インフィニット イ・ソンヨル、‘憎くても愛している’出演…地上波初めての主演[公式の立場] 


インフィニット イ・ソンヨル、‘憎くても愛している’出演…地上波初めての主演

インフィニット イ・ソンヨルが地上波ドラマ初めての単独男主人公に抜擢された。

KBS 1TV連続ドラマ‘憎くても愛している’(脚本キム・ホンジュ、演出パク・キホ)の男の主人公ホンソク表駅にイ・ソンヨルがキャスティングされた。

‘憎くても愛している’という幼いころから波瀾万丈な生活を送ってきて結局全てのものを失って新しく始めた時期にアイロニカルにも人生の花を咲かせるある女性の人生に従いながら私たちを支える最も大きい価値は血管も法でもないゆえで人間の間できちんと満たされる人間間の情です愛という話を入れたヒューマン家族ドラマだ。

イ・ソンヨルが引き受けたホンソク表はお母さんがたてたジーニアスケミカルの実質的な代表だが避けられない事情で職員知らず子会社であるジーニアスビューティーセンターで経費(警備)で仕事をしている人物だ。 ことの外に分からないお母さんを恨んで孤独に育ったために艶がなくて傲慢だが常にお母さんの情にのどが渇く。 主人公ウンジョとは似た性格により会う時ごとにどうのこうのだが、自身も知らないうちにウンジョに引かれて安らかさを感じることになる。

イ・ソンヨルは去る2014年‘ハイスクール:ロブオン’で同じインフィニット同僚である男優現果共に共同男主役を演じた後3年ぶりにKBSの看板ドラマである1TV連続ドラマ単独男主人公に抜擢されてより一層関心を集めている。

イ・ソンヨルは去る9月あるインタビューで‘憎くても愛している’を言及して“ずっと延期(煙、演技)レッスンを受けて台本リーディングをしている”として早くから延期(煙、演技)準備をしていることを明らかにしたりもして久しぶりに帰ってきたドラマでどんな演技を見せるのか期待される。

‘憎くても愛している’という‘ムクゲ花が咲きました’後続で来る11月KBS 1TVを通じて初放送される。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

シュジュイトゥク・シウォン、個人ティーザー公開…アルバム名は'PLAY'[公式] 



グループ スーパージュニアの個人ティーザーイメージがベールを脱いだ。

18日午前10時スーパージュニアの公式SNSにはリーダーイトゥクとメンバーシォウンの個人ティーザーイメージが公開されて正規8集アルバムに対する期待感を高めさせた。

来る11月6日正式発表を控えている正規8集アルバム'プレー'(PLAY)は'音楽を再生する'と'楽しく遊ぶ'という二重的な意味が結びついた。 いつでも簡単に再生できて聞きやすい大衆的なトラックとスーパージュニア特有の愉快だということが引き立って見えるトラックが調和するようにのせられて一層広くなったスーパージュニアの音楽的スペクトルを確認することができる。 

これに対し去る2015年9月発売したスペシャル アルバム'マジック'(MAGIC)以後約24ヶ月ぶりの団体アルバムである'プレー'はスーパージュニアだけの音楽色を強固に確かめながらも風変わりな魅力をプレゼントするという覚悟だ。

一方、スーパージュニアは毎週月~金曜日午前11時ネイバーTVとV LIVE(Vアプリ)でカムバック リアリティー'シュジュリトンズ'を放送中だ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

キム・ジェジュン、フォト作家でパリ行.."新しくて特別な感情" 



フォト作家に変身したキム・ジェジュンの姿をヴォーグ 1 1月号で会うことができる。

シジェスエンターテインメントは “フォト作家挑戦碁を入れたリアリティーウェベヌン ‘フォトピープル(ガーゼ)’ 撮影のためにパリを探したキム・ジェジュンの話がヴォーグ 11月号にのせられる。2018 S/S パリ コレクションで活躍したフォト作家キム・ジェジュンの姿から彼が直接とった画報までのせられる予定だとより一層期待を集めている”と18日伝えた。

実際にキム・ジェジュンはフォトグラファーとして競争が激しいパリ コレクションで格別な感覚を発揮、 マガジン関係者たちが驚くほどの結果を出して好評を受けたという後日談。 

2017101809514006b.jpg


彼は “直接モデルをとって私が撮影した写真がマガジンにのせられるのを見るので新しくて特別な感情が聞いた”として “パリ コレクションの時バックステージにも行ってみたが撮影競争が本当に激しかったよ. 特別な経験だった. パリでのすべての経験を忘れることができないようだ”という所感を伝えることもした。

20171018095140494.jpg


一方、 キム・ジェジュンのパリ作業期が入れられたヴォーグ コリア 11月号は来る 20日発行されて、 キム・ジェジュンは来る 29日(日) 慶煕(キョンヒ)大学校平和の全党(殿堂)で開かれるソウル ファンミーティングを始めアジア ファンミーティング ツアーを続けさせる。/nyc@osen.co.kr

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :5人の東方神起

キム・ヒチョル、シュジュカムバック控えて交通事故後遺症告白した理由



スーパージュニア キム・ヒチョルがカムバックを控えて率直な心境文を載せた。 真っ最中カムバック準備で録音と振りつけ練習にまい進する時期、キム・ヒチョルは自身のためにスーパージュニア活動が不十分だろうか心配した。

キム・ヒチョルは去る17日自身のインスタグレムに"11年前交通事故で左の足をまともに使うことはできない状態です。 それでもその間おもしろくて楽しく活動してきたし、いくら痛くても笑ってしました。 ところで歳月がたくさん流れたからなのか私もこわがられますね。 足首痛みが激しくなる場合が頻繁になりました"と話した。

キム・ヒチョルは2006年大きい交通事故に遭って足首から大腿部お尻骨まで鉄心7個を打ち込む手術を受けた。 以後リハビリ治療を受けて芸能界復帰して各種芸能で活発な活動を継続している。 最近激しくなった足首痛みせいでカムバック準備の中に病院診療を受け入れた。

だが、本人の意志でからだが従わなくて悩みが多いと。 彼は"マインド コントロールをしてみてもからだが従わなければ私の肯定的な考えとは反比例でさらに痛みを感じることになりましたよ。 結論はスーパージュニアは11月6日にカムバックします。 久しぶりのカムバックだとメンバー、ファン皆が浮き立っていて私もやはり浮き立っていました。 ところで私が多分正常な活動をできなそうです。 長く待って下さった割った方々、メンバーにもう一度申し訳ない心を伝えるが.. とうてい自信がないですね"と率直な心境を告白した。

所属会社やメンバーとの相談された文ではなかった。 久しぶりに会ってカムバックを企てている間自ら悩みが多かったキム・ヒチョルが単独で上げた。 メンバーリョウクとキュヒョンが軍服務をしていてメンバーソンミンのボイコット論議の中活動を参加しない中で責任感を感じたものと見られる。

キム・ヒチョルは"SNSに意味深長な話残さないことで約束したメンバーに申し訳ない心を持って文を書きます"として"私の利己心が入れられた長い文を読んでひょっとして不快さを持たれることもできる方々に謝罪の言葉差し上げて文を終えます"と付け加えた。

SMエンターテインメントSJレーベルは"キム・ヒチョルはスーパージュニア活動に正常に参加する。 カムバックを控えて慢性的な足の痛みで心配な心にあげた文"としながら"スーパージュニア活動に参加する予定だ。 SNS文が多少拡大解釈されるようだ"と説明した。 また""本人やはり文を載せた直後思ったより多くの心配幼い視線に当惑をした"として活動には問題がないと強調した。

スーパージュニアは2015年9月10周年記念スペシャル アルバム以後2年余りぶりにカムバックする。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

チャン・グンソク ファンクラブ、聴覚障碍者ために手術費1000万ウォン寄付[公式]



チャン・グンソク ファンクラブ、聴覚障碍者ために手術費1000万ウォン寄付[公式]

聴覚障碍者支援団体である愛のかたつむりは“俳優チャン・グンソク公式ファンクラブ‘クリジェイ’の寄付で医療脆弱階層聴覚障害児童に声をプレゼントすることになった”と明らかにした。

愛のかたつむりによれば今回の支援はチャン・グンソク公式ファンクラブ‘クリジェイ’が去る9月に漢南洞(ハンナムドン)プルロスクゥェオで開催した‘チャン・グンソク誕生日記念分け前写真展’の収益金のうち一部を愛のかたつむりのソウルDAY(音をたてる日)キャンペーンに寄付してなされた。

チャン・グンソク公式ファンクラブ‘クリジェイ’は去る2015年と2016年にも経済的に難しい聴覚障害子供の消息を聞いて人工かたつむり観手術費に使ってくれとしながら愛のかたつむりに合計1600万ウォンの寄付金を伝達したことに続き今年にも手術雨とともに言語リハビリ治療費まで1000万ウォンを寄付した。

愛のかたつむりは対象者を選定して来る11月中で聴覚障害子供に人工かたつむり観手術を支援する予定であり、今後1年間言語リハビリ治療費も支援する予定だ。

ファンクラブ関係者は“毎年新生児1000人中2~3人が難聴を持って生まれて、聞くことができなくて人から遠ざかる現実が非常に残念だ”として“人工かたつむり観手術費支援で声を探して熱心に言語リハビリをして世の中でより多くの機会に接して多彩な夢を見ることができる子供で育つように願う”と伝えた。

20171018090326889.jpg
20171018090326ce3.jpg

愛のかたつむりチョ・ヨンウン事務局長は“声を探した子供たちが無限の夢を見ることができる機会を持つということはとても意味あって人生で最も大きい幸福”としながら“今後も‘クリジェイ’をはじめとして社会各界の大いなる関心と助けでより多くの難聴人に人工かたつむり観手術が支援されることを願う”と伝えた。

そうした中でファンクラブ‘クリジェイ’は毎月子神童産(山)と児童養育施設南山(ナムサン)院で奉仕活動をしてきていて毎年チャン・グンソク誕生日イベント‘分け前写真展’を開いて収益金全額を2012年から今年まで5年目引き続き寄付している。 それだけでなく、セウォル号現場奉仕活動など働き手が必要なことができればいつも一肌脱ぐなど分け前を積極的に実践してきた。

愛のかたつむり側は“今後もこのように温かいペンドム文化がより一層広がって持続するように願う”と伝えた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR