「日本で人気の韓国ドラマ」1位に輝いたのは?2017年上半期 TSUTAYAレンタルランキング発表!



TSUTAYAが約6,300万人のT会員の利用データに基づき、TSUTAYAのアジアTVドラマ利用者のデータを集計し、レンタル回数の多い作品ランキングを発表した。

今上半期は、韓国で最高視聴率41.6%を記録した「太陽の末裔 Love Under The Sun」が第1位となった。第2位は「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」、第3位は「オー・マイ・ビーナス」がランクイン。ソン・ジュンギ、イ・ジュンギ、ソ・ジソブなど、主演にはいずれも実力派俳優が顔を揃えた。また、「シンデレラと4人の騎士<ナイト>」「彼女はキレイだった」など、人気俳優が出演するラブコメディが人気を集め上位を占めた。


アジアTVドラマランキング上半期のレビュー2017年上半期は、日本の方が好むジャンルのリリースが続きました。その筆頭は2月リリースの「太陽の末裔 Love Under The Sun」です。普段あまりご覧にならない20~30代の女性が多く観て下さったことで、SNS等で拡散され作品認知が増したと考えます。続く3月には「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」がリリースになり、人気のイ・ジュンギやカン・ハヌル、ナム・ジュヒョク、ベクヒョン(EXO) 等、若手俳優が数多く出演したこと、ヒロインをめぐる攻防もあって、普段時代劇を見ない層にもご覧頂けました。また、今月、アン・ジェヒョン、イ・ジョンシン(CNBLUE) の2人が参加して来日イベントが実施される「シンデレラと4人の騎士<ナイト>」や、「宮廷女官チャングムの誓い」以来13年ぶりのドラマ復帰となったイ・ヨンエの「師任堂(サイムダン)、色の日記」等、幅広い視聴者にお楽しみいただける作品が出揃った期間となりました。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

"宇宙最強シンクロ率" 2016年5台マンチンナムニョ

2016年最高の'マンチンナムニョ(漫画を破って出てきた男-女)'とは?

2016年、人気ウェプトゥンおよびウェプソソルを原作にした多様なドラマの躍進は光った。 興行面でも宣伝(善戦)してテレビ劇場の'大勢'であることを立証した。 ドラマの人気とともに原作を破って出てきたようなビジュアルと実感できる延期(煙、演技)で劇のモール入道を高めた'マンチンナムニョ'スターも熱い愛を受けた。 2Dで現実にこつこつ歩き出したような'シンクロ率100%'の姿で原作ファンはもちろん視聴者たちの心を一気にひきつけた'マンチッ'俳優を集めた。
985550.jpg
▲'チーズ インさらにタラップ'パク・ヘジン

パク・ヘジンは今年の初め、順浮気心作家の同名ウェプトゥンを原作にしたtvNドラマ'チズインドトゥレプ'で'マンチンナム'の定石を見せて女心を揺さぶった。 劇中パク・ヘジンは容貌と家、単位、ファッションまですべてのことが完ぺきなオムチナジマン親切でやさしい顔の後に背筋が寒くなった裏面を有している人物有情役を担った。 善良に見える目元からすらりとした背丈まで、ウェプトゥンの有情と実際のパク・ヘジンは完ぺきなシンクロ率を見せた。

パク・ヘジンはウェプトゥン'チズインドトゥレプ'がドラマ化されるという便りが聞こえる前からネチズンの間で有情駅に'希望キャスティング1順位'で全面的な支持を受けてきた。 製作会社側やはりパク・ヘジンが有情駅にぴったり合う俳優と考えて三顧の礼を辞さなくて持続的なラブコールを送ったという後日談。

このような期待に応じるようにパク・ヘジンはキャラクターに十分溶け込んでタルダラムと冷たさを行き来する好演で'有情先輩症候群'を起こした。 彼は映画'チズインドトゥレプ'でも主人公有情を延期する予定だ。
985549.jpg

▲'クルミ描いた月の光'パクボゴム

2016年最高のスターのパクボゴムは同名のウェプソソルを原作にしたKBSドラマ'クルミ描いた月の光'で朝鮮のヒョミョン跡継ぎをモチーフにした皇太子イヨン役を担ってデビュー後初めての史劇延期(煙、演技)を成功裏にやり遂げた。

パクボゴムやはり原作小説のドラマ化が伝えられた時、ウェブ上では主人公1順位に選ばれた。 ドラマでパクボゴムはウェブ小説の中挿絵でちょうど飛び出してきたような美男美貌で視線を強奪した。 ビジュアル的な部分だけでない、宮中の格式がにじみ出る謹厳さから十九青春の明るい茶目っ気、そして気難しい性格まで全部合わせた、今まで史劇で見られなかった新しい皇太子役を完ぺきに延期して私の好評受けた。

この作品を通じてパクぼごむYは大勢のうちの'王'大勢に浮び上がった。
985548.jpg
▲'泣いた洗うロマンス'リュ・ジュンニョル

リュ・ジュンニョルはMBCドラマ'泣いた洗うロマンス'で生涯初めてのロマンチック コメディに挑戦した。 劇でリュ・ジュンニョルはどんな事でも合理と異性(理性)で解決方法を探すことができると信じるネンミナム弟嫁号で分解、迷信に執着するシムボニ(ファン・ジョンウムの方)と予測不可ロマンスを広げてタルダラムを抱かれた。

'泣いた洗うロマンス'は同名のウェプトゥンを原作にしたが、原作の長さが短いせいで新しい人物とストーリーが相当数追加された。 実際に第宅後は弟嫁号という名前で脚色されたし、原作でサラリーマンでお金を節約して建物主になった弟嫁号はある会社のCEOという設定に変わった。

シンクロ率を高めるために自身中にあるとても小さい弟嫁号でも残すことなく取り出そうと努力したというリュ・ジュンニョルは多様な魅力とキャラクターが存在する弟嫁号駅を自分だけのスタイルで特別に描き出して地上波ブラウン管申告式を派手に飾った。
985547.jpg
▲'心の声'チョンソミン

チョンソミンは歴代ウェプトゥラマ照会数1位を記録して熱い話題を集めているKBS '心の声'に出演中だ。 作家朝晩の同名ウェプトゥンを原作にしたこの作品でチョンソミンは朝晩(イ・グァンスの方)のガールフレンド子愚か者役を担った。 子愚か者は清純な容貌とは違って分かってみれば朝晩を跳び越えるトルギを持つ四次元キャラクター. チョンソミンは子愚か者役のために濃い眉毛と5対5分け目の短い髪は基本、猫かぶり0%の壊れることを恐れない果敢な延期(煙、演技)で注目をあびている。 放送全(前)、美しい容貌で子愚か者役に適していないと思うという憂慮の声もあったが、チョンソミンはシンクロ率100%を自慢するビジュアルと殺身成仁コミック演技で子愚か者キャラクターを異質感なしで消化している。 コミック延期(煙、演技)まで完全にやり遂げてもう一度俳優としての可能性を立証した。
985546.jpg
▲'我が家に住む男'スエ

スエは9年ぶりに挑戦したロマンチック コメディ ドラマ'我が家に住む男'を通じてコミックから涙延期(煙、演技)までできる'カラシナスエ'の威厳を誇った。 やはり同名のウェプトゥンを原作で作られたこの作品でスエは5年目航空会社乗務員ホン・ナリ役を担って'乾いた空青天の霹靂'のように突然できた年下新しいパパ キム・ヨングァンと家系図絡まったロマンスをリリースした。

特に乗務員ユニホームを着てホン・ナリに変身した水際はウェプトゥンを破って出てきたようなキャラクターシンクロ率で視線をひきつけた。 スエは本当に酒に酔ったようにリアルな生活演技をしながらもコミカルな場面では全て自身を下ろしたし、ママを思い出させる場面では即座に目(雪)に涙が溜まるなど無限拡張する延期(煙、演技)スペクトルを見せて代替不可な俳優であることを立証した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2016   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

忘れることのできない2016テレビ劇場最高の★★★

985562.jpg
2016年テレビ劇場は本当にドラマチックだった。

時には胸が痛い現実に複雑で息苦しくなったりもしたし、心を鳴る大使に粛然とすることもした。素敵な男主人公に胸正月・減らしたことはもちろんで、コンニャンコンニャン ロマンスにげらげら笑うこともした。2016年テレビ劇場を数を数えたドラマの素材と人気によりジェットコースターに乗ったようにテレビ劇場に向かったファンたちの心も板飛びをした。忘れることのできない2016テレビ劇場最高の瞬間を探ってみる。

#自他共認1等‘太陽の後えい’
今年最高のドラマは大衆的人気で見ようとするならKBS2 ‘太陽の後えい’を最高のドラマに選ぶほかはない。 俳優ソン・チュンギの軍除隊後初めての作品に関心を集めた‘太陽の後えい’は初放送から視聴率14.3%でスタートを切って、大人気を呼んで視聴率が高空行進をしたあげく去る4月最終回放送で全国視聴率38.8%(ニールセンコリア集計)を記録、今年最高の視聴率を記録した。
KBS2 ‘太陽の後えい’. 提供|KBS
その上平日ミニシリーズが30%高地を越えたことはMBC ‘年を抱いた月’以後4年だけなのでより一層すごい記録だった。 去る13日23.8%で自らの最高記録を立てた‘ロマンドクターキム師父’もまだ放送が来年までしばらく残っただけ30%突破も可能なことと期待されるが、2016年内には‘太陽の後えい’の記録が見下げることのできない数値であるものと見られる。

#名前の値段下は作家様の心どしんと名セリフ
今年も筆力あるスター作家の作品がテレビ劇場で大きな愛を受けた。 名前の値段をするようにスター作家は作品の中で後頭部をがんとして鳴ったり心臓を詰まって感じでよく聞こえなくする大使、恋愛細胞を刺激する大使などを飛ばしてファンたちの感心するようにした。
985561.jpg
今年のはじめ長期未決事件を扱って大きい響きを与えたtvN ‘シグナル’はジャンル物と認められるキム・ウニ作家の作品で、過去と現在を行き来するタイムスリップ捜査物中に珠玉のような大使が多かった。 特に‘シグナル’は不条理な現実をはっきり言う大使が多くのファンたちを複雑で息苦しくすることもした。 俳優チョ・ジンウンが延期した主人公イ・ジェハンの大使“20年も過ぎたが何でも変わったでしょう、彼でしょう?”とイ・ジェフンが延期したパク・ヘヨンの“過去は変わることができます。 あきらめないでよ”という今私たちの現実に投げる作家のメッセージなので今年の名セリフに選ばれる価値はある。

この頃はtvN ‘おばけ’にも筆力を認められているキム・ウンスク作家の‘太陽の後えい’は人気だけに多くの流行語を産んだ。 諭示陣(ソン・チュンギの方)が剛毛研(ソン・ヘギョの方)と小麦党をしている間それとなく心を表わしてした話“謝りましょうか、告白しましょうか”が多くの女性ファンの歓声を受けたし、ドラマに何回も登場した“その難しいことをやり遂げます、私が”というソン・チュンギの流行語になった。
985560.jpg
パク宝剣を大勢俳優で登板させたKBS2 ‘クルミ描いた月の光’でも名セリフが多かった。 特にイヨン(パク宝剣の方)がホンナオン(キム・ユジョン)に対する心を表わした“許さない、身内の人だ”と“私がしてみようとする、その悪い愛”が女心を爆発させた。 ピョンピョンはねる対話体で人気を呼んだSBS ‘嫉妬の化身’では梨花(イファ)神(靴)(調整席の方)が話した“自分の人生にクエスチョンマークは投げるな。 そのまま感嘆符だけ投げて”が感覚的ながらも響きある大使で多くのファンたちの熱い呼応を得た。

#君も私も‘キス長である’、心どしんとキスシーン
多くのドラマから抜け出ることができないのがロブラインで、ロマンスから抜け出ることができないのがまさにキスシーンだ。 あちこちキスシーンが登場するので新鮮に刻印されるキスシーンも手に挙げられる。 そうした中で居間ファンたちの脳裏に打ち込まれたキスシーンはtvN ‘また、オ・ヘヨン’の‘ピョンミルキスシン’とSBS ‘タクトス’の雨の中キスシーンがあった。

985559.jpg
‘タクトス’ではキム・レウォンがおばあさんのことで落ち込むようだったパク・シネを慰めた中で雨が降り始めるとすぐに公衆電話ボックスの中に体を隠して一方のミュージカルのようなキスシーンを演出して目を引いた。 キム・レウォンが“誰かそうしたよ。 人生は嵐が過ぎ去るのを待つのでなくその中で踊る方法を習うことだと”として音楽をかけては雨の中に飛び込んだし、雨の中で踊ってパク・シネまで引っ張って出てきてロマンチックなダンスタイムを持ったこと。 そうしている間キム・レウォンは“私が今から君にどんな行動をすることなんだよ 男大女で”としてパク・シネに奇襲キスをした。 単に最高のキスシーンでなく女性ファンを心どしんとするようにした、今年指折り数えられるほどの名場面といっても過言ではない。
985558.jpg
#忘れることのできないこの一場面、心どしんと名場面
話題作ごとに一つずつ挙げようとするなら言及しなければならない名場面が1,2個ではないこと。 それにもかかわらず、今年多くの女性ファンをびくっとするようにした名場面がある演出者の手並みなので興味深い。 ‘太陽の後えい’と‘おばけ’を演出したこのウン福PDだ。 ‘太陽の後えい’でソン・チュンギ、珍句など軍人がウルクで砂嵐を破って歩き出す場面はソン・チュンギ ファンでない男性たちまでもすばらしいと感心する名場面だった。 そうしたこのウン福PDはその時の興味を生き返らせようとするように最近‘おばけ’でも拉致された知恩ごつんと(キム・ゴウンの方)を救うためにおばけキム・シン(共有の方)と死神(イ・ドンウクの方)が並んで闇を破って現れるシルエット場面で多くのファンたちの感嘆の声を上げるようにした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2016   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

今、面白いドラマ

少し前まで、夢中になれる韓国ドラマが無くなって、ずっとご無沙汰だった日本ドラマの方に面白いものが増えてきてたけど…。
例えば、逃げ恥とか、校閲とか。

でも「獄中花」は、さすがのイビョンフン監督、安定の見ごたえ、面白さ。
そして楽しみにしていた「雲が描く月明かり」!
まあ、なんて胸キュンキュン物語なんでしょ!?
女の子の憧れと夢が一杯つまってる楽しさ。
パクボゴム君とキムユジョンちゃんがみつめあうだけで、どきどきキュンキュンしちゃう~(//∇//)
ひさびさ萌え~♡
楽しい!楽しいぃぃぃ!

シークレットガーデンも星から来たあなたも、イミンホ君とパクシネちゃんの、なんだっけ?題名忘れるくらい(笑)な、好評ドラマにぜーんぜん、ちっとも、全くはまれなかった私は、もう、あれかな?乙女心なくしちゃったのかな?人生できゅーんとなることないのかなとか、つまんないなーって思ってたけど、ちがってた。

自分に相性の良いキャスト、脚本ならちゃんとはまれるってわかった。
自信取り戻したわ\(^o^)/なんの自信?(笑)

とにかく先が楽しみで仕方ないドラマに出逢えて幸せ。

それにもう1つ、「ショッピング王ルイ」!
こちらも楽しみに待ってたドラマ。
大好きなナムジヒョンちゃんヒロインだもん。ソイングク君は、演技力は素晴らしいと思うけど、ビジュアルがちょっと好みじゃないんだけど。
でも、さすが!気弱なお坊っちゃま君を好演。二人を応援したい気持ち満々にさせられた。
いわゆる韓ドラマジック!?
こらも先が気になる~♪

そして、まだ視聴してないけど、忘れちゃいけないジウ姫の新ドラマ。ジウ姫の魅力を堪能しなくちゃ。

というわけで、私の韓ドラ生活もここに来てやっと、再び充実しそうな予感《*≧∀≦》
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2016   2 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ



男性俳優のカリスマ性は、中低音の声と正確な発音、そして女性を感動させる台詞から始まる。最近一番人気が高かった「また、オ・ヘヨン」のエリック(神話) と「シグナル」のチョ・ジヌンから、かなり前に「エギヤ、カジャ(ベビー、行こう)」という流行語で多くの女性を虜にしたパク・シニャンまで、ツンデレな男性主人公らは決定的な一言を残してきた。女性が胸キュンする台詞をまとめてみた。

「あったものだ」…「また、オ・ヘヨン」エリック

「太陽の末裔」のソン・ジュンギが女心を掴んだ後、次に登場したのはエリックだ。tvN「また、オ・ヘヨン」で“ラブコメキング”と呼ばれている彼だ。エリックは劇中でパク・ドギョン役に扮し、ツンデレの魅力を余すところなくアピールした。特に、17日に放送された第6話で彼は、オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジン) の誕生日であることを知り、ビールとともにオルゴールをプレゼントした。何気なく「あったものだ」と言ったが、これがお茶の間の女性視聴者の心をギュッと掴んだ。この台詞は彼の有名な流行語である「どこかで何か焦げるような臭いがしませんか?」に劣らないほど強烈な印象を残した。

「誰が目をそんなに綺麗に開けろと言ったんだ?」…「シグナル」チョ・ジヌン

チョ・ジヌンに惚れるとは思わなかった。tvN「シグナル」でイ・ジェハン刑事役を演じた彼は、キム・ヘスはもちろん、女性視聴者を一気に魅了した。特に第11話で、体調を崩したキム・ヘスの変わりに上司のコーヒーを入れた時はそれこそ“胸キュン”だった。これを見たチャ・スヒョン(キム・ヘス) が驚いて目を大きく見開いたら「誰が目をそんなに綺麗に開けろと言ったんだ?」と怒った。“ツンデレ”そのものだったチョ・ジヌンの演技は、女性の心を揺さぶった。

「しないで、合コン」…「応答せよ1988」リュ・ジュンヨル

今はファン・ジョンウムのパートナーになったリュ・ジュンヨルだが、彼を一躍スターにしたドラマ、tvN「応答せよ1988」に登場するキム・ジョンファンという人物は、彼の一世一代の役になった。“オナムリュ(どうせ夫はリュ・ジュンヨル)”という新しい造語までできるほど、視聴者から絶大な支持を受けた。何気なくドクソン(Girl's Dayのヘリ) に気配りしながら好意を抱くジョンファンの魅力は、お茶の間にそのまま伝わった。合コンに行ってもいいかと、自身の心中を推しはかるドクソンに「しないで、合コン」と答えたが、この一言に女性ファンは歓喜した。

「ご飯食べるか、俺と一緒に暮らすか?」…「ごめん、愛してる」ソ・ジソブ

“ツンデレ”という新造語ができる前の2004年には、ソ・ジソブが存在した。今でも出来のいい恋愛ドラマと呼ばれているKBS 2TV「ごめん、愛してる」で、ソ・ジソブはチェ・ムヒョク役を演じた。気難しくて荒く多血質で喧嘩ばかりするこの男は、ソン・ウンチェ(イム・スジョン) にだけは献身的だった。「ご飯食べるか、俺とキスするか。ご飯食べるか、俺と一緒に寝るか。ご飯食べるか、俺と一緒に暮らすか。ご飯食べるか、俺と一緒に死ぬか」と叫んでいたソ・ジソブの姿は、いまだに記憶に新しい。

「エギヤ、カジャ」…「パリの恋人」パク・シニャン

その年はパク・シニャンも“ツンデレ”な男性主人公だった。キム・ウンスク脚本家が名脚本家になる過程で決定的な役割をしたSBSドラマ「パリの恋人」がまさにそれだ。財閥の御曹司ハン・ギジュ(パク・シニャン) に扮した彼は、カン・テヨン(キム・ジョンウン) をシンデレラにした。人々に見せようとするかのようにしらじらしく「エギヤ、カジャ(ベビー、行こう)」と言ったり、「あの人が私の人だ、私の男だ、なぜ言えないのか」と叫ぶパク・シニャンを見て惚れない女性ファンはなかった。
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2016   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR