な現象でなく持続的なトレンドで位置づけるだろう”と展望した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

視聴中ドラマ 

ハベクの新婦

f131435205799169541(0).png
人間の世界に降りてきた水の神、ハベク(ナム・ジュヒョク)と代々神の従者として生きる運命の
精神科医ソア(シン・セギョン)が織り成すファンタジーラブロマンス。

「ミセン-未生-」のチョン・ユンジョン脚本家と「ナイン~9回の時間旅行~」「三銃士」
を手掛けたキム・ビョンス監督がタッグを組み、原作漫画を現代風にリメイクした本作。

主演を務めるのはドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」「力道妖精キム・ボクジュ(原題)」の俳優ナム・ジュヒョク。水国王の跡継ぎとして権威を認証する“神石”を回収するために人間界へと
向かい、そこでシン・セギョン演じるソアと運命的な出会いを果たすハベクを演じる。
水国王の跡継ぎでプライドが高い彼だが、不器用ながらも一途にソアを見つめる二つの魅力を持ったキャラクターを見事に演じきっている。
ナム・ジュヒョクとともに主演を務める女優シン・セギョンは、ハベクにだんだんと惹かれていく
精神科医ソアを演じる。

その他、人間界に派遣された水の管理神ムラをf(x) クリスタル、天の管理神ビリョムを5urprise
コンミョンが演じ、ドラマの世界観をより一層盛り上げる。

神界と人間界を越えた運命的な主従ロマンスの結末とは!?豪華共演陣で送る神秘的でどこか切ないファンタジーラブロマンス!

王は愛する
cast-cont.jpg
父親は高麗の王、母親は元皇帝の娘。その二人を両親に持つ高麗の王子ウォン(イム・シワン)は、美しい容姿、知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、優れた姿の裏には征服欲を隠し持っていた。彼には一生を共にすると誓った友、リン(ホン・ジョンヒョン)がいる。民が息災に暮らせる国を夢見る同士であり、心を交わせる唯一の家族であり、死をも共にする覚悟がある友。ある日、二人は身分を隠して王宮の外へ出る。そこで美しい少女に出会い、不思議な感情を抱く。

少女の名前はサン(ユナ/少女時代)。高麗一のお金持ちの一人娘。ウォンはサンの素直さに惹かれ、友情が芽生えるが、これがすべての悲劇の始まりだった…。
ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになる。しかし、リンもサンに思いを寄せていることに気づき、激しく嫉妬する。サンの美しさが二人の男性の心を奪い、永遠に続くと信じていた二人の友情が崩れ始め…。

君主~仮面の主人~
img-cast.jpg
あらすじ

時は朝鮮王朝。王宮に待望の王子が誕生するが、その命と引き換えに、辺首会に揚水庁の全権を渡すことになる。王は辺首会から守るため世子に仮面を被せ育てる。16年後、立派な青年に育った世子イ・ソン(ユ・スンホ)は、自分が仮面を被って生きなくてはいけない理由を探るため、王宮を出てチョンスという本売りだと名乗り、ウボ(パク・チョルミン)という学者を訪ねて行く。ウボの元で学ぶカウン(キム・ソヒョン)に出会った世子はその笑顔に惹かれ、家までついていく。そこでイ・ソンという自分と同じ名をもつ青年(エル(キム・ミョンス))とも知り合った世子は、彼らを通し、庶民がごく普通の水を手に入れることにさえ苦労していることを知る。

名前のない女
design_program_690_1.jpg
みどころ
*日本初放送!恐ろしい程の母性愛を持つ2人の女性の物語。子どもを守るために名前を捨てた女が繰り広げるドロドロ復讐劇!
*『笑ってトンヘ』オ・ジウン、『スパイ~愛を守るもの~』ぺ・ジョンオク、『魔女の城』ソ・ジソク、『あなたの女』パク・ユンジェ主演!
*ドロドロ愛憎劇らしい衝撃的な展開をみせ、韓国で現在、視聴率を20%越えをしている話題作!
*長年恋人同士だったヨリ(オ・ジウン)とムヨル(ソ・ジソク)。そこへ社長の娘へジュ(チェ・ユンソ)が現れ、愛と裏切りの愛憎劇が始まる!
*白血病の息子を助けたいヨリの義母ジウォン(ペ・ジョンオク)、その息子の骨髄の適合者で妊娠中のヨリ、2人の女の母性愛が悲劇を産む。壮絶なストーリー、そして衝撃的な事実から目が離せない!
*視聴率40%代を記録した国民的ドラマ『君は僕の運命』、『笑ってトンへ』の名コンビ 演出家キム・ミョンウク&脚本家 ムン・ウナが6年振りにタッグを組んだ最新作!


あらすじ
妊娠しているヨリ(オ・ジウン)は殺人罪で10年間、刑務所に行くことに。そして冷たい刑務所の部屋で子供を出産する。同じ頃、ヨリをいじめていたヘジュ(チェ・ユンソ)も病院で子供を出産していた。驚くべきことに彼女の夫はヨリと付き合っていたムヨル(ソ・ジソク)だった…

品位のある彼女
20170710_152555_2047.jpg
あらすじ

嵐の夜、財閥家アン・テドン(キム・ヨンゴン)の大邸宅で、ひとりの女性が殺された。殺されたのはパク・ボクジャ(キム・ソナ)。テドンの介護人から妻にのし上がった人物だ。警察が目をつけたのは、アン家の家族全員。はたして誰がボクジャを殺したのか……?時は遡り―。ある日、アン家の次男の嫁アジン(キム・ヒソン)は、テドンの介護人としてボクジャを雇う。見た目は素朴で方言丸出しのボクジャだったが、どこか棘のある態度に長男の嫁チュミ(ソ・ジョンヨン)や家政婦たちは嫌悪感を覚える。アジンとテドンはボクジャを気に入っていたが、詐欺で服役していた過去を知ってしまう。その頃、アジンの夫ジェソク(チョン・サンフン)は、新人画家のソンヒ(イ・テイム)と不倫を楽しんでいた。

花を咲かせろ!ダルスン
poster2_1024_1.jpg
*日本初放送!1960年代を舞台に、記憶を失った一人の少女が靴職人として成功するまでの波乱万丈な人生を描くヒューマンラブストーリー!
*「鳴かない鳥」ホン・アルム、「鬼<トッケビ>(原題)」ユン・ダヨン、「アイアンマン~君を抱きしめたい」カン・ダビン、One O Oneのソン・ウォンソク主演!
*主人公ダルスンが逆境を乗り越え、父の死の謎を明らかにし、奪われた父の製靴店を取り返すサクセスストーリー!
*「TV小説 私の心は花の雨」の脚本家ムン・ヨンフン&「大王の夢~王たちの戦争」の演出家シン・チャンソクが手掛ける血の繋がりを越えた家族の愛を描くヒューマンストーリー!
1945年5月 韓国ソウル ソンイン製靴は創立6周年目の記念日を迎えた。ヨンファ(パク・ヒョンジョン)は、6年前 行方がわからなくなってしまった恋人のジェハ(チェ・チョロ)の事を忘れられずにいた。しかし母クンソン(ジョン・ヨンスク)は、もうヨンファがジェハを忘れてテソン(イム・ホ)と結婚することを願っている。ヨンファに想いを寄せていたテソンはクンソンが結婚を許してくれたので、大喜びするが…。


君を守りたい~SAVE ME~
bg_people_on.jpg
2PMテギョン主演作!カルト教団に閉じ込められた初恋の人を救うため立ち上がる青年の物語!

一見、平和に見える村。しかし、この村は怪しげな教団によって支配されていた…。
両親の事業の失敗で田舎へとやって来た少女サンミ(ソ・イェジ)。そんなサンミの家族たちに教団の存在が忍び寄っていく。
田舎者の青年サンファン(テギョン(2PM))は初恋の相手サンミが囁いた「助けて…」という言葉に強い衝撃を受け、仲間たちとともに彼女を救うため立ち上がる。

主演を務めるのは大人気ボーイズグループ2PMのテギョン。前作のドラマ「キスして幽霊!〜Bring it on, Ghost〜」では幽霊バスターの大学生役を演じた彼が、本作では怪しげな組織の闇に巻き込まれながらも奮闘する青年を演じる。
その他、ソ・イェジ、ウ・ドファン、チョ・ソンハ、ユン・ユソン、パク・ジヨンなど豪華個性派俳優陣が集結し、ドラマをより一層盛り上げている。
社会の不条理と大人たちの欲望に翻弄されながらも初恋の彼女を救い出すことはできるのだろうか…。

【あらすじ】
韓国の田舎町・ムジ郡で暮らす高校1年生のサンファン(テギョン(2PM))。成績優秀で地元の名士を父に持つ彼は誰からも一目置かれる存在だが、生真面目な優等生というわけではなく、親友のドンチョル(ウ・ドファン)、ジョンフン(イ・ダウィ)、マニ(ハ・フェジョン)と楽しく気ままな高校生活を送っていた。

ある雨の夜、サンファンは親友3人と共にパンクしたトラックを手助けする。車に乗っていたのは、ソウルから引っ越してきたサンミ(ソ・イェジ)の一家だった。サンミと双子の兄サンジンはサンファンたちと同じ高校に通い始めるが、気弱なサンジンはたちまち不良学生たちのイジメの標的となる。
そんな中、サンファンはサンミから「兄を助けてほしい」と懇願されるも、ある事情から彼らを見捨ててしまう…。

いとしのクム・サウォル
geum-sa-wol_main.jpg
クム・サウォルが生まれる前の話―。サウォルの母シン・ドゥゲはポグム建設の社長令嬢で、家族幸せに過ごしていた。
父の一番弟子の建築士オ・ミノとの結婚式当日、父とミノによる一大プロジェクトが失敗。父は倒れ、ミノは逮捕されてしまう。結婚は白紙に戻り、傷心のドゥゲを救ってくれたのはミノのライバル、カン・マヌだった。
マヌと結婚したドゥゲだったが、ミノに再会し、すべてはマヌの策略だったと知る。
ドゥゲはミノとの一夜限りの関係でできた娘サウォルをひそかに産み、施設へ預けカン家への復讐を誓うのだった。
出生の秘密を知らないまま成長したサウォル。サウォルは、養護施設で共に育ったヘサンと共にミノに引き取られ、2人は建築業界で働きだす。
そして2人はポグム建設の後継者でマヌと前妻の息子チャンビン(ユン・ヒョンミン)と出会い、運命の歯車が動き出す…。

☆これ以外に、一番はまってるかもしれない「お父様、私がお世話します」「父が変」。

我ながら、視聴数多過ぎー(^_^;)
ひとつひとつ丁寧に感想を書きたいけど、とても追いつきません(・_・;)

一口感想も・・・・・・無理ー。

特筆すべきは「品位のある彼女」の、キムソナちゃんの怪演ぶり。なんとも陰険でずる賢いキャラをとても自然に演じていて、彼女にこんな引き出しがあったのかと驚嘆。ラブコメで見せてくれる明るくて、ちょっと繊細なソナちゃんとは別人格。
放送中に韓国でソナちゃんの演技が絶賛だったのもうなずけます。彼女の新境地。ソナちゃんの奥深さを感じずにはいられません。

「ハベクの新婦」では、シンセギョンちゃんとナムジヒョク君、大のお気に入りのイムジュファンしの並びの美しさにうっとりしつつ視聴。そしてちょっと驚いたのが、クリスタルの悪役ぶり。板につきすぎ(笑)悪女ぴったり!
ナムジュヒョク君のお顔が整いすぎて表情が硬いままなのも、なんのその。軽く視聴を楽しんでます。

ずっと見たかったのに、他のドラマとかぶって録画できなかったりであきらめかけてた「いとしのクムサウォル」。
やっとBSで視聴可能のタイミングに巡り合ったんだけど。さすが、BSだけにCM中断の多さに辟易。カット、カットで展開が粗すぎる(・_・;)
あらすじだけ読んでるような心境。
まあ、だらだら見てもきっと中だるむので、いいと思おう。この作品がきっかけでヒロインのペクジニちゃんとユン・ヒョンミン君がリアル恋愛はじめたんだものね。私的には「金が出てこい、コンコン」で共演してたパクソジュン君押しだったので、ちょっとがっかりなんだけど、ペクジニちゃんには忘れられない作品でしょうね。

全部見きれるのか、自分!?
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR