「あなたが眠っている間に」イ・ジョンソク、miss A スジは“あまりに綺麗…毎回ときめいた”



イ・ジョンソクがmiss Aのスジとトキメキの中で演技をしたと明かした。

22日、ソウル陽川(ヤンチョン) 区木洞(モクトン) SBSで、SBS新水木ドラマ「あなたが眠っている間に」(脚本:パク・ヘリョン、演出:オ・チュンファン) の制作発表会が行われ、イ・ジョンソク、スジ、イ・サンヨプ、チョン・ヘイン、コ・ソンヒらが出席した。

以前イ・ジョンソクとスジは同時期に放送されていたドラマ「W」と「むやみに切なく」で視聴率の競争相手となったが、今回はラブストーリーで共演することになった。これと関連しスジは「今回は視聴率競争をしなくてもいいので、本当に幸せな気持ちで撮影した。ジョンソクさんがよく気を配ってくれて、上手くリードしてくれて息もよく合っていたと思う。良い作品で共演できてよかった。たくさん学べぶことのできた時間だったと思う」と話した。

イ・ジョンソクは「スジさんがあまりに綺麗じゃないか。ラブストーリーを演じるにあたって、すべての瞬間トキメキながら撮影したと思う。現場に同年代が集まっただけに、撮影がとても楽しかった。尖ったところのない良い現場だった」と伝えた。

「あなたが眠っている間に」は、誰かにやってくる不幸な事件、事故を夢で前もって見られる女性(スジ) と、その夢が現実になることを防ぐために奮闘する検事(イ・ジョンソク) の物語を描いたドラマで、韓国で今月27日から放送が始まる。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2017   0 comments   0 trackback
Category :未分類

‘20世紀少年少女’キム・ジソクXイ・サンウ、温かい‘他人同士セーミ’



 ‘20世紀少年少女’キム・ジソクXイ・サンウ、温かい‘他人同士セーミ’‘20世紀少年少女’キム・ジソクとイ・サンウが顔だけ見ても‘大儒ジャム’である温かさを表わして女心をまともに狙撃する展望だ。

MBC新しい月火ドラマ‘20世紀少年少女’ (脚本イ・ソンヘ、演出イ・ドンユン、製作災いイブラザーズコリア)がキム・ジソクとイ・サンウの温かい‘人形クジ’現場写真を公開した。 キム・ジソクは‘20世紀少年少女’で長い間の外国生活終わりに幼い時期生きた町内に戻ったアナリスト公示院駅を、イ・サンウは90年代後半人気最上アイドルだったが今は‘往年のスター’で呼ばれる芸能人アンソニー役を担った。 これらは‘20世紀少年少女’を通じて特別な‘他人同士セーミ’で女心狩猟に出て劇をより一層硬くさせる予定だ。

公開されたスチールではいつのまにか30代半ばになった二人が年齢を忘れたまま人形クジに熱を上げている姿で、公示院とアンソニー全部人形を選ぶのに精一杯楽しくなった表情を浮かべて‘集中した口’を表わして少年のような魅力と純粋さを抱かれる。 特に緊迫した人形クジ終わりに公示院はどうしても人形一つを取り出したまま堂々とした‘勝者’のポーズをしていて笑いをかもし出す。

該当撮影はキム・ジソクとイ・サンウが初めて呼吸を合わせた神(靴)で、二人は実際にピンセットによくかからない人形を選ぶために‘電力’をつくす同志愛を共有して撮影後ハンギョル近づいたという裏話だ。 キム・ジソクは“妻の死兄が初めての撮影から落ち着いている姿を見せて思ったより身近な感じがした”として“今後妻の死兄と温かい‘他人同士セーミ’をよく生かすことができるようだ”という所感を伝えた。

イ・サンウやはり“キム・ジソクが初めての撮影から安らかに近づいてみておもしろいシニ完成された”として“終る時まで楽しく撮影できそうな予感がする”とし、餅のような呼吸に対する期待感を表わした。

‘20世紀少年少女’製作会社災いイブラザーズコリア側は“劇中公示院とアンソニーはお互いを申し分なく惜しむ義理を見せるだけでなくそれぞれ違った‘現実彼氏’の魅力を表わして女心を容赦なく揺さぶること”として“特に公示院は主人公写真陣(ハン・イェスル)の初恋で、アンソニーは写真陣の‘20年ドクチを兄さん’として写真陣との特別な連結の輪を持っただけ、これらの関係がどんな方式に進むのか今後の展開に多くの期待をお願いする”と伝えた。

‘20世紀少年少女’は幼い時期からある町内で育ってきた35才女‘ボンゴパー3人衆’が下手な愛と濃い友情を通じて成長していく過程を描いた感性ロマンス ドラマ. ‘答えなさい1997’等‘答えなさいシリーズ’のイ・ソンヘ作家と‘家和万事成’、‘運命のように君を愛して’、‘女王の教室’等のイ・ドンユンPDが意気投合して私たちの隣人たちのわずかな話を暖かい感性で表わす計画だ。 ハン・イェスル、キム・ジソク、イ・サンウ、リュ・ヒョンギョン、イ・サンヒ、アン・セハ、誤想陣、ミナ(九九ミナ)等が出演する

Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :未分類

ナム・ジュヒョク、初めての海外ツアーを盛況理にスタート…バンコクファンのサプライズイベントに涙


OSEN |2017年09月18日18時21分

俳優ナム・ジュヒョクがバンコクで、初めての海外ツアーを成功裏にスタートさせた。

先日(16日) タイ・バンコクのMCCホールでは、ナム・ジュヒョクの海外ツアー「NAM JOO HYUK PRIVATE STAGE‘CLOSE-UP'」が開催された。この公演には2千人あまりのタイファンが集まった。

今回の公演はナム・ジュヒョクとタイのファンに格別な意味があるものだった。ちょうど1年前の2016年9月、ナム・ジュヒョクがタイファンとの初めての出会いで「必ず再び帰ってくる」と言った約束が実現したためだ。

本格的な公演の幕が開けて登場したナム・ジュヒョクは「こんにちは。1年ぶりですね。みんな会いたかったです」と、準備してきたタイ語で挨拶の言葉を言った。

ナム・ジュヒョクは公演を通して「クローズアップ」というタイトルにふさわしく、観客と一層近くで触れ合った。「ライフストーリー」のコーナーでは、幼少時代からスポーツ選手とモデルを経て、俳優になるまでの成長の過程について率直に話した。作品の中の彼ではなく“人間ナム・ジュヒョク”の魅力を垣間見ることができる、貴重な時間だった。

また、ナム・ジュヒョクは優しい配慮でファンをときめかせた。甘い歌のプレゼントは始まりに過ぎなかった。彼は「ハベクの新婦」の名シーンを再演し、柔らかい声で詩集を読んだり、ステージ上で海苔巻きを作るなど、忘れられない思い出を届けた。また、突然ステージの下に降りて、辛い海苔巻きを食べたファンに水を渡すなど、突発サービスで熱狂的な歓声を受けた。

ナム・ジュヒョクの真心にファンも応えた。ファンが制作したサプライズ音源の映像が再生され「あなたを待ち望んで365日になりました。帰ってきてくれてありがとう」というフレーズのプラカードイベントを披露したのだ。

映像が流れる時からすでに目頭が熱くなったナム・ジュヒョクは、その後しばらく何も言えなかった。「来年また来ますか?」というMCの質問に、彼は堪えていた涙を流しながら「絶対に来ます」とし、観客全員を感動させた。

最後の集合写真を撮る瞬間まで、こみ上げる感情を隠せなかったナム・ジュヒョクは、アンコール曲を歌いながらステージの下に降りて、観客一人一人とアイコンタクトをしながらファンと交流した。

映画「安市城」(監督:キム・グァンシク) の撮影に取り組んでいるナム・ジュヒョクは、23日にフィリピン・マニラで海外ツアー2番目のステージを披露する。

20170918185328c71.jpg
20170918185328aa6.jpg

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :未分類

JYJ ジェジュン、チャン・グンソクらを指名…「平昌冬季五輪」に応援メッセージ



写真=NAVERライブ映像配信アプリ「V」放送画面キャプチャー

JYJのジェジュンが、「2018 平昌(ピョンチャン) 冬季五輪」の成功開催を祈るリレーキャンペーンに参加した。

ジェジュンは昨日(14日)、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて「2018 平昌冬季五輪」を応援するメッセージを伝えた。同僚の歌手カン・ユンジにリレーのバトンを受け継いだジェジュンは、「2018 平昌冬季五輪」の成功裏に開催されることを祈る意味深い応援を送った。

ジェジュンは、「一つになった情熱、一つになった大韓民国、一つになった世界。『2018 平昌冬季五輪』と『2018 平昌冬季パラリンピック』の成功を応援します。カン・ユンジさんのバトンを受け継いで、良いニュースを知らせるリレーに共に参加することになりました。世界人の祭典であるだけに、今回のオリンピックがとても楽しみで、オリンピックが終わる瞬間まで僕も応援します」として、「僕のベストフレンドチャン・グンソク君、『トライアングル』で縁を結んだオ・ヨンス姉さん、そして“野球の天才”ファン・ジェギュン選手(サンフランシスコ・ジャイアンツ所属) に応援のバトンを渡します」と次のリレー走者の3人を指名した。

ジェジュンは現在KBS 2TV水木ドラマ「マンホール-不思議の国のピル」でポン・ピル役を演じ、俳優として活躍している。

Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2017   0 comments   0 trackback
Category :未分類

キム・スミ、大学教授の葬式場で自害騒ぎ?事務所がコメント



女優キム・スミが故マ・グァンス延世(ヨンセ) 大学教授の葬式場で自害騒ぎを起こしたという報道について当惑した。

昨日(9/6)、あるマスコミは「ソウル龍山(ヨンサン) 警察署によると、この日の午前11時ごろ、龍山(ヨンサン) 区順天郷(スンチョンヒャン) 大ソウル病院に設けられたマ・グァンスの葬式場に酔っ払ったキム・スミがやってきた」とし「『文章がおかしいからといって監獄に送り、教授たちのいじめでこうなったんじゃないか。私も死ぬ』と叫びながら自害騒ぎを起こした」と報道した。

これに対してキム・スミの関係者は、TVレポートに「亡くなったマ教授と親しかったため、その日の朝に葬式場を訪れたのは事実だ。しかし自害はなかった。今ドラマの台本を覚えている」と明かした。

キム・スミは現在MBC週末ドラマ「お膳立てをする男」に出演している。

Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2017   0 comments   0 trackback
Category :未分類
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR