本格的なロマンス劇復活は容易ではないね

AKR20180604152300005_02_i_20180605060111078.jpg
本格的なロマンチックコメディ(ロコ)の時代は終わったのだろうか。同様に開始したロマンチックコメディドラマ二編成績が並んでよくない。

5日CJ E&Mとニールセンコリアの5月第4週(5月21~27日)のコンテンツの影響力指数(CPI・下段用語説明を参照)の集計で、SBS TV水木ドラマ「イケメン静音」とtvN月火ドラマ「アバウトタイム」がそれぞれ1上記9位新規参入した。

二ロッコの話題性に比べて視聴率は低調である。

「フンナム静音」は先月31日放送分の視聴率が3.9%-4.1%で、同時間帯の地上波水木ドラマの中で最下位を記録した。

初放送は2位スタートしたが、最下位に墜落したものである。 SBS TVドラマが3%台の視聴率を記録したことも久しぶりだ。

「フンナム静音」は「ギムグァジャン」でコミック演技に水が上がったナム・グンミンと自他共に認めるロコクイーンファン・ジョンウムがドラマ「私の心が聞こえる」以来7年ぶりに再会した作品で、大きな期待を集めた。

しかし、二人の俳優の組み合わせでのみ極を率いて行くには力不足だった。

作品を率いていく大きな事件ず劇中ナム・グンミンが引き受けた剛くん南ファン・ジョンウムが演じる油井音が会っどうのこうのする場面のみが表示されるという評価が後を絶たない。

浮気が真の愛はない財閥南初恋による傷が付いている明るい女性のロマンスも陳腐である。

出産後復帰作で「フンナム静音」を選択しファン・ジョンウムの演技が前作「彼女はきれいだった」と「ウンパルロマンス」と差別化していないとの批判もつながる。
AKR20180604152300005_03_i_20180605060111088.jpg


「アバウトタイム」も似たような指摘から抜け出していない。

「アバウトタイム」の視聴率は初回1.8%、2回2.1%を記録したが、先月29日に放送された4回は1.5%を記録するなど、下落傾向だ。

艶がない財閥南寿命が残り少なくなかったが、明るく生きていく女性が互いに絡み合うパターンは「フンナム静音」と似ている

二人の主人公が出会う過程も偶然の連続だと飽きだという意見が多かった。

异性が演じるチェミカエラが人々の残りの寿命を見ることができる点が、他のロッコと異なる点はあるが、これはまた、外国映画に似ているという指摘を避けることができなかった。

この二つのドラマが苦戦デエヌン各種スリラーとファンタジードラマで視聴者たちの目が以前より高くなって、典型的なロマンチックコメディでは注目を受けることができなくなったのに原因がある。

一方、MBC TV週末ドラマ「別れが去った」は、CPI指数4位新規参入した。

「別れが去った」は不倫、中絶などの話を扱ったが、大引けに感じられるより破格的新鮮という評価を受ける。

3年ぶりにテレビ劇場に復帰したチェ・シラが演じるソ・ヨンヒが出産と育児を接する態度は、単に母性愛だけを強調する「ママの話」とは差別化する。

ソ・ヨンヒのほかギムセヨウン(チョン・ヘヨン分)、ジョンヒョ(チョ・ボア分)が示す母親の姿も既存のドラマでは見ることができなかったという点も好評を受ける。
AKR20180604152300005_01_i_20180605060111097.jpg


KBS、MBC、SBSなど地上波放送3社CJ E&M 6つのチャンネル(tvN・Mnet・OCN・オン・スタイル・OtvN・オリーブ)でプライムタイムに放送されるドラマ、芸能・娯楽、音楽、インフォテインメントプログラムを対象に、人気を把握指標である。

この指数は週間単位でプログラム関連のオンラインニュース登録者数(主要ポータル登載メディア基準)、プログラムを直接検索刺繍(国内主要ポータル6社)、ソーシャルメディアの話題量(ブログ・掲示板・SNS全数調査)の3つの実測データを200点の基準標準点数に換算して算出する。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

韓国人が愛するKBSドラマランキング!1位は「太陽の末裔」…気になる2位に選ばれたのは?



「太陽の末裔」が韓国人が愛するKBSドラマ100選で1位に選ばれた。

1日午後に韓国で放送されたKBS 2TV「芸能街中継」では、「韓国人が愛するKBSドラマ100選」の1位が発表された。ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョカップルを誕生させた「太陽の末裔」が見事1位に選ばれた。

2位にはソン・スンホン&ソン・ヘギョ主演「秋の童話」、3位はペ・ヨンジュン&チェ・ジウ主演「冬のソナタ」、4位にはパク・ボゴム&キム・ユジョンの熱演が印象的だった「雲が描いた月明り」が選ばれた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

5月、ドラマ、大田(テジョン)、どんぐりの背比べ


MBC月火ドラマ'剣法男女'-水木ドラマ'こっちへ来て抱きしめて'-SBS週末ドラマ'シークレットマザー'-水木ドラマ'イケメン正音'(左上段から時計回りに)。写真提供|HBエンターテインメント・イマジンアジア・SBS・モンジャクソ

5月のお茶の間劇場を新しいドラマで満開した。しかし、いざ出演する演技者たちの顔は明るくない。視聴率で、これといった成績を出せずにいて'豊かさの中の貧困'のような状況だ。

5月に放送を開始した月火ドラマではMBC'剣法男女'とSBS'肥えたメロ'があり、水木ドラマはMBC'こっちへ来て抱きしめて'とSBS'イケメン正音'だ。週末ドラマの中ではSBS'シークレットマザー'が19日から放送中だ。ケーブルチャンネルtvNは月火ドラマ'止めたい瞬間:アバウトタイム'(アバウトタイム)と土日ドラマ'無法弁護士'をそれぞれ21日と12日から流している。

新しくスタートした計7本のドラマが視聴者たちを探しているが、視聴者たちの視線を確実に虜にしていない現実だ。ある一編独歩的な作品がなくて互いにどんぐりの背比べをするように似たような数値を続けている。

大半のドラマが視聴率4~6%台で止まっており、'アバウトタイム'1回は1%台を記録した。これは1%台の視聴率が気まずくないほどよく現れている。

先立って、今年度放送したMBC'偉大な誘惑者'とtvN'詩を忘れた君に'、現在放送中のOCN'ミストレス'も1%台の屈辱を迎えた。

2018052609345615a.jpg
SBS月火ドラマ'肥えたメロ'-tvN土日ドラマ'無法弁護士'-月火ドラマ'アバウトタイム'(上から時計回りに)。写真提供|SM C&C・tvN

時代の変化によって'本邦死守'よりスマートフォン市役所やVODサービス(再表示)、ダウンロード、再放送などの利用率が急増したとしても、1%台の視聴率は多い名残惜しさを残す。特に、現在放送中のドラマは出演者たちの面々と多様なジャンルで視聴者たちの目を楽しませる要素が多い。

出産後2年ぶりに'イケメン正音'に復帰したファン・ジョンウムと連続ヒットを記録したナムグン・ミン、'無法弁護士'イ・ジュンギ、'剣法男女'はベテランチョン・ジェヨンの存在感が目立つ。'アバウトタイム'李相允(イ・サンユン)とイ・ソンギョンは9歳の年の差が感じられない調和で新鮮さを増している。

ジャンルでも'剣法男女'は再び登場した法廷水、'肥えたメロ'と'イケメン正音'はロマンチックコメディーに愛のぬくもりと笑いを同時に抱かれる。'無法弁護士'は悪に対抗して正義を具現する痛快な話で視聴者の視線を引いたり十分であり、'アバウトタイム'はファンタジー物で想像力を刺激する。'こっちへ来て抱きしめて'と'シークレットマザー'は緊張感を高めるミステリーの内容が興味深い。

地上波放送局ドラマ局のある関係者は"視聴者のライフスタイルの変化によってドラマ視聴方法が多様化したと言うが、数値で表れるのに対して敏感ざるを得ない。視聴者の視線をつかむために、自主的に努力を傾けるしかない"と話した。

Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

「ドラマ最低視聴率更新ハラ "MBC戦々恐々

AKR20180426167100005_01_i_20180427060104713.jpg
一時「ドラマ王国」としての名声をふるったMBCメンツが言葉ではない。 ケーブルチャンネルでもないのに視聴率1%沼でじたばた挙げると、視聴率5%も難しい状況だ。

MBC TV月火ドラマ「偉大な誘惑」は、毎回地上波ドラマの最低視聴率を更新する危険にさらされている。

浮かぶ新人ウド環人気グループレッドベルベットのジョイが主演を務めた青春メロドラマが視聴率はひどい。 先月12日に3.6%から出発する時は、製作陣はそれ最低であると考えただろう、視聴率はすぐに2%台に墜落思うよ、9日1.6%まで低下した。 これはMBCドラマ歴代最低視聴率であり、地上波ドラマ最低視聴率とわずか0.2%ポイント差である。

視聴率調査が行われた1991年以来、単幕劇を除く地上波ドラマ最低視聴率は、昨年8月31日KBS 2TV「マンホール」が記録した1.4%だ。 以前までは2000年KBS 2TV「愚かな愛」1.8%が最低であり、2007年KBS 2TV「死六臣」1.9%、2015年SBS TV「私の心きらきら」2%などが続いた。

昨年11月20日MBC TV 20世紀少年少女」も1.8%まで低下し、MBCドラマ最低視聴率を記録したが、「偉大な誘惑」が4ヶ月ぶりに、これを更新した。

AKR20180426167100005_02_i_20180427060104721.jpg

「偉大な誘惑」は、後に降り1.6〜1.9%を記録し、1%台の視聴率を見せる。 ギリギリ1.6%下には落ちていませんが、MBC内部では、地上波最低視聴率を更新するか戦々恐々だ。 「ドラマ王国」MBCとしては最悪の不名誉だからだ。

ある関係者は、「毎回視聴率を受けて見るたびに胸をなでおろしている」とし、「すでに1%台に良くない状況ではあるが、それでも地上波ドラマ最低視聴率の記録は立ててはならないしていないかという反応だ」と伝えた。

幸い(?)であることは「偉大な誘惑」が放映終了まで2回しかない残った事実である。 MBCは早く月火ドラマが交換されて後続作を介して不名誉脱出を図っている。 後続作はチョン・ジェヨン - チョン・ユミ主演「剣法男女」だ。
AKR20180426167100005_03_i_20180427060104729.jpg

水木ドラマも事情が良くない。 ハン・ヘジンが4年ぶりに復帰した作品で注目を集めた「手をぎゅっと握って沈む夕日を眺めてみよう」は3〜4%台にとどまる。 初回視聴率2.1%で上昇したが、放送中の5%近くにも行ってみない。 このドラマは、放映終了まで4回が残った。

「偉大な誘惑」が青春の愛演劇を粗末に照明すれば、「手をぎゅっと握って沈む夕日を眺めてみよう」は季節外れの新派を描く。 MBCとしては正反対の色と内容を持つ月火ドラマと水木ドラマを披露したわけだが、どちらも、視聴者の選択を受けない。

このようなMBCドラマの競争力墜落は、昨年のストライキなどを経て、ドラマ局の業務が混乱を重ねたせいで解釈される。 ドラマ局の組織が崩壊だようながら2018年のドラマラインナップを正しく構築していなかったのだ。

これにより、MBCは、1月末から3月初めまで月火ドラマと水木ドラマを放送休止する緊急処方を断行し、その期間ドラマ局を整備する時間を持った。 しかし、整備後に出したこの二つの作品がすべて惨敗し正常化まではまだ時間が必要であることを公開した。

MBC関係者は「最終的にはすべてのことは、誰もがすることだドラマ局がストライキ後遺症を大きく苦しんでいる。人的構成が崩壊したことを低減する」と伝えた。

した芸能界関係者は "MBCドラマが正常化するには、時間が必要になるようだ。現在、まともな企画はMBCで行かない」とし「低迷が長期化してみると、MBCは俳優のキャスティングでも特に困難を経る」と語った。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

停滞したテレビブロマンス、春に会っ再び咲く

0000374505_001_20180423060115844.jpg
停滞したお茶の間の「ブロマンス」が、春を迎え再び咲き始めている。

ブロマンス(Bromance)はブラザー(Brother)とロマンス(Romance)の合成語で、国内では、男性の特別なケミストリーを意味する言葉で使われる。 近年、映画、放送など、様々なコンテンツで多くのブロマンスを描いてきたが、しばらく停滞していたことは事実だ。 しかし、再びブロマンスがお茶の間を訪れている。

来る5月放送を控えたMBC新しい月火ドラマ「剣法男女」でチョン・ジェヨンと、この敬意ブロマンスが見逃せない観戦ポイントだ。 オタク法医学者とルーキー検査の特別な空調捜査を扱った「剣法男女」でチョン・ジェヨンは、国立科学捜査研究所のベテラン法の管が、目に見えない真実にこだわるマニアの天才、このイギョンウン飼料気質がダブンハン浮気殺人刑事役を引き受けた。

キャラクター紹介だけで、他の傾向の二人は、現場で協力捜査を広げ真剣劇の展開の中活気に満ちた姿を見せるものと期待を高めている。

現在放送中のtvN週末ドラマ「ライブ」でベソンオと李光洙の「職場ブロマンス」を欠かすことができない。 二人は派出所の中の射手とブサスの姿を描いて序盤に近づくことができない姿を見せたが、次第にお互いを理解し、一緒に進むパートナーの温かいブロマンスを見せている。
0000374505_002_20180423060115890.jpg
MBC週末ドラマ「ダリル夫オジャクヅ」キム・ガンウとチョン・サンフン(上)、KBS2新水木ドラマ「スーツ」チャン・ドンゴンとパク・ヒョンシク。 写真| ファンエンターテイメント、モンスターユニオン、エンターメディアピクチャーズ

MBC週末ドラマ「ダリル夫オジャクヅ」でも主人公カップルキム・ガンウ、ユイのロマンスが主であるがキム・ガンウとチョン・サンフンの「コミックライバルブロマンス」を支持する視聴者も多数いる。 二人は唯が好きな共通点を持っている人物でライバルに会った。 また、チョン・サンフンは世の中知らない素朴なキム・ガンウを利用しようとしたが、かえってキム・ガンウが彼逆利用してチョン・サンフンが素直に従う姿も面白い。 特に二人の実感演技と一緒にチョン・サンフンのコミックコードが加わり、とんでもないブロマンスが生まれ、極に活気を吹き込んでいる。

このほか、25日に初放送されるKBS2新水木ドラマ「スーツ」は、極紹介から最高の法律事務所の弁護士と天才偽新入弁護士のブロマンスを描いたドラマと言うほどブロマンスを前面に出したが、これは正反対のキャラクターを演技するチャン・ドンゴン、パク・ヒョンシクの変化する関係が劇の面白みを増すことが予想される。

以前は、温かいビジュアル調和を見せる俳優らのブロマンスが人気を博したが、最近では、これを越えて俳優たちの友情、成長期と粘着性がある姿で出てくるブロマンスが視聴者たちの呼応を得ている。 何よりも作家の筆力と俳優たちの演技力が相乗効果を起こして、観客の目の高さも高くなった状況。 単に外見だけで判断していた時期を経て、まとも俳優たちのやりとりの演技に呼応をしている頃だ。

このような変化したブロマンスについてしたドラマの関係者は、「現実にはなかなか見られない男女の主人公の非現実的なロマンスではなく、厚い友情のブロマンスがむしろ共感を得て良い反応を得る。 特に序盤は下手な姿を見せたが、徐々に近づいて互いのために与える現実的なブロマンスに共感する傾向」とし「また重くなることができる劇の展開の中で、ブロマンスが換気がドェジュルことができ、製作過程においてブロマンスの要素が入れたりする」と伝えた。

一方、懸念の声もある。 過去の映画界でもブロマンスが興行公式に位置づけられ、メロあるいは女性中心のシナリオが消えた事例があったから。 最近放映終了したJTBC「ミスティ」や現在放送中の「足よく買ってはきれいなお姉さん」が人気を集めているが、ドラマでもブロマンスに焦点を当てた話が徐々に拡大され、ジャンルの多様性を損なわないかという心配である。 これに対して、放送関係者たちは「映画とは異なり、ドラマの場合、チャンネルが多く、世代の幅が広いほど、まだ心配するほどではない "と言いながらも"ちょうど最近相次ぐ芸能界美闘士で演技上手な中堅俳優らの組み合わせの心配もあった。 また、ブロマンスの限界を超えた様々な話が出なければならするのが肝要である」と説明した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR